上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

親方になっても追いかけます 山根千佳/稀勢連載5

山根千佳

<稀勢引退~愛された理由(5)>

私にとって稀勢の里はアイドル。だから、まだまだ“稀勢ロス”です。ファンになったのは8歳の頃。15年間も追いかけてきました。以来、ずっと心の支えで人生に寄り添ってくれる存在。武蔵丸、魁皇に続く、私の殿堂入り力士です。殿堂入りの基準は「私がどれだけ好きか」。四つ相撲ができて、普段はおだやかだけど、カメラの前では厳しい表情を見せる「相撲道」の世界を体現している昔ながらのお相撲さんが多いかな。

白鵬63連勝阻止では心が震えて「私も頑張ろう」と思いましたし、肝心な時に負けて目をパチパチさせている時には、もっと応援したくなる。相撲の神様に見放されてきた感じで、運もタイミングも悪い。そんな中、自分の努力で横綱に上がったのは本当に感動しました。決してイケメンではないけれど、その生きざまや相撲内容で母性本能をくすぐる、守ってあげたいタイプ。そこが魅力なんです。

専門番組で取材しましたが、あまりしゃべらないイメージは予想通り。でも、カメラが回ってないところではめっちゃ笑うしすごく優しいんです。それまでは、1人のファンとして見てましたが、近しい存在になってさらに引き込まれました。“ギャップもえ”ですね(笑い)。

親方になってからは、最後まで「左」にこだわっていたように、こだわりの強い力士を育ててほしい。そして、いつかは理事長になって古き良き相撲道の教えを伝え、相撲界を明るくしてほしい。もちろん、私はいつまでも追いかけ続けます。(終わり)

◆山根千佳(やまね・ちか)1995年(平7)12月12日、鳥取県米子市生まれ。12年、ホリプロスカウトキャラバンファイナリストになって芸能界入り。小学時代から熱烈な相撲ファン。小結御嶽海も推し。

田子ノ浦部屋を訪れた元稀勢の里の荒磯親方

関連するニュースを読む

石浦「ライバルは宇良」同郷山根千佳とトークショー

山根千佳とトークショーを行う石浦

 大相撲の西前頭9枚目の石浦(27=宮城野)が20日、都内で同じ鳥取県出身の大相撲大好きアイドル山根千佳(21)とトークショーを行い、春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)で新入幕確実の宇良に対抗心を燃やした。

 参加者からライバルを問われると「宇良関ですね」と即答。「昔やった時は意識しないようにしてたけど、勝ちに行きます。(宇良は)面白い相撲取りますからね。負けたくない」と同じ小兵として意識していることを明かした。山根から対策を問われると「引かずに我慢すること」と話した。

関連するニュースを読む

石浦ウラめしや~昨年苦杯の小兵に「やり返します」

大相撲大好きタレント山根千佳とトークショーを行う石浦(撮影・佐々木隆史)

 大相撲の西前頭9枚目石浦(27=宮城野)が20日、都内で同じ鳥取県出身の大相撲大好きタレント山根千佳(21)とトークショーを行い、春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)で新入幕確実の十両宇良に対抗心を燃やした。

 最初は山根との地元談義に花を咲かしたが、話題が春場所に及ぶとさらに熱を帯びた。ピンク色のうちわを持った参加者からライバルを問われると「そのピンク色のまわしの宇良関です」と即答。同じ小兵対決に「昔やった時は意識しないようにしてたけど、がっつり意識します。勝ちに行きます。(宇良は)トリッキーで面白い相撲取りますからね。負けたくない」と、並々ならぬ思いを語った。互いに十両だった昨年名古屋場所での初対戦では敗れており「やり返します」と、力を込めた。山根から対策を問われると「引かずに我慢すること」と、イメージはバッチリだ。

 春場所では深緑色だった締め込みの色も、憧れの元関脇鷲羽山と同じ濃紺に変更する。「少しでも(鷲羽山に)近づけるように頑張りたい」と、初土俵の13年から4場所連続で勝ち越し中と、相性の良い春場所へ向けて決意を語った。

関連するニュースを読む