上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

藤岡奈穂子が王座統一&初防衛、会長は6階級色気

判定で初防衛を果たした藤岡はポーズを決める(撮影・山崎安昭)

国内初の5階級制覇王者藤岡奈穂子(43=竹原&畑山)が、王座を統一して初防衛にも成功した。暫定王者イルマ・サンチェス(30=メキシコ)を初回から圧倒。ダウンは奪えなかったが、ジャッジ3人ともフルマークの完勝で、3-0の判定勝ちを収めた。

藤岡は「初回から倒しに行った」とゴングからグイグイと攻めた。右ストレートがきれいに決まり、左ボディー、右ジャブでも相手をのけ反らせる。アッパーなど多彩なパンチとコンビネーションでスキを与えず。何度も後退させ、ロープやコーナーに追い込んだ。サンチェスは打たれ強く最後までダウンしなかったが、昨年12月に男女を通じて国内初の5階級制覇の実力差を発揮した。

藤岡は「初回でパンチは見えたし、距離も分かった。顔が打たれ強く、まとめて最後にボディーで倒しに行ったが、中盤で判定かなと思った」。完勝にも相手のタフさを認めた。43歳も「まだ伸びシロがある」と言い、パンチの精度や右アッパーなどを試しことができた。まだまだ進化している。

竹原会長も「きれいなボクシングで対応できていた。完勝。6階級いっちゃおうか?」と言うほどだった。今後の目標には「大きな舞台で」と、海外でのビッグ興行に参戦を願った。

WBA世界女子フライ級王座統一戦 10回、藤岡(左)はサンチェスに左ストレートを打ち込む(撮影・山崎安昭)
WBA世界女子フライ級王座統一戦 6回、藤岡(左)はサンチェスに左ストレートを打ち込む(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

藤岡奈穂子「スリリング」相手グローブ薄くても余裕

計量をクリアした暫定王者イルマ・サンチェス(左)と正規王者藤岡菜穗子

ボクシングWBA世界女子フライ級王座統一10回戦の調印式と前日計量が、13日に都内で行われた。正規王者藤岡奈穂子(43=竹原&畑山)、暫定王者イルマ・サンチェス(30=メキシコ)とも、リミットより500グラム少ない50・3キロで計量をクリアした。藤岡は昨年12月にWBOライトフライ級を制し、国内で初の5階級制覇を達成した。この王座は返上し、今回は昨年3月に獲得した王座の初防衛戦となる。

グローブはともにメキシコ製も違うメーカーで、スポンサーのものを使用する。サンチェスは日本でなじみがなく、より薄いグローブに藤岡陣営は「薄すぎ。大丈夫か?」の声さえ上がった。藤岡は「ガードを気をつけるけど、スリリングでいい」で余裕の弁だった。相手からメキシコの民族衣装をサプライズプレゼントされ、「あした何か用意しないと」とこれには恐縮していた。

今年に入って、米ロサンゼルスで2度合宿した。「ステップとか基本のちょっとしたや、意識の仕方とか、新たな面白さに気づかされた」という。大目標を達成後で最初の試合になるが「次のステップに行ける試合にしたい」と話す。さらなるレベルアップの先には、海外でのビッグイベントに参戦を目標に掲げた。

関連するニュースを読む

藤岡奈穂子が王座統一戦「さらに高みを」KO宣言

リングで統一戦でKO宣言した藤岡奈穂子

 ボクシングWBA女子世界フライ級王者藤岡奈穂子(42=竹原&畑山)が、9月14日に東京・後楽園ホールで暫定王者イルマ・サンチェス(30=メキシコ)との王座統一戦に臨む。13日の同会場での興行の中で発表された。

 藤岡は昨年3月の同王座決定戦で4つ目の世界王座についた。12月にはWBOライトフライ級王座も獲得して、日本人初の5階級制覇王者となった。その後に同王座は返上したが、相手はこの間に暫定王座を獲得していた。

 藤岡はリングに上がってあいさつ。「やっと試合が決まった。王者同士の戦いだがKOで勝つ。さらに高みを目指したい」とKO宣言でアピールした。

関連するニュースを読む