上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

田中恒成「目指せ塩試合」V2戦はパンチもらわない

WBC世界ライトフライ級ユース王者加納陸(右)とスパーリングを行ったWBO世界フライ級王者田中恒成(撮影・加藤裕一)

WBO世界フライ級王者田中恒成(24=畑中)が24日、同級1位ジョナサン・ゴンザレス(28=プエルトリコ)との2度目の防衛戦(8月24日、愛知・武田テバオーシャンアリーナ)で「塩試合」を狙うことを誓った。

この日、名古屋市内の同ジムでWBC世界ライトフライ級ユース王者加納陸(21=大成)と公開スパーリングを行った後「『目指せ、塩試合』です」とV2戦のテーマを口にした。

何とも珍妙な響きだが、そこには深い意図がある。同級王座を奪取した木村翔戦、初防衛に成功した田口良一戦はともに、打ち合い上等のどつき合い。名古屋風に言えば“みそ煮込み”の濃厚さだった。

「前の2試合と違って、まず(パンチを)当てることより、もらわないことです」。早ければ年末にも階級をスーパーフライに上げ、日本ジム所属選手で2人目の「世界4階級制覇」という青写真がある。

挑戦者ゴンザレスはスピードあるサウスポーだが、自分も「最大の武器」と自負するスピードで圧倒し、完勝でその資格を得たい。

「塩試合」と言っても、ポイントアウトを狙う意識はさらさらない。

「まあ判定になるようじゃダメです。決めるときは一瞬で決めるのが理想。KO狙いと塩試合は対極的な表現のようだけど、実際はそうでもない。もらわないで、ペースと距離感をつかめば、思い切りいいパンチを当てられますから」

この日は挑戦者と同じくサウスポーでスピードのある加納と4回のスパーリングを消化。今回、技術的に最重要視するバックステップを生かしたフットワークなどを確認した。それでも、加納が鼻血を出し「全部が速い。ハンドスピードもそう。僕より1階級上であのスピードは恐ろしい」と舌を巻く内容だった。

田中は25日からは、加納のいる大成ジムに出向き、さらにスパーリングを重ねる。鮮烈なKO防衛を飾るため「順調に来ています」と手応え十分な様子だった。

WBC世界ライトフライ級ユース王者加納陸(手前)とスパーリングを行うWBO世界フライ級王者田中恒成(撮影・加藤裕一)

関連するニュースを読む

小野心が初防衛「ホッとした」加納に8回TKO勝ち

<ボクシング日本ミニマム級タイトル10回戦>◇24日◇東京・後楽園ホール

同級王者小野心(35=ワタナベ)が8回TKOで初防衛に成功した。同級1位加納陸(20=大成)を迎え撃ち、序盤から攻勢で8回に接近戦での連打でダウンを奪った。立ち上がってきたがさらに連打を浴びせてレフェリーがストップ。8回2分46秒TKO勝ちした。

15歳差ながらも、ともに2年前の世界挑戦経験者の対決だった。小野が序盤から左ストレートをクリーンヒットさせ、接近戦でもボディーを効かすなどで優勢に試合を進めた。

6回には左目の上をパンチ、前頭部をバッティングでカットした。8回にも偶然のバッティングで、加納がスリップダウンした。一時休憩を与えられたが、小野にセコンドがゴーサイン。小野も「弱気になっているのが分かった」と、再開後にラッシュして仕留めた。

敵地の試合が多く、後楽園ホールでは4試合ぶりだった。「久しぶりで応援も多くうれしかった。勝ててホッとした。少し強くなって帰ってこられた」と安堵(あんど)した。相手は18歳で世界挑戦した。小野は2度挑戦している。渡辺会長から「キャリアの差」と言われて「素直にうれしい」と笑みがこぼれた。

関連するニュースを読む

渡部あきのり「判定でもKOでも」恩返しベルト誓う

渡部あきのり

ボクシングのダブル日本タイトルマッチの前日計量が、23日に都内で行われた。スーパーウエルター級暫定王座決定戦に出場する同級1位渡部あきのり(33=角海老宝石)と同級2位丸木凌介(27=天熊丸木)は、ともにリミットの69・8キロでクリアした。

 ミニマム級は同級王者小野心(35=ワタナベ)がリミットの47・6キロ、同級1位加納陸(20=大成)は100グラムアンダーの47・5キロでクリアした。試合は24日に東京・後楽園ホールでゴングとなる。

スーパーウエルター級はともに3度目の挑戦となる。44戦目の渡部は6年ぶりだが、王座返り咲きで2階級制覇がかかる。「夢は変わらず、世界で一番強い称号がほしい」と通過点を期す。昨年3度目の移籍後は練習相手が豊富なジムとなり「いい環境でやらしてもらっている。移籍してよかった。判定でもKOでもいいから結果を出す」と恩返しのベルトを誓った。

丸木は5月に2度目の挑戦で、新藤(宮田)との決定戦も判定負けした。王者となった新藤のケガで2戦連続挑戦のチャンスを得た。「前回は人生で初のダウンを喫した。甘さがあった」と振り返る。三度目の正直へ「ガードも練習した。一発をもらわずに、しっかりポイントを取りたい。理想は判定勝ちも中盤KOになる」と予想した。

ミニマム級は15歳差があるが、世界挑戦経験者の対決となる。王者小野は16年に世界挑戦し、4月に敵地での王座決定戦を制した。初防衛戦に向けて「経験を生かして倒しに行く」と話した。

加納は2年前に18歳で世界挑戦したが、16歳の時にタイでプロデビューした。後楽園ホールはプロ初にも「海外で草原のようなところでもやった」と敵地も気にせず。世界へ再浮上のステップとなる初の日本王座戦。「自信はある。楽しみ」と拳を握った。

関連するニュースを読む

加納陸、世界再挑戦目指し5・5強豪と再起2戦目

5月5日に組まれた次戦に向けて気持ちを語る加納陸(撮影・松本航)

 プロボクシングのWBOアジア・パシフィック・ミニマム級1位加納陸(19=大成)が6日、再起2戦目の詳細を発表した。

 兵庫・三田市内の所属ジムで会見を実施。5月5日に三田市総合文化センターで同級2位ジェリー・トモグダン(23=フィリピン)と王座決定戦を戦う。トモグダンは世界挑戦歴を持ち、34戦22勝(10KO)4分け8敗と経験豊富なサウスポーだ。

 加納は昨年8月、WBO世界ミニマム級王座決定戦で世界初挑戦。18歳9カ月4日の日本人最年少世界王者を狙ったが、高山勝成(33=仲里)に6回負傷判定で敗れた。相手のバッティングという不完全燃焼な結果だったが、映像を見返しても「余裕で負けています」。昨年12月の再起戦勝利を経て挑む強敵との一戦へ「(再起)2戦目でこんなにモチベーションが上がる試合ができると思っていなかった。世界戦に行くために落とせない」と力強く言い切った。

 世界再挑戦に向けては、冷静なスタンスだ。丸元会長は次戦が「陸のボクシング人生を左右する」とした上で「この間みたいな(最年少)記録もない。『これなら確実に世界を取れる』となった段階で、世界戦に向けた交渉に入りたい」と明言。足腰の強化など体作りに重点を置いてきた加納も「『今の陸だったら取れる』と思ってもらえるように。そこまで負けないこと」と自らに言い聞かせるように話した。

 4月1日からはジムの後援会が発足。この日の会見を機に会員募集が始まった。現在は幹部ら8人だが、福西文彦後援会長(49)は「2年後には5~600人にしたい。世界を目指す、頑張っている若い子たちをなんとか応援したい」とキッパリ。ジムの顔となる加納は「勝っていろいろな人に恩返ししたい」。こどもの日の勝利は、自らの道を切り開き、ジムの活性化につながる。

記者会見後にポーズを決める大成ジムの左から秋月楓大、丸元大成会長、加納陸(撮影・松本航)

関連するニュースを読む

33歳高山勝成「自分を信じて」4度目世界返り咲き

4回、高山(左)の左フックが加納の顔面にヒット(撮影・田崎高広)

<プロボクシング:WBO世界ミニマム級王座決定戦12回戦>◇20日◇兵庫・駒ケ谷体育館

 WBO世界ミニマム級2位高山勝成(33=仲里)が、国内最多4度目の世界王座に返り咲いた。同1位加納陸(18=大成)を6回58秒、3-0の負傷判定で下した。高山が3回に偶然のバッティングで左まぶたを切り、不完全燃焼の結末になったが、日本人最多16度目の世界戦を勝利で飾った。日本人最年少世界王座獲得を狙った加納を緩急をつけたパンチで攻略し、経験の差を見せつけた。

 高山は右拳で何度もロープをたたいた。左まぶたの出血が止まらず、6回58秒でレフェリーストップ。「9回か10回くらいにKOできると思った直後だったんで。本当に悔しい」。まるで敗者のように残念がった。

 不完全燃焼にはなったが内容は完勝だ。最年少世界王座獲得を狙った18歳加納を緩急自在の攻めで揺さぶった。左右の連打、的確な右カウンターで何度もぐらつかせた。文句なしの3-0判定に「ひとまず勝利を手にして、すごくホッとしてますし、すごくうれしい」とひと息ついた。

 敗れた昨年大みそかの前戦時は1回もスパーリングできなかったが、今回は60回以上こなした。万全の態勢で臨んだ16度目の世界戦で6本目のベルトを奪った。これで4度目の世界王座返り咲き。「自分を信じて戦い抜けた」。15歳差対決を制した33歳は胸を張った。

関連するニュースを読む

加納陸「僕は弱かった」日本人最年少世界奪取ならず

高山(右)に敗れ、深々と頭を下げる加納(撮影・田崎高広)

<プロボクシング:WBO世界ミニマム級王座決定戦12回戦>◇20日◇兵庫・駒ケ谷体育館

 同級1位の加納陸(大成)が「18歳9カ月4日」での世界タイトル日本人最年少奪取に失敗した。「高山さんは自分より強かった。僕は弱かった」。高山の負傷による6回途中終了という不完全燃焼の結末にも、素直に負けを認めた。

 1回は左ストレート、右フックがタイミングよくヒット、上々の立ち上がりを見せた。ところが、2回以降は後手に回った。強引に距離をつめ、連打をふるう高山に対し、パンチこそヒットさせるが、周囲ペースを握られた。

 「自分のパンチも当たるので、その分単発になったというか…。(ポイントを)取りにいく気持ちが足りなかった。それ(キャリアの差)以前の問題です。世界チャンピオンになるなんて軽々しく言えません。根本的な部分から直さないと、今のままでは上に行けない」と、黒星に終わった世界初挑戦の舞台を振り返った。

関連するニュースを読む

高山勝成が4度目の世界王座、負傷判定で加納下す

4回、高山(左)の左ストレートが加納の顔面にヒット(撮影・田崎高広)

<プロボクシング:WBO世界ミニマム級王座決定戦12回戦>◇20日◇兵庫・駒ケ谷体育館

 同級2位の高山勝成(33=仲里)が、6回負傷判定で同級1位加納陸(18=大成)を破り、4度目の世界王座返り咲きに成功した。

 高山は3回途中に偶然のバッティングで左まぶたをカット。出血が止まらず、6回途中でドクターストップとなり、3-0判定で勝利を手にした。

 不完全燃焼の結末に、高山は「悔しい」と残念がった。それでも、18歳9カ月4日での日本人最年少世界王座獲得を狙った加納に対し、左右の連打やカウンターを繰り出して、力の差を見せつけた。「ひとまずは、この戦いで勝利を手にして、すごくホッとしてますし、すごくうれしいです」とひと息ついた。

関連するニュースを読む

18歳加納も33歳高山も計量クリア 今日世界戦

前日計量をクリアした高山勝成(撮影・木村有三)

 ボクシングのWBO世界ミニマム級王座決定戦は今日20日、兵庫・三田市の駒ケ谷体育館で行われる。

 19日は同市内で前日計量があり、同級1位加納陸(18=大成)2位高山勝成(33=仲里)ともに47・5キロで1発クリアした。通常下位選手が立つ青コーナー使用を決めた加納は「チャレンジャーの気持ちです」と日本人最年少世界王座獲得へ気を引き締めた。高山は「最後は気持ちの勝負になる。すべてに対応できるようにトレーニングを積んできた」と、ベテランらしく落ち着いた様子で話した。

関連するニュースを読む

18歳加納陸が必勝宣言!世界王座最年少記録狙う

WBO世界ミニマム級王座決定戦に臨む加納陸(左)と高山勝成(右)。中央はWBO立会人のレオン・パノンシーリョ氏(撮影・木村有三)

 ボクシングのWBO世界ミニマム級王座決定戦(20日、兵庫・駒ケ谷体育館)の調印式、前日計量が19日、兵庫・三田市内のホテルで行われ、同級1位加納陸(18=大成)同級2位高山勝成(33=仲里)ともに47・5キロで、一発パス(リミット47・6キロした。

 日本人最年少世界王座奪取を狙う加納は「15歳の時から掲げてきた目標ですけど、15歳の時はまだぼんやりしていた。1戦1戦勝つことで、明確な目標になった。ここまで来たら世界チャンピオンになって最年少記録を更新したい」と力強く必勝宣言した。

関連するニュースを読む

高山勝成「ベルト返してもらう」王座返り咲きに自信

前日計量をクリアした高山勝成(撮影・木村有三)

 ボクシングのWBO世界ミニマム級王座決定戦(20日、兵庫・駒ケ谷体育館)の調印式、前日計量が19日、兵庫・三田市内のホテルで行われ、同級1位加納陸(18=大成)、同級2位高山勝成(33=仲里)ともに47・5キロで一発パス(リミット47・6キロ)した。

 日本選手最多16度目の世界戦で、4度目の世界王座返り咲きを目指す高山は「もともと自分が持っていたベルト。明日はしっかりとリング下りるまで最大限の集中を意地して、WBOのベルトを返してもらう。自分のベルトとして戻ってくるでしょう」と自信たっぷりに話した。

関連するニュースを読む

18歳加納陸「リラックス」最年少世界王座へ自然体

予備検診を受ける加納陸。後方に立つ高山勝成(撮影・木村有三)

 ボクシングのWBO世界ミニマム級王座決定戦(20日、兵庫・駒ケ谷体育館)の予備検診が18日、兵庫・三田市内で行われ、同級1位加納陸(18=大成)と2位高山勝成(33=仲里)ともに異常はなかった。

 加納はリーチで高山を8・5センチ回り、167センチ記録。試合を優位に運べそうな数値に「意識せんでも、生きてくる場面では生きてくる」とうなずいた。体重も「朝、起きたらリミット(47・6キロ)でした」と問題ない。この日着用した隼のロゴマークが入ったオリジナルTシャツも試合当日から新発売される予定で、初の世界戦の準備も整った。「緊張感は高まってこない。逆にリラックスしてます。集中だけ最後まで切らさないように」と、自然体で国内最年少世界王座奪取を目指す。

関連するニュースを読む

高山勝成「いつもながら」最多16度目世界戦へ余裕

予備検診を受ける高山勝成。後方に立つのは加納陸(撮影・木村有三)

 ボクシングのWBO世界ミニマム級王座決定戦(20日、兵庫・駒ケ谷体育館)の予備検診が18日、兵庫・三田市内で行われ、同級1位加納陸(18=大成)と2位高山勝成(33=仲里)ともに異常はなかった。

 高山は、日本選手では最多となる16度目の世界戦へ、落ち着いた様子で“定例行事”をこなした。順調に仕上がっている様子で「いつもながらの準備が、流れていく感じですね」とサラリ。加納については「すごくいい表情をしている。間違いなくいい状態でしょう。リング上でもお互い、いいファイトをできることでしょう」と対決を待ち望んでいた。

関連するニュースを読む

高山勝成、世界王座へ視界良好!両目まぶた不安なし

公開スパーで軽快なフットワークを見せる高山勝成(撮影・梅根麻紀)

 ボクシングのWBO世界ミニマム級2位高山勝成(33=仲里)が10日、同級1位加納陸(18=大成)との世界王座決定戦(20日、兵庫・駒ケ谷体育館)へ向けて大阪市内の仲里ジムで練習を公開した。

 元日本同級王者の大平剛(31=花形)と5回のスパーリングを行った後、精力的にサンドバッグに向かってパンチを打ち込むなど、軽快な動きを見せた。昨年大みそかにIBF同級王座から陥落したが、不安だった両目まぶたの状態も良く「すべてに問題なく、順調に来ている」と自信を見せた。

 中学時代、ラグビー部でフッカーとして活躍した高山は、リオデジャネイロ五輪7人制ラグビー男子1次リーグ初戦で、優勝候補のニュージーランドを破った日本代表の活躍にも刺激十分。「ニュージーランドから初勝利なんですよね。素晴らしい。すごく勇気をもらいました」と目を輝かせた。

関連するニュースを読む

高山勝成8・20王座決定戦へ10カ月ぶりスパー

 ボクシングの元世界4団体王者高山勝成(33=仲里)が21日、東大阪市の近大で約10カ月ぶりにスパーリングを行った。

 8月20日にWBO世界ミニマム級1位加納陸(18=大成)との同級王座決定戦(兵庫・駒ケ谷体育館)に臨む。同級2位の高山は昨年の大みそかにIBF世界ミニマム級王者から陥落。前回は相手に似たタイプがおらずスパーリング「0」だった。今回は50~100ラウンドを予定し「いくつかのパターンを用意したい」と意気込んだ。

関連するニュースを読む

高山勝成が10カ月ぶりスパー 8・20に世界戦

WBO世界ミニマム級王座決定戦に向けて近大の学生相手にスパーリングする高山勝成(左)

 ボクシングの元世界4団体王者高山勝成(33=仲里)が21日、東大阪市の近大ボクシング場で昨年9月以来となる約10カ月ぶりのスパーリング練習を行った。WBO世界ミニマム級2位の高山は、8月20日に同級1位加納陸(18=大成)との王座決定戦(兵庫・駒ケ谷体育館)を戦う。

 昨年の大みそかには、IBF世界ミニマム級タイトルマッチで3度目の防衛に失敗。前戦に向けては左右をスイッチし、パンチの軌道も不規則な相手の攻略としてスパーリング「0」の調整を行っていた。10カ月ぶりのスパーリングでは「左に対しての実戦感を取り戻す」とテーマを設定。学生3人は2ラウンドごとに交代し、高山は積極的に仕掛けてくる相手と合計6ラウンドにわたり拳を交えた。

 見守った中出トレーナーは「順調ですね。学生さんも2ラウンド、全力で来てくれる。テクニックもあるし、すごくいい練習になる」と満足げな表情。高山は「50~100ラウンドぐらい(スパーリングを)やりたい」と今後の調整プランを語った。

関連するニュースを読む

ミニマム級高山勝成の新後援会長に米田真理子氏

新後援会長に就任した米田真理子氏(左)に花束を渡す高山勝成(撮影・木村有三)

 ボクシングの元世界ミニマム級4団体王者・高山勝成(33=仲里)の新後援会長に、近大ボクシング部の後援会長を務める米田真理子氏(67)の就任が決まり、26日に大阪市内で記念パーティーが開催された。

 米田氏は、関西を中心に調剤薬局を展開する米田薬局グループの代表取締役CEOを務め、国際ロータリークラブの要職も歴任しており、高山とはプロ転向前から親交があった。

 8月20日に兵庫・駒ケ谷体育館でWBO世界ミニマム級1位の加納陸(18=大成)との同級王座決定戦を控える高山は「米田さんには、これまでずっと影から応援して頂いてきた。このたび、新後援会長になってもらい、もっと引っ張って頂けることになった。すごく興奮しているし、次の世界戦は必ずやってやるという気持ち」と、大事な試合を前に気力が充満した様子。米田新会長は「高山さんは、いつも謙虚でおごるところがない。いくつになっても礼儀正しいのも魅力。(次戦は)勝つと確信してます」と語った。

関連するニュースを読む

18歳加納陸が8月の高山戦で最年少王座奪取を誓う

世界戦壮行会でガッツポーズする加納陸(撮影・木村有三)

 ボクシングのWBO世界ミニマム級1位加納陸(18=大成)が19日、兵庫・三田市内で行われた「WBO世界ミニマム級王座決定戦壮行会」で、国内最年少世界王座奪取を誓った。

 8月20日に同市内で元世界4団体王者の高山勝成と対戦する加納は「何が何でも勝つという気持ち」と、18歳9カ月4日での戴冠へ決意を示した。地元企業など43社52人が入会する後援会も正式に発足。「すごくうれしい。すべてに感謝です」と、応援も偉業達成への力にする。

関連するニュースを読む

加納陸「10日で200キロ走り込み」高山戦に自信

世界戦壮行会でガッツポーズする大成ジムの丸元大成会長(右)と加納陸(撮影・木村有三)

 8月20日にWBO世界ミニマム級王座決定戦を控える同級1位加納陸(18=大成)が19日、兵庫・三田市内で行われた「東洋太平洋ミニマム級王座獲得祝賀会兼WBO世界ミニマム級王座決定戦壮行会」で、ベルト奪取への自信をのぞかせた。

 同市内の駒ケ谷体育館で開催される初の世界挑戦は、元世界4団体王者で同級2位高山勝成(33=仲里)との対決になる。3万円で購入したダイヤのピアスを左耳につけて登場した加納は「調整は順調です。10日で200キロの走り込みもやって、自信がつきました」と、2カ月後の大舞台へ好感触。ジムの丸元大成会長(40)も「下馬評では不利とされているが、必ず私たちが勝つ。自信がある。しっかり準備して臨みたい」と話した。

 加納が勝てば、18歳9カ月4日での世界奪取となり、87年に井岡弘樹が樹立した記録を6日更新する。

関連するニュースを読む

井岡弘樹氏、加納挑戦に「30年前の記録、破って」

 ボクシングの東洋太平洋ミニマム級暫定王者・加納陸(18=大成)が、国内最年少王者記録を懸けて世界初挑戦する。23日、兵庫・三田市内のジムで会見し、8月20日に元世界同級4団体制覇の高山勝成(33=仲里)とWBO世界同級王座決定戦を行うと発表した。加納が勝てば、18歳9カ月4日での世界王座奪取となり、87年に樹立した井岡弘樹の記録を6日更新する。

 西日本ボクシング協会の井岡弘樹会長は、加納の挑戦に「30年近く前の記録。破ってくれればうれしい」とエールを送った。この日は日本赤十字社大阪府支部を訪れ、熊本地震被災者へ同協会から100万円、個人で50万円を寄付。熊本県内のジムへ50万円寄付することも明かした。

関連するニュースを読む

国内最年少世界王者なるか加納陸が8月に高山勝成戦

最年少王者を目指して世界初挑戦する加納(左)と対戦相手の高山(撮影・木村有三)

 ボクシングの東洋太平洋ミニマム級暫定王者・加納陸(18=大成)が、国内最年少王者記録を懸けて世界初挑戦する。23日、兵庫・三田市内のジムで会見し、8月20日に元世界同級4団体制覇の高山勝成(33=仲里)とWBO世界同級王座決定戦を行うと発表した。加納が勝てば、18歳9カ月4日での世界王座奪取となり、87年に樹立した井岡弘樹の記録を6日更新する。

 会見で横に座った高山へ、加納は「オレが勝って、世代交代です」と早くも宣戦布告した。15歳のころから高山には練習相手を務めてもらい、兄弟子のような存在だが「やりにくさはない。楽しみ」と笑みさえ浮かべた。東洋太平洋の暫定王者ながらWBOからの指名試合ということで、巡ってきたチャンス。国内最多4度目の王座返り咲きを狙う高山を、若さとスピードで粉砕するつもりだ。

 ◆日本人最多の世界戦16戦目となる高山 加納選手は15歳のころから技術、スピードが素晴らしかった。僕は自分の仕事を全うして、この試合をモノにする。

 ◆加納陸(かのう・りく)1997年(平9)11月16日、兵庫・川西市生まれ。幼稚園から空手、小4でボクシングを始める。得意パンチは左ストレート、右フック。13年フィリピンでプロ転向。国内デビューは15年6月で戦績は5勝(2KO)。姉葉月(21)はグラビアアイドル。160センチの左ボクサーファイター。

関連するニュースを読む