上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

田中恒成が五輪目指す兄と公開スパー、仮想V2戦

東京五輪を狙う兄、田中亮明(手前)と公開スパーリングを行った世界3階級覇者の弟恒成、奥が父の斉トレーナー(撮影・加藤裕一)

ボクシング世界3階級覇者のWBO世界フライ級王者田中恒成(24=畑中)と、アマチュアのフライ級で東京五輪出場を狙う兄の亮明(25=中京学院大中京高教諭)が5日、名古屋市の同ジムで公開スパーリングを行った。名古屋市の武田テバオーシャンアリーナで24日にV2戦を行う弟恒成の相手、同級1位ジョナサン・ゴンザレスが、兄亮明と同じサウスポーのため実現した。

すでに、6月中旬のフィリピン合宿で約2年ぶりの手合わせを終えており、この日は3分2回で実施。アップライトな構えで距離を取る兄に、弟が果敢な追い足で攻め込む場面が何度も見られた。

恒成は「ボクシングに取り組む姿勢。何ひとつ避けることなく、一番遠回りの道を歩む姿は、マネできません」と兄に敬意を表する。「正直、普段はやられることが多い」と言うが、この日は「2ラウンドだし、テンポを上げた。比較的いい動きができました」と満足そうに話した。

一方、亮明は弟について「有言実行で世界チャンピオンになって、その後も(将来の)5階級制覇目指して進んでいる」とたたえた。今の弟の印象を「強いッスね。(恒成が)高校とかの弱かったころのことは覚えてなくて、今は純粋に強さを感じます。力強いし、激しい」。来年の東京五輪代表の選考過程で重要な位置づけになる全日本選手権(11月)に向け、今回の経験を生かしていくつもりだ。

公開スパーリングを行った田中兄弟。右が世界3階級覇者の弟恒成、左が東京五輪を狙う兄亮明(撮影・加藤裕一)
世界3階級覇者の弟、田中恒成(左)と公開スパーリングを行う東京五輪を狙う兄亮明(右)(撮影・加藤裕一)

関連するニュースを読む

田中恒成「目指せ塩試合」V2戦はパンチもらわない

WBC世界ライトフライ級ユース王者加納陸(右)とスパーリングを行ったWBO世界フライ級王者田中恒成(撮影・加藤裕一)

WBO世界フライ級王者田中恒成(24=畑中)が24日、同級1位ジョナサン・ゴンザレス(28=プエルトリコ)との2度目の防衛戦(8月24日、愛知・武田テバオーシャンアリーナ)で「塩試合」を狙うことを誓った。

この日、名古屋市内の同ジムでWBC世界ライトフライ級ユース王者加納陸(21=大成)と公開スパーリングを行った後「『目指せ、塩試合』です」とV2戦のテーマを口にした。

何とも珍妙な響きだが、そこには深い意図がある。同級王座を奪取した木村翔戦、初防衛に成功した田口良一戦はともに、打ち合い上等のどつき合い。名古屋風に言えば“みそ煮込み”の濃厚さだった。

「前の2試合と違って、まず(パンチを)当てることより、もらわないことです」。早ければ年末にも階級をスーパーフライに上げ、日本ジム所属選手で2人目の「世界4階級制覇」という青写真がある。

挑戦者ゴンザレスはスピードあるサウスポーだが、自分も「最大の武器」と自負するスピードで圧倒し、完勝でその資格を得たい。

「塩試合」と言っても、ポイントアウトを狙う意識はさらさらない。

「まあ判定になるようじゃダメです。決めるときは一瞬で決めるのが理想。KO狙いと塩試合は対極的な表現のようだけど、実際はそうでもない。もらわないで、ペースと距離感をつかめば、思い切りいいパンチを当てられますから」

この日は挑戦者と同じくサウスポーでスピードのある加納と4回のスパーリングを消化。今回、技術的に最重要視するバックステップを生かしたフットワークなどを確認した。それでも、加納が鼻血を出し「全部が速い。ハンドスピードもそう。僕より1階級上であのスピードは恐ろしい」と舌を巻く内容だった。

田中は25日からは、加納のいる大成ジムに出向き、さらにスパーリングを重ねる。鮮烈なKO防衛を飾るため「順調に来ています」と手応え十分な様子だった。

WBC世界ライトフライ級ユース王者加納陸(手前)とスパーリングを行うWBO世界フライ級王者田中恒成(撮影・加藤裕一)

関連するニュースを読む