上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

貴乃花親方、告発内容事実無根と認められないと主張

報道陣を前に引退会見をする貴乃花親方(撮影・山崎安昭)

大相撲の貴乃花親方(46=元横綱)が25日夕方、日本相撲協会に引退届を提出後、都内で引退記者会見を開いた。

貴乃花親方は引退の理由として、元横綱日馬富士による弟子の貴ノ岩への暴行事件に関連して、日本相撲協会の対応を問題視し、内閣府公益認定等委員会に提出していた告発状を3月に取り下げたが、その内容を事実無根だと認めるよう、協会に重圧をかけられたからと説明した。

その上で、協会からの重圧について「正式な書面はないが、名前は控えさせていただきたいが、ある方から秋場所の後半戦に入り話が聞かされた」と明かした。告発状を事実無根と認めろと言うこと? と聞かれると「はい」と答えた。「告発状を取り下げたが、事実無根と認めることだけは出来なかった」とも語った。

2003年1月の大相撲初場所9日目の20日に引退した際、「すがすがしい気持ちです」と語ったが、この日の気持ちを聞かれると「苦渋の決断」と答えた。その上で「何より弟子たちの将来を見据えて断腸の思いです。弟子達がかわいいですので、柔らかな気持ちで見守って上げたいという思いはとても強くあります」と語った。「無念といいますか、悲しい思い…弟子たちが土俵で活躍することが第一」とも語り、表情をゆがめた。【村上幸将】

日本相撲協会に退職届を提出した貴乃花親方は経緯を説明した文書を胸に仕舞い表情を引き締める(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

白鵬「圧迫する感じ」稽古再開も左足親指の不安吐露

 1月の大相撲初場所を両足親指のけがで途中休場した横綱白鵬が8日、東京都墨田区の宮城野部屋で稽古を再開した。

 四股、すり足など基本運動で汗を流したが、左足親指に不安が残っていることを吐露。「左は腫れが引いていなくて、圧迫する感じがある」と、春場所(3月11日初日)での復帰について明言しなかった。

関連するニュースを読む

栃ノ心「同じ番号から十何回も電話が…」困惑隠せず

春場所に向けて稽古を再開し、若い衆に胸を出す栃ノ心

 1月の大相撲初場所で初優勝した栃ノ心(30=春日野)が5日、春場所(3月11日初日、エディオンアリーナ大阪)に向けて稽古を再開した。

 若い衆に胸を出すなどし、約1週間ぶりに汗を流した。その間、各種行事に参加し、節分の3日は「200人ぐらい赤ちゃんを抱っこした」という人気ぶり。母国ジョージアからも取材が殺到し「同じ番号から十何回も電話がかかってくる」と、想像以上の反響に困惑気味だった。

関連するニュースを読む

栃ノ心が稽古再開 節分に赤ちゃん200人を抱っこ

春場所に向けて稽古を再開し、若い衆に胸を出す栃ノ心

 1月の大相撲初場所で初優勝を飾った栃ノ心(30=春日野)が5日、春場所(3月11日初日、エディオンアリーナ大阪)に向けて稽古を再開した。申し合いは行わず、若い衆に胸を出すなどして汗を流した。

 初場所千秋楽から1週間は稽古を行っていなかったが、食事会や各種行事などに参加し、多忙だったという。特に3日の節分では、縁起がよいとされ「200人ぐらい赤ちゃんを抱っこした。いいトレーニングになったよ」と笑顔。初優勝効果で例年以上の人気となり、約1時間も筋力強化に充てている格好となったことを明かした。続けて「稽古が始まった方が、稽古のが終わったら(その日は)休むことができるからいいね」と、この日から通常のペースに戻り、徐々に調子を上げていくつもりだ。

 春場所では三役返り咲きが濃厚だけに「勝ち越したいね。次も頑張らないと、いろいろ言われるから」と話していた。

関連するニュースを読む

貴乃花部屋から初の双子関取誕生、貴公俊が新十両

貴公俊(左)の新十両昇進会見で、笑顔で握手する貴乃花親方(撮影・浅見桂子)

 日本相撲協会は1月31日、大相撲春場所(3月11日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、十両昇進力士を決めた。新十両は、炎鵬(えんほう、23=宮城野)と貴公俊(たかよしとし、20=貴乃花)の2人。

 炎鵬は、日本国籍未取得の横綱白鵬が将来、部屋を興した際の内弟子として入門。約100キロの小兵ながら、昨年春場所の初土俵から、わずか1年のスピード出世で関取の座を射止めた。

 また貴公俊は、貴乃花親方が部屋を興してから貴ノ岩、貴景勝、貴源治に続く4人目の関取。貴源治は一卵性双生児の弟で、史上初めての双子関取誕生となった。

 大相撲初場所で、炎鵬は東幕下6枚目で4勝3敗、貴公俊は同7枚目で5勝2敗。通常、この番付のこの成績では昇進はないが、初場所の成績で十両から幕下陥落力士が大量7人も出ると思われ、異例づくしの昇進となる。

 なお再十両は矢後(尾車)、照強(伊勢ケ浜)、志摩ノ海(木瀬)、翔猿(追手風)、明瀬山(木瀬)の5人となった。

貴公俊(左)の新十両昇進会見で、うれしそうに笑う貴乃花親方(撮影・浅見桂子)
貴源治(左)と貴公俊(17年4月30日撮影)

関連するニュースを読む

横審、白鵬の立ち合いに評価 4連敗鶴竜には苦言

大相撲初場所4日目、嘉風に敗れた後、付け人の肩を借り、左足をかばいながら引き揚げる白鵬(中央)

 大相撲初場所の千秋楽から一夜明けた29日、東京・両国国技館で横綱審議委員会(横審)の定例会が行われた。

 立ち合いに目を光らせていた白鵬は5日目から休場。土俵に上がったのは4日間だけだったが北村委員長は「(九州場所で)ほとんどの立ち合いで見せていた張り手、かち上げはなかった。横綱としてあるべき姿、形を考えていた」と評価した上で継続を要望。10連勝後に4連敗の鶴竜には「最後は息切れ。(進退場所は)乗り越えたが来場所以降、しっかりした相撲を見せてほしい」と望んだ。

関連するニュースを読む

栃ノ心、愛妻は「しゃべれないぐらい泣いていた」

一夜明け会見で優勝を決めた14日目、28日付けの本紙を手に笑顔を見せる栃ノ心(撮影・狩俣裕三)

 大相撲初場所で6年ぶりの平幕優勝を果たした西前頭3枚目栃ノ心(30=春日野)が29日、都内の所属部屋で一夜明け会見を行った。栃ノ心が座った後ろには優勝旗が置かれていて「うれしいですね」とにやり。「千秋楽終わって、月曜日でこんなに気持ちが良いのは初めてです。うれしいです」とあらためて喜びを語った。

 幕内では、自身最多の14勝で終えた初場所。思い出に残った一番を聞かれると「14日目ですよ」と、優勝が決まった平幕の松鳳山戦を挙げ「すごくうれしかった。2度と忘れない」と感慨にふけった。13年名古屋場所で重傷を負った右膝の調子も、昨年の九州場所頃から良くなってきたという。だから「今場所は勝てるだろうって、その気持ちでいた。まさか優勝するとは思わなかったけど」と自信はあったという。

 故郷ジョージアにいる家族とも、電話で喜びを分かち合った。「親とか奥さんとか親戚の人とか。『良かったな』って。泣きながらみんな」。特に愛妻ニノさんは「しゃべれないぐらい泣いていた。うれしかったです」と、感極まっていたという。

 春場所(3月11日初日、大阪エディオンアリーナ)では、三役返り咲きが確実。「来場所まで時間がだいぶありますから、稽古も(右膝の)リハビリも頑張ったら、来場所も結果が出るんじゃないですかね。(目標は大関かと問われ)頑張ります」と意気込んだ。

関連するニュースを読む

不祥事止まぬ相撲界、全力士聴取へ 再発防止委設置

協会あいさつで頭を下げる八角理事長(中央)ら(2018年1月28日撮影)

 不祥事が止まらない相撲界は、ついに全力士を対象に聴取が行われる見通しとなった。

 大相撲初場所は28日、東京・両国国技館で千秋楽を迎えた。

 日本相撲協会の監督官庁である林芳正文部科学相が、協会の八角理事長(元横綱北勝海)と会談し、再発防止を訴えた。協会は謝罪すると同時に、2月1日の理事会で再発防止策の検討委員会の設置を明らかにした。全力士約650人に対し、過去にさかのぼって不祥事がなかったかを聴取し、出直しを図る。

関連するニュースを読む

照ノ富士が再出場 親方「稽古もしている」

照ノ富士

 大相撲初場所3日目から休場していた、東前頭10枚目の照ノ富士(26=伊勢ケ浜)が、11日目から再出場することが決まった。照ノ富士は当初「2型糖尿病」で休場し、その後、インフルエンザを発症していた。

 10日目まで、3日目の不戦敗を含めて3敗7休となっており、再出場がなければ3月の春場所は十両陥落が確実だった。11日目の相手は石浦に決まった。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)はこの日「(古傷の)ひざはもともと良くなってきていた。血糖値が急激に上がっていたが、今は薬などで下がってきた。稽古もしている。出るからには、どこが痛いとかは言っていられない」と話していた。

関連するニュースを読む

元前頭北太樹が引退会見「真剣に全力で取り組めた」

引退会見をする北太樹(撮影・鈴木正人)

 大相撲初場所を前に現役引退した元前頭北太樹(35=山響)の小野川親方が15日、東京・両国国技館で引退会見を行った。「一番一番、真剣に全力で取り組めた。悔いなく相撲が取れた」とすがすがしい表情を浮かべた。

 近年は股関節のけがに苦しみ「体力の限界を感じた」と引退を決断。同席した山響親方(元前頭巌雄)は「痛い、と言ったら番付が落ちる世界。去年の名古屋場所では『やらないと落ちる』と言ったら、次の日からバンバンやっていた。大丈夫かと聞いたら『座薬入れてやってます』と。心苦しかった」と、弟子の頑張る姿に複雑な思いがあったことを明かした。

 小野川親方は「日頃の稽古の積み重ねなど、大切なことをいろいろと教えてもらった。先代の北の湖親方(元横綱)からも大事なことを教わった。若い力士に伝えていきたい」と親方人生の目標を語った。

関連するニュースを読む

阿武咲「自分は挑戦者」初日白鵬戦は全力でぶつかる

 大相撲初場所(東京・両国国技館)の初日を翌日に控えた13日、同所で土俵祭りが行われた。

 小結阿武咲(21=阿武松)も参加し、初日に横綱白鵬戦が組まれたことに「楽しみでしかないです。(初場所初日から)最高ですね」と喜びを隠せなかった。張り手、かちあげなどの多用で横綱審議委員会から苦言を呈された白鵬の立ち合いにも注目が集まる。「それは何も考えていません。自分は挑戦者ですからね」と全力でぶつかる覚悟を明かした。

関連するニュースを読む

白鵬-阿武咲、稀勢の里-貴景勝 初日取組決まる 

稀勢の里

 日本相撲協会審判部は12日、東京・両国国技館で大相撲初場所(14日初日、両国国技館)の取組編成会議を開き、初日と2日目の取組を決めた。

 連続優勝で通算41回目の優勝を目指す横綱白鵬(32=宮城野)は、初日に小結2場所目の阿武咲(21=阿武松)と結びの一番で対戦する。

 4場所連続休場からの再起をかける横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)は初日に新三役の小結貴景勝(21=貴乃花)、2日目は東前頭筆頭の北勝富士(25=八角)と勢いのある若手の挑戦を受ける。

 やはり4場所連続休場中の横綱鶴竜(32=井筒)は初日に北勝富士、2日目は貴景勝と、やはり難敵との対戦が組まれた。

 なお十両以上の初日からの休場者は、いずれも十両で東3枚目の貴ノ岩(貴乃花)、西9枚目の豊響(境川)、東11枚目の宇良(木瀬)の3人。貴ノ岩は昨年10月、元横綱日馬富士関に暴行された際に負った頭部外傷などのため。手術した宇良は、右膝前十字靱帯(じんたい)断裂で加療中の診断書を提出。豊響は不整脈のため休場を届け出た。初日、2日目の三役以上の取組は以下の通り。

 【初日】(左が東)

 千代大龍-玉鷲

 御嶽海-琴奨菊

 嘉風-高安

 豪栄道-逸ノ城

 鶴竜-北勝富士

 貴景勝-稀勢の里

 白鵬-阿武咲

 【2日目】(左が西)

 千代大龍-御嶽海

 玉鷲-嘉風

 阿武咲-豪栄道

 高安-琴奨菊

 逸ノ城-白鵬

 貴景勝-鶴竜

 稀勢の里-北勝富士

関連するニュースを読む

貴ノ岩が初場所休場 3月春場所は十両最下位

貴ノ岩(2017年9月20日撮影)

  日本相撲協会審判部は12日、東京・両国国技館で大相撲初場所(14日初日、両国国技館)の取組編成会議を開き、初日と2日目の取組を決めるとともに、十両以上の休場者を発表した。休場は、いずれも十両で東3枚目の貴ノ岩(貴乃花)、西9枚目の豊響(境川)、東11枚目の宇良(木瀬)の3人。

 貴ノ岩は、この日朝までに診断書を提出したため、理事会決定事項により今場所全休でも、3月の春場所は十両最下位(14枚目)にとどまる。

 診断書は1月11日付のもので病名は「頭部外傷、頭皮裂創痕、右乳突蜂巣炎痕」としるされた。いずれも昨年10月26日未明、引退した元横綱日馬富士関(当時伊勢ケ浜)に鳥取市内のラウンジで暴行された際に負ったもので「繰り返す頭部打撲は、慢性硬膜下血腫発症の危険性を増すため、受傷後約3カ月程度は頭部打撲を避ける必要があり(中略)平成30年1月の就業は困難であると考える」と記述されている。

関連するニュースを読む

天覧相撲を協会辞退、宮内庁「両陛下も残念に」

八角理事長(2017年12月20日撮影)

 相次ぐ不祥事で、日本相撲協会が天覧相撲を辞退した。宮内庁は11日、恒例となっている天皇、皇后両陛下の大相撲初場所(14日初日、両国国技館)観戦が取りやめになったと発表。辞退を申し出た相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「暴力問題に加えて、新たな不祥事を起こしてしまったことから、今週初め、1月場所の行幸啓をご辞退申し上げたいとお伝えしました。誠に申し訳なく、おわび申し上げます」とコメントした。元横綱日馬富士関による暴行事件、さらには立行司の第40代式守伊之助によるセクハラ行為が判明し、辞退となった。

 天覧相撲は近年、八百長問題が発覚した翌年の12年に自粛して以降、3年間は行われていなかった。だが平成になってから、ほとんどの年は、初場所中に行われることで定着。昨年10月に相撲協会から招待を受け、検討していた。会見した宮内庁の山本信一郎長官は「両陛下も、残念に思っておられるだろう」と話した。

関連するニュースを読む

セクハラ式守伊之助 降格や出場停止処分も検討

15年11月、大相撲九州場所の結びの一番で行司を行う式守伊之助

 日本相撲協会は10日、昨年12月16日の冬巡業中に泥酔して10代の若手行司にセクハラ行為をした現役最高位の行司である立行司、式守伊之助(58)の懲戒処分を協議する臨時理事会を、13日に両国国技館で開催すると発表した。

 14日からは大相撲初場所が始まる。協会幹部によると、伊之助は以前から飲酒トラブルがあり、降格や出場停止を含めた重い処分を検討する。伊之助は9日の明治神宮奉納土俵入りを欠席した。

関連するニュースを読む

稀勢の里が八角部屋で出稽古 北勝富士に8勝4敗

北勝富士の下からの圧力をこらえる稀勢の里(撮影・加藤裕一)

 大相撲初場所(14日初日、両国国技館)に向け、横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)が10日、都内の八角部屋で出稽古を行った。八角理事長(元横綱北勝海)と解説者の北の富士勝昭氏(元横綱)舞の海秀平氏(元小結)の前で、平幕の北勝富士と12番とって、8勝4敗だった。

 北勝富士は先場所優勝争いに加わり、自己最高位の東前頭筆頭に番付を上げた。稀勢の里も先場所初顔合わせで黒星を喫した。今最も勢いのある若手の1人に押され、引く場面もあった。得意の左を、厳しい右からのおっつけで封じられもした。それでも、最後は4連勝してみせた。

 稽古後、もう少し番数を取りたかったか、と問われて「いや~、十分です。(北勝富士は)力ありますよ」。時折笑顔を見せ、表情は明るく「突き押し相撲の力士とやると体が動いてくる。いい仕上がりになってます」と満足そうだった。4場所連続休場から復活を期す初場所へ。「また明日かな。行きますよ」と11日も出稽古を行うという。

 一方、北勝富士は12番の後、横綱に胸を借りるぶつかり稽古も行い、最後は完全に息が上がった。稀勢の里の出稽古を前日9日の昼すぎに聞いたという。「飯食った後でした。『絶望、ああ死んだな』と思った」と笑いを誘った。それでも、充実感を漂わせ「(先場所は)横綱の嫌がる相撲が取れました。今日も何番か嫌がる形にできた。横綱もいい感じで仕上がっているし、うれしい。自信になります」と話していた。

関連するニュースを読む

大鵬孫・納谷幸之介が新弟子検査 体格で祖父上回る

新弟子検査の身長測定に臨む納谷。右は玉ノ井親方(撮影・小沢裕)

 大相撲初場所(14日初日、東京・両国国技館)の新弟子検査が10日、両国国技館で行われた。元横綱大鵬の孫で、埼玉栄高3年の納谷幸之介(17=大嶽)ら9人が受検。全員が身長167センチ、体重67キロ以上の体格基準を満たした。内臓検査の結果を待ち、14日の初日に合格者が発表される。

 納谷は188センチ、166キロで身長、体重とも9人の中で最高値でパスした。71年夏場所途中で引退した時の大鵬は187センチ、153キロ。入門時で既に、偉大な祖父を体格で上回った。握力は右61キロ、左65キロで、背筋力は180キロ。示された数字で、パワーでも素材の良さを示した。

 昨秋の愛媛国体は少年で個人、団体で優勝。同12月の全日本選手権の出場資格を得たため(大会は1勝2敗で予選敗退)、デビューを1場所遅らせ、この日の受検となった。

 昨年12月19日に埼玉栄高で入門会見し、同26日には新弟子として自宅でもある、大嶽部屋に入門。早速、若い衆と同じ大部屋での生活をスタートさせ、新年は4日から稽古始め。既に幕下、三段目の力士との稽古も「多い時で30~40番ぐらい」取っているという。力士として一つの節目の日を迎え「やっと力士になれたという感じで、うれしいです」と実感を口にした。今後も「大横綱の孫」として注目され続けるが「ありがたいこと。注目されるに見合った力を、ちょっとずつでもつけたい」とブレない姿勢も口にしていた。高校の先輩にあたる大関豪栄道(境川)の相撲を理想に、今は天国で眠る祖父の背中を追う。

新弟子検査を終えた納谷は両国国技館を背にガッツポーズ(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

稀勢の里ら小学校の道場で汗「気持ちよく稽古」

小岩小相撲道場での初稽古ですり足をする稀勢の里

 大相撲初場所(14日初日、両国国技館)の開幕を1週間後に控えた7日、横綱稀勢の里(31)ら田子ノ浦部屋の力士たちが、部屋から徒歩10分ほどにある江戸川区立小岩小学校で稽古に汗を流した。

 同校の敷地内に昨年12月24日に落成した「小岩小相撲道場」の、こけら落としとなる初稽古に訪れたもの。相撲の普及、地域活性化のためにと、田子ノ浦親方(41=元前頭隆の鶴)の要望に江戸川区が応え完成した。

 連日、大関高安(27)と30~40番の稽古をこなしてきた稀勢の里は、8日に二所ノ関一門の連合稽古を控えるとあり、この日は四股、すり足などで汗を流し土俵には入らなかった。それでも完成したばかりの道場に「素晴らしい施設で稽古場も広い。土もいいし、気持ちよく稽古ができました」と心地よさそうな表情で話していた。

関連するニュースを読む

稀勢の里、高安が充実 連続40番の三番稽古

高安(右)を相手に40番の三番稽古で汗を流す稀勢の里

 大相撲初場所(14日初日、両国国技館)の開幕を8日後に控えた6日、横綱稀勢の里(31)が東京・江戸川区の田子ノ浦部屋で、弟弟子の大関高安(27)と連続40番の三番稽古(同じ相手と連続して相撲を取る)で、たっぷりと汗を流した。

 序盤に7連勝、25番目からは9連勝した稀勢の里の26勝14敗。星の差以上に密度の濃い稽古となった。最近では、番付が近い関取同士の三番稽古で、これほどの量をこなすのは珍しい。ちょうど1時間、土俵を占拠した2人は「やはり量をやるしかない」(稀勢の里)「若い伸び盛りの頃を思い出した。番数が(最近は)減ってきていたから、ここからまた伸びたい(成長したい)」(高安)と充実した表情を浮かべていた。

関連するニュースを読む

八角理事長、初場所へ「稀勢の里は番数が足りない」

稽古総見での八角理事長(撮影・鈴木正人)

 大相撲初場所(14日初日、東京・両国国技館)に向けた横綱審議委員会(横審)による稽古総見が5日、両国国技館で行われた。

 八角理事長(元横綱北勝海)は「白鵬の場合、余裕があるような感じがする。鶴竜、稀勢の里には余裕はない。鶴竜は精神的なものだと思うし、稀勢の里は番数が足りないような気がする。豪栄道は良い感じだった。高安も戻ってきているけど、いまひとつ。まあ、両大関は期待できると思う」とコメントした。

関連するニュースを読む