上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

阿炎が復帰 西幕下56枚目からの出直し/新番付

阿炎(2020年3月18日撮影)

日本相撲協会は1日、新型コロナウイルス感染防止の観点から、通常の大阪から東京開催に変更した大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。

昨年夏、新型コロナウイルスの感染防止のため日本相撲協会が策定したガイドラインに違反し、9月の秋場所、11月場所、今年1月の初場所と3場所連続休場の処分を受けた阿炎(26=錣山)が、今場所から本場所に復帰。西幕下56枚目からの出直しとなる。

17年名古屋場所から守っていた関取の座から初場所、東幕下16枚目で転落した。昨年の7月場所中に不要不急の外出が発覚し7日目から休場。その時は東前頭5枚目だったが、翌秋場所から来年初場所まで3場所連続全休となり、西前頭14枚目→西十両11枚目と番付を下げ、初場所で幕下に落ちていた。成績次第で関取復帰は、最短でも2場所かかる。

関連するニュースを読む

佐渡ケ嶽部屋が力士数トップ 唯一30人台/新番付

琴勝峰(2021年1月15日撮影)

日本相撲協会は1日、新型コロナウイルス感染防止の観点から、通常の大阪から東京開催に変更した大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。

新番付にしこ名が載った力士総数は44部屋に、初場所から13人減の652人。部屋別、出身地別のナンバーワンはどこか…。データを紹介します。

【部屋別力士数】

毎度おなじみ? 相撲通の方なら1位と2位はあの部屋…と推測できるでしょう。ここ数年、常にトップを競うあの部屋です。

1位は佐渡ケ嶽部屋の30人。初場所から3人減ったが、唯一の30人台でトップの座をキープし続けている。幕内力士3人は伊勢ケ浜部屋の4人に次いで2位タイだ。2位は、こちらも初場所から1人減ながら28人の木瀬部屋。西前頭3枚目まで番付を上げた部屋頭の志摩ノ海や再入幕を目指す十両宇良ら多彩な顔ぶれで、関取7人は同じく幕内3人、十両4人の九重部屋と並びトップだ。

これに肉薄するのが、3位で27人の玉ノ井部屋と九重部屋。九重部屋は関取7人で“関取占有率”は高い。5位で24人の八角部屋は“関取予備軍”の幕下が最多の8人で北勝富士、隠岐の海に続く関取誕生が待望される。

6位以下は<6>境川部屋23人<7>高田川部屋、高砂部屋の各22人<9>追手風部屋21人と、ここまでが20人超の部屋だ。10位は武蔵川部屋の19人と続く。最少は鏡山部屋の2人で、片男波部屋4人、錦戸部屋5人が“少数精鋭”の小部屋で続く。

【出身地別力士数】

これもここ数年の傾向で、日本全国の人口比率に準じている順位に、ほとんど変動はない。1位は東京都の55人。以下<2>大阪府36人<3>愛知県35人と本場所開催都府県が上位3傑に入る。以下<4>兵庫県31人<5>千葉県29人<6>神奈川県28人<7>福岡県、熊本県、鹿児島県の各25人<10>埼玉県23人と、ここまでがベスト10入り。

幕内8人、十両3人とも出身地別で最多のモンゴルが21人、幾多の横綱を輩出した“相撲どころ”の北海道が20人と続き、ここまでが20人超え。北海道同様、やはり多くの名力士を輩出した相撲どころの青森県は9人(25位)となっている。なお47都道府県の最少は滋賀県の1人。福井県、鳥取県が2人となっている。

国別ではモンゴルの21人がダントツで、ブラジル、ロシア、ジョージア、ブルガリア、ハンガリー、フィリピン、ウクライナが各1人となっている。

関連するニュースを読む

高安、御嶽海、大栄翔が小結 幕内十両一覧/新番付

高安(2020年11月9日撮影)

日本相撲協会は1日、新型コロナウイルス感染防止の観点から、通常の大阪から東京開催に変更した大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。十両以上の番付は以下の通り。

<東>  <西> 

 【横  綱】   

白  鵬    鶴  竜

 【大  関】

正  代    朝乃山

貴景勝

 【関  脇】   

照ノ富士    隆の勝

 【小  結】

高  安    御嶽海 

        大栄翔

 【前  頭】   

宝富士  <1>  阿武咲 

北勝富士 <2>  若隆景 

明  生 <3>  志摩ノ海

霧馬山  <4>  妙義龍 

遠  藤 <5>  隠岐の海

玉  鷲 <6>  逸ノ城 

栃ノ心  <7>  輝   

琴ノ若  <8>  翔  猿

千代の国 <9>  豊昇龍 

翠富士  <10>  竜  電

千代大龍 <11>  琴勝峰 

明瀬山  <12>  碧  山

照  強 <13>  千代翔馬

琴恵光  <14>  剣  翔

豊  山 <15>  英乃海 

魁  聖 <16>  大奄美 

 【十  両】   

徳勝龍  <1>  天空海 

石  浦 <2>  大翔丸 

千代丸  <3>  千代ノ皇

炎  鵬 <4>  佐田の海

美ノ海  <5>  旭秀鵬 

若元春  <6>  千代鳳 

宇  良 <7>  東  龍

旭大星  <8>  松鳳山 

水戸龍  <9>  白鷹山 

貴源治  <10>  矢  後

東白龍  <11>  貴健斗 

千代の海 <12>  錦富士 

常幸龍  <13>  錦  木

武将山  <14>  一山本 

関連するニュースを読む

徳勝龍が東十両筆頭、勢は東幕下筆頭/新番付

勢(2021年1月16日撮影)

日本相撲協会は1日、新型コロナウイルス感染防止の観点から、通常の大阪から東京開催に変更した大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。番付降下、改名、引退などの力士、年寄など協会関係者は以下の通り。

【降下】

<幕内から十両>

徳勝龍(34=木瀬)東前頭8枚目→東十両筆頭

天空海(30=立浪)東前頭13枚目→西十両筆頭

佐田の海(33=境川)東前頭17枚目→西十両4枚目 

<十両から幕下>

勢(34=伊勢ノ海)東十両13枚目→東幕下筆頭

琴勇輝(29=佐渡ケ嶽)西十両9枚目→西幕下筆頭

王鵬(21=大嶽)西十両11枚目→東幕下2枚目

竜虎(22=尾上)東十両14枚目→西幕下4枚目

【改名<1>】(しこ名の上の部分)

<幕下>

伊藤→嶺刃(みねやいば=錣山)

<序二段>

黎大→黎大丸(れおんまる=式秀)

佐藤桜→二本松(にほんまつ)

葉梨→美浦ノ湖(みほのうみ=武蔵川)

谷口→隆の龍(たかのりゅう=田子ノ浦)

【改名<2>】(しこ名の下の部分も含める)

朝天舞晴多→朝天舞精多(あさてんまい・せいた=高砂)

伊藤周→嶺刃常乃助(みねやいば・じょうのすけ=錣山)

大成道大志→大成道喜悌(だいせいどう・よしとも=木瀬)

【引退】

露草、己竜山(大嶽)琴隼、琴貫鐵、琴大村(佐渡ケ嶽)城雄力(山響)宗像、星飛(藤島)禧集院(木瀬)高見劉(東関)栃佐藤(春日野)剛秦龍(式秀)北東龍(玉ノ井)渉利(立浪)

関連するニュースを読む

徳勝龍、幕内Vから5場所で十両は史上最速/新番付

徳勝龍(2021年1月10日撮影)

日本相撲協会は1日、新型コロナウイルス感染防止の観点から、通常の大阪から東京開催に変更した大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。

入幕の新顔はなく、返り入幕は3人。先場所十両優勝の剣翔(29=追手風)は5場所ぶり、英乃海(31=木瀬)は17場所ぶりの幕内復帰。英乃海は弟が西前頭8枚目の翔猿(28=追手風)で、新たな兄弟同時幕内は14年春場所の千代鳳&千代丸以来、史上9組目となった。大奄美(28=追手風)は5場所ぶりの幕内復帰を果たした。

また初場所で幕内の東前頭8枚目だった徳勝龍(34=木瀬)が十両に陥落したが、幕内優勝経験者の十両陥落は史上14人目。優勝場所から5場所での十両陥落は元小結若浪の7場所を抜いて最速となってしまった。

既に発表されている、晴れて関取の新十両は2人。貴健斗(25=常盤山)は、現在の師匠(元小結隆三杉)が先代(元関脇舛田山)から部屋継承後としては初めての新十両。熊本県からは19年名古屋場所の竜虎以来、戦後34人目の関取誕生となった。また武将山(25=藤島)は、現師匠の部屋創設後としては10年九州場所の剣武以来、2人目の関取誕生。茨城県からは、18年初場所の天空海以来、戦後22人目の新十両となった。再十両は2人。錦富士(24=伊勢ケ浜)は2場所ぶり、一山本(27=二所ノ関)は7場所ぶりの十両復帰を果たした。

大相撲春場所は、12日の取組編成会議で初日と2日目の対戦相手が決定。14日の初日を迎える。

関連するニュースを読む

貴景勝3度目かど番、2年ぶり小結3人以上/新番付

貴景勝(2021年1月18日撮影)

日本相撲協会は1日、新型コロナウイルス感染防止の観点から、通常の大阪から東京開催に変更した大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。

横綱は7場所連続で東に白鵬(35=宮城野)、西に鶴竜(35=陸奥)が就いた。ともに4場所連続休場(全休は3場所連続)明けで、復調を示す土俵となる。5場所ぶり45回目の優勝を目指す白鵬は、新たな金字塔を打ち立てた。新入幕から幕内連続在位が前人未到の100場所となった(2位は元関脇高見山=先々代東関親方=97場所)。幕内連続在位としても、史上最多の元大関魁皇(現浅香山親方)の106場所に次いで100場所に到達。幕内在位も魁皇の107場所に次いで史上2位の100場所となった。昨年の名古屋場所以来9場所ぶり7回目の優勝を目指す鶴竜は、進退をかける場所になる。

大関は、ともに先場所、かど番を脱出した正代(29=時津風)が東、この日27歳の誕生日を迎えた朝乃山(高砂)が西に。綱とりの先場所、途中休場した貴景勝(24=常盤山)は、東の序列2番目で、昨年7月場所以来、3度目のかど番として迎える。

両関脇は東西変わらず。東は2場所連続の照ノ富士(29=伊勢ケ浜)で三役は3場所連続。今場所は大関復帰をかける場所となる。西は3場所連続関脇となる隆の勝(26=常盤山)で三役も3場所連続の在位になる。

小結も東西は、東が3場所連続小結の高安(30=田子ノ浦)、西が2場所連続小結(三役は5場所連続)の御嶽海(28=出羽海)で変わらず。新たに先場所、初優勝した大栄翔(27=追手風)が4場所ぶりに西の序列2番目の小結に復帰(三役は3場所ぶり復帰)。なお小結が3人以上、名を連ねるのは19年九州場所(阿炎、遠藤、北勝富士、朝乃山)以来となる。

大相撲春場所は、12日の取組編成会議で初日と2日目の対戦相手が決定。14日の初日を迎える。

関連するニュースを読む

若隆景、千代の国、千代大龍ら5人据え置き/新番付

若隆景(2020年11月22日撮影)

日本相撲協会は1日、新型コロナウイルス感染防止の観点から、通常の大阪から東京開催に変更した大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。

1月の初場所前に新型コロナウイルスに感染、または濃厚接触者として関取衆は幕内6人、十両9人の大量15人が休場した。その番付昇降が注目されたが、結果は…。

昨年9月の秋場所を、新型コロナウイルスに集団感染したため部屋の力士28人が全休した玉ノ井部屋は、その翌場所の九州場所の番付は据え置きの“救済措置”がとられた。コロナ禍の異例の事態が考慮されたものだった。今場所の番付編成に関しては、伊勢ケ浜審判部長(元横綱旭富士)が、全体のバランスを考慮し、番付降下があることを示唆していた。

新番付で幕内は、番付昇降のない横綱白鵬を除く若隆景、千代の国、千代大龍、千代翔馬、魁聖の5人全員が据え置きとなった。

一方、十両は石浦、千代丸、千代ノ皇、炎鵬、旭秀鵬、若元春、千代鳳、旭大星、千代の海の9人全員が1枚、番付を下げた。出場した力士の勝ち越し、負け越しの昇降とバランスを取っての“一律降下”となったようだ。また同審判部長の話では、幕下以下については全員、据え置きとなっている。

関連するニュースを読む

序ノ口V熱海富士が卒業式「人間的にも成長できた」

卒業証書と花束を手に、笑顔を見せる熱海富士

静岡・飛龍高3年の熱海富士(伊勢ケ浜部屋、本名・武井朔太郎=18)が28日、沼津市内の母校の卒業式に出席した。式典後はクラスメートらと記念撮影。終始和やかなムードで高校生としての最後の1日を過ごし、「少し寂しい気持ちはあるけれど、みんなと会えてうれしかった」と笑顔を見せた。

昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会が相次いで中止。「自分たちの代で試合ができなかったのは心残り」と振り返ったが、充実した高校生活だった。普段の授業も「楽しかった」と振り返り、1番の思い出は「(沖縄への)修学旅行」だったという。高校3年間では「人間的にも成長できたと思う」。心身共に一回り大きくなった。

昨年11月には、場所の新弟子らによる前相撲で3戦全勝。今年1月の初場所では序ノ口優勝を飾った。幸先のいいスタートにも浮かれず、「もっと強くなって地元を盛り上げる力士になりたい」と志は高い。

3月1日には、3月場所の番付が発表される。「2場所連続での優勝が目標。今年中には幕下に上がって、1日でも早く関取になりたい」と力強く話した。【神谷亮磨】

関連するニュースを読む

ボクシング最終予選中止決定を日本連盟が受け入れ

日本ボクシング連盟は27日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった東京五輪の世界最終予選について、運営する国際オリンピック委員会(IOC)の特別作業部会の決定を受け入れると発表した。15日に中止が発表された翌16日に、実施を求める嘆願書を作業部会に提出していた。

作業部会は最終予選で決める予定だった男女計53枠について、17年からの国際大会の結果を含めた独自のランキングで選考する方針を示した。嘆願書ではランキングが古く、公平性を欠くことなどを訴えていた。最終予選には、日本勢は男子フェザー級の堤駿斗(東洋大)ら男女5選手が最終予選に出場予定だったが、一同に国際大会の成績が乏しく、ランキング方式での出場権獲得が難しかった。

日本連盟は書面で説明した経緯は以下。

「2月24日に、日連とBTF(特別作業部会)で意見交換を行いました。その結果、日連として、BTFの提案である、COVID19の感染拡大が世界で問題となっている状況を盛り込んだ内容を理解し、受け入れることとしました。また、今後はオリンピックホスト国の国内競技団体として、BTFとの連携を強化し、オリンピックでのボクシング競技の成功に向けて、協力していくことを改めて確認しあいました。日連としては、選手のために最大限の努力を行いました。BTFもまた、アスリートのことを第一に考えての判断だという事実もあります。主催と参加国の立場の違いでもありました。今後も日本のアスリートのために努力をしてまいります」。

関連するニュースを読む

開志学園・天井沢、小林、高木 大学でもボクシング

大学に進学する開志学園の左から小林、高木、天井沢

県高校ボクシング界の強豪・開志学園の3人の3年生が大学に進学してボクシングを続ける。女子ピン級の高木まりあは新潟医療福祉大、男子バンタム級の小林勇太は日大、同ミドル級の天井沢一志は拓大にそれぞれ今春入学。新型コロナウイルス感染拡大の影響で高校ボクシングは昨年、全国大会が行われなかった。不完全燃焼の思いをバネに大学で開花する。

開志学園を旅立つ3人の大学での目標は全国での活躍だ。

新潟医療福祉大に進む高木は同大にボクシング部がないため、継続して開志学園で練習する。「これからは後輩にもアドバイスしたい」と視野を広げながら実力アップに励む。18、19年の全日本女子、19年の全国選抜と高校で経験した3度の全国大会はいずれも初戦敗退。「まず1勝」と高校時代以上に貪欲になる。

小林の日大、天井沢の拓大は関東大学リーグの名門。兄2人が日大ボクシング部に在籍する小林は「レベルの高さは聞いている」。自身は高校で全国出場がかなわなかった。「リーグ戦のレギュラー、そして全日本選手権に出たい」と高校での悔しさをぶつける。

天井沢には「将来はオリンピック(五輪)を目指す」という大目標がある。尊敬するボクサーは同校OBで17年高校全国3冠の近藤陸(21=自衛隊体育学校)。自身は19年全国選抜2回戦進出が全国での最高成績。同じミドル級の近藤を「動画などを見て研究している」。そして超えていくことを目指す。

新型コロナウイルスの影響で、ボクシングは昨年の全国選抜、全国高校総体、国体の全国大会がすべて中止。県の独自大会も開催できず、3人の公式戦は昨年2月の全国選抜北信越予選で終了した。それでもモチベーションを下げずに練習を継続。仁多見史隆監督(46)は「素晴らしい精神力」とたたえる。昨年、3人の目標はそろっての全国勝利だった。切磋琢磨(せっさたくま)する関係は今後も変わりない。【斎藤慎一郎】

◆天井沢一志(あまいざわ・かずし)2002年(平14)9月9日生まれ、新潟市出身。早通小4年から空手、早通中ではキックボクシングを行い、開志学園でボクシングを始める。19年は全国選抜、全国総体、国体に出場。182センチ、77キロ。

◆高木(たかぎ)まりあ 2002年(平14)11月8日生まれ、村上市出身。岩船小2年からボクシングを始める。岩船中では陸上部に所属しながらボクシングを継続。中学1年の時に全日本アンダージュニア王座決定戦に出場。147センチ、46キロ。

◆小林勇太(こばやし・ゆうた)2003年(平15)2月14日生まれ、新潟市出身。3歳から空手に取り組み、葛塚中3年からボクシングを始める。昨年1月の全国選抜県予選バンタム級で優勝。173センチ、60キロ。

五輪ボクシング、世界最終予選中止で出場権は絶望的

6月の東京オリンピック(五輪)ボクシング世界最終予選が新型コロナウイルスの影響で中止となったことを受け、同予選に臨む予定だった男子ライトヘビー級の梅村錬(岩手県体協)が25日、強化合宿中の福島県会津若松市で「仕方ないが、応援してくれる方に申し訳ない。悔しい」と語った。

最終予選で決まる予定だった男女計53の枠を、2017年からの国際大会成績によるランキングで決定する。梅村ら日本の男女5選手は実績が乏しく出場権獲得は絶望的。

関連するニュースを読む

豊山「非力な子」の長男が急成長「長くやりたい」

豊山(左)と三番稽古を行う正代(代表撮影)

大相撲で平幕の豊山(27=時津風)が25日、一家の大黒柱としての決意を示した。

都内の部屋での稽古後、代表取材に応じ、昨年10月に第1子となる長男が誕生したことについて「(現役を)長くやりたいなと思うようになりました。入ったとき(入門時)からいつ終わってもいいくらいの気持ちでやってたんですけど、なかなか欲が出てきましたね」と話した。

コロナ禍のため出産の立ち合いはできず「本当に親になったのかな」と、最初は実感が湧かなかったという。自身は4500グラムと大きく生まれたが、長男は2500グラムほど。「それを考えると非力な子なんだなと思ってたら、全然関係なかったですね。もう7キロくらいあるんで」と成長の早さに驚いている。

家では真梨絵夫人と交代で食事を作り、愛息のために毎日風呂を入れるが「イクメンって言うと怒られる。向こう(夫人)が怒るというか、世間的にあんまりね。イクメンって言い方、僕も好きじゃない。やってあげてるんだって感じで。僕よりも向こうが大変なんで」と低姿勢。「自分もコロナじゃないとこんなことやってないと思う。ずっと東京にいますし、そういうことをできる時間があるからやってます。例年は今日とか明日くらいに大阪入ってますからね。だから向こう(夫人)に当たり前だって言われたらそれまでなんで」と続けた。

初場所中にマージャン店に出入りするなど、日本相撲協会作成の新型コロナウイルス感染対策ガイドラインに違反した前師匠(元前頭時津海)は、22日に日本相撲協会から退職勧告処分を受けて協会を去った。部屋を継承した新時津風親方(元前頭土佐豊)の印象については「1人で背負い込む方、弱みを出さない方、真面目すぎる方」と豊山。春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)は新体制として初めての場所となるだけに「3月(春場所)の結果でまた左右されると思う。変わったのがいいのか悪いのか言われると思う」と、結果にこだわる覚悟を示した。

まわしを締めて泥着を羽織った姿で弟子の指導にあたる新師匠で元前頭土佐豊の時津風親方(代表撮影)
豊山(右)と三番稽古を行う正代(代表撮影)
豊山(左)の結婚会見で結婚指輪を披露する真梨絵夫人=2019年8月26日

関連するニュースを読む

正代の新親方は東農大先輩「頑張らないと」決意新た

豊山(右)と三番稽古を行う正代(代表撮影)

大相撲の大関正代(29=時津風)が25日、新時津風親方(元前頭土佐豊)が部屋を継承後、初めて取材に応じ「『親方が変わったから成績に響いた』と言われるのはしゃく。言われないように頑張らないといけない」と決意を示した。

初場所中にマージャン店に出入りするなど、日本相撲協会作成の新型コロナウイルス感染対策ガイドラインに違反した前師匠(元前頭時津海)は、22日に日本相撲協会から退職勧告処分を受けて協会を去った。新師匠のもとで春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)に向けて調整する。

新師匠は、この日もまわしを締めて指導。力士に混じって腕立て伏せに参加するなど、弟子との距離は近い。正代にとっては東農大の先輩でもあるだけに、師弟関係の実感については「(まだ)現実味が湧かないけど、おいおい感じられる」と話した。

まわしを締めて泥着を羽織った姿で弟子の指導にあたる新師匠で元前頭土佐豊の時津風親方(代表撮影)
豊山(左)と三番稽古を行う正代(代表撮影)

関連するニュースを読む

白鵬苦笑い相撲勘まだ鈍い 阿武咲と30番で10敗

合同稽古で阿武咲と三番稽古を行う白鵬(右)(代表撮影)

新型コロナウイルスに感染して大相撲初場所を全休した横綱白鵬(35=宮城野)が24日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われた合同稽古に参加し、平幕の阿武咲を指名した三番稽古で計30番相撲を取って20勝10敗だった。

「離れたときの感覚」をテーマに、馬力のある押し相撲の若手を指名。呼び込んで押し込まれる場面もあり、思わず苦笑いを浮かべる場面もあったが、右四つで組み止める展開が目立った。内容を振り返り「押させるというか、そういう稽古ができた。私の相撲勘もまだ鈍っている部分もあるし、出るところで出なかったり、圧力をかけるところで圧力かけられなかったり、そういう私の失敗というところで(阿武咲が)うまく反応したというのが素晴らしいと思う。まあそこで苦笑いだね。まあ自分に対してだけどね」と笑った。

春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)に向けた合同稽古はこの日が最終日で、24日から参加した白鵬は2日間で計60番相撲を取るなど精力的に汗を流した。初場所前に新型コロナに感染した影響で、体力面の低下も懸念された中で「稽古できるとは思わなかった」と調整遅れの不安があったことを吐露。「(合同稽古で)雰囲気、環境を変えて雰囲気を味わったところで、やっぱり体がこう自然と温まってるうちに、数番やろう! となった。来て良かった」と充実感をにじませた。

合同稽古で白鵬の指名を受けて三番稽古を行う阿武咲(左)(代表撮影)

関連するニュースを読む

正代「成績響いたと言われるのはしゃく」親方交代で

師匠が交代して新体制となった部屋で稽古を行う正代(代表撮影)

大相撲の大関正代(29=時津風)が25日、新体制となった部屋を活気づける決意を示した。

初場所中にマージャン店に出入りするなど、日本相撲協会作成の新型コロナウイルス感染対策ガイドラインに違反した前師匠(元前頭時津海)が22日に退職。この日、都内の部屋で稽古を行った正代は、新時津風親方(元前頭土佐豊)が部屋を継承後、初めて取材に応じ「今のところまだ分からないけど、特別な感じはない。落ち着いて対応できたらいい」と淡々と意気込んだ。

新師匠はまわしを締めて泥着を羽織り指導にあたっている。東農大の先輩でもある新時津風親方は、前師匠と同じく弟子たちの自主性を重んじている。「そこは前師匠と変わらない。自分は自分なりに考えてやっていけたら」と正代。部屋が新体制となって初めて迎える春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)に向けて「親方が変わったから成績に響いたとか言われるのはしゃくなので、言われないように頑張らないといけないですね」と力を込めた。

この日は弟弟子で平幕の豊山と三番稽古を行い、8勝1敗。番数は徐々に増やしていくつもりで、昨年11月場所で負傷した左足首については「痛みはない。けがをしたんだなという不安、ちょっとした意識はあるけど」と説明した。

師匠が交代して新体制となった部屋で稽古を行う正代(左)(代表撮影)

関連するニュースを読む

SareeeがWWE道場入り 近日中にも加入発表

Sareee

女子プロレスラーのSareee(サリー=24)が米プロレスWWEの選手育成ジムとなるWWEパフォーマンスセンターに入ったと24日(日本時間25日)、米メディアが報じた。

23日に男女合わせて約30人がセンター入りし、トレーニングを開始したという。近日中にWWEも加入を正式発表する見通し。

Sareeeは新型コロナウイルス感染拡大前の20年2月に契約したものの、コロナウイルスの影響で渡米延期に。今年1月のシードリング新木場大会で渡米前最後の国内試合に臨み、WWE入り準備を進めていた。

関連するニュースを読む

新時津風親方「勢い継続しいい雰囲気で」継承へ思い

部屋を継承した時津風親方(元前頭土佐豊)(左)と退職処分となった前時津風親方(16年1月22日)

大相撲の時津風部屋を継承した時津風親方(元前頭土佐豊)が24日、代表取材に応じ、新師匠としての意気込みを語った。

前師匠(元前頭時津海)が初場所中にマージャン店に出入りするなど日本相撲協会作成の新型コロナウイルス感染対策ガイドラインに違反し、退職勧告処分となって協会を退職した。部屋を継承した新師匠は「緊張感はすごくあります。伝統のある部屋なので、その重みを感じているところです。(元横綱)双葉山関の興した部屋でもありますし」と現在の心境を明かした。

昨年は秋場所後に正代が大関昇進を果たすなど、部屋の力士は波に乗っている。「うちの部屋は今、すでに勢いがあると思います。大関もいるし豊山もいる。幕下も上位にたくさん上がってきている。部屋の雰囲気もいいですし、それを継続しつつ、いい雰囲気でやっていければ」。

今後の新弟子のスカウト活動については「試合会場を回っていくところから始めようと思います。1人じゃ何もできないので、いろんな人から意見を聞きつつやっていこうという気持ちです」とした。

時津風親方(19年1月31日)
結婚披露宴でケーキを食べさせ合う時津風親方(当時は安治川親方)とアイドルマジシャンの小泉エリ(16年10月2日)

関連するニュースを読む

白鵬、組んで良し離れて良し「上出来」30番全勝 

合同稽古に合流した白鵬(代表撮影)

大相撲で4場所連続休場中の横綱白鵬(35=宮城野)が24日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われた合同稽古に参加し、平幕の若隆景を指名した三番稽古で30番を全勝した。

新型コロナウイルスに感染して初場所を休場。再起を期す春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)に向けて復調をアピールした。

合同稽古に合流した白鵬が期待の若手を圧倒した。得意の右四つを中心に左からの上手投げを何度も披露。初代横綱若乃花が得意とし、自身も13年秋場所で決めたことがある大技「呼び戻し」も見せた。組んで良し、離れて良しの攻めで区切りよく30番で終了。「20番と思って土俵に入りましたけど、気付いたら20番で、じゃあもうちょっと10番と、そういう思いでやった。受け身の攻め、立ち合いの踏み込み、離れたときの間というのかな、突き押しからの押し、そういったものを意識しながら、という感じかな」。関取衆との申し合いは昨年12月に行われた合同稽古以来。番数を重ねるにつれて、気持ちが乗っていった。

初場所前の1月5日に新型コロナウイルス感染が判明した。「1月3日に稽古したときに20番取る気持ちで臨んだが、7番、8番、9番あたりで息が上がって、とてもじゃないけど相撲を取る状態じゃなかった。それに比べたら上出来じゃないかな。だからコロナって怖いものですよ。もう嫌ですね」。初場所中に退院して、体力を徐々に戻してきた。

昨年11月場所後には横綱審議委員会(横審)から「注意」の決議を下されるなど、厳しい立場にある。最後に優勝したのは1年前の春場所。「もう春連覇、目指してますよ」。昨年の春場所は史上初の無観客開催。異例の場所で結果を残してきた横綱は「東京で春場所は初めてですからね。“初めて”ということは好きですから。(初という言葉は)嫌いじゃない」とニヤリと笑った。

合同稽古で若隆景と三番稽古を行う白鵬(右)(代表撮影)

関連するニュースを読む

元荒鷲が断髪式「やっと再出発ができた」

鶴竜(右上)からはさみを入れてもらう元荒鷲のエレヘバヤル・ドゥルゴゥーン氏(代表撮影)

大相撲の元前頭で昨年1月に引退した元荒鷲のエレヘバヤル・ドゥルゴゥーン氏(34)が23日、東京・両国国技館で延期となっていた断髪式を行った。

当初は昨年5月に開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて延期となっていた。断髪式には師匠の峰崎親方(元前頭三杉磯)、先代師匠の花籠親方(元関脇大寿山)、同じモンゴル出身の横綱鶴竜、元横綱日馬富士、同じ二所ノ関一門の親方衆、関取衆ら335人の関係者が出席した。

両国国技館での断髪式開催は昨年2月の押尾川親方(元関脇豪風)以来で、コロナ禍では初めてだった。はさみを入れる関係者は土俵に上がる時だけマスクを外すものの、土俵に上がる前にアルコール消毒を徹底。密を避けるため、観客席から土俵までの導線も細かく管理されるなどの感染対策が施された。

相撲協会関係者を含めて約140人がはさみを入れたが、元荒鷲の強い要望で、関係者以外でも希望すればはさみを入れられた。当然、多くの来場客が手を挙げることになり、午後3時30分に終了するはずだった断髪式は、予定より約1時間遅い午後4時39分に終わった。元荒鷲は来場者から希望者を募った理由について「こういう状況の中でも来てくれたので、何としても最後にはさみを入れていただきたいなと思っていた。それで良かったと思う」と、笑顔で説明した。

最後は師匠の峰崎親方がとめばさみを入れて、大銀杏(おおいちょう)に別れを告げた。「気持ちも肩の力も抜けますね。軽くなるし。やれることを全部やり切ったので、そういう(寂しい)気持ちはなかった。これでやっと再出発ができたんじゃないか」と表情は晴れやかだった。

コロナ禍で開催が危ぶまれていた。「不安を感じていた。何事もなく終わるのが前提だった」と本音を吐露。峰崎親方も「半信半疑でやってきた。昨年くらいからいけるんじゃないかという感覚になってきた。協会との話し合いで、対策を万全にして、ご覧の通り、寒いんですけどね。換気をしながら、お客さんにも迷惑をかけますが…」。開催までの苦労がにじんだ。

入門時の師匠で元荒磯親方の山中武氏(元小結二子岳)もはさみを入れてくれた。「(最後に会ったのは)もう1年前くらい。去年引退を発表してあいさつに伺ったのでそれぶり。元気でしたね」。02年11月場所でともに初土俵を踏んだ同期の鳴戸親方(元大関琴欧洲)は、鶴竜とともに花束を贈呈してくれた。「びっくりした。うれしかった」。鶴竜には初顔だった17年初場所6日目で金星を挙げ、同場所8日目には横綱白鵬からも金星を獲得。白鵬との対戦はこれが最初で最後だった。記憶にも記録にも残る場所だった。

今後の進路は未定だが、日本に住み続けるつもりだ。「今まで学んだことを生かして自分にできることを精いっぱいやりたい」と、新たな道を探っている。【佐藤礼征】

夫人のプレブダシ・ヤンジンラムさん(左)からキスされる元荒鷲のエレヘバヤル・ドゥルゴゥーン氏(代表撮影)

関連するニュースを読む

元荒鷲が断髪式に鶴竜ら300人 日本に永住の意向

師匠の峰崎親方(右上)から止めばさみを入れてもらう元荒鷲のエレヘバヤル・ドゥルゴゥーン氏(代表撮影)

大相撲の元前頭で昨年1月に引退した元荒鷲(34=峰崎)が23日、東京・両国国技館で断髪式を行った。当初は昨年5月31日に開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となっていた。

師匠の峰崎親方(元前頭三杉磯)や同じモンゴル出身の横綱鶴竜ら約300人の関係者が出席した。両国国技館での断髪式開催は昨年2月の押尾川親方(元関脇豪風)以来。元荒鷲は今後、日本に永住する意向を示し、今後は未定ながら「今まで学んだことを生かしたい」と話した。

鶴竜(右上)からはさみを入れてもらう元荒鷲のエレヘバヤル・ドゥルゴゥーン氏(代表撮影)
元日馬富士のダワーニャミーン・ビャンバドルジ氏(右上)から声を掛けられる元荒鷲のエレヘバヤル・ドゥルゴゥーン氏(代表撮影)
夫人のプレブダシ・ヤンジンラムさん(左)からキスされる元荒鷲のエレヘバヤル・ドゥルゴゥーン氏(代表撮影)

関連するニュースを読む