上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

勅使河原弘晶が輪島功一ジムから三迫ジムへ移籍

輪島功一会長(右)と勅使河原弘晶(2019年12月12日撮影)

ボクシングIBF世界スーパーバンタム級3位勅使河原弘晶(30)が11日、輪島功一ジムから三迫ジムへ同日付で移籍を発表した。世界初挑戦を目指してよりよい環境を求めての移籍。「師匠である輪島会長と同じジムから、世界王者になるために練習に励んでいく。必ず世界チャンピオンベルトを輪島会長にお見せする」とコメントした。

勅使河原は少年院時代に元世界王者輪島会長の自伝を読み、感動して入門した。11年にプロデビューからWBOアジア太平洋バンタム級王座を獲得し、18年には東洋太平洋スーパーバンタム級王者も獲得。現在はWBCでも世界8位につける。海外に強いパイプを持ち、選手層も厚く練習環境にも恵まれた名門ジムで、世界を目指していく。次戦は秋に予定している。

関連するニュースを読む

プロボクシング協会がクラファン 新人王開催の経費

日本プロボクシング協会が全日本新人王開催経費を捻出のために、クラウドファンディングを実施する。

東日本ボクシング協会理事会が11日に開かれ、日本協会の承認事項であることが明かされた。7月から興行を再開し、徐々に有観客開催も増え、東日本新人王も9月から有観客開催を予定している。ただし、人数制限などもあるため入場券収入は大きく減少し、新型コロナウイルス対策の経費も必要となる。ファイトマネーを含めて寄付金を集めるもので、現在詳細を煮詰めているという。

関連するニュースを読む

マイク・タイソン氏復帰戦11月延期か 米メディア

マイク・タイソン氏(18年10月撮影)

ボクシング元世界ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏(54)の復帰戦が、9月から11月に延期される可能性が出てきた。

9日に米メディアが報じた。9月12日に米カリフォルニア州カーソンで、元世界4階級制覇王者のロイ・ジョーンズJr.氏(51)とエキシビションマッチ8回戦で対戦が発表されていた。収益を上げるためで、11月28日に延期するという。海外へ放映権を販売するための時間の猶予や、開催を遅らせることで観客を入れることも検討材料にあるようだ。タイソンにとっては15年ぶりのリング復帰で、伝説の2人による105歳対決として注目されている。

関連するニュースを読む

ムエタイ石月が初戴冠、ジム仲間や同僚に感謝の涙

ベルトを巻き、勝利の喜びに浸る石月(提供=KAGAYAKI)

<DBS日本ムエタイスーパーフェザー級タイトルマッチ>◇9日◇宮城・ドラゴンボクシングスタジアム

挑戦者・石月祐作(29、KAGAYAKI)が王者の作田良典(35、GETOVER)に2回1分43秒KO勝ちし、初の王座に就いた。07年創設のスポーツ道場「KAGAYAKI」(燕市)からも初の王者誕生になった。

汗まみれの石月の顔にうれし涙が混じった。「つい、込み上げてきました」。リング上でベルトを巻くとジムの仲間や勤務先の同僚の顔が脳裏に浮かんだ。29歳の遅咲き王者は「支えてくれた人たちのおかげです」と真っ先に感謝を口にした。圧勝だった。2回、右ストレート、右ローキック、左ボディーを次々とヒットさせ、3度のダウンを奪ってKO。「考えていた通りの展開」と理想的な試合運びだった。

新型コロナウイルス感染防止のため、入場は関係者らに制限され、新潟からの応援団はほとんどいなかった。石月も新潟に戻った後は外出を控え、11日にPCR検査を受ける予定。「皆さんへの報告はそれからです」。今後計画されている祝勝会で関係者やファンにベルトを披露する。

関連するニュースを読む

東京で有観客のボクシング興行開催、806人が来場

試合終了後、観客の握手を浴びた佐宗(右)と高田は健闘を称え合った。

コロナ禍による緊急事態宣言解除後、東京都内で初めて観客を入れたプロボクシング興行「GENKOTSU7」(主催=立川ボクシング推進実行委員会、主管=石川ボクシングジム立川)が9日、立川市のアリーナ立川立飛で開催され、約3000人収容の会場に806人が来場した。

観客はマスクを着用し、検温と手指の消毒をして入場。観客同士の密を避けるため、客席はソーシャルディスタンスが保たれ、アルコール類の持ち込み禁止はもちろん、場内でも販売を行わなかった。一方、試合も恒例の選手への花束贈呈はなく、試合ごとにロープとコーナーポストの消毒が行われるなど徹底した予防策が講じられた。

全6試合が行われ、メインイベントの日本ミニマム級3位佐宗緋月(T&T)と高田勇仁(ライオンズ)の8回戦は、2回に高田が佐宗からダウンを奪ったが、後半は佐宗が挽回してドローに終わった。

コロナ禍による緊急事態宣言解除後、国内でのプロボクシング興行は7月17日に無観客で再開され、同19日に沖縄県で初めて約350人の観客を入れて行われていた。

関連するニュースを読む

那須川天心が皇治を「ボッコボコにしてやろうかな」

皇治(左)にリングに呼び出され、対戦要求される那須川(撮影・河田真司)  

<RIZIN22>◇9日◇ぴあアリーナMM

K-1からRIZINに電撃移籍した皇治(31)が試合間にリングであいさつし、那須川天心(21)に対戦要求した。

ゲストとして解説席に座っていた那須川も皇治に招かれ、リングに登場。突然の挑発に対し、「別にいいですけど、相手になるのかな」と口撃。皇治が去った後も、「みんな見たいですか?ボッコボコにしてやろうかな」と前向きな姿勢をみせ、大きな拍手を浴びた。

那須川は7月12日のRISE無観客試合でシュートボクシング日本フェザー級1位笠原友希(19)と戦い、1回90秒KO勝ち。大みそか以来7カ月ぶりの試合で変わらぬ強さを見せつけたが、拳を痛め、今回のRIZIN参戦を断念していた。

皇治(19年3月10日撮影)

関連するニュースを読む

村田諒太の対戦相手に45歳のマルチネスが名乗り

村田諒太(19年12月撮影)

ボクシングWBA世界ミドル級王者村田諒太(34=帝拳)の対戦相手に、元世界2階級制覇王者が名乗りを上げた。

21日に45歳で6年ぶり復帰する元世界WBC同級ダイヤモンド王者セルヒオ・マルチネス(アルゼンチン)。王座返り咲きへの標的に村田の名を挙げたと、各メディアに明かした。

マルチネスは移住先のスペインで、ホセ・ミゲル・ファンディーノ(35=スペイン)との10回戦で復帰する。14年に10回TKO負けで王座を陥落して以来の再起となる。「いまは目の前の試合のことだけ。打たれないように足が動くかどうか。ブランクは未知だが、まあ見ていてくれ。チャレンジが好きなんだ」と話している。

さらに「ちゃんとやれたらオファーの電話が鳴るだろう。世界戦はないとは言えない。3試合ぐらいやって、来年46歳になってからだろう。4戦目で村田との世界戦が話がある」とも話した。WBAメンドサ会長の口約束もあるという。

ウイルス感染がいまだに拡大し、各国の往来も制限されている。世界戦のマッチメークは難しく、村田もサウル・アルバレスらとのビッグマッチを狙うが、今後を見通せない状況にある。そこへベテランが割って入る構え。まずは復帰戦の出来が注目となる。

関連するニュースを読む

しずちゃんに女子ボクシング強化委員就任を要請

11年5月14日、アマチュアボクシングの強化合宿初日、マスボクシングでリングに立つ山崎静代

アマチュアを統括する日本ボクシング連盟が女子の普及や知名度向上を目指し、お笑いコンビ、南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代に女子の強化委員就任を要請したことが9日、関係者の話で分かった。山崎側は検討段階という。

山崎はミドル級で2012年ロンドン・オリンピック(五輪)出場を狙い、話題になった。五輪出場はかなわず、15年に引退を表明した。東京五輪ではフライ級の並木月海(自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(日体大)が日本女子初の出場を決めている。(共同)

関連するニュースを読む

元3階級制覇王者リナレスが感染、無症状で元気

ホルヘ・リナレス(2019年9月7日撮影)

ボクシング元3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(34=帝拳)が新型コロナウイルスに感染した。帝拳ジムが7日に発表した。リナレスは28日に米国カリフォルニア州インディオで、元世界2階級制覇王者ハビエル・フォルトナ(31=ドミニカ共和国)とのライト級12回戦を予定していた。

試合に備えて4日にPCR検査を受け、6日に陽性と判明した。無症状で元気ながらも、医師から10日間静養を指示され、その後再検査を予定している。濃厚接触者については保健所の指示を待っている状況という。保健所の指示があるまでジムは休館とした。国内ボクシング界では都内で2人目、全国で24人目の感染者となった。

関連するニュースを読む

ボクシングの陽性選手名は公表 行動規定違反は厳罰

日本プロボクシング協会と日本ボクシングコミッションは5日に新型コロナウイルス対策連絡協議会を開き、興行再開後の状況を踏まえてガイドライン改定について協議した。

試合前日の検査で陽性が判明した選手名は公表することとした。試合まで宿泊施設での分離中の行動規定を書面で通達し、違反者には厳罰を科すこととした。

自粛している出稽古については、感染拡大期にあるとして継続することになった。今後は試合が決まっている選手に限り、メディカルチェックの強化、申請許可制などを検討することになった。ジムでの感染者にアマ選手も複数いたことも問題視され、日本ボクシング連盟との情報共有や対策のために、窓口を設けて連携していくことになった。

関連するニュースを読む

名古屋市内のジム所属10代男性選手がコロナ感染

日本ボクシングコミッションは3日、名古屋市内のジム所属で10代の男性選手が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

3日に高熱でPCR検査を受けて陽性と判定された。現在は自宅で入院待機中。ジムは閉鎖中で保健所の指示待ち。国内のプロボクシング関連では4月に愛知県内で初めて確認され、大阪ではクラスターで16人など合計23人となった。

関連するニュースを読む

沖縄のジム所属男性がコロナ感染 現在は入院待機中

日本ボクシングコミッションは2日、沖縄県内のジム所属で10代の男性練習生が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

7月28日に発熱して29日に高熱となり、30日にPCR検査を受けて1日に陽性と判明した。現在は微熱で自宅で入院待機中という。ジムは閉鎖中。国内のプロボクシング関連では、4月に愛知県内のジムで4人の感染者が初めて確認された。その後、東京で1人、大阪ではクラスターで16人が感染し、これで合計22人となった。

関連するニュースを読む

中谷潤人「信念を強く持つ」世界初挑戦が再び延期

中谷潤人(2020年6月10日撮影)

ボクシングWBO世界フライ級3位中谷潤人(22=M・T)の世界初挑戦が再び延期となった。主催の帝拳ジムとM・Tジムが29日に発表した。

8月21日に東京・後楽園ホールで、同級1位ジーメル・マグラモ(25=フィリピン)と王座決定戦の予定だった。新型コロナウイルスのために、当初4月4日から再設定されていた。フィリピンとの出入国が制限され、マグラモらの来日のメドが立っていない。緩和されて出入国が可能となるまで延期となった。

中谷は「信念を強く持ち、目標の世界王者になる姿を見せられるよう、引き続き頑張っていく」とコメントした。

関連するニュースを読む

木村蓮太朗デビュー2戦目は9・27地元富士市で

会見を行った、左から前島会長、村地、木村、高橋トレーナー

プロデビュー戦を鮮やかなTKO勝ちで飾ったボクシング木村蓮太朗(駿河男児)が地元・富士市で次戦を行うことが29日発表された。「ふじの国プロフェッショナルボクシング」(9月27日、ふじさんめっせ)セミファイナルのスーパーフェザー級6回戦に出場。相手は、12戦8勝(6KO)3敗1分の太田卓矢(とよはし)に決まった。

東祐也(北海道畠山)とのデビュー戦は得意の左ストレートがさえ渡り、2回に左がヒット。ラッシュからの右アッパーでとどめを刺した。「1回は考えすぎて硬くなってしまった」と振り返ったが、2回は反省を生かし、冷静に対処できたのが勝因だと分析した。

地元凱旋(がいせん)試合もデビュー戦に続き無観客での開催が決定。「友達や応援してくれる人に見てほしかった。相手の出方を見てカウンターを合わせ、KO決着に持ち込みたい」と意気込んだ。

会見にはバンタム級8回戦で初のメインイベントに登場する5戦4勝(3KO)1敗の村地翼(駿河男児)も同席。川端遼太郎(真正)との対戦が発表された。【倉橋徹也】

富士市内で練習を再開した木村

関連するニュースを読む

ボクシング女子代表、五輪までの1年は「伸びしろ」

女子フライ級の並木月海(2020年2月10日撮影)

富山県内で強化合宿中のボクシング東京オリンピック(五輪)女子日本代表らが28日、オンラインによる取材に応じた。約5カ月ぶりの合宿で、24日から開始していた。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、自宅でのトレーニングを余儀なくされていたが、この合宿では久しぶりの対人練習も行えた。フライ級代表の並木月海(21=自衛隊)は「課題は対人練習で感覚を取り戻すことでした。目標は五輪での金メダル。それまでに、どれだけ練習をできるか」と1年後の夢舞台を見据えた。

フェザー級代表の入江聖奈(20=日体大)は、仲間との合同練習に「このメンバーは意識が高い人たちばかり。一緒に過ごして、刺激を受けています。先輩たちみたいに頑張っていきたい」とはきはき答えた。

2人とも軽量級が強いアジアで結果を残し、メダル候補に挙げられる。残り1年を「伸びしろ」と捉え、練習に励んでいく。合宿は29日まで行われる。

関連するニュースを読む

大阪のボクシングジムで新たに5人感染、計16人に

新型コロナウイルス感染者が11人出ていた大阪府内のボクシングジム関連で、新たに5人の感染者が判明した。日本ボクシングコミッションが28日に発表した。20歳代の男性選手3人と男性マネジャー1人に、出稽古にきた他ジムの20歳代男性選手1人。18日までに抗原検査で陽性と判定され、いずれも無症状でホテルに隔離されていたが、1人はすでに帰宅した。このジム関連の感染者は合計16人となった。ジムは現在閉鎖されている。

関連するニュースを読む

江藤光喜が引退表明、白井・具志堅ジム閉鎖機に決断

江藤光喜(2019年2月2日撮影)

ボクシング元WBA世界フライ級暫定王者江藤光喜(32=白井・具志堅)が、28日をもって現役引退を表明した。27日深夜にジムのホームページなどで発表した。ジムが今月いっぱいで閉鎖されることを機に決断した。今後はインストラクターとして活動し、将来のジム開設を目指す。

江藤は高3でボクシングを始め、4カ月で沖縄県大会を制した。上京して08年にプロデビュー。13年にタイ・バンコクでWBA世界同級暫定王者コンパヤック・ポープラムック(タイ)に挑戦。アウェーの洗礼や暑さのハンディも、最終回にダウンを奪って判定勝ち。タイでの世界戦19戦目にして、日本人として初めて勝利した。暫定王座のために、国内では世界王者としては認められなかった。

4カ月後の初防衛戦は12回TKO負けで王座を陥落し、眼窩(がんか)底も骨折した。14年には東洋太平洋同級王座を奪取して2度防衛。15年には仙台で、WBC世界スーパーフライ級王者カルロス・クアドラス(メキシコ)に念願の挑戦。足を使われて最後まで捕まえきれず、沖縄出身7人目の世界王座奪取はならなかった。

再挑戦へ昨年5月にはWBO世界同級王座挑戦者決定戦に出場した。1回に右フックでTKO勝ちも、試合後にバッティングのためと無効試合とされた。8月に再戦も2回にダウンなど判定負け。これが最後の試合となった。

切れのいいパンチに定評あったが、防御に甘さもあった。東洋太平洋王座決定戦では2度ダウンも3度奪い返す、倒し倒されの試合も演じた。ウチナンチューのハートの強さがあった。172センチの右ボクサーファイター。通算24勝(19KO)5敗1分1無効。弟2人も同じジムでプロボクサーだった。

ジムではトレーナーも兼ね、営業自粛中には会員向けのオンラインでのトレーニングを担当していた。この経験を生かして、オンラインのボックスフィットKを立ち上げた。体幹、サーキット、ボクシングなどトレーニングをレッスンしている。「自分のジムを作りたい夢がある。ちばります(頑張ります)」と話している。

関連するニュースを読む

井上尚弥、村田諒太ら審査員!高校生シャドー大会

井上尚弥(2019年12月23日撮影)

日本ボクシング連盟は26日、「高校生シャドーボクシングチャレンジ2020」を開催すると発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大により、今年の高校生の全国大会がすべて中止や延期となったことを受け、練習の成果を発揮する場として設けられた。

1人で相手をイメージしながら行う練習がシャドーボクシング。同連盟に選手登録済みの現役高校生(男女不問)が、ツイッター上に指定のハッシュタグをつけて動画を投稿することでエントリーできる。応募期間は8月1日から16日まで。

審査員には超豪華な面々がそろった。井岡一翔、井上拓真、井上尚弥、岩佐亮佑、内山高志、京口紘人、清水聡、寺地拳四朗、村田諒太、八重樫東(50音順)らが現時点で参加が決定。今後も交渉中だという。

結果発表は8月22日で、「○○選手賞」など、優秀賞に選出した審査員の名前がついた賞を発表する。

関連するニュースを読む

関西初ボクシング無観客興行開催 コロナ収束みえず

リングサイドは関係者だけの無観客で行われたボクシングの試合(撮影・実藤健一)

ボクシングで関西初の無観客興行が25日、神戸市立体育館で行われた。当初は3500人収容の会場に400人限定で有観客で行う予定だった。しかし、新型コロナウイルス感染症の収束はみえず、大阪府内のジムで11人の陽性反応が出たこともあり、無観客に変更。

メインの東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦は40歳4カ月の堀川謙一(三迫)が、18歳下の冨田大樹(ミツキ)を10回TKOで下して戴冠した。無観客は「全然気にならなかった」と話し、年齢の影響も「35歳から変わっていない。(年齢に)あらがうようにしている」と笑顔だった。

プロテストも行われ、女子で元WBO世界ミニマム級王者山中竜也さん(25)の妹・菫(18)が合格した。

40歳4カ月で東洋太平洋ライトフライ級王座を獲得した堀川(撮影・実藤健一)
プロテストに合格した元世界王者山中の妹、菫(撮影・実藤健一)

関連するニュースを読む

堀川謙一が40歳4カ月で東洋太平洋Lフライ新王者

40歳4カ月で東洋太平洋ライトフライ級王座を獲得した堀川(撮影・実藤健一)

<東洋太平洋ライトフライ級王座決定戦12回戦>◇25日◇神戸市立中央体育館

40歳4カ月の同級9位・堀川謙一(三迫)が、18歳下の冨川大樹(22=ミツキ)を10回TKOで下し、戴冠した。JBCによると、昨年2月に東洋太平洋ミドル級王座を獲得した野中悠樹(井岡弘樹)の41歳2カ月が最年長記録とされている。

無観客試合も「気にならなかった」。これが58戦目。重ねてきたキャリアの違いで相手を圧倒した。3回にジャブを食らい、鼻血が噴き出した。「まともに食らった。折れたかと思った」という試合後の鼻は変形していた。そんなダメージにも屈せず、攻め続けて10回1分47秒、仕留めきった。

日本ライトフライ級王座を2度獲得した実力者。「やめたいっちゃ、やめたいですよ。しんどいし」。しかし、本能的に戦いの場から逃れられない。年齢の影響は「35歳から変わっていない。もっといえば30歳過ぎてから同じ。(年齢に)あらがってますから」。日々の節制とトレーニング。筋骨隆々の体は、確かに年齢を感じさせない。

チャンスを作った三迫会長は「私自身、こんなに感動したのは初めて」と興奮した。堀川は無観客のかわりに、中継されたユーチューブを意識した。「ボクシングに新しく興味を持ってくれる人が出れば。それだけに倒せてよかった」。鼻を血で赤く染めた40歳は、充実の表情を浮かべた。【実藤健一】

関連するニュースを読む