上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

亀田興毅氏のTV企画でボコられた男、興行再開に涙

コロナ禍後初の国内プロボクシング興行。試合の合間、ロープなどの消毒作業が行われた(撮影・加藤裕一)

新型コロナウイルス感染拡大後、国内初のプロボクシング興行となる中日本新人王予選が12日、愛知・刈谷市あいおいホールで行われた。当初予定の3月29日から延期されていたリングに立った選手は、さまざまな思いを胸に、感謝の思いを口にした。

第1試合で2-1僅差で判定勝ちしたミニマム級松本幸士(30=HEIWA)は「ジムのOBや仲間がずっと応援してくれて。昔世話になった人が今、熊本にいて、豪雨で被災されているのに、LINE(ライン)で激励してくれて」とうれし泣きした。元世界王者亀田興毅氏に挑戦するインターネットTV企画で経験者にボコられ、プロを志した男は「早く元通りになってほしいです」と話した。

第2試合で1回TKO勝ちし、興行解禁後の“KO第1号”になったフェザー級の宮崎裕也(23=薬師寺)は「KO決着になるとは思っていましたし、最後のパンチは覚えています」と話した。昨年12月のデビュー戦は2回TKO負けした。無観客で“借り”を返した形で「スパーリングみたいで緊張しなかったです」と話した。

スーパーフェザー級の“30代デビュー対決”を、強引な右フック一発で1回TKO勝ちした小暮経太(32=中日)は「試合が延期、延期で周りが“遅咲きやのに大変でしょう?”とか気遣ってくださって」と期待に応えられたことを喜んだ。10代で引きこもりになり、手を差し伸べてくれた親友の死に直面、兄一成さん、父孝典さんもここ数年で他界した。多くの喪失感を抱え、昔、父と一緒に見たボクシングに活路を求め、昨年11月にプロテストに合格した。

「こんな僕でも頑張れている。そういうメッセージを少しでも発信できたらうれしいです」。待望の舞台に立ったことが、何よりうれしそうだった。

フェースシールド、防護服姿でリングサイドに陣取ったタイムキーパー(撮影・加藤裕一)

関連するニュースを読む

ボクシング界“客入れ基準”探る、無観客は経営直結

フェースシールド、防護服姿でリングサイドに陣取ったタイムキーパー(撮影・加藤裕一)

新型コロナウイルス感染拡大後、国内初のプロボクシング興行となる中日本新人王予選が12日、愛知・刈谷市あいおいホールで行われた。3月29日予定だった5試合を無観客で行い、選手は3週間前と前日の2度、抗体検査を受け、陰性となり、前夜はホテルに“隔離”された。

感染予防対策で屋外に面したドアは開放され、リングサイドのタイムキーパーらはフェースシールド、医療用防護服を着用。ロープ、リングをこまめに消毒、セコンドはマスクをし、大声の指示を出さないよう伝達された。“勝者第1号”のミニマム級の松本幸士(30)は昨年11月のデビュー戦で惨敗。「試合できるのかとずっと思っていて…。負けたままは嫌だった」とうれし泣きした。

ただ、ボクシング界はチケット収入が経営に直結するだけに試練はこれからだ。新人王予選は底辺拡大の面で無観客だとしても行う価値が高く、経費約140万円を日本プロボクシング協会が負担した。中日本プロボクシング協会の東信男会長は「今回で次につながったと思うが(無観客では)行き詰まる」とも。日本ボクシングコミッションの安河内剛本部事務局長は“客入れ基準”を「一番は行政、自治体の方針」とし、業界全体で落としどころを探っていく。【加藤裕一】

コロナ禍後初の国内プロボクシング興行。試合の合間、ロープなどの消毒作業が行われた(撮影・加藤裕一)

関連するニュースを読む

感染後国内初のプロボクシング興行「選手に拍手を」

コロナ禍後初の国内プロボクシング興行。試合の合間、ロープなどの消毒作業が行われた(撮影・加藤裕一)

新型コロナウイルス感染拡大後、国内初のプロボクシング興行となる中日本新人王予選が12日、愛知・刈谷市あいおいホールで行われた。

試合開始前に中日本プロボクシング協会の東信男会長(中日ジム会長)が「コロナとは長い付き合いになります。覚悟を持って、今回の興行を成功させて、いい形でバトンをつなげたい」とあいさつ。日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛・本部事務局長は「最も不安だったのは選手です。この日、リングに上がることに心から感謝の拍手を贈りましょう」と場内の関係者に呼びかけた。

興行は5試合で、出場10選手は3週間前と前日11日、抗体検査を2度行い、いずれも陰性が確認されていた。会場は換気のため、外部に面したドアは常時開放され、リングサイドのタイムキーパーらは飛まつを防ぐため、フェースシールド、医療用防護服を着用。セコンドはマスクをし、大声の指示を出さないように気をつけた。

フェースシールド、防護服姿でリングサイドに陣取ったタイムキーパー(撮影・加藤裕一)

関連するニュースを読む

出場選手が計量と抗体検査パス 中日本新人王予選

JBC安河内剛事務局長(2018年10月10日撮影)

新型コロナウイルス感染拡大後、国内初のプロボクシング興行となる中日本新人王予選(12日、愛知・刈谷市あいおいホール)の前日計量と抗体検査が11日、刈谷市内の病院で行われた。出場10選手が検査を受けて全員が陰性で、計量も一発でパス。選手は会場近くのホテルに移動した。

ミニマム級で第1試合に出場する松本幸士(30=HEIWA)は抗体検査を初めて受けたと言い「今までの計量はパパッとやって終わりだったけど、こんな大ごとになるとは…。でも、大変なのはみんな大変なので」と話した。

日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛・本部事務局長は「感染予防が最も大事。勇気を持ってリングに上がる選手がベストな状態で試合に臨めるようにサポートする」と言う。興行は無観客開催。選手たちは体調を申告、検温などを行い、セコンドはマスクを着用する。「密」を極力避けるため、途中で会場内の換気を行う。選手控室は使わず、選手は所属ジムごとにパーティションで仕切ったエリアで待機する。さまざまな感染防止策を講じている。

関連するニュースを読む

ボクシング中日本新人王予選出場選手は全員が陰性

日本ボクシングコミッションは20日、7月12日の愛知・刈谷での中日本新人王予選出場選手が新型コロナウイルスの抗体検査を受け、11人全員が陰性だったと発表した。

残る1人は静岡県内のジム所属で週明けに受検する。7月の興行再開へのガイドラインで、試合3週間前と前日に受検を義務付けている。再開第1弾となる興行で無観客で実施する。

関連するニュースを読む

原則無観客など ボクシングは再開へ最終案まとめる

日本プロボクシング協会と日本ボクシングコミッションは18日に新型コロナウイルス対策連絡協議会を開き、7月から再開する興行やジム営業のガイドライン最終案をまとめた。スポーツ庁に確認後、内外へ告知する。今後も状況に応じて改定していく。

原則無観客で、客入りは各自治体の要請に準じる。7月は12日の愛知・刈谷での中日本新人王予選を皮切りに7興行で、19日の沖縄で客入れ第1弾を予定している。

関連するニュースを読む

ボクシング、7月興行再開へガイドラインなど協議

左から日本プロボクシング協会新田事務局長、日本ボクシングコミッション安河内事務局長、日本協会花形会長、同山下副会長、DANGAN古沢代表(2020年2月26日撮影)

日本プロボクシング協会と日本ボクシングコミッションは5日、オンラインで新型コロナウイルス対策連絡協議会を開催した。

7月から興行再開へのガイドラインなどを協議。各興行に安全担当部署を設置し、専門知識のある主任を置くことを決めた。感染者が出た場合の対応責任者とし、メディカルシートの管理などをしていく。

また、関係者にPCR検査を受検させようという声が多く、まずはスポーツ庁に確認することになった。前日計量後は公共交通機関の利用などを回避するため、ホテルに宿泊させて管理することなどが、今後の協議課題に上がった。

7月の興行は6大会の予定となり、12日の愛知・刈谷市のあいおいホールでの中日本新人王予選6試合が再開第1弾となる。当初は名古屋市内の中日ジムで開催予定だったが、ジムでは感染予防が難しいと判断した。

関連するニュースを読む

大橋ジムが中止要請明け初タイトル戦を7月に計画

大橋秀行会長(2020年1月31日撮影)

大橋ボクシングジムが、新型コロナウイルスの感染拡大による興行中止が続く中、初めてのタイトル戦を、7月16日に東京・後楽園ホールで計画していることが判明した。大橋秀行会長(55)が7日、明かした。

東洋太平洋フェザー級王者清水聡(大橋)が殿本恭平(勝輝)を迎え撃つ5度目の防衛戦、日本スーパーライト級王者井上浩樹(大橋)の永田大士(三迫)とのV2戦の2試合の開催を目指し、この日までに日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)に申請した。

JBCとJPBAは新型コロナウイルス対策連絡協議会を継続的に開き、6月30日までの興行中止要請を決めている。7月以降は、最初の興行として、5日に中日本新人王予選(愛知・刈谷市あいおいホール)が予定されている。

大橋会長は「選手のモチベーションを考え、無観客試合も含め、さまざまな感染予防策を考えながら開催を目指したい」と話した。

関連するニュースを読む