上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

王者スペンスJrが交通事故後初試合で2冠防衛成功

勝ち名乗りを受けるWBC・IBF世界ウエルター級王者エロール・スペンスJr.(AP)

<WBC・IBF世界ウエルター級タイトルマッチ12回戦>◇5日(日本時間6日)◇米国テキサス州アーリントン

無敗のWBC・IBF世界ウエルター級王者エロール・スペンスJr.(30=米国)が交通事故後初となるリングで防衛に成功した。

元WBC世界同級王者ダニー・ガルシア(32=米国)と2本のベルトを懸けて拳を交え、3-0(116-112×2、117-111)の判定勝利を飾った。IBF5度目、WBC初防衛に成功したスペンスJr.は「彼は偉大な王者で良い試合になると思った。ガルシアのようなビッグな相手と対戦したかった。ハードな試合で100%じゃないと勝てないと思った。でもベストはオレだよ」と戻ってきた2本のベルトを手に笑顔をみせた。これでスペンスJr.の通算戦績は27勝(21KO)無敗となった。

序盤から距離を詰め、ガルシアを右ジャブで制した。さらに接近し、ボディーブローもねじ込んだ。終盤に追い上げられたが、逃げ切った。「彼がベストで臨んでくれて感謝している。すごく良いカムバックだ」とスペンスJr.。負けたガルシアからも「今夜は彼の方が強かった。言い訳はしない。特にジャブが良かった」とたたえられた。

19年9月、WBC世界同級王者ショーン・ポーター(米国)との2団体統一戦で判定勝ちして以来のリングだった。同年10月、フェラーリを運転中にスピード違反しながら交通事故を起こした。愛車は大破したが、スペンス自らは奇跡的に顔の裂傷や体の打撲、歯の損傷にとどまった。事故から1年後、今だ上がっていた後遺症を懸念する声をシャットアウトする快勝劇だった。

WBA同級王者マニー・パッキャオ(フィリピン)やWBO同級王者テレンス・クロフォード(米国)との統一戦を期待する声が上がっている。次戦について問われたスペンスJr.は「ゆっくりしますよ。家族やペットとたわむれて。時期がきたら、また試合が組まれると思う」と余裕の笑みを浮かべていた。

ダニー・ガルシアを攻めるWBC・IBF世界ウエルター級王者エロール・スペンスJr.(AP)
防衛に成功したWBC・IBF世界ウエルター級王者エロール・スペンスJr.(AP)

関連するニュースを読む

スペンスJr.防衛戦に自信 交通事故後初試合

26戦無敗のボクシングWBC・IBF世界ウエルター級王者エロール・スペンスJr.(30=米国)が昨年10月の交通事故後、初のリングに向かう。5日(日本時間6日)、米国テキサス州アーリントンで元WBC世界同級王者ダニー・ガルシア(32=米国)との防衛戦(IBF5度目、WBC初)を控え、4日(同5日)には同州内のホテルで前日計量に臨み、146・4ポンド(約66・4キロ)でパス。ガルシアも146・8ポンド(約66・5キロ)でクリアした。

昨年10月、愛車フェラーリを運転中、スピード違反しながら交通事故を起こした。事故後、飲酒運転で起訴された。フェラーリは大破したものの、スペンスJr.自らは奇跡的に顔の裂傷や体の打撲、歯の損傷にとどまった。事故から1年後、今だ後遺症を懸念する声が上がっている。スペンスJr.は「その懸念が間違っていることを証明する。勝つことに集中している。自分はハングリーだ」と完全復活を証明する構え。あごが腫れたことで、ジムワーク再開後の数カ月はスパーリングできなかったものの「事故の影響はなかった」とも主張した。

19年9月、WBC世界同級王者ショーン・ポーター(米国)との統一戦で判定勝ちして以来となるリング。スペンスJr.は「マネジャーのアル・ヘイモン氏に『私はサメ。マグロやシーバスを一緒に水槽に入れないでくれ。他のサメと一緒にしてくれ』と言った。そこにダニー・ガルシアというサメがいたので選択した」。自信たっぷりに交通事故からのカムバック戦に臨む。

関連するニュースを読む

Sライト級はガルシアが統一/ボクシング

<プロボクシング:WBA・WBC世界スーパーライト級王座統一戦12回戦>◇14日(日本時間15日)◇米ネバダ州ラスベガス・MGMグランドガーデン・アリーナ

 WBAスーパー・WBC正規王者のダニー・ガルシア(25=米国)が王座統一に成功した。WBC暫定王者ルーカス・マティセ(30=アルゼンチン)の強打に押される場面もあったが、8回以降に左フックを的確にヒットさせた。右目周囲を腫らして失速したマティセから11回、左フックでダウンを奪い3-0の判定勝ち。ガルシアは「ボディーを狙って相手の動きを止める作戦だった。この階級でオレはもっとも強い王者だ」と自信たっぷりだった。

関連するニュースを読む

ガルシアが王座統一/ボクシング

<プロボクシング:WBA・WBC世界スーパーライト級王座統一戦12回戦>◇14日(日本時間15日)◇米ネバダ州ラスベガス・MGMグランドガーデン・アリーナ

 WBAスーパー・WBC正規王者のダニー・ガルシア(25=米国)が王座統一に成功した。

 WBC暫定王者ルーカス・マティセ(30=アルゼンチン)と拳を交え、序盤は押され気味だったが、8回以降に左フックをヒットさせ、相手の右目が腫れた。11回には右フック、左フックの連打でダウンを奪い、3-0の判定勝ちとなった。ガルシアは「私が王者だ。誰も怖くないが、マティセはすごい選手だ。いくらパンチを当てても立ち上がってきたよ」と相手をたたえた。

 王座統一したガルシアは27勝(16KO)無敗、負けたマティセは34勝(32KO)3敗1無効試合となった。

関連するニュースを読む

ガルシアvsマティセ、会見で両者自信

 WBA・WBC世界スーパーライト級王座統一戦は14日(日本時間15日)、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで開催される。

 WBA・WBC2団体統一同級王者ダニー・ガルシア(米国)、WBC世界同級暫定王者ルーカス・マティセ(アルゼンチン)が12日(同13日)、MGMグランドに隣接するメディアセンターで記者会見に臨んだ。強打を持つ両者の対決はKO決着が予想され、ボクシング関係者からも同日に開催されるメイウェザー-アルバレス戦よりも、注目しているとの声も揚がるほどだ。

 ガルシアは「やるべきことはすべてやった」と自信たっぷり。一方のマティセも「準備万端だよ」と口調を強めた。

 なお、この試合は15日午前11時からWOWOWライブで生中継される。

関連するニュースを読む

ガルシアが統一王座防衛/ボクシング

<プロボクシング:WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ>◇27日◇ニューヨーク

 統一王者のダニー・ガルシアが挑戦者のザブ・ジュダー(ともに米国)に判定勝ちして防衛した。25歳のガルシアは26戦全勝(16KO)となった。

関連するニュースを読む