上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

武居由樹「世界王者とやるのかなと」に会場どよめく

「LEGEND」で対戦する武居(左)と木村は、闘志を燃やしファイティングポーズをとる(撮影・菅敏)

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(27=大橋)ら新旧世界王者たちがエキシビションマッチに臨むチャリティーボクシングイベント「LEGEND」(2月11日、東京・代々木第1体育館)の対戦カードが3日、発表された。スパーリング形式のエキシビション3分3回で開催される。

昨年12月にK-1スーパーバンタム級王座を返上し、今年1月にボクシングのプロテストに合格したばかりの武居由樹(24=大橋)が参戦決定。元WBO世界フライ級王者木村翔(32=花形)と対戦することが決まった。

3月11日、東京・後楽園ホールで高井一憲(34=中日)との6回戦を控えている武居は「まだ6回戦(ボクサー)でまだまだですが、相手は元世界王者。K-1王者がどこまでやれるか楽しみにしてください」と意気込みを示した上で、イベント名を意識しながら「世界王者とやるなんていいのかなと思いましたが、ボクもK-1王者。K-1ならレジェンドだと思うので」と発言し、会場をどよめかせた。

ここで会見に同席していた、武居を指導する元世界3階級制覇王者八重樫東氏(38)が助け舟を出した。「武居はK-1王者でK-1では敵がいないほどの強さをみせた選手。実際に強い。ただボクシングということになると2本の手のみで足を使えない。ちょっと未知数な部分は多い。レジェンドかレジェンドじゃないかと言えば、レジェンドではないです」と笑いを誘った。さらに「ボクシングのレジェンドになれるように、まずは木村選手と良いスパーリングしてほしい」と熱いエールも送った。

一方、元K-1王者との対決となった元世界王者木村は「ボクシングルールとはいえ、K-1王者がどのぐらい強いかは興味がある。階級も上ですけれど一生懸命、頑張りたいと思います」と余裕の表情を浮かべていた。

「LEGEND」で対戦する八重樫と京口(右)は、闘志を燃やしファイティングポーズをとる(撮影・菅敏)

関連するニュースを読む

京口レジェンド戦を「楽しみに」八重樫静かに燃える

京口紘人(2021年1月21日撮影)

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(大橋)ら新旧世界王者たちがエキシビションマッチに臨むチャリティーボクシングイベント「LEGEND」(2月11日、東京・代々木第1体育館)の対戦カードが3日、発表された。スパーリング形式のエキシビション3分3回(相手未定)に臨む。なお井上のカードは後日発表となる。

まずWBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人(ワタナベ)が、昨年9月に現役引退した元世界3階級制覇王者八重樫東氏(現大橋ジムトレーナー)と対戦することが決定した。3月に米国に初進出し、3度目の防衛戦を控える京口は「八重樫さんはレジェンド。テレビで見ていてすごいなと思っていました。楽しみにしてください」と言えば、八重樫は「トレーナー、指導者としてボクシングの見方も広がった。現役王者で、3月に米国で世界戦を控える京口選手のトレーニング相手になるぐらいには調整したい」と静かに燃えた。

元ボクシング世界王者-元K-1王者のカードも実現した。元WBO世界フライ級王者木村翔(花形)は、K-1スーパーバンタム級王座を返上し、3月にボクシングデビューを控える武居由樹(大橋)と対戦する。木村は「自分だけK-1ルールみたいなので」とジョークを飛ばし「K-1王者がどのぐらい強いのか興味がある」と意欲満々。プロボクサーのデビュー前ながらも武居は「元K-1ファイターの意地を持って木村選手にぶつかりたい。もし蹴ったりしたら、すみません。今はやっているカーフキックを蹴りたい」とジョークで反応していた。

八重樫東氏

関連するニュースを読む

八重樫-京口らLEGENDカード 井上は後日発表

八重樫東氏

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(大橋)ら新旧世界王者たちがエキシビションマッチに臨むチャリティーボクシングイベント「LEGEND」(2月11日、東京・代々木第1体育館)の対戦カードが3日、発表された。

WBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人(ワタナベ)が、昨年9月に現役引退した元世界3階級制覇王者八重樫東氏、元WBO世界フライ級王者木村翔(花形)は、前K-1スーパーバンタム級王者で3月にボクシングデビューを控える武居由樹(大橋)、元WBA世界スーパーフェザー級王者内山高志氏は、現日本同級王者坂晃典(仲里)との対戦が決定。スパーリング形式のエキシビション3分3回(相手未定)に臨む。なお井上のカードは後日発表となる。

2日に参戦が発表された東京五輪代表のライト級成松大介(自衛隊体育学校)、ウエルター級岡沢セオン(鹿児島県体協)、ミドル級森脇唯人(自衛隊体育学校)はプロの対決が決定。成松は、米プロモート大手トップランク社と契約を結び、米ラスベガスで2連勝中のIBF世界スーパーライト級12位平岡アンディ(大橋)、森脇はWBOアジア・パシフィック・スーパーウエルター級王者井上岳志(ワールドスポーツ)、岡沢は日本スーパーライト級ユース王者佐々木尽(八王子中屋)と拳を交えることが、それぞれ決まった。

同イベントは5000人の有観客を予定。当日のライブ配信などで得られた収益の1部が医療従事者、患者らの支援にあてられる。また選手ら関係者、観客、報道陣も全員が1時間程度で判定の出るPCR検査を受けた上で、イベントを開催する。

関連するニュースを読む

京口「記憶に残る日に」LEGENDで元気な姿を

チャリティーボクシングイベント「LEGEND」開催会見で意気込みを語った、左から木村、井上尚、京口(撮影・足立雅史)

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(27=大橋)が新旧世界王者たちと新型コロナウイルスと闘う医療従事者や患者のために一肌脱ぐ。21日に都内で、WBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人(27=ワタナベ)、元WBO世界フライ級王者木村翔(32=花形)とともにチャリティーボクシングイベント「LEGEND」(2月11日、東京・代々木第1体育館)の開催会見に出席。スパーリング形式のエキシビション3分3回(相手未定)に臨むことが発表された。

昨年11月に新型コロナウイルスに感染し、試合前日に3度目の防衛戦が中止となったWBAライトフライ級スーパー王者京口は、LEGENDを通じて元気な姿を見せたい思いが強い。19年10月以来、リングから遠ざかっていることもあり「戦っている姿を届けられるのでオファーを受けた。10年、20年たっても『あの興行は特別だった』と言われる記憶に残る日にしたい」と意欲満々だった。

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチの調印式で遠くを見つめるスーパー王者の京口(2020年11月2日撮影)

関連するニュースを読む

井上尚弥ら「レジェンド」全員PCR検査後に会見

チャリティーボクシングイベント「LEGEND」開催会見に臨む井上尚(撮影・足立雅史)

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(27=大橋)ら新旧の世界、日本王者たちが集結したチャリティーボクシングイベント「LEGEND(レジェンド)」が2月11日、東京・代々木第1体育館で開催されると21日、発表された。 井上のほか、WBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人(27=ワタナベ)、元WBO世界フライ級王者木村翔(32=花形)が同日、都内で会見した。イベント当日には井上がスペシャルエキシビションマッチ(相手未定)に臨むことも合わせて発表された。

○…会見は出席者の約100人全員がPCR検査を受け、陰性を確認した上で開催された。約30人の報道陣も会見開始1時間30分前にホテルの別スペースに集められ、PCR検査を受ける異例の態勢だった。イベント開催当日も関係者、観客らが唾液によるPCR検査を受け、陰性判定者のみが入場可能。入場料には検査料金も含まれ、最高額のリングサイド席は10万円になるという。

関連するニュースを読む

井上尚弥ら王者集結の慈善企画「LEGEND」発表

チャリティーボクシングイベント「LEGEND」開催会見に臨む井上尚(撮影・足立雅史)

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(27=大橋)ら新旧の世界、日本王者たちが集結したチャリティーボクシングイベント「LEGEND(レジェンド)」が2月11日、東京・代々木第1体育館で開催されると21日、発表された。

井上のほか、WBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人(27=ワタナベ)、元WBO世界フライ級王者木村翔(32=花形)が同日、都内で会見した。イベント当日には井上がスペシャルエキシビションマッチ(相手未定)に臨むことも合わせて発表された。

このイベント収益は新型コロナウイルスと闘う医療従事者らを支援するチャリティー企画となる。現時点でイベントは有観客で5000人を予定。当日はライブ配信も計画されている。出場選手、スタッフ、観客にはPCR検査を受ける。井上は「このコロナ禍でエンターテインメントを取り戻そうと思い、賛同を決意した。昨年11月の世界戦も無観客でした。日本で安全な状態で試合できるならと思い賛同しました」とあいさつ。エキシビション戦について「こういう相手としてやってほしいという期待に応えられる相手になれば。近くの階級の王者にオファーを出しています」と明かした。

京口は「昨年の11月に世界戦を自身のコロナで中止にしてしまったのは大きい。大きいイベントをする、オファーもいただいて、自分も協力できるならしたいと思いました」と経緯を明かした。また木村は「オファーをいただいて、プロとして断る理由がなかった。ボクもどうしたら分からない部分もある。こういうイベントでスポーツ選手として貢献できればいい」とエキシビション戦出場に意欲的だった。

チャリティーボクシングイベント「LEGEND」開催会見に臨む井上尚(撮影・足立雅史)

関連するニュースを読む

井上尚弥も困惑…木村翔に井岡との一戦求められる

チャリティーボクシングイベント「LEGEND」開催会見で意気込みを語った、左から木村、井上尚、京口(撮影・足立雅史)

ボクシングのWBAスーパー・IBF世界バンタム級王者井上尚弥(27=大橋)ら新旧の世界、日本王者たちが集結したチャリティーボクシングイベント「LEGEND(レジェンド)」が2月11日、東京・代々木第1体育館で開催されると21日、発表された。

都内のホテルで開始された記者会見には井上、WBA世界ライトフライ級スーパー王者京口紘人(27=ワタナベ)、元WBO世界フライ級王者木村翔(32=花形)が同席。イベントでは井上がスパーリング形式のエキシビション3分3回マッチ(相手未定)に臨むことも発表された。収益の一部は新型コロナウイルスと闘う医療従事者や患者の支援金になるという。

エキシビション戦で「自分以外で、どんなカードが見たいか」との質問が出た時だった。同席した木村は、4階級制覇王者で現WBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(Ambition)の名を挙げ「井上尚弥くんと井岡一翔選手が見たいです。見たいですよね。やりたいと思いますし」と横から見つめられた。すると井上は驚きと困惑に包まれたような笑顔でうなずいた。木村自らも井岡とのエキシビション戦を希望していたが「ボクはその後でいいです」と譲られる一幕もあった。

同様の質問に対し、京口は元世界3階級制覇王者長谷川穂積-元WBC世界バンタム級王者山中慎介のレジェンド対決を挙げた後、井上にも順番が回り「そんなにないですよね。ちょっと考えてもいなかったので答えられないですけど。良いカードが組まれれば」と応じた。

LEGENDには元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者内山高志氏や元世界3階級制覇王者八重樫東氏の出場も予定されており、計6試合のエキシビション戦が組まれることになっている。

ポーズを決める井上尚(撮影・足立雅史)

関連するニュースを読む

山田真子が3-0判定勝ち/ボクシング

判定勝ちに舌を出して照れるWBC世界女子アトム級12位の山田(撮影・菊川光一)

<青少年育成チャリティーボクシング>◇21日◇福岡・九電記念体育館

 メーンの8回戦に登場したWBC世界女子アトム級12位の山田真子(19=博多協栄)は、WBC世界女子バンタム級24位のチャマゴーン・シットサイトーン(23=タイ)を下した。

 初のサウスポーに苦戦したが、持ち前のフットワークをいかしフルラウンドの末、3-0の判定勝ち。来年2月9日、韓国で行われるWBO世界女子ミニフライ級王者、ホン・ソヨン(26=韓国)とのタイトルマッチへ弾みをつけた。ホンは2度防衛の強豪。だが山田は「絶対、勝って糸島(出身の福岡・糸島市)にベルトを持って帰りたい。今まで支えてくれた皆さんに恩返ししたい」と意気込んだ。