上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

重岡優大「強かった」判定で世界ランカー下すも反省

重岡優大

<プロボクシング:48キロ契約6回戦>◇10日◇東京・後楽園ホール

アマ5冠の重岡優大(22=ワタナベ)がプロ2戦目で世界ランカーを破った。同級でWBC7位、IBF10位の東洋太平洋王者リト・ダンテ(29=フィリピン)と対戦。初回から左アッパー、左右ボディーで試合を優位に進めた。バッティングでダンテは2回に右頭部をカットも、ガードを固めてタフネスぶりを見せた。重岡も5回に右目上をカットし、判定に持ち込まれた。60-54が1人、59-55が2人と、大差の3-0判定で勝利した。

重岡は拓大を中退して、10月にプロデビュー戦で2回TKO勝ちしたばかり。1カ月半の間隔で、3月に小浦翼(25=E&Jカシアス)から王座奪取した強敵を迎えた。KO狙いも「2、3発で倒れない人だと思った。強かった。プロの意地を見せられた」と勝利にも反省が口をついた。観客には「見飽きるような試合で申し訳ありません」と頭を下げた。

弟銀次朗(20=同)は、7月に4戦目でWBOアジア太平洋ミニマム級王座を獲得した。大みそかに初防衛戦を迎える。「どんどん伸びていくので、成長を見てください」と、兄弟で世界制圧へ向けてプロ元年を2連勝で終えた。

関連するニュースを読む

小浦翼TKOでV4失敗、内藤会長「まだまだ甘い」

TKO負けで王座陥落した小浦翼

<ボクシング東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ12回戦>◇3月31日◇横浜大さん橋ホール

ボクシング東洋太平洋ミニマム級王者小浦翼(24=E&Jカシアス)がTKOで王座から陥落した。

31日に横浜大さん橋ホールで同級13位ダンテ(フィリピン)と対戦。劣勢を覆せず12回に連打でコーナーに詰まるとレフェリーストップ。12回TKO負けでV4に失敗した。14連勝で4団体で世界ランク入りも、ジム創設15周年記念の地元興行で初黒星。控室にこもった小浦に代わり、内藤会長は「負けている終盤も攻めていけなかった。まだまだ甘い」と話した。

関連するニュースを読む

小浦翼「やるしかない」世界前哨戦へ地元KOに自信

小浦翼(18年4月16日撮影)

ボクシング東洋太平洋ミニマム級王者小浦翼(24=E&Jカシアス)が、地元KOで世界前哨戦を期した。前日計量が30日に都内で行われ、小浦は47・5キロ、挑戦者の同級13位リト・ダンテ(29=フィリピン)は47キロと、ともにリミット47・6キロ以下でパスした。

31日のV4戦はジム創設15周年記念興行として、横浜・大さん橋ホールで開催される。小浦にとっては初のリングだが「やるしかない。いつもは来られない人も来てもらえる。楽しみ」と気合が入る。2月には約2週間のフィリピン合宿もこなして「ボクシングを仕事にしている思いとかを強く感じた」といい刺激を受けた。

WBC3位をはじめ、すでに主要4団体では世界ランク入りしている。2月にはV1戦で下した谷口(ワタナベ)が、一足先に世界初挑戦も失敗した。「焦りはない。ここで世界へと認められる試合を」と話す。

ダンテは30戦目で1度もKO負けがないタフな相手。「しっかり倒しきりたい。世界王者になってからがスタートと思っている」と自信を見せた。

関連するニュースを読む

井上尚弥、拳四朗ら4人が最優秀選手候補 年間表彰

井上尚弥(2018年8月21日撮影)

日本ボクシングコミッションと東京運動記者クラブのボクシング分科会が、10日に都内で18年の年間表彰ノミネート選考会を開いた。

最優秀選手賞候補は3階級制覇を達成して連続初回KOの井上尚弥(大橋)、史上最速タイ12戦目で3階級制覇の田中恒成(畑中)、3度防衛した拳四朗(BMB)、海外奪取にKO防衛した伊藤雅雪(伴流)の4人。受賞者は2月8日に都内のホテルで発表、表彰される。

技能賞は井上、ホルヘ・リナレス(帝拳)、拳四朗、田中、亀田和毅(協栄)、殊勲賞は伊藤、田中、KO賞は井上、清水聡(大橋)、竹迫司登(ワールド)、新鋭賞は小浦翼(E&Jカシアス)、勅使河原弘晶(輪島功一)、竹迫、吉野修一郎(三迫)、矢田良太(グリーンツダ)、努力敢闘賞は中谷正義(井岡)、細川バレンタイン(角海老宝石)、黒田雅之(川崎新田)、久田哲也(ハラダ)が候補となった。

年間最高試合候補はWBAライト級ワシル・ロマチャンコ(ウクライナ)-リナレス、WBOフライ級田中-木村翔(青木)、WBAバンタム級井上-ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)の3試合。世界戦以外の最高試合は日本スーパーバンタム級和気慎吾(FLARE山上)-久我勇作(ワタナベ)、日本スーパーライト級細川-デスティノ・ジャパン(ピューマ渡嘉敷)、日本&東洋太平洋スーパーフェザー級末吉大-三代大訓(ワタナベ)、日本ミドル級竹迫-西田光(川崎新田)の4試合。

女子最優秀選手賞候補は天海ツナミ(アルファ)、藤岡奈穂子(竹原畑山)、多田悦子(真正)の3人。最高試合はWBOライトフライ級天海-チャオス箕輪(ワタナベ)、WBOアトム級岩川美花(高砂)-池山直(フュチュール)、WBCフライ級藤岡-イルマ・サンチャス(メキシコ)、WBOミニマム級多田悦子(真正)-江畑佳代子(ワタナベ)が候補となった。

関連するニュースを読む

小浦が冨田との無敗対決制す「世界を取るまで絶対」

7回、冨田(左)に右ボディーを放つ小浦(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ12回戦>◇29日◇東京・後楽園ホール

王者の小浦翼(23=E&Jカシアス)が無敗対決を制し、3度目の防衛に成功した。デビューから12戦無敗の挑戦者、同級8位冨田大樹(20=堺東ミツキ)の挑戦を受け、最大11ポイント差をつける3-0の大差判定勝利を飾った。

軽快なステップで自らの得意な距離をつくると、右ボディー、左フック、右ストレートと的確に両拳をヒットさせた。中盤から大振りなパンチとなった冨田の隙を突き、11回には強烈な右カウンターをヒットさせてダウンも奪っての快勝劇だった。

これでデビューから14戦無敗の王者は「お互い無敗だったので負けられなかった。世界(ベルト)を取るまで絶対に負けないつもりです」と自信たっぷりの笑みを浮かべた。現在、WBA9位、WBC3位、IBF4位、WBO11位と4団体すべてでランキング入りする小浦は「いつ世界が来てもいいように準備します。これから飛躍していきます」と宣言していた。

7回、冨田(右)に左パンチを放つ小浦(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

王者田口良一が試合前最長の10Rスパーリング

東洋太平洋ミニマム級王者小浦翼(右)とのスパーリングを消化したWBA・IBF世界ライトフライ級統一王者田口

 ボクシングWBA・IBF世界ライトフライ級統一王者田口良一(31=ワタナベ)が、5月20日の防衛戦(東京・大田区総合体育館)に備え、試合前最長の10回のスパーリングを敢行した。

 2日、都内の所属ジムで東洋太平洋ミニマム級王者小浦翼(E&Jカシアス)らと計10回を消化し「ここ最近のスパーリングの中では1番、内容が良かった」と手応えを口にした。

 IBF世界同級6位の元WBA世界ミニマム級スーパー王者ヘッキー・ブドラー(29=南アフリカ)との防衛戦(WBA8度目、IBF初防衛戦)まで残り2週間強となり、ロングスパーリングは調整の折り返し地点。実力者と拳を交え左ジャブで主導権を握った展開に納得の様子。「今までの積み重ねが出てきていると思う」と、長いラウンドで思い通りに戦うことができている。日本人初となる2団体統一王座の防衛戦。順調な調整で田口がラストスパートをかける。

関連するニュースを読む

小浦13連勝のV2「WBAかWBC」世界をにらむ

小浦翼(18年4月16日撮影)

<ボクシング:東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ12回戦>◇17日◇東京・後楽園ホール

 ボクシングの東洋太平洋ミニマム級王者小浦翼(23=E&Jカシアス)が、逆転TKOでV2に成功した。

 17日に東京・後楽園ホールで同級11位田中(三迫)と対戦。初回に左フックでダウンしたが、5回に右で大きくぐらつかせるとラッシュ。5回TKOでデビューから13連勝(9KO)を飾った。すでに3団体で世界ランク入り。「ダウンも逆転KOも初めてで、これからへいい経験。WBAかWBCのベルトがいい」と世界挑戦のチャンスを待ち望んだ。

関連するニュースを読む

小浦翼逆転TKOでV2 ダウンも「足は生きてた」

<ボクシング:東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ12回戦>◇17日◇東京・後楽園ホール

 同級王者小浦翼(23=E&Jカシアス)が、逆転TKOでV2に成功した。

 同級11位田中教仁(33=三迫)を迎え撃ち、初回に左フックを浴びて初のダウンを喫した。2回からは徐々にペースを上げて、5回に右一発で大きくぐらつかせるとラッシュ。横倒しになるとレフェリーが即座にストップ。5回2分38秒TKOでデビューから13連勝(9KO)を飾った。 最軽量級とは思えぬ、初回から激しい打撃戦になった。小浦は右アッパーでぐらつかせると、ロープに追い込んで連打。そこへ右フックをもらってダウンした。「人生初のダウンも、フラッシュだった。びっくりしたが足は生きていた」とダメージは少なかった。

 2回からはリーチとスピード生かしてペースをつかみにいく。2度目のタイトル挑戦だった田中も、冷静にパンチを打ち込んできて白熱した。4回の公開途中採点では田中が1ポイント差で3-0とリードも「焦りはなかった」と小浦。言葉通りに5回に右の打ち下ろしがきれいにこめかみにヒット。田中は大きくぐらついて後ろ向きに。小浦はここぞとロープを背負わせて連打で横倒しにした。

 すでに3団体で世界ランク入りしている。3月には沖縄で走り込んだ。「合宿のおかげで、ダウンしても足も止まらなかった。チャンスを生かしきれた。結果良しで、初のダウンも逆転KOもこれからへいい経験」と前向きに捉えた。IBFは京口(ワタナベ)が世界王者だが「日本になじみのあるWBAかWBCのベルトがいい」と世界挑戦のチャンスを待ち望んだ。

関連するニュースを読む

小浦翼、2度目の防衛戦へ自信「できれば倒したい」

 ボクシングの東洋太平洋ミニマム級タイトル戦の前日計量が、16日に都内で行われた。同級王者小浦翼(23=E&Jカシアス)は47・5キロ、同級11位田中教仁(33=三迫)はリミットの47・6キロで一発クリアした。試合は17日に東京・後楽園ホールで行われる。

 小浦は14年プロデビューから12連勝中(8KO)で、すでにWBCとIBFで4位、WBAで9位と3団体で世界ランク入りしている。「コンディション、調整も今までで一番いい。世界に行ってもいいと言われる試合をしたい」と意気込んだ。

 2度目の防衛戦となるが、前回は僅差の2-0判定勝ちだった。「前回よりも強くなったところを見せたい。ファイター相手だが、スピードの切れで、もらわずに打ち、できれば倒したい」と気合十分だった。

 田中は2度目のタイトル挑戦となる。05年にプロデビューし、11年には元世界3階級王者八重樫が日本王者時代に挑戦も判定負け。2戦後に1度は引退したが「やり切らないと次の人生へ行けない」と、17年にジムを移籍して再起した。

 4戦目にして訪れたチャンスに「こんな早くやれると思わなかった。ありがたい」と、ジムへの恩返しも期す。「勢いとスピードのある相手。空間をつぶして冷静に戦いたい」。ホープに臨むベテランは落ち着きある表情で決意を口にした。

関連するニュースを読む

小浦翼12戦無敗で王座初防衛 世界王者宣言でた

小浦翼(2017年11月10日撮影)

<プロボクシング:東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ12回戦>◇11日◇東京・後楽園ホール

 ボクシングの東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチが11日に後楽園ホールで行われ、王者小浦翼(23=E&Jカシアス)が挑戦者の同級1位谷口将隆(23=ワタナベ)を2-0(115-114、115-113、114-114)の判定で下して初防衛を果たした。

 似たタイプの一戦は、押し相撲のように絡み合う場面が目立ち、互いに離れ際に有効打を狙う展開。極真空手歴10年の経験を生かした小浦が12戦無敗で王座を守り、「谷口選手の分まで背負って世界王者になる」と宣言した。

関連するニュースを読む

小浦翼、最強挑戦者とV1戦も「通過点」と自信

前日計量を終え並び立つ小浦(左)と谷口

 東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ(11月11日、後楽園ホール)の前日計量が10日に水道橋・MLBカフェで公開で行われ、初防衛戦の王者小浦翼(23=E&Jカシアス)、挑戦者の同級1位谷口将隆(23=ワタナベ)ともにパスした。

 14年全日本新人王の小浦は、極真空手歴10年のキャリアを生かして、順調に階段を上がってきた。7月の王座決定戦に勝利してプロ11戦目で初タイトルを手にし、最強挑戦者を迎えるV1戦になる。「うまいボクシングをする」と谷口の実力を認めながら、「やりやすいし、かみ合うと思う。ここは通過点。しっかりクリアして、自分の成長につなげたい」と自信をのぞかせた。

 大卒2年目の谷口は4月の日本ミニマム級王座決定戦で僅差判定負けし、プロ7戦目で初黒星を喫した。その後にフィリピンでの試合も含めて2連勝し、再びタイトルに挑む。再び巡ってきたチャンスに「明日の主役は僕です。きっちり勝つ」と宣言。「小浦はうまくて強いが、僕のほうが強い。冷静に戦いたい」と述べた。

関連するニュースを読む

市村蓮司が最優秀選手賞「ちょっと期待してました」

三賞に選ばれた(左から)坂本、市村、梶(撮影・横山健太)

 ボクシングの第62回全日本新人王決定戦が20日、後楽園ホールで行われ、12人の王者が決まった。

 最優秀選手賞は、スーパーバンタム級でこの日最短の1回1分36秒KOで勝利した市村蓮司(22=RK鎌田)が受賞。市村は「東日本では1回KOしてもらえなかったので、うれしい。タイムにはこだわってなかったけど、ちょっと期待していました」と表彰式後に笑顔で話した。技能賞はスーパーフライ級で、井上太陽を1回KOで破った梶颯(18=帝拳)、敢闘賞は志賀弘康を3回KOで破った坂本真宏(24=六島)が受賞した。書く階級の全日本王者は以下の通り。

 ▼ミニマム級 小浦翼

 ▼Lフライ級 ユーリ阿久井政悟

 ▼フライ級 坂本真宏

 ▼Sフライ級 梶颯

 ▼バンタム級 武田航

 ▼Sバンタム級 市村蓮司

 ▼フェザー級 萱沼徹平

 ▼Sフェザー級 中谷有利

 ▼ライト級 中嶋龍成

 ▼Sライト級 藤田光良

 ▼ウエルター級 永野祐樹

 ▼ミドル級 長浜陸

関連するニュースを読む

小浦翼フットワーク生かし多彩な攻撃で技能賞

小浦翼は佐宗緋月を攻める

<プロボクシング:東日本新人王決勝戦>◇3日◇東京・後楽園ホール

 ミニマム級の小浦翼(21)が技能賞を獲得した。

 小浦はフットワークを生かした多彩な攻撃で、危なげなく判定勝ちした。高校時代に総体出場経験を持ち、現在はタイル職人として働きながらボクシングで上を目指す。戦績を5勝(3KO)無敗とし「倒そうと思いすぎて相手に合わせてしまった。日本、世界とつなげていけるように、全日本を取りたい」と話した。

関連するニュースを読む

小浦翼が技能賞、強烈アッパー駆使「世界へつなぐ」

ミニマム級4回、小浦翼(左)は佐宗緋月(右)を攻める(撮影・山崎哲司)

<プロボクシング:東日本新人王決勝戦>◇3日◇東京・後楽園ホール

 ミニマム級の小浦翼(21=E&Jカシアス)が佐宗緋月(20=コーエイ興行小田原)を3-0の判定で下し、技能賞を獲得した。

 序盤からフットワークを生かした多彩な攻撃でリードすると、終盤には強烈なアッパーで追い込んだ。

 西日本代表との全日本新人王(12月20日)への出場を決め「倒そうと思いすぎて相手に合わせてしまった。日本、世界とつなげていけるように、しっかり全日本を取りたい」と話した。小浦は戦績を5勝(3KO)無敗とした。

関連するニュースを読む