上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

ONE女子アトム級GP発表、平田はアンダーソン戦

5月28日に開幕するONE女子アトム級ワールドGPのトーナメント表。日本からは平田樹(右上)が出場(C) ONE Championship

アジアを拠点とする格闘技団体ONEチャンピオンシップは12日、ONE女子アトム級ワールドGPトーナメント(5月28日開幕)の対戦カードを正式発表した。8選手がエントリー。日本から出場する平田樹(21)は、ONE初出場となるアーリス・アンダーソン(米国)と1回戦で激突。また前RIZINスーパーアトム級王者ハム・ソヒ(韓国)は、ONEアトム級1位デニス・ザンボアンガ(フィリピン)と対戦することになった。平田は「待ちに待ったトーナメントが始まります。どの選手も自分よりはるかにレベルが上ですが、ベルトは私が手にして日本に持って帰ってきます」などと意気込みを示した。

なおONE女子アトム級ワールドGPトーナメント1回戦のカードは次の通り

<1>デニス・ザンボアンガ(フィリピン)-ハム・ソヒ(韓国)

<2>平田樹(日本)-アーリス・アンダーソン(米国)

<3>メン・ボー(中国)-リトゥ・フォガット(インド)

<4>スタンプ・フェアテックス(タイ)-アリヨナ・ラソヒナ(ウクライナ)

関連するニュースを読む

ONE平田樹2回TKO勝ち「世界で頑張っていく」

メインイベントで入場する平田(C) ONE Championship/ SUSUMU NAGAO

<総合格闘技ONE:Road to ONE4大会>◇22日◇東京・渋谷TSUTAYA O-EAST

ONE女子アトム級の平田樹(21=フリー)がTKO勝ちでメインイベントを締めくくった。

修斗を主戦場とする中村未来(28=MARS GYM)と女子アトム級5分3回で激突。2回にテークダウンに成功した後、上から拳を振り下ろした。立ち上がった中村をケージ(金網)際で捕まえると首投げで倒し、左拳を振り下ろし続けてレフェリーストップ勝ち。同回2分34秒、TKO撃破した。

20年2月、ナイリ・クローリー(ニュージーランド)にTKO勝ちして以来、約1年ぶりの試合となった平田は「こうやってメインを女子の試合でやってくれるっていうことは、もう男子だけが格闘技じゃないし、女子でも戦えるっていう強さをアピールできたと思うので、これからも、女子でも戦えるように、もっともっと世界で頑張っていくので応援よろしくお願いします」と口調を強めた。

この1年間で打撃強化を続けてきたものの、ケージ内では十分に成果を見せられなかったこともあり、反省も忘れなかった。19年6月のONEデビュー後、これで4連勝となった平田だが「メインをやらせていただいたのに、こんな微妙な試合をしてしまって本当に情けないじゃないけど、(ONE本大会で女子アトム級)GPがあるっていうのに、こんな試合をしちゃいけないって思っている。もっともっと上に行きたいのにこんなんじゃダメだと思っているんで、もっと練習して強くなる」と気持ちを引き締めていた。

中村(右)にミドルキックを放った平田(C) ONE Championship/ SUSUMU NAGAO

関連するニュースを読む

平田樹「打撃をアピール」1年ぶり試合へ進化披露だ

オンライン会見に臨んだONEジャパンの泰社長(左)と平田樹(C) ONE Championship

シンガポールを拠点とする格闘技団体ONEチャンピオンシップと契約する女子アトム級の平田樹(21=フリー)が約1年ぶりの試合で打撃の進化を証明する意気込みを示した。2月22日、東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで開催されるRoad to ONE4大会のメインイベントで、中村未来(28=MARS GYM)との同級ワンマッチを控える。6日にはオンライン形式で会見に臨んだ。

20年2月、ナイリ・クローリー(ニュージーランド)にTKO勝ちして以来の試合となる平田は「昨夏すぎから、ずっと試合の準備をしてきた。(大会で)自分が1番目立って、1番良い試合ができれば」と口調を強めた。これまで苦手とされてきた打撃面は、ボクシングのWBA世界スーパーフェザー級王者内山高志氏の指導を受けており「シャドー見せてもらってメチャクチャ早くて衝撃受けた。(内山氏から)結構、できるじゃんとほめられた。変わっている部分あるかも。(ONEには)打撃強い選手が多いし、打撃をアピールしたいです」と声をはずませた。

今大会のテーマはYOung Guns=経験者たちと張り合える若き才能と掲げられた。10代、20代と若手選手が抜てきされた大会となる。平田は「一緒に盛り上げるというか、誰が1番目立つかの勝負。自分がメインを締め、自分の日だったと思われるようにしたい」と決意を新たにしていた。

オンライン形式で報道陣に対応したONE女子アトム級の平田

関連するニュースを読む

ONE平田樹が連勝、石毛から腕ひしぎで一本勝ち

石毛(下)を関節技で攻め込む平田

<総合格闘技:ONEチャンピオンシップ100大会>◇13日◇東京・両国国技館

日本女子期待の新星となる平田樹(20)がONEで2連勝を飾った。

女子アトム級5分3回で日系ファイターの石毛里佳(30=タイ)と対戦。2回4分45秒、腕ひしぎ逆十字固めで一本勝ちを収めた。1回から右ストレートでダウンを奪って上から拳をふり下ろした。2回にはテークダウンにも成功。立ち上がった後、再びテークダウンを取って寝技に持ち込むと相手の左腕を捕獲。腕ひしぎ逆十字固めでギブアップを奪った。

「本当は打撃でKOしたかったんですけれど、寝技になっちゃいました」と苦笑いを浮かべながらも、平田は「女性が戦うところをみてほしいし、女性で格闘技をやってみようかなという人が増えてくれたらうれしい」と口にした。ONEチャンピオンシップのチャトリ・シットヨートンCEOは「(平田は)素晴らしいパフォーマンスした。素晴らしい戦いだったと思います」と絶賛した。

平田は18年9月、Abema TVの格闘代理戦争のシーズン3で全試合一本勝ちで優勝。ONEチャンピオンシップのプロ契約を勝ち取ると19年6月のONE上海大会で1回一本勝ちし、白星デビューを飾っていた。

石毛(下)と激しい攻防を繰り広げる平田
試合後、会見に臨む平田

関連するニュースを読む