上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

王座挑戦の古橋に援軍 川崎Fふろん太が応援団長に

Jリーグ川崎Fのマスコット「ふろん太」(左端)の応援団長就任を発表した日本スーパーバンタム級1位古橋(中央)。右端は新田会長(提供:川崎新田ジム)

21年1月に日本王座挑戦を控えるボクシング日本スーパーバンタム級1位古橋岳也(33=川崎新田)に絶好調J1クラブから強力援軍を得た。川崎新田ジムは2日、同じホームタウンで今季、史上最速で3度目のJ1優勝を飾った川崎フロンターレのマスコット、ふろん太が王座戦に向けて応援団長に就任すると発表。21年1月22日、東京・後楽園ホールで、同級王者久我勇作(30=ワタナベ)に挑戦する古橋はオンラインで会見し「3度目のタイトル挑戦。過去2回は逃しているので『三度目の正直』で取りたい。自分もフロンターレに続いて王者になります」と決意を表明した。

川崎Fが優勝を決めた暫定2位G大阪とのホーム戦にもスタジアムに応援に行ったという古橋は「2位クラブを5-0と大差をつけてホームでバチッと優勝を決めてくれた。自分の中でも自信があり、さらにフロンターレという大きなクラブがついてくれて、より一層、王者になる可能性が高まった。間違いなく王者になる」と自信たっぷりの笑み。古橋とともに会見に同席したふろん太は「川崎の仲間。古橋選手の応援に来ました。いつも応援してくれてありがとう。今後は僕たちが応援するよ」とバックアップを約束した。

所属ジムの新田渉世会長は「2010年頃からフロンターレさんとはいろいろな活動を一緒に取り込んでいる。川崎生まれ、川崎育ち、川崎ジム所属として初の王者が期待されており、(ふろん太が)応援団長を引き受けてくれた」と感謝していた。

日本スーパーバンタム級1位古橋(右)のタイトル挑戦に向けた応援団長にJリーグ川崎Fのマスコット、ふろん太が就任(提供:川崎新田ジム)

関連するニュースを読む

黒田初世界戦は判定完敗/ボクシング詳細

12回を終えファン・カルロス・レベコは肩車され喜ぶ(撮影・山崎哲司)

<プロボクシング:WBA世界フライ級タイトルマッチ12回戦>◇27日◇神奈川・とどろきアリーナ

 世界初挑戦の同級9位黒田雅之(25=川崎新田)が、王者フアン・カルロス・レベコ(29=アルゼンチン)に判定0-3で完敗した。「川崎から世界へ」の合言葉の下、会場はJ1川崎Fサポーターらの応援歌で盛り上がるなど独特の雰囲気だったが、ベルトには手が届かなかった。黒田は序盤から前に出たが、繰り出すパンチに合わされて反撃を受け、王者の技術の前に効果的な攻撃ができなかった。王者にはスタミナでも後手に回り、終盤に向けて手数で圧倒的な差をつけられた。判定もジャッジ2人が6点差、1人も4点差をつける完敗で、世界の壁の前に玉砕した。

 3度目の防衛に成功したレベコはプロ通算30勝(16KO)1敗。黒田は21勝(13KO)4敗2分け。

<1回>

 レベコは左利きだがオーソドックススタイルで向き合う。ボディーなど重みのある左で攻める。黒田も前に出てパンチを繰り出して応戦した。

<2回>

 黒田が立ち上がりに左ボディーから左フックと攻めてロープに追い詰める。しかし、攻めきれずリング中央に戻ると左を中心に、右ボディーも繰り出す王者の攻勢を受ける。だが、相手の右フックは大振りで何度も空振りさせた。やや王者が押し気味。

<3回>

 ラウンド間にJ1川崎Fのマスコット・ふろん太がラウンドボーイを務める。ともにパンチを出すが有効打はなし。レベコは左目横から出血。会場は「クロダ」コールであと押し。

<4回>

 黒田は王者のガードの上から連打を浴びせ、気迫を見せる。だが、王者のペースを崩すまでには至らず。王者は残り10秒から左ボディーから上下に連打を出し、黒田を追い込む。

<5回>

 王者は黒田のパンチに合わせるように的確にジャブを当てる。残り1分前に王者がバランスを崩す場面があったが、黒田は攻めきれず。

<6回>

 黒田は左右のボディーから接近し、打ち合いを挑む。レベコの側頭部から再び出血。黒田がやや盛り返す。

<7回>

 王者が勢いを取り戻し、左のジャブで攻め込む。黒田は前のラウンドとは一転、接近できず、手数も減った。

<8回>

 王者は左ボディー、左フックの上下の打ち分けに加え、右も当て始める。黒田は攻めるチャンスをつかみきれず、厳しいラウンド。

<9回>

 王者はラウンドが進んでもまったく疲れた様子を見せない。左の上下3連打。右フックなど手数が増える。黒田も接近して左右ボディーからの左フックなど反撃を試みるが、流れは変えられなく苦しい展開。

<10回>

 黒田は接近して小さなパンチを繰り出すが、レフェリーに分けられる。続く接近戦では王者にボディーの連打を浴びる。王者の側頭部からは出血が続くが、ダメージは感じられない。

<11回>

 劣勢の黒田にセコンドからは「KOをねらえ」との指示が飛ぶ。だが、豊富なスタミナを誇る王者はさらにパンチの回転を挙げて、黒田を攻める。黒田も接近して反撃を見せるが、手数では後手に回る。

<12回>

 意地で前に出て攻める黒田に対し、王者も逃げずに応戦。だが、王者にスキは見えず、決定打を放つことはできない。最後までパンチを繰り出したが、倒すことはできなかった。判定は3-0でレベコを支持した。

関連するニュースを読む

黒田2月世界戦!川崎Fとコラボで王者だ

世界挑戦が決まった黒田(中央右)は、新田会長らと記念撮影

 ボクシングとJリーグのコラボで、川崎市から世界王者誕生を後押しする。川崎新田ジムは10日、同ジムの黒田雅之(26)が同日、日本ライトフライ級王座を返上し、2月27日に川崎市のとどろきアリーナで、WBA世界フライ級王者ファン・カルロス・レベコ(29=アルゼンチン)に挑戦すると発表した。川崎市のジム所属選手が、川崎市で世界戦を行うのは史上初めてで、同市のスポーツ協会が協賛、商工会議所に加え、Jリーグの川崎Fも後援に名を連ねた。

 デビュー10年目の黒田は「世界戦ができるのは大変うれしい。勝つことで地元の方の応援に応えたい」と抱負を述べた。川崎新田ジムは03年2月設立で、今年で10周年。新田渉世会長が「地域密着し、川崎から世界へ」という目標を掲げ、世界戦実現にこぎ着けた。

 川崎市で同様に地域密着を図る川崎Fは、世界戦で同チームのマスコット、ふろん太君がラウンドボーイを務め、サポーターがサッカー仕様の応援で会場を盛り上げる計画がある。【桝田朗】

関連するニュースを読む