上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

葉月さな計量パス「ぶつける」ボクシング女子世界戦

IBF女子世界ミニマム級王者ヨカスタ・バジェ(右端)と計量に臨んだ葉月さな(左端)(YuKOフィットネスボクシングジム提供)

ボクシングのIBF女子世界ミニマム級タイトルマッチ10回戦は30日(日本時間31日)、コスタリカ・サンホセで開催される。挑戦者となる同級1位葉月さな(36=YuKOフィットネス)は29日(同30日)に同地で、王者ヨカスタ・バジェ(28=コスタリカ)ととに前日計量に出席。47・5キロの王者に対し、47・3キロでクリアした。

葉月は「彼女から笑顔が消えて本気モードになっていると感じた。7年前から目指してきたゴールなので今までの積み重ねをしっかりとぶつける!」と所属ジムを通じてコメントした。

IBF女子世界ミニマム級王座挑戦に向けて計量パスした葉月さな(YuKOフィットネスボクシングジム提供)

関連するニュースを読む

国内最速王者狙う松田恵里、宮尾ら世界戦へ意気込み

左から松田恵里、世界王者江畑佳代子、元世界王者宮尾綾香

ボクシング女子世界戦2試合が26日に都内で発表された。

元WBAアトム級王者宮尾綾香(35=ワタナベ)が11月20日に東京・後楽園ホールで、元WBO王者池山直(49=フュチュール)との再戦でWBA暫定王座決定戦に出場する。WBOミニフライ級王者江畑佳代子(42=ワタナベ)は12月1日にエディオンアリーナ大阪で、元WBA、IBF王者多田悦子(37=真正)の挑戦を受ける。

宮尾は16年に池山のV5戦で対戦も、スリップダウンの際に右ひざ前十字靱帯(じんたい)を断裂し、6回TKO負けした。今年6月の再起まで1年半のブランクを作ったが「まだ恐怖もあるが、今月に完治したと言われた。ここまで帰ってこれたが、しっかりベルトをとりたい」と話した。当初は挑戦予定だった王者のケガで暫定王座が設定された。池山は昨年7月のV6後に引退宣言から復帰戦となる。「前回は途中で終わってしまった。帰ってきてくれてうれしい」と雪辱のチャンスを歓迎した。

江畑は昨年5月に6度目の挑戦で悲願の王座を獲得し、今回は2度目の防衛戦となる。多田とは女子が未公認前からの仲だが、アマ時代は2階級の差があった。「私が年上も、経験では向こうが上。階級も違い、対戦するとは思ってもいなかった。楽しみ。技術戦になる。敵地だけど必ずベルトを持ち帰る」と誓った。

また、大阪のセミでは東洋太平洋アトム級王座決定戦があり、松田恵里(24=テンカウント)と慶美奈代(26=真正)が対戦。アマ経験者の松田は国内最速の2戦目で王座を狙う。「2戦目で挑戦はびっくりも、ありがたい。このチャンスをつかみたい」と目を輝かせた。

関連するニュースを読む