上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

200キロ超の元十両徳真鵬が引退 今後は大学職員

徳真鵬

日本相撲協会は1日、元十両の三段目徳真鵬(本名・白塚元久、36=木瀬)が引退届を提出し、受理されたことを発表した。

徳真鵬は現役最後の場所と位置づけた夏場所で相撲を取りきり、場所後に断髪式を行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により中止に。不完全燃焼の形となったが、電話取材に応じた徳真鵬は「最後に(相撲を)取れたら良かったが、コロナの影響で稽古もできていなかった。7月から母校で働くことにもなっていたので」と説明。土俵で稽古を行ったのは春場所前の3月上旬が最後だった。今後は母校、朝日大の職員として第2の人生をスタートさせる。断髪式の予定は未定。

三重県松阪市出身の徳真鵬は朝日大を経て、07年春場所に初土俵を踏んだ。「白塚」から「徳真鵬」にしこ名を改名した09年春場所で、初の幕下優勝を飾ったことが1番の思い出。体重200キロ超える体格を生かして、09年秋場所に新十両昇進を果たした。朝日大からは初の関取。13年の現役生活で十両在位は27場所を数えた。「15日間、化粧まわしを締めて土俵に上がるのは夢のよう。今となってはありがたいことだった」。15年九州場所を最後に関取の座から遠ざかり、西幕下6枚目の昨年春場所で1勝6敗と大負け。年齢も35歳となり「そろそろかな」と引退の決意を固め始めた。

母校の朝日大には7月の名古屋場所の前後に、毎年1度は顔を出していた。昨年引退の意向を伝え、その後、話が進んで職員として母校に戻ることになった。師匠の木瀬親方(元前頭肥後ノ海)には「十両に上がって、幕下に落ちてからも一生懸命頑張っていたな」とねぎらいの言葉をかけられたという。

大学職員として「学生を支援していく」一方、相撲部のサポートにも携わる予定で、ゆくゆくは指導者として角界に教え子を送り出したいという。「自分は関取になったが、幕内に上がることができなかった。関取、幕内に上がるような力士を育てたい」。新たな夢が膨らんでいる。

力士生活13年間で1度も休場をすることなく走り続けた36歳は、自らのツイッターでも引退を報告した。「休場することなく相撲を取れたことは、両親をはじめ応援してくださった方々のおかげです。ありがとうございました。今後は、食べ過ぎに注意しておいしかった物を中心にツイートしたいと思います。今後もよろしくお願いいたします」。愛嬌(あいきょう)たっぷりの投稿で、大相撲ファンに感謝と別れを伝えた。【佐藤礼征】

関連するニュースを読む

幕下の豊ノ島「吹っ切れて」4場所ぶり白星発進

徳真鵬(右)を押し出しで破る豊ノ島(撮影・鈴木正人)

<大相撲秋場所>◇2日目◇11日◇東京・両国国技館

 陥落した幕下で6場所目を迎えた西幕下17枚目の豊ノ島(34=時津風)が、4場所ぶりの白星スタートを切った。

 今場所1番相撲の相手は、同じ東17枚目で十両経験者の徳真鵬(33=木瀬)。230キロの巨漢力士相手に、うまくさばいた。「大きい人は逆に圧力をかけられて、のけ反ったら残り腰がない。圧力をかけて行こうという理想の相撲だった」と振り返るように、適度な距離をとりながら、左右のはず押し、おっつけで後退させ押し出した。

 「初日はいつも緊張でガチガチだった」と話すように、最近は3場所連続で1番相撲で敗れていた。「今日は自信を持って思い切り取れた」という裏付けは、場所前の充実した稽古と体調管理、そして精神的な開き直り。「今回が(関取復帰の)ラストチャンスと思って納得いくように稽古してきたつもり。“これだけやって負けたら仕方ない”と思えるぐらい吹っ切れて仕上げられた」と話す。

 食事制限に加えトレーニングの成果で、体重も5キロほど落とし155キロ前後。「おなかばかり大きくなると腰や足に負担がかかるから」という狙いで取り組んだ。「確実に引退が近づいている中で今まで以上に喜び、楽しみながら相撲を取ろうと思っている」。精神状態も、これまでになく前向きな姿勢を保ちながら、残り6番に臨む。

関連するニュースを読む

宇良「いやもう、無我夢中」珍技首ひねりで2連勝

青狼(左)を首捻りで破る宇良(撮影・神戸崇利)

<大相撲初場所>◇2日目◇9日◇東京・両国国技館

 東十両3枚目の宇良(24=木瀬)が、珍技で館内を沸かせた。

 同4枚目の青狼(28=錣山)に左を深くさされ、右も差されて絶体絶命の体勢に追い込まれたが、半身になりながら左足を相手の右足に掛けるなどして必死に抵抗。最後は、相手の首にかけた左腕をひねるようにして、後方に倒して勝った。

 決まり手は、十両では14年秋場所で徳真鵬が旭大星に決めて以来となる首ひねり。執念の相撲で2連勝とした宇良は「いやもう、無我夢中というか。あきらめなかったのが良かったかな」と、胸をなでおろした。

関連するニュースを読む

朝弁慶、師匠のアドバイス通り巨漢の徳真鵬寄り切る

徳真鵬(手前)を寄り切りで破る朝弁慶(撮影・栗木一考)

<大相撲九州場所>◇5日目◇12日◇福岡国際センター

 新十両の朝弁慶(26=高砂、東9枚目)が、序盤を1敗で乗り切った。

 数少ない、自分より体重の重い相手との対戦。西十両10枚目の徳真鵬(31=木瀬)は、自分より約40キロ重い224キロ。立ち合いで巨漢の圧力を受け止めると、両まわしを引きつけ、一気に寄り切る完勝の一番だった。

 押し相撲の朝弁慶だが、師匠の高砂親方(元大関朝潮)からもらった「今日の相手は重いから、まわしを取ったら引きつけろ」のアドバイスを胸に、四つ相撲を実践してみせた。

 前半5日を終え1敗。ここまでを「長いっすね。まだ5日目か」と思う一方で、幕下時代までの不規則な1場所7番に比べ「毎日相撲を取れるのはいいこと。幕下までは『今度はいつだろう』でしたからね。初日からずっと同じ気持ちで臨めてますし」と、適度な緊張感も好成績につながっているようだ。

関連するニュースを読む

御嶽海「うれしいこと」地元長野で横綱級の熱烈歓迎

サイン攻めに遭う十両御嶽海(撮影・今村健人)

 大相撲の秋巡業は14日、長野県松本市で開かれ、長野県木曽郡上松町出身の十両御嶽海(22=出羽海)が地元から熱烈な歓迎を受けた。

 長野県から47年ぶりの関取には、朝から握手会に長蛇の列ができ、稽古場では横綱や人気の遠藤をしのぐ大歓声。「こんなに人が集まってくれるとは思わなかった。うれしいことです。頑張りたいなと思いました」とフィーバーぶりを目の当たりにして、喜びが募った。

 うみを摘出した左脇腹にはまだ痛みも残るが、声援に応えてぶつかり稽古をし、子どもとの稽古にも登場。取組では、休場した徳真鵬(31=木瀬)の代わりも務めるなど2番取った。

 九州場所(11月8日初日、福岡国際センター)では新入幕も確実な、ざんばら髪の期待のホープは「元気いっぱい、新人らしく相撲を取りたい。しっかり成績を残して、みんなの期待に沿えられるように頑張っていきたい」と誓った。

関連するニュースを読む

宇良「動けました」肩透かしで連勝を16に伸ばす

浜春日(右)を肩すかしで破り16連勝の宇良(撮影・岡本肇)

<大相撲秋場所>◇3日目◇15日◇東京・両国国技館

 奇手・居反りを得意とする西三段目18枚目の宇良(23=木瀬)が2連勝とし、序ノ口デビューからの本割りでの連勝を「16」に伸ばした。

 西三段目19枚目の浜春日(21=春日山)を肩透かしで下した。素早い身のこなしで、宇良らしい相撲を見せ「動けました」と満足げ。この日は部屋の九州後援会関係者も応援に駆けつけており「より一層気合が入りました」という。今場所からは、十両徳真鵬の付け人となり「関取には優しくしていただいてる。楽しくやらせてもらってます」と、新たな経験も刺激材料になっている。

関連するニュースを読む

新十両御嶽海、連勝にも相撲内容は「反省が多い」

<大相撲名古屋場所>◇2日目◇13日◇愛知県体育館

 新十両で西12枚目の御嶽海(22=出羽海)が初日から2連勝した。

 西十両14枚目の徳真鵬(31=木瀬)を突き落としたが、相撲内容には納得できないようで「体は反応したけど、自分の相撲が取れていない。呼び込まれて差してしまった。立ち合いも迷っていたところがあった。ちょっと悔しい。反省が多い」と渋い表情で話した。

 それでも場内の声援は、初日よりもひときわ大きくなっていた。当人も実感していたようで「(連勝発進は)悪くはない。その声援に応えられるように頑張りたい」と話した。

関連するニュースを読む

遠藤、見てちょんまげ「すがすがしい」

入門後初めてまげを結い、稽古をする遠藤(撮影・酒井清司)

 待望の「ちょんまげ姿」を公に披露した。東前頭4枚目の遠藤(23=追手風)が2日、埼玉・草加市内の部屋でまげ結い後、初めてとなる稽古を行った。夜には都内で、全国後援会「藤の会」の東京での本部発足パーティーにも出席。集まった約1000人から、拍手喝采を浴びた。まだ髪がパラリと落ちる場面もあるが、新・遠藤は「すがすがしい」心で夏場所(11日初日、東京・両国国技館)に挑む。

 わずらわしそうに髪をかき上げていた、これまでのしぐさがない。ちょこんと頭上に置かれた、かわいらしい「ちょんまげ」。遠藤は出稽古に来た十両鏡桜らに、うれしそうに見せた。入門から8場所目で、ようやく結えた力士の象徴。「前(ざんばら髪)の時みたいに、髪の毛がカーテンのように落ちてこないのでやりやすい。チョンマゲはお相撲さんの象徴だと思うので、多少(うれしさが)ありますね」と照れた。

 前日に携えたまげ。効果を実感したのは起床時だった。寝転がると当たるまげにもすぐに慣れ、就寝して迎えた朝、起きると寝ぐせがなかった。「見慣れない自分で新鮮です。すがすがしかったなぁ」。さわやかな気持ちで臨んだ稽古では22勝1敗。何度か髪をめでる姿もうれしそうだった。

 この日夜は自らの全国後援会「藤の会」の「本部後援会」発足式に出席。3月に行われた大阪後援会の約600人を上回る約1000人を前に、初々しい姿を公の場で初めて披露した。ミキハウスからは「桃太郎」をモチーフとした「日本一」デザインの化粧まわしを、藤の会からも白を基調とした1本を贈られた。

 薮本雅巳会長は「ゴルフでパープレーの『72』代とか、ワンオーバーの『73』代くらいにはぜひ!」と、71代横綱鶴竜に続けと期待した。遠藤は「まげを結おうが結うまいが、やることは変わらない。気を引き締めてやりたい」。大銀杏(おおいちょう)にはあと半年かかるが、ようやく整い始めた姿形。夏場所への意欲は、最高潮に高まった。

<遠藤節目年表アラカルト>

 ◆プロ入り 13年2月14日、追手風部屋入門を表明。

 ◆初土俵 13年春場所で幕下10枚目格でデビュー。

 ◆初白星 春場所初日の3月10日に西幕下10枚目坂口を寄り切り、プロ1勝。

 ◆初勝ち越し 春場所12日目の3月21日に、西幕下15枚目の勝誠を押し出して勝ち越す。結果5勝2敗。

 ◆関取昇進 東幕下3枚目の13年夏場所で5勝し、史上最速タイの所要2場所で十両昇進を決めた。

 ◆新十両優勝 新十両の13年名古屋場所で、4日目に徳真鵬に敗れた以外は勝ち続け、14勝1敗で優勝。

 ◆初の白まわし教習生 13年7月30日、両国国技館内の相撲教習所で史上初めて、関取の証しの白まわし姿で実技授業に臨む。

 ◆史上最速新入幕 13年秋場所で史上最速となる所要3場所で新入幕昇進。

 ◆幕内初勝ち越しと初休場 同場所14日目から左足関節捻挫で途中休場も、9勝5敗1休で勝ち越し。

 ◆初三賞 14年初場所で西前頭10枚目で11勝し、初の三賞となる敢闘賞受賞。

 ◆初大関撃破 東前頭筆頭で上位総当たりの14年春場所5日目、稀勢の里を突き落とし、大関戦初勝利。

関連するニュースを読む

佐田の海が十両勝ち越し一番乗り/初場所

「勝ち越したこ焼き」を手にガッツポーズをする千代丸(撮影・鎌田直秀)

<大相撲初場所>◇9日目◇20日◇東京・両国国技館

 十両では、13場所ぶりに関取に返り咲いた西十両13枚目の佐田の海(26=境川)が勝ち越し一番乗りを決めた。

 「こんなの初めてです。めちゃくちゃうれしい」と笑顔。十両での勝ち越しは10年九州場所以来3度目。関取最重量214キロの徳真鵬(29=木瀬)を豪快な上手投げで破り、2日目から8連勝で決めた。

 また東十両6枚目の千代丸(22=九重)も、先場所に続き9日目で勝ち越し。取組後は国技館内で販売している「勝ち越したこ焼き」(8個入りで白星に見立てて命名)をファンからプレゼントされ「もっと勝てるように頑張る」。先場所は弟の千代鳳(21=九重)が十両優勝しているだけに、兄弟連覇を狙う。

関連するニュースを読む

十両千代の国が休場 12日目に右足痛める

 大相撲の西十両3枚目、千代の国(23=九重)が九州場所13日目の22日、休場した。12日目(21日)の肥後ノ城戦で勝った際に右足を痛めていた。千代の国の休場は2場所ぶり9度目。

 13日目の対戦相手、徳真鵬は不戦勝。今場所の十両以上で6人目の休場者となった。

関連するニュースを読む

遠藤24秒4 初白星/秋場所

<大相撲秋場所>◇2日目◇16日◇東京・両国国技館

 史上最速新入幕の前頭13枚目遠藤(22=追手風)が佐田の富士を寄り切り、幕内初勝利を飾った。

 右の上手は最後まで離さなかった。201キロの佐田の富士の重みで俵に足をかけても踏ん張り、素早く体を入れ替えた。最後は力強い寄り切り。その瞬間、大歓声が遠藤の体を包んだ。「勝った瞬間の声援も新鮮な感じでした」。24秒4で生まれた幕内初勝利。初めての懸賞金2本を受け取る所作は「(前の取組の)天鎧鵬関をまねたんですが、合ってましたか?」。ぎこちなさが、初々しかった。

 十両で14勝した先場所の1敗は、200キロを超える徳真鵬だった。「大きい相手に立ち合いが中途半端だった。今日は押し込む気持ちで行ったのが良かった。ホッとはしますね」。反省をしっかりと生かした。

 この日は敬老の日。思い立ったときには祖父勇さん(72)にプレゼントを贈ってきた。「じいちゃんに良いプレゼントになったと思います」。大相撲の新しい時代を刻むであろう1勝。うれしそうにはにかむ表情は22歳の青年の顔だった。

関連するニュースを読む

最重量214キロ徳真鵬、身長伸びて大喜び

 日本相撲協会は30日、東京・両国国技館の相撲診療所で力士健康診断を行った。関取最重量で十両の徳真鵬(29=木瀬)は自己最高タイの214キロを計測。「あまり増えると注目されちゃうので恥ずかしい。それより身長が2センチ伸びました。昨日一日中、風邪をひいて寝ていたので伸びたのかな」。194センチに成長した身長を喜んでいた。

 幕内最重量は臥牙丸(26=木瀬)の203キロ。名古屋場所では206キロだったが「ジャカルタ巡業で減ったよ~。ご飯たくさん食べなかったから」。報道陣に理想体重を問われると「う~ん、110~120キロだよ」と笑いを誘い、自転車で帰路についた。

関連するニュースを読む

遠藤、新十両で見事優勝/名古屋場所

十両優勝を決めた遠藤(右)は、同門の白鵬にあいさつ(撮影・岡本肇)

<大相撲名古屋場所>◇13日目◇19日◇愛知県体育館

 元アマ横綱で西十両13枚目の遠藤(22=追手風)が、同3枚目の栃乃若(25)を上手出し投げで破り、十両Vを決めた。新十両場所での優勝は昨年初場所の千代大龍以来となった。

 思わず、感情が顔に出た。遠藤は、ザンバラ髪を乱しながら土俵上で舌を出した。元前頭筆頭の栃乃若を倒すと笑みが浮かんだ。「優勝を決める一番だったのでホッとしたというか。勝てて良かった」と喜んだ。

 東の支度部屋では、奥に座る横綱白鵬の元に駆け寄った。関取になって初参加した場所前の力士会で、あいさつを交わしていた。「優勝したか? 良かったな。おめでとう」と祝いの言葉をもらい「はい。おかげさまで」と頭を下げた。

 全勝するつもりで稽古に励んできた。4日目に徳真鵬に敗れたが、引きずることなく白星を重ねた。学生時代に11タイトルを獲得したホープは「アマは全部勝たないと優勝できない。変な感じですけど、これがプロの優勝」と実感した。

 入門3場所目での十両優勝は98年九州場所の雅山(現二子山親方)以来史上2人目。残り2番も勝てば、所要3場所での史上最速入幕も見えてくる。「気を抜かず、ケガしないように楽しんでやりたい」。落ち着いた口調に大物感が漂っている。【木村有三】

 ◆遠藤聖大(えんどう・しょうた)本名同じ。1990年(平2)10月19日、石川県穴水町生まれ。小1から相撲を始める。金沢学院東高から日大に進み、4年時の国体優勝、全日本相撲選手権優勝など11タイトルを獲得。今年春場所に幕下10枚目格付け出しでデビュー。所要2場所の史上最速タイで今場所十両に昇進。好物はチョコレート。家族は両親と妹。得意は左四つ、突き、押し。184センチ、143キロ。

関連するニュースを読む

栃飛龍 大物食い3勝目/夏場所

徳真鵬(左)を送り出しで破る栃飛龍(撮影・岡本肇)

<大相撲夏場所>◇5日目◇16日◇東京・両国国技館

 西十両7枚目の栃飛龍(26=春日野)が、東十両10枚目の徳真鵬(29=木瀬)を送り出して3勝目を挙げた。177センチ、153キロの自身より15センチ、58キロも大きい相手。いつもは突っ張っていたが「体の肉がやわらかくてクニャっとした感じ。突いている感じがしなかった」。この日は突っ張らず、されど組ませずに下からあてがい、最後は左のおっつけで反転させた。我慢の相撲で序盤戦を終えて白星先行。「重かった。疲れたっす。連敗がないのがいい。このままいけば8勝7敗で勝ち越しかな」と冗舌だった。

関連するニュースを読む

高見盛●「いつも初日は緊張…」/初場所

徳真鵬(左)にのど輪で攻められる高見盛(撮影・神戸崇利)

<大相撲初場所>◇初日◇13日◇東京・両国国技館

 東十両12枚目の高見盛(36=東関)が、東十両11枚目の徳真鵬(28=木瀬)に寄り切りで敗れた。

 幕下陥落なら引退を覚悟している勝負の場所で黒星スタート。立ち合いで相手の2度の「待った」があり、3度目で立ったものの、のど輪で上体を起こされ後退した。

 「焦ったのかな。いつも初日は緊張してるから」と、気持ちが空回りしたことを悔やんだ。十両残留ノルマは7勝と厳しいが「今日は今日。腹立つのを抑えて、明日から新しい気持ちでやっていくことしか考えてない」と、切り替えに必死だった。

関連するニュースを読む

最重量は徳真鵬214キロ、最軽量は隆の山

 日本相撲協会の関取衆で構成される力士会が25日、東京・両国国技館の相撲教習所で行われ、各関取が身長と体重を測定した。

 最重量は十両徳真鵬(木瀬)の214キロで、最軽量は十両隆の山(鳴戸)の95キロ。最長身は大関琴欧洲(佐渡ケ嶽)の202センチ、最短身は十両磋牙司(入間川)の166センチだった。

 幕内の平均体重は、秋場所前に記録した史上最重量を更新する162・4キロになった。幕内臥牙丸と隠岐の海は欠席した。

関連するニュースを読む

双大竜7敗「残り2番。頑張る」/大相撲

徳真鵬(左)のきめ出しに土俵を割る双大竜(撮影・多田篤)

<大相撲九州場所>◇13日目◇23日◇福岡国際センター

 東十両8枚目の双大竜(30=時津風)は、西十両13枚目の徳真鵬(28=木瀬)に敗れ7敗と後がなくなった。大きな相手に突いて出て距離を取るが、動きを止められると土俵を割った。双大竜は「先場所も同じように負けていたので、気をつけていました。突いて行って流れの良かったところで決められなかった」と振り返った。負け越しへあと1敗だが「残り2番。頑張るしかないです」と話した。

関連するニュースを読む

慶天海と黒海が休場 ともに右膝痛める

 大相撲の新十両で東11枚目の慶天海(22=本名慶孔晴、鹿児島県出身、阿武松部屋)と、東十両12枚目の黒海(31=本名ツァグリア・メラブ・レバン、グルジア出身、追手風部屋)が秋場所3日目の11日、ともに右膝の故障で休場した。今場所の十両以上の休場者は初めて。3日目の対戦相手、宝智山と荒鷲は不戦勝。

 慶天海は「右膝前十字靱帯(じんたい)、内側側副靱帯損傷で3カ月の加療を要する見込み」、黒海は「右膝内側側副靱帯損傷で10日間の療養を要する見込み」との診断書を日本相撲協会に提出した。

 慶天海は2日目の徳真鵬戦で浴びせ倒された際に負傷し、2009年初場所以来4度目の休場。

 ことし夏場所以来2度目の休場となる元小結の黒海は幕下陥落の危機で、追手風親方(元幕内大翔山)は「中日までに出られない時は決断しないといけないでしょう」と話し、再出場できなかった際の引退の可能性を示唆した。

関連するニュースを読む

新十両慶天海が右膝負傷/秋場所

<大相撲秋場所>◇2日目◇10日◇東京・両国国技館

 東十両11枚目の慶天海(22=阿武松)が、徳真鵬に浴びせ倒された一番で右膝を痛めた。取組後は病院に直行した。右足に体重をかけないよう慎重に歩いて引き揚げた新十両の慶天海は、3日目の出場可否について「まだ分からないです」と話した。師匠の阿武松親方(元関脇益荒雄)も「MRI(磁気共鳴画像装置)で調べないと、膝(の具合)は分からない」と述べるにとどめた。

関連するニュースを読む

阿武松部屋新十両ともに白星/秋場所

<大相撲秋場所>◇初日◇9日◇東京・両国国技館

 同時昇進を果たした阿武松部屋の新十両、慶天海と丹蔵はそろって関取デビュー戦を白星で飾った。22歳の慶天海は三役経験者の黒海を送り出しで破った。取組前の所作を間違えて審判に注意を受けたそうで「とりあえずほっとした。土俵入りもあるし、ペース配分が難しい」と戸惑いをのぞかせながらも喜んだ。28歳の丹蔵は巨漢の徳真鵬を逆転の下手投げで転がし「相撲内容は良くない。緊張した。初日に勝ててよかった」と胸をなで下ろした。

関連するニュースを読む