上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

井上尚弥がスパー打ち上げ「選ばれたことを誇りに」

6回のスパーリングを消化し、計120回にわたるスパーリングを打ち上げたWBA世界バンタム級王者井上尚弥(右)


10月7日にボクシングの階級最強を決める賞金争奪トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)1回戦(横浜アリーナ)を控えるWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が22日、横浜市の所属ジムでスパーリングを打ち上げた。

挑戦者となる同級4位フアンカルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)と同じサウスポーの練習パートナーを相手に6回を消化。6月からスタートしたスパーリング数は計120回に到達した。井上は「いつも通りにスパーリングができました。ラウンド数もいつもと同じ。減量も順調に進んでいます」と確かな手応えを口にした。

5月25日にジェイミー・マクドネル(英国)をわずか112秒で下し、18日後にはスパーリングも開始。7月20日の組み合わせ抽選会(ロシア)でパヤノが挑戦者に決まった後からはサウスポーのフィリピン人練習パートナーを招き、入念な準備を進めてきた。14年12月のオマール・ナルバエス(アルゼンチン)戦以来となる「左」への意識も十分にできている。ついに約2週間後に迫ったWBSS開幕戦。井上は「日本人で初めて(エントリー選手に)選ばれたことを誇りに思って決勝まで行きたいですね。何が何でも優勝して、先につなげていきたい」と自然と気持ちも盛り上がっていた。

6回のスパーリングを消化し、計120回にわたるスパーリングを打ち上げたWBA世界バンタム級王者井上尚弥(左)

関連するニュースを読む

ジョシュアvsポペトキンあすヘビー級3団体統一戦

前日計量に臨んだ3団体統一王者ジョシュア(左)と挑戦者ポペトキン(右)(AP)


22日(日本時間23日早朝)に英ロンドン(ウェンブリー・スタジアム)で開催されるボクシングの3団体(WBAスーパー、IBF、WBO)統一ヘビー級タイトル戦の前日計量が21日、同地で開かれた。

3団体統一王者アンソニー・ジョシュア(28=英国)、挑戦者となる元WBA王者で現WB0同級1位アレクサンデル・ポペトキン(39=ロシア)が登場。ジョシュア246・5ポンド(約111・8キロ)は、ポペトキンは222ポンド(100・7キロ)をマーク。10キロ以上の体重差をつけた王者ジョシュアにとってはWBC王者デオンテイ・ワイルダー(32=米国)との4団体王座統一戦に向けてのステップとして負けられないリングとなる。

また21日にはWBA同級正規王者マヌエル・チャー(33=ドイツ)がドーピング検査で陽性反応を示したことが発覚。今月29日に母国で予定していた同級3位フレス・オケンド(プエルトリコ)との防衛戦は急きょ中止が決まった。

関連するニュースを読む

石井慧 元UFC王者と対戦「夢がかなった。最高」

10月5日、米ラスベガスで開催されるQUINTET3大会で元UFCヘビー級王者フランク・ミアと対戦する石井慧


08年北京五輪(オリンピック)柔道男子100キロ超級金メダリストで総合格闘家の石井慧(31)が10月5日、米ラスベガスでグラップリング(打撃なし、関節と組み技のみ)ルールで元UFCヘビー級王者フランク・ミア(39=米国)と対戦することが決まった。IQレスラー桜庭和志(49)が主宰するグラップリングルールによる5対5の団体戦QUINTET3大会(10月5日、米ラスベガス)で特別シングルマッチとして組まれたカードで、22日にQUINTET公式サイトで発表されたもの。石井も自らのツイッターで「夢がかなった。もう最高です」とつづった。

ミアは2度、UFCヘビー級王座を獲得。アンドレイ・アルロフスキー(ベラルーシ)、ブロック・レスナー(米国)、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ブラジル)、ミルコ・クロコップ(クロアチア)らを下してきた関節技の名手。17年にUFCとの契約が終了。今年4月に米総合格闘技団体ベラトールFCでエメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)に敗れたのが直近の試合となる。

関連するニュースを読む

292・6キロの大露羅引退 思い出の一番は白鵬戦

笑顔で締めくくる大露羅(撮影・河田真司)

<大相撲秋場所>◇12日目◇21日◇東京・両国国技館


秋場所限りで引退する歴代最重量力士の西序二段12枚目大露羅(35=山響)が、東三段87枚目樹龍を寄り切りで破って、相撲人生最後の一番を白星で締めくくった。

ロシアから来日し、00年春場所で初土俵を踏んでから18年。角界一の大食漢として知られ、体重で注目を浴びた。17年8月には、元大関小錦の255キロを超える288キロを計測して史上最重量力士となり、今年8月には自身の記録を更新する292・6キロを計測した。現在は、場所前に少し落としたといい「288キロぐらい。おにぎり食べなかったらすぐやせました」と言って報道陣を笑わせた。

最高位は11年の東幕下43枚目ながらも、先代師匠の故北の湖親方(元横綱)の付け人を務めた。入門当初は「『北の湖って誰?』って思っていた」という。ただ時間の経過とともに「こんなにすごい人なんだなと思った」と驚いた。そして「かわいがってもらった。どこに行くにも自分を連れて行ってくれた。お父さんみたいだった。自分が若い時に父を亡くして、その時に『おやじって呼んでいいですか』って聞いたら、小さい声で『いいぞ』って言ってくれて泣きそうになった」と思い出を明かした。

思い出の一番は、01年秋場所での白鵬戦だ。史上最多の幕内優勝40回を誇る白鵬も当時はまだ序二段で、小さかった白鵬を浴びせ倒しで下した。「あれは忘れない。細い体だったけど目は光っていた。細い体だったけど、何でこんなに力があるんだろうと思った。そしたら一瞬で力つけていきましたね」と振り返った。

引退後は、ロシアに帰国する。それでも「35歳までやって日本は第2の故郷。また来ます」と宣言。「日本人の若い人は、何で相撲をやらないんだろう。日本の文化なのに」と少し寂しそうに言った。

関連するニュースを読む

サモアの怪人ハント2連敗「脱出できなかった」

オレイニク(右)に裸絞めを狙われるハントPhotobyJeffBottari/ZuffaLLC/ZuffaLLCviaGettyImages

<UFCファイトナイト136大会>◇15日(日本時間16日)◇ロシア・モスクワ・オリンピスキ・アリーナ・センター


UFCヘビー級8位のマーク・ハント(44=ニュージーランド)が2連敗を喫した。ロシア初上陸のUFC興行のメインイベントで、同国出身のアレクセイ・オレイニク(41)と同級5分5回で対戦。1回4分26秒、裸絞めで一本負けした。

試合開始後から2人の距離が縮まり、ハントが強烈な右ストレートでふらつかせた。油断したのか、逆に反撃の左フックを浴びてしまい、ぐらついてしまった。距離を取ろうとしたものの、勢いに乗ったオレイニクに背後に回られるとテークダウンを許し、ハントの首に相手の太い右腕が回り込んだ。胴絞めも加わり動けない状態に。必死の抵抗を見せたが、無念のギブアップに追い込まれた。

ハントは「彼にはおめでとうと言いたい。寝技をやられて脱出できなかった」と敗因を自己分析した。2月のUFC221大会でカーティス・ブレイズに判定負けしており、連敗となった。戦前には「あと2試合残っているUFCとの契約は最後まで消化したい」と話していたハント。「先のことは契約を満了してから考えたい。戦うことは大好きだ」というサモアの怪人は契約満了までに連敗脱出できるか。

関連するニュースを読む

百戦錬磨M・ハントUFCロシア出陣「戦い大好き」

マーク・ハント


米総合格闘技のUFCファイトナイト136大会は15日(日本時間16日)、ロシア・モスクワのオリンピスキ・アリーナ・センターで開催される。

ロシア初上陸のUFC興行のメインイベントには「スーパーサモアン」ことUFCヘビー級8位のマーク・ハント(44=ニュージーランド)が出陣。地元出身のアレクセイ・オレイニク(41=ロシア)と同級5分5回で対戦する。14日には同地で開かれた前日計量に出席し、ハントは120・20キロ、オレイニクは106・59キロでパスした。

UFCデビューから7年が経過し、プロ格闘家としてのキャリアは20年を誇るハント。キックボクシングもあわせると戦歴は60試合以上となり、今回はUFC17戦目となる。「あと2試合残っているUFCとの契約は最後まで消化したい。先のことは契約を満了してから考えたい。戦うことは大好きだ。高揚と落胆、張り詰める身体と心、生々しい感覚は格闘技ならではだ。ただ、今では自分も地球上で最高齢の選手の1人になってしまい、トレーニングの疲労が抜けるのが遅くなっている。そうしたこともあって、現実的には引退も脳裏をかすめるようになってきている」とコメント。

その上で「オレはかつて、史上最強のロシア人ファイター、エミリヤーエンコ・ヒョードルと戦ったこともある。だからロシア人アスリートをリスペクトしている。オレイニクはオレと同じタフな男だが、ベストを尽くす。彼にとって、長くてつらい夜になるだろう」と自信をみなぎらせた。

一方のオレイニクは「オレがハントの大砲(豪腕パンチ)をもらってしまわない限り、ハントが自分の絞め技から脱出することは非常に難しいだろう」と自己分析。地元で初めて開催されるUFCのメインイベンターとなったこともあり「ロシアのMMA史に名を残すことができてうれしい。伝説的なイベント、伝説的な試合を期待してもらいたい」と意気込んでいた。

関連するニュースを読む

伊藤正雪 国内外問わず初防衛戦の決定待つ

年末予定の初防衛戦に備え、ジムワークを再開したWBO世界スーパーフェザー級王者伊藤


WBO世界スーパーフェザー級王者伊藤正雪(27=伴流)が国内外問わず、初防衛戦の決定を待つ姿勢を示した。

7月28日に米キシミーでの同王座決定戦を制した新王者は6日、多くの祝勝会を終えて都内の所属ジムでジムワークを再開。年内予定のV1戦について「日本で1度、世界戦はやりたいですが、国外でもどちらでも」と口にした。なお同級1位イフゲニー・シュプラコフ(ロシア)が挑戦者として浮上している。

バランスボールの上に乗り、鉄アレイを持ってシャドーボクシングするWBO世界スーパーフェザー級王者伊藤

関連するニュースを読む

UFC約2年半ぶりWOWOWで復活 10・7配信

約2年半ぶりにWOWOWでの中継が復活するUFC


米総合格闘技UFCの中継が16年4月以来、約2年半ぶりにWOWOWで復活することが6日、発表された。放送権の契約が結ばれたもので、独占生中継に加え、加入者限定の番組動画配信サービス「WOWOWメンバーズオンデマンド」でライブ配信される。WOWOWでは02~16年まで14年間、UFCが中継されていた。

まず初回のライブ配信は10月6日(日本時間7日)に米ネバダ州ラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催されるUFC229大会となる。メインイベントは昨年8月、元ボクシング5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)とボクシングルールによる「メガファイト」に挑んだ元UFC2階級同時制覇王者コナー・マクレガー(30=アイルランド)のオクタゴン復帰戦となる。無敗のライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフ(29=ロシア)に挑戦し、王座奪還を狙う注目カードだ。

関連するニュースを読む

井上尚弥のWBSSの1回戦がトリプル世界戦に

WBSSに向け気合の入った表情を見せる井上尚弥(2018年8月21日撮影)


ボクシングWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)がワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)1回戦に臨む10月7日、横浜アリーナで、WBSSスーパーライト級1回戦も同時開催されることが8月31日(日本時間1日)、発表された。

WBA世界同級王者キリル・レリク(ベラルーシ)-同級1位エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)戦が加わる。これで井上-フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)、WBC世界ライトフライ級王者拳四朗(BMB)-ミラン・メリンド(フィリピン)戦のトリプル世界戦となった。

WBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(2018年8月28日撮影)

関連するニュースを読む

井上尚弥も出場WBSS準々決勝はトリプル世界戦に

井上尚弥


ボクシングWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が10月7日、横浜アリーナで臨むワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)準々決勝で、WBSSのスーパーライト級準々決勝も同日同会場で開催されることが決まった。

WBSS公式サイトで8月31日(日本時間9月1日)までに発表されたもので、WBA世界スーパーライト級タイトルマッチとなる同級王者キリル・レリク(ベラルーシ)-同級1位エドゥアルド・トロヤノフスキー(ロシア)戦が加わる。

公式サイト上で、WBSSプロモーターの1人となるドイツ人のカレ・サザーランド氏は「今回の準々決勝はダブルヘッダーにするつもり。同じ階級の準々決勝を同日開催しないが(WBSSのバンタム級、スーパーライト級、クルーザー級の合計)12試合を6週間の日程で、アジア、米国、英国、欧州で、ダブルヘッダーで開催していくつもりだ」とコメント。10月13日、10月20日、10月27日、11月3日、11月10日の日程で、それぞれWBSS各2試合を開催していく方針だという。

これで10月7日の横浜アリーナは、WBA世界バンタム級タイトルマッチとなる王者井上-同級4位フアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦、WBA世界スーパーライト級タイトルマッチとなる王者レリク-同級1位トロヤノフスキー戦のWBSS2試合、そして4度目の防衛戦となるWBC世界ライトフライ級王者拳四朗(BMB)-同級6位ミラン・メリンド(フィリピン)戦のトリプル世界戦となった。

関連するニュースを読む

K1郷州征宜ナドロフ戦また中止、足首骨折し骨壊死

9月24日の対戦が決まった郷州(左)とスアレック(C)M-1 Sports Media


K-1スーパー・フェザー級の郷州征宜(32=K-1ジム総本部チームペガサス)と、ティムール・ナドロフ(23=ロシア)の試合が23日、再び中止と決まった。

2人はさいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで9月24日開催の「K-1 WGP 2018」(日刊スポーツ新聞社後援)のスーパーファイトで対戦することになっていたが、またもやナドロフが負傷欠場となった。

この結果、郷州の対戦相手がスアレック・ルークカムイ(32=タイ)に変更された。

ナドロフは7月29日、ロシア・ブリャンスクで行われた試合で1度痛めた右足首を再度負傷。診断の結果、右足首骨折と骨の1部の壊死(えし)が確認され、手術することになった。9月24日の試合には間に合わないため、出場を断念する。

郷州とナドロフは3月の「ケーズフェスタ1」第4代同級王座決定トーナメント1回戦での対戦が決まっていたが、ナドロフのケガで流れた。今回はナドロフの希望で仕切り直しが決まっていたが、またも実現できなかった。

昨年10月、第6代Krush同級王座に就いた郷州だったが、6月の防衛戦で島野浩太朗(26)に敗れた。今回、対戦が決まったスアレックはムエタイ歴20年の豪腕。激しい打撃戦が期待される。

関連するニュースを読む

井上尚弥ド派手な演出ド派手に勝つ10・7WBSS

WBSSに向け気合の入った表情を見せる井上(撮影・鈴木正人)


 ボクシングWBAバンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が10月7日に横浜アリーナで階級最強決定トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦に臨むことが21日、発表された。元WBA世界同級スーパー王者フアンカルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)との初防衛戦になる。WBSS本部からサッカー欧州チャンピオンズリーグ(CL)の演出を手がける運営陣が多数来日予定。ド派手なショーで幕を開ける。

 1回戦からビッグな舞台が整った。井上は「WBSS初戦が、日本で、横浜アリーナでできる。思ったような試合と会場でうれしい」と喜んだ。会場だけではない。師匠の大橋秀行会長は「今までの興行とはまったく違う演出、スタイルになる。ファンにインパクトを与えるに違いないと思います」と予告した。

 今月中旬、WBSS本部から6人の関係者が来日し、会場を視察。運営陣の中心はサッカー欧州CLを手がけ、6月のW杯ロシア大会の演出も担当したという。今回も150人もの関係者が来日し、大橋ジムと運営する。演出の都合で座席配置も通常と違い、入場券の販売開始も少しずれこんだ。

 井上自らも7月20日にロシアで開かれたWBSS抽選会翌日、WBSSクルーザー級決勝を視察。「演出がシンプルで格好いい。入場した選手がリングに入る前に(お立ち)台に1分間ほど立ったり。ショーでした。プロである以上、演出も1つの楽しみ」と胸を躍らせた。優勝すれば日本人初の3団体統一王者。同会長から全戦KO指令が出ている。「KOは毎回頭に入れている。簡単な道のりではないですけど必ず優勝したい」。ド派手な演出で、ド派手に勝つ。【藤中栄二】

WBSSの組み合わせ

関連するニュースを読む

井上尚弥10・7パヤノとWBSS1回戦「優勝を」

WBSSに向け気合の入った表情を見せる井上尚弥(撮影・鈴木正人)


 ボクシングの世界3階級制覇王者で、現WBAバンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が10月7日、横浜アリーナで階級最強を決める賞金争奪トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦に臨むことが21日、発表された。

 1回戦の相手は、7月にロシアで開催された組み合わせ抽選会で決まった元WBA世界同級スーパー王者で現同級同級4位のフアンカルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)となる。

 既に相手が決まっていたものの、井上は「この発表から、また気持ちが入るので」と表情を引き締めた。自身初の横浜アリーナでの世界戦。「WBSSの会場のつくりは独特。それを日本でやることができてワクワクできますね」と高揚感も漂わせた。プロボクシングでは事例の少ないトーナメント方式での世界戦。「すぐに相手も決まりますし、実力ある選手ばかり」と声を弾ませた。

 井上を含め、WBC、WBO、IBFという3団体の世界王者が出場する。優勝すれば日本人初の3団体統一王者になる。井上は「注目度も高いですし、日本人初のWBSS出場に誇りを持って出場したい。優勝できるように頑張りたい」と決意も新た。師匠の大橋秀行会長も「国内外にインパクトを与えると思います」と大きな期待を寄せていた。

WBSSに向け気合の入った表情を見せる左から井上真吾トレーナー、井上尚弥、大橋秀行会長(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

小原佳太、3回TKO王座復帰「世界へもう1回」

王座奪回でインタビューを受ける小原佳太

<プロボクシング:WBOアジア太平洋・ウエルター級タイトル12回戦>◇9日◇東京・後楽園ホール


 同級6位小原佳太(31=三迫)が3回TKOで王座を奪回した。

 4月に逆転KO負けした同級王者アルビン・ランガベイ(23=フィリピン)との直接再戦。初回にダウンを奪い、3回に右ストレートを打ち込んで、3回1分8秒TKO仕留めた。IBF7位に加え、再びWBOの世界ランク入りで、16年以来の世界再挑戦へ再出発の王座返り咲きとなった。

 前回は初回にダウンを奪うも、2回に左相打ちのダブルノックダウンの末に負けた。今回も3回に左リードで先にダウンを奪ったが、2回には左の相打ち。三迫会長は「またかとヒヤッとした」。しかし、3回に右を打ち込んで、相手が横倒しになる途中でレフェリーがストップした。

 前回は右と思っていたが左できた。今回は右と幻惑してきたが、小原は「面白いヤツだなと思った」という。前回の反省から「左フックは完全に封印した。ベルトを取り返せてよかったが、正直WBOの世界ランクがほしかった。世界へもう1回スタートを切れた。世界中どこでも行く」。

 16年にはロシアで世界挑戦も2回TKO負けも、再び世界へ再出発の勝利となった。

関連するニュースを読む

元UFC王者マクレガー10・6オクタゴン復帰へ


 元UFC2階級同時制覇(フェザー級、ライト級)王者コナー・マクレガー(30=アイルランド)が10月6日、米ラスベガスのT-モバイル・アリーナで現UFCライト級王者ハビブ・ヌルマゴメドフ(29=ロシア)に挑戦することが決まった。3日(日本時間4日)、発表された。

 16年11月のUFC205大会でエディ・アルバレス(米国)に勝って以来、約2年11カ月ぶりのオクタゴン復帰となる。

 昨年8月、米ネバダ州州ラスベガス・T-モバイル・アリーナで、ボクシング元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)とボクシングルールでのメガファイトに挑んだ。ボクシングデビュー戦ながらも10回TKO負けと健闘し、大きな注目を浴びて高額のファイトマネーもゲットした。その後、UFCデイナ・ホワイト社長からオクタゴン復帰を要請を受け入れず、保持していたライト級王座を剥奪。4月には米ニューヨークで、UFC選手の乗車したバスを襲撃し、選手2人を負傷させる大事件を起こした。暴行と器物破損の罪で訴追されていたが、先月26日に米ブルックリンの裁判所で司法取引に応じ、罪を認める代わりに収監を免れ、試合復帰への準備を進めていた。

 ヌルマゴメドフは通算26戦全勝と無敗王者。ライト級の強敵との防衛戦を制し、同級最強のファイターとした名をはせている。

関連するニュースを読む

「ロシアの白熊」70歳ニコライ・ボルコフさん死去


 日本マットでも活躍したWWE殿堂入りの元プロレスラー、「ロシアの白熊」ことニコライ・ボルコフさんが亡くなったことが分かった。WWEが29日(日本時間30日)に発表した。70歳だった。

 クロアチア出身ながらロシア系レスラーとしてベアハッグなどを得意技に活躍。72年には日本プロレスに参戦し、坂口征二のUNヘビー級王座に挑戦した。74年にはブラッシーとともに新日本プロレスに参戦。アントニオ猪木、坂口組の北米タッグ王座にも挑んだ。05年にWWE殿堂入り。また週刊少年ジャンプで連載されていた「キン肉マン」に登場する人気レスラー、ウォーズマンの本名「ニコライ・ボルコフ」の由来となっていた。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

WWE「ロシアの白熊」ニコライ・ボルコフさん死去


 日本マットでも活躍したWWE殿堂入りの元プロレスラー、「ロシアの白熊」ことニコライ・ボルコフさんが亡くなったことが分かった。WWEが29日(日本時間30日)。発表した。享年70歳。

 クロアチア出身ながらロシア系レスラーとしてベアハッグなどを得意技に活躍。72年7月には日本プロレスに参戦し、坂口征二の保持したUNヘビー級王座に挑戦した。

 74年にはブラッシーとともに新日本プロレスに参戦。アントニオ猪木、坂口組が保持した北米タッグ王座にも挑んだ。82年には全日本プロレスに参戦し、ニック・ポックウィンクルと組んでジャイアント馬場、ジャンボ鶴田組の持つインターナショナル・タッグ王座にも挑戦するなど、日本マットで存在感を示していた。

 WWEの前身となるWWWFでは同ヘビー級王者ブルーノ・サンマルチノに何度も挑戦。さらにWWF時代には同ヘビー級王者ハルク・ホーガンにも挑んだ。85年3月のレッスルマニア1大会では、アイアン・シークとの反米コンビでWWF世界タッグ王座を獲得。セミリタイアしながらも何度もWWEに登場し、05年にWWE殿堂入りを果たしていた。また週刊少年ジャンプで連載されていた「キン肉マン」に登場する人気レスラー、ウォーズマンの本名「ニコライ・ボルコフ」の由来となっていた。

関連するニュースを読む

井上尚弥が帰国、WBSSの「目標は優勝しかない」

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)での優勝を目指し1本指を立てポーズを決める井上尚(撮影・横山健太)


 ボクシングWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が23日、階級最強を決める賞金争奪トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)抽選会の開催されたロシア・モスクワから帰国した。

 抽選会では元WBAスーパー王者で同級4位のフアンカルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)を自ら指名し、対戦が決定。現地でパヤノと交流し「キャリアがあるし、オーラもありました。1つ1つのコメントにも気持ちと覚悟を感じましたね」と、拳を交える元WBAスーパー王者に敬意を表した。

 所属ジムの大橋秀行会長によれば、初防衛戦となるパヤノとのWBSS1回戦の開催日時、会場などは8月に入って発表するという。日本人で初参戦となるWBSS。今トーナメントにはWBO、IBF、WBAスーパー王者が出場しており、優勝すれば3団体統一王者になれる。

 井上は「ボクシング=トーナメントのイメージはわかないと思いますが、次、次と決まっているし、モチベーションは上がりっぱなしですね。目標は優勝しかないです。内容にもこだわっていきたい」と決意を口にした。

 また抽選会翌日の21日にモスクワで開催されたクルーザー級4団体王座統一戦も約2万人の観衆とともにリングサイドで視察した。WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)に勧められ、一緒にポテトチップスを口にしながら試合チェックしたという。

 テテに加え、WBAスーパー王者バーネット、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とも会場で顔を合わせ「自分への期待も高まりましたね」とやる気満々だった。

ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)での優勝を目指し1本指を立てポーズを決める井上尚(左)と大橋会長(撮影・横山健太)
モスクワからの移動疲れを感じさせないやわらかな笑顔を見せる井上尚(撮影・横山健太)
対戦相手が決まり力強い表情で意気込みを語る井上尚(撮影・横山健太)

関連するニュースを読む

井上尚弥初戦はパヤノ オールKOで「最強証明」だ

自ら1回戦の相手に指名したパヤノ(右)と向き合うWBA世界バンタム級王者井上(左)


 ボクシングWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が今秋開幕する、階級の最強選手を決める賞金争奪トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)1回戦で、元WBA同級スーパー王者の同級4位フアンカルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)と対戦(初防衛戦)することが決まった。20日(日本時間21日)、ロシア・モスクワで開催されたWBSS抽選会に出席し、自らパヤノを指名した。試合日時、会場は後日発表となる。

 現地時間午後9時にモスクワのロシア・シアターで始まった華やかな抽選会。レッドカーペットを歩いて会場入りしたグレーのスーツ姿の井上は「モンスター」と紹介され、他7選手とともに登壇した。先に第1シードのWBAスーパー王者バーネットに元5階級制覇王者ドネアを指名されたため、第2シードとしてパヤノを相手に選択した。

 「一番戦いたかったのはドネア選手だったがバーネット選手に先に選択されてしまったので、元スーパー王者で実績のあるパヤノ選手を指名した」と振り返るが、相手にとって不足ない。井上よりもリーチが5センチも長い169センチで「ベビー・パッキャオ」の愛称を持つ。「キャリアはある選手なので、そこは気を抜かずにしっかり戦いたい」と、まず初戦突破への意識を高めた。

 空位となるWBC以外の世界王者がそろったトーナメント。1回戦は現役王者がシードされたが、準決勝以降の組み合わせ方法は未定で、団体統一戦になる可能性が高い。「日本では統一王者も、トーナメントに出る選手も少ない。他の日本人王者とは違うステージに来られたことを誇りに思います」と感慨深げ。WBSSが世界のファンから注目されていることを肌で感じた抽選会でもあった。

 井上 ファンが望むKO決着はもちろん、さらに評価を上げるような試合を世界中に発信したい。また準決勝、決勝とすべてKOで優勝を果たしてバンタム級最強を証明したい。

 「天下一」の称号を手にするため、まずはパヤノ戦に集中する。

 ◆ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ 昨秋からスーパーミドル級とクルーザー級で初開催された各階級の最強選手を決める賞金争奪トーナメント。リチャード・シェイファー氏、カレ・ザワーランド氏の米独両プロモーターが企画し2階級とも8選手が出場。ファイトマネーが高額な中・重量級のため、賞金総額5000万ドル(約55億円)、優勝賞金1000万ドル(約11億円)だった。シーズン2として今秋からバンタム級、スーパーライト級で開催。

関連するニュースを読む

井上尚弥の相手はパヤノ!WBSS組み合わせ抽選会

WBAバンタム級王者の井上尚弥


 賞金争奪のプロボクシング最強決定トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の組み合わせ抽選会は20日(日本時間21日)、ロシア・モスクワで開催され、バンタム級で参戦する第2シードのWBA世界同級王者井上尚弥(25=大橋)は、1回戦で元WBAスーパー王者で同級4位フアン・カルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)と対戦することが決まった。ノーシード選手の中から自らパヤノを指名し、対戦が決まった。

 04年アテネ五輪ボクシング同国フライ級代表のパヤノは17勝(8KO)1敗の戦績を残す身長165センチ、リーチ164センチのサウスポー。身長164・7センチ、リーチ169センチの井上とは、サイズがほぼ変わらない。なお井上-パヤノ戦の日時、会場は発表されていない。

 また他3カードは抽選の結果、次のように決定。

<1>第1シード=WBAスーパー王者ライアン・バーネット(26=英国)-元4階級制覇王者ノニト・ドネア(35=フィリピン)

<2>第3シード=WBO王者ゾラニ・テテ(30=南アフリカ)-WBA5位ミーシャ・アロイヤン(29=ロシア)

<3>第4シード=IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(25=プエルトリコ)-IBF3位ジェイソン・マロニー(27=オーストラリア)

関連するニュースを読む

井上尚弥参戦の「WBSS」出場全8選手が正式決定

WBAバンタム級王者井上尚弥(18年6月撮影)


 ボクシングのWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が参戦する今秋開幕の賞金争奪の最強決定トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)に出場する全8選手が18日、正式決定した。同日、公式サイトでWBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)、WBA5位、IBF9位ミーシャ・アロイヤン(ロシア)の出場が発表された。

 これで井上に加え、WBO王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)、IBF3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)、元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)、元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)の計8人が出そろった。

 ロドリゲスは指名挑戦者となるマロニー(オーストラリア)との初防衛戦が1回戦になると発表済み。残りの3カードは21日にロシア・モスクワで開かれる抽選会で決まる。なお主催者側の要請で井上は現地入りし、出場する他7選手とともに抽選会、会見に臨む。

関連するニュースを読む

元UFC王者サントス晴れて再起戦「違反はしない」


 UFCファイトナイト133大会は14日(日本時間15日)、米アイダホ州ボイシ・センチュリーリンク・アリーナで開催される。メインイベントで開催されるヘビー級5分5回で、元UFC同級王者ジュニオール・ドス・サントス(34=ブラジル)が1年2カ月ぶりにオクタゴンに戻り、再起戦に臨む。

 13日(同14日)には同地で、対戦相手のブラゴイ・イワノフ(31=ブルガリア)とともに前日計量に出席。257・5ポンド(約116・8キロ)だったイワノフに対し、ドス・サントスは247・5ポンド(約112・26キロ)と軽いウエートでクリアした。

 17年5月のUFC211大会で、当時の王者スティペ・ミオシッチ(米国)に挑戦したが、TKO負けで王座奪回ならず。この試合から約3カ月後の同年8月の薬物検査で禁止薬物の陽性反応が出たため、試合から遠ざかっていた。

 ドス・サントスは「違反はしない。今回の件では一貫して自分は検査機関に協力し、あらゆる指示に従って意図的な違反薬物摂取はなかったことを証明してきた」と強調。禁止薬物使用の疑いもなくなり、晴れて再起戦を迎える。「やっと悪夢が終わり、違反薬物の出どころが特定された以上、一刻も早く、オクタゴンに戻りたい」と意気込んでいる。

 一方、対戦相手のイワノフは未知の強豪だ。今回がUFC初参戦ながら他団体で15年にヘビー級王座を獲得し、4度の防衛に成功している。08年にロシアで開催された世界サンボ世界選手権の準決勝で全盛期のエメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア)に勝つ大金星を挙げて優勝した実績を持つ。黒帯の柔道でも欧州の国際大会での実績を買われて12年リオデジャネイロ五輪でブルガリア代表入りを打診されるほどの実力者だという。

 現在の戦績は16勝1敗1分で、判定決着はわずか4試合。KO勝ちは6、一本勝ちも6と打撃も寝技にも強さを見せるデータがある。UFCデビュー戦で、メインイベントに抜てきされるのもUFCからの期待の表れ。さらに元王者ドス・サントス撃破となれば、イワノフに大きな注目が集まりそうだ。

関連するニュースを読む

K1郷州征宜がナドロフと再起戦「良い試合見せる」

ナドロフのパネルを手に再起戦に燃える郷州(撮影・吉池彰)


 9月24日のK-1スーパー・フェザー級スーパーファイトで、郷州征宜(32=K-1ジム総本部チームペガサス)とティムール・ナドロフ(23=ロシア)が対戦する。

 さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで同日開催の「K-1 WGP 2018」(日刊スポーツ新聞社後援)での試合が決まり、K-1実行委員会が14日、都内で発表した。

 両者は3月の「ケーズフェスタ1」第4代同級王座決定トーナメント1回戦での対戦が決まっていたが、ナドロフのケガで流れた。今回はナドロフの希望で仕切り直しが実現したもの。郷州は「ナドロフ選手が”戦いたい”と言ってくれて感謝している。パンチ力があり、本当に強いので、しっかり対策して良い試合を見せることを約束する」とやる気を見せた。

 昨年10月、第6代Krush同級王座に就いた郷州だったが、先月の防衛戦で島野浩太朗(26)に敗れた。再起戦の相手はW5世界60キロ王者の実力者。郷州にとって真価の問われる1戦となる。

関連するニュースを読む

阿部大治ら日本勢5選手が計量一発クリア UFC

ピョートル・ヤンと対戦する石原“夜叉坊”暉仁は前日計量をパス


 22日にシンガポールで開催されるUFCファイトナイト132大会(シンガポール・インドアスタジアム)の前日計量は21日、現地で開かれ、出場する日本勢5選手が一発クリアした。

 バンタム級5分3回に出場する石原“夜叉坊”暉仁は、対戦相手のピョートル・ヤン(ロシア)とともに136ポンド(約61・6キロ)でパス。ウエルター級5分3回に臨む阿部大治は170・5ポンド(約77・34キロ)で、対するリー・ジンリャン(中国)は170ポンド(約77・11キロ)でクリアした。 同じくウエルター5分3回を控える安西信昌は、対戦相手のジェイク・マシューズ(オーストラリア)とともに171ポンド(約77・5キロ)でパスした。 またフライ級5分3回に出る井上直樹は124ポンド(約56・2キロ)、対するマット・シュネル(米国)は126ポンド(約57・1キロ)でクリア。同じくフライ級5分3回に臨む佐々木憂流迦は、ジェネル・ラウザ(フィリピン)とともに126ポンド(約57・1キロ)でパスした。

関連するニュースを読む

ゴロフキン王座剥奪 IBF防衛戦として認められず


 プロボクシングの世界3団体(WBAスーパー、WBC、IBF)統一ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)がIBF王座を剥奪された。

 IBFが6日(日本時間7日)、発表したもの。ゴロフキンは5月5日、米カリフォルニア州カーソンでバネス・マルチロシャン(32=アルメニア・米国)の挑戦を受け、2回1分53秒、KO勝ち。同級最多タイの20連続防衛(WBAスーパー19回、WBC8回)に成功していたが、この試合はIBF防衛戦として認められず、同団体から期限内の防衛戦を義務づけられていた。またIBF同級1位セルギイ・デレビヤチェンコ(32=ロシア)との指名試合も回避していた。

 ゴロフキンは15年10月、当時のIBF同級王者デビッド・レミュー(カナダ)との団体統一戦に8回TKO勝ちし、3団体統一王者となっていた。なおWBA同級正規王者には村田諒太(帝拳)がいる。

関連するニュースを読む

石井慧がFFCヘビー級王座挑戦「気合が入ってる」

今年4月、クインテッド1大会参戦時に一時帰国した石井慧(右)


 08年北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストで総合格闘家の石井慧(31)が9月14日、米ネバダ州ラスベガスのシーザース・パレスで開催される欧州の総合格闘技団体Final Fight Championship(FFC)興行でFFCヘビー級王座決定戦に臨むことが決まった。

 昨年10月、オーストリア・リンツで開催されたFFC30大会で、ビヨン・シンデベルグ(ドイツ)と対戦し、1回に腕がらみで一本勝ちして以来、11カ月ぶりの総合格闘戦。今回のタイトル戦決定を受け、このほど日刊スポーツのインタビューに応じた。

 -11カ月ぶりの試合がタイトル戦になりますね

 石井 本当は6月1日にFFCがラスベガスで試合する予定だったのですが、団体側のライセンス取得に時間がかかり、9月になったと聞いています。

 -他団体での試合は考えなかったのか

 石井 あるロシアの団体などから長期のオファーをもらったりしました。条件面も良かったですが、目先のことにとらわれず、ラスベガスで試合がしたい気持ちを貫きました。そこはぶれずにやっていました。

 -ラスベガスにこだわるのは米国というマーケットを見据えて

 石井 そうですね。将来的な目標はUFCなので、そこもぶれずにやっていきたいと思っています。

 -対戦相手は未定

 石井 そうですね。大会開催についても、追ってFFCから発表されると思います。今回はタイトル挑戦なので楽しみです。獲得すればIGF王座以来で、海外のベルト獲得は初めてになりますから。

 -現在はクロアチアでトレーニング

 石井 ザグレブにいます。ミルコ・クロコップのジムで練習しています。ミルコとは毎日のように顔を合わせていますね。フィジカルトレだけで週5回。ミルコ直伝のフィジカルトレでヘビー級の肉体を手に入れたと思っています。4月に一時帰国した際、友人と待ち合わせした時、自分の体が大きくなりすぎていて、気づいてもらえませんでした。友人からは「ロシア人かと思った」と。

 -タイトル挑戦は3カ月後

 石井 時間があるのでクロアチアを拠点に練習を続けていきたい。この興行のメインイベントだと聞いているので、本当に気合が入っています。

関連するニュースを読む

石井慧「待ったかいあった」9月ラスベガスで王座戦

Final Fight Championshipとの契約書にサインする石井慧(本人提供)


 08年北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストで総合格闘家の石井慧(31)が9月14日、米ネバダ州ラスベガスのシーザース・パレスで開催される欧州の総合格闘技団体Final Fight Championship(FFC)興行でFFCヘビー級王座決定戦に臨むことを5月31日(日本時間1日)、明かした。今月中にFFCからも大会開催が正式発表されるという。

 格闘技の本場ラスベガスでの王座戦が決まった石井は「ぶれずに待ったかいがありました」と約11カ月ぶりとなる試合決定を歓迎した。既にFFCとも契約書を交わしており、あとは対戦相手の決定を待つのみ。元UFCファイターを中心に選考が進められており「相手が誰になるかも楽しみにしています」と声をはずませた。

 現在、石井はクロアチア・ザグレブを拠点に総合格闘技のトレーニングを積んでいる。ミルコ・クロコップのジムに通い、クロコップ直伝のフィジカルトレーニングで肉体強化。体重は113キロまで増加している。4月には桜庭和志が主宰する関節技や絞め技中心の格闘技興行クインテッド1大会に柔道チームの一員として参戦する一方で、総合格闘技戦の出場チャンスを待っていた。ロシアなど複数の団体から長期の参戦オファーを受けていたが「自分はラスベガスで試合がしたかった。まだ少し先ですが、もう9月が楽しみです」と意欲を示していた。

関連するニュースを読む

阿部が6・23シンガポールで再起戦 石原も参戦

6月23日のUFCシンガポール大会でリー・ジンリャンと対戦する阿部大治


 6月23日のUFCシンガポール大会(シンガポール・インドア・スタジアム)の追加カードが4日、発表され、ウエルター級の阿部大治(26)がリー・ジンリャン(中国)と対戦することが決定した。

 阿部は今年2月のオーストラリア・パース大会でルーク・ジュモー(ニュージーランド)に判定負け。プロ7戦目で初黒星を喫して以来の再起戦となる。

 またバンタム級の石原“夜叉坊”暉仁(26)もピョートル・ヤン(ロシア)との対戦が決まった。同じく2月のオーストラリア・パース大会でホセ・キノネス(メキシコ)に判定負けしており、再起戦となる。

 既にシンガポール大会では、フライ級の井上直樹(20)がマット・シュネル(米国)、ウエルター級の安西信昌(32)がジェイク・マシューズ(オーストラリア)と対戦することが発表されている。

ピョートル・ヤンと対戦する石原〝夜叉坊〟暉仁

関連するニュースを読む

ヒョードル、再起戦で秒殺勝利「幸せな気持ち」

ミアにTKO勝ちし、ファンの声援に応えるヒョードル(AP)

<米総合格闘技:ベラトール198大会>◇28日(日本時間29日)◇米イリノイ州ローズモント・オールステート・アリーナ


 元PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードル(41=ロシア)が秒殺勝利で再起戦を飾った。同級GPトーナメント1回戦(5分3回)で、元UFC同級王者フランク・ミア(38=米国)と対戦。開始すぐに前に出たミアに押されると、投げ技で倒して応戦。再び立ち技勝負に戻ると、前進するミアに右フック、さらに顔面に強烈な左フックをヒットさせた。前のめりでダウンした相手の顔面に背後から左の連打を浴びせ、レフェリーストップ。1回48秒、TKO勝ちをおさめた。

 17年6月、マット・ミリオン(米国)に1回TKO負けして以来、約10カ月ぶりの再起戦で白星を飾ったヒョードルは「幸せな気持ちだ。神に感謝している」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。すると2回戦の相手となるチェール・ソネン(41=米国)が登場。「次の試合はもっと短い時間で終わることになるからな」と挑発を受け、にらみ合いを展開していた。

関連するニュースを読む

元PRIDE王者ヒョードル、再起戦へ前日計量パス

エメリヤーエンコ・ヒョードル(2015年12月撮影)


 28日(日本時間29日)の米総合格闘技ベラトール198大会(米イリノイ州)で約10カ月ぶりの試合に臨む元PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードル(41=ロシア)が27日に同地で前日計量に臨み、240ポンド(約108・8キロ)でパス。同級GP1回戦として元UFC同級王者フランク・ミア(38=米国)と対戦する。

 17年6月の1回TKO負け以来となる再起戦。

関連するニュースを読む