上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

男子「阿修羅」女子「ブルーローズ」ボクシング代表

「阿修羅ジャパン」をイメージしたポーズを取る男子代表。後列左から成松、田中、森脇、前列が岡沢

日本ボクシング連盟は20日に都内で強化委員会を開き、東京オリンピック(五輪)の開催国枠の適用者3人を選出した。

男子フライ級・田中亮明(26=中京学院大中京高教)、ライト級・成松大介(30=自衛隊)、ミドル級・森脇唯人(23=自衛隊)が代表に決まった。 今月3日から11日までヨルダンで行われたアジア・オセアニア予選では、男子はウエルター級の岡沢セオン(24=鹿児島県体育協会)、女子はフライ級の並木月海(21=自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(19=日体大)が出場枠を獲得し、内定していた。男子は開催国枠による最低限の枠数「4」のうち、自力で枠を得た岡沢をのぞく、3枠を選考。女子は2人が自力で枠を得たことで、開催国枠「2」は消滅していた。

また日本代表の愛称も決まり、男子は「阿修羅ジャパン」、女子は「ブルーローズジャパン」となった。

青い薔薇を手にする女子日本代表「ブルーローズ・ジャパン」の並木(左)と入江
東京五輪代表選手。左から入江、並木、岡沢、森脇、成松、田中

五輪へ田中亮明「勝ちをつかみにいく」弟は田中恒成

東京五輪代表選手。左から入江、並木、岡沢、森脇、成松、田中

日本ボクシング連盟は20日に都内で強化委員会を開き、東京オリンピック(五輪)の開催国枠の適用者3人を選出した。男子フライ級・田中亮明(26=中京学院大中京高教)、ライト級・成松大介(30=自衛隊)、ミドル級・森脇唯人(23=自衛隊)が代表に決まった。

会見では、田中は「もっと攻撃的なボクシングをして、勝ちをつかみにいく姿勢を見せたい」と意気込んだ。弟はプロで史上最速の世界4階級制覇を目指す田中恒成で、兄は五輪で世界に挑む。リオデジャネイロ五輪に続く2度目の出場となる成松は「非常にうれしく思う。光栄です。一生懸命頑張りたい」、森脇は「選んでくれたからにはしっかり練習して結果で返したい」と述べた。

今月3日から11日までヨルダンで行われたアジア・オセアニア予選では、男子はウエルター級の岡沢セオン(24=鹿児島県体育協会)、女子はフライ級の並木月海(21=自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(19=日体大)が出場枠を獲得し、内定していた。男子は開催国枠による最低限の枠数「4」のうち、自力で枠を得た岡沢をのぞく、3枠を選考。女子は2人が自力で枠を得たことで、開催国枠「2」は消滅していた。

関連するニュースを読む

ボクシング田中亮明ら3人を五輪開催国枠に選出

日本ボクシング連盟は20日に都内で強化委員会を開き、東京オリンピック(五輪)の開催国枠の適用者3人を選出した。

男子フライ級・田中亮明(26=中京学院大中京高教)、ライト級・成松大介(30=自衛隊)、ミドル級・森脇唯人(23=自衛隊)が代表に決まった。

今月3日から11日までヨルダンで行われたアジア・オセアニア予選では、男子はウエルター級の岡沢セオン(24=鹿児島県体育協会)、女子はフライ級の並木月海(21=自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(19=日体大)が出場枠を獲得し、内定していた。男子は開催国枠による最低限の枠数「4」のうち、自力で枠を得た岡沢をのぞく、3枠を選考。女子は2人が自力で枠を得たことで、開催国枠「2」は消滅していた。

関連するニュースを読む

並木月海「夢がかなう」ブルーローズで東京五輪金

代表を決めて帰国し、笑顔の3選手。左から岡沢、並木、入江

花言葉は「夢がかなう」-。ボクシングの東京オリンピック(五輪)アジア・オセアニア予選で代表内定を決めた男女3選手が13日、開催地のヨルダンから帰国した。12年ロンドン大会から採用された女子では、2人が準優勝を飾り、日本勢初の五輪内定を決めた。

小柄ながら踏み込みの速さと強烈なパンチ力で勝ち上がった女子フライ級の並木月海(21=自衛隊)は、成田空港の会見で質問が飛ぶと、「あるかなと思ってみんなで考えました」と少し恥ずかしそうに切り出した。「○○ジャパン」の候補はあるかと聞かれた時だった。

「女子は今まで五輪選手がいませんでした。存在しないものが存在するようになるという意味で青いバラ、『ブルーローズ・ジャパン』がいいなとなりました」と説明した。同フェザー級で内定を決めた入江聖奈(19=日体大)も「花言葉が『夢がかなう』ということで、金メダルを取りたい」と補足した。

感想を求められた男子はウエルター級の岡沢セオン(24=鹿児島県スポーツ協会)は「ブルーローズ、めっちゃいいと思います」と笑顔をみせ、「男子も話し合いました。『阿修羅(あしゅら)ジャパン』です。戦いの神なので」と手を広げてアピールした。

世界では新型コロナウイルスの影響が広がり、五輪の延期論も飛び交っている。岡沢は「受け入れがたい。どうなるかできる立場ではないし、あると思ってやります」と述べた。

関連するニュースを読む

五輪出場決めた並木月海ら3人が帰国、開催信じる

代表を決めて帰国し、笑顔の3選手。左から岡沢セオン、並木月海、入江聖奈(撮影・阿部健吾)

ボクシングの東京オリンピック(五輪)アジア・オセアニア予選で代表内定を決めた男女3選手が13日、開催地のヨルダンから帰国した。

12年ロンドン大会から採用された女子では2人の日本勢初出場者が誕生する見込みだが、新型コロナウイルスの影響で、大会の延期などの情報も飛び交う。枠を勝ち取った女子フライ級の並木月海(21=自衛隊)は「受け入れがたい」、同フェザー級の入江聖奈(19)は「できることをしっかりやるしかない」とした。男子ウエルター級の岡沢セオン(24)も「あると思ってやるしかない」と開催を信じた。

関連するニュースを読む

並木月海、入江聖奈は準V ボクシング東京五輪予選

<ボクシング:東京オリンピック(五輪)アジア・オセアニア予選>◇11日◇アンマン

日本女子初の五輪出場を決めたフライ級の並木月海(自衛隊)とフェザー級の入江聖奈(日体大)は、ともに決勝で判定負けし準優勝だった。

21歳の並木は常園(中国)との打ち合いで序盤は優位に進めたが、最終3回に巻き返され2-3で屈した。19歳の入江は昨年の世界選手権銅メダルの林郁■(台湾)の強打に苦しみ、0-5の完敗だった。

今予選での日本勢出場権獲得は男子ウエルター級の岡沢セオン(鹿児島県体協)を含め3人だった。(共同)

※■は女ヘンに亭

関連するニュースを読む

五輪代表のボクシング入江聖奈、並木月海が決勝進出

<ボクシング:東京オリンピック(五輪)アジア・オセアニア予選>◇10日◇アンマン

準決勝が行われ、日本女子初の五輪出場を決めたフェザー級の入江聖奈(日体大)、フライ級の並木月海(自衛隊)がともに11日の決勝に進んだ。

入江は韓国選手に5-0の判定勝ち。台湾選手と対戦した並木は、試合途中の相手の棄権により勝ち上がった。

東京五輪で日本女子の開催国枠は2階級。入江、並木が自力で獲得したため、他の3階級は5月の世界最終予選(パリ)で獲得を目指す見込み。(共同)

関連するニュースを読む

消えた猫パンチ 記者が感じた女子ボクシングの変化

マスボクシングでリングに立つ山崎静代(2011年5月14日撮影)

日本女子が新たな扉を開けた。女子フライ級(48~51キロ)の並木月海(21=自衛隊)、女子フェザー級(54~57キロ)の入江聖奈(19=日体大)がともに準々決勝を突破し、東京五輪の出場枠を獲得。日本連盟の内規を満たし、代表に内定した。

ロンドン五輪で種目採用されてから3大会目、女子では日本第1号、第2号の五輪選手が誕生した。お笑いコンビ「南海キャンディース」のしずちゃんこと山崎静代の挑戦で注目されたロンドン当時を知る記者が感じた変化とは…。

   ◇   ◇   ◇

ドタバタ劇にあぜんとしたのを今でも思い出す。8年前、中国北東部、北朝鮮に近い秦皇島。2カ月後に迫ったロンドン五輪予選を兼ねた女子世界選手権開幕の前日だった。

「聞いていたのと違う。困ったな」。日本代表の関係者は、困惑を隠さなかった。原因は前夜の監督会議での「新情報」。大会で決まる五輪出場枠は3階級(フライ、ライト、ミドル級)で各8。ベスト8入りで決定と日本連盟は確認していたが、各階級に設けられた大陸枠の存在を通知された。特に山崎のミドル級のアジア枠は1で、8強だけでは英国行きは決まらないと判明した。

しかし、調べると、この通達は日本連盟の英語の「誤訳」が理由で、全く「新情報」ではなかった。そこに日本女子を取り巻く環境が透けた。IOC主導の男女平等の観点から採用はされたが、国内では強化方針もなく、情報を精査する当たり前もなかった。男子の「添え物」感が強く、戦略がある強化は乏しかった。

結局、山崎は3回戦で敗退。その後に大陸ごとの推薦枠を希望する国・地域が行う申請を日本連盟が把握しておらず、期日が過ぎたことも判明する失態まで付いた。リオ五輪でも、女子の扱いに大きな変化はなく、予選で敗退して「第1号」は遠かった。

分岐点はやはり、日本連盟の体制が変わってから。18年夏に山根明前会長のパワハラ問題などが明るみに出て、体制が一新。東京五輪まで2年を切る中、「メダルの可能性が高い」と待遇改善したのが女子だった。リオ五輪で母国に金3つをもたらしたシン氏(ウズベキスタン)を男女兼任コーチに据え、山根体制ではなかった男女合同の海外合宿も行った。

いま、女子のレベルは飛躍的に上がる。互いに猫パンチのように打ち合い、体力勝負だった過去はない。山崎も「すごくきれいなボクシングをみんなする」とうなる。入江は男子顔負けの基本に忠実なワンツーを打ち、並木の踏み込みの速さは男子にも劣らない。競技人口では大きな増加はなく、いまも認知度は低い。ただ、8年前の中国から、環境も技術も大きく向上している。夏の両国国技館、首にメダルをかける女子ボクサーが登場すると見ている。【阿部健吾】

関連するニュースを読む

フライ級並木月海 ボクシング女子初五輪へ、入江と

<ボクシング:東京オリンピック(五輪)アジア・オセアニア予選>◇9日◇アンマン

女子フライ級準々決勝で21歳の並木月海(自衛隊)がタイ選手に5-0で判定勝ちし、五輪出場を決めた。同級は6人に出場枠が与えられる。

昨年の世界選手権ベスト8の並木は力強い左ストレートを軸に手数、有効打ともに上回った。同じく9日に4強入りしたフェザー級の入江聖奈(日体大)とともに、2012年ロンドン大会で採用された五輪の女子ボクシングで日本勢初出場となる。

(共同)

関連するニュースを読む

五輪入江聖奈「とっとこハム太郎」に周囲は…/略歴

<ボクシング:東京五輪アジア・オセアニア予選>◇9日◇ヨルダン・アンマン◇男女8階級

女子フェザー級準々決勝で入江聖奈(19=日体大)が昨年の世界選手権優勝のネスティー・ペテシオ(フィリピン)を4-1の判定で破り、東京オリンピック(五輪)出場を決めた。今大会で出場枠を獲得した選手が内定とする日本連盟の内規を満たした。

お笑いコンビ南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代の挑戦で注目された12年ロンドン大会から採用され、3大会目。五輪のボクシング女子で日本勢初出場を決めた。

   ◇   ◇   ◇

☆入江聖奈(いりえ・せな)☆

◆生まれ 2000年(平12)10月9日、鳥取県。

◆戦績 中学生以下による全日本アンダージュニア大会を第1回(14、15年)から連覇。鳥取・米子西高では3年で全日本選手権優勝。通算では「50戦42勝8敗くらい」。

◆憧れ 「がんばれ元気」も世代ではないが、いま動画を見るボクサーも古い。タイソン、レナード、メイウェザーがお気に入り。日本人ではロンドン五輪銅の清水聡がイチ押し。

◆大学生 日体大では柔道で東京五輪代表の阿部詩と同級生。兄の一二三とは授業が同じこともあるそうで、「オーラ発している。一発で強いと分かる」とか。

◆ムードメーカー 明るい性格で日本代表の中でも笑顔が絶えない。練習曲に「とっとこハム太郎」のテーマ曲を選んで、「みんな気に入ってます」と主張も、周りは「いやいやです」と苦笑い。

◆身長 164センチ。

関連するニュースを読む

しずちゃん「この時が来たか」ボクシング入江五輪に

マスボクシングでリングに立つ山崎静代(2011年5月14日撮影)

<ボクシング:東京五輪アジア・オセアニア予選>◇9日◇ヨルダン・アンマン◇男女8階級

女子フェザー級準々決勝で入江聖奈(19=日体大)が昨年の世界選手権優勝のネスティー・ペテシオ(フィリピン)を4-1の判定で破り、東京オリンピック(五輪)出場を決めた。今大会で出場枠を獲得した選手が内定とする日本連盟の内規を満たした。

お笑いコンビ南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代の挑戦で注目された12年ロンドン大会から採用され、3大会目。五輪のボクシング女子で日本勢初出場を決めた。

   ◇   ◇   ◇

ロンドン五輪予選に挑んだしずちゃん すごくうれしい。自分も出たかった大会。この時が来たか、と。いまの自分はボクシングがなければないと思ってます。ストイックですし、やっぱり殴り合うには怖さに勝たないといけない。本能むきだしで、動物的なところが魅力です。女子のレベルは私が挑戦した頃に比べ、どんどん上がってます。みんなきれいなボクシングをする。五輪ではぜひ注目して下さい。宣伝でもなんでも使ってくれへんかな。なんでもやります。

関連するニュースを読む

入江聖奈が五輪代表!タイソン好き、阿部詩と同級生

<ボクシング:東京五輪アジア・オセアニア予選>◇9日◇ヨルダン・アンマン◇男女8階級

女子フェザー級(54~57キロ)準々決勝で入江聖奈(19=日体大)が昨年の世界選手権優勝のネスティー・ペテシオ(フィリピン)を4-1の判定で破り、東京オリンピック(五輪)出場を決めた。

今大会で出場枠を獲得した選手が内定とする日本連盟の内規を満たした。お笑いコンビ南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代の挑戦で注目された12年ロンドン大会から採用され、3大会目。五輪のボクシング女子で日本勢初出場を決めた。

   ◇   ◇   ◇

最終3ラウンドでも入江のスピードは落ちなかった。ワンツー、上下への打ち分けで初回から握った主導権を渡さない。中東の地で9分間、堂々と打ち合う。運命の時。勝利のコールを聞くと両手を挙げ、白い歯を見せた。「今まで勝った試合の中で一番うれしい。世界女王に勝って決めることができて最高」。日本女子初の快挙に声が弾んだ。

小2から磨き続けたワンツーがさえた。距離を詰めてくるペテシオを、リーチをいかした多彩なジャブで迎撃。好機に右を打ち込み、ボディーにも拳をめり込ませた。2回には苦しくなった相手がホールディングで減点1を受け、大きくリード。最終回もパンチをまとめて逃げ切った。

鳥取県米子市の自宅で「ひまつぶし」に読んだ漫画が始まりだった。母が好きだった小山ゆうの「がんばれ元気」。世代ではないボクシング漫画で「ベルトを巻く姿が格好良かった」と興味を持つと、すぐに市内のシュガーナックルジムへ通った。試合でパンチがあたる快感にのめり込んでいった。13年に東京五輪開催が決まった頃は後藤ケ丘中の1年生。鳥取県内で日本連盟に選手登録している女子はただ1人だった。

同時に同中の陸上部にも属し、中1で駅伝のメンバーになるほど。同部の朝練、午後練に出て、夜にジムに通う生活。過酷な掛け持ち生活を貫いた。ジムの伊田会長は「才能ではなく、地味な練習をコツコツこなせるのが強みだった」と証言する。抜群のスタミナはいまでも武器だ。

「意識はする。光栄なので、絶対に取りたい」と誓った女子1号を決めた。次は「ここまで来たらファイナリストになりたい」。そして、その次は…。「東京五輪では絶対に金メダルを取りたい」。地道に、頂点への階段を上る。

☆入江聖奈(いりえ・せな)☆

◆生まれ 2000年(平12)10月9日、鳥取県。

◆戦績 中学生以下による全日本アンダージュニア大会を第1回(14、15年)から連覇。鳥取・米子西高では3年で全日本選手権優勝。通算では「50戦42勝8敗くらい」。

◆憧れ 「がんばれ元気」も世代ではないが、いま動画を見るボクサーも古い。タイソン、レナード、メイウェザーがお気に入り。日本人ではロンドン五輪銅の清水聡がイチ押し。

◆大学生 日体大では柔道で東京五輪代表の阿部詩と同級生。兄の一二三とは授業が同じこともあるそうで、「オーラ発している。一発で強いと分かる」とか。

◆ムードメーカー 明るい性格で日本代表の中でも笑顔が絶えない。練習曲に「とっとこハム太郎」のテーマ曲を選んで、「みんな気に入ってます」と主張も、周りは「いやいやです」と苦笑い。

◆身長 164センチ。

関連するニュースを読む

ボクシング代表1号!女子入江聖奈が東京五輪決める

ボクシングの東京五輪アジア・オセアニア予選は9日、アンマンで行われ、女子フェザー級準々決勝で入江聖奈(日体大)がフィリピン選手に判定勝ちし、五輪出場を決めた。ボクシングの東京五輪日本代表決定第1号。(共同)

関連するニュースを読む

那須川幼なじみ並木月海が五輪前進、次戦勝利で権利

ボクシングの東京オリンピック(五輪)アジア・オセアニア予選は7日、アンマンで行われ、女子フライ級で、キックボクシング界の神童こと那須川天心の幼なじみで、昨年の世界選手権ベスト8の並木月海(21=自衛隊)がモンゴル選手を5-0の判定で下した。

8日以降の準々決勝で勝てば五輪出場権を獲得する。並木は軽快なフットワークから小気味よく右ジャブや左ストレートを当て、危なげなく試合を進めた。

同じく8強入りしたフェザー級の入江聖奈(日体大)とともに日本女子初の五輪出場を目指す。(共同)

関連するニュースを読む

フェザー級入江聖奈が五輪王手 ボクシング五輪予選

井上尚弥とスパーリングした堤駿斗(右)(19年3月30日撮影)

ボクシングの東京オリンピック(五輪)アジア・オセアニア予選は4日、アンマンで行われ、女子フェザー級の入江聖奈(日体大)が初戦の2回戦でニュージーランド選手に5-0の判定で勝った。9日の準々決勝に勝てば五輪出場が決まる。

男子フライ級1回戦で田中亮明(岐阜・中京学院大中京高教)はキルギス選手に1-4の判定で敗れ、この予選での五輪出場権獲得はならなかった。5月の世界最終予選(パリ)に回る。

3日の男子ミドル級1回戦は、森脇唯人(自衛隊)がイラク選手に5-0の判定で完勝し2回戦に進んだ。男子フェザー級1回戦では堤駿斗(東洋大)がフィリピン選手に2-3の小差の判定で敗れた。

当初、中国の武漢で2月に実施予定だったが新型コロナウイルス感染拡大の影響で変更された。

関連するニュースを読む

並木月海が判定勝ち、五輪代表へ「ここからが勝負」

判定勝ちした並木月海(右)(撮影・峯岸佑樹)

<ボクシング:東京五輪アジア・オセアニア予選兼世界予選女子代表決定戦>◇8日◇東京・東洋大総合スポーツセンター◇女子フライ級(48~51キロ級)

女子フライ級で18年世界選手権銅メダルの並木月海(つきみ、21=自衛隊)が、全日本選手権覇者の河野沙捺(渡辺溶接所)に5-0で判定勝ちした。

並木は153センチの小柄な体格で、1回から積極的に攻撃を仕掛けた。踏み込みの速さを生かした持ち味の強打を連発。距離を保ちながら左ストレート、2回以降の接近戦では、右ボディーなどを有効的に使ってポイントを稼いだ。最後まで前への精神を貫いた。勝利したことで、東京五輪代表へ前進した。「うれしい気持ちだけど、五輪枠は(開催国枠ではなく)自分でしっかりとつかみたい。ここからが勝負」と気を引き締めた。

千葉県成田市出身。格闘一家に育ち、幼少期から3人の兄妹が習う極真空手の道場へ通った。5歳から男子に交じり、汗を流した。初出場した関東支部大会決勝の相手が、キックボクシング界の「神童」こと那須川天心だった。結果は完敗。小学生の頃も2度対戦して、負けたという。小3からは、友人に誘われるままキックボクシングも始めた。

中学に入ると、格闘技が嫌になった。「普通の女の子になりたい」。1年間、レールから外れ、陸上部に属しながら「普通の生活」を送った。しかし、格闘技を辞めたら何か物足りない。フィットネス感覚で中2の頃、ジムに入門すると才能が一気に開花した。ボクシングの名門、埼玉・花咲徳栄高時代は、毎日成田発午前4時45分の電車に乗り込み、片道2時間半かけて通学する生活を続けた。「これが当たり前」と自然と根性もつけた。

那須川とは今でも親交があり、試合前にもLINEで「頑張って」と、連絡があったという。

「格闘技界で有名になった天心を小さい頃から知ってる自分としては、憧れというよりは抜かしたい。東京五輪での金メダルは、夢から目標に変わった。しっかり、その最大の目標をかなえたい」

153センチのボクサーの挑戦はここからだ。

その他、フェザー級は入江聖奈(日体大)、ライト級は浜本紗也(日大)が勝利し、2月の東京五輪予選を兼ねるアジア・オセアニア予選と5月の世界予選の代表権を獲得した。

代表決定戦に勝利し、笑みを浮かべる並木月海(撮影・峯岸佑樹)
代表決定戦に勝利した(左から)並木月海、入江聖奈、浜本紗也(撮影・峯岸佑樹)

関連するニュースを読む