上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

新王者の矢田良太、負ければ夫人実家の農園継いだ

新王者になった矢田良太は腰にベルト巻くと大泣き

<ボクシング:日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇16日◇東京・後楽園ホール

 ボクシングの日本ウエルター級王座戦が16日に東京・後楽園ホールであり、同級1位矢田良太(28=グリーンツダ)が新王者になった。

 同級王者有川稔男(33=川島)のV3戦で、8回に左フックでダウンを奪い、レフェリーストップでTKO勝ちした。大泣きの矢田は「目立ててよかった。まだ続けられる」。鹿児島・樟南ではDeNA大和の2年後輩。投手もケガで挫折し、脱サラしてボクサーになった。負ければ夫人の実家の農園を継げと言われていたが生き延びた。

関連するニュースを読む

矢田良太「目立ててよかった」8回TKOで新王者

<ボクシング:日本ウエルター級タイトルマッチ12回戦>◇16日◇東京・後楽園ホール

 同級1位矢田良太(28=グリーンツダ)が8回TKOで新王者になった。同級王者有川稔男(33=川島)の3度目の防衛戦で指名挑戦。激しい打撃戦になったが、8回に左フックでダウンを奪った。有川が立ち上がって再開も、1発を打ち込むとレフェリーがストップ。8回58秒TKO勝ちを収めた。

 初回に矢田が右ストレートで先手をとった。ぐらついた有川が逆襲して、今度は矢田がぐらつく。初回から激しい打ち合い。有川がペースを取りかけたが、5回の途中採点では矢田が3-0でリード。これで矢田が息を吹き返した。8回に左フックを浴びせてついにダウンを奪う。有川が立ち上がったもののダメージは大きかった。

 勝利の瞬間に矢田は大の字になり、ベルトが腰に巻かれると大泣きした。元は野球少年で鹿児島・樟南ではDeNA大和の2年後輩だった。投手だったが肘を痛めて挫折し、サラリーマンになった。「何かやりたい。腕っぷしには自信あった」と、3年で脱サラしてプロボクサーを目指した。

 尼崎ジムからデビューも2勝2敗でパッとせず。グリーンツダジムに移籍し、昨年のWBOアジア太平洋王座に次ぐ2度目の王座挑戦で花を咲かせた。「目立ててよかった。センスはないから1日4時間練習した。拾ってもらってよかった」と話した。今回負ければ、夫人の実家の農園を継げと言われていた。「まだボクシングを続けられよかった」とホッとしていた。

 有川は6連続KO中だったが、まさかの王座陥落となった。初回にいいパンチをもらい、川島会長は「引きづったかもしれない。調整はよかったが動きが悪かった」と話した。有川は「パンチは効いていた。ジャブも出ていたし。相手のパンチはパワフルだが思ったほどでは。いけると思ったが息を吹き返してこられた」。納得がいかないようだった。

関連するニュースを読む

王者有川リベンジの初防衛、ダウン挽回し4回TKO

<日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇14日◇後楽園ホール

 王者有川稔男(31=川島)が4回TKO勝ちで初防衛を果たした。

 挑戦者の同5位大川泰弘(ワタナベ)に対し、2回にダウンを喫したが、ジャブを中心にした重いパンチを上下に振り分けて挽回。「(2回のダウンは)グローブはついてないかなと思ったけど、やすめて良かった。もっと足を使われるかと思ったけど、意外と真正面にいてくれたので、ジャブが当たった」。大川の顔が赤く腫れ上がるなかで迎えた4回、冒頭からラッシュに出ると27秒にストップが入り、3年前に敗れた相手に雪辱を果たした。

 リング上では「来年のチャンピオンカーニバルではたぶん坂本大輔選手と対戦するので、今日と同じようにリベンジしたい」と、同じく過去に黒星を喫した相手への勝利を誓った。

関連するニュースを読む

有川稔男TKOでジム初王者「ありがとう」川島会長

川島ジム初の王者となった有川。右は川島会長(撮影・河合香)

<プロボクシング:日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇28日◇東京・後楽園ホール

 川島ジムに16年目で初の王者が誕生した。同級1位有川稔男(31)が同級王者新藤寛之の初防衛戦で王座初挑戦。

 初回に接近戦で左フックを浴びせてダウンを奪った。その後もパワーで接近戦に持ち込んでボディーなどをねじ込んだ。5回の公開採点で3-0とリード。その後は距離が空くとリーチのある新藤に反撃も食ったが、時には雄たけびを上げて相手を押し込んだ。10回にコーナーに追い込んで連打を浴びせると、相手陣営がタオルを投入。10回1分46秒TKO勝ちで新王者になった。

 川島会長は有川を「変わり者」と評する。東大を中退して、自衛隊のレンジャー部隊に合格した。入隊前に体を鍛えようと入門すると「これだ」と方向転換。昨年の最強後楽園でMVPと指名挑戦権を獲得した。「経歴は関係ない」というが異色に違いない。前回を含めて4度右手を骨折し、今回も2度手術を受けてスパーすらできなかった。「勝って王者になるのは当たり前。KOと骨折しない2つが目標だった」が、中盤でまた折ってしまった。右の鼓膜も破れ、8回には右手をついたがスリップダウンの判断にも救われた。「運も良かった。最初のダウンで楽に戦えた」と有川。「高いところが好き」と高層ビルの窓ふきのバイトをしている。

 元世界王者の川島会長は00年にジムを開設した。これまで2人が3度日本王座に挑戦も勝てなかった。「やっと。ありがとうと言いたい。勝ったので合格」と笑みが耐えなかった。

関連するニュースを読む

高山樹延は3-0判定で5度目の防衛

<プロボクシング:日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇7日◇東京・後楽園ホール

 日本ウエルター級王者高山樹延(29=角海老宝石)が同級1位新藤寛之(28=宮田)に3-0の判定勝ちで、5度目の防衛を果たした。

 高山は冷や汗の防衛となった。初挑戦の新藤と08年東日本新人王決勝で判定勝ち以来の対戦。初回終了間際に左ストレートで大の字にされた。「効いてはいないが、あんなダウン初めてでびっくり」。5回には右まぶたもカットし、採点でも0-2でリードされた。後半は接近戦でのボディー中心で逆転勝ち。節目のV5にも「後半は練習通りも、不細工な試合で東洋太平洋王座とか言えない」と苦笑しきりだった。

関連するニュースを読む

高山5度目防衛成功もほろ苦「不細工な試合」

<プロボクシング:日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇7日◇東京・後楽園ホール

 同級王者高山樹延(29=角海老宝石)が5度目の防衛に成功した。初挑戦の同級1位新藤寛之(28=宮田)と、08年東日本新人王決勝で判定勝ち以来の対戦。

 初回に終了間際に左ストレートを浴びて、「びっくり。正直焦った」というダウンを喫した。5回には右まぶたもカットして流血し、5回の公開採点では0-2でリードされた。後半は作戦通りに接近戦でのボディー中心に攻勢に転じ、3-0の判定で逆転勝ちを収めた。高山は「ダウン後は焦ってもしょうがいないと、練習通りにいった。こんな不細工な試合で東洋とか言ってられない」と苦笑いしきりだった。

関連するニュースを読む

岡田博喜が3-0判定で初防衛

<プロボクシング:日本スーパーライト級タイトルマッチ10回戦>◇28日◇東京・後楽園ホール

 王者・岡田博喜(24=角海老宝石)が同級1位シャムガル興一(28=三迫)を3-0の判定で下し、初防衛に成功した。日本ウエルター級タイトルマッチは王者・高山樹延(28=角海老宝石)が、同級1位斉藤幸伸丸(35=輪島功一スポーツ)を2-0の判定で、4度目の防衛を果たした。

 岡田は勝利も反省しきりだった。5回に顔面への強打を浴びぐらつくと、7回には有効打で左目横をカット。それでも最後まで攻め抜き、両者がふらふらの状態となる激しい打撃戦を制した。「相手の気持ちが強かった。ただ、10ラウンド戦えたのはこれからの糧になると思う」と話した。アマ2冠の24歳が、苦しみながらもデビュー戦からの連勝を9に伸ばした。

関連するニュースを読む

王者高山、4度目防衛も僅差判定を反省

<プロボクシング:日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇28日◇東京・後楽園ホール◇観衆1600人

 王者・高山樹延(28=角海老宝石)が2-0の判定で勝利し、4度目の防衛に成功した。

 同級1位の斉藤幸伸丸(35=輪島)と対戦。序盤は相手のジャブに苦しみポイントでリードされたが、積極的にパンチを出し続け、どうにか逆転した。

 ジャッジ1人がドロー、2人が1点差の勝利に「いつエンジンがかかるのかと思っているうちに終わってしまった。相手に合わせてしまい、手応えのあるパンチが出せなかった」と反省しきりだった。

関連するニュースを読む

高山V3 Sライト級転向で世界挑戦も

<プロボクシング:日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇17日◇東京・後楽園ホール

 王者の高山樹延(28=角海老宝石)が3度目の防衛に成功した。同級1位の鈴木哲也(31=六島)の挑戦を受け、初回から積極的な打ち合いを展開。接近戦からのボディー攻撃、右ストレートを軸に競り合い、苦手なサウスポーを攻略し、3-0の判定勝利を挙げた。世界挑戦が難しい同級だけに「節制して1階級下げて上を狙う気持ちもある」と明かした。鈴木会長も「本人がやりたいなら」と、スーパーライト級転向の可能性を口にしていた。

関連するニュースを読む

高山V3も苦笑い「あんな試合ではダメ」

<プロボクシング:日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇17日◇東京・後楽園ホール

 日本ウエルター級王者の高山樹延(すよん、28=角海老宝石)が3度目の防衛に成功した。

 同級1位となる元東洋太平洋、日本ミドル級王者・鈴木哲也(31=六島)とのV3戦で、ボディーブローや右ストレートを打ち分け、挑戦者をロープ際に追い込んだ。中盤に鈴木の左ストレートなどを浴び、動きが鈍くなったものの、強烈な右フックやボディー攻撃を続けてポイントを稼ぎ、3-0の判定勝利を挙げた。

 高山は「とにかくインファイトで中に入っていこうと思ったが、体のバランスを崩して効かせたパンチの後に続かなかった。あんな試合ではダメ。勝ててよかった」と苦笑いで試合を振り返った。

 負けた鈴木は試合後、現役引退を表明した。

関連するニュースを読む

高山樹延V2も「まだまだ」/ボクシング

<プロボクシング:日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦>◇5日◇東京・後楽園ホール

 同級王者の高山樹延(27=角海老宝石)が2度目の防衛に成功した。

 挑戦者の同級12位のコブラ諏訪(33=ピューマ渡久地)に連打を許すシーンもあったが、左ボディーや右フックなどを的確に打ち込み、試合の主導権を譲らなかった。最終10回に相打ちになった瞬間にダウンを喫したものの、最大で7ポイント差がつく、文句なしの3-0の判定勝利をおさめた。

 判定勝ちに満足いかない高山は「心のどこかに迷いがあった。まだまだ。すべてにおいて、まだまだ。世界を目指すならスピードとか、パワーとか、もっと突出しないと世界はみえてこない。もっとキャリアを積みたい」と口にした。

渡部TKO!V3&V2成功/ボクシング

<プロボクシング:東洋太平洋&日本ウエルター級タイトルマッチ12回戦>◇27日◇後楽園ホール

 東洋太平洋、日本同級王者の渡部あきのり(26=協栄)が、東洋太平洋王座3度目、日本王座2度目の防衛に成功した。東洋太平洋2位で日本1位の斉藤幸伸丸(33=輪島功一スポーツ)と対戦。序盤から壮絶な打ち合いを展開し、8回終了時には1ポイントのリードを許していたが、11回に左ストレートでダウン奪って形勢逆転。同回1分59秒、ラッシュを浴びせたところでレフェリーストップのTKO勝ちを収めた。渡部は「根性で勝った。王者になっても守りに入らず、常に成長を追い求めてきたのがよかったと思う」と手応えを口にした。

関連するニュースを読む

2冠渡部が4回KO/ボクシング

防衛した渡部あきのり(左)と日本Sフライ級王者佐藤洋太(藤中栄二)

<プロボクシング:東洋太平洋&日本ウエルター級タイトルマッチ12回戦>◇1日◇東京・後楽園ホール

 2冠王者の渡部あきのり(26=協栄)が王座防衛に成功した。挑戦者の庄司恭一郎(33=戸高)と激突。左ストレート、左フックなどを軸に攻め続け、2回には有効打で庄司を右目尻カットに追い込んだ。4回には右フックでダウンを奪い、ノーカウントのままレフェリーストップ。同回1分32秒、TKO勝ちした。渡部は日本王座は初防衛、東洋王座は2度目の防衛に成功した。

 渡部は「右フックは流れの中で出た感じ。まだまだこれからなので、長い目で見てください」と話した。これで勝った渡部は24勝(22KO)4敗となった。

関連するニュースを読む

渡部2回KOで初の王座奪取/ボクシング

<プロボクシング:東洋太平洋、日本ウエルター級タイトルマッチ12回戦>◇11日◇東京・後楽園ホール

 挑戦者の渡部あきのり(25=協栄)が新王者となった。2冠王者井上庸(29=ヤマグチ土浦)に挑戦し、1回に左ショート、右フックで2度のダウンを奪った。2回には右ストレートなどで3度のダウンを奪い、1分22秒、KO勝ち。初王座奪取に成功した。

 東日本大震災で被災した福島の大熊町と双葉町に在住の祖父母や親戚が、埼玉県内にある渡部の実家に避難。「祖父母孝行しようと思った。良い報告ができます」と喜んだ。

関連するニュースを読む

渡部が2回KOで新王者/ボクシング

<プロボクシング:東洋太平洋、日本ウエルター級タイトルマッチ12回戦>◇11日◇東京・後楽園ホール

 東洋太平洋同級9位、日本同級2位で挑戦者の渡部あきのり(25=協栄)が、同級の2冠王者井上庸(29=ヤマグチ土浦)を2回KOで下し、新王者となった。1回に右フックなどで2度のダウンを奪取。2回にも右フックなどで3度のダウンを奪い、2回1分22秒、KO勝利を飾った。

関連するニュースを読む