上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

谷口、佐宗ともに計量クリア 日本ミニマム級王座戦

日本ミニマム級王座決定戦の前日計量をパスした谷口(右)と佐宗(提供:ワタナベジム)

ボクシング日本ミニマム級王座決定戦は3日、東京・後楽園ホールで開催される。

同王座を争う同級1位谷口将隆(26=ワタナベ)、同級3位佐宗緋月(25=T&T)は2日、都内で前日計量に臨み、谷口は100グラム少ない47・5キロ、佐宗は200グラム少ない47・4キロでそれぞれクリアした。

新型コロナウイルスの影響で、3月の王座決定戦が流れた谷口にとっては、対戦相手が変更され、仕切り直しの同決定戦となる。昨年9月の石沢開との挑戦者決定戦を制して得た挑戦権。同試合以来、約1年3カ月ぶりのリングでもあり「試合ができるのがうれしい。試合までの過程がいつもより充実している。日本タイトルは世界王座以外で絶対に欲しい王座の1つ」と意気込む。

特に所属ジムの盟友でもあるWBC世界ライトフライ級王者京口紘人(27)がコロナウイルス陽性判定で世界戦前日に中止となった。ジムも2週間閉鎖となり、試合1カ月前にジムワーク以外のトレーニングのみで調整を余儀なくされた。谷口は「コロナは誰が悪いというのはない。京口が感染し、さらに身近なものだと思った。彼の分まで頑張らないといけない」と、あらためて気を引き締めた。

一方、王座初挑戦となる佐宗はサウスポーとの対戦が約5年4カ月ぶり。「(谷口は)アマチュアの経験があり、世界挑戦もしているので総合力が高いと思う。実戦で多めに左対策をしてきました」と明かした佐宗は「自分のボクシングをまっとうしたい。自分のボクシングでのみ込んでいくイメージで戦いたい」と意欲を示していた。

関連するニュースを読む

小浦翼、最強挑戦者とV1戦も「通過点」と自信

前日計量を終え並び立つ小浦(左)と谷口

 東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ(11月11日、後楽園ホール)の前日計量が10日に水道橋・MLBカフェで公開で行われ、初防衛戦の王者小浦翼(23=E&Jカシアス)、挑戦者の同級1位谷口将隆(23=ワタナベ)ともにパスした。

 14年全日本新人王の小浦は、極真空手歴10年のキャリアを生かして、順調に階段を上がってきた。7月の王座決定戦に勝利してプロ11戦目で初タイトルを手にし、最強挑戦者を迎えるV1戦になる。「うまいボクシングをする」と谷口の実力を認めながら、「やりやすいし、かみ合うと思う。ここは通過点。しっかりクリアして、自分の成長につなげたい」と自信をのぞかせた。

 大卒2年目の谷口は4月の日本ミニマム級王座決定戦で僅差判定負けし、プロ7戦目で初黒星を喫した。その後にフィリピンでの試合も含めて2連勝し、再びタイトルに挑む。再び巡ってきたチャンスに「明日の主役は僕です。きっちり勝つ」と宣言。「小浦はうまくて強いが、僕のほうが強い。冷静に戦いたい」と述べた。

関連するニュースを読む

小西伶弥が新王者「正直、ほんとに重圧」2-0判定

<日本ミニマム級王座決定戦10回戦>◇9日◇大阪・エディオンアリーナ大阪

 同級1位小西伶弥(23=真正)が同級2位谷口将隆(23=ワタナベ)を2-0(96-94、96-94、95-95)の判定で下して新王者についた。

 試合前にはそぶりを見せなかったが、「やる前から正直、ほんとに重圧でした。相手はアマエリートで正直、ホントに強くて、心のなかでびびってました」と試合後のリングで本音をもらしたが、試合展開は逆に「重圧」をかけ続けて勝利をつかんだ。

 前半から前進を続けると、谷口が接近戦につきあい始めた6回以降に勝機がきた。5回終了時点の途中採点では1-2と劣勢だったが、ここから挽回。粘り強くボディーブローを軸に手数で勝り、激しい打ち合いを制した。「全然うまいボクシングはできなかったけど、体力と手数しかないと心の中で決めていました」と全精力を長所に注ぎ込んでの戴冠となった。

 小西は13勝(5KO)、谷口は6勝(4KO)1敗となった。

関連するニュースを読む

地元熊本声援が後押し新王者福原辰弥、次戦は高山と

8回、福原(左)はカジェロスに強烈な右ボディーを打ち込む(撮影・阿部健吾)

<プロボクシング:WBOミニマム級暫定王座決定戦12回戦>◇26日◇熊本・上天草市松島総合センター

 WBO世界ミニマム級2位福原辰弥(27=本田フィットネス)が同級1位モイセス・カジェロス(メキシコ)を2-1の判定で下し、初の世界戦を制した。暫定ながら熊本県内のジム所属選手で初の王座獲得は、昨年4月に地震があった郷里へ贈る最高の結果。自らも被災した苦境から立ち上がり、価値ある勝利を挙げた。今後、負傷で休養中の王者の高山勝成(仲里)との対戦が待つ。

 左目は5回から見えなかった。セコンドの声に、会場からは「フ・ク・ハ・ラ!」の大合唱が響く。熊本にこだわって開催にこぎ着けた会場に背中を押され、福原は引かなかった。「皆さんのおかげで勝つことができました!」。33年ぶりの熊本での世界戦。左目が見えなくても、こん身の左ボディーはカジェロスの腹をえぐり続け、9回には棒立ちさせた。判定での勝ち名乗りを受けると、右目だけで中空を見つめた。

 昨年4月、2度の震度7の地震に身を揺らした。小学校から公園での車中泊へ。避難生活を続け、わずかな日常に帰ったのは1週間後。ジム再開とともに、市内へロードワークに出た。「見慣れない景色ばかり」。公園には土のうが積まれ、熊本城にも被害は見て取れた。「悲しかった」。ただ、走るのはやめなかった。その先に王座があった。

 高1、停学中に本田会長の門をたたいた。「本当にしょうもないけど」とたばこでの失敗を振り返る青年は、その指導で右構えをサウスポーに変え、地元に残り、この日地元の希望となった。次は高山との統一戦が待つ。「まだ世界チャンピオンのレベルじゃない。もっと練習したい」。光はともし続ける。【阿部健吾】

 ◆福原辰弥(ふくはら・たつや)1989年(平元)5月8日、熊本市生まれ。08年にプロデビュー。15年に日本ミニマム級王座決定戦を制して新王者になり、3度防衛に成功。29戦19勝(7KO)4敗6分け。左ボクサーファイター。163センチ。

判定でカジェロスを破り勝ち名乗りを受ける福原(撮影・阿部健吾)

関連するニュースを読む

大平判定勝利で会長に恩返し/ボクシング

<プロボクシング:日本ミニマム級王座決定戦10回戦>◇17日◇東京・後楽園ホール

 日本ミニマム級王座決定戦は、同級1位の大平剛(29=花形)が同級2位の多打魔炸獅(ただ・まさし、24=TI山形)を3-0の判定で下し、王座を獲得した。足を使ってペースをつかむと、左右のフックを効果的に打ち込むなど、最後まで手数で圧倒した。21日はジムの花形進会長の68回目の誕生日だけに、「お世話になっている会長に良い恩返しが出来て良かった」と笑顔を見せた。今後については「しっかり防衛して、周りから認められる王者になっていきたい」と話した。

関連するニュースを読む

大平剛が完勝 日本王座獲得/ボクシング

<プロボクシング:日本ミニマム級王座決定戦10回戦>◇17日◇東京・後楽園ホール

 同級1位の大平(おおだいら)剛(29=花形)が、プロ15戦目で日本王座を獲得した。

 同級2位の多打魔炸獅(ただ・まさし、24=TI山形)と激突。序盤から左右のフックを中心に的確にパンチを当てると、パンチ力のある相手との打ち合いを避け、優位に試合を進めた。終始手数で圧倒し、3-0の判定で完勝。勝ち名乗りを受けると、喜びの涙を流し声援に応えた。

 21日は同ジムの花形進会長の68回目の誕生日だけに、「『諦めずに努力すれば日本王者になれる』と声をかけ続けてくれた会長に良い恩返しが出来て良かった」と話した。同会長は「うまく戦った。(大平は)頭が良い。パッキャオみたいになってほしい」と、同ジム6人目の日本王者となった教え子の姿に目を細めた。

 新王者の大平の戦績は15戦9勝(1KO)3敗3分け。敗れた多打は16戦11勝(7KO)4敗1分け。

関連するニュースを読む

原が新王者!大橋ジムW歓喜/ボクシング

<プロボクシング:日本ミニマム級王座決定戦10回戦>◇2日◇東京・後楽園ホール

 高校生史上初のアマ7冠を獲得した井上尚弥(19=大橋)がプロデビュー戦で、東洋太平洋ミニマム級7位クリソン・オマヤオ(19=フィリピン)に4回2分4秒KO勝ちした。

 大橋ジムのもう1人のホープ日本ミニマム級1位原隆二(22)が、13戦目で新王者となった。日本ミニマム級王座決定戦で、初回から得意のボディーでペースをつかんだ。ベテラン同級2位堀川謙一(32=SFマキ)に終盤反撃を食い、3-0の判定勝ちも小差。「カッカして、スタミナも切れ、内容は全然ダメ」と反省ばかり。「すべて上でやられっぱなしだったけど」と、井上とスパーの経験が生きた。高校4冠も1度騎手を目指した。「精神面を鍛え、遠回りを無駄にせず最終目標を目指したい」。1年後に世界挑戦のプランだ。

関連するニュースを読む

原隆二13戦目で日本王者に/ボクシング

<プロボクシング:日本ミニマム級王座決定戦10回戦>◇2日◇東京・後楽園ホール

 同級1位原隆二(22=大橋)がプロ13戦目で新王者となった。同級2位堀川謙一(32=SFマキ)に対して、初回から得意のボディー攻撃を中心にペースをつかんだ。終盤反撃を食って最終10回にはふらついたが、3-0で判定勝ちした。初のメーンでもあったが、ジャッジはいずれも2、3ポイントと小差。「1発もらってカッカして、スタミナも切れてしまった。内容は全然ダメ」と反省ばかり。高校4冠も1度騎手を目指したが、夢を捨てきれずにプロ入りした。「精神面を鍛え、遠回りを無駄にせず、最終目標の世界を目指したい」。

関連するニュースを読む

岩佐新王者「世界を目指す」/ボクシング

<プロボクシング:日本バンタム級タイトルマッチ10回戦>◇18日◇東京・後楽園ホール

 日本バンタム級王座決定戦が行われ、同級1位の岩佐亮佑(21=セレス)が、同級4位のゼロフィット・ジェロッピ瑞山(31=千里馬神戸)を破り王座に就いた。今月6日にWBCバンタム級王座決定戦を制した山中慎介(29=帝拳)が返上した王座を争い、3-0で判定勝ちした。岩佐は「実力を上げて世界を目指したい」。日本ミニマム級王座決定戦は、同級1位の三田村拓也(27=ワールドスポーツ)がWBC同級5位の国重隆(35=ワタナベ)に勝った。

関連するニュースを読む

三田村11連勝で王座獲得/ボクシング

<プロボクシング:日本ミニマム級王座決定戦10回戦>◇18日◇東京・後楽園ホール

 日本同級1位の三田村拓也(27=ワールドスポーツ)が、WBC世界同級5位の国重隆(35=ワタナベ)に勝って、王座に就いた。途中、右目の上を切って出血したが、攻勢を続け3-0で判定勝ちした。これでデビュー以来11連勝(1KO)と記録を伸ばした。

 三田村は「中盤苦しい場面があったが、勝ててうれしい。でも、王者を倒したわけじゃない。どんどん防衛をしてきたいです」と話した。

関連するニュースを読む