上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

ボクシング多田悦子の王座決定戦相手がロペスに変更

 国際ボクシング連盟(IBF)女子ミニフライ級王座決定戦(12月11日・神戸市立中央体育館)に臨む多田悦子(34)の相手がカレリー・ロペス(メキシコ)に変更されたことが25日、分かった。

 所属先の真正ジムによると、対戦予定だったビクトリア・アルゲッタ(メキシコ)が来日できなくなったため。

関連するニュースを読む

多田悦子、メキシコ人と女子ミニフライ級王座決定戦

 12月11日に神戸市立中央体育館で国際ボクシング連盟(IBF)女子ミニフライ級王座決定戦に臨む多田悦子(34)の相手がビクトリア・アルゲッタ(メキシコ)に決まったと、所属先の真正ジムが28日に発表した。

 世界ボクシング協会(WBA)女子ミニマム級王座を9度防衛した実績を持つ多田は「この試合は絶対に落とせない」と並々ならぬ闘志を見せた。

 同じ興行では元世界2階級王者の長谷川穂積(34)がフェザー級ノンタイトル10回戦を闘う。相手は未定。

関連するニュースを読む

最年長記録!37歳の藤岡V2/ボクシング

6回、ビクトリア・アルゲッタに右フックを浴びせる藤岡(共同)

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇28日◇宮城県大崎市・古川総合体育館

 37歳のチャンピオン、藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が同級3位のビクトリア・アルゲッタ(メキシコ)を3-0の判定で下し、2度目の防衛に成功した。

 東日本大震災の復興支援イベントとして行われた試合で、大崎市出身の藤岡は終始相手を圧倒し、男女を通じて日本のジム所属選手の最年長世界王座防衛記録をマークした。戦績は9戦全勝(5KO)。

関連するニュースを読む

藤岡、判定で2度目防衛/ボクシング

6回、アルゲッタに右フックを浴びせる藤岡(共同)

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇28日◇宮城県大崎市・古川総合体育館

 37歳のチャンピオン、藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が同級3位のビクトリア・アルゲッタ(メキシコ)を3-0の判定で下し、2度目の防衛に成功した。

 東日本大震災の復興支援イベントとして行われた試合で、大崎市出身の藤岡は終始相手を圧倒し、男女を通じて日本のジム所属選手の最年長世界王座防衛記録をマークした。戦績は9戦全勝(5KO)。

関連するニュースを読む

藤岡奈穂子V2で「地元に恩返しを」

 WBC女子世界ミニフライ級タイトルマッチ(28日・宮城県大崎市古川総合体育館)の調印式、記者会見が27日、試合会場で行われ、大崎市出身のチャンピオン、藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)は2度目の防衛戦に「地元で毎回できるものではないので、王者らしい試合をして勝利で恩返ししたい」と意気込みを話した。

 37歳の藤岡は、日本のジム所属の現役世界王者で男女を通じて最年長。同級3位の挑戦者、21歳のビクトリア・アルゲッタ(メキシコ)について「スピードとパワーは、さすがメキシコ王者。なめてはかかれない」と気を引き締めた。

 アルゲッタは「頭を使って臨機応変に対応していきたい」と話した。

関連するニュースを読む

女王藤岡 V2戦は念願の地元宮城

地元宮城県でV2戦が決定した藤岡菜穂子。左は畑山隆則氏、右は竹原慎二会長

 WBC女子ミニフライ級王者藤岡奈穂子(37=竹原&畑山)が10月28日、出身地の宮城・大崎市の古川総合体育館で2度目の防衛戦を行う。4日、都内ジムで発表されたもので、同級3位ビクトリア・アルゲッタ(メキシコ)の挑戦を受ける。同市は東日本大震災の被害を受け、会場の体育館も損傷がひどく、現在閉鎖中。今回の世界戦が震災後初のイベントで、復興チャリティーになる。昨年5月には炊き出しのボランティアをするなど、地元での世界戦開催は悲願だっただけに「いい試合を見せたい」と力を込めた。同ジムのマネジャーでもある元WBA世界ライト級王者の畑山隆則氏は「風化させないためにも、定期的に開催したい」と話した。

関連するニュースを読む

女子王者・藤岡が地元宮城でV2戦

ベルトを手にする藤岡。左はマネジャーの畑山氏、右は竹原会長

 WBC女子ミニフライ級王者藤岡奈穂子(37=竹原&畑山)が10月28日、出身地の宮城・大崎市の古川総合体育館で2度目の防衛戦を行う。4日、都内ジムで発表されたもので、同級3位ビクトリア・アルゲッタ(メキシコ)の挑戦を受ける。同市は東日本大震災の被害を受けた。今回の世界戦は震災復興チャリティーイベントになる。藤岡本人は、地元での世界戦開催は悲願だっただけに「前からやりたいと思っていた。期待を裏切らない試合をしたい」と話した。

関連するニュースを読む