上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

吉野修一郎KOで無敗V2「もっと強くならないと」

挑戦者の前田絃希(右)を多彩なパンチで攻め続けた日本ライト級王者吉野修一郞

<プロボクシング:日本ライト級タイトルマッチ10回戦>◇14日◇東京・後楽園ホール◇1276人


 王者吉野修一郎(26=三迫)が、タフな挑戦者を9回に倒し、2度目の防衛に成功した。

 タイトル初挑戦となる同級5位前田絃希(25=グリーンツダ)から3回に右ストレートで1度目のダウンを奪い、試合の主導権を握った。右ストレート、右フック、右ボディー、左アッパーと多彩なパンチで攻め続けて追い詰めるとい、9回終盤、強烈な右ストレートでダウンを奪取し、KO勝ちでメインイベントを締めくくった。

 打たれ強い前田からKO勝利を挙げたが、吉野は「やりにくかった。まだまだです」と反省も忘れなかった。高校4冠、プロデビューから6戦目で同王座を獲得し、無敗のままでV2防衛となったものの「もっと勉強して強くならないと」と向上心をみせていた。

関連するニュースを読む

王者吉野「心折って倒す」スイーツ断ちの成果出す

2度目の防衛戦に向けて計量クリアした日本ライト級王者吉野(左)と挑戦者の同級5位前田


 ボクシング日本ライト級王者吉野修一郎(26=三迫)が「スイーツ断ち」で2度目の防衛成功を狙う。14日、東京・後楽園ホールで同級5位前田絃希(25=グリーンツダ)とのV2戦を控え、13日には都内の日本ボクシングコミッションで前日計量に出席。吉野は61・2キロ、前田も61・1キロでクリアした。

 両者ともにアマチュア出身ながら高校4冠など実績では吉野が格段に上。「今回は体づくりを意識して負荷をかけて体の強度を上げてきました」と明かし「ボクの中で、ここは中間地点。もっと強くならないといけない。相手の心を折って中盤に倒したいと思う」と意気込んだ。肉体作りの一環で、試合決定から大好きなパンケーキを口にしなかったという。尊敬するジムの先輩、元WBOアジア・パシフィックウエルター級王者小原佳太からも「やめとけ」と指摘されたという。吉野は「試合が終わったら食べたいと思う」と前田撃破後の楽しみを口にしていた。

関連するニュースを読む

王者吉野修一郎1回TKOで初防衛「ここは通過点」

初回TKOで初防衛した吉野

<ボクシング:日本ライト級タイトルマッチ10回戦>◇8日◇東京・後楽園ホール


 ボクシングの日本ライト級王者吉野修一郎(26=三迫)が初回TKOで初防衛に成功した。

 8日に東京・後楽園ホールで、同級1位斉藤正樹(チーム10カウント)を右でダウンさせ、さらに連打でレフェリーストップ勝ちした。豪快にデビュー7連勝も「ここは通過点もキャリアを積んでいきたい。月間賞とチャンピオンカーニバルのMVPがほしい」と目を細めた。

 WBOアジアパシフィック・バンタム級は王者勅使河原弘晶(輪島功一スポーツ)が3-0判定で初防衛した。

関連するニュースを読む

吉野修一郎「まさか入るとは」初回TKOで初防衛

初回TKOで初防衛した吉野

<ボクシング:日本ライト級タイトルマッチ10回戦>◇8日◇東京・後楽園ホール


 同級王者吉野修一郎(26=三迫)が初回TKOで初防衛に成功した。初のタイトル戦の同級1位斉藤正樹(32=TEAM10COUNT)を迎え撃ち、30秒過ぎに放った右ストレートがさく裂でダウンを奪った。さらに攻勢をかけてふらつかせ、コーナーで連打を浴びせるとレフェリーストップ。相手陣営からも同時にタオルが入り、2分36秒TKOでデビュー7連勝を飾った。

 斉藤は初のタイトル挑戦も32戦目のベテランだったが、あっという間に料理した。「初回は足を使って外していく」作戦だったが、「右がきれいに入っちゃったんで。まさか入るとは」と本人もびっくりだった。

 吉野は作新学院時代に高校4冠で、東農大をへて15年にプロ入りし、昨年10月に6戦目で王座を獲得した。「ここは通過点の第1関門だが、まだ大きいことは言えない。キャリアを積んで、修正し、レベルを上げていきたい」。三迫会長も「舞い上がらず落ち着いていた。今年は防衛戦でキャリアを積ませていく。海外に練習もいかせたい」と焦らず育てるつもりだ。

 試合前は「2月の月間賞とチャンピオンカーニバルのMVPをとりたい」と話していた。有力候補になり「ここでカーニバルを終わりにしてほしい」と笑みが広がった。

関連するニュースを読む

吉野修一郎、プロ6戦目で初挑戦新王者「通過点」

デビュー6戦目で新王者になった吉野修一郎

<プロボクシング:日本ライト級王座決定10回戦>◇21日◇東京・後楽園ホール


 同級1位吉野修一郎(26=三迫)がプロ6戦目の初挑戦で新王者になった。

 同級2位スパイシー松下(34=セレス)との対戦で、7回に左フックからダウンを奪う。さらに連打で2度ダウンさせるとレフェリーストップ。7回1分23秒TKO勝ちした。

 序盤は苦しんだ。松下の酔拳のようなパンチと動きに、頭から突っ込んでこられて、再三クリンチされながらパンチももらった。5回の公開採点では3-0も2人は1ポイント差に「びっくりした」という。「ビデオで見ていたが、思った以上にやりづらかった。頭にひじにラリアットも。イライラしちゃった」と苦笑した。

 センコンドから「冷静に」と指示され、「焦らず組み立てようと思った」。徐々に得意というボディーでペースをつかみ、7回にダウンを奪うと畳み掛けて仕留めた。「なんとか倒せた。初めてベルトに触れてうれしい」と目を細めた。

 栃木・作新学院では4冠に輝き、東農大に進んで五輪を目指していた。その夢はかなわず、1度引退して就職した。同期の内藤や拳四朗らの姿を見て、15年12月にプロデビューした。「通過点と思って満足せずにいきたい」と話した。

関連するニュースを読む