上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

中邑真輔“毒ヘビ”オートンに助けられ初防衛決めた

スライディング式キンシャサで挑戦者ジェフ・ハーディ(手前)を攻めるUS王者中邑真輔 (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:スマックダウン大会>◇17日(日本時間18日)◇米ペンシルベニア州ウィルクスバリ・モヒガン・サン・アリーナ


 WWEの新US王者中邑真輔(38)が17日(日本時間18日)、“毒ヘビ”ランディ・オートンの乱入に助けられ、王座初防衛を果たした。

 15日に王座を獲得した中邑は、米ウィルクスバリー大会で前王者ハーディの挑戦を受けた。前王者に場外戦で先手を取られた中邑は、ハーディの必殺技スワントーンボムを決められ、3カウントかと思われた。しかし、そこへオートンが乱入。ハーディの足を引っ張り、場外へ投げ飛ばした。その結果、中邑は反則負けとなったが、反則負けでは王座移動がないWWEルールで、初防衛が決まった。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

毒蛇に助けられた…中邑真輔が反則判定もベルト死守

スライディング式キンシャサで挑戦者ジェフ・ハーディ(手前)を攻めるUS王者中邑真輔 (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:スマックダウン大会>◇17日(日本時間18日)◇米ペンシルベニア州ウィルクスバリ・モヒガン・サン・アリーナ


 新US王者中邑真輔(38)が「毒蛇」の乱入で反則判定ながらベルトを死守した。15日のPPV大会エクストリーム・ルールズで新王者となった直後に決まった前王者ジェフ・ハーディとのリマッチ。

 再戦権を行使した前王者の意気込みに対し、試合前の中邑はあくびをしながら「悲しいピエロだ。涙を隠すためにペイントしているんだ。今夜またピエロを泣かしてやる」と余裕の表情で腰にベルトを巻いて入場した。

 序盤いきなり狙った急所打ちかわされると、続いて片足のバック・スタバーからスライディング式キンシャサを成功させた。終盤にキンシャサを何度もかわされ、ハーディ必殺パターンのツイスト・オブ・フェイトからスワントーンボムを食らってしまった。王座陥落かと思われたところに、「毒蛇」ランディ・オートンの乱入で、ハーディが襲われて試合は反則判定。ベルトを守った形となった中邑はオートンの暴走に恐れをなしたようにバックステージへと消えていった。

関連するニュースを読む

WWE中邑“毒蛇”のおかげでUS王座を辛くも防衛

ジェフ・ハーディとの防衛戦に臨んだUS王者中邑真輔(C)2018 WWE,Inc.All Rights Reserved

<WWE:スマックダウン大会>◇17日(日本時間18日)◇米ペンシルベニア州ウィルクスバリ・モヒガン・サン・アリーナ


 新US王者の中邑真輔(38)が、「毒蛇」ランディ・オートンの襲撃で、王座陥落から逃れた。

 15日のPPV大会エクストリーム・ルールズで電光石火の秒殺フォール勝ちでUS王座を獲得した中邑はダイレクト再戦で前王者ジェフ・ハーディの挑戦を受けた。

 試合前のインタビューで「ヤツは涙を隠すために顔をペイントしているのさ。これはオレのタイトルだから笑っているのさ」とニヤニヤしていたが、終盤に相手必殺のスワントーンボムを浴び、万事休すの状態。3カウント直前で、毒蛇がハーディの足を引っ張って場外へ投げ飛ばした。そのまま反則裁定で試合終了のゴングが鳴り響いた。

 オートンが「なぜオレがこうしているのか分かるか」と叫びながらハーディを襲いつづけているうちに、中邑はベルトを持ってバックステージへ退散。「ナカムラはどこだ」と大暴れするオートンの攻撃を回避した。

関連するニュースを読む

「伝説的レスラー」マサ斎藤さんをロウ大会で追悼

WWEが全米生中継のロウ大会冒頭で流したマサ斎藤さんの訃報 (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇16日(日本時間17日)◇米ニューヨーク州バファロー・キーバンクセンター


 25年以上長寿テレビ番組となる全米生中継のロウ大会冒頭で、14日に死去したマサ斎藤さん(享年75)を追悼した。

 斎藤さんは81年からWWEの前身となるWWFに参戦。ミスターフジとの日系ヒールコンビで、WWFタッグ王座も獲得。またWWF以外でもNWAやAWAなど米マットでトップヒールとして活躍していた。

 現在、WWEスマックダウンに所属する元新日本プロレスの中邑真輔は自身のツイッターで「伝説的な日本のレスラー、マサ斎藤さん。安らかに眠る」と英語でコメント。また現在、WWEパフォーマンスセンターを仕切るNXTのGMでもあるウイリアム・リーガルも新日本プロレスに参戦していた94~97年当時を振り返りながら「伝説的な日本のレスラー、マサ斎藤さんの死去を聞き、悲しい。日本で多くの時間を過ごし、マサさんはいつもよくしてくれた。われわれの仕事の中で彼の名前と『サイトウ・スープレックス』は生き続けるだろう」とツイッターでつづっていた。

関連するニュースを読む

中邑真輔5秒でUS王者獲得「ハードな試合だった」

<WWE:PPV大会エクストリーム・ルールズ>◇15日(日本時間16日)◇米ペンシルベニア州ピッツバーグ・PPGペインツアリーナ


 WWEスマックダウンの中邑真輔(38)が秒殺でUS王座を獲得した。15日(日本時間16日)、米ピッツバーグで開催されたPPV大会で、US王者ジェフ・ハーディに挑戦。ゴング前にレフェリーの死角を突いて急所攻撃し、開始ゴングと同時に必殺のキンシャサをたたき込んで3カウントを奪った。

 約5秒ほどで勝った中邑は「ハードな試合だった」と満足げ。WCW時代の佐々木健介、TAJIRIに続く、日本勢3人目のUSベルト奪取となった。早速、17日のスマックダウン大会でハーディとの防衛戦も発表された。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

US王者中邑真輔「毒蛇」オートンとの抗争勃発か

US王座を獲得した中邑真輔(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:PPV大会エクストリーム・ルールズ>◇15日(日本時間16日)◇米ペンシルベニア州ピッツバーグ・PPGペインツアリーナ


 スマックダウンの中邑真輔(38)が、電光石火の秒殺フォール勝ちで第157代US王者となった。

 6月25日に警察犬にかまれ、その翌日に中止となっていたUS王者ジェフ・ハーディ(40)への挑戦が実現。WWEでグランドスラムを達成している実力者に対し、ゴング前にレフェリーの死角を突き、ローブロー(急所攻撃)を成功させた。試合開始のゴングと同時に大ダメージでうずくまるハーディに必殺技キンシャサをクリーンヒットさせ、そのまま3カウントを奪った。試合タイムは5秒ほどの秒殺劇だった。

 試合後のインタビューでローブローに関して問われた中邑は「ハードな試合だったが、最後はキンシャサをジェフに決めて3カウント。オレがUS王者になったよ」と自らのペースでコメント。早速、17日のスマックダウン大会でハーディとの防衛戦が発表され「何があっても目を離しちゃいけない。変化を見届けるため、十分な時間を空けて」と自らのツイッターにつづった。

 WWE傘下のNXT王座獲得以来、2本目のWWEでの王座獲得。昨年5月のスマックダウン昇格後では初めてとなるベルトだ。WCW時代の佐々木健介、TAJIRIに続く日本勢のUSベルトを掲げ、勝利をアピールしていると、5月に左ひざ内側半月板の手術を受けて長期離脱していた「バイパー(毒蛇)」ランディ・オートンの登場を許した。場外に出た中邑は距離を取りながらにらみ合いを展開。リングに倒れ込んだハーディの股間にストンピングし、リングを立ち去ったオートンとの関係も気になるところ。「毒蛇」の登場に中邑は「ナイスではない」と困惑の表情を浮かべた。

 スマックダウンではWWEヘビー級王座に続く、2番目のベルトとなるUS王座。新日本プロレス時代にIWGPインターコンチネンタル王者として輝いた時のように、新US王者中邑が躍動する時が来た。

US王座を獲得した中邑真輔(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

関連するニュースを読む

中邑真輔がUS王座奪取 奇襲急所打ち秒殺フォール

US王座を獲得した中邑真輔 (C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:PPV大会エクストリームルールズ>◇15日(日本時間16日)◇米ペンシルベニア州ポッツバーグ・PPGペインツアリーナ


 中邑真輔(38)が電光石火の速攻で、US王座を奪取した。

 試合開始のゴング確認に入ったレフェリーの背後で、後方からUS王者ジェフ・ハーディを強襲。ローブロー(急所打ち)で大ダメージを与えると、動けないハーディにいきなり必殺のキンシャサをたたき込み、そのまま秒殺のフォール勝ちを収めた。不敵かつ余裕の笑みをみせ、ベルトを掲げてみせた。日本選手では佐々木健介、TAJIRIに続く日本勢3人目のUS王者となった。

 試合直後、中邑の目前に5月のPPV大会後、左ひざ内側半月板の手術を受けて長期離脱していたランディ・オートンがリングに登場。緊張感が走ったが、オートンは中邑ではなく、ハーディに対して急所攻撃。そのままリングを立ち去った。

関連するニュースを読む

中邑真輔「プライドと栄光はぎとってUS王座奪う」

中邑真輔(C)2018WWE,Inc.All Rights Reserved.


 WWEスマックダウンの中邑真輔(38)が日本勢3人目のUS王座獲得を狙う。15日(日本時間16日)に米ピッツバーグで開催されるPPV大会で、US王者マット・ハーディに挑み、佐々木健介、TAJIRIに続く同ベルト奪取を目指す。

 先月25日の大会前に警察犬に左足をかまれ、全治2週間のケガを負い、同26日のUS王座挑戦が中止となっていた。今月9日の米オーガスタ大会で試合復帰、10日の米マンチェスター大会で1日2試合もこなし、復活をアピール。「王者のプライドと栄光をはぎとってUS王座を奪う」と照準を合わせている。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

中邑真輔が復帰 2試合こなし完全復活アピール

テレビマッチに復帰し、WWEヘビー級王者AJスタイルズ(手前)とのシングル戦に臨んだ中邑真輔 (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:スマックダウン大会>◇11日(日本時間12日)◇米ニューハンプシャー州マンチェスター・SNHUアリーナ


 6月25日に警察犬にかまれ、全治2週間とされていた中邑真輔(38)が派手にテレビマッチ復帰を果たした。

 既に9日(同10日)のオーガスタ大会で約2週間ぶりに試合復帰し、いきなりAJスタイルズの王座にノーDQ(反則裁定なし)形式で挑戦していた。

 この日はノンタイトル戦ながらWWEヘビー級王者AJスタイルズとシングル激突。15日のPPV大会(米ピッツバーグ)でAJスタイルズに挑戦するルセフと、その盟友エイデン・イングリッシュが解説席で見守る中、中邑は決定打を食らうことなくハイレベルな攻防を展開した。場外戦に発展すると、ルセフのAJスタイルズ襲撃で、反則判定(AJスタイルズの勝ち)となってしまった。

 するとルセフのサポートを受け、中邑がAJスタイルズにとどめを刺そうとした直後、15日のPPV大会で挑戦するUS王者ジェフ・ハーディが登場し、蹴散らされた。

 事態収拾のために、ゴスロリ系美女のペイジGMの裁定で、王者組AJスタイルズ、ハーディの王者組-中邑、ルセフの挑戦者組のタッグ戦が急きょ決定。中邑はコーナートップに立ってスワントーン・ボムを狙ったハーディを妨害してリングに落下させると、その隙にルセフのマチカキックが決まってフォール勝ちを奪った。ダブル前哨戦は、挑戦者組の中邑、ルセフが勝利を収めた。

 1日2試合をこなし、中邑は完全復活をアピールしてみせた。

US王者ジェフ・ハーディ(左)とタッグマッチで前哨戦に臨んだ中邑真輔 (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

関連するニュースを読む

WWE中邑真輔、王座戦前に変則2連戦で勢いづく

約2週間ぶりに試合復帰した中邑真輔(C)2018WWE,Inc.All Rights Reserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇10日(日本時間11日)◇米ニューハンプシャー州マンチェスター・SNHUアリーナ


 6月25日に警察犬にかまれ、全治2週間とされていた中邑真輔(38)がテレビマッチに復帰し、復活を印象づけるように1日2試合をやってのけた。

 WWEヘビー級王者AJスタイルズとのノンタイトル戦に臨み、一進一退の攻防を展開。場外戦にもつれ込むと、15日(日本時間16日)のPPV大会エクストリーム・ルールズでAJスタイルズに挑戦するルセフ、その盟友エイデン・イングリッシュが解説席で見守る目の前でファイトを繰り広げた。すると我慢できなくなったルセフの襲撃で、AJスタイルズの反則勝ちとなった。

 暴走の止まらないルセフと中邑が王者を襲撃していると、US王者ジェフ・ハーディが救出に登場。事態収拾のために姿をみせたペイジGMの裁定で、急きょルセフ、中邑組-AJスタイルズ、ハーディ組のタッグマッチが決定。最後はルセフがマチカキックでハーディを沈めた。左足負傷の影響を感じさせない中邑の動き。15日のPPV大会で控えているUS王座の前哨戦を制し、勢いづいた様子だった。

 中邑は9日(同10日)でメイン州オーガスタ大会のハウスショーで約2週間ぶりに試合復帰したばかり。いきなりAJスタイルズの王座に挑戦し、ノーDQ(反則裁定なし)形式で挑んだが、王者の必殺フェノメナル・フォアアームを浴びて黒星を喫していた。

関連するニュースを読む

中邑真輔2週間ぶり復帰、AJとノンタイトル戦

15日のPPV大会でUS王座に挑戦することが発表された中邑(2018年7月1日撮影)


 警察犬に左足をかまれて欠場中のWWEスマックダウンの中邑真輔(38)が、10日に2週間ぶりに復帰することが決まった。

 WWEが9日に発表。中邑は、米マンチェスター大会でWWEヘビー級王者AJスタイルズとノンタイトル戦を行う。15日のPPV大会でUS王者ジェフ・ハーディに挑戦することが決まっており、同王座挑戦へ向けて大事な試合。中邑は6月25日の試合前に警察犬に左足をかまれ急きょ欠場。翌日のUS王者挑戦や、同29、30日の日本公演でのヘビー級王座挑戦も中止となっていた。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

犬にかまれた中邑真輔がUS王座戦「奪いとるワン」

15日のPPV大会でUS王座に挑戦することが発表された中邑

<WWE:スマックダウン大会>◇3日(日本時間4日)◇米ネブラスカ州オマハ・センチュリー・リンク・センアー


 6月25日に警察犬にかまれ、全治2週間としていた中邑真輔(38)が15日(日本時間16日)のPPV大会エクストリーム・ルールズでUS王座に挑戦することが発表された。

 王者ジェフ・ハーディ(40)に挑む。カード発表後、中邑は自ら撮影した映像が流れ「なぜジェフ・ハーディは顔にペイントしているのか。ヤツは道化師か。それとも恥ずかしいのか。彼のプライドをひっぺがえしてやるよ。彼のUSタイトルを奪いとるワン」とジョーク交じりに意気込みを口にした。

 中邑は先月25日のベイカーズフィールド大会前に会場付近にいた警察犬に左足をかみつかれて試合を欠場。同25日のオンタリオ大会で予定されていたUS王座挑戦もキャンセルとなった。同29、30日に開催された日本公演のために一時帰国した際には「もう悪夢とした言いようがない。ウソだろって思いましたよ」と振り返っていた。凱旋(がいせん)試合こそキャンセルになったものの「自分に今できることをやる」と2日間ともに松葉づえ、スーツ姿でリングに登場し、サモア・ジョーやWWEヘビー級王者AJスタイルズと絡んで存在感を示していた。

関連するニュースを読む

犬にかまれた中邑真輔、松葉づえついてリングに乱入

トリプルスレット形式WWE王座戦 試合終盤に乱入し、ジョーに松葉杖で襲いかかる中邑(撮影・林敏行)

<WWE:日本公演>◇6月30日◇東京・両国国技館


 犬にかまれ試合を欠場した中邑が、WWEヘビー級王者AJスタイルズの防衛をアシストした。メインで行われ3WAYでの防衛戦途中で中邑が松葉づえをつきながらリングに乱入。優勢だったサモア・ジョーに急所攻撃を見舞い、AJがジョーをフォール。ジョーに前日に絞め落とされた借りを返した。

 試合後はリング上から「次回ボクが日本に来るときは、ベルトを巻いて再びこの両国で試合をしたいと思います」とファンに約束した。

関連するニュースを読む

中邑真輔、深刻だった犬被害 なんと全治2週間…

WWE日本公演で2年ぶりに帰国した中邑真輔


 WWEスマックダウンのロックスター、中邑真輔(38)が6月30日、都内のホテルでインタビューに応じ、25日の米ベイカーズフィールド大会前に警察犬にかまれた左足の状況を「全治2週間」と明かした。

 WWE日本公演のため帰国中の中邑は、29日の両国国技館大会を負傷のため欠場。WWEヘビー級王者AJスタイルズへの挑戦もキャンセルしていた。

 中邑は「自分としては想像だにしなかった状況。これがリング上のけがであったならば。悪夢としか言いようがない」と無念さをにじませた。25日に負傷してから、26日のUS王者ジェフ・ハーディへの挑戦もキャンセル。今回の帰国では、帯同しているドクター、トレーナーと協議の結果、29日の試合のキャンセルを決めたという。

 WWEからの正式発表はないが、30日の日本公演(両国国技館)の試合も欠場濃厚だ。「次に帰ってくるときは、100%近い状況で、その時の中邑真輔のすべてを出したい」。また、4月のレッスルマニア大会を境に、急所攻撃に象徴されるヒールターンしたことについて「レッスルマニア前までは試行錯誤が多かった。レッスルマニア後の方がすっと自然に出てくる。動きにしても所作にしても発言にしても。今の方が幅が広がったというのがある」と、話していた。

関連するニュースを読む

中邑真輔、警察犬に噛まれ松葉づえ姿…最後は裸絞め

松葉づえ姿で負傷を報告する中邑(撮影・中島郁夫)

<WWE:日本公演>◇29日◇東京・両国国技館


 25日に警察犬にかまれ、2大会を欠場した中邑真輔(38)が、メインのWWEヘビー級王座挑戦をキャンセルした。

 ノーDQ形式(反則裁定なし)で王者AJスタイルズに挑む予定だったが、松葉づえ姿で左足をかばってリングに登場。「2年ぶりの両国国技館で、アーティスト、ロックスター、キング・オブ・ストロングスタイルのシンスケ・ナカムラの、クリーンで正々堂々としたファイトをお見せすることができなくて悔しいワン」と欠場を報告。サモア・ジョーに「犬にかまれて試合ができないんだってな。挑戦権をよこせ」と裸絞めで落とされ、権利を強奪された。また「明日の女帝」アスカはタッグ戦に臨み、必殺のアスカロックでビリー・ケイからギブアップを奪った。

関連するニュースを読む

AJスタイルズ防衛成功、代役サモア・ジョー撃破

タイトル防衛に成功したAJスタイルズ(撮影・中島郁夫)

<WWE:日本公演>◇29日◇東京・両国国技館


 WWEヘビー級王者AJスタイルズが防衛に成功した。

 警察犬に左足をかまれて欠場した中邑真輔から挑戦権を強奪したサモア・ジョーとノーDQ(反則裁定なし)形式の王座戦に臨むと、体格差とパワーで押される場面が続いた。一進一退の攻防が続き、ジョーのフォールも何とか2カウントで回避。相手の筋肉バスターをかわすと、必殺フェノメナル・フォアアームをたたき込み、14分10秒、3カウントを奪った。試合後にはベルトを肩にかけ、リング周辺をビクトリーウオーキング。観客とハイタッチを交わし、日本公演第1日を締めくくっていた。

関連するニュースを読む

中邑真輔は災難続き、犬に噛まれ怪人にも締められる

サモア・ジョー(右)に挑発される中邑(撮影・中島郁夫)

<WWE:日本公演>◇29日◇東京・両国国技館


 警察犬にかまれ、試合欠場中の中邑真輔(38)はこの日のメインとなるWWEヘビー級王座挑戦もキャンセルした。

 ノーDQ形式(反則裁定なし)で王者AJスタイルズに挑む予定だったが、松葉づえで左足をかばいながらリングに登場。中邑は「2年ぶりの両国国技館でアーティスト、ロックスター、キング・オブ・ストロングスタイルのシンスケ・ナカムラのクリーンで正々堂々としたファイトをおみせすることができなくて悔しいワン」と欠場あいさつした。

 中邑が「でも、WWEスーパースターはオレだけじゃない。ヒデオ・イタミ、アスカ…」と観客に呼びかけている途中で、サモア・ジョーが登場。「犬にかまれて試合ができないらしいな。オレに挑戦権をよこせ」と要求され、急所攻撃をかわされてコキーナ・クラッチで絞められた。犬にかまれ、サモアの怪人にも絞め落とされる災難が続く形となった。すると王者AJスタイルズが登場してサモア・ジョーを撃退。ジョーの挑戦を受諾した。

 中邑は25日にハウスショーとして開催されたベイカーズフィールド大会前、会場付近にいた警察犬に突然、左足をかみつかれた。25日の大会に続き、テレビマッチとなった26日の米オンタリオ大会も欠場。同大会で組まれていたUS王者ジェフ・ハーディへの挑戦もキャンセルとなっていた。

サモア・ジョー(右)に松葉づえを蹴られる中邑(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

中邑真輔「悔しいワン」犬に噛まれて日本公演を欠場

松葉づえ姿で負傷を報告する中邑(撮影・中島郁夫)

<WWE:日本公演>◇29日◇東京・両国国技館


 警察犬にかまれて試合欠場中の中邑真輔(38)はWWEヘビー級王座挑戦をキャンセルした。

 ノーDQ形式(反則裁定なし)で王者AJスタイルズに挑む予定だったが、欠場が決まった。松葉づえで左足をかばいながらリングに上がった中邑は「2年ぶりの両国国技館でアーティスト、ロックスター、キング・オブ・ストロングスタイルの中邑のクリーンで堂々としたファイトをおみせすることができなくて悔しいワン」と欠場あいさつした。中邑の代わりにサモア・ジョーがAJスタイルズに挑戦する。

 中邑は25日にハウスショーとして開催されたベイカーズフィールド大会前、会場付近にいた警察犬に突然、左足をかみつかれた。25日の大会に続き、テレビマッチとなった26日の米オンタリオ大会も欠場。同大会で組まれていたUS王者ジェフ・ハーディへの挑戦もキャンセルとなっていた。

松葉づえ姿で負傷を報告する中邑(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

犬にかまれ欠場中の中邑真輔、WWE日本公演へ帰国

中邑真輔(2018年4月6日撮影)


 警察犬にかまれて試合欠場中のWWEスマックダウン中邑真輔(38)が28日、日本公演(29、30日、東京・両国国技館)のために一時帰国した。

 関係者によると、まだ試合出場の判断は出ていないという。なお29日はノーDQ形式(反則裁定なし)によるWWEヘビー級王者AJスタイルズ(41)への挑戦が予定されている。なおアスカ(36)、ヒデオ・イタミ(37)らWWEスーパースターも28日までに来日した。

 米メディアによると、中邑は25日にハウスショーとして開催されたベイカーズフィールド大会前、会場付近にいた警察犬に突然、足をかみつかれたという。この25日の大会に続き、テレビマッチとなった26日の米オンタリオ大会も欠場。同大会で組まれていたUS王者ジェフ・ハーディ(40)への挑戦もキャンセルとなっていた。

関連するニュースを読む

中邑真輔が警察犬に噛まれまさかのUS王座戦欠場

警察犬にかまれ、US王者ジェフ・ハーディへの挑戦をキャンセルした中邑真輔(C)2018WWE,Inc.All Rights Reserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇26日(日本時間27日)◇米カリフォルニア州オンタリオ・シチズン・ビジネス・バンク・アリーナ


 中邑真輔(38)が犬にかまれるアクシデントでUS王座戦を欠場した。

 米メディアによると25日にハウスショーとして開催されたベイカーズフィールド大会前、会場付近にいた警察犬に突然、足をかみつかれたという。

 25日の大会自体も欠場し、この日も痛みが残っていたためにドクターストップとなった。24日にペイジGM(25)から中邑がUS王者ジェフ・ハーディ(40)に挑戦することが発表されていたが、この日、カードがキャンセルとなった。29、30日に開催されるWWE日本公演(東京・両国国技館)への出場可否は明らかにされていない。

関連するニュースを読む

中邑真輔、6・27US王座ジェフ・ハーディに挑戦

US王者ジェフ・ハーディに挑戦することになった中邑真輔(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.


 WWEスマックダウンの中邑真輔(38)が26日(日本時間27日)の米オンタリオ大会でUS王座に挑戦することが決まった。

 ペイジGMが24日(同25日)に自らのツイッターで「見たい試合を組む責任がある。火曜日に(US王者)ジェフ・ハーディと中邑の防衛戦を組みます」と発表。中邑は12日にノンタイトルでハーディと対戦し、急所攻撃で反則負け後、キンシャサでKO。19日には同王者から宣戦布告され対戦受諾していた。中邑は29、30日の日本公演(東京・両国国技館)にUS王者として帰国できるか。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

WWEサミ・ゼインが長期欠場へ 両肩の手術受ける


 WWEロウのスター、サミ・ゼイン(34=カナダ)が肩の手術を受け長期欠場することが、24日までに分かった。

 中邑真輔のNXTデビュー戦の相手を務めたゼインは、17日のPPV大会でラッシュリーと対戦し敗北後に米アラバマ州へ移動。右肩の検査を受け、21日に手術した。また、15年5月のロウデビュー戦で痛めた左肩も、今回同時に手術したという。ゼインは「来年4月6日のレッスルマニア35大会前に復帰したい」。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

WWE中邑真輔US王座戦決定 美女GMが発表

US王者ジェフ・ハーディに挑戦することになった中邑真輔(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.


 WWEのヒール「ロックスター」中邑真輔(38)が26日開催のスマックダウン大会で、US王者ジェフ・ハーディ(40)に挑戦することが決まった。スマックダウンのゴスロリ系美女となるペイジGM(25)が24日(日本時間25日)に自らのツイッターで発表したもので「私はGMとして、みなさんが見たい試合を組む責任がある。今週火曜日にジェフ・ハーディと中邑真輔の防衛戦を組みます」とつづった。

 今月17日のPPV大会マネー・イン・ザ・バンクでWWEヘビー級王者AJスタイルズ(41)に4度目の挑戦で敗れた中邑は19日の米トレド大会でUS王者から「中邑は王座戦に敗退したが、オレは先週の中邑との試合が忘れられない。中邑のあの反則攻撃(急所打ち)でオレは開眼した!」と強烈メッセージを受けた。12日の米メンフィス大会でハーディとノンタイトル戦に臨み、急所攻撃。反則負け後も必殺のキンシャサでKOに追い込んでいた。

 一方、ハーディの宣戦布告に中邑も「ジェフが開眼したのなら、オレがその目を閉じてやるよ」と応じる姿勢を示していた。29、30日に控えるWWE日本公演(東京・両国国技館)にUS王者として、中邑は凱旋(がいせん)帰国できるか-。

関連するニュースを読む

中邑真輔「その目を閉じてやる」ハーディ挑発応じる

異様な姿で、中邑真輔に宣戦布告したUS王者ジェフ・ハーディ(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved


 17日のPPV大会でWWEヘビー級王座戦に敗れたスマックダウンの中邑真輔(38)が、US王者ジェフ・ハーディからの宣戦布告を受け入れた。19日(日本時間20日)の米トレド大会で、異様な姿となったハーディから「先週の中邑戦が忘れられない。あの反則(急所)攻撃で開眼した」と映像を通じて挑発。ルネ・ヤングのインタビューに応じた中邑は「レフェリーのカウントが早いからまだAJ(スタイルズ)は王者でいられる」と不満を示した上で「ジェフが開眼したのなら、オレがその目を閉じてやる」と対戦に応じる姿勢を示した。(デーブ・レイブル通信員)

ルネ・ヤング(左)からインタビューを受ける中邑真輔(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

関連するニュースを読む

中邑真輔 US王者ハーディからの宣戦布告受け入れ

US王者ジェフ・ハーディからの宣戦布告メッセージを受け取った中邑真輔(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇19日(日本時間20日)◇米オハイオ州トレド・ハンティントンセンター


 17日のPPV大会でWWEヘビー級王座を逃した中邑真輔(38)が、US王者ジェフ・ハーディからの宣戦布告を受け入れた。

 映像で登場した異様な姿のジェフ・ハーディから「中邑は王座戦に敗退したが、オレは先週の中邑との試合が忘れられない。中邑のあの反則攻撃(急所打ち)でオレは開眼した!」と言いながら閉じた目を大きく見開く強烈なメッセージを受けた。ルネ・ヤングからUS王者の発言について問われた中邑は「AJ(スタイルズ)がまだ王者なのは、レフェリーのカウントが早いからだ。まあ…ジェフが開眼したのなら、オレがその目を閉じてやるよ」とヤングを軽くあしらいながらも、対戦を受諾する姿勢を示した。これで次なるターゲットはUS王座へと切り替わりそうだ。

 中邑は12日の米メンフィス大会でハーディとノンタイトルながらシングル初対戦。相手のツイスト・オブ・フェイトから必殺のスワントーンボムまで食らいながらも辛うじてロープ回避。隙をついてハーディに急所攻撃し、反則負け後も必殺のキンシャサでKOに追い込んでいた。

関連するニュースを読む

中邑真輔、WWEヘビー級王座挑戦者決定戦外れる

WWEヘビー級王座次期挑戦者決定戦から外れた中邑真輔 (C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.


 WWEスマックダウンの中邑真輔(38)が、WWEヘビー級王座を狙う次期挑戦者決定戦の出場メンバーから外れた。

 19日(日本時間20日)に予定されるスマックダウン大会の一部対戦カードが18日(同19日)に発表され、ザ・ミズ、サモア・ジョー、ルセフ、ダニエルブライアン、ビッグEによる挑戦者決定ガントレットマッチの開催が決まった。この勝者が7月15日に米ペンシルベニア州ピッツバーグで開催されるPPV大会エクストリームルールズで、同王者AJスタイルズに挑戦するという。

 中邑は17日のPPV大会でラストマンスタンディング形式でAJスタイルズに挑戦したが、場外で10カウント以内に立ち上がることができず、KO負けを喫していた。

関連するニュースを読む

中邑真輔WWEヘビー級王座4度目挑戦もKO敗戦

場外戦で王者AJスタイルズ(左)に急所攻撃を仕掛けた中邑真輔(C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:PPV大会マネー・イン・ザ・バンク>◇17日(日本時間18日)◇米イリノイ州シカゴ・オールステート・アリーナ


 WWEスマックダウンの中邑真輔(38)が4度目の挑戦となったWWEヘビー級王者AJスタイルズ(41)にKOで敗れた。17日(日本時間18日)に米シカゴで開催されたPPV大会で、ラストマンスタンディング(10カウント以内に立ち上がらなければ負け)形式で挑戦。中邑が2度のキンシャサ、急所攻撃で追い込んだもののKOできなかった。逆に急所蹴り、場外でフェノメナル・フォアアームを浴びてアナウンステーブルもろとも吹き飛ばされ、立ち上がれなかった。

 また女子スマックダウン女子王座に挑戦したアスカも王者カーメラにフォール負けを喫した。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

中邑真輔KO負け、AJの非情攻撃に屈し王座逃す

場外戦で王者AJスタイルズ(左)に急所攻撃を仕掛けた中邑真輔 (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:PPV大会マネー・イン・ザ・バンク>◇17日(日本時間18日)◇米イリノイ州シカゴ・オールステート・アリーナ


 中邑真輔(38)が、WWEヘビー級王者AJスタイルズ(41)の非情攻撃に屈した。

 ラストマンスタンディング(10カウント以内に立ち上がらなければ負け)形式のために、手段を選ばない激しい攻防を展開。先に中邑が3つのアナウンステーブルを突っ走っての強烈なキンシャサをたたき込み、さらに持ち込んだテーブルにもたたきつけた。

 試合を優位に進めたかに見られたが、試合途中にコーナーへ誤爆して左ヒザを負傷。ヒザへの集中攻撃を浴びながらも隙を突いて場外で急所打ち、さらにキンシャサまで蹴りこんだが、王者をKOまで追い込むことはできなかった。

 逆に急所蹴りを食らい、さらにリングからフェノメナル・フォアアームでアナウンステーブルもろとも吹き飛ばされた。これで万事休す。中邑は立ち上がることができずに無念の10カウントを耳にするしかなかった。

 4月8日の祭典レッスルマニア34大会を皮切りに約2カ月間で4度目のAJスタイルズ挑戦となったが、日本人初の王座獲得を逃した。今月29日、30日のWWE日本公演でも王者AJスタイルズとの王座戦が組まれているものの、4試合で2敗2分けという成績。このまま中邑は王座から遠のいてしまうのか…。

アナウンステーブルにたたきつけられ、KO寸前の中邑真輔(左端)。右端は王者AJスタイルズ (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

関連するニュースを読む

中邑が場外で撃沈 日本人初のWWE王座獲得逃す 

日本人初のWWEヘビー級王座獲得を逃した中邑真輔(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:PPV大会マネー・イン・ザ・バンク>◇17日(日本時間18日)◇米イリノイ州シカゴ・オールステート・アリーナ


 中邑真輔(38)が、日本人初のWWEヘビー級王座獲得を逃した。自ら選択したラストスタンディングマッチ(10カウント以内に立ち上がらなければ負け)形式で、王者AJスタイルズ(41)に挑戦したものの、場外で王者の必殺技フェノメナル・フォアアームを食らって放送席に激突。10カウント以内に立ち上がることができなかった。

 リング内外関係なく、倒れた瞬間からレフェリーのカウントが始まる過酷なファイトが展開された。場外戦では3つの放送席テーブル上を走ってのキンシャサを突き刺した。リング下からテーブルを取り出し、コーナーに設置。強引に王者を投げ、テーブルは真っ二つに破壊された。それでも立ち上がるAJスタイルズ。中邑はコーナーでの攻撃で左ヒザを負傷し、王者から容赦ない蹴り連発でヒザを攻められ、カーフクラッシャーで絞めあげられた。

 続く場外戦では左ひざや頭部にイス攻撃を浴びて倒れ込んだ。大ピンチに陥ったところで、急所攻撃とキンシャサを成功。形勢逆転かと思われたが、スチール階段上で捕まってAJスタイルズの必殺技スタイルズクラッシュをモロに浴びた。立ち上がったところで、強烈な急所蹴りを受け、さらにトップロープからのフェノメナル・フォアアームまで浴びて放送席に激突。中邑は場外で撃沈した。

 AJスタイルズには4月8日の祭典レッスルマニア34大会で負け、同27日のサウジアラビア大会の両者リングアウト、5月6日のPPV大会ではノーDQ(反則裁定なし)形式で挑戦したが、両者同時の急所蹴りで両者KO決着。この2カ月間で、4度目の王座挑戦だった。

関連するニュースを読む

予行演習完了!中邑真輔がUS王者を急所攻撃でKO

US王者ジェフ・ハーディー(左)に急所攻撃する中邑真輔 (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:スマックダウン大会>◇12日(日本時間13日)◇米テネシー州メンフィス・フェデックスフォーラム


 ヒール転向の「ロックスター」中邑真輔(38)が、US王者を急所攻撃と必殺技でKOし、WWE王座挑戦の予行演習を済ませた。17日のPPV大会マネー・イン・ザ・バンク(米シカゴ)では、ラストマンスタンディング(10カウント以内に立ち上がらないと負け)形式で、ヘビー級王者AJスタイルズ(41)に挑戦する中邑。この日はUS王者ジェフ・ハーディー(40)とノンタイトルのシングルマッチに出場した。

 終盤、ターンバックル上のハーディーの体をヒザで蹴り上げ、キンシャサを狙った中邑はUS王者に迎撃され、ツイスト・オブ・フェイトから必殺のスワントーンボムまで食らった。辛うじて何とかロープ回避すると、ハーディーにまで急所攻撃を繰り出し、反則負けを喫した。試合終了となってもお構いなしの中邑は、必殺のキンシャサでKOに追い込むと、倒れ込んだハーディーを見下しながら、自ら10カウントを数えてみせた。

 まるでUS王者にWWE王者を重ね合わせたような非情ファイトで、準備が万全であることをうかがわせた。ラストマンスタンディングマッチに向け、最後の予行演習を済ませたような戦いぶりだった。

キンシャサでUS王者ジェフ・ハーディー(左)をKOし、10カウントを数える中邑真輔 (C) 2018 WWE, Inc. All Rights Reserved

関連するニュースを読む