上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

塙英理加「あとは全力で戦うだけ」王座奪取に自信

WBC女子世界ライトフライ級タイトルマッチの前日計量でクリアした王者イセニア・ゴメス(左)と挑戦者塙英理加(UNITED提供)

WBC女子世界ライトフライ級タイトルマッチ(16日=日本時間17日、メキシコ・カンクン)の前日計量が15日(日本時間16日)に行われ、王者イセニア・ゴメス(23=メキシコ)がリミット(48・98キロ)から100グラムアンダーの48・9キロ、挑戦者の東洋太平洋ミニマム級王者塙英理加(28=UNITED)は300グラムアンダーの48・6キロでともにクリアした。

日本で約200ラウンドのスパーリングをこなしてきた塙は「いろいろな方に支えていただきながらここまで来たので、あとは全力で戦うだけ」とベルト奪取に自信をみせた。

17年5月にWBO女子ミニフライ級王座決定戦で世界初挑戦も、江畑佳代子(ワタナベ)に判定負け。2度目の挑戦で初の世界タイトルを狙う。

関連するニュースを読む

塙英理加「捕まえきる」メキシコからベルト奪取宣言

タイトルマッチの記者会見を行ったWBC女子世界ライトフライ級王者イセニア・ゴメス(右)と挑戦者の塙英理加(UNITED提供)

16日にメキシコ・カンクンで行われるWBC女子世界ライトフライ級タイトルマッチの記者会見が13日現地で開かれ、王者イセニア・ゴメス(23=メキシコ)に挑む東洋太平洋ミニマム級王者の塙英理加(28=UNITED)が「必ず日本にベルトを持って帰ります」と宣言した。

塙は緑の華やかなドレスをまとい会見に登場。王者ゴメスの「塙の足が止まったところで勝負したい。KOを狙っていく」という強気の発言に対し、「日本で200ラウンド近いスパーリングをこなしてきた。足を使われても追いかけて捕まえきる自信がある」と堂々と返した。

17年5月にWBO女子ミニフライ級王座決定戦で世界初挑戦も、江畑佳代子(ワタナベ)に判定負けした。2度目の挑戦で初の世界タイトルを狙う。

タイトルマッチの記者会見を行ったWBC女子世界ライトフライ級王者イセニア・ゴメス(右)と挑戦者の塙英理加(UNITED提供)

関連するニュースを読む

41歳江畑佳代子が新王者 世界戦6度目挑戦実る

<プロボクシング:WBO女子ミニフライ級王座決定戦10回戦>◇19日◇東京・後楽園ホール

 41歳の江畑佳代子(ワタナベ)が26歳の塙英理加(UNITED)を3-0の判定で破り、新王者となった。世界戦6度目の挑戦で初勝利。

 江畑は序盤から左右の速い連打を当てて優位に進め、終盤はカウンターで有効打を重ねた。初の世界戦の塙は積極的に前に出て反撃したが、攻撃が粗く隙を突かれた。

関連するニュースを読む

江畑佳代子6度目の女子世界戦「本当に最後の挑戦」

初王座をかけて対戦する江畑佳代子(左)と塙英理加

 ボクシングの日本人同士による女子世界戦が、19日に都内で発表された。WBO世界女子ミニフライ級王座決定戦で、江畑佳代子(41=ワタナベ)と塙英理加(26=UNITED)がともに初の王座をかけて、5月19日に東京・後楽園ホールで対戦する。江畑は国内最多の6度目の挑戦となるアウトボクサーのベテランで、塙はプロ2年目も攻撃的で7戦全勝での初挑戦という新旧対決となる。

 江畑は昨年9月の世界戦で負け、引退も考えて1カ月ジムを離れた。その後に入門の若手に「待っている」と言われて練習を再開。後輩を指導もしているが「説得力ある立場がほしくなり、わがままを聞いてもらった。本当に最後の挑戦。意地と執念で勝ちたい」と決意を披露した。

 塙は長崎大時代にボクシングを始め、地元愛媛に戻ってもジムに通っていた。アマのキックボクサーと結婚して上京を機にプロへ転向した。「江畑さんには的確な指導もしてもらったこともある。2年足らずでまだまたもチャンスを生かしたい」と、勝利で恩返しを期した。

関連するニュースを読む

多田悦子「不細工やった」が2年半ぶり王座奪取

<プロボクシング:IBF世界女子ミニフライ級王座決定戦10回戦>◇11日◇神戸市立中央体育館

 IBF世界女子ミニフライ級1位の多田悦子(34=真正)がカレリー・ロペス(メキシコ)に3-0で判定勝ちし、新王者となった。

 約2年半ぶりに世界王座に返り咲いた多田は「ホッとしている。(相手の大振りパンチに)見えていたけど、やりにくさがあった」。それでも、的確に左のパンチでポイントを稼いだ。打ち合いでパンチをもらう場面には「不細工やった」と苦笑い。

ボクシング多田悦子の王座決定戦相手がロペスに変更

 国際ボクシング連盟(IBF)女子ミニフライ級王座決定戦(12月11日・神戸市立中央体育館)に臨む多田悦子(34)の相手がカレリー・ロペス(メキシコ)に変更されたことが25日、分かった。

 所属先の真正ジムによると、対戦予定だったビクトリア・アルゲッタ(メキシコ)が来日できなくなったため。

関連するニュースを読む

多田悦子、メキシコ人と女子ミニフライ級王座決定戦

 12月11日に神戸市立中央体育館で国際ボクシング連盟(IBF)女子ミニフライ級王座決定戦に臨む多田悦子(34)の相手がビクトリア・アルゲッタ(メキシコ)に決まったと、所属先の真正ジムが28日に発表した。

 世界ボクシング協会(WBA)女子ミニマム級王座を9度防衛した実績を持つ多田は「この試合は絶対に落とせない」と並々ならぬ闘志を見せた。

 同じ興行では元世界2階級王者の長谷川穂積(34)がフェザー級ノンタイトル10回戦を闘う。相手は未定。

関連するニュースを読む

安藤麻里が5月に初防衛戦

 世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級チャンピオンの安藤麻里(フュチュール)が5月17日に大阪市のアゼリア大正ホールで同級10位の黒木優子(YuKO)と初防衛戦を行うと、安藤の所属ジムが28日に発表した。

 世界ボクシング協会(WBA)女子ライトミニマム級初代王者の安藤は、昨年12月にWBC女子ミニフライ級王座決定戦で判定勝ちし、2階級制覇を達成した。

関連するニュースを読む

安藤が判定勝ち2階級制覇/ボクシング

勝利をおさめ、ベルトを巻き笑顔を見せる安藤(撮影・田崎高広)

<プロボクシング:WBC世界女子ミニフライ級王座決定戦10回戦>◇14日◇大阪市・アゼリア大正ホール

 WBC世界女子ミニフライ級3位の安藤麻里(26=フュチュール)は同級4位のハセス・ノリエガ(メキシコ)に2-1で判定勝ちした。3回にダウンを喫するなど劣勢だったが、ひるまずに攻めて打ち合いを制し、WBA世界女子ライトミニマム級に続いて2階級制覇を達成した。安藤の戦績は17戦11勝(5KO)6敗。

関連するニュースを読む

安藤が涙「勝てて良かった」/ボクシング

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級王座決定戦10回戦>◇14日◇大阪市・アゼリア大正ホール

 安藤麻里(26=フュチュール)は世界戦3連敗中の苦境を脱し、僅差の判定で2階級を制覇した。

 「勝ちにこだわった。勝てて良かった」とリング上でうれし涙を流した。

 内容は低調だった。自身で「汚いボクシングになってしまった」と振り返るように、3回にダウンを奪われて以降も強打を浴び続けた。強い気持ちで前に出てポイントは盛り返したが、相手の反則での減点がなければドローの試合。「(出来は)技術的に半分いっているかどうか」という反省を生かせるかが、今後の鍵となりそうだ。

関連するニュースを読む

安藤、判定Vで2階級制覇/ボクシング

勝利をおさめ、ベルトを巻き笑顔を見せる安藤(撮影・田崎高広)

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級王座決定戦10回戦>◇14日◇大阪市・アゼリア大正ホール

 同級3位の安藤麻里(26=フュチュール)は同級4位のハセス・ノリエガ(メキシコ)に2-1で判定勝ちした。WBA女子ライトミニマム級前王者の安藤は2階級制覇を達成した。

 安藤は3回にダウンを喫するなど劣勢だったが、ひるまずに攻めて打ち合いを制した。

 安藤の戦績は17戦11勝(5KO)6敗。

関連するニュースを読む

江畑が3度目の世界挑戦「大和魂です」

IBF女子世界ミニフライ級1位のフランコ(左)と同6位の江畑(撮影・柴田隆二)

 IBF女子ミニフライ級王座決定戦の調印式と計量が、27日に都内で行われた。

 東洋太平洋女子フライ級王者の同級7位江畑佳代子(37=ワタナベ)が47・5キロ、同級1位のナンシー・フランコ(24=メキシコ)が47・3キロでクリアした。

 江畑は2週間前にIBFライトフライ級王者となった柴田に、2年前の東洋太平洋王座戦で敗れている。今回は同じIBFで3度目の世界挑戦。

 「悔しいです。18年やってきた。3度目の正直にすべてをぶつけて勝つ。大和魂です」と決意を口にした。試合は28日に東京・後楽園ホールでゴング。

関連するニュースを読む

宮尾綾香が明日のV3戦へ予備検診

予備検診に臨んだWBA女子世界ライトミニマム級王者宮尾(右)と挑戦者のアバニエル

 WBA女子世界ライトミニマム級王者・宮尾綾香(30=大橋)が26日、同級1位グレッチェン・アバニエル(フィリピン)との3度目の防衛戦(28日=後楽園ホール)を控え都内で予備検診を受診。また、同日はIBF女子ミニフライ級王座決定戦で同級6位・江畑佳代子が3度目の世界戦に挑む。

関連するニュースを読む