上へ戻る

au版ニッカン★バトル

新着ニュース

UFC王者セフード「もう33歳」V1直後電撃引退

フロリダ州ジャクソンビルで無観客開催されたUFC(AP)

<米総合格闘技:UFC249大会>◇9日(日本時間10日)◇フロリダ州ジャクソンビル・Vystarベテランズ・メモリアル・アリーナ

オリンピック金メダルリストで初めてUFC王者となった現2階級(フライ級、バンタム級)同時制覇王者ヘンリー・セフード(33=米)が電撃引退を表明した。UFCバンタム級の初防衛戦として元同級王者ドミニク・クルーズとの初防衛戦に臨み、顔面への右ひざ蹴りからのパウンド連打で2回4分58秒、TKO勝ちを収めた後に公表した。

オクタゴン(金網)内での勝利者インタビューでデイナ・ホワイト社長らUFC関係者に感謝の言葉を述べた後、セフードは「11歳から(格闘技で)人生を犠牲にしてきたが、もう33歳。引退します」と晴れ晴れしい表情で宣言した。数多くの故障から3年5カ月ぶりに復帰したバンタム級の第一人者クルーズを下し、一区切りをつけることを決断したようだ。

セフードは08年北京五輪のレスリング男子フリースタイル55キロ級金メダリストの肩書を引っさげ、13年に総合格闘家に転向。14年7月にUFCと契約し、18年8月、当時のフライ級王座に君臨していたデミトリアス・ジョンソン(米国)を下してUFC王座に就いた。19年6月にはフライ級王者のままで、バンタム級王座決定戦に臨み、マルロン・モラエスと下して史上7人目の2階級同時制覇を達成した。

金メダルとUFCの2階級で王者となり、トリプルC(3冠王)と自らを称していた。セフードは「今日も戦略通りに戦えた。オレのような経歴は誰も残せない。トリプルCだ」と豪語し、オクタゴンを去っていた。

関連するニュースを読む

幕内格行司の式守錦太夫「今日の自分は親方のおかげ」元関脇の麒麟児悼む

現役時代の元関脇麒麟児(1978年撮影)

元関脇麒麟児の先代北陣親方(本名・垂沢和春)が67歳で死去し、親戚でもある幕内格行司の式守錦太夫(47=二所ノ関)が故人を悼んだ。

先代北陣親方は、錦太夫にとって義理の叔父。母の妹が、先代北陣親方の妻だった。錦太夫は「僕が中2の時に『行司になってみないか?』と誘われました。この世界に入って三十数年ですけど、やっぱり何度もくじけそうになったことがあるわけで、そのつど支えてくれたのが親方。今日の自分があるのは親方のおかげだと実感しています」と感謝した。

断髪式を終えタキシード姿になった元関脇麒麟児の北陣親方=1989年1月29日

関連するニュースを読む

アスカ「もう1度、ロウ女子王者に」意気込み再戦もリプリー戦無効試合に

ロウ女子王者リプリー(左)にアスカロックを仕掛けようとする前王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEロウ大会は12日(日本時間13日)、米タンパで開かれ、前ロウ女子王者アスカ(39)が王座奪回のチャンスをシャーロット・フレアーに邪魔された。11日のレッスルマニア37大会でリア・リプリーに敗れ、王座陥落したが、同日に再戦の王座挑戦が決定。「今度は私の番。昨日のワシとちゃいまんねん。もう1度、ロウ女子王者になる」と意気込んで王者リプリーに挑んだが、場外戦に入るとフレアーの襲撃に見舞われて無効試合に。5月16日のPPV大会に向け、三つどもえの抗争が始まった。

関連するニュースを読む

サバイバル・ワイルドボディ!落合真彩がK-1 GIRLS新メンバーに

今年から「K-1 GIRLS」に起用された落合真彩(C)K-1

K-1実行委員会では、このほど「K-1 WORLD GP」に華を添える「K-1 GIRLS」の新メンバー6人を決定。

公式サイト(https://www.k-1.co.jp/)で12日から6日間連続で1人ずつ発表している。

13日発表の2人目は落合真彩で、初の「K-1 GIRLS」となる。プロフィルは以下の通り。

◆氏名 落合真彩 Ochiai Maaya おちあい・まあや

◆キャッチコピー サバイバル・ワイルドボディ

◆身長 170cm

◆生年月日 1998年6月9日

◆スリーサイズ B80 W63 H88

◆出身地 東京都

◆Twitter https://twitter.com/maaya2303

◆Instagram https://instagram.com/maaya_0609_

◆動画メッセージ https://youtu.be/h1tQ0qV-k3

関連するニュースを読む

元関脇富士桜、突っ張り合い天覧相撲「一番の思い出」好敵手の元麒麟児悼む

75年5月、夏場所で富士桜(右)と猛烈な突っ張り合いを見せる麒麟児

元関脇富士桜の中沢栄男氏(73)は元麒麟児の垂沢氏の訃報に触れ、75年夏場所中日の天覧相撲を「力士として一番の思い出」に挙げた。

「相撲は負けたが、一番の思い出になっている。向こうもこっちもいい相撲がとれた。やり切った感があった」と振り返った。

昭和天皇は富士桜ファンになったとまで言われたが「いい相撲を見せられてよかった。喜んでくれたようで」と話した。両者とも54発の突っ張りの末に、最後は上手投げに敗れた。「向こうの方が一回り大きく、若いし。こっちの息がもたなかった」という。

通算でも9勝17敗と分が悪かった。「勝つのは3回に1回ぐらい。同じ押し相撲で、突っ張りという型も同じ。負けたくなかった。最後の一番はおれが勝っている」と笑った。

「同じ型の相手とはやらなかった」と、稽古をしたことはほとんどなかった。「部屋が違えば、話もほとんどしないものだった」。交友はなかったが「おれより5歳も若いのに」と好敵手の死を悼んだ。

75年5月、夏場所で富士桜(右)と猛烈な突っ張り合いを見せる麒麟児
大相撲 夏場所8日目、麒麟児対富士桜 果てしなく続くように思われた突っ張り合いは、両力士とも56発繰り出し富士桜(左)は口の中を切り鮮血が飛ぶ(1975年5月18日撮影)
大相撲 夏場所8日目、麒麟児対富士桜 精根尽き果て両力士(左手前が富士桜)土俵下へ、突っ張りが大部分で26秒はまさに死闘。天皇陛下も「いい相撲だった」と感想(1975年5月18日撮影)
麒麟児
75年9月、秋場所で三賞受賞者の、左から殊勲賞麒麟児、敢闘賞鷲羽山、技能賞旭国
北陣親方(元関脇麒麟児)(2008年09月6日撮影)
断髪式を終えタキシード姿になった元関脇麒麟児の北陣親方=1989年1月29日

関連するニュースを読む

しこ名でも最難関の漢字「麒麟児」子どもには学びのきっかけ/悼む

現役時代の元関脇麒麟児(1978年撮影)

<とっておきメモ>

日本相撲協会は13日、元関脇麒麟児(本名垂澤和春氏)が3月1日に多臓器不全のため死去したと発表した。67歳だった。

   ◇   ◇   ◇

大相撲で元関脇の麒麟児は、私にとっては「漢字の先生」だった。幼稚園年長から小学校低学年くらいまで、午後4時前からテレビの前に陣取る相撲少年だった。ノートに手書きで、力士名、勝ち負け、決まり手などの勝敗表を、幕内全取組でつけていた。

当時、私の好きな力士は「若嶋津」(現二所ノ関親方)。だが、小1か小2の習字の時間に、担任の先生から「好きな漢字を書いて」と言われ、筆で記したのは「麒麟児」だった。私にとって、力士の中でもっとも書くことが難しかったのが「麒麟児」だった。ようやくきれいに書けるようになったことがうれしかったのだろう。平仮名で書く妥協はせず、泣きながらでも書き続けた成果だった。「鳳凰」「鷲羽山」「魁輝」なども難しかった記憶がある。先生からも、同級生の前で「漢字の横綱」と呼ばれ、鼻を高くした記憶もある。それが、次の力士名を覚える原動力でもあった。女性だった担任は「北の湖」の大ファンだった。若嶋津が北の湖に勝った翌日は、子どもながらに私に対して不機嫌な先生の態度も鮮明に残っている。

大相撲担当時代、元麒麟児の北陣親方に「僕は親方のおかげで漢字をたくさん覚えられたんです」と話したことがある。返ってきた言葉は意外だった。「私は最初、麒麟児のしこ名が嫌だったんですよ。書くことも難しいし、大人にもちゃんと呼んでもらえない時もある。子どもにはキリン(麒麟)なのに、なんで背が低いの? なんて言われたこともあるんですよ」。私が「親方が得意の張り手、突っ張りしなかったんですか?」と冗談を言うと「背が低いキリンもいるんだよ、と言ったんですよ」と笑った。続けて、「おじちゃんの名前は麒麟児でしょ。児というのは子どもってこと。キリンの子どもだから小さいんだよね」と言ったらしい。その子にとっても「児」の意味を教えてくれた、優しい先生になった。【13~14年相撲担当=鎌田直秀】

84年夏場所、北の湖(右)を突っ張りで激しく攻める麒麟児
断髪式を終えタキシード姿になった元関脇麒麟児の北陣親方=1989年1月29日

関連するニュースを読む

力士1人が新型コロナ感染 発熱と関節痛を訴える

日本相撲協会は13日、幕下以下の力士1人が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

当該力士は発熱と関節痛を訴えたため、12日にPCR検査を受検したところ、この日に陽性が判明した。部屋名は非公表。居住地の保健所の指示に基づき、濃厚接触者の調査、入院や療養等を行うとした。

関連するニュースを読む

前WWEヘビー級王者マッキンタイアが5月16日PPV大会で王座再挑戦

5月16日のPPV大会でWWEヘビー級王者ラシュリー(左)に挑戦するマッキンタイア(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇12日(日本時間13日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

前WWEヘビー級王者ドリュー・マッキンタイアが5月16日のPPV大会レッスルマニア・バックラッシュで現王者ボビー・ラシュリーに再挑戦することが決まった。

レッスルマニア37大会第1日にラシュリーに敗れ、王座奪回できなかったマッキンタイアは、王者の仲間MVPとリングで向き合うと「もう1度、王座に挑戦してクレイモア(ランニング式飛び蹴り)でラシュリーを遠くへ蹴り飛ばしてやる。そしてオレが新WWEヘビー級王者だ」と再戦を要求した。

そこに「巨獣」ブラウン・ストローマン、「毒蛇」ランディ・オートンというレッスルマニアに勝利した2人が姿をみせ、次々と王座挑戦を表明してきた。そのまま3WAY形式の王座挑戦者決定戦が決定。マッキンタイアはオートンとともにストローマンによる鉄製ステップ攻撃を受けたものの、隙を突いたオートンのエレベイテッドDDTからのRKOでストローマンを撃退。フォールしようとしたオートンに対し、マッキンタイアがクレイモアで蹴り倒して3カウントを奪ってみせた。

これでレッスルマニアに続き、次回PPV大会での王座挑戦権をつかんだマッキンタイアは試合後、ステージに姿をみせたMVPににじり寄った。だが、背後からTバー、メイスに襲撃され、大きなダメージを与えられていた。

オートン(手前)に強烈なクローズラインを見舞ったマッキンタイア(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

黒い血流した小悪魔ブリスが悪霊から離脱?「楽しいことは始まったばかり」

ブランコに乗って登場し、不敵な笑みをみせたアレクサ・ブリス(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇12日(日本時間13日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

「小悪魔」アレクサ・ブリスが「ザ・フィーンド(悪霊)」ブレイ・ワイアットの洗脳から離脱したような意味深な発言を展開した。

ブランコに乗ったブリスは、11日のレッスルマニア37大会第2日、ワイアット-ランディ・オートン戦での自らの行動に言及。特大オルゴールボックスの上に姿をみせた際、黒い血に染まった姿をワイアットに公開。動揺したワイアットは隙を突かれ、オートンにRKOを食らって敗れていた。

「レッスルマニアは楽しかった~。なぜ、私があんなことをしたのかストーリーで説明してあげる」と前置きしたブリスは「ある日、少女はダークネスに助けられた。ダークネスは少女を守り、新しいことを教えて育てた。しかし、少女はダークネスが必要ないと気づいたのかも。分かっているのは彼女が本当に邪悪なものを解き放ったってこと。楽しいことはまだ始まったばかりよ」と解説した。

さらに新たな友達として不気味なパペットを紹介し、不敵に笑っていた。

関連するニュースを読む

日本相撲協会、秋と冬巡業は中止を発表 コロナ感染拡大の影響

日本相撲協会は13日、今年9月の秋場所後の秋巡業と11月場所後の冬巡業を、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止することを発表した。巡業開催は19年九州場所後の冬巡業が最後となっている。

関連するニュースを読む

アスカ王座奪回狙うも元盟友フレアーに邪魔された 三つどもえ抗争の恐れ

ロウ女子王者リプリー(左)にアスカロックを仕掛けようとする前王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇12日(日本時間13日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

前ロウ女子王者アスカが王座奪回の好機を元盟友に邪魔された。

11日のレッスルマニア37大会第2日の防衛戦でリア・リプリーに敗れ、王座陥落したアスカは第3試合でダイレクトリマッチでの王座挑戦が決定すると気合十分。「今度は私の番。昨日のワシとちゃいまんねん! もう1度、ロウ女子王者になる」と意気込んでリングに立った。

「もう1度、アスカを倒すことができることを証明するだけだ」と王者としての風格をみせた新王者リプリーに対し、ミサイルキックやヒップアタックで猛攻を仕掛けた。ドロップキックやクローズライン(ラリアット)を浴びながらもアスカがアスカロックで絞めるなど大技の攻防を展開したが、場外戦に入ると、シャーロット・フレアーの介入に見舞われた。鉄製ステップにたたきつけられる襲撃を受けた。さらに防護壁にたたきつけられ、リプリーもビックブーツで沈められていた。

リプリー-アスカ戦前、先にフレアーはリングに立ち「(先に)私が王座挑戦を表明したのにアスカは返答せずにリアの挑戦を受諾した」と自らの新型コロナウイルス感染による欠場のことを触れずに一方的にアスカを批判。さらにリプリーに対して「私はチャンスを盗んだりしない。私が戦うべきだった王座戦を楽しむといい」などと皮肉交じりに横取りされたような主張を展開。5月16日に開催が発表されているPPV大会レッスルマニア・バックラッシュに向け、アスカ、リプリー、フレアーによる三つどもえの抗争が始まりそうな気配だった。

フレアー(左端)に襲撃されたロウ女子王者リプリー(右前)とアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

元関脇の麒麟児が死去、多臓器不全で67歳 108発の突っ張り合いも

1976年1月、大相撲初場所4日目 富士桜(左)と麒麟児

日本相撲協会は13日、元関脇麒麟児の垂沢和春さんが3月1日に多臓器不全のため死去したと発表した。67歳だった。

強烈な突っ張りを武器に、幕内通算84場所で三賞受賞は11度。昭和28年生まれで「花のニッパチ組」の1人として土俵を沸かせた。現役引退後は北陣親方として後進の指導に当たり、18年に日本相撲協会を退職していた。

   ◇   ◇   ◇

また1人、名力士がこの世を去った。日本相撲協会は、元関脇麒麟児の垂沢さんの死去を発表。協会関係者によると、15年夏ごろに頭部の腫瘍摘出手術を受けた影響で顔面にまひの症状が残り、体調が悪かったという。18年3月に65歳の定年を迎えたが、再雇用制度は利用せずに協会を退職。3年後の3月1日に、自宅で多臓器不全により死去した。近年は糖尿病と腎臓を患っていたという。葬儀・告別式は家族葬で執り行われた。

1967年夏場所で二所ノ関部屋から初土俵を踏んだ。昭和28年生まれで「花のニッパチ組」の1人として、元横綱北の湖、元横綱2代目若乃花らとともに人気を誇った。1975年夏場所8日目の天覧相撲では、富士桜との計108発に及ぶ壮絶な突っ張り合いを披露。昭和天皇が身を乗り出して観戦された一番は、今も語り草となっている。幕内優勝こそ果たせなかったが、金星6個、三賞受賞は11度と実績を残した。

88年秋場所を最後に35歳で現役引退後、北陣親方として二所ノ関部屋で後進を指導した。相撲協会では主に巡業部に所属。大相撲中継では爽やかな語り口の解説で親しまれた。

◆麒麟児和春(きりんじ・かずはる)本名・垂沢和春。1953年(昭28)3月9日、千葉県柏市生まれ。67年夏場所初土俵、74年初場所新十両。同年秋場所で新入幕。強烈な突っ張りを武器に金星6個、殊勲賞4回、敢闘賞4回、技能賞3回と三賞計11回受賞。最高位は関脇。幕内通算84場所で三役は通算17場所。通算773勝792敗34休。88年秋場所限りで引退し、年寄「北陣」を襲名。18年3月に日本相撲協会を定年退職。

麒麟児
北陣親方(元関脇麒麟児)(2008年09月6日撮影)
断髪式を終えタキシード姿になった元関脇麒麟児の北陣親方=1989年1月29日

関連するニュースを読む

貴景勝、合同稽古参加は「体調次第」マスターズV松山は「すごいですね」

貴景勝(2021年3月18日撮影)

大関貴景勝(24=常盤山)が13日、大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)に向けた朝稽古後、報道対応した。

この日の稽古は約1時間半。四股、スクワット、かかと上げ、すり足などの基礎運動と、立ち合いの確認を8回、行った。その後もてっぽう、腕立て伏せ、アームカールなど基礎運動で汗を流した。

かど番を脱出した初場所後、1週間の休養を経て先週から稽古を再開。夏場所に向けて「頑張って稽古をするだけです」と話した。19日から4日間の日程で予定されている合同稽古の参加については「体調次第ですね」と現状では明言を避けた。マスターズで優勝した男子ゴルフ松山英樹の快挙には「すごいですね」と答えた。

関連するニュースを読む

4・29ONE青木真也の対戦相手変更 1勝1敗フォラヤンと3度目対決

エドゥアルド・フォラヤン(左)と青木真也(2019年3月28日撮影)

アジアを拠点とする格闘技団体ONEチャンピオンシップは4月29日にシンガポール・インドアスタジアムで開催するONE on TNT4大会の対戦カード変更を13日までに発表した。

元ONEライト級王者青木真也(37)の対戦相手だった元UFCファイターのセージ・ノースカット(25=米国)が、新型コロナウイルス感染から復帰後も後遺症に苦しんでいることを理由に欠場。代わりに青木は元ONEライト級王者エドゥアルド・フォラヤン(36=フィリピン)と対戦することが決まった。

青木-フォラヤン戦は16年11月、19年3月に続く3度目対決で対戦成績は1勝1敗となっている。フォラヤンも当初、同日に対戦予定だった秋山成勲(45)が練習中の負傷で欠場が決定。対戦相手が不在となっていた。

関連するニュースを読む

「かど番の方が強い」大関正代“2度目”に初場所V争いイメージし自然体

ゴムチューブを使ってトレーニングする大関正代

大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)にかど番で臨む大関正代(29=時津風)が13日、都内の部屋で稽古を行い、かど番脱出に向けて自然体を強調した。

この日は相撲は取らずに、すり足などの基礎運動に加えてゴムチューブなどを使用したトレーニングで汗を流した。相撲を取る稽古はすでに開始しているといい「土曜日と昨日に取りました。幕下と10番ずつぐらいですけど」と明かした。

春場所では千秋楽に負け越しが決まった。昨年秋場所後に大関昇進してから、2度目のかど番。1度目のかど番だった初場所は「真っ青って感じだった」という。しかし、今回は「初めてではない。僕も今年30歳で別に若い方ではない。守りに入らないように、元気よくできたらいい」と穏やかに話した。むしろ「かど番の方が強いですよ」とニヤリ。かど番だった初場所では優勝争いを演じるなどし、その時のいいイメージが頭の中にあるようだ。

本来であれば、春場所後に地元・熊本に帰省する予定だったという。「負け越したのでいいかなと。早い段階で勝ち越したら、ちゃんとチケット取ったんですよ。どうしようかなと考えてチケット取るのやめました」と負け越したことで帰省は断念した。14日には熊本地震発生から5年を迎える。「まだ仮設住宅はある。(地元の宇土)市役所もまだ仮庁舎で、まだプレハブ。早くちゃんとした市役所が出来ればいいですけど」と地元を思いやった。5月場所後の帰省については「結果がどうあれ帰りますよ」と笑って話したが、かど番脱出を果たして地元に勇気を届けたい。

関連するニュースを読む

王座陥落アスカ、リプリーとの王座戦翌日リマッチもフレアー乱入で無効試合

王座陥落翌日にロウ女子王座に挑戦したアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇12日(日本時間13日)◇米フロリダ州タンパ・ユエンリンセンター

前ロウ女子王者アスカ(39)が元盟友に王座返り咲きのチャンスをぶち壊された。11日(日本時間12日)の祭典レッスルマニア37大会第2日に挑戦者リア・リプリー(24)に敗れて王座陥落したが、一夜明けたロウ大会第3試合でロウ女子王座戦のダイレクトリマッチが組まれた。

試合開始後、パワフルな新王者に何度も投げられながらも腕ひしぎ逆十字などの関節技で反撃。場外乱闘に入ると、WWE女子タッグ王座を一緒に奪取したパートナーのシャーロット・フレアー(35)に乱入され、突き飛ばされた。そのままノーコンテスト(無効試合)裁定に。終了ゴング後もフレアーによる暴走行為は収まらず、アスカはリプリーとともに襲われ続け、王座奪回することはできなかった。

リプリー-アスカ戦前、フレアーはリングに登場し、先にレッスルマニアでロウ女子王者アスカに挑戦表明しながら、自身の新型コロナウイルス感染によって欠場中にNXTから昇格したばかりのリプリーに王座挑戦権利を奪われていた。それを「横取り」と主張。ロウ女子王座戦乱入時には大きなブーイングも浴びていた。5月16日に開催が発表されているPPV大会レッスルマニア・バックラッシュに向け、アスカ、リプリー、フレアーの三つどもえの抗争が始まりそうだ。

関連するニュースを読む

悪霊ワイアットが謎残してオートンに敗北 黒い血でそまったブリスにひるむ

リング付近に設置されたボックスの中から登場し、オートン(右)をにらみつけたワイアット(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第2日>◇11日(日本時間12日)◇米フロリダ州タンパ・レイモンド・ジェームス・スタジアム

「ザ・フィーンド(悪霊)」ブレイ・ワイアット(33)が、謎を残しながら「毒蛇」ランディ・オートン(41)とのシングル戦に敗れた。

オープニングマッチで因縁のオートン戦が組まれたワイアットは、洗脳している「小悪魔」アレクサ・ブリス(29)によって回されたリングサイドの巨大オルゴールボックスから登場。ボックス頂上からジャンピング式クローズライン(ラリアット)をオートンに見舞うと開始ゴングが鳴った。

オートンの首をねじって雄たけびをあげたワイアットは、場外戦で解説席にたたきつけられるとマンディブルクローで反撃を開始。オートンにエレベイテッドDDT3発からRKOを狙われると再びマンディブルクローで応戦した。必殺のシスター・アビゲイルを仕掛ける態勢に入ると、四方のリングポストから火柱が上がり、黒い血で染まったブリスが巨大オルゴール上に現れると、不覚にもワイアットがひるんでしまった。その隙を突いたオートンにRKOをたたき込まれ、3カウントを許した。

勝利後、逃げるようにリングを立ち去ったオートンをみつめながら、ワイアットはブリスとともに取り残されたものの、そのまま会場は暗転。気がつけば、謎を残したまま姿を消していた。

突然、ボックスから黒い血を流しながら姿をみせた「小悪魔」ブリス(左)を見つめるワイアット(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
リング四方から火柱が立ち上がる中、オートン(左から2番目)にシスター・アビゲイルを仕掛けるワイアット(同3番目)(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

王者レインズが計5万人観客の祭典を防衛締め

防衛成功したWWEユニバーサル王座ベルトを掲げるレインズ(右から2番目)。左端はポール・ヘイマン(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第2日>◇11日(日本時間12日)◇米フロリダ州タンパ・レイモンド・ジェームス・スタジアム

第2日も2万5675人のファンが集結した祭典のメインイベントで、最後にリングに立っていたのはWWEユニバーサル王者ローマン・レインズ(35)だった。1月の男子ロイヤルランブル戦を制したエッジ(47)、そして3月のPPV大会で追い詰められたダニエル・ブライアン(39)の挑戦者2人を迎えた3WAY形式での防衛戦はレインズがパイプいす攻撃で決着させた。

王座戦は3選手が入り乱れた攻防を展開。場外でレインズのいとこで王者のセコンドに入ったジェイ・ウーソがスーパーキックでブライアンとエッジに襲い掛かるアシストを受け、レインズは優勢に試合を進めた。ウーソがエッジのDDTを鉄製階段の上で浴びて排除されると、レインズは苦戦を強いられた。ブライアンの顔面ストンピングからイエスロックで絞められ、ギブアップ寸前まで追い詰められた。と同時にエッジのクロスフェイスも受けて大ピンチに陥った。

レインズはエッジのスピアーを食らったものの、ブライアンのレフェリーの足を引っ張る“裏技”で2カウントで難を逃れた。先に顔面へのパイプ椅子攻撃でブライアンを沈めたエッジに対し、レインズがスピアーからの顔面へのパイプいす攻撃でKO。エッジをブライアンに重ね、そのまま2人ともフォールした。

ウーソの絶妙アシスト受けながら挑戦者2人から勝利を挙げたレインズは年間祭典で王座防衛に成功。WWEの「絶対王者」であることを認めさせる勝利となった。

今年のレッスルマニアは2日間合計で5万1350人の観衆が集結。2日連続でチケットも完売と発表された。なお来年のレッスルマニア38大会は22年4月3日、米ダラスのAT&Tスタジアムで開催される。

ブライアン(手前左)、エッジ(手前右)にパイプいす攻撃を加えるWWEユニバーサル王者レインズ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
エッジ(左)にクローズラインを打ち込むWWEユニバーサル王者レインズ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

ゼイン裏切った米人気ユーチューバー、オーエンズからスタナー葬

ケビン・オーエンズ(手前)のスタナーを浴びるユーチューバーのローガン・ポール(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第2日>◇11日(日本時間12日)◇米フロリダ州タンパ・レイモンド・ジェームス・スタジアム

登録者数2600万人を誇る米人気ユーチューバーのローガン・ポール(26)が年間最大の祭典に初「参戦」し、まさかのスタナー葬を浴びて倒れる失態をみせた。ケビン・オーエンズ(36)との遺恨シングル戦に臨んだサミ・ゼイン(36)の応援ゲストとして駆けつけ、両者のシングル戦を視察した。

試合は応援していたゼインがオーエンズのスーパーキック2発からのスタナーでマットに顔面を打ちつけてフォール負け。試合後にはポールがリングに上がると、オーエンズに握手を求めた。「俺のゲストだろ」とクレームを入れてきたゼインを突き飛ばして仲間割れ。あらためてオーエンズの勝利を祝福していると、眉間にしわを寄せたオーエンズに握手するふりをして捕獲され、そのままスタナーで沈められてしまった。

ポールはプロボクサーのライセンスも保持している。当初は2月にボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(44)とのエキシビション戦が計画されていたが、諸事情で延期されたばかり。レッスルマニア後、WWEオーエンズ、ゼインらとの遺恨が始まるのか。

サミ・ゼイン(右端)とリング上で口論するユーチューバーのローガン・ポール(左端)。中央はケビン・オーエンズ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

宮野真菜がK-1 GIRLS新メンバーに選出 6日連続で1人ずつ発表

「K-1 GIRLS」に新たに起用された宮野真菜(C)K-1

K-1実行委員会では、このほど「K-1 WORLD GP」に華を添える「K-1 GIRLS」の新メンバー6人を決定。公式サイト(https://www.k-1.co.jp/)で12日から6日間連続で1人ずつ発表する。

1人目は宮野真菜で初の「K-1 GIRLS」起用となる。プロフィルは以下の通り。

◆氏名 宮野真菜 Miyano Mana みやの・まな

◆キャッチコピー クールと天然のハイブリッド

◆身長 170cm

◆生年月日 1998年4月7日

◆スリーサイズ B85 W59 H87

◆出身地 鹿児島県

◆Twitter https://twitter.com/mana_miyano

◆Instagram https://instagram.com/miyamana_47

◆動画メッセージ https://youtu.be/-isW6V_JjzQ

関連するニュースを読む

アスカ、4回目祭典出場「すべてに感謝」王座陥落でベルトを失い「くそー」

挑戦者リプリー(右)のトラースキックを浴びるロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第2日>◇11日(日本時間12日)◇米フロリダ州タンパ・レイモンド・ジェームス・スタジアム

ロウ女子王者アスカ(39)が祭典で王座陥落した。

成長著しい挑戦者リア・リプリー(24)を迎え撃ったものの、相手必殺のリップタイド(変形ストレッチボム)を食らってフォール負けを喫した。試合後には自らのSNSを英語で更新。4回目のレッスルマニア出場に「すべてに感謝」とした上で、ベルトを失い「くそー」と投稿した。

序盤から「やってみろ!コラ」と挑発しながらドロップキック2発で攻め込んだアスカは、「チャンピオンだろ!オラ」と挑戦者に馬乗り状態で殴られた。ミサイルキックからスピンキック、ヒップアタックと連続攻撃をヒット。チャンスにコーナートップに向かうとミサイルキックを浴びて場外に吹き飛ばされた。

負けられないアスカはエプロンでリプリーを捕獲し、場外DDTを放って脳天から地面に突き刺した。

ストンプ連打からプリズムトラップを浴びながらもアスカも腕ひしぎ逆十字固めからアスカロックと関節技を続けたが逃げられ、胸板への強烈キックをかわされると、リプリーに担ぎ上げられて最後は相手必殺技に沈んだ。

昨年5月11日から335日間、保持し続けていた同王座から陥落。日本勢がレッスルマニアでWWEシングル王座の防衛戦に臨むのは98年の第14回大会でTAKAみちのくがWWFライトヘビー級王座の防衛に成功して以来23年ぶりだったが、アスカは王座を死守できなかった。

関連するニュースを読む