上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

WWE人気ツインズ、ベラ姉妹が妊婦ヌード公開

WWEの人気双子レスラー、ベラ姉妹(10年4月9日の来社時)

米プロレスWWEの人気女子ツインズ選手、ニッキー、ブリーのベラ姉妹(36)が自らのインスタグラムに妊婦ヌードを公開したと7日、英紙サンが報じた。

裸の姉妹が背中をあわせて立っているショット。隆起したおなかを誇らしげに披露しながらバストとヒップだけ覆っている。新型コロナウイルスの感染が拡大している状況下での妊娠だったこともあり、妹ブリーは「この妊娠は特別なものだった。不安と混乱の時、姉と一緒に妊娠を体験することは幸運でした。私たちの妊娠期間は終わろうとしているが、私たちにとって永遠に忘れられないものになる」と投稿した。

また姉ニッキーは「私は体の変化を受け入れました。4週間後に小さな子供に会うのが待ち切れない」とつづった。ブリーはWWE人気選手のダニエル・ブライアンと結婚しており、既に3歳の娘がいる。ニッキーは婚約者でダンサーのアルテム・チグビンツェフの間にできた第1子となる。

関連するニュースを読む

ロウ王者ラウジーがニッキー・ベラ圧倒で防衛成功

挑戦者のニッキーとセコンドのブリーのベラ姉妹を同時に持ち上げたロウ女子王者ロンダ・ラウジー(C)2018WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:PPV大会エボリューション>◇28日(日本時間29日)◇米ニューヨーク州ロングアイランド・ナッソー・ベテランズ・メモリアル・コロシアム

WWE初の女子のみのPPV大会のメイン、ロウ女子王者ロンダ・ラウジーが防衛に成功した。

挑戦者ニッキー・ベラに対し、払い腰、一本背負いで投げ飛ばして序盤から圧倒。場外戦でセコンドについた双子姉妹のブリーに挑発された隙にニッキーに背後から攻撃を受け、コーナーポストにたたきつけられた。敵のチンロックやスプリングボードキックも浴びて苦戦したが、ニッキーの蹴りをキャッチして抱え、さらに助けにきたブリーもニッキーの上に乗せた。ベラ姉妹を同時に抱えると、そのままスタンディング式リバース肩車で投げ飛ばした。

さらに「カモーン、ニッキー」と挑発したラウジーは巴投げにも成功。ブリーを解説席に投げ飛ばして排除した後、最後は必殺の腕ひしぎ逆十字固めでニッキーからギブアップを奪った。王座防衛を果たしてメインイベントを締めたラウジーは花道ステージに戻ると、出迎えた他選手とともにベルトを掲げてファンにあいさつ。大きな歓声と拍手に包まれ、満足そうな表情を浮かべていた。

これで次期防衛戦はバトルロイヤル戦で優勝したナイア・ジャックスの挑戦を受けることになる。

ロウ女子王座を防衛したロンダ・ラウジー(最前列中央)はベルトを掲げ、ステージで他選手とあいさつ(C)2018WWE,Inc.AllRightsReserved

関連するニュースを読む

王者ラウジー、調印式で平手打ち食らうも反撃を我慢

因縁深まるベラ姉妹(左2人)と調印式に臨んだロンダ・ラウジー(C)2018WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇22日(日本時間23日)◇米ロードアイランド州プロビデンス・ダンキンドーナツ・アリーナ

28日の女子のみのPPV大会エボリューション(米ロングアイランド)で防衛戦に臨むロウ女子王者ロンダ・ラウジーが挑戦者のベラ姉妹の1人、ニッキー・ベラとの調印式に登場した。

王者入場時に襲撃を恐れ、場外回避したベラ姉妹に対し、ラウジーは「どこへいくの? 調印式のために来たのよ。今日はあなたに指一本触れないわ」と約束。リングに戻ったベラ姉妹から「ロンダ、約束したわね。でもあなたはオリンピック(五輪)で金メダルを取るってお母さんに約束しなかった? 約束破るからお母さんは恥ずかしく思ってるのよ」と挑発を受けた。さらに調印書にサインしたニッキーから平手打ちを浴びると、ラウジーは約束を守って反撃を我慢。サインを終えると「日曜日にあんたを終わらせる。約束したわよ」とニッキーをにらみつけた。

関連するニュースを読む

ラウジーがベラ姉妹と舌戦、制止の警護員投げ飛ばす

ベラ姉妹と舌戦を展開するロウ女子王者ラウジー(C)2018WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇15日(日本時間16日)◇米ペンシルベニア州フィラデルフィア・ウェルズ・ファーゴ・センター

ロウ女子王者ロンダ・ラウジーが、裏切りのベラ姉妹と派手な舌戦を展開した。

8日のシカゴ大会でトリオを組んだ姉妹から襲撃を受け、28日のPPV大会エボリューション(米ニューヨーク・ロングアイランド)でニッキー・ベラとの王座戦が決まったばかりのラウジーが革ジャン姿でリングに登場。ステージに姿をみせた同姉妹から「これはショービジネスでフレンドシップじゃないのよ。あなたは王座に挑戦する価値、ましてや王者になる価値はない。私たちの功績がなければ、あなたの持つロウ女子王座も存在しないんだから」と挑発を受けた。

負けじとラウジーもマイクを強く握り「ベラ姉妹は彼氏が偉いからやってこれたんでしょ。私は人生を懸けて柔道や(総合格闘技の)ストライクフォース、UFCのドアを蹴り破ってきた。そして今はWWEよ。ニッキーはジョン・シナの寝室のドアを蹴り破っただけでしょ」と挑発返し。一触即発ムードになると、ベラ姉妹との間に警護員たちが入った。ラウジーは警護員2人を投げ飛ばし、さらに別の警護員にスタンディング式リバース肩車も繰り出して蹴散らしたが、姉妹には逃げられてしまった。

ベラ姉妹(左端2人)と舌戦を展開したラウジー(右端)の間に警備員たちが入る(C)2018WWE,Inc.AllRightsReserved

関連するニュースを読む

美人姉妹ベラ・ツインズ、女子王者ラウジーを裏切る

ロウ女子王者ロンダ・ラウジー(下)を裏切って踏みつけるベラ姉妹(C)2018WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇8日(日本時間9日)◇米イリノイ州シカゴ・オールステート・アリーナ

美人姉妹ベラ・ツインズがロウ女子王者ロンダ・ラウジーを裏切った。

ベラ姉妹はラウジーと組んでライオット・スクワッドと6人タッグで対戦した。ブリー・ベラは因縁が発生しているリブ・モーガンと殴り合いを展開し、中盤でブリーは敵3人に捕まって集中攻撃を受けてしまった。

何とかミサイルキックで劣勢を打開したブリーがタッチしたラウジーがルビー・ライオットをともえ投げからスタンディング・リバース肩車でたたき落し、最後は腕ひしぎ逆十字固めでギブアップを奪った。

6日のPPV大会に続き、ライオット・スクワットを下したベラ姉妹とラウジー。2連勝で抱き合った3人だったが、突然、姉妹はラウジーを強襲。スチール階段やバリケードにたたきつけ、最後はリング中央で踏みつけた。

これで28日の女子限定のPPV大会エボリューション(米ロングアイランド)でニッキーがラウジーに挑戦することが正式決定した。

関連するニュースを読む

ラウジー必殺の腕ひしぎでライオットとの前哨戦制す

ルビー・ライオット(下)をアームバーで仕留めたロウ女子王者ロンダ・ラウジー(C)2018WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇1日(日本時間2日)◇米ワシントン州シアトル・キーアリーナ

ロウ女子王者ロンダ・ラウジーが6日のPPV大会スーパー・ショーダウン(オーストラリア・メルボルン)前哨戦で快勝した。同PPV大会でベラ姉妹と組み、3人組ユニット「ライオット・スクワット」と6人タッグ戦を控えるラウジーは、ルビー・ライオットとのシングル戦に臨んだ。

ロックアップから一本背負い投げ3発を繰り出して圧倒。場外に逃げ出したライオットからバリケードに突き飛ばされ、髪の毛をつかまれ、口に指を突っ込まれるなどラフ攻撃を受けて手を焼いた。ライオット・キックまで浴びた直後に相手を捕獲し、スープレックスで応戦。さらに自らのタンクトップを破り、身体をたたいて気合を入れ直すと、スタンディング式リバース肩車で投げ飛ばして形勢逆転。最後は必殺の腕ひしぎ十字固めでギブアップに追い込んだ。

関連するニュースを読む

王者ラウジーがベラ姉妹と共にナタリヤのあだ討ち

ベラ姉妹とリングに並び立つロウ女子王者ラウジー(中央)(C)2018WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇17日(日本時間18日)◇米テキサス州ダラス・アメリカン・エアラインズ・センター

ロウ女子王者ロンダ・ラウジーが、ベラ姉妹のサポートを受けて盟友ナタリヤのあだ討ちに成功した。

16日のPPV大会ヘル・イン・ア・セルで王座防衛に成功した果たしたラウジーは「私はブレット・ハート、ストーンコールド、リック・フレアーのようなベストな王者になりたい。だから今日は誰の挑戦でも受けるわ」と意欲を見せると、ラウジーの盟友ナタリヤの入場曲が流れた。騒然とする場内。しかし、実際には3人組ユニット「ライオット・スクワット」が倒れたナタリヤを引きずりながら目の前に現れた。

同ユニットのリーダーとなるルビー・ライオットから「ナタリヤがこうなったのはあなたのせい。チャレンジには私が応えてあげる」と挑発されるとラウジーも我慢の限界に達した。3人に立ち向かって迎撃したものの、1対3の劣勢に立たされた。するとベラ姉妹の救出を受けて形勢逆転。最後はラウジーがライオットを変形サモアンドロップでマットにたたきつけ、ナタリヤのあだ討ちを果たした。

なおラウジー、ベラ姉妹-ライオット・スクワットの6人タッグ戦は10月6日のPPV大会スーパー・ショーダウン(オーストラリア)で開催される。

関連するニュースを読む

アスカ「ヒストリーメーカーのワテ」無敗174連勝

初開催の女子ロイヤルランブル戦で初代女王となったアスカは勝ち誇るように人さし指を突き上げる(C)2018 WWE,Inc.All Rights Reserved

<WWE:PPV大会ロイヤルランブル>◇28日(日本時間29日)◇米フィラデルフィア・ウェルズ・ファーゴ・センター

 史上初開催の30人による女子ロイヤルランブル戦は、無敵を誇るロウのアスカ(36)が制した。ベラ姉妹(ブリー、ニッキー)、バンクスと4人になると、一時は集中攻撃を浴びた。しかし他3人のミスと裏切りを利用。最後はニッキーと一騎打ちに持ち込み、ロープ際の攻防から蹴り落として優勝した。自身のツイッターで「ヒストリーメーカーのワテとしてはこればかりは落としたくなかったので、勝つことができて良かったー」と喜んだ。

 試合後、ロウ女子王者アレクサ・ブリス、スマックダウン女子王者シャーロット・フレアーをリングに迎えた。その直後、元UFCバンタム級女子王者ロンダ・ラウジーの乱入に見舞われ、4月8日のレッスルマニア34大会で挑むベルト選択は後日にお預け。ただブル中野以来、日本2人目となるWWE女子王座獲得には、ぐっと近づいた。

 ◆アスカ 本名・浦井佳奈子。1981年(昭56)9月26日、大阪市生まれ。03年にアルシオンに入門し、リングネーム華名として04年にAtoZからデビュー。06年に慢性腎炎で一時引退。07年9月に現役復帰。15年9月にWWEと契約。16年4月にNXT女子王座獲得。17年5月、デビュー以来の連勝記録が174勝に到達し、ゴールドバーグの持つ173連勝を抜いてWWE最長記録。同8月に同王座返上し、無敗のままロウ昇格。160センチ、62キロ。

関連するニュースを読む

WWEロウ25周年にオースチンらレジェンド大集結

1月22日に開催される25周年ロウ記念大会のビジュアル(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 米国最長のウィークリー番組とされるWWEの「ロウ」が25周年を迎える。

 22日(日本時間23日)に開催されるロウ大会では、25周年を盛り上げるため、スティーブ・オースチンやジ・アンダーテイカー、リック・フレアー、D-ジェネレーションXら20選手を超えるレジェンドたちが大集結する。

 またWWEでは初の2会場中継も決定。バークレイズ・センターと、最初のロウ大会収録会場だったマンハッタン・センターの2会場で大会開催される。これまでのロウ大会の歴史が凝縮された展開となりそうだ。

 出場予定の主なWWEレジェンド

 <1>スティーブ・オースチン

 <2>ジ・アンダーテイカー

 <3>D-ジェネレーションX

 <4>ジム・ロス

 <5>ジェリー・ローラー

 <6>ダッドリー・ボーイズ

 <7>リック・フレアー

 <8>スコット・ホール&ケビン・ナッシュ

 <9>ベラ姉妹

 <10>ニュー・エイジ・アウトローズ

 <11>ロン・シモンズ

 <12>JBL(ジョン・ブラッドショー・レイフィールド)

 <13>ザ・ゴッドファーザー

 <14>ブラザー・ラブ

 <15>ブギーマン

 <16>テディ・ロング

 <17>ザ・ミリオンダラーマン

 <18>ジョン・ロウリネイティス

 <19>サージェント・スローター

関連するニュースを読む