上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

76歳グレート小鹿、16日新潟で初防衛戦へ

グレート小鹿

76歳で45年ぶりにシングル王座を獲得し新潟無差別級王者となった大日本のグレート小鹿が、16日に新潟で初防衛戦を行うことが分かった。

小鹿は、8月8日の大日本上野大会で、シマ重野から同王座を奪取。1973年10月にテリー・ファンクからNWAウエスタン・ヘビー級王座を奪取して以来のシングルベルトを獲得した。

今回の防衛戦は、小鹿が適地の新潟・阿賀野市で開催のサントピア・ワールド大会に参戦し行う。挑戦者は決まっていないという。当日は、大日本の横浜文化体育館大会も行われる。登坂社長は「横浜が先に決まっていたのでしかたがない。(防衛すれば)10月か11月に大日本の大会で防衛戦をやりたい」と話していた。

関連するニュースを読む

グレート小鹿がマサ斎藤に捧ぐ王座「昔を思い出す」

グレート小鹿

<大日本:上野大会>◇8日◇上野恩賜公園屋外ステージ

 76歳の現役プロレスラー、グレート小鹿(大日本プロレス会長)が、45年ぶりにシングル王座獲得に成功した。

 小鹿はメインで、新潟プロレスの第5代新潟無差別級王者シマ重野に挑戦。台風の風雨の中、12分17秒、チョークスラムからの片エビ固めでフォール勝ちした。

 タイトル戦について小鹿は「私が米国でプロレスをやっていた当時は、タイトルはほとんどが地域のタイトルだった。今回の挑戦で昔を思い出したよ」と話した。試合後、小鹿は「大雨の中、来てくれたお客さんに感謝。オレがベルトを取ったことで、同年代の人たちの励みになれば」と話していた。

 小鹿のシングル王座戴冠は、1973年10月にテリー・ファンクからNWAウエスタン・ヘビー級王座を奪取して以来。14日に同い年のマサ斎藤さんが亡くなり、ショックを受けていた小鹿だが、盟友にささげるベルト奪取となった。

関連するニュースを読む

アンドレザ・ジャイアントパンダが4月北海道S参戦

2017プロレス大賞の会場に乱入(?)したアンドレザ・ジャイアントパンダ(2018年1月18日撮影)

 大日本プロレスの4月の北海道シリーズに、アンドレザ・ジャイアントパンダ(新根室プロレス)が参戦する。3メートル、500キロの着ぐるみレスラーは、昨年後半に大ブレーク。先月18日には、都内のホテルで行われたプロレス大賞授賞式の会場に出現し話題となった。

 人気に目を付け、昨年11月の上野大会にいち早く参戦させた大日本では、4月10日の根室大会(根室市総合文化多目的ホール)と、同13日の新得大会(新得町公民館ふれあいホール)に出場予定。登坂栄児代表は「東京では注目されているが、北海道でもお客さんに見に来てほしい」と話していた。

関連するニュースを読む

橋本大地&神谷英慶が王者鈴木への挑戦決定戦で対戦

21日の後楽園大会で、BJW認定ストロングヘビー級王者鈴木への挑戦権をかけて戦う橋本大地(右)と神谷英慶

<大日本:上野大会>◇14日◇上野恩賜公園屋外ステージ

 最侠タッグ優勝チームで全日本プロレスの最強タッグリーグ出場を決めている橋本大地(25)と神谷英慶(25)が、BJW認定世界ストロングヘビー級王者鈴木秀樹への挑戦権をかけて21日の後楽園大会で戦うことになった。

 2人のシングル戦はすでに発表されていたが、上野大会1部終了後の会見で、大日本が王者鈴木への挑戦者決定戦にすると発表した。神谷は「後楽園での試合を次期挑戦者決定戦にしたいと会社に申し入れた。大地が挑戦表明していたので、ボクもタイトルに挑戦したいと思った。だったら強い方が挑戦した方がいい」と、決定戦へ至った経緯を説明。

 橋本は「話を聞いた時は、正直戸惑ったが、2人が戦い次期挑戦者を決めることには賛成。オレと神谷が戦うことによって、挑戦権をオレたちに戻す。この一戦はオレたちにとっても大事。もちろん、このシングル戦を勝ち取りにいきます」と力強く宣言した。勝者は、12月17日の横浜文化体育館大会で王者鈴木に挑戦する。

関連するニュースを読む