上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

佐々木憂流迦「勝ちたい」シンガポール大会参戦へ

6月のUFCシンガポール大会出場が決まった佐々木憂流迦Photo by Mike Roach/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images


 UFCフライ級を主戦場とする佐々木憂流迦(28)が6月23日のUFCシンガポール大会に参戦することが8日、発表された。

 ジェネル・ラウザ(29=フィリピン)と同級5分3回で対戦する。当初、ラウザと対戦予定だったアシュカン・モクタリアン(オーストラリア)の負傷欠場で、代役として白羽の矢が立った。

 佐々木は4月21日のUFCファイトナイト128大会(米アトランティックシティー)に出場を予定していたが、対戦相手のマゴメド・ビブラトフの負傷で前日計量日にカード消滅となっていた。昨年9月の日本大会ではジュシー・フォルミーガに裸絞めで黒星を喫しており、佐々木にとって再起戦。昨年のシンガポール大会ではジャスティン・スコギンズに劣勢から立て直して一本勝ち。技能賞(パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト)も獲得している縁起の良い大会だ。

 UFCを通じ、佐々木は「前回大会は直前での試合消滅というとても残念な形でしたが、次戦はシンガポールに決まりました。シンガポールは2度目で、再びファンの前で試合をすることが楽しみです! 前戦を楽しみにしてくれていたファンの気持ちも力に変えて、今大会はすべてを爆発させて勝ちたいと思います!」とコメントした。

昨年9月の日本大会以来のUFC出場となる佐々木憂流迦(左)Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

関連するニュースを読む

阿部が6・23シンガポールで再起戦 石原も参戦

6月23日のUFCシンガポール大会でリー・ジンリャンと対戦する阿部大治


 6月23日のUFCシンガポール大会(シンガポール・インドア・スタジアム)の追加カードが4日、発表され、ウエルター級の阿部大治(26)がリー・ジンリャン(中国)と対戦することが決定した。

 阿部は今年2月のオーストラリア・パース大会でルーク・ジュモー(ニュージーランド)に判定負け。プロ7戦目で初黒星を喫して以来の再起戦となる。

 またバンタム級の石原“夜叉坊”暉仁(26)もピョートル・ヤン(ロシア)との対戦が決まった。同じく2月のオーストラリア・パース大会でホセ・キノネス(メキシコ)に判定負けしており、再起戦となる。

 既にシンガポール大会では、フライ級の井上直樹(20)がマット・シュネル(米国)、ウエルター級の安西信昌(32)がジェイク・マシューズ(オーストラリア)と対戦することが発表されている。

ピョートル・ヤンと対戦する石原〝夜叉坊〟暉仁

関連するニュースを読む

井上直樹、安西信昌がシンガポール大会に参戦決定

6月23日のUFCシンガポール大会参戦が決まった井上(左) Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images


 UFCシンガポール大会が6月23日、シンガポール・インドア・スタジアムで開催されることが発表され、日本人ファイター2人の参戦が決まった。

 日本人最年少となる19歳でUFCと契約し、現在プロ11連勝中の井上直樹(20)はマット・シュネル(28=米国)とフライ級5分3回で対戦することが決定。17年6月のUFCデビュー戦勝利(対カールス・ジョン・デ・トーマス戦)以来、1年ぶりのオクタゴンになる井上は「久々の試合に気合が入っていますが、相手はアメリカン・トップチームのとても強い選手。UFCに弱い選手はいないので、このような選手と戦ってスキルアップしたい」とコメントした。

 また14年にUFCデビューし、現在2連勝中の安西信昌(32)が、ウエルター級5分3回でジェイク・マシューズ(23=オーストラリア)と対戦。現在2連勝中となる選手同士の激突となる。昨年9月のUFC日本大会以来の試合となる安西は「相手はパワフルなオールラウンダー。自分も連勝しているので、強い相手でも自信を持って堂々と戦える準備はできています」とコメントした。

6月のUFCシンガポール大会でマシューズと対戦する安西(右) Photo by Brandon Magnus/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images 

関連するニュースを読む

五味隆典9・23UFC日本大会で連敗脱出目指す

9月23日のUFC日本大会への参戦が決まった五味隆典(左)

 旧PRIDEライト級王者で、現UFCファイターの五味隆典(38)が9月23日のUFCファイトナイト・ジャパン(さいたまスーパーアリーナ)に参戦することが11日、発表された。

 ライト級5分3回で、キム・ドンヒョン(28=韓国)と対戦することも決定した。UFCを通じ、五味は「(相手は)若くてアグレッシブな選手だと思います」とコメントした。

 五味は今年6月のシンガポール大会でジョン・タック(米国)に開始72秒でTKO負けを喫した。約1年ぶりの試合で勝利を飾れずにUFC4連敗となっている。7月から練習拠点も東京・杉並区から神奈川・相模原市に移したばかり。五味は「練習環境も新しくなり、ホームでの試合になるので最高のコンディションで挑みます」と、心機一転で連敗脱出を目指す意気込みだ。

関連するニュースを読む

UFC9月に日本開催 3年連続

 UFCは2日、9月20日にさいたまスーパーアリーナで、3年連続となる日本大会を開催すると発表した。同団体のアジアマネジングディレクターのマーク・フィッシャー氏が明かしたもので「日本大会はメジャーイベントになる」とコメント。過去2大会には日本人が出場しており、1月4日のシンガポール大会でデビューしたフェザー級14位・川尻達也(35=T-BLOOD)らの出場にも注目が集まる。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

川尻9位に挑む UFCアブダビ大会

 UFCは25日、フェザー級14位の川尻達也(35=T-BLOOD)が、4月11日にアラブ首長国連邦・アブダビで開催の「UFC FIGHT NIGHT」で同級9位のグイダと対戦すると発表した。2回一本勝ちした1月4日のUFCデビュー戦、シンガポール大会以来の試合となる。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

UFC、1月に日本人4選手デビュー

 UFCは5日(日本時間6日)、14年1月のシンガポール大会で日本人4選手がデビュー戦を行うと正式発表した。バンタム級の清水俊一(26)はカン・ギョンホ(28=韓国)、ウエルター級のストラッサー起一(32)はイム・ヒョンギョ(28=韓国)、フェザー級の川尻達也(35)はハクラン・ディアス(29=ブラジル)、ライト級の菊野克紀(32)はクイン・マルハーン(29=米国)とそれぞれ対戦する。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

川尻1月ディアス戦でフェザー級デビュー

 10月にUFCと契約した川尻達也(35=T-BLOOD)が、ハクラン・ディアス(29=ブラジル)とフェザー級でデビュー戦を行うと、格闘技サイト「FIGHT SPORTS ASIA」が3日報じた。来年1月4日のシンガポール大会となる見込みで、12年大みそかのDREAM18大会で小見川道大(37)に判定勝ちして以来の試合となる。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

パンクラス清水俊一がUFCと契約

 パンクラスは25日、同団体バンタム級2位にランクされる清水俊一(28=宇留野道場・ハイブリッドファイター)がUFCと契約したと発表した。参戦する興行や対戦相手は、UFCから後日発表となる。パンクラスを通じ、清水は「今まで戦って来た全てをぶつけます。押忍!」とコメントした。

 UFCはアジア戦略の一環として、来年1月4日にシンガポール大会の開催を発表している。

関連するニュースを読む

DREAMがマレーシアに2選手派遣

 DREAMが10日、6月23日にマレーシアのクアラルンプールで行われる総合格闘技ONE FCに2選手を派遣すると発表した。参戦するのは、バンタム級の今成正和(36)とライトヘビー級の水野竜也(30)。今成は柔術黒帯のレアンドロ・イッサ(28)、水野竜也はレナート“ババル”ソブラル(36=ともにブラジル)とワンマッチで対戦する。

 DREAMのONE FCへの選手派遣は、3月のシンガポール大会以来、2度目。両団体は、選手交流やイベントの共催などで協力関係にある。

関連するニュースを読む