上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

新婚K1愛鷹亮「自分の力に」愛妻の前で復活劇狙う

約1年ぶりに復帰するK-1クルーザー級の愛鷹亮(C)K-1

新婚のK-1クルーザー級・愛鷹亮(31)が愛妻の目の前で復活勝利を狙う。3月28日、東京・日本武道館でK-1年間最大の祭典ケイズフェスタ4大会Day2(日刊スポーツ新聞社後援)で、ANIMAL☆KOJI(29)との同級3分3回を控える。

昨年3月のケイズフェスタ3大会で、当時の同級王者シナ・カリミアン(33=イラン)とダウンの応酬の末に逆転負け。その後、両目の網膜剥離で手術を受け、昨夏には右太ももの筋断裂で長期離脱を余儀なくされた。ANIMAL戦は約1年ぶりの復帰戦となる。

度重なる負傷に見舞われた昨年は、元AKB48のすみれ夫人(27)と出会い、支えてもらった、昨年12月には婚姻届を提出し、今夏には第1子が誕生する。16日に神奈川K-1ジム相模大野KRESTで公開練習に臨んだ愛鷹は愛妻が観戦に駆けつけることを明かし「結婚して、帰る場所があることが自分の力になっている。今年は昨年の鬱憤(うっぷん)を晴らすべく、全試合KOで勝つ」と意欲満々だった。

3月28日のケイズフェスタ4大会Day2で1年ぶりに試合復帰するK-1クルーザー級の愛鷹亮(右)は右ストレートを確認(C)K-1
約1年ぶりのリングに向け、強烈な左フックを公開したK-1クルーザー級の愛鷹亮(左)(C)K-1

関連するニュースを読む

ANIMAL☆KOJI野獣対決制し王座挑戦へ意欲

バナナを持って気合十分の表情をみせたK-1クルーサー級のANIMAL☆KOJI(C)K-1

3月28日、東京・日本武道館でK-1年間最大の祭典ケイズフェスタ4大会Day2(日刊スポーツ新聞社後援)に出場するクルーザー級のANIMAL☆KOJI(29)が「野獣対決」を制し、一気に王座挑戦のチャンスをつかむ意気込みを示した。

昨年11月のK-1福岡大会で、同級トップ級のRUI(29)にKO勝利し、対戦要求していた愛鷹亮(31)とのカードが年間最大の祭典で決定した。15日、愛知県内で公開練習に臨んだANIMALは「前回の公開練習をやった時にユーチューブのコメント欄に『愛鷹に似ている』と書かれていた。同じ階級に同じキャラは2人もいらない。野獣は1人で十分」とトップ級ファイターに連勝する意気込みを示した。

5日のカード発表会見では、ANIMALが玩具のバナナを愛鷹に渡し「俺は本物の野獣でお前はニセモノ。おもちゃのバナナでも食っとけ」とも挑発した。その後もSNSを通じて挑発が続いていた。大人の対応で受け流す愛鷹に対し「舌戦は100対0で俺の勝ち。K-1の判定だったら、30-26くらいで俺の圧勝、ほぼほぼKO勝ちですよ。こっちが攻めて攻めて、相手が『いやいや…』みたいな返しだったので、最後まで攻めきった俺の圧勝です」と一方的に“前哨戦”を制した気分に浸った。

RUIに続いて愛鷹も倒すことになれば、一気にクルーザー級王座挑戦のチャンスも現実味を帯びてくる。同級王者K-Jeeが九州出身のため「僕も地元が福岡。K-1で初めて福岡で試合させてもらったので、福岡でK-Jee選手とタイトルマッチがやりたいですね。そのためにもヤツ(愛鷹)を倒さないと道は開けない。次は重要な試合ですよ。でも普通に勝てると思います」と自信たっぷりだった。

鋭いハイキックを公開したK-1クルーザー級のANIMAL☆KOJI(C)K-1

関連するニュースを読む

愛鷹亮「家族パワー」大けが乗り越え1年ぶりリング

3・28ケイズフェスタ4大会Day2で約1年ぶりの復帰戦に臨むクルーザー級の愛鷹(左)。右は対戦相手のANIMAL☆KOJI

K-1クルーザー級の愛鷹亮(31)が3月28日、東京・日本武道館で開催されるケイズフェスタ4大会Day2(日刊スポーツ新聞社後援)でANIMAL☆KOJI(29)と対戦することが5日、発表された。

1月1日に元AKBのクリエーター佐藤すみれ(27)との結婚、今夏の第1子誕生を発表。両目の網膜剥離、右太もも筋断裂の大けがを乗り越え、約1年ぶりのリングに臨む愛鷹は「家族がパワーになり、めっちゃ強くなっている。いずれ必ず王座を」と意気込んだ。

関連するニュースを読む

格闘家転向の安彦が元警察官のK1愛鷹と共同トレ

愛鷹の自宅トレーニング場で指導を受ける安彦(右)

「年俸120円Jリーガー」としてJ3のYSCC横浜などでプレーし、昨季限りで現役引退して格闘家へ転向した安彦考真(42)が23日、相模原市内でK-1の初代Bigbangヘビー級王者で、現在はクルーザー級で活躍する愛鷹亮(31)と共同トレーニングを行った。

2人は以前から親交があり、自宅は共に相模原市内。愛鷹は自宅にフィジカル強化用の練習場を設けており、安彦がそこでの練習サポートを依頼して今回のタッグが実現した。安彦はサラリーマンからJリーガーへの夢を追いかけ、さらに格闘家へと転身。愛鷹も警察官からプロ格闘家へ転身した経歴を持つなど、もともと何かと共通点は多かった。この日は愛鷹が普段から行っているというデッドリフトなどの基本的な筋力トレーニングを約1時間行い、パンチなどの実践的なテクニックについてもアドバイスを受けた。現役のK-1ファイターからの指導に安彦は「体のここに(疲労が)きているなというのがはっきりわかった。パンチを見せてもらったけど、やっぱり迫力があるし、ギリギリのラインで戦っている人の生命力を感じた。自分も同じように研ぎ澄ましていけるようにしたい」と刺激を受けた様子だった。

今回の機会をきっかけとし、今後も愛鷹から継続した練習アドバイスなどを受けていくという。このほか今月は知人から紹介を受けた元プロボクサーで現在はストレッチ専門トレーナーの後藤俊光氏からも協力を快諾されており、徐々に周囲のサポート体制も整いつつある。安彦は「かなり強力なパートナーたちが集まってくれている。そばにいてくれる人がいるのは大きい。その恩に全力で応えて、その人たちをどう喜ばすかを必死に考えたい」と力を込めた。

安彦との初コラボレーションを果たした愛鷹は「(安彦は)やっぱり下半身はしっかりしていました。上半身の引き込む力とか、組んだときの力は競技をやったことがないと弱いと思うので、後背筋や僧帽筋を鍛えていきたい。やっぱり勝ってほしいですし、教えられることは教えていきたい」と振り返った。自身も現在は昨年行った両目の網膜剥離手術や、右太もも筋断裂のけがなどから復帰し、3月に予定する約1年ぶりの試合へむけてトレーニングを積む最中。安彦の格闘家転向を聞いた際は「驚いたけど、安彦さんがクレイジーというのは昔からわかっていた」と受け止め「チャレンジするのは自由ですし、元気をもらえる人もいると思う。頑張ってほしい」とエールを送った。

安彦は39歳の時に20代の頃に1度は諦めたJリーガーへの再挑戦を決意し、18年に練習生を経てJ2水戸とプロ契約。19年からYS横浜へ移籍し、同年の開幕戦で41歳1カ月9日で途中出場してプロ初出場を飾り、ジーコの持つJリーグ最年長初出場記録(40歳2カ月13日)を更新。年俸120円の“ほぼ0円”契約も話題となり、昨年12月のJ3最終節後に競技経験のない格闘家への転向を発表していた。【松尾幸之介】

K-1ファイターの愛鷹(右)からトレーニングを教わった安彦考真(撮影・大野祥一)

関連するニュースを読む

愛鷹亮&元AKB佐藤すみれスピード婚、夏に第1子

交際約4カ月でスピード結婚したK-1クルーザー級の愛鷹亮(右)と元AKB佐藤すみれ(本人提供)

K-1クルーザー級で活躍する愛鷹亮(31)が、元AKBで現在はクリエーターの佐藤すみれ(27)と結婚した。1日、自らのSNSで発表した。現在、佐藤は妊娠中で夏頃には第1子が誕生予定。2人にとってダブルの幸せが到来している。昨年8月、都内でネット配信番組の関係者を通じて知り合って交際に発展。昨年12月22日に婚姻届を提出するという約4カ月でのスピード婚となった。

愛鷹は「出会った時からフィーリングが合っていました。付き合っていくうちに(結婚を)意識するようになった」と説明。佐藤の両親の理解を得た上で、交際1カ月で同居生活も開始。二人の距離は一気に縮まったという。佐藤は「ずっと一生いたいと思える存在。一緒に住んで、まったくストレスがないです。生活しているうちに一緒にいたいなと思っていました」と吐露。妊娠についても「20歳代後半なので子供が欲しいなと思っていました」と歓迎した。

両目の網膜剥離の手術を受けた愛鷹は交際開始時、全治3カ月という右太もも筋断裂を負うなどアスリートとして苦しい時期だったが、佐藤のサポートもあって乗り越えてきた。妊娠中の佐藤は、今後もクリエーターとしての活動は続けていく意向。愛鷹は「1人暮らしが長いので、自立しているから」と家事や育児に全面協力する姿勢だ。

愛鷹は19年6月、ノンタイトル戦ながら当時のK-1クルーザー級王者シナ・カリミアン(イラン)を右フック1発で撃破した実績を持つ。「家族ができたというのが自分の中で大きい。子供もいますし。ファンやスポンサーさんのために頑張らなくてはと思っていましたが、今の方がいろいろなことにもっとまじめに取り組める」とキッパリ。今年中にK-1王座の獲得を目標に掲げ「生まれてくる子供にベルトをみせたい」と気合十分だ。

一方、佐藤は現在、アスリートフードマイスターの資格取得に向けて猛勉強中。「21年中には試験に合格したい」とアスリートの妻として栄養面のサポートをしていくという。また「辛いこともポジティブに、一緒に楽しめる家庭をつくっていきたい」と幸せいっぱいの笑顔をみせていた。

関連するニュースを読む

K1初参戦の実方宏介「蹴り倒す」復帰京太郎と対戦

来年1月のケイズフェスタ4で対戦する京太郎(左)と実方宏介(撮影・吉池彰)

10年ぶりにK-1に復帰する京太郎(34)の対戦相手が実方(じつかた)宏介(23)に決まった。来年1月24日、東京・代々木第1体育館で開催の「ケイズフェスタ4」(日刊スポーツ新聞社後援)で拳を合わせる。K-1実行委員会が9日、都内で発表した。

プロボクシング日本ヘビー級など前3冠王者として知られる京太郎。新型コロナウイルス感染拡大の影響でボクシングの試合ができず、先月に引退、K-1復帰を決めた。エンターテイナーらしく、この日の会見もド派手な服で現れると「実方選手に太り過ぎはダメよ、というTシャツを作ったきた」と言って、自ら着用のそれを披露。会見場を笑わせた。

一方で、先月17日の復帰会見では「蹴りの練習をしたら、両足の裏の皮がめくれた」と不安材料を明かしていた。この日の会見で、その点に触れられると「次の試合では蹴りは使いません。リングシューズで上がって、パンチだけでいく」と、シューズは履けない現行のK-1ルール変更に関わる方針をぶち上げた。

「この年になっても僕は強い。実方選手は、その体形だとフックを打つと思うが、真っすぐに打たないとヘビー級は勝てない」と、日本人初の元K-1ヘビー級王者らしく、自信満々だった。

相手の実方は第2代Bigbangヘビー級王者。愛鷹亮とも対戦した経歴を持ち、今回、K-1初参戦となる。184センチの身長は京太郎より1センチ上。体重は現在125キロで、試合では115キロ程度でリングに上がる。「蹴りを相手が使わないなら、僕が蹴り倒す」とビッグチャンスをモノにすることを宣言していた。

関連するニュースを読む

木村“フィリップ”ミノルV決勝で和島にTKO勝ち

優勝を決め、コーナーポストで雄叫びを上げる木村(撮影・吉池彰)

<K-1:WORLD GP 2020 JAPAN ~ケイズフェスタ3~>◇22日◇さいたまスーパーアリーナ

K-1第3代スーパー・ウエルター級王座決定トーナメントは、木村“フィリップ”ミノル(26)が優勝した。1回戦、準決勝を1回KOで勝ち上がると、決勝では和島大海(ひろみ、25)も1回TKOで仕留めた。木村はこれで9試合連続KO勝ちとなった。

スーパー・フェザー級王者の武尊(28)は、ノンタイトル戦でペッダム・ペットギャットペット(24=タイ)に2回KO勝ちした。

タイトルマッチ3試合も行われ、クルーザー級は、王者シナ・カリミアン(32=イラン)が挑戦者の愛鷹亮(30)に3-0で判定勝ち。スーパー・ライト級は、王者安保瑠輝也(24)が不可思(ふかし、28)の挑戦を、3-0の判定で退けた。ウエルター級は、王者久保優太(32)がジョーダン・ピケオー(29=オランダ)に、3-0で判定勝ちした。

K-1ガールズとポーズを取る木村“フィリップ”ミノル(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

K1愛鷹「エレファントパンチで勝つ」待望の王者戦

ポーズするカリミアン(左)と愛鷹(撮影・鈴木正人)

K-1クルーザー級タイトルマッチで対戦する王者シナ・カリミアン(32=イラン)と、挑戦者の愛鷹亮(30)が21日、都内での前日計量会見に臨み、互いに必勝を誓った。

2人は「ケイズフェスタ3」(22日、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ、日刊スポーツ新聞社後援)で拳を交えるが、当初は昨年11月24日に横浜アリーナで開催の「K-1 WGP 2019」でのタイトル戦が決まっていた。ところが、カリミアンがイラン帰国中の同月19日、あばら骨を負傷。12週間の加療を要すことが分かり、ドクターストップとなった。同年8月の大阪大会のノンタイトル戦では、愛鷹が3回57秒、右フック1発でKO勝ちしており、待望の再戦がコロナウイルスの影響を乗り越えて、ついに実現する。

この日の計量では、リミットの90キロに対し、カリミアンが89キロ、愛鷹が89・6キロパスし、ともに仕上がりの良さをアピールした。そして、会見で愛鷹は「これで会見に3回同席したが、今日が1番強そうに見えた」とカリミアンを警戒しつつも、テレビ企画で象と共演したことに触れ「エレファントパンチで勝つ」とベルト奪取を誓った。すると、カリミアンは母国イランを思いながら「エレファントパンチには気迫で勝つ。過去のK-1レジェンドのような試合を見せたい」と防衛に自信をのぞかせていた。

計量をパスしポーズするカリミアン(左)と愛鷹(撮影・鈴木正人)
計量をパスしガッツポーズする愛鷹(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

愛鷹亮がKO勝ち、タイトル戦消滅うっぷん晴らした

第1R、ヤン・ジェグンにKO勝利しガッツポーズする愛鷹(撮影・河田真司)

<格闘技:K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~よこはまつり~>◇24日◇横浜アリーナ◇観衆1万2000人◇日刊スポーツ新聞社後援

クルーザー級の愛鷹亮(29)がヤン・ジェグン(22=韓国)に1回57秒、KO勝ち。王者シナ・カリミアン(31=イラン)の負傷欠場でタイトル戦が直前で流れた鬱憤(うっぷん)を晴らした。

立ち上がりは、急きょ出場したヤンが気合を見せ、右のローキックを先にヒットさせた。愛鷹は右フック、右ストレートで応戦。しかし、ヤンも左右の拳を振り回して当て、また右ローも決めた。しかし、ここでヤンが右肩を脱臼。座り込んで試合続行不能となり、愛鷹のKO勝ちとなった。

愛鷹はリング上のマイクで「2日前にも関わらず、日本に来てくれたヤン選手ありがとうございます」とまず、相手に感謝の弁を述べると、「タイトルマッチが無くなってしまって本当にショックだったんですけど、試合を見せることができました。本当にありがとうございます」とファンと関係者にも感謝した。そして、「自分の夢だった20代でのK-1チャンピオンの夢はかないそうにありませんが、夢は見続けていけば新しい夢も見つかると思うので、30歳でK-1チャンピオンになります」と誓った。

8月の大阪大会で、カリミアンとノンタイトルで対戦、3回57秒に右フック1発でKO勝ちした。今回の再戦でベルト奪取を狙っていたが、カリミアンがイラン帰国中の19日、あばら骨を負傷し、12週間の加療を要すという診断となった。試合も消滅かと思われたが、来年のタイトル戦仕切り直しに向け、愛鷹が再び1歩を踏み出した。

「この日のために3カ月やってきた。直前に”ない”と言われ、昨日の会見では涙が出そうになったが、こらえた」という愛鷹。「来年3月のケーズフェスタでタイトルマッチができたら、と思う。必ずK-1のベルトを取ります」と誓いを新たにしていた。

第1R、KOで敗れ険しい表情のヤン・ジェグン(左)の元に寄り、言葉を交わす愛鷹(撮影・河田真司)
第1R、ヤン・ジェグン(右)の右ストレートをもらう愛鷹(撮影・河田真司)
マイクパフォーマンスで目に涙を浮かべる愛鷹(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

王者カリミアン負傷で愛鷹亮のタイトルマッチ中止

公開計量をリミットの90キロでパスした愛鷹亮(撮影・吉池彰)

K-1実行委員会は、24日に横浜アリーナで開催の「K-1 WGP 2019」(日刊スポーツ新聞社後援)で予定していたクルーザー級タイトルマッチ、王者シナ・カリミアン(31=イラン)-愛鷹亮(29)戦の中止を23日、都内での公開計量会見の場で発表した。

カリミアンがイラン帰国中の19日、あばら骨を負傷。21日に来日して診断を受けたところ、12週間の加療を要すことが判明した。中村K-1プロデューサーによれば「本人は出場を希望していたが、昨日、痛みが出てドクターストップとなった」という。

8月の大阪大会のノンタイトル戦では、愛鷹が3回57秒、右フック1発でKO勝ち。今回の再戦で、ベルト奪取に燃えていた愛鷹には無念の結果となった。それでも、愛鷹は24日の試合を希望しており、K-1実行委員会が人選中だという。

この日、計量をリミットの90キロでパスし、会見に同席した愛鷹は「今朝、カリミアン選手が試合できないと聞いた。なかなかチャンピオンにはなれないと思ったが、明日は試合したい」と、今後のタイトル戦仕切り直しに向けて、気を取り直していた。

会見に同席した愛鷹(右)。左は中村K-1プロデューサー(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

魔裟斗 混戦フェザー級に注目/K1WGP展望

24日のK-1横浜大会についてコメントした魔裟斗(C)M-1 Sports Media

K-1実行委員会は19日、冬のビッグマッチ「K-1 WGP 2019」(24日、横浜アリーナ、日刊スポーツ新聞社後援)のAbemaTV放送で、スペシャルゲスト解説を務める魔裟斗のコメントを公開した。内容は次の通り。

◆魔裟斗のコメント 今回のK-1横浜大会は第3代フェザー級王座決定トーナメントが開催されます。日本人参戦選手の中で、過去の実績では卜部弘嵩選手ですが、その他日本人選手は勢いのある安保璃紅選手、江川優生選手、西京春馬選手が参戦します。外国人勢もキャリアのある選手がそろって参戦し、過去に例を見ない混戦になるトーナメントになりそうです。

前回大会で衝撃のKO決着となったシナ・カリミアン選手と愛鷹亮選手のタイトルマッチもトーナメントに劣らず盛り上がること間違いないと思います。

スーパーファイトでは日本人無敗ジョーダン・ピケオー選手にK-1甲子園2連覇で現役高校生ファイターの近藤魁成選手が挑む一戦、この試合のためにフェザー級のベルトを返上した村越優汰選手と王者・武尊選手との一戦も楽しみな試合です。

また4試合連続KO勝ちと最も注目している選手である木村”フィリップ”ミノル選手の試合も目の離せない試合となることでしょう。

見応え十分な横浜大会、楽しみです。

◆放送局 インターネットテレビ局「AbemaTV」

【本戦】

◇「格闘チャンネル」

<生放送>11月24日(日)13:00~21:30

視聴URL=https://abe.ma/2lZCtnq

◇「AbemaSPECIAL2チャンネル」

<生放送>11月24日(日)13:00~21:30

視聴URL=https://abe.ma/2NPM4ro

関連するニュースを読む

K1愛鷹亮、王座奪取へ「重量級の固定概念を壊す」

公開練習で身長2メートルのカリミアンに見立てた肩車上の相手に右フックを放つ愛鷹亮(右)(撮影・吉池彰)

K-1クルーザー級の愛鷹亮(29=K-1ジム相模大野KREST)が、シナ・カリミアン(31=イラン)の持つ同級王座奪取を改めて誓った。

愛鷹はこのほど、相模原市にある所属ジムで練習を公開した。

24日に横浜アリーナで開催の「K-1 WGP 2019」(日刊スポーツ新聞社後援)でのタイトルマッチが、間近に迫る中、ミット打ちでは重量級らしい迫力満点の音を響かせた。

8月の大阪大会のノンタイトル戦で、カリミアンにKO勝ちする大番狂わせを演じた。3回57秒、身長200センチのカリミアンのアゴに、20センチ低い愛鷹の右フックがものの見事にヒット。カリミアンは気を失って1発KOされた。今回はベルトを懸けての再戦。返り討ちかリベンジか、注目が集まる。

練習では、身長2メートルのカリミアンに見立てた肩車上の相手に、必殺の右フックを放った。「自分で考えたわけではないが、ちょっと挑発的になったかな」と苦笑いしながらも「努力している選手同士で良い試合を見せたい」とやる気をにじませた。

「前回はイメージのつかめない大きな相手だったが、今回はイメージもつかめ、自信も持てている」という。そして「右フックにこだわらずにやる。倒せる技は他にもある。日本人には無理だと言われている重量級の固定概念を壊す」と目を輝かせた。大みそかが30歳の誕生日。来年の正月はチャンピオンとして迎えたい。

関連するニュースを読む

K1卜部弘嵩ら子ども向けミット打ち B1とコラボ

ミット打ち後に子どもたちと記念撮影する、後列左から近藤魁成、シナ・カリミアン、卜部弘嵩(撮影・吉池彰)

K-1とB1のコラボが2日、横浜国際プールで実現した。

「K-1 WGP 2019」(24日、横浜アリーナ、日刊スポーツ新聞社後援)を前に、バスケットボールBリーグの横浜ビー・コルセアーズ(B1)とK-1が力を合わせ、横浜を盛り上げるためのスペシャルイベントを同プールで開催した。

横浜ビー・コルセアーズのホームゲームに先立ち、卜部弘嵩、近藤魁成、シナ・カリミアンがゲストとして登場。子ども向けミット打ち体験教室などを行い、会場を熱気に包んだ。

子どもたちのパンチ、キックを受けた3人はそろってニッコリ。卜部弘は「こういう経験は普段ないので楽しかった。少しでもK-1に興味を持ってもらえてうれしかった」と気持ち良さそうに汗をぬぐった。また、母国イランでも子どもに教えた経験があるというカリミアンは「こういう機会はうれしい。これからももっと増えたらいい」と今後も積極参加の姿勢を見せた。そして、近藤は「去年のBリーグを見ていたが、こういう形で関われてうれしい。子どもたちが興味を持ってくれてよかった」と前日、魔裟斗から伝授された相手のパンチを手のひらで振り払うスパーリングの技術を確かめるように、子どもにミットを出した。

24日の試合については、第3代フェザー級王座決定トーナメント出場の卜部弘が「仕事なので、しっかり仕上げる」。クルーザー級王者として愛鷹亮の挑戦を受けるカリミアンが「練習も良くできているので、勝ってリベンジしたい」。ウエルター級スーパーファイトでジョーダン・ピケオーと対戦する近藤が「魔裟斗さんの作戦で勝ちたい」と、それぞれコメント。いずれも順調な調整ぶりをアピールしていた。

子どもとミット打ちを行う卜部弘嵩(右)(撮影・吉池彰)
膝をついて子どもとミット打ちを行う近藤魁成(左)(撮影・吉池彰)
ミット打ちで子どものキックを受けるシナ・カリミアン(右)(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

K1愛鷹亮「日本の英雄に」タイトル奪取誓う

横浜アリーナで開催される「Kー1 WGP 2019 JAPAN~よこはまつり~」クルーザー級タイトルマッチの王者シナ・カリミアン(左)と挑戦者の愛鷹亮

11月24日横浜アリーナで開催される「Kー1 WGP 2019 JAPAN~よこはまつり~」(日刊スポーツ新聞社後援)のクルーザー級タイトルマッチと第3代フェザー級王決定トーナメントの対戦カードが6日、都内ホテルで発表された。

8月のKー1 大阪大会では挑戦者の愛鷹亮(29=K1ジム SAGAMI-ONO KREST)がノンタイトル戦だが、王者シナ・カリミアン(31=イラン)をKO勝ちで収めた。今回がリベンジマッチとしてチャンピオンベルトを賭けた戦いとなる。

サングラスをかけたシナは「ベルト守りたいから今回の試合を申し出た」と日本とイランのファンへ向け、勝つことを約束。対する愛鷹は、はかま姿で登場し「日本人としての誇りを持って和装にした」と武士らしい目線を送り、「日本の英雄になりたいので絶対に勝ちます」とタイトル奪取を誓った。

第3代フェザー級王座決定トーナメント・1回戦の対戦は、卜部弘嵩(30=K1ジム SAGAMI-ONO KREST)対ブランドン・スペイン(20=オーストラリア)、安保璃紅(22=team ALL-WIN)対ジャオスアヤイ・アユタヤファイトジム(18=タイ)、江川優生(21=POWER OF DREAM)対ホルヘ・バレラ(25=スペイン)、西京春馬(20=K1ジム SAGAMI-ONO KREST)対アーサー・メイヤー(28=フランス)の対戦がそれぞれ発表された。

「Kー1 WGP 2019 JAPAN~よこはまつり~」第3代フェザー級トーナメントとクルーザー級タイトルマッチの出場選手(中央)。左から卜部弘嵩、安保璃紅、王者シナ・カリミアン、愛鷹亮、江川優生、西京春馬

関連するニュースを読む

K1愛鷹亮「ベルト取ります」世界一へ自信深める

K-1クルーザー級王座奪取を誓う愛鷹(撮影・吉池彰)

K-1クルーザー級の愛鷹(あいたか)亮(29)が25日、世界一への気持ちを新たにした。

前夜、エディオンアリーナ大阪で行われた「K-1 WGP 2019」(日刊スポーツ新聞社後援)で、王者シナ・カリミアン(31=イラン)に3回57秒、KO勝ちする大番狂わせ。身長2メートルのカリミアンを右フック1発で失神させた。

激闘から一夜明けたこの日、大阪市内で会見した愛鷹は、しっかりと自信をつかんだ様子。敗戦後にカリミアンが取った態度に触れ、「試合前日会見で”澄んだ瞳”と言ったが、見当違いだった。控室で暴れるのはK-1チャンピオンじゃない。だから、僕がベルトを取ります」と宣言し、会見場を埋めたファンから盛んな拍手を浴びていた。

関連するニュースを読む

元機動隊員の愛鷹亮ジャイキリ号泣、王者にKO勝ち

シナ・カリミアン(右)にKO勝利しジャンプして喜ぶ愛鷹亮(撮影・上田博志)

<格闘技:K-1 WGP 2019>◇24日◇エディオンアリーナ大阪◇日刊スポーツ新聞社後援

K-1クルーザー級で日本の愛鷹(あいたか)亮(29)が、王者シナ・カリミアン(31=イラン)にKO勝ちする大番狂わせを演じた。

3回57秒、コーナーに詰まった身長200センチのカリミアンのアゴに、20センチ低い愛鷹の右フックがものの見事に決まった。カリミアンは気を失って1発KO。立ち上がった時は自分の負けが理解できず、セコンドが押さえつけるほどだった。

静岡県警機動隊員だった愛鷹はリング上で男泣き。「警察官を辞めて格闘家になった。お前には絶対無理だと言われたが…」と胸を張った。そして「目標は世界一なんで、次、タイトルマッチやらせてください。あいたかりょう、覚えて帰ってください」とアピールしていた。

シナ・カリミアン(右)にKO勝利した愛鷹亮(撮影・上田博志)

関連するニュースを読む

K1WGP初代ヘビー級王座にプラチバット/全結果

新生K-1の初代ヘビー級王座に就いたプラチバット(右)と恩師のシカティック氏

<格闘技:K-1 WGP 2017>◇23日◇さいたまスーパーアリーナ◇観衆8000人◇日刊スポーツ新聞社後援

 初代ヘビー級王座決定トーナメントは、決勝でアントニオ・プラチバット(24=クロアチア)が、イブラヒム・エル・ボウニ(24=モロッコ)に判定勝ちして優勝。新生K-1の頂点に立った。

 ライト級王座を狙う卜部功也(27)は、クリスチャン・スペトゥク(28=ルーマニア)に大差判定勝ち。

 ウエルター級注目の対決は、木村“フィリップ”ミノル(24)が城戸康裕(34)から3度のダウンを奪い、判定で完勝した。

◆プレリミナリーファイト第1試合

K-1 ライト級 3分3ラウンド

○原翔大 判定(3-0) ×前田勇人

◆プレリミナリーファイト第2試合

K-1 スーパー・フェザー級 3分3ラウンド

○山本直樹 判定(3-0) ×覇家斗

◆プレリミナリーファイト第3試合

K-1甲子園2017~高校生日本一決定トーナメント~55キロ決勝戦 2分3ラウンド・延長1ラウンド

○椿原龍矢 判定(3-0) ×小堀厳基

◆プレリミナリーファイト第4試合

K-1甲子園2017~高校生日本一決定トーナメント~60キロ決勝戦 2分3ラウンド・延長1ラウンド

○兼田将暉 判定(3-0) ×横山朋哉

◆プレリミナリーファイト第5試合

K-1甲子園2017~高校生日本一決定トーナメント~65キロ決勝戦 2分3ラウンド・延長1ラウンド

○近藤魁成 KO(3回16秒) ×小嶋瑠久

<開会式>

◆第1試合

K-1 WGP 初代ヘビー級級王座決定トーナメント・リザーブファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○愛鷹亮 KO(1回2分14秒) ×古田太一

◆第2試合

K-1 WGP 初代ヘビー級王座決定トーナメント・1回戦(1)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○上原誠 KO(1回2分40秒) ×パコム・アッシ

◆第3試合

K-1 WGP 初代ヘビー級王座決定トーナメント・1回戦(2)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○アントニオ・プラチバット KO(1回1分40秒) ×K-Jee

◆第4試合

K-1 WGP 初代ヘビー級王座決定トーナメント・1回戦(3)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○ロエル・マナート KO(1回2分47秒) ×岩下雅大

◆第5試合

K-1 WGP 初代ヘビー級王座決定トーナメント・1回戦(4)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○イブラヒム・エル・ボウニ KO(1回20秒) ×KOICHI

◆第6試合

K-1 スーパー・ライト級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○大和哲也 KO(1回2分24秒) ×中沢純

◆第7試合

K-1 スーパー・フェザー級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○小宮山工介 判定(2-0) ×スタウロス・エグザコスティディス

◆第8試合

K-1 スーパー・ライト級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○平本蓮 判定(3-0) ×佐々木大蔵

<休憩>

◆第9試合

K-1 WGP 初代ヘビー級王座決定トーナメント・準決勝(1)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○アントニオ・プラチバット KO(1回2分9秒) ×上原誠

◆第10試合

K-1 WGP 初代ヘビー級王座決定トーナメント・準決勝(2)

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○イブラヒム・エル・ボウニ KO(1回3分0秒) ×ロエル・マナート

◆第11試合

K-1 ライト級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○卜部功也 判定(3-0) ×クリスチャン・スぺトゥク

◆第12試合

K-1 ウエルター級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○木村”フィリップ”ミノル 判定(3-0) ×城戸康裕

◆第13試合

K-1 スーパー・バンタム級スーパーファイト

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○武居由樹 KO(1回1分38秒) ×ビクトー・サラビア

◆第14試合

K-1 WGP 初代ヘビー級王座決定トーナメント・決勝

3分3ラウンド、延長1ラウンド

○アントニオ・プラチバット 判定(3-0) ×イブラヒム・エル・ボウニ

9カ月ぶりのK-1のリングで勝利を飾った卜部功也
勝負強さの戻った木村”フィリップ”ミノル

関連するニュースを読む