上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

富士東、水色マントでドラえもん

ユニセフの募金でボランティアを務めた富士東(撮影・高橋悟史)

 大相撲の幕内富士東(25=玉ノ井)が23日、都内でユニセフの「ハンドインハンド募金」のボランティアに、関脇妙義龍(26)とともに参加した。主催者から鮮やかな水色のマントを渡されたが、富士東が着るとドラえもんに。「主催者の方から『(妙義龍と)どちらかが着てもらえますか』と言われて、空気を読んで着ました。色が色だけにねぇ」と苦笑い。クリスマスは部屋の仲間とチキンをほおばる予定だが「以前ほどは食べられなくなりました。体重も今(182キロ)くらいでいい」と、角界のおかわり君から角界のドラえもんへの変身を希望した。

関連するニュースを読む

妙義龍が募金活動「大事ですよね」

 大相撲の関脇妙義龍(26=境川)が23日、都内で行われたユニセフのハンドインハンド募金でボランティア活動をした。タレントのルー大柴、モデルの道端カレンらとともに参加。幕内富士東(25)も参加した。

 こうしたイベントに参加するのは初めてだというが「やっぱりこういうちょっとしたことが大事ですよね」と話した。寒空のもと、「妙義龍」と書かれたプラカードを持つ少年に声をかけるなど、優しい一面を見せた。

関連するニュースを読む

富士東が大食いリベンジ「結果は放送で」

ユニセフのハンドインハンド募金でボランティアを務めた富士東(撮影・高橋悟史)

 幕内富士東(25=玉ノ井)は関脇妙義龍(26=境川)とともに、ハンドインハンド募金のボランティアに参加した。

 今年フジテレビ系で放送されたジャイアントキリングの大食い対決で、敗れた女性とリターンマッチを行ったことを明かした。30日に放送される同番組のリベンジ企画として収録したもの。「結果は放送を楽しみにしてください」と181センチ、182キロの体を揺らした。

関連するニュースを読む