上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

田中恒成は年内統一戦白紙 眼窩底骨折で安静必要

会見を行う(左から)畑中清詞会長、WBO世界ライトフライ級王者田中恒成(撮影・宮崎えり子)


 WBO世界ライトフライ級王者の田中恒成(22=畑中)が20日、名古屋市内で会見を行い、19日に同市内の病院で「両目の眼窩(がんか)底骨折」で2か月間の安静が必要だと診断されたことを発表した。

 右目の外傷は14日に同市内の病院で4針縫い、19日に抜糸したことも明かし、3か月間はスパーリング禁止だという。同席した畑中清詞会長(50)は「年内の統一戦は白紙になりました。今後の展望は治ったときにしっかりと考えたい」と説明。実現を目指していたWBA同級王者田口良一(30=ワタナベ)との統一戦は白紙になった。

 田口との統一戦を熱望してきた田中は「いよいよ統一戦というところでケガをして、田口選手はもちろん、期待してくれていたファンには申し訳なく思います。実現が難しいと言われる統一戦ですが、9月にいい内容で勝っていよいよゴーサインというかたちで交渉を進めてくれていた渡辺会長や畑中会長、身内の方にも申し訳ない気持ちです」と悔しそうな表情で話した。

 13日に挑戦者の同級13位パランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)との2度目の統一戦で1回にダウンを奪われたが、9回1分27秒TKO勝利。その後、頭痛を訴え、大阪市内の病院に救急車で搬送されていた。14日の会見では「左目の眼窩(がんか)底骨折の疑い」と診断されたことを明かしており、地元・名古屋で再検査を行っていた。

関連するニュースを読む

田中恒成、防衛一夜明け 眼窩底骨折の疑いと診断

一夜明け会見を行う(左から)畑中清詞会長、WBO世界ライトフライ級王者田中恒成、田中斉トレーナー(撮影者・宮崎えり子)


 13日に逆転で2度目の防衛したWBO世界ライトフライ級王者の田中恒成(22=畑中)が14日、大阪市内で一夜明け会見を行った。

 1回に挑戦者の同級13位パランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)にダウンを奪われたが、9回1分27秒TKO勝利。その後、頭痛を訴え、大阪市内の病院に搬送されていた。両目を腫らして会見場に現れた田中は「昨日(13日)は会見できなくて、すみませんでした。試合直後にもらったジャブが左目に当たり、それから二重に見えていた。その後も右目もふさがって、カットをして。ケガをした悔しさ、情けなさでいっぱいです。田口選手、関係者の皆さんにケガをしてしまったことを申し訳なく思います」と頭を下げた。

 13日は精密検査を受け、「左目の眼窩(がんか)底骨折の疑い」と診断された。午後に名古屋市に戻り、再検査を受けるという。畑中会長は「未来のある選手。まずは体を完璧に治すこと。体が治ってから先の展開を考えたい」と説明。WBA同級王者田口良一(30=ワタナベ)との年内の統一戦を問われると同会長は「(意思は)本人もそう。ただ、まずは治療に専念」と話し、実現は厳しくなった。

関連するニュースを読む

田中恒成V2も不満、田口と統一戦は「やります!」

4回、田中の右フックがパランポンの顔面にヒットする(撮影・加藤哉)

<プロボクシング:WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦>◇13日◇エディオンアリーナ大阪


 WBO世界ライトフライ級王者田中恒成(22=畑中)が逆転で同級13位パランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)に9回1分27秒TKO勝利し、2度目の防衛を果たした。

 1回に挑戦者の右ストレートを受け、田中がいきなりダウンを奪われた。右目の上をカットし流血しながら、リングに立ち続けた。8回終盤に左右のコンビネーションでパランポンをふらつかせると、9回にスイッチが入った。序盤に右ストレートを奪い返し、その後連打を仕掛けレフェリーストップとなった。

 V2を達成した田中だが。「俺って全然持ってないですね。大事なところでこういう試合。自分にがっかりです。俺以外がおもしろかったらいいんじゃないですか」と自虐的に振り返った。リング外で戦況を見守ったWBA同級王者田口良一(30=ワタナベ)との統一戦について聞かれると「こういう試合をしていて…なんてことは言いません。やります!」と宣言した。

 試合後は頭痛を訴え、検査のため救急車で大阪市内の病院に向かった。関係者によると、意識ははっきりしており、自力歩行は可能。大事を取っての処置だという。

9回、田中(左)はパランポンから最初のダウンを奪う(撮影・加藤哉)
9回TKO勝ちを収め、ベルトを巻いて写真に納まる王者田中(右)(撮影・加藤 哉)

関連するニュースを読む

田中恒成が2度目防衛 パランポンに9回TKO勝利

9回TKO勝ちを収め、声援に応える田中(撮影・加藤哉)

<プロボクシング:WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦>◇13日◇エディオンアリーナ大阪


 WBOライトフライ級王者の田中恒成(22=畑中)が13日、2度目の防衛に成功した。

 同級13位のパランポン・CPフレッシュマート(タイ)に9回TKO勝ちし、田中は10戦全勝(6KO)となった。

関連するニュースを読む

田中恒成が前日計量1発クリア「圧倒的な内容で」

計量をクリアし余裕の表情を見せる田中(撮影・伊藤航)


 WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ(13日・エディオンアリーナ大阪)の前日計量が12日、大阪市内で行われた。

 同級王座田中恒成(22=畑中)は48・9キロのリミットで1発クリア。2度目の防衛に向け「調子もいい。明日はすごい試合をしたい。圧倒的な内容で勝ちます。スピードに注目してほしい。僕は勝ってもフェラーリをもらえないけど、思い切って勝ちたい」と意気込んだ。

 対戦相手の挑戦者の同級13位パランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)は200グラム少ない48・7キロでクリアした。パランポンは「明日の試合をすごく楽しみにしている。試合を見ている方に楽しんでいただけるように全力で望みたい。緊張はしてない。今回のベルトをタイに持って帰りたい」と力強く語った。

早さに注目してもらいと話す田中恒成(撮影・伊藤航)

関連するニュースを読む

田中恒成「調子はいい」井上尚弥の勝利に「すごい」

検診後の会見で笑顔を見せるWBO世界ライトフライ級王者の田中恒成(撮影・前田充)

 WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ(13日・エディオンアリーナ大阪)の予備検診が10日、名古屋市内で行われ、2度目の防衛に臨む王者田中恒成(22=畑中)は異常なしと診断された。

 挑戦者の同級13位パランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)は11日に予備検診を行うため、田中は1人で会見に臨んだ。「調子はいいです。落ち着いている。でもピリッとしないですね。ひとりぼっちで」と苦笑いだった。

 WBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24=大橋)が米国デビューを6回終了TKO勝利で飾った。結果をチェックしていたという田中は「いやあ、すごいですね。あの舞台でもいつも通りだった。あの舞台に行ける…うらやましいというか、目指したくなりますね」と話した。

関連するニュースを読む

妻夫木似の挑戦者パランポン「経験は私が上」と自信

WBO世界ライトフライ級王者田中恒成への挑戦を前に練習を公開した同級13位パランポン・CPフレッシュマート(撮影・加藤裕一)

 デビュー8戦で日本最速タイの世界2階級制覇を達成したWBO世界ライトフライ級王者田中恒成(22=畑中)に挑む同級13位パランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)が8日、タイトルマッチ(13日、エディオンアリーナ大阪)を前に大阪市の井岡ジムで練習を公開した。

 世界タイトル初挑戦のパランポンは「田中はストレート、アッパーが印象的で、うまい。しかし、経験は私が上。すごく自信があるし、絶対に勝つ」。俳優妻夫木聡に似た甘いルックスに笑みを浮かべた。ボクシングの戦績は24勝(10KO)7敗と平凡だが、国技ムエタイでは100戦以上の経験を持つ。関係者によると、王者となり、対戦相手がいなくなったことで、本格的にボクシングに転向したという。

 97年にWBC世界フライ級王者勇利アルバチャコフを破った経験を持つチャッチャイ・ダッチボーイジムトレーナー(47)も「田中はスピードがあるけど、経験ではパランポンが上」と強気だった。

 パランポンはこの日、同トレーナー相手に2ラウンドのミット打ち、2ラウンドのシャドーボクシングを披露。公開練習後は大阪市内のスポーツジムに向かった。日本は2度目の来日。初来日は11年6月で板垣幸司(34=広島三栄)にKO負けしたが、その後14連勝中。「日本食はおいしいから、街の看板を見たら、全部食べたくなるけど、試合前だからね」。試合後には好物の焼き鳥を楽しむつもりだ。

関連するニュースを読む

畑中清詞会長、王者田中恒成に代わり7回KO宣言

田中恒成(右)にグローブをつける畑中清詞会長(2017年8月21日撮影)

 デビュー8戦で日本最速タイの世界2階級制覇を達成したWBO世界ライトフライ級王者田中恒成(22=畑中)に挑む同級13位パランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)が8日、タイトルマッチ(13日、エディオンアリーナ大阪)を前に大阪市の井岡ジムで練習を公開した。

 視察に訪れた田中陣営の元WBC世界スーパーバンタム級王者の畑中清詞会長(50)は初対面のパランポンの印象を「予想していたのと一緒。一発一発を正確に、というか強く打ってくるけどスピードはね…」とした上で「構えがアップライトで、頭を下げてくるようなタイプでもなし。非常にやりやすい相手でしょう」と語った。

 愛弟子の断然優位を確信している。田中が「圧倒的な内容で、KOする」と公言していることを後押しするように「スピードの差は歴然とあるでしょう。(田中が)触らせないで倒しきる、いいゲームができるんじゃないかな。KOしますよ。予想? オレはラッキー7(7回KO)と思う」。代理KO宣言まで飛び出した。

関連するニュースを読む

田中恒成2度目防衛戦へ仕上がり順調「内容求める」

練習前に報道陣の質問に笑顔で答える畑中会長(左)と田中(撮影・前岡正明)

 WBO世界ライトフライ級王者田中恒成(22=畑中)が7日、名古屋市内の畑中ジムで同級13位パランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)との2度目の防衛戦(13日、エディオンアリーナ大阪)に向けて練習を公開した。

 練習中に笑顔を見せるなど仕上がりは順調な様子。「ライトフライ級に上げて体調も体重も一番いい。相手は防御がいいし、打たれ強い。ガードも堅い。KOが最低条件。その壁をどう崩すかだと思う」。

 2度目の防衛に成功すれば、念願のWBA同級王者田口良一(30=ワタナベ)との統一戦が見えてくる。畑中会長は「まずは13日。終われば統一戦に向けて最大限の努力をする。全てはこの試合に懸かっています」と説明。田中は「勝つのは当たり前。勝ち方が次の試合の盛り上がりも変わってくる。内容を求めたい」と表情を引き締めた。

公開練習でサンドバックを打つ田中(撮影・前岡正明)

関連するニュースを読む

田中恒成、新愛称“ドリームボーイ”に「好きです」

2度目の防衛戦に向け、練習を公開したWBO世界ライトフライ級王者田中恒成(撮影・加藤裕一)

 デビュー8戦で日本最速タイの世界2階級王座を手にしたWBO世界ライトフライ級王者田中恒成(22=畑中)が21日、同級13位パランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)との2度目の防衛戦(9月13日、エディオンアリーナ大阪)に向け、名古屋市内の同ジムで練習を公開した。

 シャドーボクシングで体をほぐした後、フィリピンから招いたパートナーと4ラウンドのスパーリングを実施。「疲労がたまってくる時期ですが、そうでもない。調整は順調です」と言う通り、軽快な動きを見せた。

 2度目の防衛戦は、その先を見据えたステップボードだ。猛烈アピールしてきたWBA世界ライトフライ級王座田口良一との統一戦。5月20日の初防衛戦後、マイクを握ってリング上に田口をまねき上げて“了承”をもらい、畑中清詞会長からもGOサインを受け取った。それだけに絶対につまずけない戦いになる。

 「油断じゃないけど、オレが勝って当たり前というムードがあって、それに見合った結果を残せるか。そこに意義がある。最低条件がKO。自分の思い通りの試合がしたい」と語った。

 5度目の世界戦にして初めて、TBS系で全国中継される。従来の異名「中京の怪物」も「いいか、嫌かと言えば、嫌。まあ昔はそうでもなかったんですが…」と“卒業”する。ただ、強豪ボクサーにはつきもののキャッチコピーは「あればうれしい」と歓迎で「スピードに関連するようなものがあれば」という。

 ならばと、畑中会長は「僕は前から言ってるけど“ドリームボーイ”です。夢の5階級制覇を狙うんやからね」。田中は「う~ん、嫌じゃない。好きですよ」。“中京の怪物”あらため“ドリームボーイ田中恒成”が、満を持して全国デビューを飾る。

畑中清詞会長にグローブをつけてもらうWBO世界ライトフライ級王者田中恒成(撮影・加藤裕一)

関連するニュースを読む

田中恒成のV2は全国中継「言葉が見つかりません」

WBC世界ライトフライ級王座の2度目の防衛戦を発表した2階級王者田中と(左)と畑中会長

 WBO世界ライトフライ級王者田中恒成(22)が20日、名古屋市内で2度目の防衛戦を発表した。

 同級14位パランポン・CPフレッシュマート(32)と9月13日、エディオンアリーナ大阪で対戦する。IBF世界スーパーバンタム級王者小国と同級3位岩佐の日本人対決とのダブル世界戦として、TBS系で全国生中継される。田中は5度目の世界戦にして初の“全国デビュー”だ。「あがりますね。言葉が見つからない」。勝てば、念願であるWBA世界ライトフライ級王者田口との統一戦に大きく前進する。「持っているものをすべて出して、圧倒的なボクシングを見せるつもりです」と気合十分だった。

関連するニュースを読む

田中恒成9・13V2戦 初の全国中継に「あがる」

WBO世界ライトフライ級王座の2度目の防衛戦を発表した2階級王者田中恒成(左)と畑中清詞会長(撮影・加藤裕一)

 WBO世界ライトフライ級王者田中恒成(22=畑中)が20日、名古屋市内で2度目の防衛戦を発表した。

 同級14位パランポン・CPフレッシュマート(32=タイ)と9月13日、エディオンアリーナ大阪で対戦する。IBF世界スーパーバンタム級王者小国以載(29=角海老宝石)が同級3位岩佐亮佑(27=セレス)を迎え撃つ初防衛戦とのダブル世界戦として、TBS系で全国生中継される。

 田中は5度目の世界戦にして、初の全国中継。「う~ん、あがりますね。言葉が見つからない」と“全国デビュー”について、苦笑いを浮かべた。5月20日の初防衛戦はKO宣言しながら、16戦16KO勝ちという“パーフェクト・レコード”を持つ最強挑戦者アンヘル・アコスタに判定勝ちに終わった。「前回はウソをついてしまったので、今回あらためてKO宣言します。中盤ぐらいには(倒したい)。オレの持っているものをすべて出して、圧倒的なボクシングを見せるつもりです」。15戦14勝(8KO)1敗のパランポンをリングに沈め、念願のWBA世界ライトフライ級王座田口良一との統一戦を実現させるつもりだ。

関連するニュースを読む