上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

岩川美花が初防衛「ヤバイ」クリンチ多い展開苦しむ

8回、岩川(左)は鈴木にパンチを放つ(撮影・上山淳一)

<プロボクシング:WBO世界女子アトム級タイトルマッチ10回戦>◇26日◇神戸市立中央体育館

王者岩川美花(37=高砂)が初防衛を飾った。挑戦者で女子東洋太平洋同級2位の鈴木菜々江(28=シュウ)に10回判定で2-1(96-94、93-97、97-93)。18年7月に王座を奪取した王者は2年越しの初防衛戦を制し「ヤバイと思った。勝てて良かった」と安堵(あんど)の表情だった。

クリンチが多い展開に苦しんだ。陣営からは「自分のボクシングをしろ」と指示を送られ、終盤に突入。37歳のベテランは体力的にも厳しい戦いの中で的確にワンツーなどをまぶし、最終10回には左ボディーをヒットさせた。「クリンチで体力を消耗して、流れを持っていかれた。ああいう相手にもきれいに勝てるように練習して、クリンチさせないボクシングをしたい」と多くの課題を得た。

高知県出身の岩川は10勝(3KO)5敗1分け、千葉県出身の鈴木は10勝(1KO)4敗1分けとなった。

岩川(中央)は初防衛し笑顔を見せる(撮影・上山淳一)

関連するニュースを読む

王者岩川美花2年越し初防衛 女子ボクシング世界戦

WBO女子世界アトム級タイトルマッチ・岩川美花対鈴木菜々江 岩川美花(右)は判定で勝利する(撮影・上山淳一)

<プロボクシング:WBO世界女子アトム級タイトルマッチ10回戦>◇26日◇神戸市立中央体育館

王者岩川美花(37=高砂)が初防衛を飾った。挑戦者で女子東洋太平洋同級2位の鈴木菜々江(28=シュウ)に10回判定で2-1(96-94、93-97、97-93)。18年7月に王座を奪取し、2年越しの初防衛戦を制した。

苦しみながらも、岩川が粘り勝った。陣営からは「自分のボクシングをしろ」と指示を送られ、終盤に突入。37歳のベテランは体力的にも厳しい戦いの中で的確にワンツーなどをまぶし、最終10回には左ボディーをヒットさせた。判定で勝利が決まると、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

高知県出身の岩川は10勝(3KO)5敗1分け、千葉県出身の鈴木は10勝(1KO)4敗1分けとなった。

WBO女子世界アトム級タイトルマッチ・岩川美花対鈴木菜々江 10回、岩川美花(左)は鈴木菜々江と打ち合う(撮影・上山淳一)

関連するニュースを読む

井上尚弥、拳四朗ら4人が最優秀選手候補 年間表彰

井上尚弥(2018年8月21日撮影)

日本ボクシングコミッションと東京運動記者クラブのボクシング分科会が、10日に都内で18年の年間表彰ノミネート選考会を開いた。

最優秀選手賞候補は3階級制覇を達成して連続初回KOの井上尚弥(大橋)、史上最速タイ12戦目で3階級制覇の田中恒成(畑中)、3度防衛した拳四朗(BMB)、海外奪取にKO防衛した伊藤雅雪(伴流)の4人。受賞者は2月8日に都内のホテルで発表、表彰される。

技能賞は井上、ホルヘ・リナレス(帝拳)、拳四朗、田中、亀田和毅(協栄)、殊勲賞は伊藤、田中、KO賞は井上、清水聡(大橋)、竹迫司登(ワールド)、新鋭賞は小浦翼(E&Jカシアス)、勅使河原弘晶(輪島功一)、竹迫、吉野修一郎(三迫)、矢田良太(グリーンツダ)、努力敢闘賞は中谷正義(井岡)、細川バレンタイン(角海老宝石)、黒田雅之(川崎新田)、久田哲也(ハラダ)が候補となった。

年間最高試合候補はWBAライト級ワシル・ロマチャンコ(ウクライナ)-リナレス、WBOフライ級田中-木村翔(青木)、WBAバンタム級井上-ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)の3試合。世界戦以外の最高試合は日本スーパーバンタム級和気慎吾(FLARE山上)-久我勇作(ワタナベ)、日本スーパーライト級細川-デスティノ・ジャパン(ピューマ渡嘉敷)、日本&東洋太平洋スーパーフェザー級末吉大-三代大訓(ワタナベ)、日本ミドル級竹迫-西田光(川崎新田)の4試合。

女子最優秀選手賞候補は天海ツナミ(アルファ)、藤岡奈穂子(竹原畑山)、多田悦子(真正)の3人。最高試合はWBOライトフライ級天海-チャオス箕輪(ワタナベ)、WBOアトム級岩川美花(高砂)-池山直(フュチュール)、WBCフライ級藤岡-イルマ・サンチャス(メキシコ)、WBOミニマム級多田悦子(真正)-江畑佳代子(ワタナベ)が候補となった。

関連するニュースを読む

古川夢乃歌、初防衛も反省「ふがいない試合」

初防衛に成功した古川

<プロボクシング:WBAライトミニマム級10回戦>◇13日◇東京・後楽園ホール

 「女子大生王者」古川夢乃歌(ゆのか、22=ワタナベ)が初防衛に成功した。前半は挑戦者の岩川美花(33=高砂)と打ち合いを演じ、「効いたのは何度かあった」。中盤からは体力で勝り、ボディーを軸にして下からの組み立てで打開。3人の審判も終盤3回は古川を優勢にする展開に持ち込み、辛くも勝利した。

 試合後の第一声は「ふがいない試合をしてしまった」。反省の弁が多く口をついた。8月に王座奪還した新鋭は「脚を動かさずに、止まってしまった」と過多な被弾に笑顔も少ない。現在日体大4年に在籍しており、来月1月締めきりの卒論のテーマは「女子ボクシングの現状と将来」。自らも王者として盛り上げる試合をしたかっただけに、悔しさもひとしおだった。

 ただ、17歳でプロデビューを飾り、2戦目の敗戦以降はこれで9連勝。若き王者は、「同じ階級にも強い選手がいるので、実力を上げて戦いたい」と貪欲だった。

関連するニュースを読む

ワタナベ3人娘「光栄、感謝」世界戦&東洋太平洋だ

ワタナベジムの3人娘。左からチャオズ箕輪、古川夢乃歌、宮尾綾香(撮影・阿部健吾)

 ボクシングのワタナベジムは12日、都内の同ジムで会見を開き、12月13日に東京・後楽園ホールで「ワタナベ3人娘」が世界戦、東洋太平洋戦を行うと発表した。

 元WBA女子世界ライトミニマム級王者で、9月に大橋ジムから移籍してきた宮尾綾香(33)はWBO女子世界アトム級王者池山直(47)に挑戦。

 WBA女子世界ライトミニマム級王者の古川夢乃歌(22)は、東洋太平洋女子ライトフライ級王者岩川美花(33)を相手に初防衛戦と、ダブル世界戦を組む。

 宮尾は「移籍して1発目に世界戦を組んでいただき、光栄だし、感謝しています」、8月に王座に就いた古川は「自覚を持つことが大事」と述べた。

 元アマチュア全日本女子選手権7連覇のチャオズ箕輪(29)はプロ3戦目でカーリング・リヴァス(27=フィリピン)と東洋太平洋フライ級王座決定戦を行う。

 プロ2戦目でKO勝ちした10月の韓国の試合では、リング上に芝、血だらけという過酷な環境も経験したとし、「アマではやったことがない環境を経験できた」とタフさも獲得して、プロ初タイトル奪取に自信をみせた。

関連するニュースを読む

小野心12・14タイで世界戦「チャンスをものに」

小野心

 世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級14位の小野心(ワタナベ)が12月14日にタイで同級王者ノックアウト・CPフレッシュマート(タイ)に挑戦すると12日、所属ジムが発表した。

 2014年以来2度目の世界戦。東京都内で記者会見し「チャンスをものにしたい。倒す気持ちを強く持つ」と述べた。

 戦績は33歳の小野が29戦19勝(3KO)7敗3分け、26歳の王者が13戦全勝(6KO)。

 同ジムは女子のダブル世界戦(12月13日・後楽園ホール)も発表し、世界ボクシング機構(WBO)女子アトム級王者の池山直(フュチュール)が宮尾綾香(ワタナベ)と、WBA女子ライトミニマム級王者の古川夢乃歌(ワタナベ)は岩川美花(高砂)と防衛戦に臨む。

関連するニュースを読む