上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

振分親方「今の力士を」まわしオファー生真面目固辞

青森・板柳町で行われた夏巡業に参加した地元出身の振分親方(撮影・佐藤礼征)

大相撲夏巡業が14日、青森・板柳町で行われ、勧進元を務めた元関脇追風海の斉藤直飛人(44)は「多くのお客さんが集まって良かった」と胸をなで下ろした。

同町出身で引退後は青森で県議会議員を務め、この巡業では同県の相撲普及を狙った。初代若乃花や隆の里、旭富士を輩出した同県だが、近年は相撲人口が減少傾向。「僕らの頃は青森出身の力士とモンゴル出身の力士が同じくらいいた。昔は相撲か野球しかスポーツがなかったけど今は多様化している。これからまた少しでも増えてくれれば」と斉藤氏。この日は2000人近くの観客が集まり、同県出身の幕内力士である宝富士や阿武咲らが人気を博した。

斉藤氏と同じく同町出身の振分親方(元小結高見盛)は、終始写真撮影やサインを求められる人気ぶり。斉藤氏からは「まわしを締めて相撲を取らないか」と打診もあったが断った。「もう自分は力士ではないので。今の力士たちを見てほしいから、自分が目立つというのはあんまりと思い…」と生真面目に話した。

青森・板柳町で行われた夏巡業で勧進元を務めた元関脇追手海の斉藤直飛人氏(撮影・佐藤礼征)

関連するニュースを読む

稀勢の里「欲が出たかも」青森で13年前に思い馳せ

記念写真を撮る稀勢の里

 横綱稀勢の里が16日、昔を懐かしんだ。

 青森県板柳町で行われた巡業の勧進元は、元関脇追風海の斉藤直飛人氏。新入幕の04年九州場所では勝ち越した直後の14日目で初対戦し、はたき込みで敗れて2桁を逃した。「2桁勝てば敢闘賞だと思って欲が出たかも」と当時を思い出した。過去の対戦は2戦2敗。八艘(はっそう)跳びなどを得意とした斉藤氏を「(相撲が)うまかった」と振り返っていた。

関連するニュースを読む

元関脇追風海氏が当選 青森・板柳町議選

 元大相撲関脇の追風海(はやてうみ)(本名斉藤直飛人)氏(36)が19日投開票の青森県板柳町議選で初当選を果たし、20日に同町役場で当選証書を受け取った。2番目の得票数だった。

 追風海氏は1998年春場所に初土俵。関脇まで昇進した後、2006年に引退した。09年に出身地の板柳町に戻り、警備会社に勤務している。

 選挙で子育て支援やリンゴのブランド化などを訴えた追風海氏は「実現できるよう努力する」と語った。

関連するニュースを読む