上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

夏場所デビューのトゥルボルド、しこ名「水戸龍」に

錦戸親方(元関脇水戸泉、右)の指示を聞くトゥルボルドは、しこ名が水戸龍に決まった

 大相撲夏場所(14日初日、両国国技館)で、幕下15枚目格付け出しデビューを果たすバーサンスレン・トゥルボルド(22=錦戸)のしこ名が「水戸龍」に決まった。師匠の錦戸親方(元関脇水戸泉)が2日、明らかにした。

 同親方は「力が出るように、姓名判断の専門家に上の名も下の名も見てもらった。高砂一門には代々強い(力士の)しこ名がありますが、まずはこの名前を強くしていってもらいたい」と説明。泉富士も候補に挙がったが、下の名を含めて「水戸龍聖之(みとりゅう・たかゆき)」とした。

 モンゴル出身で、日大時代に学生横綱に就いた逸材は「しこ名がついてうれしかった。名前に力があるらしいです」と喜んだ。すでに幕内相当の実力があると見込まれるが、現在はアマチュア時代の受ける取り口から、プロ仕様の攻める相撲に意識改革中。「大学時代とは真逆。大学の時はまず受けて、相手がしんどくなったら攻める。プロは自分から攻めないと。難しいっすね」と話した。

 幕下15枚目格で全勝優勝すれば、所要1場所で新十両に昇進する可能性もある。しかし、錦戸親方は「優勝は考えていない。負けてもいいから、自分の相撲をつくってもらいたい」と慎重に話した。まずは、同じ高砂一門の隠岐の海(八角)の付け人を務め、角界の勉強もしながら、上位を目指していく。

関連するニュースを読む

相撲協会、トゥルボルドと矢後の幕下付け出し承認

トゥルボルド

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で理事会を開き、昨年の全国学生選手権で個人優勝したモンゴル出身のバーサンスレン・トゥルボルド(22=錦戸)と、昨年の全日本選手権を制した矢後太規(たかのり、22=尾車)の2人の幕下15枚目格付け出しを承認した。

 トゥルボルドは春場所で新弟子検査に合格済み。矢後も検査を通れば、2人とも夏場所(5月14日初日、国技館)から相撲を取る。

関連するニュースを読む

学生横綱トゥルボルドら56人が新弟子検査に合格

 日本相撲協会は大相撲春場所初日の12日、昨年の学生横綱のバーサンスレン・トゥルボルド(日大、錦戸部屋)や、三段目最下位格付け出しの大波渥(東洋大、荒汐部屋)村田亮(東洋大、高砂部屋)ら今場所の新弟子検査合格者56人を発表した。興行ビザ取得後となる5月の夏場所でデビュー予定のトゥルボルドや大波、村田以外は2日目の13日から前相撲を取る。

 合格者は次の通り。

 阿部浩一(24)秋田県横手市出身、式秀部屋、167センチ、162キロ▽大波渥(22)福島市出身、荒汐部屋、181センチ、114キロ▽福山聖和(21)鹿児島県瀬戸内町出身、藤島部屋、174センチ、94キロ▽鈴木英樹(18)静岡県三島市出身、春日野部屋、177センチ、119キロ▽朝倉大樹(18)千葉県柏市出身、時津風部屋、172センチ、162キロ▽早坂仁希(15)横浜市瀬谷区出身、時津風部屋、172センチ、101キロ▽村田亮(22)三重県志摩市出身、高砂部屋、182センチ、167キロ▽永谷海登(15)愛知県春日井市出身、錣山部屋、171センチ、138キロ▽板東二樹(15)東京都板橋区出身、井筒部屋、165センチ、73キロ▽井上天(18)横浜市神奈川区出身、錣山部屋、180センチ、140キロ▽田辺大宜(22)岐阜県大垣市出身、木瀬部屋、190センチ、125キロ▽中尾勇聖(15)大阪府枚方市出身、阿武松部屋、172センチ、90キロ▽藤川維吹(15)佐賀市出身、尾車部屋、172センチ、126キロ▽原元有吾(15)千葉県柏市出身、佐渡ケ嶽部屋、180センチ、143キロ▽今川恭輔(15)大阪府松原市出身、佐渡ケ嶽部屋、173センチ、78キロ▽佐藤伸也(15)山形県尾花沢市出身、佐渡ケ嶽部屋、175センチ、105キロ▽長浜大河(15)神戸市須磨区出身、佐渡ケ嶽部屋、181センチ、109キロ▽塚原ヒカル(18)茨城県古河市出身、佐渡ケ嶽部屋、189センチ、161キロ▽浦崎恭乃介(15)三重県名張市出身、佐渡ケ嶽部屋、175センチ、67キロ▽梶田雅人(15)山口市出身、九重部屋、171センチ、131キロ▽山藤栄輝(15)岐阜県関市出身、出羽海部屋、176センチ、98キロ▽藤田拓也(18)宇都宮市出身、藤島部屋、181センチ、122キロ▽田井中竜昇(18)川崎市多摩区出身、藤島部屋、175センチ、117キロ▽山本隼斗(15)兵庫県姫路市出身、山響部屋、167センチ、98キロ▽斎藤聖冴(18)大阪府東大阪市出身、錣山部屋、175センチ、151キロ▽鈴木司(15)千葉県東金市出身、大嶽部屋、177センチ、113キロ▽佐藤好樹(17)福島県二本松市出身、式秀部屋、170センチ、84キロ▽早坂柊(16)川崎市川崎区出身、式秀部屋、179センチ、135キロ▽遠山瑞樹(18)大阪市生野区出身、武蔵川部屋、190センチ、103キロ▽古川光(15)大阪市平野区出身、九重部屋、176センチ、116キロ▽田中尚哉(18)兵庫県明石市出身、田子ノ浦部屋、183センチ、111キロ▽辻翔海(15)青森県大間町出身、田子ノ浦部屋、182センチ、117センチ▽佐竹風汰(18)大阪市平野区出身、田子ノ浦部屋、167センチ、84キロ▽関塚太一(15)愛知県小牧市出身、田子ノ浦部屋、187センチ、112キロ▽高橋鉄(15)愛知県小牧市出身、田子ノ浦部屋、181センチ、148キロ▽松沢亮英(18)千葉県鎌ケ谷市出身、朝日山部屋、168センチ、76キロ▽本間航平(15)東京都墨田区出身、佐渡ケ嶽部屋、170センチ、80キロ▽バーサンスレン・トゥルボルド(22)モンゴル・ウランバートル出身、錦戸部屋、187センチ、182キロ▽臼井亮裕(18)東京都足立区出身、錦戸部屋、173センチ、68キロ▽松岡裕輔(15)長野県上田市出身、東関部屋、171センチ、116キロ▽衣川真央(16)埼玉県草加市出身、玉ノ井部屋、171センチ、98キロ▽佐藤順平(15)名古屋市港区出身、千賀ノ浦部屋、181センチ、111キロ▽当真マークアーロンジャスティン(15)横浜市保土ケ谷区出身、浅香山部屋、179センチ、135キロ▽中村友哉(22)金沢市出身、宮城野部屋、169センチ、95キロ▽中野義信(15)山梨県笛吹市出身、宮城野部屋、166センチ、138キロ▽島袋璃空(15)沖縄県竹富町出身、宮城野部屋、173センチ、100キロ▽井上直輝(15)福岡市早良区出身、二所ノ関部屋、169センチ、95キロ▽上戸大輝(21)愛知県豊田市出身、立浪部屋、175センチ、117キロ▽山我裕基(18)茨城県取手市出身、立浪部屋、168センチ、89キロ▽佐藤直希(15)長崎県大村市出身、立浪部屋、177センチ、132キロ▽新垣海波(14)沖縄県石垣市出身、立浪部屋、171センチ、73キロ▽浜崎純也(15)埼玉県日高市出身、湊部屋、172センチ、114キロ▽前田剛志(15)埼玉県三郷市出身、湊部屋、169センチ、155キロ▽矢田宏太(17)和歌山市出身、尾上部屋、195センチ、203キロ▽マスヤマ・アルトゥー・ヒデミ・ソウザ(15)愛知県西尾市出身、尾上部屋、173センチ、88キロ▽今野康祐(18)東京都足立区出身、境川部屋、184センチ、158キロ

関連するニュースを読む

トゥルボルドら56人受検へ 春場所新弟子検査

 日本相撲協会は2日、春場所(12日初日・エディオンアリーナ大阪)の新弟子検査(4日)の受検申し込みを締め切った。

 日大で昨年の全国学生選手権個人を制し、幕下15枚目格付け出し資格を持つバーサンスレン・トゥルボルド(22=錦戸)ら56人が申し込んだ。昨年春場所より10人増えた。トゥルボルドは興行ビザ取得後、5月の夏場所以降に初土俵を踏む予定。

 ともに東洋大で、昨年の全国学生選手権個人で準優勝した大波渥(22=荒汐)と、同選手権個人で3位の村田亮(22=高砂)は、三段目最下位格付け出し資格を承認されている。

 新横綱稀勢の里が所属する田子ノ浦部屋からは5人が申し込んだ。

関連するニュースを読む

学生横綱の日大トゥルボルド、錦戸部屋へ入門

トゥルボルド

 大相撲の錦戸親方(元関脇水戸泉)は26日、昨年の全国学生選手権個人を制したモンゴル出身のバーサンスレン・トゥルボルド(日大)が錦戸部屋に入門することを明らかにした。3月の春場所前の新弟子検査を受ける予定。トゥルボルドは学生横綱になったことで、幕下15枚目格付け出し資格を得ている。

 また日本相撲協会は26日の理事会で、荒汐部屋に入門する大波渥と高砂部屋に入る村田亮(ともに東洋大)の三段目最下位格付け出し資格を承認した。大波は昨年の全国学生選手権個人で準優勝、村田は同選手権個人で3位になった。

関連するニュースを読む

トゥルボルド、錦戸部屋入門 外国勢初のアマ横綱

 昨年に外国勢で初のアマチュア横綱に輝き、今年の学生横綱にも就いたモンゴル出身のバーサンスレン・トゥルボルド(22=日大4年)が錦戸部屋に入門することが決まった。26日、錦戸親方(元関脇水戸泉)が明かした。

 幕下15枚目格付け出し資格を得ており、3月の春場所の新弟子検査を受検。5月の夏場所でデビュー予定という。トゥルボルドは照ノ富士、逸ノ城と一緒の飛行機で来日し、鳥取城北高へ相撲留学。日大に進学し、今年は主将を務めていた。

関連するニュースを読む

トゥルボルド「悔しい」初戦敗退で連覇逃す 天皇杯

<相撲:天皇杯65回全日本相撲選手権大会>◇4日◇東京・両国国技館

 相撲の第65回全日本選手権大会が4日、東京・両国国技館で行われた。連覇を狙った今年の学生横綱バーサンスレン・トゥルボルド(日大4年)は決勝トーナメント初戦の2回戦で敗れた。

 トゥルボルドは立ち合い、アゴに張り手を食らい寺沢樹(東洋大3年)に網打ちで敗れた。既に幕下15枚目格付け出しの資格を得ているが「気持ちよく終われなくて悔しい」と無念の表情。「お客さんを喜ばす力士になりたい」と、これから部屋を決める角界入りに気持ちを切り替えた。

学生横綱トゥルボルドまさかの初戦敗退 天皇杯

<相撲:天皇杯65回全日本相撲選手権大会>◇4日◇東京・両国国技館

 連覇を狙った今年の学生横綱で、モンゴル人の日大4年バーサンスレン・トゥルボルド(22)は決勝トーナメント初戦の2回戦で、寺沢樹(東洋大3年)に敗れた。

 立ち合いで左ほおに張り手を食らい、足元がふらついた。さらに、おっつけで体勢を崩され、右腕を抱えられ、最後は網打ちで正面土俵を割った。

 すでに幕下15枚目格付け出しの資格を得ている逸材は「相手の張り手がアゴに入って、目(の前が)暗くなってしまった。焦りました。張り手を食らったぐらいで負けて残念です。気持ちよく終わることが出来なくて悔しい」と無念の表情を浮かべた。

 角界入りは既定路線だが、入門する部屋については「あとで先生方と話し合って決めます。お客さんを喜ばす力士になりたい」と、気を取り直すように話した。

関連するニュースを読む

トゥルボルドが初の学生横綱 モンゴル人で日大主将

初の学生横綱の座に就いた日大主将のトゥルボルド(撮影・渡辺佳彦)

<相撲:第94回全国学生相撲選手権大会>◇5日◇東京・両国国技館

 モンゴル人で日大主将を務めるバーサンスレン・トゥルボルド(4年)が、決勝で大波渥(東洋大4年)を寄り倒しで破り、初の学生横綱の座に就いた。

 昨年12月に外国人初のアマチュア横綱に輝いたトゥルボルドは、これで大相撲の幕下15枚目格付け出しの資格を得た。アマ横綱になった昨年の資格は失効するが、12月の全日本選手権で連覇すれば、同10枚目格付け出しの資格を得られる。187センチ、183キロの恵まれた体で、去就が注目される。

 大関照ノ富士(伊勢ケ浜)、前頭逸ノ城(湊)とともに、5年前に同じ飛行機で来日し、鳥取城北高に入学した。プロ入りした2人に対し「まだ力不足」という評価で、日大に入学。その日大勢としては、8年ぶりの学生横綱の座に就いた。

 現アマ横綱というプレッシャーは「ない、と言ったらウソになります。頑張ってアマ横綱の名前を守れて良かった」と話した。1カ月前から、この大会に向けて食事、睡眠や稽古など、調整に余念がなかったという。2年前のインカレで発症した腰痛は「なかなか治らない」と抱えたままだが、名門の日大でも初の主将に任命されチームをまとめてきた。

 得意は、基本的には右四つだが「左になった場合も考えてる」と、まわしを引きつけての相撲に徹する。6日の団体戦に向けて「チームの足を引っ張らないように、頑張ってきた仲間とどこまで行けるか、楽しみです」と連覇を目指す。

関連するニュースを読む

アマもモンゴル人横綱 日大3年トゥルボルドが優勝

外国人初のアマ横綱に輝いた日大3年のトゥルボルド

<全日本相撲選手権>◇6日◇東京・両国国技館

 第64回全日本相撲選手権が行われ、モンゴル人のバーサンスレン・トゥルボルド(21=日大3年)が、決勝で黒川宗一郎(アイシン軽金属)を小手投げで破り初優勝。外国人初のアマチュア横綱の座に就いた。また高砂部屋入門が有力視される石橋広暉(近大)ら2人が、ベスト8入りしたことで三段目最下位格付け出しの資格を得た。

 名門・日大で来年度は初の外国人主将を務めるトゥルボルドが快挙達成だ。187センチ、175キロの巨体からの右四つ、寄りを得意とするが、昨年から腰痛が続き「自分の相撲を取れなかった」。それでも準々決勝から押し倒し、すくい投げ、最後も左から強引に投げて「2年間、ためてた力を出し切りました」。5年前に照ノ富士、逸ノ城と同便で来日し鳥取城北高に入学。回り道したが、来年はプロの争奪戦が必至だ。

関連するニュースを読む