上へ戻る

au版ニッカン★バトル

新着ニュース

「永遠なれ、闘魂!」猪木さん告別式に358人参列 棺いっぱいに真っ赤な花、猪木コールで送る

アントニオ猪木さんの遺影を持つ娘の寛子さん(撮影・中島郁夫)

プロレスラー、政治家として活躍した「燃える闘魂」アントニオ猪木さん(本名・猪木寛至)の告別式が14日午前、都内の斎場でしめやかに営まれた。1日に79歳で永眠したことを受け、親族や関係者358人が参列した。前日13日の通夜の参列者は333人だった。

喪主を務めた猪木さんの実弟、啓介さんの焼香案内の後、参列者が焼香。その後は、お花によるお別れ会が行われた。猪木さんの象徴だった真っ赤な花が、棺いっぱいに手向けられた。

午前11時半。出棺の際には、斎場の玄関前に並んだレスラーやOBらは猪木さんの赤い「闘魂タオル」を首に巻き、テーマ曲「炎のファイター」に手拍子を合わせ、猪木コールも起こった。IGFや新日本プロレスでリングアナウンサーを務めた田中ケロ氏の「永遠なれ、闘魂! アントニオ猪木ー!」のアナウンスで乗棺した。遺影は、米国在住の猪木さんの娘、寛子さんが携えた。

火葬炉に入る前にあいさつと1回限りの焼香を行い、最後のお別れとなった。

◆主な参列者

棚橋弘至、オカダ・カズチカ、中邑真輔、永田裕志、天山広吉、坂口征二、藤波辰爾、小川直也、藤田和之、藤原喜明、武藤敬司、佐々木健介、高田延彦、蝶野正洋、沢田淳士、川畑要、古舘伊知郎、江本孟紀、亀田興毅、北の富士勝昭、玉木雄一郎、鈴木宗男(順不同、敬称略)

「闘魂タオル」を首に巻いたレスラーたちに見送られアントニオ猪木さんの棺を載せ出発する霊きゅう車(撮影・中島郁夫)
アントニオ猪木さんを見送る、左からオカダ・カズチカ、坂口征二氏、後藤洋央紀、2人おいて小川直也氏、中邑真輔(撮影・中島郁夫)
アントニオ猪木さんの告別式に参列した武藤敬司(左)と中邑真輔(撮影・中島郁夫)
アントニオ猪木さんの棺を運ぶ、左から小川直也氏、オカダ・カズチカ、中邑真輔ら(撮影・中島郁夫)
アントニオ猪木さんの告別式に参列した船木誠勝(撮影・中島郁夫)
アントニオ猪木さんの告別式に参列した藤波辰爾(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む