上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

山中慎介がMVPなど「3冠」 ボクシング年間表彰

年間MVP選出を受けガッツポーズで立ち上がる山中。左から井上、1人おいて小国(撮影・下田雄一)

 16年のボクシング年間表彰式が10日に都内で行われ、WBC世界バンタム級王者山中慎介(34=帝拳)が最優秀選手賞、KO賞、年間戦最高試合賞(世界戦)の「3冠」に輝いた。

 最優秀選手賞の発表がされた瞬間に左拳を掲げた山中。昨年9月に7回TKOで11度目の防衛に成功したアンセルモ・モレノ(パナマ)戦でKO賞、最高試合に選ばれ、「大変うれしく思います。自分自身も価値ある勝利だったと思う。17年に向けても勢いをつけられた」。3月2日にカルロス・カールソンを迎える12度目の防衛戦(東京・両国国技館)への大きな弾みにもなった。

 各賞は以下の通り。

▼最優秀選手賞 山中慎介

▼技能賞 井上尚弥

▼殊勲賞 小国以載

▼努力・敢闘賞 石本康隆

▼KO賞 山中慎介、井岡一翔

▼新鋭賞 比嘉大吾

▼年間最高試合賞(世界戦) 山中慎介-アンセルモ・モレノ

▼年間最高試合賞(世界戦以外) 亀海喜寛-ヘスス・ソト・カラス

▼女子最優秀選手賞 藤岡奈穂子

▼女子年間最高試合 藤岡奈穂子-真藤ゴー

▼優秀選手賞 高山勝成、田口良一、田中恒成、八重樫東、井岡一翔、河野公平、井上尚弥、カルロス・クアドラス、山中慎介、小国以載、長谷川穂積、ホルヘ・リナレス

▼特別功労賞 長谷川穂積

▼特別賞 木村悠、池原シーサー久美子、安藤麻里、原田政彦、故金子繁治、故酒井忠康

ベルトを肩にファイティングポーズする、左から井上、山中、小国(撮影・下田雄一)

関連するニュースを読む

黒木優子が判定で5度目防衛「KO勝ちしたかった」

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇18日◇福岡市・九電記念体育館

 チャンピオンの黒木優子(YuKO)が挑戦者で前チャンピオンの安藤麻里(フュチュール)を3-0の判定で下し、5度目の防衛を果たした。

 地元福岡市出身で25歳の黒木は得意の左をうまく使い、2回と5回にダウンを奪った。

 終盤は接近戦に持ち込まれ、パンチの応酬を仕掛ける挑戦者に苦戦したが、逃げ切った。通算22戦17勝(8KO)4敗1分け。

 ▽黒木優子の話 KO勝ちしたかった。安藤さんの気持ちに押された部分があった。5度の防衛だが、まだ青い。これからまだまだ成長できると思っている。

関連するニュースを読む

黒木優子、5度目の防衛戦へ「KO勝ちしたい」

 世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級チャンピオンの黒木優子(YuKO)が5度目の防衛戦(福岡市九電記念体育館)を翌日に控えた17日、福岡市内で調印式と前日計量に臨み「KO勝ちをしたいのが一番。練習してきたことを出すだけ」と抱負を述べた。

 調印式には「白星という意味で」と真っ白なドレス姿で登場。挑戦者の安藤麻里(フュチュール)は2014年5月にベルトを奪取した相手で、25歳の黒木は「久しぶりにお会いする。燃えるものがある」と語った。安藤は「黒木選手がベルトを持っていてくれたことに感謝している。勝ちたい」と雪辱を期した。

 計量は、サンタクロースの衣装に着替えて臨んだ黒木が47・3キロ、安藤が47・6キロでともに1回でパスした。

関連するニュースを読む

安藤麻里、5回TKO負け ボクシング

<ボクシング:WBC女子ライトフライ級タイトルマッチ10回戦>◇19日◇メキシコ・メテペク

 フュチュールジムによると、挑戦者の安藤麻里(フュチュール)は王者のイベス・サモラ(メキシコ)に5回TKO負けした。

関連するニュースを読む

黒木優子が3-0判定で新王者

<プロボクシング:WBCミニフライ級世界タイトルマッチ10回戦>◇17日◇大阪・アゼリア大正ホール◇観衆600人

 WBCミニフライ級4位黒木優子(23=YuKO)が、王者安藤麻里(26=フュチュール)に3-0で判定勝ちし新王者となった。タレント小倉優子似の美形ボクサーが初戴冠。

 “ボクシング界のゆうこりん”が新王者となった。黒木は左構えからカウンターの左を連発。「お菓子作りが趣味」という美貌の23歳が高い技術を発揮し、サウスポーのお手本のような試合で完勝した。最終の10回に安藤の頭が鼻に当たって「折れたかもと焦った」と苦笑い。リング上で母郁子さん(50)に6日遅れの「母の日」としてベルトをプレゼントした。

関連するニュースを読む

安藤麻里が計量クリア「勝利で締めたい」

 ボクシング女子のダブル世界戦が17日、大阪市のアゼリア大正ホールで行われる。

 16日は同市内で調印式と前日計量があり、世界ボクシング評議会(WBC)ミニフライ級王者で黒木優子(YuKO)との初防衛戦に臨むチャンピオンの安藤麻里(フュチュール)は「練習してきたことを出すのが目標。勝利で締めたい」と意気込んだ。

 世界ボクシング機構(WBO)アトム級王座決定戦でフィリピン選手と対戦する44歳の池山直(フュチュール)は「負けたら即引退。ボクシング人生を懸けたい」と決意を口にした。計量は4選手とも1回でパスした。

関連するニュースを読む

女子ボクシング池山直5・17世界挑戦へ

 ボクシング女子の池山直(フュチュール)が5月17日に大阪市のアゼリア大正ホールで世界ボクシング機構(WBO)女子アトム級王座決定戦に臨み、フィリピン選手と闘うことになった。所属ジムが11日に発表した。

 当日は世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級王者の安藤麻里(フュチュール)の初防衛戦とダブル世界戦となる。

関連するニュースを読む

安藤麻里が5月に黒木優子と初防衛戦

 WBC女子ミニフライ級チャンピオンの安藤麻里(フュチュール)が5月17日に大阪市のアゼリア大正ホールで同級10位の黒木優子(YuKO)と初防衛戦を行うと、安藤の所属ジムが28日に発表した。

関連するニュースを読む

安藤麻里が5月に初防衛戦

 世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級チャンピオンの安藤麻里(フュチュール)が5月17日に大阪市のアゼリア大正ホールで同級10位の黒木優子(YuKO)と初防衛戦を行うと、安藤の所属ジムが28日に発表した。

 世界ボクシング協会(WBA)女子ライトミニマム級初代王者の安藤は、昨年12月にWBC女子ミニフライ級王座決定戦で判定勝ちし、2階級制覇を達成した。

関連するニュースを読む

安藤が判定勝ち2階級制覇/ボクシング

勝利をおさめ、ベルトを巻き笑顔を見せる安藤(撮影・田崎高広)

<プロボクシング:WBC世界女子ミニフライ級王座決定戦10回戦>◇14日◇大阪市・アゼリア大正ホール

 WBC世界女子ミニフライ級3位の安藤麻里(26=フュチュール)は同級4位のハセス・ノリエガ(メキシコ)に2-1で判定勝ちした。3回にダウンを喫するなど劣勢だったが、ひるまずに攻めて打ち合いを制し、WBA世界女子ライトミニマム級に続いて2階級制覇を達成した。安藤の戦績は17戦11勝(5KO)6敗。

関連するニュースを読む

安藤が涙「勝てて良かった」/ボクシング

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級王座決定戦10回戦>◇14日◇大阪市・アゼリア大正ホール

 安藤麻里(26=フュチュール)は世界戦3連敗中の苦境を脱し、僅差の判定で2階級を制覇した。

 「勝ちにこだわった。勝てて良かった」とリング上でうれし涙を流した。

 内容は低調だった。自身で「汚いボクシングになってしまった」と振り返るように、3回にダウンを奪われて以降も強打を浴び続けた。強い気持ちで前に出てポイントは盛り返したが、相手の反則での減点がなければドローの試合。「(出来は)技術的に半分いっているかどうか」という反省を生かせるかが、今後の鍵となりそうだ。

関連するニュースを読む

安藤、判定Vで2階級制覇/ボクシング

勝利をおさめ、ベルトを巻き笑顔を見せる安藤(撮影・田崎高広)

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級王座決定戦10回戦>◇14日◇大阪市・アゼリア大正ホール

 同級3位の安藤麻里(26=フュチュール)は同級4位のハセス・ノリエガ(メキシコ)に2-1で判定勝ちした。WBA女子ライトミニマム級前王者の安藤は2階級制覇を達成した。

 安藤は3回にダウンを喫するなど劣勢だったが、ひるまずに攻めて打ち合いを制した。

 安藤の戦績は17戦11勝(5KO)6敗。

関連するニュースを読む

安藤が12月にノリエガと王座決定戦

 ボクシングのフュチュールジムは4日、世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級3位の安藤麻里(25)が、12月14日に大阪市のアゼリア大正ホールで同級4位のハセス・ノリエガ(メキシコ)と王座決定戦を行うと発表した。

 同級王座はチャンピオンの藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則ジム)がタイトルを返上し空位となっている。安藤は世界ボクシング協会(WBA)女子ライトミニマム級前王者で、1度防衛に成功している。

関連するニュースを読む

安藤麻里アウェー判定悔やむ/ボクシング

<プロボクシング:WBO世界女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇18日◇韓国・ソウル

 挑戦者で元WBA世界ライトミニマム級王者・安藤麻里(25=フュチュール)は、王者ホン・ソヨン(26=韓国)に1-2の判定で敗れた。1回から積極的な攻撃を仕掛け、後半もボディーを中心に攻めたが、2階級制覇達成はならなかった。安藤は「勝ったと思ったが、アウェーは倒さないと難しい」と悔やんだ。

関連するニュースを読む

安藤麻里、無念の判定負け/ボクシング

<プロボクシング:WBO世界女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇18日◇韓国・ソウル

 挑戦者で元WBA世界ライトミニマム級王者・安藤麻里(25=フュチュール)が、王者ホン・ソヨン(26=韓国)に1-2の判定で敗れた。

 フュチュールジムの松本憲亮トレーナーによると、安藤は1回から積極的に攻め、後半はボディー攻撃で王者を苦しめたという。日本人ジャッジは2ポイント差で安藤が優勢としたものの、韓国人を含む他のジャッジ2人は大差で王者を支持。王座獲得は成らなかった。

 安藤は「アウェーは倒さないと難しい。今後はどんな階級、どんな団体でも世界戦を組んでもらえるなら挑戦したい」と、無念の気持ちを抑えて再起を誓った。戦績は安藤が10勝(5KO)6敗、ホンが9勝(5KO)となった。

関連するニュースを読む

安藤麻里8月WBOミニフライ王者に挑戦

 ボクシングのフュチュールジムは13日、同ジム所属のWBA女子ライトミニマム級前王者の安藤麻里(25)が8月18日にソウルでWBO女子ミニフライ級王者、ホン・セヨン(韓国)に挑戦すると発表した。同ジムによると、女子のWBOタイトル挑戦は日本人初。京都市内で会見した安藤は「行くときには行かないと。倒すしかない」と意気込んだ。

関連するニュースを読む

安藤麻里8・18世界戦 WBO王者挑戦

 ボクシングのフュチュールジムは13日、同ジム所属の世界ボクシング協会(WBA)女子ライトミニマム級前王者の安藤麻里が8月18日にソウルで世界ボクシング機構(WBO)女子ミニフライ級王者、ホン・セヨン(韓国)に挑戦すると発表した。

 同ジムによると、女子のWBOタイトル挑戦は日本人初。京都市内で会見した安藤は「行くときには行かないと。倒すしかない」と意気込んだ。

関連するニュースを読む

宮尾綾香3-0判定でV1/ボクシング

ベルトを守った宮尾(撮影・河野匠)

<プロボクシング:WBA女子世界ライトミニマム級タイトルマッチ10回戦>◇24日◇東京・後楽園ホール

 同級王者・宮尾綾香(29=大橋)が2度目の防衛戦に成功した。挑戦者の同級4位・安藤麻里(25=フュチュール)の有効打を狙うスタイルに対し、素早い動きからのワンツーなど手数で攻め、昨年9月以来の再戦を3-0の判定勝ちで制した。ポイント差よりも接戦だった内容に「(ベルトを)守れて良かった。まだきれいな女性らしいボクシングができていない」と反省を忘れなかった。

 所属ジムの大橋秀行会長(48)は「アピールが足りない。もっと自覚を持ってやってほしい。今日の出来はマイナス20点」と手厳しかったが、次戦はビッグマッチを組む意向。対戦オファーが届くWBO世界ミニマム級王者ホン・ソヨン(26=韓国)との2冠をかけた「美女対決」が浮上している。V2女王は「このベルトは宮尾のものだと言われるぐらい勝ちたい」と気持ちを引き締めていた。

関連するニュースを読む

安藤、王座返り咲きならず/ボクシング

宮尾に負け、ベルトの奪還を逃した安藤はがっくりとした表情を見せた(撮影・河野匠)

<プロボクシング:WBA女子世界ライトミニマム級タイトルマッチ10回戦>◇24日◇東京・後楽園ホール

 挑戦者となる同級4位・安藤麻里(25=フュチュール)が王座再奪取に失敗した。同級王者・宮尾綾香(29=大橋)に挑戦。手数の多さで攻める王者に対し、狙いすました左フック、右ストレートなどで応戦。競り合いの展開だったが、ジャッジに支持されずに0-3の判定負けした。昨年9月に王座陥落して以来となる宮尾との再戦だったが、リベンジできなかった。

 試合前、安藤が「いろいろな思いを背負ってここまできた」と話した気持ちには京都交通事故被害者の会代表の中江美則さん(49)の存在が込められていた。昨年4月、無免許運転だった無職の19歳の運転で娘の松村幸姫さん(享年26)を亡くした中江さんと事故後、知人の紹介で知り合った。後楽園ホールの観客席から見守られた中江さんから「娘とほぼ同じ年齢の麻里さんが自分の娘のように見える」と声援を送られたが、王座返り咲きはならなかった。

関連するニュースを読む

宮尾綾香2度目の防衛に成功/ボクシング

10回、安藤(右)に強烈なパンチを浴びせる宮尾(撮影・河野匠)

<プロボクシング:WBA女子世界ライトミニマム級タイトルマッチ10回戦>◇24日◇東京・後楽園ホール

 同級王者・宮尾綾香(29=大橋)が2度目の防衛戦に成功した。挑戦者の同級4位・安藤麻里(25=フュチュール)と昨年9月以来となるリマッチ。

 序盤から自慢の素早いフットワークを生かし、自らの距離に入ると左フック、右ストレートを繰り出し、ポイントを稼いだ。パンチ力のある安藤の有効打を狙う戦い方を警戒しつつ、的確にパンチを当て、10回を終了。ジャッジ3人全員が4ポイント差をつける3-0の判定勝ちで防衛に成功した。

 前回の対戦は、安藤のホームとなる大阪で同級王座に挑み、王座奪取に成功。今回はホームの後楽園ホールで迎撃しての勝利だった。安藤に連勝した宮尾は「前回とは違う選手にような動きでした。本当はもっときてくれた方がやりやすいかなと思いました。今後、自分の強い部分をもっと向上させていきたい」と話した。

 これで2度目の防衛に成功した宮尾は11勝(1KO)1敗となった。

関連するニュースを読む