上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

ボクシング東京五輪代表の岡沢セオン所属先決まる

岡沢セオン(2021年2月11日撮影)

ボクシングで東京五輪代表の岡沢セオン(25=鹿児島県体協)が4月から「アマチュアボクサーのプロ」として活動していくことになった。

23日、日本ボクシング連盟が企画した五輪を想定したテストマッチを終えてオンラインで取材に対応。「応援してくれた企業さんに所属の命名権を取ってもらえたのはうれしい。自分とアマチュアボクシングの新しいやり方に協力してくれる人を裏切らないように。ずっと夢だったので」と笑顔をみせた。所属先はフィットネス業を営む「INSPA」になり、創業者が現在拠点を置く鹿児島県鹿屋市出身の縁があり、契約に至ったという。あくまでプロボクサーに転向するわけではなく、「アマチュアのプロ」という肩書にこだわった。

17日から4試合を戦ったテストマッチでは、体重調整なども行い、4カ月後へ向けた予行演習となった。「久しぶりでしたが、減量はうまくいった。試合のことに関しては、コーチからも助言もらったのを鹿児島で修正して、次の機会にはもっといいボクシングができるようにしたい」と視線を上げた。海外客の受け入れ拒否も決定したが、「こういう状況で五輪開催に動いてくれた結果。受け入れたいし、いけないといけない。海外の楽しみにしていたみなさんにお見せできないのは寂しい。オンラインで見る方にも、生で見てるくらいおもしろい試合をお見せしたい」と志した。

チャリティーボクシング「LEGEND」 3回、佐々木尽(手前)と笑顔で打ち合う岡沢セオン(2021年2月11日撮影)

関連するニュースを読む

ボクシング最終予選中止決定を日本連盟が受け入れ

日本ボクシング連盟は27日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった東京五輪の世界最終予選について、運営する国際オリンピック委員会(IOC)の特別作業部会の決定を受け入れると発表した。15日に中止が発表された翌16日に、実施を求める嘆願書を作業部会に提出していた。

作業部会は最終予選で決める予定だった男女計53枠について、17年からの国際大会の結果を含めた独自のランキングで選考する方針を示した。嘆願書ではランキングが古く、公平性を欠くことなどを訴えていた。最終予選には、日本勢は男子フェザー級の堤駿斗(東洋大)ら男女5選手が最終予選に出場予定だったが、一同に国際大会の成績が乏しく、ランキング方式での出場権獲得が難しかった。

日本連盟は書面で説明した経緯は以下。

「2月24日に、日連とBTF(特別作業部会)で意見交換を行いました。その結果、日連として、BTFの提案である、COVID19の感染拡大が世界で問題となっている状況を盛り込んだ内容を理解し、受け入れることとしました。また、今後はオリンピックホスト国の国内競技団体として、BTFとの連携を強化し、オリンピックでのボクシング競技の成功に向けて、協力していくことを改めて確認しあいました。日連としては、選手のために最大限の努力を行いました。BTFもまた、アスリートのことを第一に考えての判断だという事実もあります。主催と参加国の立場の違いでもありました。今後も日本のアスリートのために努力をしてまいります」。

関連するニュースを読む

ボクシング世界最終予選中止に日本連盟代替案提出も

堤駿斗(19年3月30日撮影)

6月に予定される東京オリンピック(五輪)のボクシング世界最終予選が新型コロナウイルスの影響で中止の見通しであることを受け、日本ボクシング連盟が15日に代替案の要望書を提出した。同五輪でボクシングの運営を担う特別タスクフォース宛てで、日本選手の五輪出場の可能性を残すために動いた。

タスクフォースは、4月にロンドンで予定されていた欧州予選がコロナ禍のため6月開催に変更するため、世界最終予選の実施が難しくなったとしているという。各大陸予選で出場権を獲得できなかった選手のラストチャンスとなる場を設けず、独自に定めるランキングで出場選手を決める方針を取る。各大陸のランクを元に出場権を割り振るが、その場合は日本で最終予選に出場予定だった男女5人はランク下位のため、選ばれない可能性が高い。

日本連盟は15日に行われたタスクフォースのオンライン会議で異議を唱えたが、各国の同調は少なかった。会議後に、代替案として「欧州予選と世界最終予選の平行開催」を要望した文書をタスクフォースに送ったが、17日にIOCによる承認を得て最終予選の中止が最終決定する見込みという。

日本からは男子がフェザー級の堤駿斗(東洋大)、ライトヘビー級の梅村錬(岩手県体協)、女子はライト級の浜本紗也(日本大)、ウエルター級の鬼頭茉衣(中京大大学院)、ミドル級の津端ありさ(西埼玉中央病院)が最終予選に臨む予定だった。

関連するニュースを読む

京口は前日まで陰性 万全感染対策実らず苦渋の中止

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチの調印式を行い会見に臨むスーパー王者京口(左)と挑戦者タノンサック(右)(撮影・清水貴仁)

世界戦が新型コロナウイルスの影響で、ドタバタの末に試合前日に中止に追い込まれた。

日本ボクシングコミッション(JBC)は2日、大阪市のインテックス大阪で3日に開催予定だったWBA世界ライトフライ級タイトルマッチを、スーパー王者の王者京口紘人(26=ワタナベ)と、セコンドを務める50代男性の2人に陽性反応が出たため中止を発表。2日午前中に調印式、計量が行われ、挑戦者の同級10位タノンサック・シムシー(20=タイ)とも問題なくクリアした直後の出来事だった。

   ◇   ◇   ◇

この日午前9時半から大阪市内のホテルで調印式と記者会見、その後に計量と、世界戦前恒例のイベントをつつがなく終えた後に不測の事態は発覚した。同日のPCR検査で王者京口、セコンドを務める50代のチーフトレーナーが陽性反応を示した。2人とも無症状。感染経路は調査中で、保健所の指示を待つためホテルで隔離状態。陣営は調印式開始から7時間後の午後4時半に緊急会見。中止の決定となった。

コロナ対策は万全を施してきた。前日1日にも両者に抗原検査を実施し、陰性だったという。それが一転しての陽性反応に中止せざるをえなかった。その結果を伝え聞いた京口は「すみません」と言ったという。

光をともす試合になるはずだった。新型コロナウイルス感染症の影響で興行を中止にするなど、ボクシング界も停止してきた。無観客から徐々に再開され、今回は感染拡大後、国内では初めて外国選手を招いての世界戦。京口は3度目の防衛をかけ、後はリングで戦うだけだった。WBA、IBF世界バンタム級王者井上尚弥が米ラスベガスで鮮烈なKO防衛を飾った直後と、追い風が吹いていた。

調印式後は「日本ボクシング界の明るいニュースになる」と話していた、JBCの安河内剛事務局長も「難しさを実感している」。再開にあたり、感染予防に最善を尽くしてきた。人数制限はあるものの観客も動員予定と、ようやくこぎ着けた世界戦がドタバタの末に中止。スポーツ庁からは、来年に延期された東京オリンピック(五輪)開催への一例となる興行として関心を示されていた。

ワタナベジムの渡辺均会長は「対戦相手に大変、申し訳ない」と陳謝。タノンサックのビザが有効な年内に、試合実現を目指す意向を示した。世界戦以外の前座試合開催も検討されたが結局、すべての試合が中止となった。興行を主催するワタナベジムは「すべての払い戻しに応じる」としたが、かなりの損失を被る。それ以上にボクシングの興行の難しさが露呈された。「苦渋の決断だった」。安河内事務局長の言葉がすべてを表した。【実藤健一】

▽日本プロボクシング協会新田渉世事務局長の話 ボクシング界としては、日本ボクシングコミッションと連携してガイドライン作るなど、感染防止へ最善の努力をしてきた。世界戦が中止とは残念としか言いようがない。全国のジムに感染予防を今1度注意喚起していく。

◆京口紘人(きょうぐち・ひろと)1993年(平5)11月27日、大阪・和泉市生まれ。3歳から空手を始め、12歳からボクシングに転向。中学時代には大阪帝拳ジムで辰吉丈一郎から指導を受けた。大商大卒業後の16年4月にワタナベジムからプロデビュー。17年7月、日本最速となるデビュー1年3カ月でIBF世界ミニマム級王座を獲得。2度防衛後に王座返上。18年12月にWBA世界ライトフライ級スーパー王座を獲得し、2階級制覇を達成した。161センチ。右ボクサーファイター。

【京口の動向】

◆10月19日 東京都内ジムで練習公開。報道陣約40人には検温や消毒を実施。ジム内は換気もされていたが、本人はマスクなし。スパーリングなどを行った。「チャンスがくればKOしたい」と抱負。

◆同26日 日本外国特派員協会に招かれて都内で会見。「東京五輪も無事開催してほしい。いい影響を与えられれば。世界中でビッグファイトができるように、しっかり成功させたい」と誓った。

◆同31日 夜に大阪入り。

◆11月1日 JBC関西事務局(大阪市)で予備検診。挑戦者のタノンサックと初めて対面する。

◆同2日 午前9時30分から大阪市内のホテルで調印式と記者会見。京口は同20分ごろにひな壇に1度姿を見せて、その後に会見に臨む。

会見後、午前10時ごろに計量。新型コロナウイルス感染症予防から報道陣ら関係者と完全隔離で実施。リミットを100グラム下回る48・8キロで一発パスする。

○…王者京口は午前中の会見で、防衛に意欲を示してした。計量はリミット48・9キロを100グラム下回る48・8キロでパスしていた。「完勝するのが1番のテーマ。自分のボクシングをすれば結果はついてくる。それだけに徹底したい」と話していた。前日にWBA、IBF世界バンタム級王者井上が米ラスベガスで鮮やかなKO防衛を飾った。「同級生なんですごい刺激をもらっている。自分も頑張りたい」と話していたが、まさかの事態に巻き込まれた。

○…今回の世界戦はアマチュア側も来年の東京五輪開催の機運醸成になると意識を共有していた。入国制限の中、プロの日本ボクシングコミッション(JBC)とアマの日本ボクシング連盟が動き、スポーツ庁など関係省庁と約1カ月に及ぶ交渉で五輪につながる公益性を訴え、タイ人挑戦者の入国ビザが発給された。日本連盟の仲間達也専務理事は「国内でイベントが開催されることが(ボクシングの)盛り上げにつながる」と語っていた。挑戦者は10月7日の来日後、2週間の隔離生活を送り、両選手のPCR検査も実施。JBCの安河内剛事務局長は「あとは我々が信頼を裏切らないように試合の運営をしていく」と話していたが、その試合を目前に信頼が裏切られる結果になった。

◆海外の世界戦での新型コロナウイルス感染 WBO世界スーパーフェザー級王者ヘリング(米国)は2度延期になった。7月2日に米ラスベガスで、井上尚弥と同じ宿泊施設と試合会場が一体のザ・バブルで無観客試合の予定だった。6月23日に感染して延期となった。7月3日に再検査陰性で14日と再設定も、試合前日の13日に再感染が判明して再延期された。試合は9月5日に開催され、昨年5月に伊藤雅雪(横浜光)から王座奪取のヘリングが8回失格勝ちした。8月1日に米コネティカット州でのWBO世界スーパーバンタム級王座決定戦は、7月29日に同級1位フルトン(米国)が陽性と判明。対戦予定だった同級2位レオ(同)と、前座の予定だった同級6位ウィリアムス(同)の対戦に変更された例もある。

前日計量をクリアしポーズを取るスーパー王者京口(右)と挑戦者タノンサック(撮影・清水貴仁)

関連するニュースを読む

しずちゃんがボクシング連盟女子強化、普及委員就任

南海キャンディーズ山崎静代(2019年6月8日撮影)

日本ボクシング連盟は31日、お笑いコンビの南海キャンディーズの「しずちゃん」こと山崎静代(41)が女子強化委員、普及委員に就任したと発表した。

女子の普及や知名度向上が狙い。女子競技が初採用された12年ロンドンオリンピック(五輪)出場に挑んだ経験を持つ。同年5月に中国で開催された世界選手権でミドル級の代表枠を獲得できなかった。15年に引退したが、かねて恩返しも込めた協力を希望していた。

来夏の東京五輪ではフライ級の並木月海(21)、フェザー級の入江聖奈(20)が日本女子初の出場を決めている。

関連するニュースを読む

ボクシングの陽性選手名は公表 行動規定違反は厳罰

日本プロボクシング協会と日本ボクシングコミッションは5日に新型コロナウイルス対策連絡協議会を開き、興行再開後の状況を踏まえてガイドライン改定について協議した。

試合前日の検査で陽性が判明した選手名は公表することとした。試合まで宿泊施設での分離中の行動規定を書面で通達し、違反者には厳罰を科すこととした。

自粛している出稽古については、感染拡大期にあるとして継続することになった。今後は試合が決まっている選手に限り、メディカルチェックの強化、申請許可制などを検討することになった。ジムでの感染者にアマ選手も複数いたことも問題視され、日本ボクシング連盟との情報共有や対策のために、窓口を設けて連携していくことになった。

関連するニュースを読む

井上尚弥、村田諒太ら審査員!高校生シャドー大会

井上尚弥(2019年12月23日撮影)

日本ボクシング連盟は26日、「高校生シャドーボクシングチャレンジ2020」を開催すると発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大により、今年の高校生の全国大会がすべて中止や延期となったことを受け、練習の成果を発揮する場として設けられた。

1人で相手をイメージしながら行う練習がシャドーボクシング。同連盟に選手登録済みの現役高校生(男女不問)が、ツイッター上に指定のハッシュタグをつけて動画を投稿することでエントリーできる。応募期間は8月1日から16日まで。

審査員には超豪華な面々がそろった。井岡一翔、井上拓真、井上尚弥、岩佐亮佑、内山高志、京口紘人、清水聡、寺地拳四朗、村田諒太、八重樫東(50音順)らが現時点で参加が決定。今後も交渉中だという。

結果発表は8月22日で、「○○選手賞」など、優秀賞に選出した審査員の名前がついた賞を発表する。

関連するニュースを読む

大阪府内ボクシングジム感染者11人に、出稽古自粛

新型コロナウイルス感染者が9人出ていた大阪府内のボクシングジムで、新たに2人の感染が判明した。日本ボクシングコミッションが23日に発表した。

出稽古に来ていた20歳代のアマ男性選手で、22日までにPCR検査で陽性判定され、入院及びホテル隔離となった。このジムからの感染者は合計11人となり、現在ジムは閉鎖されている。

この事態を受けて、日本プロボクシング協会と構成する新型コロナウイルス対策連絡協議会はこの日協議。全国の加盟ジムに対して、他のジムへの出稽古、日本ボクシング連盟登録選手(アマ選手)の出稽古受け入れ、トレーナーらの大学などでの指導を自粛するよう要請した。

関連するニュースを読む

ボクシング連盟が岡沢セオンのジムへ寄付 豪雨被害

岡沢セオン

日本ボクシング連盟は9日、来年の東京五輪男子ウエルター級代表の岡沢セオン(24=鹿児島県体協)が拠点とする、鹿児島県鹿屋市の「Wild.Bスポーツジム」にグローブなどの練習道具を寄付すると発表した。

九州南部などを襲った豪雨で被害を受けて浸水し、ランニングマシンが故障、グローブなどが泥を被るなどの被害を受けていた。九州地方のアマチュアジム、学校の被害状況を確認し、被害を受けたのは同ジムのみだった。

同連盟は試合用グローブ、ヘッドギア、バンテージ、ミット、ファウルカップ、ミット用グローブ、ボディープロテクターなどを寄付する。ジムには高校5冠王者の荒竹一真(鹿屋工)も所属している。

関連するニュースを読む

ボクシング全日本選手権実施へ、県予選など方法検討

日本ボクシング連盟は6日に理事会を開き、11月に墨田区体育館で開催される全日本選手権を実施する方針を固めた。

新型コロナウイルスの影響で9月までの大会は中止か延期となっていた。今後はブロック、県予選の実施方法などを検討していく。

関連するニュースを読む

山根会長「せめて2Rまで」秒殺KOの王者高橋祝福

試合後、勝者の高橋選手とポーズを決める山根会長(左)(高橋知哉インスタグラムより)

<プロボクシング:WYBC世界ヘビー級タイトルマッチ>◇31日◇京都市内

「男・山根」が久々に登場した。元日本ボクシング連盟会長の山根明氏(80)が会長を務めるWYBC(ワールド・ヤマネ・ボクシング・チャンピオンシップ)の興行が5月31日、京都市内で無観客で開催された。

メインは同ヘビー級タイトルマッチで王者高橋知哉選手が、挑戦者ダニエル・ハット(ブラジル)を秒殺の1回KO勝ち。山根会長は「ちょっとうつむいたら終わっとった。無観客やからせめて2ラウンドまで、ユーチューブで動画を流したい思たけど。勝負やからしゃあない。おめでとうさん。おおきに」と健在な山根節で勝者を祝福した。

「歴史に生まれ、歴史に生きた男」が会長となり、昨年9月にプロボクシングの新団体として発足。「80にして夢かける組織やから」と話す。「私が生きている間にもっと選手を強化したいね。選手を強くするのはプロもアマも同じ。テクニックとか、いろいろ勉強して強い選手を出していきたい。私が80になって感じたのは選手が孫の年代になっている。(そこまで関われ)ほんまに幸せな生き方できてるな思います」。

今後のビジョンは「日本国内で出られない選手を受け入れられるのは我々しかない」と話し、「近いうちに軽量級も作りたい」と夢は尽きない。

今後の興行予定は未定だがやはり、無観客は財政面で厳しいという。「興行とかタッチするのいややからその条件で引き受けている」と言いつつ、新型コロナウイルス禍が収まれば観客を入れての開催を目指し「小さな団体。これからも末末永く支援をよろしくお願いします」と頭を下げた。

試合後、勝者の高橋選手と会見に臨む山根会長(左)(高橋知哉インスタグラムより)

関連するニュースを読む

山中慎介氏「プレッシャーに打ち勝つ」特別レッスン

山中慎介氏と東京五輪代表内定選手らによるオンライン講座の様子。2段目左から2人目が山中氏

ボクシングの東京五輪日本代表らが23日、元WBC世界バンタム級王者の山中慎介氏(37)から特別講義を受けた。「プレッシャーに打ち勝つ」をテーマにしたオンライン講座で、経験を基にしたトップ選手ならではの試合への心身の臨み方、独自のコンディションの計り方などが語られた。

同氏は日本歴代2位の12連続防衛記録を持ち、「神の左」と呼ばれた左ストレートでもリングで光り輝いた。アマチュア時代は専大で突出した結果は残せなかったが、プロ入り後に類い希なストレート系のパンチに威力を発揮し、数々のKOシーンを生んできた。講座ではその技術についても触れられるなど、選手にとってはかけがいのない時間となった。

ウエルター級の岡沢セオンは「名チャンピオンからのとても貴重なお話を聞くことができて勉強になりました。特に、良いイメージだけでなく悪いイメージもしておくことが平常心につながると言うお話を聞き、自分も取り入れようと思いました」、女子フライ級の並木月海は「1人1人戦い方も違ければ試合前のメンタルも違う。でも、なにより自分のルーティンや、やって来た事。周りで応援してくれている方々への感謝などでプレッシャーに打ち勝つ事は出来るという事が分かりました」と感謝した。

オンライン講義はコロナウイルスによる自粛期間に日本ボクシング連盟が企画し、今回が6回目。先月の初回ではWBA世界ミドル級王者の村田諒太が講師を務めた。

村田諒太が五輪代表らに精神面などオンライン指導

村田諒太

12年ロンドン・オリンピック(五輪)金メダルでWBA世界ミドル級王者の村田諒太(34=帝拳)が「金の卵」に金言を授けた。

日本ボクシング連盟が東京五輪代表らを対象に18日に開催したオンライン講座で、講師役を務めた。世界最終予選(日時、場所未定)に挑む選手も含め、質疑などに応じた。東京五輪の1年延期を考慮し、選手のモチベーション維持、知力向上を目的とした講座では、「息子が、滑り台を逆走して上まで行こうとしていましたが、なかなか登りきれず、嫁が『ゴールがもっと上だと思って、走り抜けてみなよ』と言ったら、簡単に登り切りました」などの実例を出し、精神の持ちようなども指南した。男子ウエルター級の岡沢セオンは「技術だけでなく精神面での鍛錬にも力を入れたい」と感謝するなど、大きな刺激となったようだ。

関連するニュースを読む

偉業から2年…村田諒太は唯一無二の経験伝える

18年4月15日、WBA世界ミドル級タイトルマッチの7回にブランダムラ(左)をロープ際に追い詰める村田

日本ボクシング連盟は4月15日、ロンドンオリンピック(五輪)のミドル級金メダリストで、WBA世界同級王者の村田諒太(34=帝拳)が、東京五輪内定者と世界最終予選(時期、場所未定)出場者11人を対象にしたオンライン講義を行うと発表した。

18日に、五輪を見据えた取り組み方や、質疑応答で“金言”を授ける。日本ボクシング史に金字塔を打ち立て続ける希代のボクサーが、アマチュアの「金の卵」たちの成長に一役を買うことになる。

くしくも2年前の4月15日は、村田にとってまた1つ新たな偉業を遂げた日だった。WBA王者として迎えた初の防衛戦、同級6位のイタリア人、エマヌエーレ・ブランダムラを迎えての一戦。かかっていたのは、日本人ミドル級王者として初防衛に成功するかどうか。

過去に同級王者となったのは、竹原慎二のみ。だが「広島の粗大ごみ」と呼ばれ、立身出世の物語も注目されたその先駆者は、96年6月のV1戦でウィリアム・ジョッピー(米国)にTKO負けを喫した。会場は縁の巡り合わせか、その時と同じ横浜アリーナ。1万1000人で埋まった会場の視線は、20年以上の年月を経た“リベンジ”にも注がれていた。

相手は27勝中5KOと、強打者ではないがゆえに、厄介な懸念もあった。勝率の高さは、ポイントを拾う術にたけているということも意味する。パンチがないからこそ、危険な打ち合いを避けながら、巧みに採点を稼ぐ。オーソドックススタイルながら、ワンツーが左から右ではなく、右から左につなげるタイプ。ジャブに合わせる右クロスは見栄えもいい。

村田の攻略法は、あえてジャブを多用することだった。右クロスを警戒して手数を減らすのではなく、むしろ増やした。フェイントを織り交ぜ、相手の逃げ先を狭めていくプレッシャーのかけ方は長所の1つ。イタリア人は、これまでの敵との格の違いを感じたが、ジャブに対して攻撃の起点にする余裕はなかった。「左ジャブが思った以上によく当たった」と振り返ったように、練習から繰り返したジャブで初回からペースを握った。

左から重い右ストレート、返しの左ボディーというシンプルながらも重厚なパターンで追い詰める。印象的だったのは2回からブランダムラの背中が赤く腫れていったこと。後退してロープにする擦過傷が増えていった。翻れば、その赤い線が村田のプレッシャーのすごみを印象づけていた。

「見ていて早う倒せよと思ったかもしれない。自分もそうでした」と仕留めきれずに、客席にもジレンマが満ち始めた8回。左ガードが甘くなったところに右ストレートを打ち込んでぐらつかせると、ロープ際に後退したところをさらに右。ストレートに備えて両グローブで顔の前面をカバーした挑戦者に、伸びる右フックがアゴに捉え、キャンパスにはわせた。レフェリーはすぐに試合を止めてのTKO勝ち。「最後の右は角度を変えてスッと打ち抜けた。たまたま入ったようでもそれが練習の成果なのでしょう」。完勝で日本人初の防衛を果たした。

それから2年。そのベルトを一度は手放したが、再びその手に取り返し、昨年末にはV1戦を5回TKOで飾った。新型コロナウイルスの影響でV2戦が決定するのは少し先になりそうで、その最中でのオンライン講義になる。日本人として五輪で金、プロでも世界王者という唯一無二の経験値は、これから偉業を目指そうとする後輩たちへの最高の後押しになるだろう。【阿部健吾】

関連するニュースを読む

ロンドン五輪金の村田諒太が快諾、金の卵に金言伝授

村田諒太

ボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太(33=帝拳)が、「金の卵」たちの特別講師を務めることになった。東京五輪代表に内定している男女6人に、今後開催される世界最終予選(日時、場所は未定)に臨む5人を加えた11人に、オンラインで対話を行う。日本ボクシング連盟の菊池浩吉副会長(55)が発案し、快諾を得た。

「五輪が1年延期されたことで心配なのは選手のモチベーションです」。そこで12年ロンドン五輪で、日本人として64年東京五輪の桜井孝雄以来となる金メダルを獲得した「日本の宝」に打診した。日頃から「アマの選手にできることがあれば、なんでも協力したい」と述べていた村田は、二つ返事で講師を引き受けてくれたという。

東京を含む7都府県に7日、緊急事態宣言が発令され、強化拠点の東京・北区のナショナルトレーニングセンター(NTC)も使用中止となった。各地で自主的に練習をする選手のため、インターネット電話「スカイプ」などのオンライン動画システムを使い、全員同時に話を聞く機会を設ける。村田はボクシングの技術だけでなく、心理学や哲学などの知識も豊富。五輪の経験だけでなく、プロでも世界の層が厚いミドル級でベルトを巻き、日本ボクシング界でも随一のキャリアを持つ。その引き出しから、不安を抱えているかもしれない選手への“金言”も聞かれそうだ。

日本連盟などは直接指導できない強化選手への対策として、他に医科学委員会のドクターによる、栄養学や減量法のオンラインでの指導なども行う計画。「金の拳」を持つ村田からの最高の協力も得て、苦境の中でも成長を期す。【阿部健吾】

関連するニュースを読む

男子「阿修羅」女子「ブルーローズ」ボクシング代表

「阿修羅ジャパン」をイメージしたポーズを取る男子代表。後列左から成松、田中、森脇、前列が岡沢

日本ボクシング連盟は20日に都内で強化委員会を開き、東京オリンピック(五輪)の開催国枠の適用者3人を選出した。

男子フライ級・田中亮明(26=中京学院大中京高教)、ライト級・成松大介(30=自衛隊)、ミドル級・森脇唯人(23=自衛隊)が代表に決まった。 今月3日から11日までヨルダンで行われたアジア・オセアニア予選では、男子はウエルター級の岡沢セオン(24=鹿児島県体育協会)、女子はフライ級の並木月海(21=自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(19=日体大)が出場枠を獲得し、内定していた。男子は開催国枠による最低限の枠数「4」のうち、自力で枠を得た岡沢をのぞく、3枠を選考。女子は2人が自力で枠を得たことで、開催国枠「2」は消滅していた。

また日本代表の愛称も決まり、男子は「阿修羅ジャパン」、女子は「ブルーローズジャパン」となった。

青い薔薇を手にする女子日本代表「ブルーローズ・ジャパン」の並木(左)と入江
東京五輪代表選手。左から入江、並木、岡沢、森脇、成松、田中

ボクシング内田会長「五輪延期やむなし」意向示す

日本ボクシング連盟の内田貞信会長(2018年9月8日撮影)

日本ボクシング連盟の内田貞信会長(47)が東京五輪について、「延期やむなし」の意向を示した。

20日、都内で開催国枠での出場者の発表会見で、新型コロナウイルスの感染拡大により大陸予選などが延期していることを聞かれ、「個人的な意見ですが、平等に力のある選手が選ばれるように、開催時期をずらしててでも、いい環境で、選手ファーストで開催してほしい」と述べた。

国際オリンピック委員会(IOC)は16日、五輪予選3大会を中止すると発表していた。欧州予選は途中で打ち切られ、今月下旬の米大陸予選(ブエノスアイレス)と、日本勢が出場枠を目指す5月の世界最終予選(パリ)も中止となっていた。

IOCは競技によっては世界ランクなどでの出場資格もほのめかすが、同会長は「世界ランクは2018年しかない。2年前。現在引退している選手もいる。選手ファーストを一番に掲げるなら、その選考方法はあり得ないと思う」との見解も示した。

関連するニュースを読む

五輪へ田中亮明「勝ちをつかみにいく」弟は田中恒成

東京五輪代表選手。左から入江、並木、岡沢、森脇、成松、田中

日本ボクシング連盟は20日に都内で強化委員会を開き、東京オリンピック(五輪)の開催国枠の適用者3人を選出した。男子フライ級・田中亮明(26=中京学院大中京高教)、ライト級・成松大介(30=自衛隊)、ミドル級・森脇唯人(23=自衛隊)が代表に決まった。

会見では、田中は「もっと攻撃的なボクシングをして、勝ちをつかみにいく姿勢を見せたい」と意気込んだ。弟はプロで史上最速の世界4階級制覇を目指す田中恒成で、兄は五輪で世界に挑む。リオデジャネイロ五輪に続く2度目の出場となる成松は「非常にうれしく思う。光栄です。一生懸命頑張りたい」、森脇は「選んでくれたからにはしっかり練習して結果で返したい」と述べた。

今月3日から11日までヨルダンで行われたアジア・オセアニア予選では、男子はウエルター級の岡沢セオン(24=鹿児島県体育協会)、女子はフライ級の並木月海(21=自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(19=日体大)が出場枠を獲得し、内定していた。男子は開催国枠による最低限の枠数「4」のうち、自力で枠を得た岡沢をのぞく、3枠を選考。女子は2人が自力で枠を得たことで、開催国枠「2」は消滅していた。

関連するニュースを読む

ボクシング田中亮明ら3人を五輪開催国枠に選出

日本ボクシング連盟は20日に都内で強化委員会を開き、東京オリンピック(五輪)の開催国枠の適用者3人を選出した。

男子フライ級・田中亮明(26=中京学院大中京高教)、ライト級・成松大介(30=自衛隊)、ミドル級・森脇唯人(23=自衛隊)が代表に決まった。

今月3日から11日までヨルダンで行われたアジア・オセアニア予選では、男子はウエルター級の岡沢セオン(24=鹿児島県体育協会)、女子はフライ級の並木月海(21=自衛隊)、フェザー級の入江聖奈(19=日体大)が出場枠を獲得し、内定していた。男子は開催国枠による最低限の枠数「4」のうち、自力で枠を得た岡沢をのぞく、3枠を選考。女子は2人が自力で枠を得たことで、開催国枠「2」は消滅していた。

関連するニュースを読む

日本ボクシング連盟「招へい事業」はレベル向上目標

練習を行う中南米のジュニア選手ら

日本ボクシング連盟が25日、都内で会見し、中南米のジュニア選手を招いた「招へい事業」について説明した。

JSC(独立行政法人日本スポーツ振興センター)がスポーツ庁から受託している「戦略的二国間スポーツ国際貢献事業」の一環で、来年の東京オリンピック(五輪)の運営を担うIOC(国際オリンピック委員会)タスクフォースの渡辺守成座長が主導した。

22日に来日し、26日には日本のジュニア選手と親善試合を行う。日本のトップ選手も使用するナショナルトレーニングセンターを使って練習しており、来日した4人の1人で、コスタリカのカルタゴ君(13)は「井上尚弥は知っています。外国に来たのは初めて。試合の準備はしっかりできている。緊張はしていない。ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。

渡辺座長は「世界中のみんなが裕福なわけではない。いろんなカラーを持っている。裕福だから強い面も弱い面もある。貧しいから、もある。交流することでボクシングのレベルは上がる。僕はファミリーと呼ぶが、国際連盟が父で、その下で裕福な国が兄や姉。技術的な発展途上国が弟、妹。父がすべてを助けることはできない。いろんな国が相互交流することで発展していく」と持論を展開。日本連盟の内田会長は「過去に外国の選手を招くのは初めて。身体能力の高さ、指導面もさまざまな指導ある。日本の選手も外国の選手と話すだけで緊張すると言っており、良い経験になる」と意義を述べた。

関連するニュースを読む