上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

稀勢の里にファンは中毒「魔性の男」/大相撲総選挙

大相撲総選挙で6連覇を果たし、北斗神拳の奥義「無想転生」に通じる「無の境地」でトロフィーを受け取る横綱稀勢の里

<第6回大相撲総選挙>

 日刊スポーツが行った人気力士アンケート「第6回大相撲総選挙」は、横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が6連覇を果たした。最多だった昨年をさらに5000票以上も上回る総数6万3579票のうち、1割を超える7074票を獲得。猛追する宇良、高安を振り切って「不動のセンター」を死守した。2位には変幻自在の業師、宇良が初参戦で大躍進。新大関高安も昨年の12位から3位に入った。

 やはり、稀勢の里は強かった。当人は結果を知る直前「順位、落ちました?」と笑いながら尋ねたが、不動のセンターは譲らなかった。25歳だった12年から6年連続の首位。「ありがとうございます。ありがたいですね。ファンあってのことですから」と感謝した。

 横綱になって初めての総選挙。これまでは優勝や昇進にあと1歩届かないもどかしさが、ファンを一種の中毒のようにとりこにしていた。今回は? 「念願だった優勝、昇進を果たしたのになかなか安心させてくれず、いつまでも放っておけない。魔性の男」(20代女性)「遠い存在になり、違う力士を応援しようと思うのですが結局、一番力が入る。それだけ人を引き付ける魅力を持つ横綱」(40代女性)。簡単に“卒業”するファンはいないようだ。

 弟弟子との“絆”もファンの心をくすぐった。高安の大関昇進伝達式では、本人以上に喜んだ。「僕はあまり人のことでは喜ばないけど、本当にうれしかった」。その姿に「あんなにはしゃいでいる稀勢の里はめったに見られない」(20代女性)「あのはちきれんばかりの笑顔が稀勢の里の人柄を物語っていて心から敬愛します」(40代女性)。

 夏場所途中休場の原因となった左上腕付近のけがも「大丈夫ですよ」としか言わない。言い訳も弱音も一切ない。その生きざまを知っているから「日本人が横綱になったからではなく、ずっと努力してきた稀勢の里が横綱になったからこそ日本中がうれしいのです」(30代女性)という声がある。6連覇は必然だった。【今村健人】

関連するニュースを読む

閉じる

2位宇良/大相撲総選挙ユーザーコメント

2位(西横綱)宇良(木瀬)5441票

 第6回大相撲総選挙に投票いただき、ありがとうございました。投票だけでなく、多くの皆さまから熱いメッセージをいただきましたので、ごく一部ですが紹介いたします。

2位(西横綱)宇良(木瀬)5441票

2位 宇良 5441票

★宇良の相撲は見てていつも楽しい、礼儀正しいところも好き。(10代女性)

観ていて面白い相撲を取るし、立ち居振る舞いや受け答えもしっかりしている。(20代女性)

★お母さん思い(50代女性)

★不思議そうなキョトン顔の所作にパウダーピンクが似合って赤ちゃんのようなのに強い意志を感じる。(40代女性)

★乱れた髷をヒョイと直す仕草が好き(50代女性)

★宇良さんの技、身体能力、凄すぎる!(50代女性)

★小兵ながら様々な技を繰り出すところが見ていてとても楽しいから。土俵入りの時などに見せる初々しさも可愛い?あと、意外と声が低いところも良さのひとつ!(20代女性)

★宇良は取組が面白すぎる。(30代女性)

★父娘で宇良関のファンです!技巧みな相撲の取り方はもちろん、礼儀正しく真面目そうな人柄にも惹かれます。スマホの予測変換で「宇良」がすぐに出てくる日を待ちわびています!(30代女性)

★小兵ながらも柔軟な身体から繰り出す技の数々で土俵を盛り上げてくれた宇良関にまず一票。(30代女性)

★小さい体でトリッキーな攻めを見せて楽しませてくれるのでほんとうに目が離せません。(30代女性)

★相撲内容を見てファンになりました。宇良関の相撲は、勝敗に関わらず取組一番一番に価値があると思います。(20代女性)

★宇良がかわいいからです。期間中毎日投票しようと思ってたのに数日忘れてました。宇良ごめん。(20代女性)

★宇良の華麗さに度肝をぬかれました。(40代男性)

★あの愛らしい顔をみてると応援したくなります。一家に一人宇良って感じです。(40代男性)

★どういう立ち合いをしてくるのか、どういう風に攻めるのか、宇良関の相撲は考えさせられて、相撲の面白さを改めて感じさせてくれるところです。(20代女性)

★毎回どんな技が出るのか楽しみです。礼儀正しく、土俵の上でも相手の動きに合わせて待っているところがかわいい。活躍期待してます。(30代女性)

★宇良は塩のまきかたが笑ってしまう。(50代女性)

★人間性も相撲も腰が低いのがいいですね。応援したくなります。(40代男性)

★礼儀正しさ。まず今の自分ができることを一生懸命やっていることによって運を引き寄せているように見えます。私も宇良を真似していつも礼儀正しくいようと心掛けています。(40代女性)

関連するニュースを読む

閉じる

稀勢の里、昨年は7323票/大相撲総選挙

大相撲総選挙過去の順位と票数

<第6回大相撲総選挙>

 日刊スポーツが行った人気力士アンケート「第6回大相撲総選挙」は、横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が6連覇を果たした。最多だった昨年をさらに5000票以上も上回る総数6万3579票のうち、1割を超える7074票を獲得。猛追する宇良、高安を振り切って「不動のセンター」を死守した。2位には変幻自在の業師、宇良が初参戦で大躍進。新大関高安も昨年の12位から3位に入った。

 大相撲総選挙の投票対象は夏場所番付の幕内力士。5月29日から6月10日まで、はがきと日刊スポーツのウェブサイトで投票を受け付けた。ウェブでは端末1つにつき1日1回、1回3人まで投票可能。はがきは1枚あたり3人まで投票可能で、はがきに限って1票あたり5倍で計算。ウェブとはがきの投票を合わせて順位を決めた。はがきは1792票(×5で8960票分)、ウェブは5万4619票が集まった。

関連するニュースを読む

閉じる

宇良「くまのプーさん実写版」で2位/大相撲総選挙

大相撲総選挙で2位になった宇良

<第6回大相撲総選挙>

 宇良が入幕2場所で大躍進だ。稀勢の里に1633票差の2位。11勝した夏場所は三賞こそ逃したが、三賞級だった声援の大きさが、そのまま得票に表れた。

 人気の秘密は「小兵」「技」「かわいさ」「礼儀正しさ」という4つのキーワードにある。「小兵ながらも柔軟な体から繰り出す技の数々」(30代女性)「高安はテディベア。宇良はくまのプーさんの実写版」(10代女性)「礼儀正しく真面目そうな人柄」(30代女性)。女性からの支持の高さが目立った。

 宇良は春場所前の新入幕会見で、自分の相撲を見て「元気が出た」などの声をもらったことについて、こう答えている。「自分の相撲がまさかそれほど人の気持ちを動かすのか? 不思議だけど非常にうれしい」-。三役との初顔合わせが必至の名古屋場所でも結果を残せば…。稀勢の里もうかうかしていられない。

関連するニュースを読む

閉じる

横綱稀勢の里6連覇達成/大相撲総選挙

大相撲総選挙6連覇を達成した稀勢の里。詳しくは16日の紙面で

 日刊スポーツ新聞社主催の人気力士アンケート「第6回大相撲総選挙」の結果を発表します。

 横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が6連覇を成し遂げました。ネット投票、ハガキ投票の合計6万3579票のうち、1割以上の7074票を集めました。1位(東横綱)から28位(西前頭10)までの順位、票数は以下の通りです。

 6月16日の日刊スポーツ紙面では人気番付イラストとともに1位に輝いた稀勢の里のコメント、写真などを掲載します。お楽しみに!

1位(東横綱)稀勢の里(田子ノ浦)7074票

2位(西横綱)宇良(木瀬)5441票

3位(東大関)高安(田子ノ浦)4667票

4位(西大関)日馬富士(伊勢ケ浜)3654票

5位(東関脇)遠藤(追手風)2998票

6位(西関脇)照ノ富士(伊勢ケ浜)2828票

7位(東小結)白鵬(宮城野)2380票

8位(西小結)勢(伊勢ノ海)2326票

9位(東前頭1)正代(時津風)2064票

10位(西前頭1)豪栄道(境川)2028票

11位(東前頭2)嘉風(尾車)1978票

12位(西前頭2)鶴竜(井筒)1853票

13位(東前頭3)玉鷲(片男波)1747票

14位(西前頭3)御嶽海(出羽海)1609票

15位(東前頭4)北勝富士(八角)1411票

16位(西前頭4)千代の国(九重)1409票

17位(東前頭5)妙義龍(境川)1368票

18位(西前頭5)輝(高田川)1271票

19位(東前頭6)石浦(宮城野)1155票

20位(西前頭6)宝富士(伊勢ケ浜)1095票

21位(東前頭7)蒼国来(荒汐)1021票

22位(西前頭7)琴奨菊(佐渡ケ嶽)991票

23位(東前頭8)豊山(時津風)949票

24位(西前頭8)逸ノ城(湊)916票

25位(東前頭9)豪風(尾車)902票

26位(西前頭9)貴景勝(貴乃花)896票

27位(東前頭10)栃煌山(春日野)895票

28位(西前頭10)阿武咲(阿武松)849票

 ◆投票方法 投票対象は夏場所番付の幕内力士。5月29日から6月10日まで、ハガキと日刊スポーツのウェブサイトで投票を受け付けた。ウェブでは端末1つにつき1日1回、1回3人まで投票可能。ハガキは1枚あたり3人まで投票可能で、ハガキに限って1票あたり5倍で計算。ウェブとハガキの投票を合わせて順位を決めた。ハガキは1792票(×5で8960票分)、ウェブは5万4619票が集まった。

関連するニュースを読む

閉じる

佐田の海挙式「父追い越さないと」夫人の妊娠も判明

ウエディングケーキに入刀する佐田の海(左)と麻里菜夫人

 大相撲の十両佐田の海(30=境川)が11日、東京・日本橋蛎殻町のロイヤルパークホテルで、今月3日に婚姻届を提出した新婦の麻里菜さん(29)と挙式、披露宴を開いた。披露宴には春日野親方(元関脇栃乃和歌)、出羽海親方(元前頭小城ノ花)、前頭宇良(木瀬)ら出羽海一門の親方衆、関取衆らが出席。また、父で元小結佐田の海の宏司さん(60)の現役時代に親交があった八角理事長(元横綱北勝海)、二所ノ関親方(元大関若嶋津)、陸奥親方(元大関霧島)ら、一門の枠を超えた親方衆も列席。約600人が2人の門出を祝った。

 東京・足立区の境川部屋から徒歩数分ほどの所に住んでいた新婦とは、後援会関係者の紹介で知り合い、昨年9月に婚約を発表。今年4月下旬には新婚生活をスタートさせるなど順調に愛をはぐくみ、約5年の交際を経てのゴールインとなった。

 5月の夏場所で約3年ぶりに十両へ陥落した佐田の海だが、東十両筆頭で迎えた夏場所は9勝6敗と勝ち越し。名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)では、1場所での返り入幕が確実となっている。挙式を終えた佐田の海は「緊張しました。もっともっと自分らしい相撲を取って、15歳で入門した時からの目標だった父に追いつき、追い越さないといけない」と節目の日に、誓いを新たにした。またつい最近、麻里菜夫人の妊娠が分かり、来年1月に第1子誕生と、二重のおめでたに包まれた。

関連するニュースを読む

閉じる

稀勢の里大人気!山響部屋と地元で1日2度土俵入り

茨城・鹿島神宮で横綱土俵入りを披露する稀勢の里(中央)。太刀持ちは隠岐の海、露払いは北勝富士(撮影・今村健人)

 大相撲夏場所で途中休場した横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が4日、1日2度の土俵入りを行った。

 宇良、徳勝龍を従えて都内の山響部屋の部屋開きで披露した後、午後は隠岐の海、北勝富士に代えて地元茨城の鹿島神宮で土俵入り。地元で初めてとあって、2年前の白鵬を1万人上回る約2万5000人が訪れた。武道の神をまつる鹿島神宮には角界入り直前に初詣で訪れ「相撲界で成功するように勝守を買った」。横綱として再訪し「こんなにうれしいことはない。一生懸命やってきて良かった。(けがは)だいぶ状態も良くなってきた」と話した。

関連するニュースを読む

閉じる

山響親方、部屋開きで稀勢の里の土俵入りに「感謝」

土俵入りを披露する横綱稀勢の里(中央)、太刀持ちの宇良(左)、露払いは徳勝龍(代表撮影)

 4月下旬に同じ江東区の清澄から移転した山響部屋の部屋開きが4日、江東区東砂の新しい部屋で執り行われた。先代師匠だった北の湖親方(当時理事長、元横綱)の死去に伴い、15年11月に山響部屋として部屋を継承。清澄の北の湖部屋を、そのまま使用していたが、夏場所前の4月29日に引っ越しを済ませていた。

 部屋開きには、協会理事を務める同じ出羽海一門の春日野親方(元関脇栃乃和歌)、出羽海親方(元前頭小城ノ花)、境川親方(元小結両国)と貴乃花親方(元横綱)の親方衆が出席。土俵祭りの後、太刀持ちに宇良(24=木瀬)、露払いに徳勝龍(30=同)の出羽海一門の幕内力士を従え、横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が土俵入りを行った。

 近隣住民も見守る中、滞りなく無事、祭事を終えた山響親方(46=元前頭巌雄)は「感慨深いものがあります。1人でも多くの関取を作って、弟子もどんどん増やして部屋から横綱を出したい。稽古はもちろん、先代は『人を育てる』と常々、言っていた。社会に出ても恥じない力士を育てるのが自分の役目と思っています」と話した。稀勢の里の横綱土俵入りには「元々、親交はありましたが、まさか自分の部屋の土俵入りをしてもらえるとは思わず、うれしいです。感謝しています」と喜んだ。

 新しい部屋は鉄筋3階建てで敷地面積は71坪(約234平米)。1階に稽古場とちゃんこ場、2階に大部屋と関取用の個室が2部屋、3階は倉庫と親方夫妻の自宅を備える。稽古場には親方時代の先代の遺影が飾られ、稽古する力士を見守る。

 近隣の道路沿いには、町内会などが作った横断幕やのぼり旗が、まだ部屋が工事中の昨年から掲げられ、おかみさんのまなみ夫人も「地域の方々の協力に恵まれました」と感謝した。最寄り駅は徒歩約15分の地下鉄東西線の南砂町だが、部屋近くのバス停からは両国まで都営バスが運行しており、1本で両国国技館までは行ける。

山響部屋部屋開きで土俵入りを披露する横綱稀勢の里(代表撮影)
記念撮影に臨む、左から行司・木村庄太郎、太刀持ち・宇良、山響親方(元幕内・巌雄)、横綱稀勢の里、呼出し・拓郎、露払い・徳勝龍(代表撮影)

関連するニュースを読む

閉じる

新十両「翔猿(とびざる)」誕生!申年の岩崎が改名

師匠の追手風親方と新十両会見に臨む岩崎改め翔猿(左)

 日本相撲協会は5月31日、名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、新十両には岩崎改め翔猿(とびざる、25=追手風)が昇進。兄は十両英乃海で、史上18組目の兄弟関取が誕生した。

 新十両の岩崎改め翔猿は埼玉・草加市内の部屋で師匠の追手風親方(元前頭大翔山)と会見。「動きがサルっぽくて申(さる)年(生まれ)なので」と改名理由を明かした。120キロの軽量で動き回り「嘉風関や石浦関が目標。居反られるのは嫌だから宇良関とはやりたくない」と笑った。埼玉栄高-日大と名門を歩み約2年半で関取に。兄で十両英乃海(木瀬)とは史上18組目の兄弟関取(同時は13組目)となった。

関連するニュースを読む

閉じる

「大関」高安31日誕生、本名に誇りしこ名変えない

樽酒の前で握手を交わす高安(左)と田子ノ浦親方(撮影・横山健太)

<大相撲夏場所>◇千秋楽◇28日◇東京・両国国技館

 関脇高安(27=田子ノ浦)の大関昇進が事実上、決まった。審判部が大関昇進を諮る臨時理事会の招集を八角理事長(元横綱北勝海)に要請し、了承された。過去に理事会で見送られた例はない。その高安は大関照ノ富士に敗れて11勝4敗。来場所、優勝争いを演じることを誓った。また、昇進後もしこ名を変更せずに本名の「高安」で取ることを明言。31日に正式に「大関高安」が誕生する。

 最初はひたすら無言だった。負けた悔しさだけが込み上げた。高安は、照ノ富士に小手投げを食らった。支度部屋では、きめられた右肘を氷で冷やすだけ。ふがいない自分へのいら立ちがあった。その姿は、大関昇進を決めた場所の兄弟子稀勢の里とうり二つ。重い口を開いたのは、技能賞の表彰が終わった後だった。

 「素直に喜びたいですね。やっと終わったという気持ちが大きい。この15日間に懸けてきた。今は肩の力が抜けました」。ようやく、胸のつかえが下りた。

 「高安」。この本名のしこ名に誇りを持ってきた。発祥は大阪府八尾市。「高安一族はそこの武家につかえていたそうです」。当地には今も高安城や高安山(標高488メートル)があり、駅もある。ただ「いくさで負けて討伐隊に追われ、全国に散ったと聞きました」。

 角界の「高安」は茨城から名を上げた。当初、先代師匠の鳴戸親方(元横綱隆の里)は関取昇進時にしこ名をつける考えがあった。だが、父栄二さんが本名を希望すると、先代も受け入れた。「高安の高ははしごの髙。1段1段、上っていけばいい」。

 願い通り、1歩ずつ歩んできた。昨年九州では初めて大関とりに挑み、失敗した。「目が覚めた。大関は目指していたが、自信はなかった。でも、自分も挑戦していいんだという気持ちが強くなった」。2度目の挑戦で成し遂げた。「よく『しこ名をつけないと、力士になった意味がないのでは』と言われますが、これが自分のしこ名。1段ずつ歩く。引退するまで『高安』で行きます」と誓った。 13日目で日馬富士を倒し昇進を確実にした。ただ、それから2連敗もした。「2桁は勝てる。でも、貴重な星を1つ、2つ落として優勝から遠ざかる」。反省の言葉は視線の先にあるモノの裏返し。優勝、そして稀勢の里の姿がある。「しっかり追いかけて、いつか肩を並べてみたい」。また1段、はしごを上っていく。【今村健人】

 ◆しこ名が本名のままで大関になった力士 本名で入幕した力士は47年夏場所の岩平(元小結若葉山)を最初に、今年春場所の宇良まで45人。そのうち本名のしこ名で大関になったのは過去3人しかいない。最初は輪島で、そのまま横綱に上り詰めた。2人目は北尾。横綱昇進時に「双羽黒」にあらためた。3人目の出島は本名のまま引退した。

関連するニュースを読む

閉じる

宇良11勝も三賞逃す…取り口技能でなく異能扱い?

大翔丸(左)戦の立ち合いで1歩後ろへ動いた宇良(撮影・神戸崇利)

<大相撲夏場所>◇千秋楽◇28日◇東京・両国国技館

 平幕宇良(24=木瀬)が11勝しながら、三賞を逃した。超低空の立ち合いから予想不能の取り口で連日、場内を沸かせた。協会による携帯電話投票アンケート「敢闘精神あふれる力士」で15日間中8日で1位。宇良は期待を裏切られ「技能賞、欲しかったです」とうなだれた。「宇良選外」に首をかしげる力士も多く、元横綱でNHK解説者の北の富士氏が「11番勝って(三賞を)あげないの? そりゃないよ」と同情する一幕もあった。

 三賞選考委員会はこの日午後、幕内の取組前に行われた。宇良は技能賞候補に挙がったが、満票19票で得票4票と過半数を取れなかった。親方衆の中には宇良の取り口を技能でなく“異能”とする声があった。

 とはいえ幕内2場所目で11勝。千秋楽の大翔丸戦は、立ち合いで右足を引いて後ろに下がる“想定外”の動きを見せ、すくい投げで快勝した。7月の名古屋場所は、西前頭10枚目から同3枚目前後に上がり、三役と対戦する可能性もありそうだ。小柄ながら柔軟性、素早さなどの身体能力を生かし、戦略性の高い相撲で上位陣に一泡吹かせれば…。今度こそ、有無を言わせぬ評価を勝ち取る。【加藤裕一】

関連するニュースを読む

閉じる

宇良11勝目も技能賞獲得ならず「欲しかったです」

大翔丸(後方)の足を取る宇良(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇千秋楽◇28日◇東京・両国国技館

 平幕宇良(24=木瀬)が千秋楽も場内を沸かせ、11勝4敗で夏場所を終えた。

 大翔丸との立ち合いでなんと下がった。右足を引き、左後方へ。体が泳いだ相手の足をとりにいき、流れの中で左からすくい投げを決めた。立ち合いで下がったことを問われて「はい、まあそういうことも」と作戦だったことを明かした。

 幕内2場所目の11勝だが、予想された三賞はなし。技能賞の候補に名前が挙がったものの、協会、協会を賛助する維持員による溜会(たまりかい)、メディアによる投票で過半数に届かなかった。

 宇良は「技能賞、欲しかったです」。超低空の立ち合いからの素早く、粘り強いスタイルが評価されず、がっかりした表情を浮かべた。元横綱の解説者・北の富士氏が中継で「11番とって(三賞を)あげないの? そりゃないよ」と同情する一幕もあった。

 7月の名古屋場所では、西前頭10枚目から番付が上がることは確実だ。幕内3場所目で三役と対戦する可能性が高い。何が飛び出すかわからない。場内を常に期待させる相撲が、いよいよ上位陣相手に実現する。

大翔丸(右)をすくい投げで破る宇良(撮影・神戸崇利)

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬13度目の全勝優勝、照ノ富士ら12勝 夏場所

日馬富士(右)を寄り切りで破り全勝優勝した白鵬(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇千秋楽◇28日◇東京・両国国技館

 14日目に38度目の優勝を決めていた横綱白鵬(32=宮城野)は、横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)を寄り切り、13度目の全勝で花を添えた。日馬富士は11勝4敗。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は、関脇高安(27=田子ノ浦)を小手投げで下し12勝3敗で終えた。高安は11勝4敗。

 大関豪栄道(31=境川)は関脇玉鷲(32=片男波)にはたき込まれ9勝6敗。

 関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)は、前頭6枚目勢(30=伊勢ノ海)を押し出し7勝8敗。勢は9勝6敗。

 人気力士の前頭筆頭遠藤(26=追手風)は、前頭筆頭千代の国(26=九重)を押し出し6勝9敗。同10枚目宇良(24=木瀬)は、同13枚目大翔丸(25=追手風)をすくい投げて11勝4敗で終えた。

 十両は錦木(26=伊勢ノ海)がトップで並んだ元関脇の安美錦(38=伊勢ケ浜)をはたき込み、10勝5敗で優勝した。安美錦は戦後最年長での十両優勝を逃した。

 三段目は優勝決定戦で、若隆景(22=荒汐)が村田(22=高砂)を破った。序二段は美浜海(20=玉ノ井)が露草(22=大嶽)との7戦全勝同士の優勝決定戦を制した。

 幕下は元幕内の大岩戸(八角)が36歳0カ月での戦後最年長優勝。序ノ口は炎鵬(22=宮城野)が制した。

 元幕内で西三段目6枚目の佐田の富士(32=境川)が、現役引退と年寄「中村」の襲名を発表した。

関連するニュースを読む

閉じる

宇良「理屈じゃない」苦手貴景勝に完敗で不機嫌

貴景勝(左)押し倒しで敗れる宇良(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇14日目◇27日◇東京・両国国技館

 平幕宇良(24=木瀬)が貴景勝に完敗を喫し、10勝4敗となった。持ち味の低い当たりを一気にめくり上げられ、強烈な突きに吹っ飛ばされて、土俵を割った。

 幕下からの対戦成績はこれで6戦全敗。あまりの負けっぷりに「きょうは(取材は)いいですよ。あの相撲で何をしゃべるんですか?」。普段は自分より長身の相手がほとんどだが、身長は同じ174センチで、体重は相手が32キロ重たい。「とりにくい?」との問い掛けには「そういうんじゃない。理屈じゃないんで。明日の千秋楽をまたしっかり頑張ります」と話していた。

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬が優勝 6場所ぶり38度目 夏場所

照ノ富士(後方)を寄り切りで破り優勝した白鵬(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇14日目◇27日◇東京・両国国技館

 横綱白鵬(32=宮城野)が6場所ぶり38度目の優勝を飾った。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)を寄り切って無傷の14連勝。千秋楽を待たず優勝が決まった。千秋楽は横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)と対戦、13度目の全勝優勝を目指す。

 日馬富士は、大関豪栄道(31=境川)にはたき込まれ11勝3敗。豪栄道は9勝5敗。

 大関取りの関脇高安(27=田子ノ浦)は前頭5枚目の正代(25=時津風)に土俵際で寄り倒され11勝3敗となった。

 関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)は、前頭3枚目の大栄翔(23=追手風)を寄り切り6勝8敗とした。

 小結御嶽海(24=出羽海)は前頭6枚目勢(30=伊勢ノ海)を押し出し勝ち越しを決めた。

 人気力士の前頭筆頭遠藤(26=追手風)は、同7枚目北勝富士(24=八角)に寄り切られ5勝9敗となった。

 前頭10枚目宇良(24=木瀬)は、同7枚目貴景勝(20=貴乃花)に押し倒され、ともに10勝4敗となった。

照ノ富士(左)を寄り切りで破り、1年ぶりの優勝を決めた白鵬(撮影・神戸崇利)

関連するニュースを読む

閉じる

宇良、195cm勢に完敗「かなわないという感じ」

<大相撲夏場所>◇13日目◇26日◇東京・両国国技館

 初顔合わせで、身長195センチの勢に完敗した174センチ宇良のコメント。

 「大きかったです。大きく感じました。かなわないなという感じ」。

関連するニュースを読む

閉じる

宇良「大きく感じた」勢にはたき込まれ連勝止まる

勢(左)にはたき込みで敗れた宇良は悔しそうな表情を見せる(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇13日目◇26日◇東京・両国国技館

 平幕宇良(24=木瀬)の連勝が7で止まり、10勝3敗となった。

 初顔合わせの勢と対戦。立ち合いで左にかわったが、動きを見極められて、懐に入ろうとしたところで上からはたき込まれた。

 平幕同士とはいえ、相手は三役経験者。身長は195センチと自分より21センチも高い。「まあうまくいかなかったです。(上からはたかれて)あれはもう無理ですね。大きかったです。いや~大きく感じました。かなわないな」。完敗をしっかりと受け止めていた。

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬13勝、日馬富士、照ノ富士、高安2敗 夏場所

日馬富士(手前)をはたき込みで破る高安(撮影・神戸崇利)

<大相撲夏場所>◇13日目◇26日◇東京・両国国技館

 38度目の優勝を狙う横綱白鵬(32=宮城野)は、関脇玉鷲(32=片男波)を寄り倒し全勝を守った。

 1敗で追う横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、大関取りの関脇高安(27=田子ノ浦)にはたき込まれ、ともに11勝2敗となった。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は、前頭4枚目栃煌山(30=春日野)を小手投げで下し11勝2敗。栃煌山は5勝8敗で負け越し。大関豪栄道(31=境川)は、前頭4枚目宝富士(30=伊勢ケ浜)を寄り切って8勝5敗とし勝ち越しを決めた。

 関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)は、前頭2枚目隠岐の海(31=八角)を寄り切って5勝8敗とした。

 人気力士の前頭筆頭遠藤(26=追手風)は、小結御嶽海(24=出羽海)に引き落とされ5勝8敗で負け越しとなった。御嶽海は7勝6敗。

 前頭10枚目宇良(24=木瀬)は、同6枚目勢(30=伊勢ノ海)に叩き込まれ3敗目を喫した。勢は9勝4敗。

 13日目を終え、勝ちっ放しは白鵬、2敗で日馬富士、照ノ富士、高安が追う展開となった。

関連するニュースを読む

閉じる

「ひねり王子」炎鵬が序ノ口V「しんどかった」

序の口優勝を決め笑顔を見せる炎鵬(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇13日目◇26日◇東京・両国国技館

 序ノ口は、横綱白鵬(32=宮城野)の内弟子として3月の春場所で初土俵を踏んだ東9枚目の炎鵬(えんほう、22=宮城野)が7戦全勝で優勝を決めた。

 6番相撲を終え、序ノ口でただ1人、全勝で迎えたこの日、序二段の隆の成(17=千賀ノ浦)と対戦。立ってからすぐにもぐり「目の前に足があったので、いつも通りに」と相手の右足を取って寄り立てた。向正面にそのまま相手を出したと思われたが、その際に自分の足が先に出ているようにも見えた。軍配は上がったが、勇み足があったかの確認の協議が行われたが、足は出ていなかったという判定。足取りで優勝を決めた。

 出身高校の金沢学院東では平幕遠藤(追手風)の後輩にあたり、金沢学院大では世界選手権軽量級で2連覇を達成するなど「9つぐらい」のタイトルを獲得。「体がない分、体の内側から燃やして気持ちで相撲を取りなさい」と横綱直々に、しこ名を命名してくれた。

 実績から、優勝も当然の結果だろうが「アマ時代は1日何番も取れたけど、プロは1日1番。ベスト(の状態)に持って行くのに神経を使い、思ったよりしんどかったです」とホッと胸をなで下ろした。現状では、部屋の兄弟子にあたる同じ小兵の幕内石浦を目標の力士に挙げ「今は柔軟性が自分には足りないから出来ないけど、まねしたいところはたくさんある」と幕内宇良も目標に据える。白鵬から「ひねり王子」とも呼ばれる169センチ、95キロの業師が、しこ名が初めて番付に載ったデビュー場所で上々のスタートを切った。

関連するニュースを読む

閉じる

宇良「対戦できるのはうれしい」同学年対決で10勝

宇良(左)は送り出しで北勝富士を下す(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇12日目◇25日◇東京・両国国技館

 平幕宇良(24=木瀬)の勢いが止まらない。この日は同じ学生相撲出身で同学年の北勝富士と対戦。立ち合いで大きく右にかわって、右に回り込みながら2度はたきこむ。相手のバランスを崩した後、きっちり送り出した。

 同世代の好敵手を倒して、10勝2敗。「序ノ口から、どの番付でもやってきた。どんどん上に上がってきて対戦できるのはうれしいです」。

 初の三賞を完全に視界に入れて、トップを走る横綱白鵬と2差のまま残り3日に突入する。「2桁白星より、あと3日に集中したい」と、ラストスパートに向けて表情を引き締めた。

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬12連勝、1敗で日馬!高安10勝大関ほぼ手中

宝富士(後方)を上手投げで破り大関昇進目安の10勝目を挙げた高安(撮影・丹羽敏通)

<大相撲夏場所>◇12日目◇25日◇東京・両国国技館

 6場所ぶり38度目の優勝を狙う横綱白鵬(32=宮城野)は、前頭4枚目の栃煌山(30=春日野)をはたき込んで無傷の12連勝と星を伸ばした。

 5場所ぶり9度目の優勝を目指す横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、前頭5枚目貴ノ岩(27=貴乃花)が「左大腿四頭筋肉離れ」でこの日から休場となったため不戦勝で11勝目。

 大関豪栄道(31=境川)は、前頭3枚目の碧山(30=春日野)を押し出し7勝目。かど番脱出へあと1勝となった。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は、同5枚目の正代(25=時津風)を送り出して10勝2敗。正代は8勝4敗。照ノ富士は左脚を引きずりながら引き揚げた。

 大関どりの関脇高安(27=田子ノ浦)は、前頭4枚目の宝富士(30=伊勢ケ浜)を上手投げで下し10勝目、大関昇進の目安となる直近3場所での33勝に到達した。

 関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)は、小結御嶽海(24=出羽海)に寄り切られ8敗目となり負け越し。御嶽海は6勝6敗の五分に戻した。

 人気力士の前頭筆頭遠藤(26=追手風)は、前頭2枚目隠岐の海(31=八角)を寄り切って5勝7敗。

 前頭10枚目宇良(24=木瀬)は、同7枚目北勝富士(24=八角)を送り出して、10勝2敗とした。

 12日目を終え、優勝争いは全勝で白鵬、1敗で日馬富士、2敗で照ノ富士、高安、宇良となった。

関連するニュースを読む

閉じる

宇良、北勝富士との対戦に「大学でやってますから」

正代を送り出しで破った宇良(左)(撮影・丹羽敏通)

<大相撲夏場所>◇11日目◇24日◇東京・両国国技館

 1学年上の正代を倒し、今日は同学年北勝富士と対戦する9勝の宇良は「大学でやってますから。(2人と)力の差があるところから、ここまで上がってきた。挑戦者の気持ちで思い切っていきたいです」と闘志を燃やした。

関連するニュースを読む

閉じる

北勝富士が勝ち越し「ここから引き締め」次戦は宇良

<大相撲夏場所>◇11日目◇24日◇東京・両国国技館

 平幕北勝富士(24=八角)が大翔丸を押し出し、初場所以来3度目の勝ち越しを決めた。「押し相撲の相手に、しっかり下から押し上げることができた。いい感じですね」という。

 174センチ、159キロの大翔丸は、183センチ、163キロの自身にとっては大きくない。「小さい人に対する当たり方がわかってきた感じ。大きい人との当たり分けができるようになってきました」と充実ぶりを語った。

 先場所は入幕3場所目にして7勝8敗と初の負け越しを喫した。それだけに11日目という早い段階での勝ち越しがうれしそう。「いいっすよね。ただ前回はそこ(12日目)から(3連敗して)負けがこんだだので、ここから引き締めていきます」。

 12日目は同学年の宇良が相手。「本場所で当たりそうだったから“宇良慣れ”するため、場所前は木瀬部屋に何度もおじゃましました。(宇良とは)勝率90%か95%ぐらいだったけど、稽古と本番は違いますから」。出世を争う同世代対決を見据えていた。

関連するニュースを読む

閉じる

宇良「精いっぱいやっただけ」6連勝で9勝目

正代を送り出しで破った宇良(左)(撮影・丹羽敏通)

<大相撲夏場所>◇11日目◇24日◇東京・両国国技館

 平幕宇良(24=木瀬)が連勝を6に伸ばし、トップと2差の9勝2敗とした。

 この日は学生相撲の1年先輩で同じ8勝2敗だった正代と対戦。相手の胸に頭から当たり、両手で左腕をたぐり寄せながら右に回って背後をとり送り出した。

 終盤戦に入っても疲れを感じさせないスピーディーな相撲に「精いっぱいやっただけです。(最後に)横から攻められたのは良かったですね」と納得顔だ。白星を重ねるごとに、場内の声援も大きくなっている。「そこを意識して相撲をとっているわけじゃない。今考えることじゃないです」と浮かれた様子はない。

 25日の12日目は学生相撲出身で同学年の北勝富士。連日の同世代対決を前に「(2人と)力の差のあるところから、ここまで上がってきた。挑戦者の気持ちで思い切っていきたいです」と話した。

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬11連勝、日馬富士1敗、高安9勝で大関へM1

全勝を守った白鵬(撮影・丹羽敏通)

<大相撲夏場所>◇11日目◇24日◇東京・両国国技館

 6場所ぶり38度目の優勝を狙う横綱白鵬(32=宮城野)は、かど番の大関豪栄道(31=境川)を上手ひねりで下し11連勝と星を伸ばした。豪栄道は6勝5敗。

 5場所ぶり9度目の優勝を目指す横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、小結御嶽海(24=出羽海)に寄り切られ、今場所初黒星となった。御嶽海は5勝6敗。

 稀勢の里は「左大胸筋損傷、左上腕二頭筋損傷」でこの日から休場。関脇玉鷲(32=片男波)は不戦勝で勝ち越しとなった。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は、前頭3枚目の碧山(30=春日野)を上手投げで下し9勝2敗とした。

 大関どりの関脇高安(27=田子ノ浦)は、前頭4枚目の栃煌山(30=春日野)をはたき込んで9勝目。初場所と春場所で計23勝を挙げている高安は、今場所の9勝を合わせて32勝。大関昇進の目安となる直近3場所33勝へあと1勝とした。

 関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)は、前頭筆頭千代の国(26=九重)を寄り切って4勝目。

 人気力士の前頭筆頭遠藤(26=追手風)は、小結嘉風(35=尾車)を寄り切って4勝目。嘉風は5勝6敗。

 前頭10枚目宇良(24=木瀬)は、同5枚目の正代(25=時津風)を送り出して9勝2敗。正代は8勝3敗。

 11日目を終え、優勝争いは全勝で白鵬、1敗で日馬富士、2敗で照ノ富士、高安、栃ノ心、宇良となった。

関連するニュースを読む

閉じる

宇良通算100勝に3度ビックリ!初の三賞も見えた

魁聖(右)を切り返しで下す宇良(撮影・河野匠)

<大相撲夏場所>◇10日目◇23日◇東京・両国国技館

 西前頭10枚目の宇良(24=木瀬)が通算100勝を挙げ、新入幕から2場所連続の勝ち越しを決めた。21センチ大きく、54キロ重い三役経験者の魁聖を切り返しで破った。残り5日間に初の三賞を視野に入れ、優勝戦線に残って終盤戦に挑む。

 勝っても負けてもひょうひょうと…そんな男が珍しく無邪気に喜んだ。宇良の声のトーンが上がった。

 「へ~、それに関しては…。100勝記念にジュースで乾杯しようかな」

 新入幕から2場所連続で勝ち越した。春場所は千秋楽に決め、今場所はまだ10日目。なのに「今日が千秋楽ならうれしいですけどね」と平静だった。ところが、15年夏場所の序ノ口デビューから積み重ねた「100勝」には大きく反応。3度も「びっくり」と言った。142番での到達は、60年名古屋場所以降(幕下付け出しを除く)で元横綱武蔵丸、朝青龍に並ぶ8番目のスピードとなった。

 この日も満員御礼の国技館を沸かせた。195センチ、191キロの巨漢魁聖を、174センチ、137キロの体で翻弄(ほんろう)する。おなじみの低い当たりから、捕まえようと前に出る相手を左ではたいて、体を入れ替える。土俵際で相手の右半身に張り付き、背後から左足で切り返した。

 師匠の木瀬親方(元前頭肥後ノ海)が今場所の弟子の充実ぶりを語る。

 「幕内のリズムが見えてきたんじゃないかな。相撲だけじゃなく、空気とかね。もともと自分の体のことをよく知ってるし」

 残り5日。今日24日は学生相撲出身の1学年先輩、正代と同じ8勝2敗で激突する。「初日からやってることを変わらずにやるだけです」。全勝の白鵬、日馬富士と2差。優勝戦線で踏ん張れば、初の三賞は確かに見えてくる。【加藤裕一】

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬、日馬富士無傷10勝目、2敗で高安ら 夏場所

白鵬(手前)に寄り倒しで敗れる高安(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇10日目◇23日◇東京・両国国技館

 6場所ぶり38度目の優勝を狙う横綱白鵬(32=宮城野)は、大関どりの関脇高安(27=田子ノ浦)を寄り倒して無傷の10連勝と星を伸ばした。高安は8勝2敗。

 5場所ぶり9度目の優勝を目指す横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、前頭4枚目の栃煌山(30=春日野)を寄り切って10勝目を挙げた。

 横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)は、関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)に寄り切られ2連敗で4敗目。琴奨菊は3勝7敗。

 かど番の大関豪栄道(31=境川)は、前頭2枚目の千代翔馬(25=九重)をすくい投げで下し6勝目とした。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は、小結嘉風(35=尾車)を寄り切って8勝目、勝ち越しを決めた。

 人気力士の前頭筆頭遠藤(26=追手風)は、関脇玉鷲(32=片男波)の小手投げを食らって7敗目。玉鷲は7勝3敗。前頭10枚目宇良(24=木瀬)は、同15枚目魁聖(30=友綱)を切り返して8勝目とし勝ち越し。

 10日目を終え、優勝争いは全勝で白鵬、日馬富士、1敗力士は消えて、2敗で照ノ富士、高安、正代、栃ノ心、宇良となった。

関連するニュースを読む

閉じる

宇良、松鳳山破り2敗キープも星勘定「してません」

松鳳山(左)を押し出す宇良(撮影・河野匠)

<大相撲夏場所>◇9日目◇22日◇東京・両国国技館

 前頭宇良(24=木瀬)が初顔合わせの前頭松鳳山を押し出しで破り、2敗をキープした。

 いつも通り、低い体勢で頭から当たり、まわしを狙う松鳳山の両手を何度もはたいて距離をとり、最後は腹部に頭突きを見舞うようにして押し出した。

 「気持ちで負けないように心掛けた」と言いつつ「タイミングよく押し出せた?」と問われると「それはちょっとわかりません。まあ攻め切れたんで良かったです」。7勝と勝ち越しに王手をかけたものの、星勘定は「してません」ときっぱり。そそくさと国技館を後にした。

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬、日馬富士9連勝、高安8勝、稀勢に土 夏場所

栃煌山(手前)に寄り切られる稀勢の里(撮影・河野匠)

<大相撲夏場所>◇9日目◇22日◇東京・両国国技館

 横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)は、前頭4枚目栃煌山(30=春日野)に寄り切られ3敗目(6勝)を喫した。

 6場所ぶり38度目の優勝を狙う横綱白鵬(32=宮城野)は、前頭3枚目碧山(30=春日野)を上手出し投げで下し無傷の9連勝とした。

 5場所ぶり9度目の優勝を目指す横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、関脇玉鷲(32=片男波)を寄り切って全勝を守った。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は、同豪栄道(31=境川)を寄り切って7勝2敗。豪栄道は5勝4敗。

 大関取りの関脇高安(27=田子ノ浦)は、前頭筆頭の千代の国(26=九重)を上手投げで下し勝ち越しを決めた。

 関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)は、前頭筆頭の遠藤(26=追手風)を寄り切り2勝目(7敗)を挙げた。遠藤は3勝6敗。

 人気力士の前頭10枚目宇良(24=木瀬)は、同8枚目松鳳山(33=二所ノ関)を押し出し7勝2敗とした。

 9日目を終え、勝ちっ放しは白鵬、日馬富士の2人、高安が1敗で追う展開となった。

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬-琴奨菊「トロッと」大相撲懸賞旗/写真特集1

稀勢の里対嘉風戦で懸けられた懸賞金

 大相撲夏場所で漫画「北斗の拳」のキャラクターが懸賞旗として披露され、会場を沸かせている。そこで普段なかなかお目にかかれない「懸賞旗」にフォーカスし、千秋楽まで随時、写真で特集します。掲載は目についた主なものです。

【8日目】

白鵬-琴奨菊

【一覧】累計引き渡し10万棟タマホーム、どしっとほわんと 白霧島、トロッとキリっと 黒霧島、みやびにするっと 赤霧島、HIV検査を受けましょう ヴィーブヘルスケア(株)、茶のくに八女奥八女福岡の八女茶、贅を尽くした贈物点天一口餃子、響き合う旬の味点天手羽先餃子、美味しいやまがたのお米 つや姫、黒い飛行機・スターフライヤー、新しくなったCチキンファンシー、変わらない笑顔のためにCチキン、世界に羽ばたくパートナーNTT、ユア!バリューパートナーNTT、人を想ってお墓をつくる 全優石、勝ち続けるために緑効青汁、飲めばわかる。おいしい緑効青汁、元気ハツラツ!オロナミンC、美味しく楽しく居酒屋つぼ八、食前一杯 永源寺桑の里の糖煎坊


【7日目】

宇良-蒼国来

【一覧】日産自動車 スカイライン60周年、日産自動車 スカイライン60周年、日産自動車 スカイライン60周年、格安モバイルLIBMO、TOKAIモバイルLIBMO、ハトのマークの引越専門協同組合、土俵を支える日本大相撲溜会


【6日目】

大栄翔-稀勢の里

【一覧】味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園、さけ茶づけの永谷園、梅茶づけの永谷園、大相撲を応援しますタマホーム、累計引き渡し10万棟タマホーム、読売KODOMO新聞月額五百円、読売中高生新聞月額七百八十円、お墓を未来に繫ぐ創業四百年石長、皆様のかかりつけ薬局ウエルシア、皆様のかかりつけ薬局ウエルシア、まちづくりのソリューション企業、まちづくりの匠 株式会社オオバ、かがやく笑顔のために 森永乳業、かがやく笑顔のために 森永乳業、頑張る皆に福を呼ぶ!喝風太郎、頑張る皆に福を呼ぶ!喝風太郎、背中にぴったりフィットちゃん、背中にぴったりフィットちゃん、太田胃散 ありがとういい薬です、日産自動車 スカイライン60周年、日産自動車 スカイライン60周年、日産自動車 スカイライン60周年、ユンケルでおなじみのサトウ製薬、ユンケルでおなじみのサトウ製薬、漫画にマジメ。(株)コアミックス、漫画にマジメ。(株)コアミックス、健康いちばんエクセルヒューマン、健康いちばんエクセルヒューマン、介護のめいとケア、6/9 日本武道館Theピーズ、新たな価値の創造を川金HD、日本ハウスホールディングス、日本ハウスホールディングス、野菜ざくざくサッポロ一番カップ、つくるのもたのし〜お酒 眞露(株)、つくるのもたのし〜お酒 眞露(株)、世界に羽ばたくパートナーNTT、ユアバリューパートナーNTT、人を想ってお墓をつくる 全優石、味の決め手は伯方の塩、相続のご相談は大和証券、ジャナス 資産運用のジャナス、株式運用・債権運用のジャナス


正代-貴ノ岩

【一覧】いつものおいしさ羽衣シーチキン、賃貸経営オーナーズエージェント、大正琴アンサンブルの琴伝流


【5日目】

稀勢の里-千代翔馬

【一覧】味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園、さけ茶づけの永谷園、梅茶づけの永谷園、大相撲を応援しますタマホーム、累計引き渡し10万棟タマホーム、暮らしの保障相談するならJA共済、医療機械のコスモトロン、五島列島のおししい食を ごと(株)、五島列島のおししい食を ごと(株)、七百年の歴史・和漢胃腸薬三光丸、薄毛に!スーパーミリオンヘアー、読売KODOMO新聞月額五百円、読売中高生新聞月額七百八十円、お墓を未来に繫ぐ創業四百年石長、皆様のかかりつけ薬局ウエルシア、皆様のかかりつけ薬局ウエルシア、皆様のかかりつけ薬局ウエルシア、まちづくりのソリューション企業、まちづくりの匠 株式会社オオバ、かがやく笑顔のために 森永乳業、かがやく笑顔のために 森永乳業、頑張る皆に福を呼ぶ!喝風太郎、頑張る皆に福を呼ぶ!喝風太郎、背中にぴったりフィットちゃん、背中にぴったりフィットちゃん、太田胃散 ありがとういい薬です、日産自動車 スカイライン60周年、日産自動車 スカイライン60周年、日産自動車 スカイライン60周年、ユンケルでおなじみのサトウ製薬、ユンケルでおなじみのサトウ製薬、ユンケルでおなじみのサトウ製薬、ユンケルでおなじみのサトウ製薬、ファンドラップは 大和証券、漫画にマジメ。(株)コアミックス、漫画にマジメ。(株)コアミックス、漫画にマジメ。(株)コアミックス、6/9 日本武道館Theピーズ、日本ハウスホールディングス、日本ハウスホールディングス、野菜ざくざくサッポロ一番カップ、新たな価値の創造を川金HD、つくるのもたのし〜お酒 眞露(株)、つくるのもたのし〜お酒 眞露(株)、味の決め手は伯方の塩、イエス!イエス!高須クリニックイエス!イエス!高須クリニックイエス!イエス!高須クリニック、百年の技術を礎に 多田建設(株)


照ノ富士-琴奨菊

【一覧】味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園、さけ茶づけの永谷園、梅茶づけの永谷園、0123アート引越センター、贅を尽くした贈物点天一口餃子、響き合う旬の味点天手羽先餃子、美味しいやまがたのお米 つや姫、黒い飛行機・スターフライヤー、新しくなったCチキンファンシー、変わらない笑顔のためにCチキン、ジャナス 資産運用のジャナス、株式運用・債権運用のジャナス、便秘に イチジク浣腸、温泉を身近に 伊東園ホテルズ、灘の酒・清酒大関


阿武咲-妙義龍

【一覧】ゆとりある暮らし応援タマホーム、あられ・お煎餅の もち吉、グリコ パワープロダクション


玉鷲-嘉風

【一覧】おしいい雑穀米ベストアメニティ、おしいい雑穀米ベストアメニティ


【4日目】

宇良-栃ノ心

 

【一覧】日産自動車 スカイライン60周年、日産自動車 スカイライン60周年、日産自動車 スカイライン60周年、餅は餅屋のうさぎ餅(株)うさぎもち、格安モバイルLIBMO、TOKAIモバイルLIBMO、ハトのマークの引越専門協同組合、大正琴アンサンブルの琴伝流


千代の国-日馬富士

【一覧】0123アート引越センター、個性に応える住まいインプレスト、京で一番古い八ッ橋や西尾八ッ橋、マンションの日神不動産


勢-栃煌山

【一覧】関東でも電気のことなら関西電力、関東でも関西電力がおトクでっせ、すべてはお客様のために野村證券、カラオケならJOYSOUND!


高安-御嶽海

【一覧】味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園、さけ茶づけの永谷園、漫画にマジメ。(株)コアミックス、介護のめいとケア、天然水だけで作ったシーチキン純、塩分が気になる方にシーチキン純、ジャナス 資産運用のジャナス、株式運用・債権運用のジャナス、東京立川の不動産賃貸業 立飛、立飛のたっぴくん・たっぴちゃん、愛を夢を幸をこの街の未来に立飛


【3日目】

稀勢の里-千代の国

稀勢の里と千代の国の取組に出た懸賞金(撮影・柴田隆二)

稀勢の里-千代の国の取組より

稀勢の里-千代の国の取組より

稀勢の里-千代の国の取組より

【一覧】味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園、さけ茶づけの永谷園、梅茶づけの永谷園、大相撲を応援しますタマホーム、累計引き渡し10万棟タマホーム、読売KODOMO新聞月額五百円、読売KODOMO新聞月額五百円、読売中高生新聞月額七百八十円、お墓を未来に繫ぐ創業四百年石長、皆様のかかりつけ薬局ウエルシア、皆様のかかりつけ薬局ウエルシア、まちづくりのソリューション企業、まちづくりの匠 株式会社オオバ、かがやく笑顔のために 森永乳業、かがやく笑顔のために 森永乳業、頑張る皆に福を呼ぶ!喝風太郎、頑張る皆に福を呼ぶ!喝風太郎、頑張る皆に福を呼ぶ!喝風太郎、頑張る皆に福を呼ぶ!喝風太郎、背中にぴったりフィットちゃん、背中にぴったりフィットちゃん、太田胃散 ありがとういい薬です、日産自動車 スカイライン60周年、日産自動車 スカイライン60周年、日産自動車 スカイライン60周年、ユンケルでおなじみのサトウ製薬、ユンケルでおなじみのサトウ製薬、相続のご相談は大和証券、漫画にマジメ。(株)コアミックス、漫画にマジメ。(株)コアミックス、漫画にマジメ。(株)コアミックス、健康いちばんエクセルヒューマン、健康いちばんエクセルヒューマン、6/9 日本武道館Theピーズ、日本ハウスホールディングス、日本ハウスホールディングス、野菜ざくざくサッポロ一番カップ、新たな価値の創造を川金HD、つくるのもたのし〜お酒 眞露(株)、つくるのもたのし〜お酒 眞露(株)、世界に羽ばたくパートナーNTT、ユアバリューパートナーNTT、人を想ってお墓をつくる 全優石、味の決め手は伯方の塩、ジャナス 資産運用のジャナス、株式運用・債権運用のジャナス、マンションの日神不動産


遠藤-鶴竜

稀勢の里-千代翔馬の取組に懸けられた懸賞旗。土俵を3周した(撮影・丹羽敏通)

【一覧】味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園、さけ茶づけの永谷園、梅茶づけの永谷園、0123アート引越センター、税のことなら辻本郷税理士法人、相続のことなら辻本郷税理士法人、事業継承も辻本郷税理士法人、賃貸管理の日商ベックス、お部屋探しの日商ベックス、手帳は高橋でおなじみ 高橋書店、手帳は高橋 高橋書店


石浦-宇良

石浦-宇良の取組より

【一覧】味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園、さけ茶づけの永谷園、日産自動車 スカイライン60周年、日産自動車 スカイライン60周年、日産自動車 スカイライン60周年、HIV検査を受けましょう、ヴィーブヘルスケア(株)、餅は餅屋のうさぎ餅(株)うさぎもち、格安モバイルLIBMO、TOKAIモバイルLIBMO、ハトのマークの引越専門協同組合、大正琴アンサンブルの琴伝流



【2日目】

豪栄道-高安

豪栄道-高安の取組より

【一覧】漫画にマジメ。(株)コアミックス、日本ハウスホールディングス、天然水だけで作ったシーチキン純、塩分が気になる方にシーチキン純、味の決め手は伯方の塩、餅は餅屋のうさぎ餅(株)うさぎもち、和菓子の 叶匠寿庵、東京立川の不動産賃貸業 立飛、立飛のたっぴくん・たっぴちゃん、愛を夢を幸をこの街の未来に立飛、温泉を身近に 伊東園ホテルズ、灘の酒・清酒大関

 

正代-勢

正代-勢の取組より

取組を見つめる高須克弥院長(右)と西原理恵子さん

【一覧】関東でも電気のことなら関西電力、関東でも関西電力がおトクでっせ、すべてはお客様のために野村証券、イエス!イエス!高須クリニック(5本)、カラオケならJOYSOUND!、くりっく株365の豊商事

 

輝-宇良

輝-宇良の取組より

【一覧】日産自動車 スカイライン60周年(3本)、ハトのマークの引っ越し専門協同組合、格安モバイルLIBMO、TOKAIモバイルLIBMO、人生が変わる!不思議インソール


【初日】

稀勢の里-嘉風

稀勢の里対嘉風戦で懸けられた懸賞金

稀勢の里の取組に出た「ラオウ」の懸賞旗

【一覧】味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園、さけ茶づけの永谷園、梅茶づけの永谷園、大相撲を応援しますタマホーム、累計引き渡し10万棟タマホーム、ゆとりある暮らし応援タマホーム、暮らしの保障相談するならJA共済、医療機械のコスモトロン、太田胃散 ありがとういい薬です、漫画にマジメ。(株)コアミックス、介護のめいとケア、6/9日本武道館Theピーズ、創業昭和3年らーめん餃子の陳来、野菜ざくざくサッポロ一番カップ、新たな価値の創造を川金HD、おいしい雑穀米ベストアメニティ、植物を超元気にするHB!一○一、味の決め手は伯方の塩、イエス!イエス!高須クリニック、健康いちばんエクセルヒューマン、健康いちばんのエクセルヒューマン、日本ハウスホールディングス、日本ハウスホールディングス、つくるのもたのし~お酒 眞露(株)、土俵を支える日本大相撲協会、薄毛に!スーパーミリオンヘアー、五島列島のおいしい食を ごと(株)、五島列島のおいしい食を ごと(株)、読売KODOMO新聞月額五百円、読売中高生新聞月額七百八十円、お墓を未来に繫ぐ創業四百年石長、お墓を未来に繫ぐ創業四百年石長、皆様のかかりつけ薬局ウエルシア、皆様のかかりつけ薬局ウエルシア、まちづくりのソリューション企業、まちづくりの匠 株式会社オオバ、かがやく笑顔のために 森永乳業、かがやく笑顔のために 森永乳業、背中にぴったりフィットちゃん、背中にぴったりフィットちゃん、頑張る皆に福を呼ぶ!喝風太郎、頑張る皆に福を呼ぶ!喝風太郎、頑張る皆に福を呼ぶ!喝風太郎、ユンケルでおなじみ・サトウ製薬、ユンケルでおなじみ・サトウ製薬、パッションフォーザベスト大和証券、ファンドラップは大和証券、流し台はクリナップ、あったかお風呂はクリナップ、洗面化粧台はクリナップ

懸賞金の束を持ち、笑顔の嘉風(撮影・神戸崇利)



大栄翔-高安

高安の取組に出た「ケンシロウ」の懸賞旗

【一覧】味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園、さけ茶づけの永谷園、ファンドラップは大和証券、漫画にマジメ。(株)コアミックス、介護のめいとケア、植物を超元気にするHB!一○一、天然水だけで作ったシーチキン純、塩分が気になる方にシーチキン純、ジャナス 資産運用のジャナス、株式運用・債権運用のジャナス、東京立川の不動産賃貸業 立飛、立飛のたっぴくん・たっぴちゃん、愛を夢を幸をこの街の未来に立飛

 


松鳳山-貴景勝

松鳳山の取組に出た「トキ」の懸賞旗

【一覧】漫画にマジメ。(株)コアミックス、シーチキンでおなじみ羽衣フーズ

関連するニュースを読む

閉じる