上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

浜崎朱加-山本美憂ほかRIZIN追加カード発表

RIZIN26大会カード

大みそかに行われる総合格闘技RIZIN26(31日、さいたまスーパーアリーナ)の記者会見が2日、都内で行われ、開催概要と追加カードが発表された。

登壇した榊原信行CEO(57)は「5年間やってきた中で今年コロナ禍で最大のピンチだったが、多くの方に支えていただいて大みそかまで進むことができた。日本の格闘技界の歴史を変えていくつもりで皆さんと作り上げていきたい。5年間で最高のマッチメークがお届けできる」と意気込んだ。

新たに発表された対戦カードは以下の通り。

暴力問題などで昨年10月に引退した、大相撲の元十両貴ノ富士のスダリオ剛はミノワマンと対戦する。

萩原京平(24=SMOKER GYM)-平本蓮(22=K-RIVER・AXジム)

佐々木憂流迦(31=Serra Longo Fight Team)-滝沢謙太(26=フリー)

浅倉カンナ(23=パラエストラ松戸)-あい(31=フリー)

ミノワマン(44=フリー)-スダリオ剛(23=フリー)

元谷友貴(31=フリー)-井上直樹(23=セラ・ロンゴ・ファイトチーム)

浜崎朱加(38=AACC)-山本美憂(46=KRAZY BEE/SPIKE22)

残りのカードは来週以降発表する。

すでにメインカードは発表されており、バンタム級王者朝倉海(27)が、元2冠王者堀口恭司(30)と初防衛戦を行う。

またレスリング男子で16年リオ五輪グレコローマンスタイル59キロ級銀メダルの太田忍(26)と、所英男(43)の対戦も決定している。

チケットは4日12時からファンクラブ向けの先行発売が行われ、一般発売は13日午前10時からとなる。

RIZIN26の記者会見で記念撮影する選手ら。前列左から浅倉、太田、井上、RIZIN CEOの榊原伸行氏、浜崎、元谷、所、あい、後列左から平本、佐々木、スダリオ剛、ミノワマン、滝沢、萩原(撮影・滝沢徹郎)
RIZIN26で対戦する太田(左)と所はポーズを決める(撮影・滝沢徹郎)
RIZIN26で対戦する平本(左)と萩原は向かい合いスタッフが止めに入る(撮影・滝沢徹郎)
RIZIN26 記者会見であいさつする太田(前列中央)(撮影・滝沢徹郎)
RIZIN26 記者会見であいさつする太田忍(前列左から2人目)(撮影・滝沢徹郎)
山本美憂(2019年12月30日撮影)

関連するニュースを読む

リオ銀の太田忍、大みそか所英男戦で格闘家デビュー

銀メダルを見せる太田忍(2016年8月14日撮影)

<RIZIN25>◇21日◇大阪城ホール

12月31日に開催されるRIZIN26(さいたまスーパーアリーナ)で総合格闘家デビューする、レスリング男子で16年リオデジャネイロ五輪グレコローマンスタイル59キロ級銀メダリストの太田忍(28)が、所英男(43)と対戦することが発表された。

リングに登場した太田は「小さいころから見てきた選手。驚いている」と話した。すでに練習はしているといい「勝つのは難しい。不安はあるが負けるつもりはない」と意気込んだ。また所は「アスリートとしてあこがれがあった。銀メダリストの太田さんと試合ができて光栄。これから引っ張ってくれる選手になると思う」と対戦を喜んだ。

所英男対山本アーセン 勝利を喜ぶ所英男(2016年12月31日撮影)

関連するニュースを読む

「忍者レスラー」リオ銀の太田忍が総合格闘技に転向

16年8月14日、リオデジャネイロ五輪レスリング男子グレコローマンスタイル59キロ級で銀メダルを獲得した太田忍

レスリング男子で16年リオデジャネイロ五輪グレコローマンスタイル59キロ級銀メダリストの太田忍(28)が12月31日にさいたまスーパーアリーナで開催される「RIZIN26」で総合格闘家デビューすることになった。21日の「RIZIN25」で大阪城ホールのリングに登場し、発表する。

4年前、ブラジルの地でグレコローマンの日本代表としては16年ぶりのメダルを獲得した。俊敏な動きから海外では「忍者レスラー」と呼ばれ、世界のトップで活躍してきた。

悲願の金メダルを目指して東京オリンピック(五輪)への挑戦を続けていたが、昨年9月の世界選手権で主戦の60キロ級での代表の座を逃し、その後に転級した67キロ級でも五輪の可能性がなくなっていた。

もともとレスリング以外の格闘技の技術練習などに意欲的で、試合前のルーティンとしてサンドバッグにキックを蹴りこむ姿も見られた。9月末に所属先のALSOKを退社してからは、いままで以上に総合格闘技の道場などにも通い、デビュー戦が待たれていた。

関連するニュースを読む

プロレス大賞でアマレス川井、文田、太田を特別表彰

2019年度プロレス大賞レスリング特別表彰の左から川井梨紗子、文田健一郎、太田忍(撮影・中島郁夫)

「2019年度プロレス大賞授賞式」(東京スポーツ新聞社制定)が16日、都内のホテルで行われ、特別表彰を受けたレスリング3選手が壇上であいさつした。

女子57キロ級代表の川井梨紗子(25=ジャパンビバレッジ)は「4年連続の受賞で、ここに来られて大変うれしく思います。来年もまたここに呼んでいただけるよう、優勝できるようにがんばります」と63キロ級で出場した16年リオ五輪に続く2大会連続金メダルを目標に掲げた。

男子グレコローマンスタイル60キロ級代表文田健一郎(24=ミキハウス)は「7年前にこの2020年に金メダルを取ると掲げた目標をきっちりと達成できるようにこれからも競技にまい進して参ります」と力強く宣言。五輪出場を逃したリオ五輪グレコローマンスタイル59キロ級銀メダリスト太田忍(25=ALSOK)は「今年は2020年東京五輪があります。レスリング界を盛り上げられるように、僕自身少しでも力になれたらいいなと思っています」と話した。

関連するニュースを読む