上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

8カ月ぶり復帰のアンブローズがWWE大阪公演参戦

8月31日のWWE大阪公演への出場が決まったディーン・アンブローズ(右) (C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved


 WWEジャパンは17日、WWE大阪公演(8月31日、エディオンアリーナ大阪)に右腕負傷から約8カ月ぶりに戦列復帰したばかりのディーン・アンブローズが参戦することを発表した。

 アンブローズはユニット「ザ・シールド」の盟友セス・ロリンズとタッグを組み、ドルフ・ジグラー、ドリュー・マッキンタイア組と対戦する。なお一部変更となった対戦カードは次の通り。

<1>ローマン・レインズ-ブラウン・ストローマン

<2>ロウ女子王座戦=アレクサ・ブリス-ロンダ・ラウジー

<3>セス・ロリンズ、ディーン・アンブローズ組-ドルフ・ジグラー、ドリュー・マッキンタイア組

<4>フィン・ベイラー-バロン・コービン

<5>ボビー・ラシュリー-アライアス

<6>カイリ・セイン-ミッキー・ジェームズ

<7>サーシャ・バンクス、ベイリー、ナタリヤ組-ライオット・スクワッド(ルビー・ライオット、リブ・モーガン、サラ・ローガン)

<6>トリプルスレット形式WWEクルーザー級王座戦=セドリック・アレクサンダー-ドリュー・グラック-戸沢陽

<7>タイタス・ワールドワイド(タイタス・オニール、アポロ・クルーズ)-ザ・リバイバル(スコット・ドーソン、ダッシュ・ワイルダー)

※その他、ブレイ・ワイアット、ボビー・ルード、ボー・ダラス、カーティス・アクセル、ジンダー・マハルが出場予定

関連するニュースを読む

元WWFタッグ王者のナイドハートさん63歳で死去

63歳で亡くなった元WWEタッグ王者ジム・ナイドハートさん (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved


 新日本プロレスにも参戦した元WWF(現WWE)タッグ王者ジム“ジ・アンヴィル”ナイドハートさんが13日(日本時間14日)、出身地の米フロリダ州タンパで亡くなったと発表された。63歳だった。

 元NFL選手で、79年にカナダ・カルガリーでプロレスラーとしてデビュー。82年に新日本プロレスで初来日。85年からWWFと契約し、義弟ブレット・ハートとユニット「ハート・ファンデーション」を結成。87年にWWFタッグ王座を獲得すると、約9カ月間、同ベルトを守った。また90年の真夏の祭典サマースラムで同王座を再び奪取した。

 92年にWCWに主戦場を移し、同年8月には新日本プロレスの真夏の祭典G1クライマックス・NWA世界ヘビー級王座決定トーナメントに出場していた。WWE所属の女子レスラー、ナタリアの父でもあるナイドハートさん。13日に米グリーンズボロで開催されたロウ大会では、ナタリアの盟友となる元UFC女子バンタム級王者のロンダ・ラウジーが「ナタリア、強くあってください。みんなナタリアを愛しています」と追悼とエールを送っていた。

ラウジー圧勝「ベルト取ってやる」挑戦王者へ宣言

アリシア・フォックス(右端)に殴りかかるロンダ・ラウジー(中央)(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇6日(日本時間7日)◇米フロリダ州ジャクソンビル・ベテランズ・メモリアル・アリーナ


 08年北京オリンピック(五輪)柔道女子70キロ級銅メダリストで、元UFC女子バンタム級王者となるWWEのロンダ・ラウジー(31)がロウでの初試合で圧勝した。

 6日(日本時間7日)、米ジャクソンビル大会で、テレビマッチで初めての試合に臨み、アリシア・フォックスと対戦。敵セコンドにいたロウ女子王者アレクサ・ブリスの妨害を受けながらも、フォックスを捕獲して腕ひしぎ逆十字固めで仕留めた。さらにブリスの襲撃を一本背負いで撃退。19日のPPV大会(米ブルックリン)で挑戦する王者に向け「ベルトを取ってやる」と堂々と宣言していた。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

元UFC女王ロンダ・ラウジー、ロウ初戦を圧勝

アリシア・フォックス(右端)に殴りかかるロンダ・ラウジー(中央)(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇6日(日本時間7日)◇米フロリダ州ジャクソンビル・ベテランズ・メモリアル・アリーナ


 「地球上で最も危険な女」と言われるロンダ・ラウジーがロウでの初試合で圧勝した。08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダリストにして、初代のUFC女子バンタム級王者。テレビマッチで初めての試合はアリシア・フォックスと対戦した。自らのセコンドにナタリア、敵セコンドには19日のPPV大会サマースラム(米ブルックリン)で挑戦するロウ女子王者アレクサ・ブリスがいる中でのゴングだった。

 レフェリーの死角でブリスの妨害を受け、フォックスに攻められたが、本気モードのラウジーは無敵。フォックスに対してパンチの連打からのボディーブロー、さらに一本背負い3発で圧倒すると、ブリスに「見ておけ」と言い放ち、見せつけるように腕ひしぎ逆十字固めで勝利で飾った。

 試合後、隙を突いたブリスの襲撃を受けたが、一本背負いで撃退。「タイトルは大切にしておけ。サマースラムは私のものだからな!」と勝利宣言した。

関連するニュースを読む

ラウジー、王者襲撃を妨害のフォックスと次週対戦へ

アリシア・フォックス(上)を持ち上げるロンダ・ラウジー(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇30日(日本時間31日)◇米フロリダ州マイアミ・USバンクアリーナ


 08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダルで元UFC女子バンタム級王者のロンダ・ラウジーが8月8日、アリシア・フォックスとのシングル戦に臨むことが決まった。

 謹慎処分が終わり、8月19日に開かれる真夏の祭典サマースラム(米ニューヨーク)でロウ女子王者アレクサ・ブリスに挑戦するラウジーは、フォックス戦に臨むナタリアのセコンドとして登場。試合途中、フォックスから蹴りを狙われた。するとその隙にレフェリーの死角を突かれ、敵セコンドについたブリスのナックルパートがナタリアにヒット。そのままナタリアはフォックスのビックブートで沈められ、フォールを奪われた。

 してやられたラウジーは走ってブリスを捕獲し、乱闘を開始。邪魔に入ったフォックスを持ち上げて投げ飛ばすと、逃げる王者を捕まえ、追いつめた。しかし背後から倒したはずのフォックスから攻撃を受け、取り逃がしてしまった。いらつくラウジーはカート・アングルGMに試合を懇願。翌週のテレビマッチでのフォックス戦が決定した。

関連するニュースを読む

WWE大阪公演に戸沢陽、海賊娘カイリ・セイン参戦

8月31日WWE大阪公演に参戦が決まった元WWEクルーザー級王者戸沢陽(左)とNXTのカイリ・セイン(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved


 WWEジャパンは31日、8月31日のWWE大阪公演(エディオンアリーナ大阪)にクルーザー級によるブランド、205Liveで活躍する元同級王者戸沢陽、NXT女子戦線で存在感を示すカイリ・セインの参戦を発表した。

 対戦カードも決まり、戸沢はドリュー・グラックとともにトリプルスレット形式でWWEクルーザー級王者セドリック・アレクサンダーに挑戦。またカイリ・セインは、ロウで活躍するベテランのミッキー・ジェームズとシングルで対戦する。セインは8月18日のNXTブルックリン大会でNXT女子王者シェイナ・ベイズラーへの挑戦が決まっている。ベルトを保持しての凱旋(がいせん)帰国となるかに注目が集まる。

 この大阪公演には、WWE所属として初来日となるロンダ・ラウジーや新日本プロレスでも活躍したフィン・ベイラーをはじめ、ローマン・レインズ、セス・ロリンズ、「巨獣」ブラウン・ストローマンらロウ所属のスーパースターが日本にやってくる。

関連するニュースを読む

WWE史上初!10月女子選手のみのPPV大会開催

WWE初の女子選手のみのPPV大会開催発表をステージで耳にするWWE女子選手たち(C)2018 WWE,Inc.All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇23日(日本時間24日)◇米オハイオ州シンシナティ・USバンク・アリーナ


 WWEで初の試みとなる、女子選手のみのPPV大会エボリューションが10月28日に開催されることが正式発表された。

 花道ステージにロウ、スマックダウン、205Live、NXTという各ブランドの選手たちが集結する中、ビンス・マクマホン会長、最高執行責任者のトリプルH、ロウのステファニー・マクマホン・コミショナーがリングに登場した。

 最初にトリプルHが女子選手たちにこれまでの活躍に感謝の気持ちを伝えると、続けてステファニーが「女子選手たちはメインイベントを務めるようになり、ディーバからスーパースターとなり数々のバリアーを壊してきた。そして、また新たな歴史を作ることになる。私たちは10月28日にWWE史上初となる(新旧)50人を超える女子スーパースターのみによるPPV大会を開催します」と声高々に発表した。ステージにいたアスカら女子選手たちは抱き合って喜んだ。

 女子のみのPPV大会エボリューションには、ロウ、スマックダウン、NXT、NXT・UK各ブランドの女子王座戦、そして8月開催の女子トーナメント、メイ・ヤング・クラシック決勝戦も開催。元UFCバンタム級王者ロンダ・ラウジーをはじめ、シャーロット・フレアー、ロウ女子王者アレクサ・ブリス、サーシャ・バンクス、スマックダウン女子王者カーメラ、ナイア・ジャックス、アスカ、WWE殿堂入りするレジェンドのトリッシュ・ストラタス、リタなどが参加することも決まった。

WWE史上初となる女子選手によるPPV大会エボリューションのロゴ(C)2018 WWE,Inc.All Rights Reserved

関連するニュースを読む

ヴェラスケス、プロレス練習を開始「楽しみに」


 元UFCヘビー級王者ケイン・ヴェラスケス(35=米国)が、米フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターでプロレスの練習を開始した。19日(日本時間20日)、WWE公式サイトで公開されたもので、WWE傘下のNXT所属選手とともにトレーニング。ウエイトトレなどもこなしたヴェラスケスは「ここに来て多くのことを学べると楽しみにしていた。小さい頃からこのスポーツのファン。今、それに参加できている」と充実感を口にした。

 ヴェラスケスは10年10月、当時のUFCヘビー級王者だった現WWEユニバーサル王者ブロック・レスナーを1回TKOで下し、無敗のまま同級王座を獲得。12年にも当時の王者ジュニオール・ドス・サントスを下して2度目の王座戴冠を果たした。16年7月の勝利を最後にUFCで試合をしていなかった。今年4月、元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジーがWWEデビューし、話題になったばかり。ヴェラスケスの動向に注目が集まる。

関連するニュースを読む

元UFC王者ラウジー、8・19にロウ女子王座戦

ロウ女子王者ブリス(左)を襲ったラウジー (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇16日(日本時間17日)◇米ニューヨーク州バファロー・キーバンクセンター


 08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダルの元UFCバンタム級王者ロンダ・ラウジーが8月19日の真夏の祭典サマースラム(米ニューヨーク・バークレイズ・センター)でロウ女子王座戦に挑戦することが決まった。PPV大会での王座挑戦は6月のマネー・イン・ザ・バンク以来、2度目となる。

 あと2日で謹慎処分が解けるラウジーは、15日のPPV大会エクストリーム・ルールズで防衛成功した同王者アレクサ・ブリス、その仲間ミッキー・ジェームスとリングで対峙。逃げた2人を追いかけ、ジェームスを投げ飛ばし、ブリスには払い腰から腕ひしぎ逆十字固めを狙った。そこにカート・アングルGMの仲裁が入り、さらに1週間の謹慎処分延長を受けたものの、最後にサマースラムでの女子王座挑戦をGM権限で決めてもらった。

関連するニュースを読む

WWE8・31大阪公演カード発表、ラウジー初来日

WWE所属選手として初来日するロンダ・ラウジー(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved


 WWEジャパンは13日、8月31日にエディオンアリーナ大阪で開催するWWE大阪公演の対戦カードを発表した。

 WWE加入後、初来日となる08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダリストで元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジーは、前ロウ女子王者ナイア・ジャックスとのシングル戦が決定。この試合の特別レフェリーは現ロウ女子王者アレクサ・ブリスが担当すると発表されており、波乱を予感させる。

 元新日本プロレスのプリンス・デヴィットことWWEユニバーサル初代王者フィン・ベイラーは、元WWEヘビー級王者ジンダー・マハル(手下のスニル・シンがセコンド)と対戦、ローマン・レインズは盟友のセス・ロリンズとのタッグで、現インターコンチネンタル王者ドルフ・ジグラー、ドリュー・マッキンタイア組と激突する。また18年マネー・イン・ザ・バンクのラダー戦覇者となる「巨獣」ブラウン・ストローマンは、バロン・コービンとのシングル戦になった。

◆決定対戦カード

(1)ローマン・レインズ、セス・ロリンズ-ドルフ・ジグラー、ドリュー・マッキンタイア

(2)ブラウン・ストローマン-バロン・コービン

(3)ロンダ・ラウジー-ナイア・ジャックス

※特別レフェリー:アレクサ・ブリス

(4)ボビー・ラッシュリー-アライアス

(5)フィン・ベイラー-ジンダー・マハル(セコンドにスニル・シン)

(6)エンバー・ムーン、デイナ・ブルック、ナタリヤ-ライオット・スクワッド(ルビー・ライオット、リブ・モーガン、サラ・ローガン)

(7)タイタス・ワールドワイド(タイタス・オニール&アポロ・クルーズ)-ザ・リバイバル(スコット・ドーソン&ダッシュ・ワイルダー)

(8)WWEクルーザー級王座戦=王者セドリック・アレクサンダー-ドリュー・グラック

※その他出場予定選手=ブレイ・ワイアット、ボビー・ルード、ボー・ダラス、カーティス・アクセル、ベイリー、サーシャ・バンクス、ミッキー・ジェームズ

盟友セス・ロリンズとタッグを組むローマン・レインズ(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved
大阪公演でコービンとシングル戦に臨むストローマン(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

関連するニュースを読む

「やんのか!こら」アスカが蹴りで“偽アスカ”撃退

エルズワース(中央)に回し蹴りするアスカ(左端)。右端は王者カーメラ (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:スマックダウン大会>◇19日(日本時間20日)◇米オハイオ州トレド・ハンティントンセンター


 「明日の女帝」と呼ばれるアスカ(36)が、またも女子王者カーメラ&ジェームズ・エルズワースの男女ユニットにほんろうされてしまった。

 「私は誰も予想していなかったことをした。アスカを倒したのよ」と自画自賛したカーメラのもとに、入場したのは…本物のアスカではなく、またもアスカのコスチュームを装着した“偽アスカ”のエルズワース。

 「カーメラは歴史上で偉大な人物だ。シャーロット・フレアー、ロンダ・ラウジー、そして当然、アスカよりもすごい」と持ち上げた。

 2人で盛り上がっているところに、本物のアスカが姿をみせ、日本語で「やんのか!こら」とガウンを勝手に持ち出したエルズワースを回し蹴りで撃退した。しかし隙を突かれてカーメラの必殺スーパーキックを浴びてマットに沈められた。17日のPPV大会ではカーメラとの王座戦途中にアスカのコスチュームで入場したエルズワースの乱入に動揺し、カーメラのスーパーキックで負けたが、その再現のようなやられっぷりだった。

関連するニュースを読む

ラウジーが出場停止処分、王者ブリスやGMを襲撃で


 WWEロウ所属の08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダルでUFC女子初代バンタム級王者ロンダ・ラウジー(31)が、30日間の出場停止処分を受けた。18日(日本時間19日)の米グランドラピッズ大会で、ロウ女子王者アレクサ・ブリス、カート・アングルGMがいるリングに登場。17日のPPV大会の女子ラダー戦で優勝、即マネー権(王座挑戦権)行使で王座を奪い返したブリスの挑発を受け、すぐさま襲撃。同GMや4人のレフェリーにも襲いかかり、王者をパワーボムでテーブル葬する暴れぶりだった。この行為で長期の出場停止処分が下された。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

ラウジー、ブリスに「暴行行為」で30日間出場停止

挑発してきたロウ女子王者アレクサ・ブリスをテーブル葬したロンダ・ラウジー (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇18日(日本時間19日)◇米ミシガン州グランドラピッズ・ヴァンアンデルアリーナ


 08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダルで元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジー(31)が「暴行行為」で30日間の出場停止処分を受けた。

 前日17日のPPV大会マネー・イン・ザ・バンクで女子ラダー戦で優勝、即マネー権(王座挑戦権)行使でロウ女子王座を奪い返したアレクサ・ブリス、カート・アングルGMがいるリングに登場。自らのロウ女子王座挑戦をぶち壊したブリスに対し、怒りの表情を隠せない。先にブリスから「王座に挑戦したいなら列に並びな。過剰宣伝のルーキー野郎!」と挑発されると完全にキレてしまった。

 すぐさま馬乗りになって襲撃。止めに入ったアングルGM、レフェリーたちにも襲いかかり、最後は王者をパワーボムでテーブル葬にしてしまった。この行き過ぎたラウジーの暴行行為に対し、30日間の出場停止処分を下された。

関連するニュースを読む

アレクサ・ブリス、乱入からの挑戦権行使で王座奪還

ロウ女子王者ジャックス(下)の左腕をつかんだ挑戦者ラウジー(左)を襲撃するブリス(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:PPV大会マネー・イン・ザ・バンク>◇17日(日本時間18日)◇米イリノイ州シカゴ・オールステート・アリーナ


 前ロウ女子王者アレクサ・ブリスがマネー・イン・ザ・バンクの女子ラダー戦で優勝、即マネー権(王座挑戦権)行使でロウ女子王座を奪い返した。

 王者ナイア・ジャックスに挑戦したロンダ・ラウジーがコーナートップからクロスボディ、さらに背負い投げで王者を倒して得意の腕ひしぎ逆十字固めを狙った。ラウジーの王座奪取を誰もが確信した直後に突然、ブリスが現れ、獲得したブリーフケースでラウジーを襲撃した。

 そのままレフェリーにマネー権を行使(キャッシュイン)を伝えて試合開始のゴング。ジャックスをDDTで大の字にすると、コーナートップからツイストブリスで3カウントを奪った。4月8日の祭典レッスルマニア34大会で奪われていたベルトをジャックスから取り返した。

 この日、ラダー戦勝利、そしてロウ女子王座獲得と一夜にして、再び頂点に上り詰めた。

関連するニュースを読む

WWEトリプルH引退試合 10・6豪州メルボルン

10月6日の豪メルボルン大会でジ・アンダーテイカーと対戦することが決まったトリプルH


 WWEレジェンド2人による「最後の対決」が決まった。ビンス・マクマホン会長兼務CEOは16日(日本時間17日)、10月6日にオーストラリア・メルボルンのメルボルン・クリケット・グラウンドでビッグイベント「WWEスーパーショーダウン」を開催し、第1弾カードとして、トリプルH-ジ・アンダーテイカー戦のファイナルマッチを組んだと発表した。

 また他出場選手としてジョン・シナ、ロンダ・ラウジー、シェイン・マクマホン、セス・ロリンズ、ランディ・オートン、ローマン・レインズ、ナイア・ジャックス、AJスタイルズ、シャーロット・フレアー、ダニエル・ブライアン、ザ・ミズ、サーシャ・バンクス、アレクサ・ブリス、ブレイ・ワイアットを予定。ショーン・マイケルズ、ビッグ・ショー、カート・アングルのレジェンドたちや、オーストラリア出身の女子タッグチームとなるビリー・ケイ、ペイトン・ロイスの「アイコニックス」の出場も予定されている。

関連するニュースを読む

五輪銅ロンダ・ラウジー王座戦を前に王者から一本

リング上での乱闘からロウ女子王者ジャックス(上)に腕ひしぎ逆十字固めを決めるラウジー(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇11日(日本時間12日)◇米アーカンソー州ノース・リトル・ロック・ベライゾンアリーナ


 08年北京オリンピック(五輪)柔道女子70キロ級銅メダルでUFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジー(31)が、初王座戦を前に王者から一本を取ってみせた。

 6月17日のPPV大会マネー・イン・ザ・バンク(米シカゴ)で挑戦する王者ナイア・ジャックス(34)とリング上で着席しながら挑発し合った。

 先にジャックスから「私はロウ女子王者よ。あなたに勝って『地球上で一番強い女』の称号をもらうわ。あなたはまだ準備ができてないのよ」と勝利宣言された。するとラウジーは「準備できてない? 17歳の時、五輪に出れないと言われた。UFCでもメインイベントに出るのは無理と言われたけど実現し、来場者数やPPVで新記録を作ったわ。UFC殿堂入りも果たしたわ。私はロンダ・ラウジーよ!」と真っ向から反論した。

 ベルトを誇示した王者から突然、ヘッドバットで襲われたラウジーは1度マットに倒されたが、即座に反撃を開始。抵抗するジャックスに飛びつき、そのまま腕ひしぎ逆十字固めでタップを奪って勝ち誇った。舌戦で互角、乱闘で勝利-。前哨戦ともいえる、この攻防で怪力のジャックスに対して戦闘モードを披露したラウジーだった。

関連するニュースを読む

元バンタム級王者ロンダ・ラウジーがUFC殿堂入り

18年のUFC殿堂入りが発表された元女子バンタム級王者で現WWEスーパースターのロンダ・ラウジー


 08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダルで元UFC女子バンタム級王者のWWEスーパースター、ロンダ・ラウジー(31=米国)が、2018年UFC殿堂入りを果たしたことが9日(日本時間10日)、発表された。7月5日に殿堂入り式典が予定される。

 12年11月、当時ストライクフォース女子バンタム級王者だったラウジーはUFCと契約。同王座の廃止に伴い、そのまま初代女子同級王者に認定された。13年2月から約3年間、6度の防衛に成功していた。16年12月、王者アマンダ・ヌネスに挑戦し、1回TKO負けしたのが最後のUFCマッチとなった。今年1月にはWWEと契約し、同4月の祭典レッスルマニア34大会でWWEデビューを果たしていた。

関連するニュースを読む

北京五輪女子柔道銅ラウジー7月MSG大会で王座戦

ナタリア(手前)の背後で不穏な空気になったロウ女子王者ジャックス(左端)とラウジー(左から2番目)(C)WWE, Inc. All Rights Reserved


 08年北京オリンピック女子柔道70キロ級銅メダリストで、元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジー(31)が、7月の米ニューヨーク、マジソン・スクエア・ガーデン(MSG)大会で王座戦を行うと4日(日本時間5日)、複数の米メディアが報じた。

 ラウジーは17日(同18日)のPPV大会で183センチ、123キロのロウ女子王者ナイア・ジャックス(34)に初挑戦が決まっている。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

ロンダ・ラウジー不穏な空気、女子王者と一触即発

ナタリア(手前)の背後で不穏な空気になったロウ女子王者ジャックス(左端)とラウジー(左から2番目)(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇4日(日本時間5日)◇米テキサス州ヒューストン・トヨタセンター


 08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダルで元UFC女子バンタム級王者のロンダ・ラウジー(31)が、ロウ女子王者ナイア・ジャックス(33)と一触即発ムードを漂わせた。

 6月17日のPPV大会マネー・イン・ザ・バンク(米シカゴ)で、ジャックスに挑戦するラウジーは、盟友のナタリア-ジャックス戦をゲスト解説席で見守った。

 ナタリアが俊敏な動きでパワー十分のジャックスを攻め、白熱の攻防を展開。試合途中、足を踏み外して右ヒザを痛めったナタリアはジャックスに持ち上げられ、そのままサモアンドロップを浴びて敗れてしまった。試合後も立ち上がれないナタリアのもとに駆けつけたラウジーは、心配顔のジャックスとリング上で対峙する展開に。ラウジーは「いいから帰って」とジャックスに告げてリングから下がったが、バックステージでも再びナタリアを巡って王者と一触即発ムード。うんざりしたナタリアに置き去りにされるほど両者はギクシャクしていた。PPV大会のロウ女子王座戦に向け、不穏な空気ばかりが漂っていた。

関連するニュースを読む

ラウジー、初王座戦へ「タイトルも腕も奪ってやる」

ロウ女子王者ジャックス(右)とにらみ合うラウジー(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇21日(日本時間22日)◇米ニューヨーク州オールバニ・タイムズ・ユニオン・センター


 WWE加入後、初めての王座戦を控える08年北京五輪(オリンピック)柔道女子70キロ級銅メダルで元UFC女子バンタム王者のロンダ・ラウジー(31)が調印式に臨み、ロウ女子王者ナイア・ジャックス(33)と火花を散らした。王者からの逆指名で決まったロウ女子王座戦は6月17日のPPV大会(米シカコ)で行われる。

 調印式の立会人となったロウコミッショナーのステファニー・マクマホンから先に「ナイアは自分の名前をあげたいから逆指名したんでしょ。ロンダはまだシングル戦をWWEで戦ったことがないしね。そしてロンダはナイアをのろまだと思っているんでしょ。(ラウジーの得意技)腕十字を決めるのに何分かかるかしら」と両者をたきつけるような皮肉が飛び出した。

 すると先にジャックスが「私にはアームバー(腕十字)は決まらない。ロンダを倒して名前を上げるわ」と発言。一方、黙って契約書にサインしたラウジーは机とイスを横にはねのけてベルトを肩にかける王者の真正面に立つと「正直に話してくれてうれしいわ。ナイアからタイトル、そして腕も奪ってやる」と鋭い眼光でにらんだ。握手を交わしたものの、既に臨戦態勢に入っていた。

関連するニュースを読む

WWE8・31大阪公演 ロンダ・ラウジー初来日

8月のWWE大阪公演で来日することが決まったロンダ・ラウジー(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved


 WWEジャパンは18日、8月31日にエディオンアリーナ大阪でWWE大阪公演を開催すると発表した。

 注目は08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダリストで元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジーがWWE所属選手として初来日する。今年の大阪公演はロウブランドとなり、ローマン・レインズ、ブラウン・ストローマン、フィン・ベイラー、セス・ロリンズ、ケビン・オーエンズ、サミ・ゼイン、ブレイ・ワイアット、ボビー・ルード、ジンダー・マハルの出場が予定。女子もサーシャ・バンクス、アレクサ・ブリス、ナイア・ジャックス、ナタリアらが参戦する見通しだ。

関連するニュースを読む

元UFC王者ラウジー欧州遠征に初参戦 WWEロウ

ロンダ・ラウジー


 WWEロウに所属する08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダルで元UFC女子バンタム級王者のロンダ・ラウジー(31)が欧州遠征に初参戦。

 16日(日本時間17日)のスイス・ジュネーブ大会でナタリア、エンバー・ムーンと組み、ミッキー・ジェームス、ルビー・ライオット、リブ・モーガンと6人タッグ戦に臨んだ。一進一退の攻防からジェームスを捕獲し、腕ひしぎ逆十字固めで仕留めた。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

元UFC王者ラウジーWWE王座戦意欲「準備万端」

6月17日のPPV大会でロウ女子王者ジャックス(左)に挑戦する元UFCバンタム級女子王者ラウジー (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇14日(日本時間15日)◇英ロンドン・O2アリーナ


 08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダルで、元UFC女子バンタム級王者のロンダ・ラウジー(31)がWWE2戦目で決まった初タイトル挑戦に意欲満々だ。

 ロウ女子王者ナイア・ジャックスからベルトを示され「ロウ女子王者としてあなたに挑戦したい」と次期挑戦者に指名。これで6月17日のPPV大会マネー・イン・ザ・バンク(米シカゴ)での対戦が決まっていた。

 突然の指名に最初は戸惑ったラウジーだが、すぐにジャックスと握手を交わして納得顔。その後、自らのツイッターで「この挑戦は思っていたより早く実現したけど、準備万端よ」と意気込みをつづった。

関連するニュースを読む

WWEラウジー初王座戦 ロウ女子王者ジャックスと

6月17日のPPV大会で、WWE参戦後初めてタイトルに挑戦する元UFC女子バンタム級王者ラウジー


 08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダルで、6度防衛を成功させた元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジー(31)が今年2月のWWE移籍後、初の王座戦に挑むことが決まった。

 14日(日本時間15日)、WWEから発表されたもので、6月17日に米シカゴのオールステートアリーナで開催されるPPV大会マネー・イン・ザ・バンクでロウ女子王者ナイア・ジャックス(33)に挑戦する。次期挑戦者として王者ジャックスから指名を受けた。

 同日に米ニューヨークでのイベントに登場したジャックスは「(ラウジーとは)リング外でお互に尊重し合っている。女子部門のレベルをアップさせるためにすべてのことをやろうと同じ目標を持っている」とラウジーとの防衛戦に意欲を示していた。

関連するニュースを読む

ヌネスがペニントン下しV3防衛「夢見てきた」

強烈な右拳で攻め込む女子バンタム級王者ヌネス(右)Photo by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC 

<総合格闘技:UFC224大会>◇12日(日本時間13日)◇ブラジル・リオデジャネイロ・ジュネス・アリーナ


 女子バンタム級王者アマンダ・ヌネス(29=ブラジル)が3度目の防衛に成功した。メインイベント5分5回で、同級2位ラケル・ペニントン(29=米国)の挑戦を受け、5回2分36秒、TKO勝ちを収めた。

 プレッシャーを強めて打撃を中心に攻め込むヌネスは2回にテークダウンを許したものの、常に試合の主導権を掌握。手数、有効打とも多く、最終5回にはペニントンの上に馬乗り状態となり、そのまま上からパウンド連発。そのままレフェリーストップでTKOとなった。

 V3防衛となったヌネスは「トレーニングしたことをすべてやった。ロッキー(ペニントン)はタフな選手よ。彼女と5ラウンドを戦うつもりで準備していた。どのラウンドもすべて落ち着いていけたわ」と満足そうな笑みを浮かべた。16年12月にロンダ・ラウジー(米国)、昨年9月にはワレンチナ・シェフチェンコ(キルギス)と常に強敵を退けてきた最強女王は「世界一になることをずっと夢見てきたし、今日もまだ、そこにいられる」と腰に巻いたベルトを見つめていた。

左ハイキックでペニントン(右)を圧倒する女子バンタム級王者ヌネスPhoto by Buda Mendes/Zuffa LLC/Zuffa LLC 

関連するニュースを読む

元UFC女王ラウジー、試合妨害してきたブリス排除

勝利したナタリア(右端)と一緒に喜ぶラウジー(左端)、ロウ女子王者ジャックス(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇4月30日(日本時間1日)◇カナダ・ケベック州モントリオール・ベルセンター


 08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダリストで元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジーが、試合妨害してきた前ロウ女子王者アレクサ・ブリスを排除した。

 ナタリア-ミッキー・ジェームス戦で、ナタリア側セコンドとして登場。ジェームスのセコントに付いたブリスが、エプロンに上がってナタリアを挑発すると、ラウジーの顔つきが一変。場外で追いかけ、ブリスを排除した。試合もナタリアがジェームスを丸め込んで勝利した。

 すると今度はステージから6日のPPV大会「バックラッシュ」でブリスの挑戦を受けるロウ女子王者ナイア・ジャックスも姿をみせ、前ロウ女子王者を完全包囲し、バックステージへと追いやった。リングではラウジーがナタリア、ジャックスと腕を上げて勝利を分かち合った。

ラウジー(後方)に追いかけられ、逃げる前ロウ女子王者ブリス(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

関連するニュースを読む

ラウジーがジェームスにお仕置き、5・19対戦決定

ジェームス(右)を腕ひしき逆十字固めで追い詰めるラウジー(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇23日(日本時間24日)◇米ミズーリ州セントルイス・スコットトレード・センター


 08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダリストの元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジー(31)が、メインで開催された女子10人タッグ戦(ナイア・ジャックス、ナタリア、サーシャ・バンクス、ベイリー、エンバー・ムーン組-アレクサ・ブリス、ミッキー・ジェームス、ルビー・ライオット、リブ・モーガン、サラ・ローガン組)に乱入し、ミッキー・ジェームスとの遺恨が生まれた。

 試合途中、サラ・ローガンのタックルを受けてヒザを負傷したナタリアを場外へと蹴り飛ばし、ヒザへのストンピングで集中攻撃したジェームスに対し、バックステージにいたラウジーは我慢の限界を超えた。突然、乱入し、自らの練習パートナーのナタリアを助けた。さらに背後から蹴りを入れてきたジェームスをリング上で捕まえると、払い腰からの腕ひしぎ逆十字固めでお仕置きした。なお試合はラウジーの反則により、ジェームス組の勝利となった。

 大会前には、来月の欧州ツアーの対戦カードが1部発表され、ラウジーは5月19日のフランス・パリ大会で、ジェームスとシングル戦に臨むことが決まった。

関連するニュースを読む

ラウジー打撃技で仲間救出 ナタリア勝利後に襲撃

デビル(右)と乱闘を繰り広げたラウジー (C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇17日◇米コネティカット州ハートフォード・XLセンター


 08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダルで元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジー(31)が鮮やかな打撃技で練習仲間を救出してみせた。

 カート・アングルGMの紹介で、スマックダウンからロウに移籍が決まったナタリア(35)と再会すると大喜び。そのナタリアがロウ初戦でマンディ・ローズと対戦し、シャープシューターで勝利した後、敵セコンドのソーニャ・デビルに襲撃された。

 すると、ラウジーが革ジャン姿で登場。同じ総合格闘技をベースとするデビルの打撃を上回るスピードの打撃技などで圧倒し、実力の違いを見せつけた。今後はナタリアとのタッグ結成もありそうだ。

関連するニュースを読む

ラウジーがステファニーの痛めた左腕を再び集中攻撃

ロウのコミッショナー、ステファニー・マクマホンに腕ひしぎ十字固めを決めるロンダ・ラウジー(上)(C)2018 WWE, Inc. All Rights

<WWE:ロウ大会>◇9日(日本時間10日)◇米ルイジアナ州ニューオーリンズ・スムージー・キング・センター


 08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダリストで元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジー(31)は、コミッショナーのステファニー・マクマホン(41)が痛めた左腕を再び集中攻撃した。

 8日のレッスルマニア34大会でWWEデビュー。タッグ戦でステファニーから腕ひしぎ十字固めで勝利したラウジーは一夜明け、アームスリングで左腕を固定したステファニーに呼び込まれてリングイン。大きな歓声を浴びた。

 「昨日は負けました。でも私たちが手を組めば未知の領域に行けるわ」と言っきたステファニーと最初は握手、続いて抱擁を交わしたものの、急に表情が変化。飛び付いてステファニーを抑え込むと、容赦なくアームスリングを投げ捨て、再び腕ひしぎ十字固めで痛めつけてしまった。

関連するニュースを読む

WWEラウジーが初陣勝利 権力者夫妻と激突

<WWE:レッスルマニア34大会>◇8日(日本時間9日)◇米ルイジアナ州ニューオーリンズ・メルセデスベンツスーパードーム


 08年北京五輪柔道女子70キロ級銅メダルで元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジー(31)がWWEデビュー戦で白星を挙げた。

 96年アトランタ五輪レスリング金メダルのロウGM、カート・アングル(49)との五輪メダリストタッグで、WWE最高執行責任者トリプルH(48)、ロウコミッショナーのステファニー・マクマホン(41)の権力者夫妻と激突した。

 アングルからタッチを受けたラウジーはリングを走って相手コーナーにいたステファニーを強引にリングに投げた。トリプルHにもパンチの連打でコーナーに追い込んだ。ステファニーに裸絞めで捕まったものの、関節技の攻防では1枚上。UFC時代からの必殺技となる腕ひしぎ逆十字固めでステファニーの左腕を破壊し、ギブアップを奪った。観客席でUFCデイナ・ホワイト社長(48)も見守る中、鮮やかな勝利でデビュー戦を飾った。

関連するニュースを読む