上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

【若乃花の目】「相撲覚えた」隆の勝、壁を自力で破り三役復帰へ こういう力士の存在はうれしい

 

<大相撲夏場所>◇9日目◇16日◇東京・両国国技館

今場所の隆の勝は自信を持って当たっています。その後、御嶽海に対して右を差して出足を効かせた一気の攻めも完璧。実は前半戦から、隆の勝の相撲に進化を感じていました。関脇や平幕上位に定着していた数場所前は、頭から行って右を差すという、1つの動作しかなかったんです。三役から陥落し4枚目に落ちた今場所はどうかな、と思っていましたが、突っ張ってみたり、差した右は下手を取って投げを打つなど、攻撃のバリエーションを増やしました。相撲を覚えた、とも言えるでしょう。ようやく一皮抜けた隆の勝の相撲が完成して、これで三役にも戻れると思います。

力士には壁に当たって、あきらめるタイプの人がいます。1度、あきらめると番付が戻りません。あきらめない人が横綱、大関になれます。隆の勝も相撲人生の土俵際に追い詰められかけたところから、技術的なことをコツコツと積み上げながら、壁を自力でぶち破って今場所を迎えていると思います。地味な存在ですが、頑張っている姿はプロ経験者の私にも伝わってくるし、こういう力士の存在は本当にうれしい。優勝争いのチャンスも大きいですが、隆の勝の相撲人生も後半戦が楽しみです。(元横綱若乃花 花田虎上・日刊スポーツ評論家)

御嶽海(左)を寄り切りで破る隆の勝(撮影・横山健太)

関連するニュースを読む

隆の勝、御嶽海に完勝「自分の相撲を取ることだけ考える」1横綱2大関撃破し2敗で首位キープ

御嶽海(左)を寄り切りで破る隆の勝(撮影・横山健太)

<大相撲夏場所>◇9日目◇16日◇東京・両国国技館

隆の勝が同じ押し相撲を得意とする御嶽海に完勝した。「前傾姿勢を保たれたらきついので、体を起こしたかった」と立ち合いで鋭く当たると、一気に寄り切った。

これで1横綱2大関を撃破し、2敗で首位をキープ。混戦の今場所だが「自分の相撲を取ることだけ考える」と平常心を貫く。

隆の勝(左)は御嶽海を寄り切りで破る(撮影・垰建太)

関連するニュースを読む

“下克上”が色濃く漂ってきた 2敗で平幕4人がトップに並ぶ/9日目写真特集

<大相撲夏場所>◇9日目◇16日◇東京・両国国技館

“下克上”が色濃く漂ってきた。上位陣が不安定な今場所、2敗で平幕4人がトップに並んだ。 西前頭4枚目の隆の勝は大関御嶽海を一気の相撲で寄り切り4日目から6連勝とした。

西前頭15枚目の一山本は千代翔馬を突き出した。西前頭12枚目の佐田の海は輝を押し出し。東前頭11枚目の碧山は琴恵光を小手投げで、いずれも7勝2敗と勝ち越しに王手をかけた。

大関正代は関脇阿炎を押し出し、今場所初の連勝で3勝6敗とした。 大関貴景勝は関脇若隆景と激しい攻防の末にはたき込まれ、5勝4敗と優勝争いから後退した。 大関どりの足固めへ、若隆景は連続2桁勝利へ希望をつないだ。 横綱照ノ富士は翔猿を豪快にきめ出し、3敗を死守した。


千代の国掬い投げ翠富士

翠富士(右)は千代の国をすくい投げで破る(撮影・垰建太)

翠富士と千代の国の取り組みで審議する二所ノ関親方(元稀勢の里=右)ら勝負審判(撮影・垰建太)


王鵬突き出し荒篤山

王鵬 よかったと思います。今日は力が伝わって、落ち着いていけました。(要因は)いい相撲をとろうと思っていきました。調子自体はいいので、いい相撲をとろうという気持ちがそこに乗ってくれたと思います。

突き出しで荒篤山(手前)を破った王鵬(撮影・野上伸悟)


千代大龍寄り倒し明生

明生 (3連勝で星を五分にしたことについて)しっかり前に出る気持ちで、精いっぱいに相撲を取ろうと土俵に上がっています。(後半戦に向けて)1日、1日考えてやっています。

明生(左)は千代大龍を寄り倒しで破る(撮影・垰建太)


押し出し佐田の海

佐田の海 一気に持っていかれることなく、動きの中でも自分の相撲が取れています。相手の動きに合わせるほど余裕はないですけど、体は良い反応。(一山本に敗れた昨日は)終わったことは引きずっていてもしょうがないです。負けは負けとして、反省しています。(あと1勝で勝ち越しについては)1番、1番やっていきます。

佐田の海(奥)は輝を押し出しで破る(撮影・垰建太)


一山本突き出し千代翔馬

山本 たぐられそうになったが、我慢して前に出ることができたのでよかったと思います。

千代翔馬(右)を突き出しで破るイ一山本(撮影・野上伸悟)


琴勝峰叩き込み東龍

琴勝峰 攻め急いでしまった。体も技術も足りていなかった。

琴勝峰(左)をはたき込みで破る東龍(撮影・横山健太)


豊山送り出し照強

豊山 立ち合い、相手の動きを見ながら動けた。その後の流れにつなげることができた。左からおっつけるイメージ。それがはまったと思う。

照強(左)を送り出しで破る豊山(撮影・横山健太)


志摩ノ海突き落とし妙義龍

志摩ノ海 下から下から我慢できたのがよかった。体は少しずつ動いている。継続していきたい。

妙義龍(手前)を突き落としで破る志摩ノ海(撮影・横山健太)


碧山小手投げ琴恵光

碧山 あまり変なこと考えずに前に出ようと思っていたのでよかったです。(組み止められたが)大丈夫だったと思いました。(2敗でトップ)勝ててよかったが、まだまだこれからです。(優勝に)届くことできなかった。相撲だけに集中したいです。

小手投げで琴恵光(右)を破る碧山(撮影・野上伸悟)


宝富士寄り切り錦木

宝富士 (8連敗でストップ)ホッとしました。左四つに絶対になるという気持ちで。しっかり考えて出ることができてよかった。(連敗中は)気持ちで負けないように。強い気持ちでいったが、なかなか勝てずくじけそうになったが、負け越して逆に開き直って思い切っていけたのがよかった。過去に11連敗もあります。あまり味わいたくないが、経験はあります。

錦木(右)と立ち合いでぶつかる宝富士(撮影・野上伸悟)


栃ノ心浴せ倒し若元春

栃ノ心 よかったですね。(右)下手入ったんで巻き返されないように脇を固め、前まわしも取れたんで。1日一番集中してやりたい。それだけですね。疲れるのも慣れてます。

若元春(下)を浴びせ倒しで破る栃ノ心(撮影・野上伸悟)


宇良押し出し隠岐の海

隠岐の海を押し出しで破った宇良(撮影・垰建太)


遠藤押し出し玉鷲

玉鷲(手前)を押し出しで破る遠藤(撮影・野上伸悟)


北勝富士突き落とし琴ノ若

琴ノ若 (きわどい一番だったが、足が残っている感覚は)正直分からなかった。そもそもあの内容は流れが良くなかったですし、勝ち負けが大事ですけど、もっと攻めていかないと。

琴ノ若(左)は北勝富を突き落としで破る(撮影・垰建太)


霧馬山押し出し大栄翔

霧馬山 よく相手見て攻められたと思います。(5連勝だが)1日一番しっかり。(優勝争いは)そういうのは考えずにいきたい。

大栄翔(右)を押し出しで破った霧馬山(撮影・野上伸悟)


豊昇龍とったり高安

豊昇龍 思い切り気合いれて頑張りましょうという気持ちでいきました。集中していたから、(最後のとったりも)できたと思う。1日一番という気持ちで。(優勝争いは)気にしていない。

高安(右)と張り合う豊昇龍(撮影・野上伸悟)


阿炎押し出し正代

正代 立ち合いも一歩踏み込んで、腰も決まっていたんじゃないかと思います。土俵際ではたきもあると思っていたんで、あまり突っ込みすぎないことを頭に入れていました。立ち合いが良くなってきていると思うので、この調子でいきたい。(感覚は)まだかみあわない相撲が目立ったりしているので、戻していきたい。

張り手で打ち合う阿炎(右)と正代(撮影・垰建太)


御嶽海寄り切り隆の勝

隆の勝(左)は御嶽海を寄り切りで破る(撮影・垰建太)


若隆景叩き込み貴景勝

若隆景 下から(攻める)という意識だけでした。しっかり足を出していこうと思いました。(大関戦の意識は)1日一番しっかり相撲をとろうと思っています。まだまだ場所は長いんで、しっかり明日に向けて準備していきたい。

貴景勝(左)を攻める若隆景(撮影・横山健太)

貴景勝(左)はたきに右手を付きそうになる若隆景(撮影・野上伸悟)

貴景勝(右)をはたき込みで破る若隆景(撮影・横山健太)


照ノ富士極め出し翔猿

翔猿(右)をきめ出しで破る照ノ富士(撮影・野上伸悟)

照ノ富士(右)は翔猿をきめ出しで破る(撮影・垰建太)

きめ出しで勝利した後に、翔猿(右)の手をとる照ノ富士(撮影・野上伸悟)

関連するニュースを読む

“下克上”の夏場所、平幕4人が2敗でトップ 若隆景は貴景勝破り連続2ケタ勝利へ希望つなぐ

翔猿(右)をきめ出しで破る照ノ富士(撮影・野上伸悟)

<大相撲夏場所>◇9日目◇16日◇東京・両国国技館

“下克上”が色濃く漂ってきた。上位陣が不安定な今場所、2敗で平幕4人がトップに並んだ。

西前頭4枚目の隆の勝は大関御嶽海を一気の相撲で寄り切り4日目から6連勝とした。

西前頭15枚目の一山本は千代翔馬を突き出した。西前頭12枚目の佐田の海は輝を押し出し。東前頭11枚目の碧山は琴恵光を小手投げで、いずれも7勝2敗と勝ち越しに王手をかけた。

大関正代は関脇阿炎を押し出し、今場所初の連勝で3勝6敗とした。

大関貴景勝は関脇若隆景と激しい攻防の末にはたき込まれ、5勝4敗と優勝争いから後退した。

大関どりの足固めへ、若隆景は連続2桁勝利へ希望をつないだ。

横綱照ノ富士は翔猿を豪快にきめ出し、3敗を死守した。

隆の勝(左)は御嶽海を寄り切りで破る(撮影・垰建太)

関連するニュースを読む

お見事!肩すかし決まる 小兵宇良が巨漢栃ノ心を撃破/8日目写真特集

<大相撲夏場所>◇8日目◇15日◇東京・両国国技館

中日で1敗力士も消えた。7日目まで1敗だった碧山、佐田の海が相次いで敗れ、優勝争いはさらに混迷を深めてきた。

その中、不振を極めている3大関が、4日目以来となる白星そろい踏み。

大関御嶽海は相撲巧者の遠藤をはたき込み、4勝4敗の五分に星を戻した。

大関貴景勝は好調の小結大栄翔と対戦。激しい突き合いから最後ははたき込んで5勝3敗とした。

大関正代は小結豊昇龍をもろ差しから寄り倒し、ようやく2勝目をあげた。

その一方で横綱照ノ富士は隆の勝に押し出されて3敗目を喫した。初金星獲得の隆の勝は2敗を守った。

8日目(中日)の取組の模様を写真で振り返ります。

<関連記事>

幕内

荒篤山(1勝7敗)押し出し英乃海(4勝4敗)

☆荒篤山 長かったですね、初日出るの。勝てないのはしょうがない。1日一番だけ考えてました。開き直るしかないんで、7連敗で落ちてもいいやと。前に出られたのでよかったです。

英乃海(右)を突き出しで破る荒篤山(撮影・野上伸悟)


千代大龍(5勝3敗)押し倒し東龍(4勝4敗)

☆千代大龍 当たれていい流れができました。(5連勝)最初の3日間何だったんですかね。でも、その3日間があったから、負けても前に出ようという思いになれた。何連勝できるのか。いけるところまでいってみたいです。

東龍(左)を押し倒しで破る千代大龍(撮影・野上伸悟)


翠富士(4勝4敗)つき手明生(4勝4敗)

★翠富士 がっつりすべっちゃいましたね。立ち合いからの流れは完璧ぐらいであとは押していくだけだと思っていたんですが…。後半は全部勝つぐらいの気持ちで臨みます。

明生(奥)は翠富士のつき手で勝利(撮影・野上伸悟)


妙義龍(4勝4敗)送り出し豊山(3勝5敗)

妙義龍(右)を送り出しで破る豊山(撮影・野上伸悟)


一山本(6勝2敗)はたき込み佐田の海(6勝2敗)

☆一山本 僕もいまいち分かっていなくて。最後どうなったか分かっていないです。連敗でズルズルいくタイプなんで止められたのはよかった。ここから1番でも積み重ねられたらと思います。

佐田の海(右)をはたき込みで破る一山本(撮影・野上伸悟)


輝(3勝5敗)はたき込み錦木(4勝4敗)

輝(右)をはたき込みで破る錦木(撮影・野上伸悟)


琴勝峰(5勝3敗)押し出し王鵬(3勝5敗)

王鵬(左)を押し出しで破る琴勝峰(撮影・野上伸悟)


志摩ノ海(4勝4敗)押し出し照強(2勝6敗)

照強(右)を押し出しで破る志摩ノ海(撮影・野上伸悟)


宝富士(0勝8敗)寄り切り千代翔馬(4勝4敗)

宝富士(左)を寄りきりで破る千代翔馬(撮影・野上伸悟)


隠岐の海(4勝4敗)寄り倒し琴恵光(4勝4敗)

隠岐の海は寄り倒しで琴恵光(手前)を破る(撮影・小沢裕)


宇良(5勝3敗)肩すかし栃ノ心(4勝4敗)

☆宇良 (狙いは)分からないです。(後半戦へは)頑張りたいです。(沖縄の本土復帰50年)ニュースは確認していたが意識は。元気な相撲をとって、活気づけられたら私はうれしいですね。

栃ノ心(右)を肩すかしでやぶった宇良(撮影・野上伸悟)

栃ノ心(右)を肩すかしでやぶった宇良(撮影・野上伸悟)

栃ノ心(右)を肩すかしでやぶった宇良(撮影・野上伸悟)


碧山(6勝2敗)押し出し若元春(5勝3敗)

☆若元春 (対戦した碧山は)大きい相手だったので、前に、前に出るという意識しかなかった。足が出てから、おっつけも効きましたね。(後半戦に向けて)全体通して前に攻める相撲が多いので、良い感じ。

若元春(左)は碧山を押し出しで破る(撮影・小沢裕)


翔猿(5勝3敗)押し出し玉鷲(6勝2敗)

玉鷲(右)の張り手を受ける翔猿(撮影・野上伸悟)

翔猿(左)を押し出しで破る玉鷲(撮影・野上伸悟)


霧馬山(5勝3敗)押し出し北勝富士(2勝6敗)

☆霧馬山 いい流れでよかったと思う。しっかり考えていったんでよかったと思う。体がよく動いた。1日一番しっかり集中して頑張っていきたいと思います。

★北勝富士 ちょっと自分の当たるのが上から下になってしまって、良くなかったかな。攻めることを意識していたけど、相手の圧力が効いていた。立ち合いからの2歩目、3歩目を出せるように、思い切ってやりたい。

北勝富士(右)を押し出しで破る霧馬山(撮影・野上伸悟)


若隆景(3勝5敗)下手投げ琴ノ若(4勝4敗)

琴ノ若(右)は若隆景を下手投げで破る(撮影・小沢裕)


高安(2勝6敗)押し出し阿炎(5勝3敗)

高安(奥)を押し出しで破る阿炎(撮影・野上伸悟)


御嶽海(4勝4敗)はたき込み遠藤(3勝5敗)

☆御嶽海 遠藤関の自滅だったと思います。自分は何もしてないんで。遠藤関が低くて自分で落ちた感じがするんでね。よかったです。中日で五分なんで、早く10番勝たないといけない。強い気持ちを持って、自分らしい相撲をとっていけばいけるんじゃないかと思います。調子は悪くない。何かひとつかみ合わないだけで、後半はしっかり頑張っていきたい。

遠藤(右)をはたき込みで破る御嶽海(撮影・野上伸悟)


大栄翔(5勝3敗)はたき込み貴景勝(5勝3敗)

☆貴景勝 (きょうの取組は)あんまり覚えていないですけど、また明日頑張ります。(後半戦に向けて)初日からしっかり準備して、集中してやることだけ考えている。また明日からも集中していきます。

★大栄翔 押しの強い大関に立ち合い負けてしまったことがすべて。立ち合いもっと集中していきたい。

貴景勝(左)は大栄翔をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)


豊昇龍(5勝3敗)寄り倒し正代(2勝6敗)

☆正代 立ち合いから圧力負けしなかったのが良かったかな。いつもより腰が決まっていたような気がします。(対戦した豊昇龍とは)合口が悪かったんで、思いっきりいかせてもらいました。土俵際は寄りが甘かったので、次につなげたい。今場所結構厳しいんで、ここから(星を)落とさないようにしたい。(後半戦に向けて)集中を切らさないように、一番、一番投げやりにならずできたらと思っています。

正代(右)は豊昇龍を寄り倒しで破る(撮影・小沢裕)

正代(右)は豊昇龍を寄り倒しで破る(撮影・小沢裕)

豊昇龍(手前)を寄り倒しで破る正代(撮影・野上伸悟)


照ノ富士(5勝3敗)寄り切り隆の勝(6勝2敗)

☆隆の勝 (初金星について)本当にうれしいです。とりあえず横綱の上体を動かすことだけ考えていきました。(優勝争いのトップを走っている)あんまりそういう意識はない。一日一番という意識で、落ち着いて相撲が取れている。(後半に向けて)良い相撲で勝てたので、自信になります。これから良い感じでいけそうです。

隆の勝(手前)に寄り切りで敗れる照ノ富士(撮影・野上伸悟)

のど輪攻めで照ノ富士(右)を仰け反らせる隆の勝(撮影・小沢裕)

額の汗をぬぐい引き上げる照ノ富士(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

まだ中日なのに2敗がトップの“珍事” 優勝争いはさらに混迷 大関陣勝利も照ノ富士は3敗

隆の勝(手前)に寄り切りで敗れる照ノ富士(撮影・野上伸悟)

<大相撲夏場所>◇8日目◇15日◇東京・両国国技館

中日で1敗力士も消えた。7日目まで1敗だった碧山、佐田の海が相次いで敗れ、優勝争いはさらに混迷を深めてきた。

その中、不振を極めている3大関が、4日目以来となる白星そろい踏み。

大関御嶽海は相撲巧者の遠藤をはたき込み、4勝4敗の五分に星を戻した。

大関貴景勝は好調の小結大栄翔と対戦。激しい突き合いから最後ははたき込んで5勝3敗とした。

大関正代は小結豊昇龍をもろ差しから寄り倒し、ようやく2勝目をあげた。

その一方で横綱照ノ富士は隆の勝に押し出されて3敗目を喫した。初金星獲得の隆の勝は2敗を守った。

八角理事長(元横綱北勝海)の話 照ノ富士は下がると足の不安がどうしても出てしまう。苦しいけど頑張るしかない。正代は今場所、こんなに前に出る相撲は初めてじゃないか? 必死に取っている。貴景勝は(大栄翔と)短い相撲だけど見応えのある押し合いだった。

幕内後半戦の粂川審判長(元小結琴稲妻)の話 隆の勝がいい相撲を取りました。照ノ富士は、負けた相撲は前傾が保てずすぐに立ってしまう。立ち合いが弱く高い。万全ではないのでしょう。貴景勝は本来の立ち合いで良かった。平幕のベテランが頑張っています。

若元春(左)は碧山を押し出しで破る(撮影・小沢裕)
佐田の海(右)をはたき込みで破る一山本(撮影・野上伸悟)

関連するニュースを読む

貴景勝4勝目、大関唯一の白星先行 勢いある玉鷲を3秒余りでくだす

玉鷲(左)の張り手をこらえる貴景勝(撮影・野上伸悟)

<大相撲夏場所>◇7日目◇14日◇東京・両国国技館

貴景勝が持ち味を発揮し、玉鷲の勢いを止めた。

5日目から御嶽海、照ノ富士を連破した相手に対し、頭から迷わず当たった。中に入ると、どんどん突き、押しを浴びせて3秒余りで押し出し。4勝目で大関陣ではただ1人、白星を先行させた。リモート取材には応じなかった。

玉鷲(左)を押し出しで破る貴景勝(撮影・野上伸悟)

関連するニュースを読む

大栄翔、御嶽海破り1横綱2大関を撃破「理詰めによく攻めることができた」

御嶽海(右)を攻める大栄翔(撮影・横山健太)

<大相撲夏場所>◇7日目◇14日◇東京・両国国技館

大栄翔は6連敗中と合口の悪い御嶽海から、昨年の春場所以来の白星を挙げた。

立ち合いから攻めの姿勢を崩さず、のど輪と強烈な突きで体を起こし、反撃の隙を与えなかった。1横綱、2大関を撃破し「理詰めによく攻めることができた。良い相撲を取れて気持ちが乗ってきている」と手応え十分の様子だった。

御嶽海(右)を押し出しで破る大栄翔(撮影・横山健太)

関連するニュースを読む

全勝力士消えた…碧山が初黒星、「波乱の目」玉鷲は2敗目 優勝争いさらに混迷/7日目写真特集

<大相撲夏場所>◇7日目◇14日◇東京・両国国技館

全勝力士が消え、1敗も平幕2人だけと優勝争いはより混迷を深めてきた。

前日、玉鷲に金星を配給した横綱照ノ富士は相撲巧者の遠藤と対戦。もろ差しを許す苦しい流れをしのぎ、最後ははたき込んだ。

大関貴景勝は今場所の「波乱の目」となっているベテランの玉鷲に何もさせず、一方的に押し出し4勝3敗と白星を先行させた。玉鷲は2敗目となった。

大関正代は北勝富士に押し出され、(1勝)6敗と厳しい星となった。

大関御嶽海も小結大栄翔に押し出され、3勝4敗とまたも黒星が先行した。

1敗は東前頭11枚目の碧山と西前頭12枚目の佐田の海となった。

7日目の取組の模様を写真で振り返ります。

幕内

千代丸(5勝2敗)押し出し輝(3勝4敗)

☆千代丸(十両) 落ち着いていけました。幕内の土俵はやはり雰囲気が違う。早く戻りたいと思いました。

輝(左)を押し出しで破る千代丸(撮影・横山健太)


王鵬(3勝4敗)押し出し豊山(2勝5敗)

☆王鵬 最後我慢できたんでよかったと思います。(張り合いで)カッとなってしまってみっともない相撲になったが、盛り上がったし勝てたのでよかったです。(連敗の)3日間、力出せずに落ちてしまっていた。今日ぐらい相撲とれたらうれしいですね。しっかり自分の相撲をとれるよう頑張ります。

★豊山 結果はついてこなかったけど、気持ちは見せられた。引いたら勝てる場面もあったが、それで勝っても…と思ってやっている。押して勝つんだと決めていた。

モデルナと書かれた懸賞旗にざわつく観客(撮影・横山健太)

豊山(左)を押し出しで破る王鵬(撮影・野上伸悟)


荒篤山(0勝7敗)突き出し明生(3勝4敗)

☆明生 いつも通り、相手のことじゃなくて自分のことを考えていった。(中盤戦に入り状態が)良くなっていけばいい。

荒鷲山(右)を突き出しで破る明生(撮影・横山健太)


千代大龍(4勝3敗)はたき込み一山本(5勝2敗)

☆千代大龍 タイミングだけで、それ以外はなんもできなかった。引いて相手が落ちただけで、相撲内容は0点ですね。(一山本には)初めて勝ちましたね。うれしいですね。阿炎関とか手の長い相手がいやなんですね。止められてしまうんで。今日は相手が落ちてくれて運よく勝てました。奇跡的な4連勝。どこまで伸ばせるか頑張りたいです。

★一山本 足が出ていなかった。引かれたら嫌だと、びびって軽く当たってしまった。どこかで勝ち越したいと思ったら、硬くなるというか。

一山本(右)と張り合う千代大龍(撮影・野上伸悟)

一山本(右)をはたき込みで破る千代大龍(撮影・野上伸悟)


妙義龍(4勝3敗)上手出し投げ翠富士(4勝3敗)

妙義龍(右)を上手出し投げで破る翠富士(撮影・野上伸悟)


碧山(6勝1敗)押し出し佐田の海(6勝1敗)

★碧山 立ち合いよかったし、途中まで出ていた。相手分かっていたから下から攻められて、自分の引いてしまうくせが出てしまった。いつもとりづらい相手。引かないと頭に入れていたが、体が勝手に動いてしまった。ダメですね。また明日、頑張りたい。もう終わったんで。

立ち合いでぶつかる碧山(左)と佐田の海(撮影・野上伸悟)

佐田の海(右)に押し出しで敗れる碧山(撮影・横山健太)

碧山(右)を押し出しで破る佐田の海(撮影・横山健太)


東龍(4勝3敗)上手投げ錦木(3勝4敗)

☆東龍 上手取るまで我慢していた。ずっと右上手を狙っていたんで、待っていようと。(中日以降も)頑張ります。

錦木(手前)を上手投げで破る東龍(撮影・横山健太)


志摩ノ海(3勝4敗)寄り切り千代翔馬(3勝4敗)

志摩ノ海(右)を寄り切りで破る千代翔馬(撮影・横山健太)


栃ノ心(4勝3敗)上手投げ琴恵光(4勝3敗)

☆栃ノ心 よかったですね。動き速いので。何とか動きを止めたのでよかった。(最後は)たまたまです。1日一番しっかりとれるようにするだけです。

琴恵光(右)を上手投げで破る栃ノ心(撮影・横山健太)


宝富士(0勝7敗)突き落とし隠岐の海(3勝4敗)

★宝富士 自分から攻めるように心がけていったが、上手が取れず、そこが詰めが甘かった。(切り替えに)そうなればいいと思います。頑張ります。

宝富士(手前)を突き落としで破る隠岐の海(撮影・横山健太)


琴勝峰(4勝3敗)すくい投げ若元春(4勝3敗)

☆琴勝峰 (最後逆転の感覚は)自分の中では決められたかなと思ったが取り直しかなと。ああいう形は危ないんで、出したらいけないけど、勝ちたい気持ちが強すぎる。まだまだ地力が足りないから、ああいう相撲になってしまう。そこは反省です。

★若元春 自分の型になったんで、あそこは出るしかなかった。勝てないのは自分が弱いだけ。立ち合いもしっかりいけたし、上手もしっかり浅いところを取れてた。あそこで残されちゃうのは相手が柔らかいのと腰が重いのと、自分が出る力が足りないだけ。(明日で中日折り返しについては)変わらず、一番、一番集中して前に攻めて良い相撲を取るだけです。

若元春(右)をすくい投げで破る琴勝峰(撮影・横山健太)

若元春(右)をすくい投げで破る琴勝峰(撮影・横山健太)


宇良(4勝3敗)押し出し照強(2勝5敗)

☆宇良 (相撲内容は)ちょっと分からないですね。相手見て圧力かけられたのでよかったです。(間垣親方からアドバイス)「前に攻めた方がいいよ」と。勝てたんでよかったです。

照強(左)を押し出しで破る宇良(撮影・野上伸悟)


翔猿(5勝2敗)押し出し隆の勝(5勝2敗)

☆隆の勝 押し込まれましたけど、落ち着いて前に入れたので良かったと思います。相手が小さかったけど、耐えられた。(自分の攻めの体勢から仕留めるのが早いことについて)止まったら、みんな重い人ばかり。止まらないように前に前にという意識です。(白星先行の要因は)勝ちが先行しているので、何連敗もした先場所より落ち着いている。ダメだったことを反省して、稽古をやってきた。(明日の横綱戦は)思いっきり当たるしかない

★翔猿 最後上体が上がってしまった。(前日不戦勝で)一息つけてよかったです。体が動いてるんで頑張ります。

翔猿(手前)を押し出しで破る隆の勝(撮影・横山健太)


高安(2勝5敗)押し出し琴ノ若(3勝4敗)

☆高安 前に出ることができました。(右おっつけが強力)いいと思いました。ここから気を引き締めていきたい。しっかり準備して臨みたいです。

琴ノ若(右)と張り合う高安(撮影・野上伸悟)

琴ノ若(右)を押し出しで破る高安(撮影・横山健太)


豊昇龍(5勝2敗)寄り切り阿炎(4勝3敗)

☆豊昇龍 体の動きも悪くないんで。このまま最後まで頑張りたいです。(間垣親方のインタビュー)びっくりしました。緊張しました、はい。うれしいというより、緊張するんで。力にはなります、もちろん。(5勝2敗は)いいんじゃないですかね。自分自身は1日一番と思っているんで。

立ち合いで阿炎(右)とぶつかる豊昇龍(撮影・野上伸悟)

阿炎(右)を寄り切りで破る豊昇龍(撮影・野上伸悟)


若隆景(3勝4敗)はたき込み霧馬山(4勝3敗)

☆霧馬山 立ち合いからしっかり当たって、そこから相撲を取ろうと思った。体がよく動いていた。一日、一番集中してやっている。(対戦した若隆景との一番はどんなことを意識しているかについては)先に上手を取らせないようにしています。(4連勝中だが、必勝法は)そんなのないです。

若隆景(左)をはたき込みで破る霧馬山(撮影・野上伸悟)


玉鷲(5勝2敗)押し出し貴景勝(4勝3敗)

玉鷲(左)を押し出しで破る貴景勝(撮影・野上伸悟)

貴景勝(手前)に押し出しで破れる玉鷲(撮影・横山健太)


北勝富士(2勝5敗)押し出し正代(1勝6敗)

☆北勝富士 よかったです、何より。昨日、ちょっとすかされてしまったので、ぶつけたいという思いと自分らしい相撲をとることが決めていたことなので。はたかれても前に出ようと、それができてよかった。

★正代 (1勝6敗と厳しい戦いが続くことに)ちょっとかみ合わないですね。そんなに甘くないですね。悪いところばかりです。体調的には問題ないと思うんですけど、きっかけがつかめていない感じがします。ちょっと自分が思っている以上に体が動いてくれない。精神的にも落ち着きがないので、どこかで切り替えられたら良いなと思います。

正代(奥)を押し出しで破る北勝富士(撮影・野上伸悟)


御嶽海(3勝4敗)押し出し大栄翔(5勝2敗)

☆大栄翔 昨日はやっぱり立ち合いが良くなかったので、当たって良い相撲を取ろうと思った。逆に立ち合いを集中すればできると思って、理詰めよく攻めれてたんで良かったと思います。場所前はいつも通りだったんですけど、良い相撲を取れて気持ちが乗ってきている。

御嶽海(右)を攻める大栄翔(撮影・横山健太)


照ノ富士(5勝2敗)はたき込み遠藤(3勝4敗)

☆照ノ富士 立ち合いが全然しっくりこない。ちゃんと当たろうという気持ちだったんだけど。そこから冷静に対応できたんじゃないですかね。(中日以降に向け)早く立ち合いの感覚をつかみたいと思います。

競り合う照ノ富士(左)と遠藤(撮影・横山健太)

はたき込みで遠藤(手前)を破る照ノ富士(撮影・野上伸悟)

関連するニュースを読む

照ノ富士が5勝目、貴景勝は4勝目 全勝力士消え碧山と佐田の海が1敗

玉鷲(左)を押し出しで破る貴景勝(撮影・野上伸悟)

<大相撲夏場所>◇7日目◇14日◇東京・両国国技館

全勝力士が消え、1敗も平幕2人だけと優勝争いはより混迷を深めてきた。

前日、玉鷲に金星を配給した横綱照ノ富士は相撲巧者の遠藤と対戦。もろ差しを許す苦しい流れをしのぎ、最後ははたき込んだ。

大関貴景勝は今場所の「波乱の目」となっているベテランの玉鷲に何もさせず、一方的に押し出し4勝3敗と白星を先行させた。玉鷲は2敗目となった。

大関正代は北勝富士に押し出され、(1勝)6敗と厳しい星となった。

大関御嶽海も小結大栄翔に押し出され、3勝4敗とまたも黒星が先行した。

1敗は東前頭11枚目の碧山と西前頭12枚目の佐田の海となった。

競り合う照ノ富士(左)と遠藤(撮影・横山健太)

関連するニュースを読む

37歳“鉄人”玉鷲、照ノ富士を撃破3場所連続の金星 琴恵光は珍手とったり/6日目写真特集

<大相撲夏場所>◇6日目◇13日◇東京・両国国技館

西前頭3枚目の玉鷲が横綱照ノ富士から3場所連続の金星を奪った。立ち合いから右おっつけ、左ハズの一気の攻めで攻略した。

東前頭11枚目の碧山は西前頭15枚目・一山本との「全勝対決」を制し、6戦全勝で単独トップに立った。一山本の立ち合いもろ手突きをうまくしのぎ、前に攻めながら最後ははたき込んだ。

大関正代は隆の勝にいいところなく寄り切られ、1勝5敗と窮地に陥った。

貴景勝も阿炎の突き落としに敗れて3勝3敗。またも2大関に土がついた。

大関御嶽海は立ち合い、一瞬の攻めで北勝富士を上手出し投げで破り、星を3勝3敗の五分に戻した。

6日目の取組の模様を写真で振り返ります。

<関連記事>

幕内

王鵬(2勝4敗)はたき込み翠富士(3勝3敗)

王鵬(左)をはたき込みで破る翠富士(撮影・中島郁夫)


千代大龍(3勝3敗)はたき込み豊山(2勝4敗)

☆千代大龍 胸から思い切りくる相手。何も考えず思い切り当たっていこうと思った。初日、2日目は苦手な相手もあって踏み込めていなかった。3日目ぐらいから気持ちよく負けようと切り替えていけた。

豊山(右)をはたき込みで破る千代大龍(撮影・中島郁夫)


東龍(3勝3敗)上手投げ明生(2勝4敗)

☆東龍 いい対応ができたと思う。とったり気味にきて落とされたこともあるんで、そこも気をつけていった。(3連勝も)3連敗した時も勝ち急いで硬くなっていた。その硬さがとれていい感じで体が動いている。

明生(右)を上手投げで破る東龍(撮影・中島郁夫)


妙義龍(4勝2敗)肩すかし輝(3勝3敗)

輝(左)を肩透かしで破る妙義龍(撮影・中島郁夫)


荒篤山(0勝6敗)押し出し佐田の海(5勝1敗)

☆佐田の海 最初はちょっとバタバタしましたが、後半は我慢して、我慢して立て直すことができました。(初対戦だった荒篤山について)まともに当たって受けると、重たいので受けないようにしました。体の調子は良いので、白星につながっていると思います。

★荒篤山 前に出られたけど、相手がうまかった。うまくやられた感じです。右をたぐられて突き放すことができなかった。(連敗は)気にせず一番一番やっていきたいですね。

荒篤山(右)を押し出しで破る佐田の海(撮影・中島郁夫)


碧山(6勝0敗)はたき込み一山本(5勝1敗)

☆碧山 しっかり踏み込んで前に前に攻めて相手のバランスを崩して、最後に決めることができました。攻めての立ち合いができてよかった。ちょっとずつ落ち着けている。結果が出ているので。(全勝対決の意識は)この一番だけですね。まだまだですね。半分も終わっていないし。

★一山本 なんにも出来なかったっすね。(相手の碧山は)当たって引くのがうまい、と思ったら出ることをためらってしまい、軽く当たったらどんどん出られて足がそろってしまった。

碧山(右)は一山本をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)

碧山(右)は一山本をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)


琴勝峰(3勝3敗)寄り切り隠岐の海(2勝4敗)

☆琴勝峰 動かれてもついていって、下からずっと攻められたのでよかった。1日一番なので勝ちも引きずらないし、負けも引きずらない。(星を五分)変わらず1日一番で、立ち合いしっかり頑張っていきたい。

隠岐の海(右)を寄り切りで破る琴勝峰(撮影・中島郁夫)


千代翔馬(2勝4敗)小手投げ栃ノ心(3勝3敗)

☆栃ノ心 (立ち合いから)中に入られたんでダメかと思ったんですけど、たまたまタイミングが良かった。(今日から中盤戦だが)これからじゃないですか。

千代翔馬(左)を小手投げで破る栃ノ心(撮影・中島郁夫)


錦木(3勝3敗)寄り切り照強(2勝4敗)

☆錦木 中に入れずに攻めることができました。ちょっと苦手な相手だったけど、今日はうまく相撲がとれました。

照強(右)を寄り切りで破る錦木(撮影・中島郁夫)


宝富士(0勝6敗)寄り切り志摩ノ海(3勝3敗)

☆志摩ノ海 下から、下からといくのが自分の相撲。それだけを意識していました。下がらず自分から前に出ることができているけど、勝った相撲にも修正するところはある。(課題は)頭が上がらないとか、脇のところとか。ちょっとしたところですけど、しっかり修正して臨みたい。

宝富士(上)を寄り切りで破る志摩ノ海(撮影・中島郁夫)


琴恵光(4勝2敗)とったり若元春(4勝2敗)

☆琴恵光 自分が中に入る気持ちで土俵に上がりました。(とったりは)自分の形になれなかったが、体がうまく反応できた。あまり記憶にないんで、とっさに出たと思います。

★若元春 おっつけなど良い攻めもあったけど、攻めていたぶん焦ってしまった。(明日に向けて)焦らず自分の相撲を取るだけです。

琴恵光(右)はとったりで若元春を破る(撮影・小沢裕)

琴恵光(右)はとったりで若元春を破る(撮影・小沢裕)

若元春(右)をとったりで破る琴恵光(撮影・中島郁夫)

琴恵光(右)はとったりで若元春を破る(撮影・小沢裕)


阿武咲(2勝4敗)不戦勝翔猿(5勝1敗)

阿武咲の休場により翔猿の不戦勝を知らせる幕が掲げられる(撮影・小沢裕)

阿武咲の休場により翔猿(左)が不戦勝となり勝ち名乗りを受ける(撮影・小沢裕)


遠藤(3勝3敗)押し出し宇良(3勝3敗)

★宇良 (対戦相手の遠藤について)自分の力がどれぐらい通用するのかなという所で、全く通用しなかった。(中盤戦に向けて)まだ折り返していないのが嫌ですね。もう10日目くらいの気分です。力を出していけるように頑張ります。

宇良(左)を押し出しで破る遠藤(撮影・中島郁夫)


霧馬山(3勝3敗)送り出し琴ノ若(3勝3敗)

☆霧馬山 いつも通りいこうと思った。1日一番しっかりやっていきたい。体はよく動いてきた。最後までしっかり頑張っていきたい。

琴ノ若(左)を送り出しで破る霧馬山(撮影・中島郁夫)


豊昇龍(4勝2敗)寄り切り大栄翔(4勝2敗)

☆豊昇龍 相手に好きにさせないと思っていきました。この気持ちで最後まで頑張りたいと思います。(おじの元横綱朝青龍がいい相撲と)じゃあいい相撲じゃないですか。この気持ちで1日一番と思って頑張りたいです。(立ち合いは)集中してやりました。

★大栄翔 一番ダメな相撲を取ってしまいました。悔しいですけど、もろに見えている課題。内容は悪くないので、しっかり切り替えていきたい。

大栄翔(上)を寄り切りで破る豊昇龍(撮影・中島郁夫)


若隆景(3勝3敗)送り出し高安(1勝5敗)

☆若隆景 下からという意識で相撲とりました。前に出ようとそういう意識で相撲をとりました。(先場所の意識は)1日一番自分の相撲をとろうと。自分の相撲に集中しているだけです。しっかり切り替えて、集中していきました。

高安(左)を送り出しで破る若隆景(撮影・中島郁夫)


隆の勝(4勝2敗)寄り切り正代(1勝5敗)

☆隆の勝 先手先手でいこうと思っていたんで、うまくとれたと思います。先場所よりは全然体の動きもいい。先場所の取組をすべて見直して反省した。これだけダメなことあるということが分かった。

正代(左)を寄り切りで破る隆の勝(撮影・中島郁夫)


御嶽海(3勝3敗)上手出し投げ北勝富士(1勝5敗)

北勝富士(左)を上手出し投げで破る御嶽海(撮影・中島郁夫)


阿炎(4勝2敗)引き落とし貴景勝(3勝3敗)

阿炎は貴景勝(手前)を引き落としで破る(撮影・小沢裕)


照ノ富士(4勝2敗)押し出し玉鷲(5勝1敗)

大相撲夏場所6日目 照ノ富士(左)に突き押しを浴びせる玉鷲(撮影・中島郁夫)

照ノ富士(左)を押し出しで破る玉鷲(撮影・中島郁夫)

玉鷲に敗れた照ノ富士は首をかしげながら土俵に戻る(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

37歳玉鷲57年ぶり同一横綱から3場所連続金星「自分の相撲を」常に平常心で堂々V候補に

照ノ富士(左)に突き押しを浴びせる玉鷲(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇6日目◇13日◇東京・両国国技館

西前頭3枚目の“鉄人”玉鷲(37=片男波)がまたも記録を打ち立てた。横綱照ノ富士を相手に1歩も下がらず押し出し。37歳5カ月と金星獲得の平成以降最年長記録を更新。同一横綱から3場所連続金星は大豪(元関脇)が栃ノ海から記録して以来57年ぶりとなる快挙も成し遂げた。東前頭11枚目の碧山が6連勝で単独トップ。三役以上の1敗力士も消え、優勝争いは混迷を深めてきた。

    ◇    ◇    ◇

横綱の圧倒するオーラが消えていた。2連勝中の玉鷲が与えた威圧感か。受けるような立ち合いの横綱に対し、37歳の鉄人は鋭い踏み込みから右おっつけで左ハズ。まわしを与えることなく一直線に押し出した。

「止まったらダメと思って一気に出ました。自分の相撲をとろうと、それだけを思っていました」

前日5日目に元関脇高見山を抜き、単独4位となる通算連続出場1426回を大関御嶽海撃破で飾った。記録を1427回に伸ばしたこの日は、横綱照ノ富士から3場所連続の金星。昭和以降5位、平成以降最年長の金星獲得記録を更新。さらに同一横綱から3場所連続金星は大豪(元関脇)以来57年ぶり、昭和以降で5人目となる記録も添えた。

「すごくうれしいですね。横綱に勝ったことが信じられないぐらいうれしいです」と言いつつ、言葉の抑揚はあまり感じさせない。長く、休まず土俵に上がり続ける秘訣(ひけつ)の1つが感情の起伏を起こさせないこと。何があろうと常に平常心を保つことができるメンタルの強さがある。

所属する片男波部屋の関取は玉鷲だけ。幕下1人、序二段2人の4人だけで、コロナ禍で出稽古もままならない状況に立ち向かっている。そんな厳しい環境でも玉鷲の心は波立たない。「(場所前の稽古は)師匠(片男波親方=元関脇玉春日)が考えてくれたことをしているので。よかったと思います」と言った。

三役以上で1敗力士もいなくなった。5勝1敗の玉鷲は堂々の優勝候補。2度目の賜杯へ期待は高まるが、「これからですね」と静かに語った。【実藤健一】

照ノ富士(左)を押し出しで破る玉鷲(撮影・中島郁夫)
玉鷲(左)は照ノ富士を押し出しで破る(撮影・小沢裕)
玉鷲(左)は照ノ富士を押し出しで破る(撮影・小沢裕)
照ノ富士を破り懸賞金の束を受け取る玉鷲(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

上位陣4人で合計11勝13敗の体たらく「貴景勝、余裕がない 正代、気力がない」八角理事長

照ノ富士(左)を押し出しで破る玉鷲(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇6日目◇13日◇東京・両国国技館

大関御嶽海(29=出羽海)が当たってから体を開き、平幕の北勝富士を左からの上手出し投げでアッサリ下し白星を拾った。ただ、横綱・大関の上位陣4人でこの日、勝ったのはこの御嶽海だけ。他の4人に、あえなく黒星がついた。

6日目を終え、この4人のうち勝ち越しているのは4勝2敗の照ノ富士(30=伊勢ケ浜)ただ1人。ここまで上位陣安泰(全員白星)は4日目だけだ。そして4人合計で11勝13敗と“負け越し”の低調ぶりだ。

ふがいない上位陣の相撲に、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「貴景勝は(阿炎に)突っ張られては嫌だ、勝てない。だから前のめりに…と相撲に余裕がない」「正代は勝ってきたら力を出すタイプで今どきの子。それでは大関としては困る。気力がない」と苦言を呈し、ただ1人、勝った御嶽海にもこれまでの相撲内容から「(正代同様)御嶽海にしても体調が悪いときこそ気力を振り絞ってほしい」と奮起を求めた。土俵下で審判長を務めた審判部の佐渡ケ嶽副部長(元関脇琴ノ若)も「貴景勝は気負いすぎ。正代は立ち会いの威力がない」と渋かった。

阿炎は貴景勝(手前)を引き落としで破る(撮影・小沢裕)
正代(右)は隆の勝に寄り切りで敗れる(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

玉鷲が横綱照ノ富士から3場所連続の金星 碧山は6戦全勝で単独トップ、正代1勝5敗と窮地に

照ノ富士(左)に突き押しを浴びせる玉鷲(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇6日目◇13日◇東京・両国国技館

西前頭3枚目の玉鷲が横綱照ノ富士から3場所連続の金星を奪った。立ち合いから右おっつけ、左ハズの一気の攻めで攻略した。

東前頭11枚目の碧山は西前頭15枚目・一山本との「全勝対決」を制し、6戦全勝で単独トップに立った。一山本の立ち合いもろ手突きをうまくしのぎ、前に攻めながら最後ははたき込んだ。

大関正代は隆の勝にいいところなく寄り切られ、1勝5敗と窮地に陥った。

貴景勝も阿炎の突き落としに敗れて3勝3敗。またも2大関に土がついた。

大関御嶽海は立ち合い、一瞬の攻めで北勝富士を上手出し投げで破り、星を3勝3敗の五分に戻した。

照ノ富士(左)を押し出しで破る玉鷲(撮影・中島郁夫)
正代(左)を寄り切りで破る隆の勝(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

【若乃花の目】玉鷲おめでとう、まさに鉄人です 2年先には連続出場1位いける

<大相撲夏場所>◇5日目◇12日◇東京・両国国技館

連続出場記録で高見山さんを抜いた玉鷲には、まずは「おめでとう」と言いたいです。まさに鉄人です。

記録を伸ばし続ける体の強さはもちろん、相手の取り口を考えながら取れる相撲内容がいい。左からおっつけながら御嶽海が引いてくるのも分かっていたはずです。そこを一気に攻める。1度、離れて二の矢の攻めで頭から当たったところです。力の入れどころ、ポイントを逃さず攻められるのは経験のたまもの。相撲のうまさは、いぶし銀の光があります。体の強さについては倒れる時の受け身のうまさにあると思います。転がるにしても体を丸くして回れています。ケガもあるでしょうが最小限に抑えられるのは、この受け身のうまさがあるからでしょう。

6日目の横綱戦が楽しみです。今場所の照ノ富士の相撲を当然、玉鷲も見ていて攻略法を考えているはずです。横綱のバランスを崩すために1度当たって少し横綱をずらす、一気に行くなど自分の間合いで取るための攻略法を練っているでしょう。体の強さだけでなく、相撲を研究しているところも連続出場記録を伸ばしている玉鷲の素晴らしさです。ケガとメンタルの持続次第で、2年先も長いようですが、このまま玉鷲が史上1位に立っても不思議ではないと思います。(元横綱若乃花 花田虎上・日刊スポーツ評論家)

【イラスト】初土俵からの通算連続出場回数【注】5日目終了時。※は現役
のど輪攻めで御嶽海(右)を仰け反らせる玉鷲(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

高見山抜いた!“鉄人”玉鷲 通算連続出場1426回で単独4位「自分信じ」大関撃破で節目飾る

のど輪攻めで御嶽海(右)を仰け反らせる玉鷲(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇5日目◇12日◇東京・両国国技館

高見山を超えて、大関を撃破した。西前頭3枚目の玉鷲(37=片男波)が過去3勝27敗と苦手にしていた大関御嶽海を押し出し、4勝1敗とした。この日で通算連続出場を1426回とし、元関脇高見山の記録を抜いて単独4位となった。“鉄人”は今日6日目、横綱照ノ富士から3場所連続の金星を狙う。御嶽海、正代の2大関が黒星。5戦全勝は碧山と一山本の平幕2人となった。

    ◇    ◇    ◇

体に刻み込まれた勲章がある。初めて番付に載った04年春場所から19年、1度も休まず土俵を務める玉鷲が、1つの節目を「大関撃破」で飾った。

過去3勝27敗の合口の悪さが信じられないほどの快勝だった。「すごくよかった。バタバタしないよう、じっくりおっつけていった。(チャンスに)自分を信じて前に出ることができた」と振り返る。立ち合いから厳しい左おっつけで主導権を握り、大関の体が起きた隙を逃さず一気に出た。

この日で通算連続出場は1426回となった。外国出身・外国籍初の関取となったパイオニアで、明るいキャラクターでも人気だった元関脇高見山の記録を抜いて単独4位となった。ただ、「(高見山に比べ)全然、まだまだ自分はダメなんで。もっと力士らしいところを見せていきたい。名前をつぶさないように頑張りたい」と謙虚に語る。

偉大な記録だが、玉鷲は意識から外していたという。「忘れていた。気にしていないです。現役の間は(記録は)あまり関係ない」と言った。だが、周囲の支えには感謝する。「もちろん自分だけじゃない。守るものもあるし、家族もいるし、応援してくれる人がいる。そういう人たちのために痛いと言っている場合じゃないですね」と言った。

若々しい相撲で4勝1敗と序盤ながら優勝争いにも絡む。そして6日目は横綱照ノ富士に挑む。今年初場所、春場所と連続金星。先場所は37歳4カ月の昭和以降5位、平成以降では最年長の金星獲得だった。

「まだまだこれからなんで。明日もまた頑張っていきたい。今後も1つずつ積み上げたい」。鉄人記録をどこまで伸ばしていくか。以前にその秘訣(ひけつ)を「すこやかです。素直にやること」と話していた。穏やかな表情、口調の外にある強靱(きょうじん)な肉体で場所を盛り上げる。【実藤健一】

御嶽海(右)を押し出しで破る玉鷲(撮影・小沢裕)
御嶽海(右)を押し出しで破る玉鷲(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

“荒れる夏”宇良飛ぶ!取り直しで「居反り」狙うも観客席へ吹き飛ばされる/5日目写真特集

<大相撲夏場所>◇5日目◇12日◇東京・両国国技館

西前頭3枚目の玉鷲が“鉄人記録”を伸ばした祝いを大関撃破で自ら飾った。低い立ち合いから御嶽海とのおっつけ合い。玉鷲が一気に出て押し出した。この日が通算連続出場が1426回となり、元関脇高見山の記録を抜いて単独4位となった。

御嶽海は3敗目とまた黒星が先行。前日4日目にようやく初日の正代は、遠藤に完敗で4敗目を喫した。

大関貴景勝は阿武咲を押し倒し、3大関全滅を防いで3勝2敗とした。

横綱照ノ富士は北勝富士をきめ倒し、2日目から4連勝を飾った。

5戦全勝は東前頭11枚目の碧山と西前頭15枚目・一山本の平幕2人。

5日目の取組の模様を写真で振り返ります。

<関連記事>

前相撲3日目 “角界初”東大出身の須山3連勝

前相撲で今関(右)を破り3連勝した須山(撮影・小沢裕)

前相撲で3連勝し勝ち名乗りを受ける須山(撮影・小沢裕)

幕内

東龍(2勝3敗)小手投げ翠富士(2勝3敗)

☆東龍 中に入られるとうるさい。抱え込んでいこうと先場所のような相撲をイメージしていた。あまり動かれると足がもつれたりもあるんで。(35歳の誕生日)別に変わらないですね。いつも場所中なんで。若い衆がケーキ持ってきてくれたりもあるけど分かんないですね。

翠富士(左)を小手投げで破る東龍(撮影・中島郁夫)


王鵬(2勝3敗)引き落とし一山本(5勝0敗)

王鵬(左)を引き落としで破る一山本(撮影・中島郁夫)


輝(3勝2敗)押し出し明生(2勝3敗)

明生(左)は押し出しで輝を破る(撮影・小沢裕)


千代大龍(2勝3敗)送り出し荒篤山(0勝5敗)

☆千代大龍 振り返ると何回も引いてますよね。押しては引いて、突っ張っては引いて。一発で持っていくのはまだできてませんよね。(前日4日目、徳利投げの反響は)知り合いから「いつから業師になったの?」って連絡ありましたよ。一生に1度、出るか出ないかなんで。

★荒篤山 まだ10日間あるんで、勝ち負けとかは意識せずに自分の相撲を取りたいですね。今は負けが続いているんで、1番、1番考えていきたい。体の方は問題ない。1個勝てば、流れが変わってくる。

荒篤山(左)を送り出しで破る千代大龍(撮影・中島郁夫)


豊山(2勝3敗)寄り切り佐田の海(4勝1敗)

☆佐田の海 立ち合いが強い相手に当たり負けしなかったので、流れが良い相撲でした。体重が違うので押されるのは仕方ないけど、立ち合いで負けないことを意識していた。そこで一歩でも前に出れたら良いと思った。自分が若いころから師匠が「偶数月にきちんと稽古しろ」と言われて、しっかりできているのが良かった。部屋でしっかり稽古して、体のケアも東京なのでできている。(昨日誕生日)入門してまさか35歳まで相撲をやると思っていなかった。自分の相撲が取れれば通用すると思っている。

★豊山 右を差させない、前みつ取らせないを考えていたが、しっかり取られてしまった。おっつけきれなかったのがすべてですね。明日から立て直したいと思います。

豊山(右)を寄り切りで破る佐田の海(撮影・中島郁夫)


碧山(5勝0敗)小手投げ千代翔馬(2勝3敗)

☆碧山 中に入られないように意識したが。それでも入られた。あせらず、うまく最後は決められてよかった。自然に体が動いた。今のところ勝ち続いているので悪くないと思う。(要因は)分からないですね。いつも通りやっているだけ。(全勝の1人)初めてのことじゃないから、ここからが大事です。

碧山(左)は千代翔馬を小手投げで破る(撮影・小沢裕)


妙義龍(3勝2敗)突き落とし錦木(2勝3敗)

錦木(左)を突き落としで破る妙義龍(撮影・中島郁夫)


琴勝峰(2勝3敗)押し出し栃ノ心(2勝3敗)

琴勝峰(左)を押し出しで破る栃ノ心(撮影・中島郁夫)


隠岐の海(2勝3敗)寄り切り照強(2勝3敗)

照強(右)を寄り切りで破る隠岐の海(撮影・中島郁夫)


宝富士(0勝5敗)送り出し琴恵光(3勝2敗)

宝富士(右)を送り出しで破る琴恵光(撮影・中島郁夫)


宇良(3勝2敗)送り出し若元春(4勝1敗)

★宇良 攻めていたつもりだった。(取り直しは)もう一番頑張ろうと思いました。狙いは何もなかったです。(中盤戦に向けて)元気な相撲を見せたい。

若元春(上)と同体で倒れた宇良(撮影・中島郁夫)

宇良と若元春の一番で物言いが付き協議する審判団(撮影・小沢裕)

取り直しの一番で宇良(手前)は居反りを狙うも失敗に終わる(撮影・小沢裕)

宇良(右)を送り出しで破る若元春(撮影・中島郁夫)

客席に飛び込む宇良(撮影・中島郁夫)


志摩ノ海(2勝3敗)すくい投げ翔猿(4勝1敗)

☆志摩ノ海 負けられないというか、気合。気合と我慢と思いました。小兵だったら(同部屋に)宇良がいるが、(翔猿は)もう一段階軽くて速いのでやりにくいっちゃやりにくい。

翔猿(左)を押し倒しで破る志摩ノ海(撮影・中島郁夫)


隆の勝(3勝2敗)寄り切り琴ノ若(3勝2敗)

☆隆の勝 最初もろ差し許して焦った部分もあるけど、その後落ち着いて右を差し返せた。

琴ノ若(右)を寄り切りで破る隆の勝(撮影・中島郁夫)


高安(1勝4敗)突き落とし霧馬山(2勝3敗)

高安(右)を突き落としで破る霧馬山(撮影・中島郁夫)


大栄翔(4勝1敗)押し出し阿炎(3勝2敗)

☆大栄翔 しっかり落ち着いて前に出られた。同じ突き押しなので、先に自分が攻めることが大事。先場所の悔しい負け方を頭に入れてやった。

大栄翔(右)は阿炎を押し出しで破る(撮影・小沢裕)


若隆景(2勝3敗)送り出し豊昇龍(3勝2敗)

若隆景(右)を送り出しで破る豊昇龍(撮影・中島郁夫)


御嶽海(2勝3敗)押し出し玉鷲(4勝1敗)

御嶽海(左)を押し出しで破る玉鷲(撮影・中島郁夫)


阿武咲(2勝3敗)押し倒し貴景勝(3勝2敗)

阿武咲(右)を押し倒しで破る貴景勝(撮影・中島郁夫)


遠藤(2勝3敗)寄り切り正代(1勝4敗)

遠藤(右)は正代を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)


照ノ富士(4勝1敗)きめ倒し北勝富士(1勝4敗)

北勝富士(右)をきめ倒しで破る照ノ富士(撮影・中島郁夫)

北勝富士(右)をきめ倒しで破る照ノ富士(撮影・中島郁夫)

勝ち名乗りを受ける照ノ富士(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

歴代4位連続出場1426回“鉄人”玉鷲が大関撃破 照ノ富士4連勝 正代4敗 碧山、一山本全勝

御嶽海(左)を押し出しで破る玉鷲(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇5日目◇12日◇東京・両国国技館

西前頭3枚目の玉鷲が“鉄人記録”を伸ばした祝いを大関撃破で自ら飾った。低い立ち合いから御嶽海とのおっつけ合い。玉鷲が一気に出て押し出した。この日が通算連続出場が1426回となり、元関脇高見山の記録を抜いて単独4位となった。

御嶽海は3敗目とまた黒星が先行。前日4日目にようやく初日の正代は、遠藤に完敗で4敗目を喫した。

大関貴景勝は阿武咲を押し倒し、3大関全滅を防いで3勝2敗とした。

横綱照ノ富士は北勝富士をきめ倒し、2日目から4連勝を飾った。

5戦全勝は東前頭11枚目の碧山と西前頭15枚目・一山本の平幕2人。

北勝富士(右)をきめ倒しで破る照ノ富士(撮影・中島郁夫)
碧山(左)は千代翔馬を小手投げで破る(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

4日目にして3大関初の“そろい踏み” 正代初日「正直ホッとした。この調子で連勝できたら」

高安(右)を押し出しで破る正代(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇4日目◇11日◇東京・両国国技館

3人の大関陣が、今場所初めて“そろい踏み”となった。貴景勝が豊昇龍を強烈な左突き落としで退けると、3連敗発進だった正代は初日を出した。御嶽海は霧馬山に攻め込まれたものの、逆転の小手投げ。3日目まで3人で計2勝7敗と苦しんでいたが、ひとまず悪い流れを断った。

待望の白星に正代は「正直ホッとした」と胸の内を明かした。この日の相手は先場所優勝争いに絡んだ高安。立ち合いは圧力負けしたが、柔らかさを生かして回り込み逆襲した。「やりやすさは感じていないけど、同じ組み相撲で差し身に集中できている」。先場所はかど番大関ワーストタイの4連敗スタートから、驚異的な巻き返しで9勝6敗と勝ち越した。“スロースターター”の傾向が強く「前半戦はどうしても悪いイメージがある。この調子で連勝できたらいい」と前を向いた。

貴景勝は「今日の相撲は今日だけなので一生懸命やりました」と淡々。御嶽海は取材に応じず、言葉を秘めた。今場所は観客上限が通常の87%にあたる9265人に緩和され、コロナ禍では最多。看板力士の優勝争い参戦で、土俵に熱気を与えたい。【佐藤礼征】

正代(後方)は押し出しで高安を下す(撮影・足立雅史)
豊昇龍(右)を突き落としで破る貴景勝(撮影・中島郁夫)
貴景勝(後方)は突き落としで豊昇龍を下す(撮影・足立雅史)
霧馬山(左)を小手投げで下す御嶽海(撮影・足立雅史)
霧馬山(左)を小手投げで下した御嶽海(撮影・足立雅史)

関連するニュースを読む

“荒れる夏”今場所初の横綱大関安泰「4日目にしてね…。まだまだだね」八角理事長上位陣に期待

琴ノ若(左)を寄り切りで破る照ノ富士(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇4日目◇11日◇東京・両国国技館

“荒れる夏”の様相を呈していた場所も、4日目にして今場所初の横綱・大関陣安泰となった。協会トップの八角理事長(元横綱北勝海)は「4日目にしてね…。まだまだだね」と、これに満足せず上位陣が白星を伸ばすことに期待しつつ、大関陣の相撲を三者三様に評価した。

小結豊昇龍(22=立浪)の挑戦を、持ち前の押し相撲から、最後は左からの強烈な突きで泳がせ、そのまま突き落とした貴景勝(25=常盤山)の相撲は「(相手の)様子を見ながらで一歩間違えば…という相撲。自分のペースになかなか持って行けない」とトーンを下げつつ「本来の相撲ではないけど勝っていくことが大事。徐々にではあるけど勝っていけば。苦しんで勝つことも大事」と押し相撲の難しさを指摘しつつ、残りの土俵に期待した。

高安(32=田子ノ浦)を右からのすくい投げで崩し、最後は押し出し初日を出した正代(30=時津風)については「右が入ったことが大きい。左も早かった」と高安の押しに下がりながらも、右がスッと入り体を入れ替えたことを最大の勝因に挙げた。ただ貴景勝同様、こちらも本来の相撲ではないだけに「自分の流れで相撲を取りたいね」と前に出て圧力をかける正代らしい相撲に期待した。

星を2勝2敗の五分に戻した御嶽海(29=出羽海)は、四つ相撲で霧馬山(26=陸奥)に寄り立てられたが、最後は下がりながらも落ち着いて右から小手に振り、そのまま小手投げで軍配を受けた。霧馬山の攻めに「寄り方がまずかった。差し手(左)の方から頭をつけて寄れば良かったが、真っ直ぐに行ってしまった」と苦言を呈しながら、対応した御嶽海については「焦らずよく我慢した。(投げも)タイミングが良かった」と評価していた。

高安(右)を押し出しで破る正代(撮影・中島郁夫)
貴景勝(左)は突き落としで豊昇龍を下す(撮影・足立雅史)
霧馬山(左)を小手投げで下す御嶽海(撮影・足立雅史)

関連するニュースを読む

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。