上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

IGF3プロモ映像を30日から都内4カ所で上映

 「INOKI GENOME FIGHT 3」(4月11日、東京・両国国技館、日刊スポーツ新聞社後援)では、30日から大会当日まで、都内4カ所で大会プロモーション映像を上映する。

 ビジョン名と住所は以下の通り。

 ■秋葉原UDXビジョン(千代田区外神田4-14-1)

 ■秋葉原ラジオ会館ビジョン(千代田区外神田1-15-16ラジオ会館)

 ■アキバビジョン(千代田区外神田1-2-9ラオックス本店ビル)

 ■池袋リプレビジョン(豊島区東池袋1-14-3シネマサンシャイン)

 大会では、石井慧-ニック・ロズボロウなど、注目カードが組まれている。詳細および問い合わせは、IGF=http://www.igf.jp/へ。

関連するニュースを読む

女子プロ映画イベントに朱里ら出演

映画「ママはレスリング・クイーン」公開記念トークイベントにゲスト出演した4選手

 14日、女子プロレスを題材とした映画「ママはレスリング・クイーン」公開記念トークイベントが東京・シネマート六本木にて行われた。

 同作は北フランスの田舎町で人生の再起をかけた4人の女たちがプロレスに挑戦。猛特訓の末にメキシコ強豪チームに試合を挑むという物語。昼はスーパーのレジを打ち、夜はリングで汗を流す汗と涙の奮闘ドラマが感動を呼び米・プロレス団体WWEがリメーク権を獲得した。

 同イベントには朱里、真琴、Ray、木村響子の4選手がゲスト出演。前日、初代Krush女子王座を防衛したばかりの朱里は「無事、昨日防衛をすることができました。自分はプロレスとキックボクシングのふたつの頂点を目指してます」とあいさつ。昼間はスーパーのレジ係、夜はプロレスラーという掛け持ちの女たちが奮闘する同作に、元ひきこもりレスラーの真琴は「自分はプロレスとニートの掛け持ちです」と言えば館内は爆笑に包まれた。

 また、同作と同じように、シングルマザーでレスラーとして活躍する木村は「毎日、子供を食べさせるために絶対にケガしちゃいけない、そして無事に家に帰って安心させてあげないと心配する。それで10年間けがをせず、いまは子どもも16歳になりました」と振り返ると、場内からは拍手が湧き起こった。

 マスク姿で登壇したRayは「これが私の素顔なんですよ。覆面レスラーというのはマスクはどこでも一切脱ぎません。コンビニにもこれでに行きます」と堂々、胸を張った。

 そしてトークのテーマである、女子プロレスラーとしての哲学、そして人生について、朱里は「リング上で、たくさんのお客さんに戦いを見せることで、何かを伝えることができる。それがすごく魅力的な場だと思います」、木村は「プロレス=人生ですね。人生は自分の思い通り行かないことが多いですよね。プロレスは業の1つにしても痛いから避けたいけど、プロレスラーとして受け身を取って戦わなきゃなきゃいけない。人生の中でも一緒。どんなことが起きてもそれに向かって受け止めてどう戦っていくかということだと思う」、Rayは「自分がいかに輝くかと考えて試合をしています。自分は人生でやりたかったことをプロレスにかけようかなと。プロレスでできないことはないんです」、真琴は「プロレスラーで良かったことは何かでストレスがたまってもリングの上で相手を好きなだけ殴ったり蹴ったりできることです。あと自分はすごくおとなしそうに見えるので痴漢とか寄ってくるんですよ。そういうときは筋肉を見せるとみんな逃げていきます」とそれぞれが語った。

 最後のフォトセッションにはラ・コマンダンテが乱入。同作で大暴れするメキシコ人選手の中にはコマンダンテと同じCMLL所属のゴージャ・ゴングも活躍する。4人が場外乱闘さながらに撃退し、同作を大いにPRした。

 「ママはレスリング・クイーン」は7月19日ヒューマントランスシネマ有楽町ほか全国ロードショー。

関連するニュースを読む

猪木祭プロモーション映像を上映中

IGF王座を争う藤田和之(左)と石井慧

 大みそかに行われる「INOKI BOM-BA-YE2013」(日刊スポーツ新聞社後援)では現在、都内4カ所の大型ビジョンで、猪木祭りプロモーション映像を上映している。

 (1)秋葉原UDXビジョン(千代田区外神田4-14-1、秋葉原UDXビル壁面)

 (2)アキバビジョン(千代田区外神田1-2-9、ラオックス本店ビル壁面)

 (3)池袋リプレビジョン(豊島区東池袋1-14-3、シネマサンシャイン壁面)

 (4)渋谷SNビジョン(渋谷区宇田川町26-2、サンルイビル)

 以上で29日まで(渋谷のみ31日まで)、迫力ある映像を届ける。

 大会は12月31日、東京・両国国技館で開催される格闘技の祭典で、対戦カードはIGFタイトルマッチの藤田和之-石井慧、沢田敦士-ミノワマンほか。午後2時開場。詳細および問い合わせは、IGF=http://www.igf.jp/へ。

関連するニュースを読む

新宿でUFCパブリックビューイング開催

 五味隆典、福田力らが出場するUFCマカオ大会(10日)のパブリックビューイングが、東京の映画館で行われることが決まった。シネマコンプレックスの運営会社ティ・ジョイが5日、発表した。

 イベントは日本時間では日付の変わる11日午前1時から、新宿バルト9(東京都新宿区新宿3丁目1-26新宿三丁目イーストビル9階)で開催される。会場にはUFCファイターの日沖発がゲストで訪れ、試合の実況解説のほか、トークショーも行う。入場料は3500円。イベントの終了予定は11日午前6時ごろの予定。

 この日の大会には五味、福田に加え、手塚基伸、漆谷康弘、水垣偉弥が参戦する。メーンにはミドル級のリッチ・フランクリンとカン・リーの対戦が組まれている。

関連するニュースを読む