上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

白鵬が「土俵の鬼」の故郷で大技「呼び戻し」披露

三番稽古で琴恵光をつり上げる白鵬(左)(撮影・佐藤礼征)

大相撲の横綱白鵬(34=宮城野)が、「土俵の鬼」の故郷で大技を試した。14日、青森・板柳町で行われた夏巡業に参加。

この日から相撲を取る稽古を再開させ、三番稽古では前頭琴恵光を相手に6番取って全勝だった。3番目には初代横綱若乃花の得意技「呼び戻し」を披露。豪快に琴恵光を転がすと、集まった約2000人のファンから拍手と歓声が巻き起こった。「呼び戻しと言えば青森。初代若乃花といえば呼び戻しですから」。初代若乃花は青森・弘前市出身。会場は弘前駅から車で約30分とほど近いだけに「『地元にきた』と縁があることを感じられるからね」と意識していた。

巡業初日からすり足などの基礎運動で体を動かし、相手を前に立たせて立ち合いの確認も行ってきた。久しぶりの実戦に「いい感じでできた。番数は少なかったけどいい汗をかけました」と感触の良さを口にした。

琴恵光を指名した理由については「今まであまり稽古をつけていなかったから」と説明。幕内で2場所連続で勝ち越し中と、勢いに乗る相手を「小さいけど右四つ身にそれなりの完成(度)があったかな」と評価した。

その琴恵光は「初めてだったけど、自分の体勢になってもなかなか前に出られなかった」と、力の差を感じた。もろ差しで土俵際まで寄る場面もあったが、簡単につり上げられて形勢逆転。6番目で土俵の外に投げられた際に首を痛め、稽古が中断するなど力を発揮できなかった。三役を目標に掲げる27歳は「(もろ差しから)押せる気がしなかった。重い。力が伝わらなかったけど、(こういう機会は)ありがたい」と感謝した。

関連するニュースを読む

青木篤志が第51代王者「志のある人と防衛戦を」

新チャンピオンとなった青木はポーズを決める(撮影・河野匠)

<全日本:後楽園大会>◇20日◇後楽園ホール

世界ジュニアヘビー級選手権は、挑戦者の青木篤志が、王者岩本煌史を破り、第51代王者となった。

若き王者の孤高の芸術と呼ばれる払い腰を何度も受けたが、青木の心は折れなかった。王者の攻撃をしのぎながら、最後はトラップオーバー(変形腕ひしぎ十字固め)でギブアップを奪った。

1度はインタビュールームまで引き揚げたが、リングに上がった佐藤光留に呼び戻され、挑戦要求された。リング上で佐藤の挑戦を受け入れた青木は「まさかの呼び戻しで疲れたよ。オレは志のある人と防衛戦をやっていきたいと思っているから、光留の挑戦を受け入れた」と話していた。

岩本(右)を絞め上げる青木(撮影・河野匠)
岩本(右)の腕を攻める青木(撮影・河野匠)

関連するニュースを読む

豊ノ島4連勝で勝ち越しに王手、豪風引退に「残念」

大翔鵬(右)を攻める豊ノ島(撮影・林敏行)

<大相撲初場所>◇10日目◇22日◇両国国技館

また1人、かつての“戦友”が土俵を去った。再十両2場所目の西十両5枚目の豊ノ島(35=時津風)が、連日の筆頭との対戦で東十両筆頭の大翔鵬(24=追手風)と対戦。押し出しで快勝し、4連勝で勝ち越しに王手をかけた。

この日午前、東十両12枚目の豪風(39=尾車)が引退を表明した。初土俵は自分の方が2場所早いが、学生横綱の資格で幕下15枚目格付け出しデビューの豪風は、常に背中を追う存在だった。新十両は10場所、新入幕は9場所の後れを取ったが、新三役は自分の方が一足早く07年夏場所に昇進(豪風は08年春場所)。三役在位や三賞、金星など幕内での実績は開きをつけたが、4歳年上で突進相撲の豪風との対戦は「苦手意識ばかりで勝つのはたまたま。どうやって行っても向こうの相撲にはまってしまっていた」と通算9勝18敗(うち十両で1勝0敗)の対戦を振り返った。

「残念ですね。安美関(安美錦=40歳)もそうだけど、タケさん(豪風)も(今年6月で)40歳でしょう? その年までできるというのが本当にすごい」と、あらためて息の長さに敬意を示した。これで現役では十両安美錦(40=伊勢ケ浜)、幕内の嘉風(36=尾車)に次いで3番目の年長関取。「そうか、ベスト3に入っちゃったか」と話すが、相撲そのものは「今日もオジさんの割には足がよく出て(相手の引きに)ついていった。右ハズもいいところに入ったし、押し相撲の基本みたいな相撲」とこの日の一番を自画自賛。アキレス腱(けん)の大けがで2年間、幕下生活を過ごしたことが、逆に相撲に関しては若さを呼び戻したようだ。「ケガする前は、基本は受け身だった。それが(幕下に落ちて)踏み込むようになった。そこがプラスアルファ。自分の強みになった」と言う。勝ち越しまで1つ。その先の再入幕も見えてきた。

関連するニュースを読む

元朝青龍おい、豊昇龍が我慢の白星 礼に関し注意も

魁勇大(右)を内掛けで破る豊昇龍(撮影・岡本肇)

<大相撲名古屋場所>◇12日目◇19日◇ドルフィンズアリーナ

 元横綱朝青龍のおい、東三段目42枚目豊昇龍(立浪=19)が我慢の一番を制し、5勝1敗とした。

 西三段目32枚目魁勇大(19=浅香山)と左四つになり、投げ技を試みたものの相手も粘りを見せる。最後は内掛けで相手に覆いかぶさり、30秒近い一番を制した。「(立ち合いの)当たりは良かったけど、なんでか分からないけど体が動いていなかった」と白星にも納得いかない様子だった。

 取組後は敗れた魁勇大が礼をせずに土俵から降り、行司から呼び戻される場面もあったが、豊昇龍も審判を務めていた二子山親方(元大関雅山)から「ちゃんと礼しなくちゃいけない」とその場で注意を受けた。

魁勇大に勝ちインタビューにこたえる豊昇龍(撮影・奥田泰也)

関連するニュースを読む

白鵬ダメ押し寸止め 琴勇輝のまわしつかみ引き戻す

琴勇輝(左)を押し出した白鵬は、まわしをつかんで土俵に引き戻す(撮影・岡本肇)

<大相撲夏場所>◇8日目◇15日◇東京・両国国技館

 横綱白鵬(31=宮城野)が、自身の持つ最多記録を更新する41度目のストレートの給金直しを決めた。関脇琴勇輝を押し出し、無傷の8連勝。度重なる駄目押し行為で物議を醸していたが、軍配直後には寸前で踏みとどまり、悪癖を自制した。

 良くも悪くも、軍配後から目が離せない。土俵を割った琴勇輝に猛然と詰め寄った白鵬は、背中を向けた相手に左手をかけた。また駄目押しか-。と思った次の瞬間、われに返ったかのように右手を上げて闘争本能を制した。さらに琴勇輝を誘導して、土俵の中に呼び戻した。寸止めで踏みとどまったことについて「まあ、そんな感じだね」と認めると「今場所は早い。もう1週間でしょう」と満足そうに話した。

 春場所での駄目押しは、当時の井筒審判部副部長(元関脇逆鉾)の重傷につながり、謝罪した。今場所前の力士会では審判部が立ち合いの手つきなど土俵上の振る舞いの正常化を訴えたが、2日目、4日目、5日目と駄目押しにも見える行為を連発。6日目の朝には同じ伊勢ケ浜一門の友綱審判部副部長(元関脇魁輝)を訪ねる異例の形式で謝罪し「意識していかないといけない」と反省の意を示すなど、ドタバタだった。

 強いがゆえの課題が、他にもある。琴勇輝戦は立ち合いで左手を相手の目の前にかざすようにし、変化気味に右に動いて、かち上げを見舞った。相手に「行ったらいなかった。消えたと思った」と言わしめる注文相撲で、館内からはブーイングの声も上がったが「今場所は両足からの立ち合いがしっくりきている」と意に介さない。駄目押し騒動は沈静化したが、横綱ゆえに注文相撲にも厳しい目が向けられる。全勝ターンの後半戦は、正攻法で土俵を沸かせたいところだ。【桑原亮】

関連するニュースを読む

白鵬またダメ押し…じゃなかった 琴勇輝を呼び戻す

琴勇輝(右)の背中を押す白鵬(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇8日目◇15日◇東京・両国国技館

 横綱白鵬(31=宮城野)が新関脇琴勇輝(24=佐渡ケ嶽)を下し、自身41度目の初日から8連勝とした。

 立ち合いでは左手をかざして右に動くと、強烈なかち上げを見舞って土俵際まで泳がせる。間髪入れずにのど輪で押し出す完勝だった。

 だがその直後、土俵の外で背中を向けた琴勇輝に猛然と迫った。2日目、4日目、5日目と連発したダメ押しともとれる行為を、再び行ってしまうのか-。と思われたが、われに返ったのか右手を挙げて自制。さらに琴勇輝を土俵内に呼び戻すなど、反省をアピールした。

 軍配後の一連の行為について、白鵬は「まあ、そんな感じね」と、闘争本能を必死で抑えたことを認めた。一方で、注文相撲に館内からはブーイング。琴勇輝にも「行ったら、いなかった。消えたと思った」といわしめたが「下から攻めようと思ってね。あとは右から」と、狙い通りの相撲に満足顔だった。

関連するニュースを読む

旭天鵬、顔の右半面に勢の頭直撃 視界不良4連敗

<大相撲春場所>◇4日目◇11日◇大阪・ボディメーカーコロシアム

 西前頭11枚目のベテラン旭天鵬(40=友綱)が、視界不良の4連敗を喫した。

 東前頭13枚目の勢(28=伊勢ノ海)との一番は、十分な立ち合いの踏み込みから左上手を引き、有利な体勢になった。だが、ここで投げを打ち呼び戻した際に勢の頭が、顔の右半面を直撃。それを境に、力が抜けたようにズルズルと後退し、寄り切られた。

 支度部屋では赤く腫れた右目を、応急措置として氷でアイシング。右の鼻からは出血もみられた。「投げる必要もなかったし、前に出れば良かった。ドーンと(勢の頭が)来て、クラクラっときて、倒れそうになったもん。アレをしなかったら、こんなにならなかったのに」と声を落とした。

 上位ならいざしらず、10枚目以下の場所で旭天鵬は過去、初日からの連敗は2度の2連敗しかなかった。トンネルからの脱出口が見えず「きっかけは、つかみかけているんだけどな」と嘆いた。

関連するニュースを読む

白鵬「出ました」呼び戻し/秋場所

呼び戻しで宝富士を下す白鵬(撮影・河野匠)

<大相撲秋場所>◇8日目◇22日◇東京・両国国技館

 土俵の鬼にささぐ! 横綱白鵬(28=宮城野)が、大技「呼び戻し」で平幕宝富士(26)を下し、自身29度目となる初日から8連勝の「ストレート給金」を果たした。幕内では97年春場所の貴乃花以来、16年半ぶりの珍手は、土俵の鬼と呼ばれた初代若乃花が得意とした荒技。自身32個目の決まり手で、単独トップを守った。

 まるで子供のようだった。上気した顔で髪を結い始めた白鵬の顔は、ほころんでいた。質問が出そうになると、自ら「言うから待ちなさい」と制した。そして感慨深げに言葉をはき出した。「出ましたね~、とうとう」。待ちに待った決まり手「呼び戻し」。「最初は『すくい投げ』と聞こえた気がして、ぱっと決まり手を見たら呼び戻しとなっていた。やりがいがあったね」。一時期、熱心に研究した技の完遂。うれしさで言葉が止まらなかった。

 最初から狙ってはいなかった。だが、得意の右四つで左上手が引けたかという瞬間に、パッとひらめいた。「やる!」。右足を引いて上手投げに行くと見せかけた。相手の腰が引けた。その一瞬で右腕を強引に返し、豪快にたたきつけた。背中の左半分にベッタリと砂をつけた宝富士も「上手投げをされて、その後にまた投げられた。びっくりした」と何が何だか分からない。まさに荒技だった。

 貴乃花以来16年半ぶりに決まった珍手。だが、白鵬は言う。「初代若乃花さんです」。「仏壇返し」とも言われる呼び戻しは、10年9月に82歳で亡くなった元横綱初代若乃花の花田勝治さんが、幕内だけで15度も繰り出した大技。白鵬はDVDでその豪快な映像を見て、心が躍った。「どうしてこんな技を出せるんだろう」。

 7歳のとき、モンゴルで対面したことがあった。記憶は「お菓子をくれたおじさん」。それが07年9月の横綱昇進パーティーで再会し、綱の心得を授けられた。そして、この技を知った。花田さんの葬儀後、再現を決めた。どうすれば決まるか。研究し、何度か挑む。それでもできず、1度は興味も薄れかけた。そんな曲折を経て、やっとかなえた。それは同時に、土俵の鬼をよみがえらせもした。

 「ファンですから。豪快な映像ほどはいかなかったけど、同じように決まってね」。中日勝ち越しの話題は1度も口にしない。この日だけは、純粋な相撲少年がいるだけだった。【今村健人】

 ◆呼び戻し 四つに組み、相手を上手の方から下手側の懐へ呼び込むようにして、相手の体を浮かせる。その時に差し手を返しながら前に突き出すようにしてひねり倒す大技。反動を利用して反対方向に倒すので、この名がついた。突き出した差し手を抜き、相手の胸に当てて裏返すと「仏壇返し」と呼ばれる大技になるが、決まり手は「呼び戻し」で統一。初代若乃花は15度も決めた。平成以降、幕内では93年秋場所2日目に貴ノ浪が寺尾に、97年春場所9日目に貴乃花が剣晃に決めて以来3度目。

関連するニュースを読む

白鵬大技で8連勝、稀勢の里1敗/秋場所

<大相撲秋場所>◇8日目◇22日◇東京・両国国技館

 横綱白鵬は宝富士を呼び戻しの大技で退け、ただ一人8連勝で勝ち越しを決めた。自身の持つストレート勝ち越しの最多記録(1場所15日制定着後)は29度目となった。

 幕内での呼び戻しは1997年春場所9日目に横綱貴乃花が剣晃に決めて以来で16年ぶり。

 横綱日馬富士は千代大龍を押し出して6勝目を挙げた。

 大関陣は稀勢の里が豊響を寄り切って1敗をキープ。

 鶴竜は関脇妙義龍に押し出されて2敗目を喫し、琴奨菊は松鳳山の立ち合い変化を食って3敗に後退した。

 平幕嘉風が2敗となり、全勝の白鵬を追う1敗は稀勢の里だけとなった。

 2敗に日馬富士ら7人が続く。十両は大砂嵐ら3人が1敗でトップ。

関連するニュースを読む

白鵬は技のデパートに色気

 横綱白鵬(28=宮城野)が自身初の決まり手に挑む!? 2度目の4連覇が懸かる秋場所に向けて「ジャカルタ巡業では足取りやかいなひねり、呼び戻しとかをやった。15日間のうち1、2番はそういう豪快な相撲があれば、横綱は強いと思ってもらえるかな」と色気を出した。稽古も示唆していた番付発表の日に合わせて稽古する意向を示していたが、この日は結局、通常通りの会見だけ。高安と遠藤の話題には「ファンが待ちに待った力士。新星2人と稽古に臨みたいね」と触れた。

関連するニュースを読む

柴田と飯伏の2人に注目/新日本G1連載

9年ぶりにG1に出場する柴田(右)とG1初出場の飯伏

 新日本プロレスの真夏の祭典「G1クライマックス」が、8月1日に開幕する。直前連載「どうなるG1!」では、大会の行方を占います。連載2回目は個性派2人の登場です。

 新日本の夏を、個性派2人がかき乱す! かつて棚橋、中邑とともに「新闘魂三銃士」と呼ばれ、将来を嘱望された柴田勝頼(33)が9年ぶりにG1の舞台に帰ってくる。05年に新日本を退団。総合格闘技での戦いを経て、昨年のG1で「けんか売りにきました」と新日本への参戦を宣言。6月に同じ高校のレスリング部の同期だった後藤洋央紀と行った試合が、プロレスへの感覚と熱を呼び戻した。当初、ファンから浴びたブーイングは、激闘で大声援に変えてみせた。

 手応えをつかんで臨む今大会。「今の新日本に僕を嫌いなやつは、相当いると思う。全部受け止めてやる。誰にも負けたくない」と話す。遠回りではない。「後悔しないように生きてきた。所属ではないので、対戦相手と他の試合とも勝負。その日の1番を何回取れるかです」。

 初出場のDDT飯伏幸太(31)は「小学生の時からプロレス最強を証明するために友人と戦っていた」と話すほどのプロレス好き。高校卒業後、レスラーになる夢と現実の間で葛藤した4年間を経て“記念入団”した。「1回試合をして、地元に戻ってプロレスラーだったと自慢しようと思った。一番ぬるそうなDDTを選んだ」。

 ところが、その1回で「声援を受ける面白さを知った」と、のめり込むと、天性の身体能力を武器に覚醒。IWGPジュニア王座を獲得するなど実績を積んだ。ヘビー級のシングル連戦は初。「夢の舞台でどこまでできるか楽しみ。かき回してやろうと思います」と力を込める。盛り上げ役になるつもりは、毛頭ない。【奥山将志】

 ◆柴田勝頼(しばた・かつより)1979年(昭54)11月17日、三重県桑名市生まれ。98年新日本に入門。99年井上亘戦でデビュー。05年新日本退団。07年から総合格闘技の舞台で活躍。12年8月G1両国大会で新日本への参戦を宣言。以降、フリーとしてスポット参戦中。得意技はPK。183センチ、92キロ。

 ◆飯伏幸太(いぶし・こうた)1982年(昭57)5月21日、鹿児島県姶良市生まれ。04年DDTに入門。同年KUDO戦でデビュー。10年IWGPジュニアタッグ王座を獲得。11年BOSJで他団体選手として初の優勝を果たし、同年IWGPジュニアヘビー級王座獲得。得意技はフェニックス・スプラッシュ、ドロップキック。181センチ、86キロ。

◆G1出場選手◆

【Aブロック】

棚橋弘至

真壁刀義

後藤洋央紀

小島 聡

オカダ・カズチカ

石井智宏

ランス・アーチャー

デイビーボーイ・スミスJr

プリンス・デヴィット

柴田勝頼

【Bブロック】

天山広吉

永田裕志

内藤哲也

中邑真輔

矢野 通

高橋裕二郎

鈴木みのる

シェルトン・X・ベンジャミン

カール・アンダーソン

飯伏幸太

関連するニュースを読む

力道山3世・百田光雄長男が来年デビュー

力道山の銅像の前で。左から百田力さん、百田光雄、佐山サトル

 日本のプロレスの祖・力道山の五十回忌法要が15日、東京・池上本門寺で行われた。天龍源一郎(62)佐山サトル(55)折原昌夫(43)らのレスラーと近親者30人が参列した。力道山の次男の百田光雄(64)は「昭和史を語るのに力道山の名は欠かせない。それだけ父の存在は大きいので、ちゃんと守っていく。今日は父も喜んでくれていると思う」。力道山没後50年の来年のデビューを目指しトレーニングを積んでいる、百田の長男力さん(31)は「誰よりも強くて、自分にも他人にも厳しく、その中に寂しさがあるのが祖父のイメージ。頑張ってデビューして、プロレスから離れていった人を呼び戻してファン拡大につなげたい」と話した。

関連するニュースを読む

白鵬豪快V!呼び戻し&掛け投げ/大相撲

大相撲トーナメント3回戦で白鵬はつかみ投げで隆の山を破る(撮影・山崎哲司)

<第36回大相撲トーナメント>◇5日◇東京・両国国技館

 横綱白鵬(26=宮城野)が3年ぶり3度目の優勝を飾った。3回戦で隆の山をつかみ投げ、4回戦で妙義龍を呼び戻しと豪快な技で波に乗った。準決勝では大関稀勢の里との「黄金カード」となったが、左上手投げで下した。決勝は前回準決勝で敗れ、2連覇のかかっていた豪栄道との対戦。もろ差しを許して土俵際まで寄られたが、最後は豪快に掛け投げで優勝賞金250万円を手にした。「本場所なら負けていた」と苦笑い。初場所は貴乃花親方に並ぶ22度目の優勝を逃したが「気楽にいったのがよかったかな。これを弾みに賜杯を取り戻したい」と、春場所での奪還を期した。

関連するニュースを読む

高見盛「こういう時だから」ガチ取組

小学校を訪問し、女の子9人と対戦する高見盛(撮影・神戸崇利)

 幕内高見盛(34=東関)が、一般市民を相手に本場所さながらの取組を披露した。19日、師匠の東関親方(元前頭潮丸)、若い衆2人と都内の小学校を訪問。相撲協会から奨励されている社会貢献活動の一環として、約150人の親子連れとのイベントに参加し、子どもだけでなく珍しく大人とも相撲を取った。子どもや女性には「人情相撲」で会場を和ませたが、成人男性には手加減なし。PTA会長をつり出し、校長を押し倒し、若いお父さんには大技呼び戻し…。成人男性8人に全勝と大暴れした。

 校長との取組では、会場に「校長先生頑張れ」と、子どもの声援が響いたが、数秒後には沈黙させた。高見盛は「こういう時だからこそ、あえてガチンコでぶつかった。力士の強さを体で知ってほしかった」と胸を張った。校長も「真剣にやってくれるからいいんですよ。今度は部屋に行きたい」と、八百長問題の暗い雰囲気を一変しようと頑張る姿に感銘を受けていた。

 そんな愛されるキャラクターだけに、部屋には同様にボランティア活動への参加依頼が舞い込んでいる。東関親方は「他の部屋とも一緒にやって、市民の方々と触れ合う機会を増やしたい」と、意欲的に話した。

関連するニュースを読む

豊ノ島が出直し初日/秋場所

取組を終えた豊ノ島は、土俵入りを待つ幕内力士を横目に引き揚げる

<大相撲秋場所>◇初日◇12日◇両国国技館

 野球賭博に関与して7月の名古屋場所を謹慎休場した西十両筆頭の豊ノ島(27=時津風)が、出直しの1勝を挙げた。同じく謹慎休場で幕内から陥落した、元大関雅山(33)を上手投げで破った。心労から一時は体重が10キロ落ち、部屋では新弟子時代以来の皿洗いなどを率先して行ってきた。家族やファンの後押しに、何度も涙を流して反省してきた元関脇が1場所での幕内復帰を目指す。謹慎休場明けの力士17人のうち、この日は10人が出場し、7勝3敗だった。

 何発も張り手を浴び、体をのけぞらせても、豊ノ島は土俵を割らなかった。雅山の圧力を右に逃れて懐に潜り込み、上手投げで逆転した。謹慎休場明け対決を制し、05年秋場所以来、5年ぶりとなった十両の土俵で2場所ぶりの白星をつかんだ。「勝ち負けよりも、相撲を取れたことがうれしかった」と、今にも泣きだしそうな顔で振り返った。

 取組前から感極まっていた。会場に響いた「おかえり」の声援に「グッとくるものがあった」。野球賭博に関与した元大関琴光喜関が解雇され、当たり前のように上がっていた土俵が遠く感じた。それだけに「見ていてつまらない相撲を取るよりは、熱戦を繰り広げたかった」と、ファンに恩返ししたい一心だった。

 名古屋場所には帯同したが、当然、部屋宿舎から外に出ることはなかった。その中で「場所に出ている若い衆の負担を軽くしたい」と、調理場に立った。野菜を切り、連日、皿洗いもした。8年前の新弟子時代以来だった。

 心労から体重が10キロも減った。1通の携帯メールに勇気づけられた。妹の涼さんが7月16日に男児を出産。実は涼さんは膠原(こうげん)病で「重病なのに出産直前に『巡業に来た時に、豊ノ島に赤ちゃんを抱っこしてもらうのが夢。しっかりしなきゃ』と書いてあった。妹も乗り越えたから、自分もしっかりとやらないといけないと思った」と、涙ながらに明かしたことがあった。普段は本名(大樹)の「大くん」と呼ぶ妹に「豊ノ島」と呼ばれたことに、力士としての自覚を呼び戻された。

 8月10日には姉も双子の男児を出産した。同28、29日に高知・宿毛市の実家に帰省した時には、勢ぞろいで出迎えてくれた。この日「1場所で幕内に戻りたいか」と問われ「もちろん」ときっぱり。1度は土俵際に追い込まれた元関脇は、目指す場所を再確認した。【高田文太】

関連するニュースを読む