上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

山中「深イイ」コラボでV3戦

気合の表情で連打を放つ山中

 WBC世界バンタム級王者の山中慎介(30=帝拳)が「深イイ」コラボでV3戦に臨む。今月8日、東京・両国国技館で、同級1位マルコム・ツニャカオ(35=真正)と3度目の防衛戦を控えた2日、都内の帝拳ジムで練習を公開した。試合当日は、日本テレビの人気番組「人生が変わる1分間の深イイ話」の中で生中継される異色の放送が決定し、計9人の元世界王者が同時解説する。同番組に出演経験のある山中は持ち前の技術を披露した上で、KO勝ちで締めくくる「深イイ試合」を約束した。

 滋賀・湖南市出身という関西人の山中にとって、うれしい演出だった。試合中継局・日本テレビから人気バラエティー番組「深イイ話」とのコラボ放送を伝えられたV2王者は「マルコム(・ツニャカオ)もレベルの高い選手で、自然といい試合になる。いい試合をして自分が勝つだけ。『深イイ』試合をします」と報道陣を笑わせながら喜びを表現した。

 同局によると試合当日の番組には元世界王者が集結する。輪島功一、ガッツ石松、具志堅用高、渡嘉敷勝男、井岡弘樹、竹原慎二、薬師寺保栄の各氏が出演し、山中の防衛戦に映像が切り替わった時、副音声で羽鳥慎一アナウンサーの実況のもと、元世界王者7人が解説する予定。また主音声でもセレス小林、飯田覚士の2氏が解説を務めるため、計9人の元世界王者による同時解説になるという。日本テレビの荻野陽介プロデューサーは「バラエティー番組内でのボクシング中継は日テレ初の試みだと思います」と明かした。

 今年2月にゲスト出演していた同番組内での生中継に、山中は燃えていた。この日の公開スパーリングでは試合6日前にもかかわらず、同門の佐々木洵樹(21)と激しい打ち合いを展開して報道陣を驚かせた。「深イイパンチ、深イイ攻防を見せたい。最初に技術を見せ、中盤以降でKO決着できれば」と冗談を交え、自信をのぞかせた。

 番組内では深イイ話の映像を見た後、パネリストが心のレバーで「深イイ」かどうかを判定する。山中は「テレビを見ている方もたくさんいらっしゃるので、自分を売る最大のチャンスかと思う。強いと思われるように。KO勝ちしたら、ぜひ心のレバーを前に押して深い話にしてほしいですね」とやる気満々だった。【藤中栄二】

 ◆人生が変わる1分間の深イイ話 日本テレビ系列で08年1月に特番として放送され、同2月25日から毎週月曜日午後9時の1時間枠でレギュラー化。全体の司会はフリーの羽鳥慎一アナウンサーが務める。「深イイ話」とは深い話+いい話。出演するパネリストが1分間の深イイ話の映像を見た後、深い話と感じたら「心のレバー」を前に倒して「深イイ」、もし感じなかった場合はスイッチを手前に引き「う~ん」の判定をする。

関連するニュースを読む

バラエティー男 豊ノ島7勝/九州場所

突っ張りからタイミングの良いはたき込みで富士東を下し1敗を守った豊ノ島

<大相撲九州場所>◇8日目◇18日◇福岡国際センター

 西前頭6枚目の豊ノ島(29=時津風)が、1敗を守った。初顔合わせとなった東前頭13枚目の富士東(25)をはたき込んだ。本場所前、テレビのバラエティー番組に出演し、お笑いのセンスを発揮。新たなファンの拡大を実感しつつ、本業の土俵も盛り上げてきた。

 三役常連の実力は、やはり違う。相手の突っ張りをかいくぐって押し込んだ豊ノ島は、機を見てはたき込み。「あごも上がって、ちょっとまずいなと思った。ちょっと慌ててはたいちゃったけど…」。取組内容は反省したが、テレビの中と同様、絶妙の間で相手を転がした。

 本場所前、日本テレビ系のバラエティー番組「人生が変わる1分間の深イイ話」と深夜の「芸人報道」に出演した。得意の話術を生かし、芸人の今田耕司や雨上がり決死隊らと絡んだ。適度にボケたり、話に乗ったりしながら、番組を盛り上げた。

 九州入りすると、反響を実感した。町を歩いていると見知らぬ人から「テレビ、見ましたよ」と声をかけられた。後援者からは「親方になれなくても、しゃべりがあるから、芸能界でやっていけるな」と言われてしまった。

 もちろん、本業が何かは心得ている。「若い子がどんどん相撲を見てくれるように、ああいうところでアピールすることも大事だと思う。じいちゃんばあちゃんだけでなく、若い人にも相撲を見てもらえるきっかけになればいいと思っています」。

 本場所でも結果を出して、7勝1敗。九州場所は6年連続勝ち越し中と相性もいい。2年前は、優勝決定戦まで進出した思い出もある。7月には、長女希歩ちゃんが誕生。家を守る沙帆夫人は「取組の時だけは、寝かさないようにして娘とテレビを見ています。(負けた)嘉風戦だけ寝ていたので、験を担いでます」と陰ながら支援する。

 豊ノ島のもとには、場所後の番組出演依頼も届いた。どんな形で、本場所を終えるのか。「2年前を意識すると硬くなるけど、2年前のような相撲になればいいなと思っています」。土俵の外で笑いを取り、土俵の中では白星を取りにいく。【佐々木一郎】

関連するニュースを読む

白鵬ら「深イイ話」出演で赤裸々に語る

テレビ番組の収録に臨んだ白鵬(中央)ら力士たち

 横綱白鵬(27=宮城野)らが12日、日本テレビ系列の人気番組「人生が変わる1分間の深イイ話」の収録に臨んだ。白鵬のほか大関琴欧洲、幕内豊ノ島、雅山、旭天鵬が出演。入門時の苦労話、夫人とのなれ初めなどプライベートの話まで披露。旭天鵬は「自分1人だったら緊張しただろうけど、何人かいたから大丈夫。面白かったよ」。番付発表が行われる29日午後9時から放送される。

関連するニュースを読む