上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

王座挑戦の古橋に援軍 川崎Fふろん太が応援団長に

Jリーグ川崎Fのマスコット「ふろん太」(左端)の応援団長就任を発表した日本スーパーバンタム級1位古橋(中央)。右端は新田会長(提供:川崎新田ジム)

21年1月に日本王座挑戦を控えるボクシング日本スーパーバンタム級1位古橋岳也(33=川崎新田)に絶好調J1クラブから強力援軍を得た。川崎新田ジムは2日、同じホームタウンで今季、史上最速で3度目のJ1優勝を飾った川崎フロンターレのマスコット、ふろん太が王座戦に向けて応援団長に就任すると発表。21年1月22日、東京・後楽園ホールで、同級王者久我勇作(30=ワタナベ)に挑戦する古橋はオンラインで会見し「3度目のタイトル挑戦。過去2回は逃しているので『三度目の正直』で取りたい。自分もフロンターレに続いて王者になります」と決意を表明した。

川崎Fが優勝を決めた暫定2位G大阪とのホーム戦にもスタジアムに応援に行ったという古橋は「2位クラブを5-0と大差をつけてホームでバチッと優勝を決めてくれた。自分の中でも自信があり、さらにフロンターレという大きなクラブがついてくれて、より一層、王者になる可能性が高まった。間違いなく王者になる」と自信たっぷりの笑み。古橋とともに会見に同席したふろん太は「川崎の仲間。古橋選手の応援に来ました。いつも応援してくれてありがとう。今後は僕たちが応援するよ」とバックアップを約束した。

所属ジムの新田渉世会長は「2010年頃からフロンターレさんとはいろいろな活動を一緒に取り込んでいる。川崎生まれ、川崎育ち、川崎ジム所属として初の王者が期待されており、(ふろん太が)応援団長を引き受けてくれた」と感謝していた。

日本スーパーバンタム級1位古橋(右)のタイトル挑戦に向けた応援団長にJリーグ川崎Fのマスコット、ふろん太が就任(提供:川崎新田ジム)

関連するニュースを読む

CC最強挑戦者決定戦の対戦カード発表 ボクシング

最強挑戦者決定戦に出場する選手たち

日本プロボクシング協会が5日に都内で、日本王座挑戦権を争う「チャンピオンカーニバル最強挑戦者決定戦」の対戦カードを発表した。13階級のうちフライ級藤北誠也(31=三迫)は相手がケガで棄権、ミドル級国本陸(22=六島)は出場選手がいないため、いずれも不戦で挑戦権を獲得した。11階級の対戦カードは下記(○はランキング)。

◆ミニマム級(21日=後楽園ホール)

<1>谷口将隆(25=ワタナベ)-<2>石沢開(22=M.T)

◆ライトフライ級(12月15日=名古屋)

<1>矢吹正道(27=緑)-<8>芝力人(23=RK蒲田)

◆スーパーフライ級(未定)

<1>久高寛之(34=仲里)-<2>ユータ松尾(29=ワールドスポーツ)

◆バンタム級(10月26日=後楽園ホール)

<1>沢田京介(31=JBスポーツ)-<2>田中一樹(26=グリーンツダ)

◆スーパーバンタム級(13日=後楽園ホール)

<1>古橋岳也(31=川崎新田)-<2>田村亮一(32=JBスポーツ)

◆フェザー級(10月26日=後楽園ホール)

<4>丸田陽七太(22=森岡)-<5>大橋健典(30=角海老宝石)

◆スーパーフェザー級(11月9日=後楽園ホール)

<1>源大輝(28=ワタナベ)-<2>渡辺卓也(30=青木)

◆ライト級(10月26日=後楽園ホール)

<1>斎藤一貴(26=角海老宝石)-<2>富岡樹(22=REBOOT)

◆スーパーライト級(10月21日=後楽園ホール)

<1>アオキクリスチャーノ(30=角海老宝石)-<2>永田大士(29=三迫)

◆ウエルター級(10月26日=後楽園ホール)

<1>小原佳太(32=三迫)-<2>垂水稔朗(25=協栄)

◆スーパーウエルター級(11月2日=後楽園ホール)

<1>新藤寛之(33=宮田)-<2>清水優人(31=木更津グリーンベイ)

関連するニュースを読む

古橋岳也vs田村亮一、日本王座挑戦権へ舌戦展開

スーパーバンタム級で対戦する古橋岳也(左)と田村亮一

日本プロボクシング協会が5日に都内で、日本王座挑戦権を争う「チャンピオンカーニバル最強挑戦者決定戦」の対戦カードを発表した。

13日に東京・後楽園ホールのスーパーバンタム級は第1弾でもあり、8日後の対決へ舌戦が繰り広げられた。

同級1位古橋岳也(31=川崎新田)は2度目の王座挑戦権がかかる。「13日の金曜日に、ゾンビこと田村選手とやるとは。もう復活しないように墓場に送り返したい。ダウンさせて倒し、どんな言い訳をするか聞きたい」と挑発した。

同級2位田村亮一(32=JBスポーツ)は5月に初防衛に失敗し、再起戦で王座返り咲きの権利を狙う。「古橋選手は1カ月前に彼女に振られたそうで。僕が勝ったあかつきには、古橋選手に合コンのチャンスを与えたい」と応酬した。

関連するニュースを読む

堀池雄大、元王者山中氏との練習でパンチ力アップ

凱旋(がいせん)試合に向けて意気込む帝拳ジム堀池雄大(右)と舟山大樹(2019年4月12日撮影)

毎春恒例となるプロボクシング興行「駿河男児Desafio8」が5月19日、富士市のふじさんめっせで開催される。

名門の帝拳ジムに所属するスーパーバンタム級の県勢2人が3年連続で参戦。浜松市出身の日本同級18位堀池雄大(34)はランク上位の日本同級6位古橋岳也(31=川崎新田)と、島田市出身の舟山大樹(25)は6連勝を目指し、三宅寛典(30=ビッグアーム)との8回戦に臨む。

   ◇   ◇   ◇

昨年10月以来、7カ月ぶりの試合となる堀池は、日本歴代2位の世界王座12回防衛を誇った偉大な先輩に刺激を受けてきた。近所に住む元WBC世界バンタム級王者山中慎介氏と一緒にロードワークし、助言を受けているという。「タイミングが合う時は山中さんと走っています」。同氏を担当した大和心(やまと・しん)トレーナーの指導でレベルアップを図ってきた。

上京して約5年。山中氏と同じ環境で練習を続け、下半身の力を利用したパンチ力の向上にも手応えが出てきた。「体が強くなりました。大和さんからもパンチが強くなったと言われます」と自信の笑み。昨年大みそかの長男誕生もあり、ランク上位との対決に向けて集中力も高まる。「キャリアがある格上が相手ですが、自分のボクシングを出せば勝てます。倒し切ることにこだわりたいです」と気合十分だ。

自身初の8回戦を迎える舟山は昨年11月以来、約6カ月ぶりの試合で6連勝を狙う。地元試合では過去3戦ともに判定勝ちのため、「今回はKOを狙いたいです」と目標を掲げる。昨年から元世界3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(帝拳)の弟カルロス氏が担当トレーナーとなり、「日本人とは違う独特のリズム、柔らかさを教えてくれます。吸収したものを試合で出したいです」と胸を躍らせた。

日ごろは聖地・後楽園ホールのリングで戦う県勢2人が、派手な勝利をイメージしながら、凱旋(がいせん)試合に備えている。【藤中栄二】

◆堀池雄大(ほりいけ・ゆうた)1985年(昭60)1月16日、浜松市生まれ。20歳でボクシングを始め、浜松市の西遠ジムから10年4月、4回判定勝ちでプロデビュー。12年には全日本スーパーバンタム級新人王に輝く。15年から上京して都内ジムでの出げいこを始め、16年に帝拳ジムへ移籍。通算戦績は15勝(3KO)6敗3分け。家族は有咲夫人、長男扇矢君。身長168センチの右ボクサーファイター。血液型O。

関連するニュースを読む

35歳目前の石本康隆TKO勝利で2度目の防衛成功

<プロボクシング:日本スーパーバンタム級タイトルマッチ◇1日◇東京・後楽園ホール

 日本スーパーバンタム級王者石本康隆(帝拳)が同級8位古橋岳也に10回TKO勝ちし、V2を果たした。

 序盤からジャブでペースをつかむと、ストレート、アッパーを的確につなげて圧倒。最終回に連打を集めたところでレフェリーが試合を止めた。10日に35歳を迎えるベテラン王者は「まだボクシングを続けられるという安堵(あんど)感でいっぱい。夢に向かって勝っていくだけ」と話した。

関連するニュースを読む

石本康隆「安堵感でいっぱい」TKOで2度目の防衛

古橋岳也(右)に左フックを見舞う石本康隆(撮影・下田雄一)

<プロボクシング:日本スーパーバンタム級タイトルマッチ◇1日◇東京・後楽園ホール

 王者・石本康隆(34=帝拳)が完勝で2度目の防衛を果たした。同級8位で2度目の王座挑戦となる古橋岳也(川崎新田)と対戦し、10回2分27秒TKO勝ちした。

 初回から左ジャブでペースをつかむと、ストレート、アッパーを的確につなげて圧倒。9回終盤には右ストレートでダウン寸前まで追い込み、最終10回に連打を集めたところでレフェリーが試合を止めた。10日に35歳を迎えるベテラン王者は「ボクシングを続けられるという安堵(あんど)感でいっぱい。最終回の前に、トレーナーから『勝負しろ』と言われて気持ちが入った。100点とはいかないが、仕留められて良かった。これからも目の前の試合に勝っていくだけ」と話した。

 石本は戦績を29勝(8KO)8敗とした。敗れた古橋は18勝(8KO)8敗1分けとなった。

関連するニュースを読む

石本康隆2度目防衛へ闘志「圧倒的内容で勝ちたい」

計量をクリアした日本スーパーバンタム級王者石本(右)と挑戦者の古橋(撮影・奥山将)

 ボクシングの日本スーパーバンタム級タイトルマッチ(東京・後楽園ホール)の前日計量が30日、都内の日本ボクシングコミッションで行われた。

 王者石本康隆(34=帝拳)、挑戦者の同級8位古橋岳也(28=川崎新田)はともにリミットの55・3キロでパスした。両者は昨年8月に石本が3-0の判定で勝利して以来の再戦となる。

 2度目の防衛を目指す石本は「前回はクリンチも多く、逃げるような戦い方になってしまった。完全決着のつもりで、圧倒的な内容で勝ちたい」と闘志を燃やした。

 2度目の王座挑戦となる古橋は「テーマは前回の自分を超えること。中間距離の戦いになると思うので、そこを制して自分の展開に持ち込みたい」と話した。

関連するニュースを読む

王者小国初防衛、体“くの字”耐え「死ぬほど課題」

ドローで日本スーパーバンタム級王座初防衛に成功した小国(撮影・木村有三)

<プロボクシング:日本スーパーバンタム級タイトルマッチ10回戦>◇30日◇東京・後楽園ホール

 王者小国以載(26=角海老宝石)が、引き分けで初防衛に成功した。

 同級1位古橋岳也(27=川崎新田)との激闘は判定にもつれこみ、ジャッジ1人が96-94で小国支持も、残り2人が95-95となり、1-0でドロー決着。途中で相手のボディーを何度も食らって体が曲がり「これが『く』の字になるってことか…」と追い込まれたが、「あかん、あかん。行かな、あかん」と必死に耐えて踏ん張った。

 ドロー防衛に「まったく防衛した気がしない。気持ちの弱さが出た。死ぬほど課題が見つかった」と、反省しきりだった。小国の戦績は14勝(4KO)1敗1分けとなった。

関連するニュースを読む