上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

なべやかん「ダンカンプロレス軍団をぶっつぶす!」

ベストボディ・ジャパンプロレスリングの会見に出席した、左からなべやかん、谷口智一CEO、竹林早苗

お笑いタレントでプロレスラーの、なべやかん(49)が23日、都内で行われた「ベストボディ・ジャパンプロレスリング」の27日の興行「マーチナイト」(東京・新木場1stリング、午後7時)の発表会見に出席した。

新型コロナウイルス渦で興行の中止が相次ぐ中での開催に、自らもセミファイナルに出場する谷口智一ベストボディ・ジャパンプロレスリングCEO(41)は「今回の騒動でイベント自粛の中、中止、延期も検討しましたが、健康美を打ち出している団体として、健康に元気を旗印にして興行をやります。コロナで沈んでいるからこそ、元気づけたい」と話した。

コロナ対策として「観客はマスク着用で、ない人には配布も考えている。入場時にアルコール消毒、体温チェックをして37度5分以上の人は入れずに、返金させていただく。座席も、リングから離して、試合ごとに換気して、空気を入れ替えます。現在、準備を進めています」と説明した。

やかんはメインイベントのBBW世界スーパーボディ級選手権に出場。同級王者の竹林早苗と大鷲透、伊橋剛太と組んで、ダンカンプロレス軍団のベストボディ・ベイダー、諸橋晴也、大石真翔、山中絵里奈と4対4で戦う。誰が誰をフォールしても、フォールを奪った者が新王者という特別ルールで行われる。

やかんは「ダンカンプロレス軍団という小ざかしい軍団と対抗する。とにかく相手を倒し、ベルトを取れたら。早苗さんが防衛できたらいいけど、自分もベルトをほしい気持ちがある。今、言えるのは、とにかくダンカンプロレス軍団をぶっつぶす! ということです」と話した。

当日は父親のタレントなべおさみ(80)の来場も期待されるが、やかんは「高齢ですからね。(コロナに)感染したらかえって迷惑をかけるので、それはないです」。

父のなべおさみに関しては昨年、競泳の池江璃花子選手(19)が白血病で闘病中に、手かざしで治療したなどと一部で報道されたことがある。やかんは「他で言っていることと、くっつけて報じられた。池江さんとは家族ぐるみの付き合いで、うちの実家に来たのは確かだけど、それは飼っていた秋田犬が死んで、お線香をあげに来てくれたから。それがいつの間にか、手かざししたことになってしまった。記事の通りの方が面白いのかもしれないけど、そんなわけはない」と手かざし報道を否定した。

関連するニュースを読む

なべやかん「相手が強かった」プロレス3戦目も敗北

タッグマッチで敗れ、無念の表情のなべやかん(左)。右は谷口智一(撮影・浦部歩)

お笑いタレントなべやかん(48)が26日、東京・新宿FACEで行われた「ベストボディ・ジャパンプロレス」第3戦に出場した。

「ベストボディ・ジャパンプロレス」は、スリムな筋肉美コンテストを行う「ベストボディ・ジャパン」が、「DDTプロレス」全面協力のもと、4月に発足した新団体。

なべは、8年ぶりにリングに復帰したベストボディ・ジャパン代表の谷口智一とタッグを組み、メインイベントで高尾蒼馬・遠藤智哉組と対戦した。

元パワーリフティング日本代表で、全日本大会で3回の優勝経験があるなべは、8月の旗揚げ戦でプロレスラーデビューし、この日が3戦目。前回10月の第2戦で政宗とタッグを組み、大石真翔、旭志織組みに敗れていただけに気合が入っていた。

試合は、体格や経験で勝る高尾・遠藤組が終始優勢。なべは、エルボードロップ、逆水平チョップ、マットを外し、金属がむきだしになったコーナーに打ちつけられるなど劣勢な展開を強いられるが、一瞬のすきを突いたドロップキックで反撃、試合終盤には体格差をはねのけ、高尾にアルゼンチンバックブリーカーをしかけ、見せ場も作った。

しかし、反撃もむなしく谷口がフォールを奪われ無念の敗北。第2戦の雪辱とはならなかった。なべは試合後、「今日は0点。全然いいところがなかった。相手が強かった。でも、前を向いて頑張ります」と言葉少なだった。

第4戦は、来年2月8日、東京・新木場1stRINGで行われる。

ファイトするなべやかん(撮影・浦部歩)

関連するニュースを読む

なべやかん「二足のわらじ」8・5プロレスデビュー

なべやかんは、白川未奈にコブラツイストをかけられもん絶

 ベストボディ・ジャパンは24日、都内で会見し、新たなプロレス団体「ベストボディ・ジャパンプロレス」を設立すると発表した。

 同社の谷口智一代表が以前所属したDDTプロレスの高木三四郎社長に設立を相談。DDTが選手の育成などで協力する。旗揚げ戦は8月5日の品川プリンスホテル大会で、お笑いタレントのなべやかん(47)がプロレスラーデビューする。ビートたけしの独立と同時にオフィス北野を退社したなべやかんは「今後は、芸人とレスラーの二足のわらじで活動していく」と抱負を語った。

関連するニュースを読む

なべやかんが新団体でプロレスデビュー「本格的に」

新設されたベストボディ・ジャパンプロレスから8月5日の品川大会でデビューするなばやかんは、白川未奈にコブラツイストをかけられもん絶

 ベストボディ・ジャパンは24日、都内で会見し、新たなプロレス団体「ベストボディ・ジャパンプロレス」を設立すると発表した。

 ベストボディ・ジャパンの谷口智一代表が、以前DDTプロレスに所属した縁で、DDTの高木三四郎社長に協力を依頼。DDTが選手の練習など協力し、お笑いタレントのなべやかん(47)がプロレスラーとして、同団体の8月5日の品川プリンスホテル大会でデビューする予定。なべやかんは「以前、全日本女子プロレスの前座でミゼットプロレスをやらないかと、誘いを受けたことがあるが断った。オフィス北野時代に、テレビ番組でプロレスをやったことはあるが、今回は本格的にプロレスを始めます。全日本の永源さんのような、チョップを受けてツバを飛ばすような、お客さんを巻き込む激情的なプロレスをやってみたい」と抱負を話した。なべのほかに、グラビアアイドルの白川未奈(30)らがともにデビューする予定。

関連するニュースを読む