上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

中邑真輔WWE王座獲得失敗 邪魔入りマハルに敗戦

WWEヘビー級王者マハル(左)の胸板にキックを蹴りこむ中邑(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:サマースラム>◇20日(日本時間21日)◇米ニューヨーク州ブルックリン・バークレイズ・センター

 スマックダウンの「ロックスター」中邑真輔(37)が日本人初のWWEヘビー級王座獲得を逃した。

 真夏の大舞台で「インドの怪人」と呼ばれる同級王者ジンダー・マハル(31)に挑戦したが、王者の配下にあるシン・ブラザーズの介入でスキを突かれ、マハルの得意技を浴びて惜敗した。

 開始序盤、中邑はフロントキック、後ろ回し蹴りと蹴り技で攻撃し、得意のけいれん式ストンピングでペースを握った。しかしシン・ブラザーズに気を取られ、マハルのストンピング連打からのエルボー、チンロックと連続で反撃を受けた。その猛攻を耐え抜きながら、ライダーキックを浴びせた。パワーで押されて持ち上げられると三角絞めで応戦するなど、互角の展開が続いた。

 コーナーに突っ込んで自爆したマハルを確認すると、中邑は後頭部にヒザ蹴りをヒットさせた。直後にキンサシャ(ボマイェ)を狙ったが、再びシン・ブラザーズの介入を受けた。何とか排除した後、スキをマハルに突かれて背後から捕獲されると必殺技のカラス(コブラクラッチスラム)を食らってフォール負けを喫した。乱入による決着で、遺恨を残す形となった。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔さあ快挙へ、現地オッズは王座奪取を支持

中邑真輔(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 WWEスマックダウンの中邑真輔(37)が20日(日本時間21日)、大舞台でWWE王座に初挑戦する。

 真夏の祭典となるPPV大会サマースラム(米ニューヨーク・ブルックリン)で「インドの怪人」と呼ばれるヘビー級王者ジンダー・マハル(31)に挑む。現地オッズでは、中邑の王座奪取に支持が集まっており、国内外で期待を寄せられている。WWEでのヘビー級王座獲得となれば、日本人初の快挙。15日の米ロードアイランド州大会ではマハルの目の前に立ち「お前がWWE王座を失う日になる」と自信を示していた。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔にWWE追い風!?マハル黒星などドタバタ

中邑真輔(15年11月9日撮影)

<WWE:スマックダウン>◇15日(日本時間16日)◇米ロードアイランド州プロビデンス・ダンキンドーナツセンター

 「ロックスター」中邑真輔(37)に追い風!? 真夏の祭典となるPPV大会のサマースラム(20日、米ニューヨーク・ブルックリン)で中邑の挑戦を受けるWWEヘビー級王者ジンダー・マハル(31)がノンタイトルでのシングル戦でジョン・シナ(40)に敗れた。付き人のシン・ブラザーズがレフェリーから退場を命じられ、1対1の勝負となると、スーパーAAを食らって黒星を喫した。シナは8月1日のオハイオ州大会で中邑との王座挑戦者決定戦で敗れていた。

 シナ戦後、マハルはマネー・イン・ザ・バンク(MITB)を制したバロン・コービン(32)の乱入を受け、MITB覇者の保持するWWE王座挑戦権が行使(キャッシュイン)され、そのまま防衛戦に突入。シナに気を取られたコービンを丸め込んで何とか防衛に成功し、ベルトを死守した。ドタバタ続きの1日となった王者。真夏の祭典に向け、「ロックスター」には追い風になっただろう。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔がマハルと対峙 高らかに王座奪取を宣言

WWE王者マハル(右)と対峙した中邑(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:スマックダウン>◇15日(日本時間16日)◇米ロードアイランド州プロビデンス・ダンキンドーナツセンター

 PPV大会サマースラム(20日、米ニューヨーク・ブルックリン)でWWEヘビー級王座に初挑戦する中邑真輔(37)が、同級王者ジンダー・マハル(31)と対峙した。

 オープニングでリング登場したマハルが「今日はインドの独立記念日。独立記念日とこのWWE王座の保持をお祝いする」と宣言するとインド人ダンサーがステージでダンスを開始し、リング上ではインド国歌の斉唱がスタート。大ブーイングの中で「サマースラムでは中邑は俺に負ける運命だ」と言い放った。

 そんな“マハルの宴”が最高潮になりそうな時、中邑がリングイン。自信満々に立ちはだかる王者を制するように、高らかに王座奪取を宣言した。

 中邑 インドは独立記念日だが、日本では戦没者を追悼し平和を祈る日だ。そして日曜日、アメリカはサマースラムだ。お前がWWE王座を失う日になる。

 大観衆からの熱視線を浴びながら、ベルトを左肩にかけるマハルと堂々とにらみ合った。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔WWE王座初挑戦、ライブ配信で日本語実況

20日のサマースラムでWWE王座に初挑戦する中邑真輔(C)2007 WWE, Inc. All Rights Reserved

 WWEジャパンは15日、20日(日本時間21日)に米ニューヨークで開催される真夏の祭典「サマースラム」(日本時間8月21日)のライブ配信で日本語実況を行うと発表した。

 スマックダウン所属の中邑真輔(37)がジンダー・マハル(31)の保持するWWE王座に初挑戦するビッグイベント。日本では21日午前8時からWWEネットワーク(http://network.wwe.com)で中継される。今回初めて日本語実況があり、シュウ山口とフナキが担当するという。またサマースラム後もWWEネットワークで放送するPPV大会はすべて日本語実況のライブ配信を予定しているという。

 WWEのチーフ・レベニュー&マーケティング・オフィサーのミシェル・ウィルソン氏は「インターナショナルでの成長に力を入れる中、日本のファンのためにカスタマイズされたサマースラムをお届けすることは私たちの優先事項です。これは世界中のファンに向けてローカライズされたWWEネットワークのコンテンツを提供するという、我々の戦略の中でも重要なステップです」とコメントした。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔の入場曲がニューヨークの路上をジャック

中邑真輔(15年11月9日撮影)

 20日にWWEヘビー級王座に初挑戦する中邑真輔(37)の入場曲が、米ニューヨークの路上をジャックした。

 11日(日本時間12日)にWWEが映像を公開した。中邑の入場曲を演奏するバイオリニストのリー・イングリッシュ・ジュニアらがタイムズスクエア、セントラルパーク、試合会場となるザ・バークレイズ・センターなど多くの路上で生演奏し、人々を驚かせた。中邑のタイトル挑戦は、WWEのビッグイベントとしてニューヨークっ子の話題を集めることとなった。中邑は20日に王者マハルに挑む。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

閉じる

王座獲得へ自信「サマースラムで中邑政権が始まる」

 20日のサマースラム大会でWWEヘビー級王座に初挑戦する中邑真輔(37)が、8日(日本時間9日)のスマックダウンのカナダ・トロント大会で王座獲得に自信を見せた。

 テレビのインタビューに「これはまたとないチャンス。運命だ。先週はシナを破った。サマースラム大会で王者となり、中邑政権が始まる」と豪語した。その後は王者マハルがオートンに敗れたシングル戦を視察した。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔「ナカムラダイナスティ始まる」と言い切る

中邑真輔(15年11月9日撮影)

<WWE:スマックダウン>◇8日(日本時間9日)◇カナダ・オンタリオ州トロント◇エアカナダ・センター

 PPV大会サマースラム(20日、米ニューヨーク・ブルックリン)でWWEヘビー級王座に初挑戦する中邑真輔(37)が、同級王者ジンダー・マハル(31)-ランディ・オートン(37)のシングルマッチを視察した。バックステージで、2人の熱戦を見守り、RKOを食らってマハルが敗れる姿を見届けた。

 また視察前、スマックダウンLIVEのインタビューに登場。中邑は「これは運命。先週はシナを倒した。サマースラムで『ナカムラダイナスティ』(中邑政権)が始まるだろう」と、自信たっぷりに言い切った。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔は因縁コービンと対戦 WWEの大阪公演

WWE大阪公演でコービン(左)と対戦する中邑(C)2017 WWE,Inc.All Rights Reserved.

 米プロレスWWEの大阪公演「WWE Live  Osaka」(9月16日、エディオンアリーナ大阪)の対戦カードが8日、発表された。

 「ロックスター」「アーティスト」と呼ばれる中邑真輔(37)は因縁深い相手となるバロン・コービンとのシングル戦が決定。NXT女子王者アスカ(35)はナオミ、シャーロット、ベッキー・リンチと組んでナタリヤ、ターミナ、カーメラ、ラナ組と対戦することが決まった。またWWE王者ジンダー・マハルがランディ・オートンとの防衛戦に臨む。なおルールはラストマン・スタンディング・マッチで開催される。

 またUS王者のAJスタイルズがケビン・オーエンズ、ルセフとトリプルスレット形式での防衛戦を行うという。

 なお来日選手、対戦カードは当日まで予告なく変更される場合がある。

【発表カード】

<1>WWE王座戦(ラストマン・スタンディング・マッチ)=ジンダー・マハル(withシン・ブラザーズ)-ランディ・オートン

<2>US王座戦(トリプルスレット形式)ーAJスタイルズ-ケビン・オーエンズ-ルセフ

<3>中邑真輔-バロン・コービン

<4>サミ・ゼイン-ドルフ・ジグラー

<5>ナオミ、シャーロット、ベッキー・リンチ、アスカ組-ナタリヤ、タミーナ、カーメラ(withジェームズ・エルスワース)ラナ

<6>ティアン・ビン-エイダン・イングリッシュ

※その他出場予定=ニュー・デイ、ルーク・ハーパー、エリック・ローワン

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔、WWEヘビー級ベルト奪取は「ドリーム」

WWE王座挑戦者決定戦で勝利した中邑真輔(右)は敗者のジョン・シナに右手を挙げられる(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:スマックダウン>◇1日(日本時間2日)◇米オハイオ州クリーブランド・クイックンローンズ・アリーナ

 「ロックスター」中邑真輔(37)が、日本人初の快挙に挑むことになった。

 WWE看板選手ジョン・シナ(40)とのWWE王座挑戦者決定戦を制し、PPV大会サマースラム(20日、米ニューヨーク・ブルックリン)で同王者ジンダー・マハル(31)に初挑戦する。中邑が「ジョン・シナを越えた今、次の夢の対決はサマースラムだ」と表現する通り、日本人レスラーにとってWWEヘビー級のベルト奪取は「ドリーム」と言っていい。

 前身となるWWWFヘビー級王座には、64年にジャイアント馬場が、当時の王者ブルーノ・サンマルチノに挑戦。ストロング小林も王者サンマルチノに挑んだ。80年にはキラー・カーンがWWFヘビー級王者ボブ・バックランドに挑戦している。現在も国内マットで活躍するTAKAみちのくがWWE王者トリプルHに挑戦。03年にはTAJIRIもトリプルHの保持するWWEヘビー級王座に挑戦したものの、いずれも王座獲得はならなかった。

 特にTAJIRIはWWEタッグをはじめ、WWEクルーザー級、WWEライトヘビー級を獲得するなど日本人でもっともWWEでタイトルを獲得したレスラーだった。それでもWWEヘビー級王座には届いていない。中邑のWWEヘビー級王座挑戦は、日本人レスラーが長年、阻まれてきた高い「壁」へのチャレンジでもある。

 中邑は、特別座で「インドの怪人」と呼ばれる現WWEヘビー級王者王者ジンダー・マハル(31)が視察する中、シナに快勝した。サマースラムまで約2週間半、まずは中邑がマハルとどんな「前哨戦」を繰り広げるのかが見ものだ。

ニューリン様に毒霧を吹きかけるTAJIRI(06年5月13日撮影)

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔、シナ破りWWE王者マハルと20日に対戦

WWE王座挑戦者決定戦で勝利した中邑真輔(右)は敗者のジョン・シナに右手を挙げられる(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:スマックダウン>◇1日(日本時間2日)◇米オハイオ州クリーブランド・クイックンローンズ・アリーナ

 中邑真輔(37)が、WWE看板スターのジョン・シナとのWWE王座挑戦者決定戦に勝利した。

 過去16回のWWE王座獲得の経験を持つシナと初シングル戦。リバースパワースラムでマットに倒すと、そのまま必殺技のキンシャサ(ボマイェ)一閃(いっせん)-。シナから右手を持ち上げられ、大観衆の声援を浴びた。大物撃破で中邑の存在感が増した。

 これで夏の大舞台となるPPV大会、サマースラム(20日、米ニューヨーク・ブルックリン)で同王者ジンダー・マハルと対戦することが決定。ついにWWEの頂点を奪うチャンスが到来した。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔「イヤァオ」日本人初WWEヘビー級王座へ

WWE王座挑戦者決定戦でシナ(左)にキンシャサを突き刺す中邑(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:スマックダウン>◇1日(日本時間2日)◇米オハイオ州クリーブランド・クイックンローンズ・アリーナ

 「ロックスター」中邑真輔(37)が、WWE看板選手ジョン・シナ(40)とのWWE王座挑戦者決定戦を制し、PPV大会サマースラム(20日、米ニューヨーク・ブルックリン)で同王者ジンダー・マハル(31)に初挑戦することが決定した。

 夏の大舞台で日本人初のWWEヘビー級王座奪取に挑む。

 中邑は「ついに実現した夢の対決、中邑真輔対ジョン・シナ。ジョン・シナを越えた今、次の夢の対決はサマースラムだ」と高らかに宣言した。

 WWEが「ドリームマッチ」と題したシングルで初の顔合わせとなる中邑-シナ。試合と同時に中邑はあいさつがわりの延髄斬り、けいれん式ストンピングで繰り出し、過去16回のWWE王座奪取を誇るシナを責め立てた。得意分野となる腕十字固めや三角締めと巧みな関節技を繰り出した。 逆にシナにはSTFで絞め上げられ、こん身のアティテュード・アジャストメントも決められた。絶体絶命のピンチに見えたが、2カウントで回避。追い打ちをかけてきたシナをリバースパワースラムで倒した中邑は全身をたぎらせたキンシャサ(ボマイェ)を決め、完璧な3カウントを奪った。

 WWE王座挑戦権を獲得した中邑は試合後、因縁決着したかにみえた6月の「マネー・イン・ザ・バンク」覇者バロン・コービンに再び襲撃を受けた。コービンの持つWWE王座挑戦権利証入りのブリーフケースでたたかれ、リング上で大の字となった。しかしコービンを敗者となったシナが排除。再びシナに手を挙げられ、会場内から大歓声を浴びた。中邑は「WWEチャンピオンシップ、ジンダー・マハル-中邑真輔。イヤァオ!」とキッパリ。独特な表現で日本初の快挙を成し遂げる意気込みを示した。

WWE王座挑戦者決定戦で勝利した中邑真輔(右)は敗者のジョン・シナに右手を挙げられる(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔と激闘 思い出の仙台/さらばG1永田裕志

15年2月、永田(下)の首を膝で押さえ、敬礼ポーズする中邑

<新日本プロレス:G1クライマックス27仙台大会>◇26日◇仙台サンプラザホール

 永田裕志(49)の最後のG1第4戦は、内藤に敗れて4戦全敗となった。今や新日本でもトップクラスの人気を誇る内藤だが、永田へのファンの声援も負けていなかった。試合が行われた仙台・サンプラザホールは永田にとって思い出の地。G1のみならず、激闘を繰り広げてきた現WWEスマックダウンの中邑真輔と自分のベストバウトともいえる戦いをした場所でもある。

 中邑がWWEへ移籍する前年15年2月。この地でIWGPインターコンチネンタル王座に挑戦した。「あのときの中邑は間合いを詰めるのでも一苦労した」と振り返る。中邑、棚橋と将来の新日本を背負う2人に立ちはだかった永田。G1は最高の教育の場であり、その成長を見届けたのが仙台だった。この日、永田は、大ブレーク中の内藤に将来の可能性を見たに違いない。勝利にはつながらなかったが、永田のG1の激闘は続いていく。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔、GM裁定がWWE次期挑戦者決定戦のカギ

中邑真輔(15年11月9日撮影)

〈WWE:スマックダウン〉◇25日(日本時間26日)◇米バージニア州リッチモンド・コロシアム

 5月にNXTからスマックダウンへと昇格した中邑真輔(37)が、タイトル戦線に絡む大きなチャンスをつかんだ。実力と人気が認められ、ついにWWE次期挑戦者決定戦の出場権を得たのだ。

 23日のPPV大会「バトルグラウンド」でランディ・オートンを下して防衛に成功したWWE王者ジンダー・マハルの次期挑戦者は、誰もがスンナリとジョン・シナになると予想していたはずだ。その舞台も夏の祭典サマースラム(8月20日、米ニューヨーク・ブルックリン)になるだろうと。ところがダニエル・ブライアンGMの裁定で、一躍、中邑が脚光を浴びる展開となった。

 リング上で王座挑戦をアピールしたシナに向け、同GMは「試合を決めるのは君ではない。シナはチャンスを勝ち取らないと。今夜素晴らしいパフォーマンスをしていた中邑真輔と来週対戦してもらう。このドリームマッチに勝利した者がサマースラムでWWE王座に挑戦する」と挑戦者決定戦の開催を発表。すると会場は対戦カードを歓迎する熱気に包まれた。その風貌やファイトスタイルから「ロックスター」や「アーティスト」の愛称で呼ばれる人気選手となった中邑。因縁が続くバロン・コービンとのシングル戦も高くファンにも支持されていた。

 中邑は23日の「バトルグラウンド」でのシングル戦でコービンの股間蹴りによる反則で勝利という消化不良の結末を迎えていた。しかし、この日は股間蹴りを見事にかわし、エルボー、ヒザ裏への蹴りでコービンを崩すと、後頭部と正面に2連続でキンシャサ(ボマイェ)を決めて白星を挙げた。中邑のムードは夏の暑さとともに上昇気流。シナとの大一番が楽しみになってきた。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔がジョン・シナとWWE王座挑戦者決定戦

中邑真輔(15年11月9日撮影)

<WWE:スマックダウン>◇25日(日本時間26日)◇米バージニア州リッチモンド・コロシアム

 「ロックスター」中邑真輔(37)が8月1日(日本時間2日)、WWE看板スターのジョン・シナとWWE王座挑戦者決定戦に臨むことが決まった。

 ダニエル・ブライアンGMが発表したもので、この勝者が夏の大舞台となるサマースラム(8月20日、米ニューヨーク・ブルックリン)で同王者ジンダー・マハルに挑戦することになる。

 中邑は試合後のインタビューに応じ「次週、ジョン・シナは…オレ(の実力)を見ることができるよ。ジンダーとは、サマースラムで」と自信たっぷりな笑みを浮かべた。過去16度、WWE王座を戴冠しているビッグネーム、シナとの挑戦者決定戦は存在感を示す好機。勝てばタイトル挑戦も巡ってくるだけに、スマックダウン昇格後、初のビッグチャンスとなる。

 中邑はこの日、因縁が続いていた6月の「マネー・イン・ザ・バンク」覇者バロン・コービンとシングルマッチで激突。背後から1発目のキンシャサ(ボマイェ)で後頭部にダメージを与えると、正面から2発目のキンシャサでとどめを刺してフォール勝ち。因縁決着ともいえる勝利を挙げてみせた。

関連するニュースを読む

閉じる

WWE中邑、コービンとの因縁…2人の展開に注目

PPV大会で、場外にいるコービン(右手前)を挑発する中邑真輔(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:バトルグラウンド>◇23日(日本時間24日)◇米ペンシルベニア州フィラデルフィア・ウェルズファーゴセンター

 WWEスマックダウンで「ロックスター」と呼ばれる中邑真輔(37)は、コービンに目の敵にされているようだ。

 6月6日ロチェスター大会で、中邑はケビン・オーエンズに勝利後、解説席に座っていたコービンに襲撃されていた。

 6月18日のPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク」では、ともにマネー権争奪ラダー(はしご)戦の出場選手となった。前哨戦から奇襲され、大会当日には入場している中邑がコービンの襲撃を受けて一時、バックステージに戻るほどのダメージを受けた。リングに戻ったラストもAJスタイルズとラダーを登って天井に吊されたWWE王座挑戦権利証入りブリーフケースを手にかけようとした瞬間、コービンにラダーを倒され、ケースを横取りされた形となっていた。

 負けじと中邑も6月28日のサンディエゴ大会で「(コービンは)危険なヤツだが、オレを恐れている」と反撃開始。7月に入ってもバックステージで襲撃を受け、11日のサンアントニオ大会ではシングル戦が組まれたものの、中邑は入場時に襲撃を受けて観客席での乱闘に発展。レフェリーらに制止されるとコービンがバックステージに戻って試合成立しなかった経緯もあった。

 この日のバトルグラウンドでも反則決着という形となり、中邑-コービンの因縁が続きそうだ。夏の大舞台サマースラムが8月20日にニューヨーク・ブルックリンのバークレイズ・センターで予定されており、2人の展開には注目が集まる。

PPV大会で、コービン(上)に三角絞めを仕掛ける中邑真輔(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

閉じる

中邑最後まで消化不良、反則勝ちで遺恨決着できず

PPV大会で、コービン(上)に三角絞めを仕掛ける中邑真輔(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:バトルグラウンド>◇23日(日本時間24日)◇米ペンシルベニア州フィラデルフィア・ウェルズファーゴセンター

 WWEの「ロックスター」中邑真輔(37)が、まさかの反則勝ちで遺恨決着できなかった。

 挑発、襲撃の因縁が続いていた6月の「マネー・イン・ザ・バンク」覇者バロン・コービンとPPV大会のシングルマッチで激突。序盤にエルボーとローキックを浴びせると、ベアハッグを抜け出して三角絞めに入るなどテクニカルに攻め立てた。パワー技に苦しめられながらも、後ろ回し蹴り、コーナーに乗せてのヒザ蹴りとテンポ良く攻撃を展開した。

 キンシャサ(ボマイェ)を狙ったところに、カウンターのディープ・シックスを浴びる劣勢もあったが、バックスタバー、かかと落としの連続技で反撃。再びキンシャサを決めるチャンスを待った。ところが倒れたコービンがまったく起き上がらない。中邑が背後から起こすと、レフェリーの目の前で股間を蹴り上げられた。そのまま失格判定が下り、中邑の反則勝ちに。試合終了後にはコービンの必殺のエンド・オブ・デイズを食らってしまい、中邑にとって最後まで消化不良な結末となった。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔がAJスタイルズへの王座挑戦に意欲示す

中邑真輔(写真は16年1月4日)

<WWE:スマックダウン>◇18日(日本時間19日)◇米アラバマ州バーミングハム・レガシーアリーナ

 WWEでロックスターと呼ばれる中邑真輔(37)が、今月上旬にUS王者となったAJスタイルズ(40)への王座挑戦に意欲を示した。

 試合前、タッグを組むことになったAJスタイルズとロッカールームでの作戦会議で登場。5月にタッグを組んだ経緯もあってAJから「オレたちに作戦はいらないな」と友好的に迎えられた。すると中邑はイスに飾られたUSベルトを指さし「AJがいつかオレを指名するなら、受けるよ」とニヤリ。中邑流に言い回しで、US王座に興味を示した。

 中邑、AJスタイルズ組のタッグマッチは23日(日本時間24日)のPPV大会WWEバトルグラウンド(米ペンシルベニア州フィラデルフィア・ウェルズファーゴセンター)に向けた前哨戦だった。5日後、中邑が対戦するバロン・コービン、AJが挑戦を受ける前US王者ケビン・オーエンズのタッグチームと対戦。試合はオーエンズがAJスタイルズをパワーボムで沈めた。

 前週のサンアントニオ大会で、中邑はコービンとの場外戦と展開していた。シングル戦が組まれながら、入場時に襲撃を受け、観客席での乱闘に発展。レフェリーらに制止され、リングに上がったものの、コービンがバックステージに戻ってしまい、試合成立せず。さらに因縁が深まっていた。

関連するニュースを読む

閉じる

オレが恐れている?コービンが取材中の中邑を襲撃

 WWEスマックダウンで活躍する中邑真輔(37)が4日(日本時間5日)、米アリゾナ州大会で、因縁勃発のバロン・コービンから襲撃を受けた。

 中邑はバックステージでインタビューを受け、しゃべろうとした際に、背後からコービンがWWE世界ヘビー級王座挑戦権利証入りのブリーフケースで一撃。さらに「オレが中邑を恐れているだと?」と挑発されると、強烈なエルボーで反撃した。両者はレフェリーに引き離されたが、因縁はますます深まった。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

閉じる

WWE中邑、因縁続くコービンから襲撃受ける

<米プロレスWWE:スマックダウン>◇4日(日本時間5日)◇米アリゾナ州フェニックス・トーキングスティックリゾートアリーナ

 中邑真輔(37)が、因縁の続くバロン・コービンから「襲撃」を受けた。

 バックステージでインタビューを受け始めた直後、背後から姿をみせたコービンにWWE王座挑戦権入りのブリーフケースで攻撃を受けた。倒れ込むと髪の毛をつかまれ「オレがオマエを恐れているだと」と挑発を受けたものの、強烈なエルボーを見舞って反撃。一触即発ムードを察知したレフェリーに制止された。

 先月27日のサンディエゴ大会では、中邑が映像モニターでコービン-サミ・ゼイン戦をチェック。必殺技エンド・オブ・デイズを決めて快勝したコービンの姿を見守った。「コービンと試合がしたいか」とのインタビューを受けると「危険な選手だが、オレのことを恐れている。オレのことを恐れることは間違ったことじゃないけどね」と不敵な笑みを浮かべ、余裕の挑発をしていた。

関連するニュースを読む

閉じる

KENTAからイタミへ「NXTで自分の居場所を」

クリス・ジェリコにラリアットを決めるイタミ・ヒデオ(右)(撮影・滝沢徹郎)

<WWE:東京公演>◇6月30日◇東京・両国国技館

 WWE傘下のNXTに所属するイタミ・ヒデオ(36)が母国で再起を誓った。14年7月のWWE入り後、記念すべき日本初登場は第1試合。1軍のロウに所属し、新日本などにも参戦したクリス・ジェリコ(46)と対戦した。

 KENTAとしてノアで活躍したが、入場時の声援は、ジェリコにかなわなかった。試合では得意のキックやエルボー、張り手を繰り出しジェリコを追い詰めた。しかし、必殺のgo 2 sleepに持っていこうとするところを、高角度逆エビ固めウォール・オブ・ジェリコにつかまり無念のギブアップ。1軍のジェリコに格の違いを見せつけられた。

 試合後は一回りも年上のジェリコに「日本でイタミと試合ができて光栄。彼はNXT王者になる」とたたえられ、ファンからも熱い声援を受けた。WWE入りしてからケガに泣き、遅れて入った中邑真輔には1軍昇格では先を越された。それでも日本のファンの声援が何よりありがたかった。

 「この3年は大きなケガもあり、ボクがWWEに入って思い描いていたものと全く違った。でも復帰するとファンの温かい声援に救われた」と話す。もがき苦しむ中で、KENTAからイタミに変わったことで「何かを変えなければ」と焦っていた自分に気がついたという。

 「自分のやれることをやっていこう。まずはNXTで自分の居場所をつくること」。5月には敗れはしたが、NXT王座にも挑戦した。イタミの本当の戦いはこれからだ。【桝田朗】

 ◆イタミ・ヒデオ 本名・小林健太。1981年(昭56)3月12日生まれ、埼玉県草加市出身。東京・修徳高時代は野球部で、99年に全日本プロレス入り。00年3月にプロデビュー。同年6月に三沢光晴が興したノアに移籍。ノアではKENTAとしてGHCジュニアヘビー級王座を獲得するなどジュニアで活躍も12年にヘビー級転向。13年1月にGHCヘビー級王座を獲得。14年4月にノアを退団し、同年7月にWWE入り。9月にWWE傘下のNXTでデビューした。174センチ、81キロ。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔、因縁のコービン挑発「オレを恐れている」

中邑真輔(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<米プロレスWWE:スマックダウン>◇27日(日本時間28日)◇米カリフォルニア州サンディエゴ・バレービューカジノセンター

 中邑真輔(37)が、因縁深まるバロン・コービンを自信満々に挑発した。

 レッドのコスチュームを着用した中邑はバックステージの映像モニターでコービン-サミ・ゼイン戦をチェック。必殺技エンド・オブ・デイズを決めて快勝したコービンの姿を見守った。「コービンと試合がしたいか」とのインタビューを受けると「危険な選手だが、オレのことを恐れている。オレのことを恐れることは間違ったことじゃないけどね」と自信たっぷりの表情で言い切った。

 18日(日本時間19日)のPPV大会でWWE王座挑戦の契約書が入るブリーフケースを奪い合うマネー権争奪ラダー(はしご)戦に出場した際、中邑は入場時にコービンの襲撃を受けてバックステージに消えた。治療後にリングに戻り、最後にAJスタイルズとラダーをのぼりながら頂上まで一騎打ちを展開。天井につるされたブリーフケースが手に届くところまで到達したが、コービンにラダーを倒されてブリーフケースを横取りされていた。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔が視聴率に貢献 ジグラーを好試合で破る

中邑真輔(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 WWEスマックダウンの中邑真輔(37)が、同団体放送のテレビ視聴率アップに貢献した。

 中邑が元世界ヘビー級王者ドルフ・ジグラーを好試合で破った20日(日本時間21日)のケーブルテレビの視聴者は259万7000人で前週の13日の大会より約25%、50万人近く増えたと、21日(同22日)、複数の米メディアが報じた。USネットワークのWWEスマックダウンは米ケーブル局で4番目に多く視聴され、これは前週の11番から大きく順位を上げた。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔キンシャサ決め勝利、タイトル再挑戦へ一歩

 WWEスマックダウンの中邑真輔(37)が20日(日本時間21日)、米オハイオ州デイトン大会で、元世界ヘビー級王者ドルフ・ジグラーとのシングル戦で勝利を収めた。

 ジグラーの得意技ジグザグからの裸絞めで窮地に陥ったが、頭突きからキンシャサを決め、16分50秒で仕留めた。18日のPPV大会ではWWE世界ヘビー級王座の挑戦権を奪えなかったが、再びタイトル挑戦に1歩を踏み出した。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔あと一歩、世界ヘビー級王座挑戦権奪えず

中邑真輔(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<米プロレスWWE:スマックダウン>◇18日(日本時間19日)◇米ミズーリ州セントルイス

 大舞台のPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク」で、中邑真輔(37)はあと1歩でWWE世界ヘビー級王座挑戦権を奪えなかった。

 同王座挑戦の契約書が入るブリーフケースを奪い合うマネー権争奪ラダー戦にAJスタイルズ、サミ・ゼイン、ケビン・オーエンズ、ドルフ・ジグラー、バロン・コービンとともに出場。ステージに登場した直後、中邑はコービンの襲撃を受けて大ダメージ。関係者のサポートを受け、バックステージへと消えた。

 残った5人による場外乱闘が続いた後、ラダーを登ろうとするコービンを狙って中邑がカムバック。キック技で場外へと落としてリベンジに成功すると、リングに上がってきたジグラーにキンシャサ(ボマイェ)で返り討ちした。オーエンズも払いのけ、自らリング中央にラダーを設置。すると目の前にAJスタイルが登場し、ラダーの頂上まで最後の攻防を続けた。

 2人の一騎打ちの様相を呈し、中邑がブリーフケースに手をかけようとしたところ、復活したコービンに邪魔され、ブリーフケースを横取りされた。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔、大舞台への前哨戦でラスト締めくくる

<米プロレスWWE:スマックダウン>◇13日(日本時間14日)◇米ルイジアナ州ニューオーリンズ

 中邑真輔(37)が大舞台に向けた前哨戦でラストを締めくくった。

 AJスタイルズ、サミ・ゼインと組み、ケビン・オーエンズ、ドルフ・ジグラー、バロン・コービン組との6人タッグ戦に出場。18日(日本時間19日)にPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク」でマネー権争奪ラダー戦に出場する6選手のメーンイベントは、ゼインがキック技で大ダメージを与えたコービンからフォールを奪った。

 リング中央の天井には18日のラダー戦で奪い合うブリーフケース(WWE世界ヘビー級王座に挑戦できる契約書入り)が設置されていた。試合直後からリング内外で6選手の乱闘劇が始まり、ラダーがリングに持ち込まれた。1度はコービンがリング中央にラダーをセット。最上段まで登ったものの、中邑が素早くリングイン。ラダーを倒してリングに振り落としたコービンに対し、キンシャサ(ボマイェ)でKOした。

 前週のオーエンズ戦後に襲撃してきたコービンへの「お返し」に成功した中邑はラダーを再セットして最上段まで到達。右手でブリーフケースをつかんで掲げ、会場のファンから大歓声を浴びた。PPV大会「マネー・イン・ザ・バンク」に向け、中邑もラダー戦を制する有力候補として大きくアピールした。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔、US王者に快勝のちコービンから襲撃

 WWEスマックダウンの中邑真輔(37)が6日(日本時間7日)、米ロチェスター大会のメインで、US王者ケビン・オーエンズに快勝した。

 14年5月のROH大会、昨年のWWE日本大会、前週のタッグ戦に続いて4連勝。オーエンズらが出場して世界ヘビー級次期挑戦者を決める18日(同19日)のマネー・ラダー戦に弾みをつけた。試合直後にはバロン・コービンの襲撃を受け、新たな因縁も生まれた。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔、キンシャサ決め快勝 存在感増す

中邑真輔(写真は16年1月4日)

<米プロレスWWE:スマックダウン>◇6日(日本時間7日)◇米ニューヨーク州ロチェスター

 元新日本プロレスの中邑真輔(37)が、ケビン・オーエンズとのシングル戦に快勝した。鮮やかな蹴り技を的確にヒットさせ、最後はリバースパワースラムからキンシャサ(ボマイェ)を決めて3カウントを奪取。前週のタッグ戦でフォール勝ちしていたオーエンズに対して「連勝」する形となった。

 中邑はオーエンズらと計6選手で6月18日(日本時間19日)にPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク」でマネー権争奪ラダー戦に出場する。同ラダー戦で奪い合うブリーフケースにはWWE世界ヘビー級王座に挑戦できる契約書が入っている。

 試合直後、ラダー戦のメンバーとなるバロン・コービンの乱入を受け、エンド・オブ・デイズを食らった。リング上で大の字になってしまった中邑だが、その存在感は日々、増すばかりだ。

 また6日には、9月16日にエディオンアリーナ大阪で開催されるWWE大阪公演が発表。中邑の出場も予定されている。

関連するニュースを読む

閉じる

WWE大阪公演9・16開催 中邑真輔ら顔ぶれ豪華

WWE大阪公演で来日予定の中邑(右端)とAJスタイルズ(中央)(C) 2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 米プロレスWWEの大阪公演「WWE Live  Osaka」が9月16日にエディオンアリーナ大阪で開催されることが6日、発表された。

 スマックダウン昇格後も活躍を続ける中邑真輔をはじめ、AJスタイルズ、ランディ・オートン、ケビン・オーエンズ、ジンダー・マハル、バロン・コービン、ナオミ、シャーロット・フレアー、ベッキー・リンチという豪華な顔ぶれの来日が予定されている。同公演のチケットは7月2日より一斉発売される。

関連するニュースを読む

閉じる

中邑真輔タッグ戦勝利、6月の大舞台へ向け勢い

タッグ戦で勝利を飾り、6月の大舞台に向けて勢いづく中邑(中央)(C) 2017 WWE, Inc. All Rights Reserved

<米プロレス:WWE>◇30日(日本時間31日)◇米ジョージア州アトランタ

 スマックダウン・ライブに元新日本プロレスの中邑真輔(37)が登場し、タッグ戦で勝利を飾った。

 冒頭で23日(日本時間24日)にAJスタイルズと組んだタッグ戦でフォールを奪ったケビン・オーエンズとにらみ合い。「先週、オレがオマエから3カウントを奪ったのを忘れたのか」と問いただし、割って入ってきたバロン・コービンと3人で乱闘に突入。1対2と不利になった中邑はサミ・ゼインに救出され、そのまま中邑、ゼイン組がオーエンズ、コービン組とのタッグ戦に臨んだ。

 終始、得意攻撃で圧倒した中邑は、仲間割れを起こしてコービンに殴り付けられてダウンしたオーエンズを見逃さず、キンシャサ(ボマイェ)を決めて勝利した。6月18日(日本時間19日)にPPV大会「マネー・イン・ザ・バンク」でマネー権争奪ラダー戦に出場する中邑。このラダー戦で奪いあうことになるブリーケースにはWWE世界ヘビー級王座に挑戦できる契約書が入っている。

 試合後、天井につるされたマネー・イン・ザ・バンクのブリーフケースを見上げながら中邑は「イヤァオ!」をファンとともに絶叫していた。

関連するニュースを読む

閉じる