上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

最多の佐渡ケ嶽は時差式稽古 力士数データ/新番付

春場所で新入幕の琴ノ若と、師匠で父の佐渡ケ嶽親方(左)(2020年2月24日)

日本相撲協会は27日、大相撲夏場所(5月24日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。十両以上の番付は以下の通り。なお、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、夏場所開催の可否は決まっていない。

新番付にしこ名が載った力士総数は45部屋に695人。部屋別、出身地別のナンバーワンはどこか…。データを紹介します。

【部屋別力士数】

相撲通の方なら1位と2位はあの部屋…と推測できるでしょう。ここ数年、常にトップを競うあの部屋です。

1位は佐渡ケ嶽部屋の37人。新型コロナウイルスの影響で稽古にも工夫が求められる中、佐渡ケ嶽部屋は「うちは40人ぐらい力士がいるから」(琴奨菊談)と起床時間から2班に分ける「時差式稽古」で汗を流している。入幕力士が3人もいたため、幕内力士5人も45部屋でトップだ。

2位は2差の35人で木瀬部屋。関取予備軍ともいわれる幕下に15人を擁し、関取数6人は九重部屋と並び2位タイ。徳勝龍の初場所優勝で活気づいている。

3位以下は<3>玉ノ井部屋28人<4>境川部屋25人<5>高田川部屋24人<6>九重・高砂・八角の高砂一門の3部屋が23人で続く。9位で21人の追手風部屋は関取数が7人でトップ。木瀬部屋同様、学生相撲出身力士を多く輩出している。10位の錣山部屋(20人)までが、20人以上在籍の部屋だ。

また“関取在籍率”では追手風(21人中7人)、片男波(3人中1人)がトップだ。

【出身地別力士数】

やはり日本全国の人口比率に準じているのか。1位は東京都の56人。以下<2>大阪府(39人)<3>愛知県(37人)<4>兵庫県(36人)<5>福岡県(32人)で本場所開催4都府県が予想通りにベスト5入り。以下<6>神奈川県(31人)<7>千葉県(29人)<8>鹿児島県(28人)<9>埼玉県(25人)<10>熊本県(23人)と続く。幾多の横綱を輩出した“相撲どころ”の北海道はモンゴルと並ぶ11位(22人)、やはり多くの名力士を輩出した相撲が盛んな青森県は10人(21位タイ)となっている。

国別ではモンゴルの22人がダントツで、ジョージアが2人、残るブラジル、中国、ロシア、ブルガリア、ハンガリー、フィリピン、ウクライナが各1人となっている。

関連するニュースを読む

豊ノ島「最後の勇姿」家族に見せられずも…悔いなし

16年初場所13日目、琴奨菊(右)をとったりで破る豊ノ島(2016年1月22日撮影)

せめてもの願いはコロナ禍に打ち砕かれた。日本相撲協会は17日の理事会で、元関脇豊ノ島(36=時津風)の引退及び年寄井筒の襲名を承認した。今後は部屋付き親方として後進の指導にあたる。

幕内在位71場所中に三役を13場所務め、三賞も10回受賞。168センチの小兵ながら差し身のうまさでもろ差しを得意とし、相撲巧者として活躍したが力尽きた。

   ◇   ◇   ◇

関取復帰をかけた無観客開催だった3月の春場所。東幕下2枚目で2勝5敗と負け越し再十両の可能性が消えた豊ノ島は「幕下で負け越して1つの決断をする時なのかなという思いはある」と話していた。心中は九分九厘、引退に傾いていたが父親の顔で「あとは娘との闘いかな」とも。千秋楽から1週間後に帰京し沙帆夫人、7歳の長女希歩ちゃんに引き際を告げた。

一度は引退の腹を決めていた。東十両11枚目で臨んだ1月の初場所。4勝11敗と負け越し2度目の幕下陥落が決定的となった千秋楽に「体がボロボロだから」と家族に打ち明けた。だが幕下で無給生活になることを幼心に感じていた希歩ちゃんの「普通のお父さんになるのはイヤ! 私がお金を貸してあげるから」と泣き叫ぶ姿もあって翻意。同時に「本当に最後になるんだったら、この子に最後の姿を見せないといけない。でも、それをしてないじゃないか」という思いを明かしていた。

負け越したら引退、そうなっても家族や親を大阪に呼んで最後の姿を見せられる-。そんな現役生活最後の望みは、新型コロナウイルスの影響による無観客開催で消された。白星目前で逆転の小手投げを食らい3敗目を喫した、5番相撲の魁との一番で衰えを痛感。腹をくくった瞬間だった。

返り入幕の10年九州場所では、14勝1敗で並んだ横綱白鵬との優勝決定戦にも出た。思い出の相撲にその一番と、琴奨菊が優勝した16年初場所で僚友にとったりで勝った一番を挙げた。アキレス腱(けん)を断裂し16年九州場所では約12年ぶりに幕下に陥落したが、不屈の闘志で2年後に関取復帰。18年間の角界生活を「長かったような短かったような。もう終わったという感じ」と振り返った。コロナ禍で会見も出来ず代表電話取材となったが「悔いはありません」と恨み節はかけらもなかった。【渡辺佳彦】

◆豊ノ島(とよのしま、本名・梶原大樹)1983年(昭58)6月26日、高知県宿毛市生まれ。168センチ、157キロ。宿毛高から02年初場所初土俵。04年夏場所で新十両、同年秋場所で新入幕、07年夏場所では新三役の小結に昇進。通算成績は703勝641敗68休、金星4個。各段優勝は序ノ口1回、序二段1回、十両2回。

春場所9日目、魁(右)に小手投げで敗れる豊ノ島(2020年3月16日撮影)

関連するニュースを読む

引退豊ノ島は「相撲巧者で相撲好きな力士」師匠エール

豊ノ島(2018年9月14日撮影)

三役を13場所務め三賞も10回受賞し相撲巧者として活躍した元関脇豊ノ島(36=時津風)の引退が17日、決まった。日本相撲協会は同日、理事会を開き、豊ノ島の引退及び年寄井筒の襲名を承認した。

    ◇   ◇   ◇

師匠の時津風親方(元前頭時津海) ここまでよくケガを乗り越えて頑張ったと思う。豊ノ島本人は初場所までは頑張りたいと思っていて、年齢も年齢でここが限界だと感じた。相撲巧者で相撲が好きな力士。教え方もうまいし、経験したことを親方として指導してもらいたい。

関連するニュースを読む

引退豊ノ島「もう1回、菊とやりたかった」一問一答

豊ノ島(左)と琴奨菊

三役を13場所務め三賞も10回受賞し相撲巧者として活躍した元関脇豊ノ島(36=時津風)の引退が17日、決まった。日本相撲協会は同日、理事会を開き、豊ノ島の引退及び年寄井筒の襲名を承認した。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、記者会見を開けなかった井筒親方だが、報道陣の取材には電話で応じた。

-18年間を振り返って

豊ノ島 自分自身も長かったと思うけど、終わってしまえば長いような短かったような。もう終わったという感じ。

-思い出の一番は

豊ノ島 聞かれるなと思ってずっと考えていたけど、多すぎてなかなか難しい。白鵬関との決定戦(10年九州場所)、菊(琴奨菊)とやった一番(琴奨菊が優勝した16年初場所)。他にもあるけど絞ってその2つです。それが記憶に残っている。

-引退を決めたタイミングは

豊ノ島 正直、大阪場所で通常開催だろうが無観客開催だろうが、負け越したら辞めるつもりだった。そう僕自身の中では決めていた。1月(の初場所)もそうだったけど、その時は家族と話してもう1場所、頑張ろうとなった。そうなったので大阪で負け越して終わりだと思った。東京に帰ってから、いろいろ話をまとめた。コロナというのもあったけどね。

-「第2検査」(体の小さな入門希望者を対象とした新弟子検査)で初の関取だった

豊ノ島 はじめは自分なんかがと思っていたけど、舞の海関が頑張っている姿を見て、小さいのにすごいなと思った。自分が頑張ることで小さい子が頑張れると思ってやっていた。

-アキレス腱断裂などケガも多かった

豊ノ島 しんどかったし本当に家族がいなかったら辞めていた。本当に家族のおかげ。よく「家族のおかげ」と言うじゃないですか。14勝1敗の時(白鵬との優勝決定戦で敗れた10年九州場所)は全く思っていなかった。土俵に向かう時に、めっちゃ孤独を感じていた。周りの応援がすごすぎて。でも1人だったら絶対にダメだった。18年の相撲人生の中でその両極端を経験できたのは良かった。

-関取に復帰した時の気持ちは

豊ノ島 戻った時は前とは違った。正直、もう少し幕内で取れると思ったけど、そう簡単にはいかなかった。(19年)名古屋場所で千代大龍と7勝7敗で当たった。(結果負け越し)。勝ってもギリギリ8勝なんだなと思った。

-後悔は

豊ノ島 悔いはありませんけど、あるとすればもう1回、菊(琴奨菊)とやりたかった。(19年)名古屋は本当にやりたかった。これから菊とは真剣勝負がないわけですからね。

-どんな指導者になりたいか

豊ノ島 今まで指導している親方を見てきて、どうしたら(弟子に)伝わるのかなと考えていた。自分はその子が出来るまで付き合っていける指導がしたい。ほったらかしにするのではなく、どこまでも付き合っていくのが大事だと思う。どこまでその子たちに付き合えるか。まわしの切り方とか体の寄せ方を教えるのは簡単。どれだけ付き合えるかを大事にしたい。自分が、めちゃくちゃ(稽古を)やるタイプではないというのは理解している。(弟子に)「一生懸命指導するから頑張れよ」と言いたい。ケガしてから考え方も変わった。一番一番大事にしてきたから。

関連するニュースを読む

豊ノ島が引退、年寄井筒襲名 36歳関取復帰ならず

豊ノ島(2018年9月14日撮影)

三役を13場所務め、三賞も10回受賞し相撲巧者として活躍した幕下の豊ノ島(36=時津風)の引退17日、決まった。

日本相撲協会は同日、理事会を開き、豊ノ島の引退及び年寄井筒の襲名を初任した。

豊ノ島は高知・宿毛高から02年初場所で初土俵。04年夏場所で新十両、同年秋場所で新入幕を果たした。得意のもろ差しを武器に07年夏場所では新三役の小結に昇進。以後、三役を13場所務め、三賞10回、金星は4個獲得。10年九州場所では、14勝1敗で横綱白鵬と並び優勝決定戦にも出たが敗れ、幕内優勝はなかった。

アキレス腱(けん)を断裂し16年九州場所では約12年ぶりに幕下に陥落したが、2年後の18年九州場所で十両に復帰。関取として8場所務めたが、今年1月の初場所では東十両11枚目で4勝11敗と負け越し。2度目の幕下陥落となった今月の春場所は、東幕下2枚目から関取復帰を目指したが、2勝5敗と負け越し。「幕下で負け越して1つの決断をする時なのかな、とかいろいろ思いはある。ゆっくり進退は考えたいと思います」と話していた。

◆豊ノ島(とよのしま) 83年6月26日、高知県宿毛市出身。本名・梶原大樹。168センチ、157キロ。通算成績は703勝641敗68休。各段優勝は序ノ口1回、序二段1回、十両2回。家族は夫人と1女。

関連するニュースを読む

大相撲夏場所2週間延期も、協会は「開催」こだわり

閑散とする両国国技館正面出入り口(撮影・河田真司)

日本相撲協会は3日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、5月10日に初日を迎える予定だった大相撲夏場所(両国国技館)開催の2週間延期を決定した。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けての決定で、夏場所の新日程は5月24日が初日で、6月7日が千秋楽。協会は今後も情勢に注視しながら、通常開催、縮小開催、無観客開催、中止などを検討するとした。合わせて7月の名古屋場所開催の2週間延期も発表した。

  ◇    ◇    ◇

新型コロナの感染拡大の影響を受け、角界がまた1つの決断を下した。臨時理事会を終え、記者会見に出席した八角理事長(元横綱北勝海)は「予定されていた5月場所を2週間延期することを決議しました」と発表した。

3月に行った春場所は史上初の無観客開催に踏み切り、協会員からの感染者を出すことなく15日間完走した。各方面で大会やイベントが軒並み中止や延期となる中で1つの結果を示したが、社会情勢は深刻化する一方。同理事長は「日に日によくなっているとは言えない中で開催するにはどうすればいいのかというところで2週間の延期を決めた」と理由を語った。

あくまで、開催を目指した上での延期となる。夏場所の番付発表は通常通り27日に行う。今後、政府からの「緊急事態宣言」が出た場合についても、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「その時点で理事会を招集しながらどういう方向性にするかを決める。今の時点では中止とは言えない」と慎重に言った。

八角理事長も「通常開催を目指しながら、縮小しての開催、無観客開催、あるいは中止を含め、あらゆる角度から柔軟な姿勢で検討を重ねる」と話した。今後も日程などの変更があり得る可能性は十分にあるとしながらも、協会は「開催」へのこだわりを見せた。

しかし、検討結果の発表時期は未定で、縮小開催の具体的な内容についても同理事長は「何も決まっていない。期間が2週間延期するということだけ」と話すにとどめた。合わせて名古屋場所開催の2週間延期も発表したが、芝田山広報部長は「今の状況で会場が空いているのか空いていないのか分からない。担当者が調整する」と困惑。本来なら4日から販売開始予定だった夏場所の前売り券も販売開始日が未定のままなど懸案事項は多い。

理事会後には師匠会が行われ、各部屋の師匠に同様の説明が行われた。発熱した場合の対処法や各地域の保健所の確認、力士らに春場所同様に朝と夜の検温を義務づけさせるなど、協会は各部屋に徹底した体調管理を求めた。また、これまで代表取材で行われてきた報道陣による朝稽古取材もついに禁止に。前代未聞の状況に、角界も大きく揺れ始めた。

◆主な本場所の日程変更 45年夏場所は無料公開で明治神宮にて興行の予定のところ、5月23日の初日に大空襲があり6月7日へと延期。89年初場所は1月8日初日予定も昭和天皇崩御のため9日に変更。00年秋場所は9月10日初日予定も、同年のシドニー五輪の日程を考慮して前年の98年11月に9月3日に変更と決定。13年夏場所も5月5日に初日予定だったが、前年の12年5月に1週間後の5月12日に変更と決めた。

 ★大相撲の日程★

◆初場所 1月12~26日 両国国技館 19年12月24日番付発表 徳勝龍が史上2度目の幕尻優勝。

◆春場所 3月8~22日 エディオンアリーナ大阪 2月24日番付発表 史上初の無観客開催。白鵬が優勝し、朝乃山が場所後に大関昇進。

◆春巡業 3月29日の三重・伊勢神宮を皮切りに近畿、東海、関東などで4月26日まで開催予定も中止、または21年に延期。

◆夏場所 5月24日~6月7日 両国国技館 4月27日番付発表 5月10日に初日予定も2週間の延期。

◆名古屋場所 7月19日~8月2日 愛知・ドルフィンズアリーナ 番付発表当初は6月22日予定も現時点では未定 7月5日初日予定も2週間の延期。

◆オリパラ場所 8月12、13日に両国国技館で「大相撲東京2020オリンピック・パラリンピック場所」開催予定も、東京五輪の延期により21年の同時期に延期する方針。

◆秋場所 9月13~27日 両国国技館 番付発表8月31日

◆九州場所 11月8~22日 福岡国際センター 番付発表10月26日

閑散とする両国国技館正面出入り口(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

近大相撲部の阿部新監督就任 急死前監督の遺志継ぐ

1日付で就任した近大相撲部の阿部新監督(撮影・実藤健一)

大関朝乃山の母校、近大相撲部の阿部智志新監督(41)が1日付で就任し、取材に応じた。

朝乃山と直接的な接点こそないが、初場所で優勝した同校OBの徳勝龍も引き合いに「ワンチャンスをものにできる力がある」。無観客で行われた春場所も欠かさず見たと言い、「(右四つの)自分の形を持っている。それが力強くなってきている」。例年、春場所前にOBの大相撲力士が訪問するが「ここまできましたからね。もう1つ上を目指してほしい」とエールを送った。

前監督の伊東勝人氏(享年55)が今年1月18日に急死した。その後を受けての就任。OB会から打診を受けた直後は「即答できなかった」。重い責任と向き合い、「(相撲部を)このままにするわけにはいかない」と監督を受けた。

新入生を含めて、32人の大所帯を預かる。目標は「(大学選手権の)団体戦優勝です」と明確だ。伊東監督の遺志を引き継ぐが、「プレッシャーはあるけど、考えても仕方がない。遺志を引き継いで、自分らしくやっていきたい」。その指導方針も「人としてどれだけ成長できるか。人間形成が大事です」とキッパリ。新型コロナウイルス感染が拡大する厳しい状況下、新体制がスタートした。

◆阿部智志(あべ・さとし) 1978年(昭53)9月22日、山形県酒田市生まれ。近大での個人成績は98年西日本選抜学生相撲大会優勝など。01年に卒業し、近大の職員に。前監督の伊東氏が急死したことを受け、今年4月1日付での近大相撲部監督就任が決まっていた。

関連するニュースを読む

朝乃山ら力士多数、近大相撲部新監督に阿部智志氏

近大は30日、相撲部の新監督にOBの阿部智志氏(41)が、4月1日付で就任することを発表した。

初場所で大関に昇進した朝乃山(26)ら、多くの力士を各界に送り出した伊東勝人監督(享年55)が、今年1月に他界していた。

阿部氏は「まだまだ未熟ではありますが、伊東前監督の意志を引き継ぎ、95年の伝統を誇る近大相撲部を全国学生選手権団体優勝に導けるよう、精進していきたい」とコメントを出した。

阿部氏は1978年(昭53)、山形県酒田市生まれ。01年に近大を卒業し、大学職員を務めていた。

関連するニュースを読む

朝乃山人間性出た口上、横綱目指せ/大ちゃん大分析

大関昇進の伝達を受ける朝乃山(右)と高砂親方(代表撮影)

朝乃山の人間性が出るような立派な口上だった。定年の年に37年前、自分が使者を迎えた同じ所で、というのも感無量だ。口上の文句のように誰からも愛され目標とされる大関に、そして横綱を目指してほしい。

3年前の初場所で、高砂部屋の関取輩出が140年あまりで途絶えた。直前の九州場所で幕下15枚目以内だった朝乃山は、自分が全勝していれば…と本当に悔しそうだった。精神的に変わった分岐点はあそこかな。技術的には去年夏場所の優勝もあるが、その前から巡業で同じ右四つの栃ノ心と稽古を積んだのが大きい。大関の強さを肌で感じ型をつかんだ。

しこ名の話がよく出る。朝潮でイメージされるのは押し相撲で太平洋の潮流。富山出身の朝乃山は日本海の潮流で四つ相撲を印象づければいい。確固たる相撲になれば朝乃山のしこ名は定着する。ただ、真っ向勝負という部屋の伝統は忘れずに受け継いでほしい。

新型コロナウイルスの影響で、お祝いムードは薄いかもしれない。だからこそ活躍すればスポーツ界だけでなく、日本に明るい光を差せる。背負う看板は重いが、これも何かの運命。そうプラスにとらえて前向きに精進してほしい。(高砂浦五郎=元大関朝潮・日刊スポーツ評論家)

若手力士らに担がれ笑顔を見せる朝乃山(代表撮影)

関連するニュースを読む

朝乃山「一生懸命」思い強めた16年九州場所/手記

大関昇進の伝達を受ける朝乃山(右)と高砂親方(代表撮影)

大関昇進が決まった朝乃山が日刊スポーツに手記を寄せた。16年春場所で初土俵を踏み、丸4年で夢だった大関に昇進。高砂部屋の伝統をしっかりと胸に刻み、口上でも述べた「一生懸命」を貫いて駆け上がってきた。富山県出身では太刀山(元横綱)以来111年ぶりとなる新大関が、感謝の思いや今後の夢などを記した。

   ◇   ◇   ◇

みなさまの応援、支えのおかげで、大関に昇進することができました。春場所は史上初の無観客開催で、声援がなかったことは正直寂しかった。それでも、テレビなどを通して全国から応援してくれる人がいると思えば頑張れた。本当にありがとうございました。角界入りしてから夢だった地位に上がれたが、もう1つ上の番付がある。これからさらに精進していきます。

座右の銘にしているのは「一生懸命」。誰でも意味が分かる簡単な言葉だが、すごく重い言葉だと思う。土俵に一生、命を懸ける。その決意ができたのはプロに入った時。人生は1度きり。1度しかないチャンスで、できるところまでやろうと思えた。そうすると稽古も頑張ることができた。

「一生懸命」の思いが強くなったのは16年九州場所千秋楽。その日の部屋は独特な雰囲気だった。部屋のみんなで朝赤龍関(当時十両、現錦島親方)の取組をテレビで観戦。幕下希善龍さんとの「入れ替え戦」に負けて幕下陥落が確実になり、兄弟子たちがガックリと落ち込んでいた。もちろん部屋頭が負けて喜ぶ人はいないけど、それまでの負けと明らかに違っていた。

その意味を知ったのは、翌日の新聞だった。高砂部屋は1878年(明11)の部屋創設から138年間にわたって、十両以上の関取を輩出し続けていた。その最長記録が途絶えることになった。千秋楽パーティーで朝赤龍関は「自分のせいです」と泣いていた。師匠(高砂親方=元大関朝潮)は「頑張るしかない。新しい高砂部屋の歴史をつくっていこう」と下を向かず、涙を見せずに言っていた。グッとくるものがあった。

16年の九州場所で自分は東幕下14枚目だった。その年3月の春場所で初土俵を踏み、1年で関取になることを目標にしていた。翌17年の春場所で新十両に昇進し、目標を果たした。ただ初場所は7戦全勝で幕下優勝。もしも1場所早く、九州場所で全勝だったら、関取が途絶えることはなかったのに-。皮肉なことに、伝統が途切れたことで初めて高砂部屋が「名門」と言われる本当の意味を知ったと思う。同時に自分が「名門」の新しい歴史をつくりたいという気持ちが出てきた。支えてくれる人のために-。こういう感情は初めてだった。高砂部屋に入ったから、今の自分がある。

夢の大関昇進だが(故人で母校の富山商高元監督)浦山先生の夢は、自分が横綱になること。横綱になった時が「十分咲き」なら、大関に上がっても、まだ「五分咲き」だと思う。まだ自分の相撲人生は道半ば。浦山先生や今年の初場所中に亡くなった伊東監督(母校の近大元監督)、高砂親方や高砂部屋のためにも、ここからさらに「一生懸命」に土俵を務めたい。

記者会見で笑顔を見せる朝乃山(代表撮影)

関連するニュースを読む

朝乃山、新大関へ口上「正義を全うし一生懸命努力」

朝乃山

日本相撲協会は25日午前、大阪市内で関脇朝乃山(26=高砂)の大関昇進をはかる臨時理事会を開き、全会一致で承認した。この後、同協会の出羽海理事(元前頭小城ノ花)と高砂一門に所属する審判部の千田川親方(元小結闘牙)が使者として大阪市内の高砂部屋に向かい、伝達式が行われた。使者から昇進決定を言い渡された朝乃山は「謹んでお受けいたします。大関の名に恥じぬよう、相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します」と口上を述べた。

春場所千秋楽の22日、審判部(境川部長代理)の総意として八角理事長(元横綱北勝海)に、朝乃山の大関昇進を諮る臨時理事会の招集を要請。これを了承され、この日の臨時理事会の開催となった。

朝乃山は新三役として小結に昇進した昨年11月の九州場所で11勝、今年1月の初場所で10勝を挙げた。春場所は11勝4敗で、大関昇進の数字的な目安とされる3場所通算33勝に1勝足りなかったが、相撲内容と4場所連続2けた勝利の安定感などが評価された。

新大関誕生は19年夏場所の貴景勝(千賀ノ浦)以来、平成以降では27人目。今から約260年前、江戸時代の宝暦7年の雪見山から数えて通算250人目となった。平成生まれでは照ノ富士、高安、貴景勝に続いて4人目。富山県出身では、明治以降で1902年の梅ケ谷、1909年の太刀山(元横綱)以来、111年ぶり3人目の大関誕生となった。高砂部屋からは02年秋場所の朝青龍以来。学生相撲出身では8人目で、15年導入の三段目100枚目格付け出しでは初めての大関となった。また、3場所での三役通過は、昭和以降8位タイ、年6場所制となった58年以降2位タイの速さとなった。

関連するニュースを読む

新大関朝乃山が誕生!臨時理事会で全会一致承認

高砂親方(左)と朝乃山

日本相撲協会は25日午前、大阪市内で関脇朝乃山(26=高砂)の大関昇進をはかる臨時理事会を開き、全会一致で承認した。

この後、同協会の理事と高砂一門に所属する審判部の代表が使者として大阪市内の高砂部屋に向かい、伝達式が行われる。

春場所千秋楽の22日、審判部(境川部長代理)の総意として八角理事長(元横綱北勝海)に、朝乃山の大関昇進を諮る臨時理事会の招集を要請。これを了承され、この日の臨時理事会の開催となった。

朝乃山は新三役として小結に昇進した昨年11月の九州場所で11勝、今年1月の初場所で10勝を挙げた。春場所は11勝4敗で、大関昇進の数字的な目安とされる3場所通算33勝に1勝足りなかったが、相撲内容と4場所連続2けた勝利の安定感などが評価された。

新大関誕生は19年夏場所の貴景勝(千賀ノ浦)以来、平成以降では27人目。今から約260年前、江戸時代の宝暦7年の雪見山から数えて通算250人目となった。平成生まれでは照ノ富士、高安、貴景勝に続いて4人目。富山県出身では、明治以降で1902年の梅ケ谷、1909年の太刀山(元横綱)以来、111年ぶり3人目の大関誕生となった。

高砂部屋からは02年秋場所の朝青龍以来。学生相撲出身では8人目で、15年導入の三段目100枚目格付け出しでは初めての大関となった。また、3場所での三役通過は、昭和以降8位タイ、年6場所制となった58年以降2位タイの速さとなった。

関連するニュースを読む

亡き恩師にスーパースター託され号泣/朝乃山連載2

富山商高3年時に富山県相撲選手権大会で優勝した朝乃山(下段左)。上段中央は故浦山英樹監督

<新大関朝乃山 “富山の人間山脈”の軌跡(2)>

大相撲春場所を11勝4敗で終えた関脇朝乃山(26=高砂)が、富山県出身では太刀山(横綱)以来111年ぶりとなる大関昇進を確実にした。連載「新大関朝乃山 “富山の人間山脈”の軌跡」では、朝乃山の相撲人生を振り返る。

   ◇   ◇   ◇

2017年1月23日、初場所で幕下優勝を果たし新十両昇進を確実にした朝乃山は、故郷の富山で行われた富山商高相撲部監督の浦山英樹さんの葬儀に参加した。左肘を負傷して相撲を辞めようと思っていた中学時代に「富商に来い。俺が強くしてやる」と声をかけてくれた恩師が、初場所中に40歳の若さでがんのため死去。遺族から「富山のスーパースターになりなさい」との遺言書を託され、大粒の涙を流した。

富山商高時代は1日5時間の猛稽古だった。3年間で遊んだ記憶はほぼない。記憶にあるのは毎年恒例の「元旦マラソン」。浦山さんの実家周りを、正月に猛吹雪に耐えて走ったことだ。マラソン後は浦山さんの家で雑煮を食べて初詣に行った。「今でも忘れられない味。あれよりおいしい雑煮を食べたことはない」。野菜や餅、魚のつみれが入った雑煮を食べると「また1年頑張ろう」と猛稽古にも力が入った。

角界入りの背中も押してくれた。12年に近大進学。当初、卒業後は富山に戻ることを考えていたが、近大在学中に浦山さんから「お前は富山に帰ってきても就職するとこはないぞ」と言われた。冗談半分の発言だったが、もう半分は「プロで頑張れ」という激励だった。近大2年時には同大OBで高砂部屋の若松親方(元前頭朝乃若)から勧誘を受けたこともあり角界入りを決意。大学卒業を控えた、16年春場所で初土俵を踏んだ。

16年9月、同年リオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得した富山出身の柔道の田知本遥とレスリングの登坂絵莉が、富山で行った凱旋(がいせん)パレードをテレビで見た。「富山出身で有名な男性アスリートはまだいない。自分が相撲界で頑張って有名な人になりたい」とスイッチが入った。その約4カ月後に恩師が亡くなり、託された「富山のスーパースター」。角界入りして4年。いよいよ今日、太刀山(元横綱)以来111年ぶりの富山出身大関が誕生する。【佐々木隆史】

関連するニュースを読む

朝乃山が大関昇進へ、無観客の客席に見た2人の恩師

報道陣から大関昇進が決定的となったことを聞かれマスク越しに笑顔を見せる朝乃山(撮影・小沢裕)

<大相撲春場所>◇千秋楽◇22日◇エディオンアリーナ大阪

新型コロナウイルスの感染拡大防止により史上初の無観客開催となった春場所で、関脇朝乃山(26=高砂)が大関貴景勝を押し倒しで破り、事実上の大関昇進を決めた。昇進目安の「三役で3場所33勝」には1勝届かず。それでも相撲内容が評価され、日本相撲協会審判部の境川部長代理(元小結両国)が、大関昇進をはかる臨時理事会の招集を八角理事長(元横綱北勝海)に要請し、了承された。25日の臨時理事会、夏場所の番付編成会議を経て正式に決定する。

   ◇   ◇   ◇

しこ名を呼ばれて土俵に上がると、朝乃山はガランとした千秋楽の館内を見上げ、2人の恩師を思い浮かべた。「2階席の端で絶対に見てくれている」。17年の初場所中に亡くなった富山商相撲部監督の浦山英樹さん、今年の初場所中に急逝した近大相撲部監督の伊東勝人さん。2人に見守られて大一番に臨んだ。

負ければ来場所でかど番を迎える貴景勝との真っ向勝負。気合でぶつかった立ち合い、徹底した突き押しではじかれてまわしが取れない。それでも構わず前へ。懸命に伸ばした左でまわしをつかむと、振られても絶対に離さなかった。引かれてもついていき、途中でまわしから手が離れたが押しながら前へ。はたきにも落ちずにしつこく前に出ると大関が背中から転んだ。「辛抱して前に前に出られた。常に前に出る気持ちだった」とどっしりと構えた。

無観客開催の異様な重圧に負けなかった。そのために15日間、2人の恩師を2階観客席に思い浮かべた。「自信を持っていけ」「しっかり当たれ」。高校、大学時代に幾度となく掛けられ続けた言葉を、胸に刻みながら土俵に上がり続けた。これまで過ごしてきた日常をイメージできたからこそ「今場所はいつもの場所と同じ気持ちで臨めた。ありがたい」と感謝する。

全取組後の協会あいさつが終わり、まだ会場内にいる時に審判部が大関昇進をはかる臨時理事会を八角理事長に要請したことを知った。昇進目安に届かなかったこと、14日目に横綱戦2連敗を喫したこともあり「自分の中では大関はないと思っていた」と諦めていた。プロ入り後ずっと夢だった大関。近大出身とあって“第2の故郷”で、師匠の高砂親方(元大関朝潮)と同じ地位が決定的となった。「まだ実感はありません。伝達式か番付を見た時ですかね」と話した。

25日の臨時理事会で大関昇進が正式決定すれば、富山県出身では太刀山(元横綱)が1909年6月に昇進して以来111年ぶりの快挙だ。今場所は地元のファンに直接、勇姿を届けられなかった。だからこそ夏場所は「できたらいつもの場所のようにお客さんの声援を受けたい」。一足早く、理想の大関像を問われると「小さい子どもがプロの世界に入った時に尊敬される力士になりたい」。“富山の人間山脈”はさらに大きな存在感を示し続ける。【佐々木隆史】

朝乃山(左)は貴景勝を押し倒しで破る(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

注目の徳勝龍4勝11敗「今日から切り替え」雪辱だ

玉鷲(左)は徳勝龍を押し出しで下す(撮影・小沢裕)

<大相撲春場所>◇千秋楽◇22日◇エディオンアリーナ大阪

1月の初場所で史上2度目の幕尻優勝を果たした西前頭2枚目徳勝龍(33=木瀬)は、上位総当たりの場所を4勝11敗で終えた。千秋楽は西前頭7枚目玉鷲の突きを堪えて左をのぞかせたが、相手の強力なのど輪に耐えきれず、押し出しで敗れた。

記録ずくめの初優勝から2カ月。場所前から注目を浴び続けた。「注目をされているとかプレッシャーを感じる必要はないが、なかなか勝たせてもらえなかった。まだ甘い。気持ちが弱かった」。

2桁黒星の中でも、見せ場はつくった。初日から5連敗で迎えた6日目、横綱鶴竜から自身初の金星を挙げた。年6場所制となった58年(昭33)以降に初土俵を踏んだ力士では史上3位の年長記録。「金星は良かった」と振り返りながら「終わったら褒められた成績じゃない」と、自己評価はただただ厳しかった。

来場所は幕内中位~下位の番付で出直しとなる見通しだ。自己最高位の場所で苦しんだ33歳は「明日からではなく、今日から気持ちを切り替えていかないといけない」と、リベンジに燃えていた。【佐藤礼征】

関連するニュースを読む

白鵬44度目V、朝乃山11勝、貴景勝は負け越し

朝乃山(左)は貴景勝を押し倒しで破る(撮影・小沢裕)

<大相撲春場所>◇千秋楽◇22日◇エディオンアリーナ大阪

大相撲史上初の無観客開催となった春場所は、白鵬(35=宮城野)が鶴竜(34=陸奥)を倒し、13勝2敗で44度目の優勝を果たした。横綱同士による千秋楽相星決戦を制した。

大関昇進を目指す関脇朝乃山(26=高砂)は、1982年初場所の琴風以来38年ぶりに1人大関で臨む貴景勝(23=千賀ノ浦)を押し倒して11勝4敗。貴景勝は7勝8敗と負け越しとなり、かど番で来場所を迎える。

殊勲賞は、10日目に横綱白鵬を破った西前頭5枚目の阿武咲(23=阿武松)。白鵬の初日からの連勝を止め、優勝争いを混戦に持ち込んだことが評価された。三賞は過去、敢闘賞を3回受賞しているが、殊勲賞は初めて。

敢闘賞は、東前頭9枚目の隆の勝(25=千賀ノ浦)が、初の三賞受賞を果たした。13日目終了時点まで優勝の可能性を残し、幕内で自己最多の11勝(3敗)で千秋楽を迎える好成績などが評価された。

技能賞は西前頭13枚目の碧山(33=春日野)が受賞した。三賞は敢闘賞を3回受賞しているが、技能賞は初めて。隆の勝同様、13日目終了時点まで優勝の可能性を残した、突き押し相撲が評価された。

白鵬(右)が寄り切りで優勝を決めた(撮影・外山鉄司)

関連するニュースを読む

朝青龍のおい十両豊昇龍が腰痛症で初の休場

豊昇龍(2019年5月22日撮影)

大相撲の元横綱朝青龍のおいで、西十両9枚目の豊昇龍(20=立浪部屋)が春場所千秋楽の22日、日本相撲協会に「腰痛症で数日間の休業、加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。14日目まで8勝6敗だった。休場は2018年初場所の初土俵以来初めて。

千秋楽の対戦相手、琴勇輝は不戦勝。(共同)

関連するニュースを読む

白鵬、鶴竜が2敗守りV争いトップ並ぶ 春場所

朝乃山(右)は先に上手投げを打つも下手投げで鶴竜に敗れる(撮影・小沢裕)

<大相撲春場所>◇14日目◇21日◇エディオンアリーナ大阪

大相撲史上初の無観客開催となった春場所は、優勝争いトップに2敗で並ぶ横綱白鵬(35=宮城野)と前頭13枚目碧山(33=春日野)が激突。白鵬が上手投げで白星を挙げ12勝2敗とした。碧山は11勝3敗となり優勝の可能性がなくなった。

同じく2敗で、3場所連続途中休場から復活を目指す横綱鶴竜(34=陸奥)は、関脇朝乃山(26=高砂)を軍配差し違えの末に下手投げで下した。今場所12勝で大関昇進の目安の「三役で3場所33勝」到達する朝乃山は10勝4敗となり、千秋楽で勝っても12勝には届かない。

1982年初場所の琴風以来38年ぶりに1人大関で臨む貴景勝(23=千賀ノ浦)は、前頭5枚目阿武咲(23=阿武松)を突き出して7勝7敗。千秋楽に勝ち越しをかける。阿武咲は8勝6敗。

ともに3敗と好調の前頭3枚目御嶽海(27=出羽海)と同9枚目隆の勝(25=千賀ノ浦)の一番は、隆の勝が押し出して11勝3敗。敗れた御嶽海は10勝4敗となった。

貴景勝(左)は突き出しで阿武咲を下す(撮影・小沢裕)
白鵬(左)は碧山を上手投げで下す(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

碧山2敗目でV争いは混戦 朝乃山は白鵬に黒星喫す

白鵬(左)が押し出しで朝乃山を下した(撮影・外山鉄司)

<大相撲春場所>◇13日目◇20日◇エディオンアリーナ大阪

大相撲史上初の無観客開催となった春場所は、横綱白鵬(35=宮城野)は11勝目を挙げた。

今場所12勝で大関昇進の目安の「三役で3場所33勝」到達へあと2勝に迫っている朝乃山(26=高砂)を下した。朝乃山は10勝3敗。

単独トップに立っている前頭13枚目碧山(33=春日野)は、前頭9枚目隆の勝(25=千賀ノ浦)に押し出された。碧山は11勝2敗となり、首位並走で残り2日を戦う。隆の勝は10勝3敗で逆転優勝へ望みをつないだ。

3場所連続途中休場から復活を目指す横綱鶴竜(34=陸奥)は、1982年初場所の琴風以来38年ぶりに1人大関で臨む貴景勝(23=千賀ノ浦)を寄り切った。鶴竜は11勝2敗、貴景勝は6勝7敗。

優勝争いは2敗で白鵬、鶴竜、碧山、3敗で朝乃山、御嶽海、隆の勝が追う。

※初出時に内容に誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。

鶴竜(右)は貴景勝を寄り切りで下す(撮影・小沢裕)
碧山(右)は隆の勝に押し出しで敗れる(撮影・前岡正明)

関連するニュースを読む

豊ノ島2勝5敗で終戦「ゆっくり進退を考えたい」

豊ノ島(左)は豊響に押し出しで敗れる(撮影・前岡正明)

<大相撲春場所>◇13日目◇20日◇エディオンアリーナ大阪

1場所での十両復帰を目指したものの、6番相撲で負け越しが決まり、場所後の再十両の可能性が消えた東幕下2枚目豊ノ島(36=時津風)が、今場所最後の7番相撲に登場。幕内上位などで過去15度の対戦(11勝4敗)がある西幕下6枚目の豊響(35=境川)と対戦した。わずかに右をのぞかせたが、立ち合いから圧力負けし、その右を強烈におっつけられズルズル後退。真後ろにはたいたが、左足を踏み越し押し出しで敗れた。復活をかけた場所は2勝5敗で終わった。

何度も顔を合わせた相手との対戦を「幕内で何度も対戦があるから、ちょっと何か気負いすぎたかな、立ち合いが高かった。もうちょっと、いい相撲を取りたかった」と振り返った。場所全体を振り返り「やっぱり切れが、いろいろとね、落ちてきたなと思うし、感じますね」と素直に吐露した。

幕下陥落が決まった1月の初場所千秋楽。「自分の中では、やりきったという思いはある」と引退でほぼ固まっていた。それを翻意した裏には、一粒種の長女希歩ちゃん(7)の存在だ。幕下以下に落ち無給生活になることを、けなげにも7歳で分かっていたそうで「私が貸してあげる」と泣きながら相撲を続けることを訴えられたという。さらに、初場所では親や家族を場所に呼ぶことなく、関取の座を失った。「家族も両親も見に来させられなかった。それでいいのか、と思った」と、なえた気持ちを奮い立たせて臨んだ今場所の土俵だった。

その今場所は、家族を会場に呼び寄せようにも無観客開催。「最後の姿」を見せることは来場所以降に持ち越しだ。だが、そのことに豊ノ島本人はこだわっていない。「最後だから(家族に)見せたいということには、こだわってない。見てほしいけど、だからといって…(その理由だけで続けると決断する)ことはないし、テレビでも見てるでしょう。そんな中途半端な気持ちでは…」と話す。現状では「幕下で負け越して、なかなか気持ちを(土俵に)持っていくのは難しい。これだけ長くやって、下に下がって負け越したことで、1つの決断をする時かな、とかいろいろな思いがある。(現役を)続ける気持ちに持っていけるか…」と苦悩する胸の内を明かした。冗談っぽく「(決断は)娘との闘いかな」と少しだけ笑い「とりあえず場所は終わったので、ゆっくり進退を考えたいと思います」と、こみ上げるものを抑えるように話した。【渡辺佳彦】

関連するニュースを読む