上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

日馬富士、名古屋場所へ向け「やるべきことをやる」

名古屋場所初日を10日後に控え、朝稽古に力が入る日馬富士(撮影・加藤裕一)

 大相撲の横綱日馬富士(33=伊勢ヶ浜)が29日、名古屋市内の宿舎で朝稽古を行った。

 十両照強、誉富士を相手に相撲を20番とって、15勝5敗。立ち合いは相手の当たりを受け、圧力を確かめながらの取り口。その後は誉富士、平幕宝富士に約30分間、胸を出し、時折大声ではっぱをかけながら、気合十分に稽古をつけた。

 名古屋場所(7月9日初日、愛知県体育館)を10日後に控え「う~ん、まあまあですね」と、コンディションは上々のようだ。名古屋は優勝8回のうち3回を手にした験のいい場所。「やるべきことをやる。それと(相撲をとらせてもらえる)感謝の気持ちを忘れないこと」と話した。

関連するニュースを読む

閉じる

4位日馬富士/大相撲総選挙ユーザーコメント

4位(西大関)日馬富士(伊勢ケ浜)3654票

 第6回大相撲総選挙に投票いただき、ありがとうございました。投票だけでなく、多くの皆さまから熱いメッセージをいただきましたので、ごく一部ですが紹介いたします。

4位(西大関)日馬富士(伊勢ケ浜)3654票

4位 日馬富士 3654票

★愛してるからだよっ!!!!!!日馬富士は、もう、神なんだよっ!!!!(40代女性)

★日馬富士→私が一番つらかった時、その姿をテレビでみてたくさん支えられたから、また巡業では一生に残る思い出をくれたから、大好きだから。(10代女性)

★ダメ抱きが良すぎる。ダメ抱きした理由も好き。(10代女性)

★私のタイプが太くて下がり眉であって、ドンピシャだし、性格的にも気は強くて、でもダメ抱きするような優しいひとだから。(10代女性)

★小兵でありながらそのスピードと相手に突き刺さるような右の喉輪で圧倒する横綱、勝負以外での紳士的な振る舞いも見ていて気持ちのいい横綱(30代男性)

★小兵時代の、安馬の頃から好きなので。照ノ富士が大関になってから、日馬富士が更に男気強く、人間味も素敵になった。(40代女性)

★変化しないことや、頭をつけて相撲をとることから、横綱としての責任を果たしつつ、どんな相手にも全身全霊で自分の相撲をするところがかっこいいから。(10代女性)

★優しくてかっこいい、そして絵がとても美しい。そして平蜘蛛がめちゃこわい。(20代女性)

★日馬富士の相撲に対する意識や向き合い方が好きだから。(40代女性)

★小さいからだと満身創痍な状態の中でも、決して自分に負けない姿が大好き。相手を敬う心を持っている横綱の品格を持った力士。(30代女性)

★満身創痍と言われても全力のスピード相撲が本当にカッコイイ。(30代女性)

★日馬富士の全身全霊の相撲にいつも感動と勇気をもらっています!大好きです!!(30代女性)

★日馬富士関のお顔、声、スタイル、相撲の取り方全てが大好きです。(40代女性)

★日馬富士は手の届かない横綱なのに、威張ってなく反対にファンサービスしてくれて、すごく優しい!!!笑顔は後光が差して神様みたい!!!素敵すぎる(*´▽`*)(30代女性)

★ただただ尊敬。(50代女性)

★夏場所よく見た優しさに感激。私も抱きとめしてもらいたい。笑(30代女性)

★スピーディーな相撲がかっこいい(20代女性)

★勝ち残りで土俵下に坐った日馬富士関が、肘や膝のサポーターを1つずつ取って、きちんとたたんで膝の上に積み上げていくのを、私は土俵の上の取組も見ずに眺めています。こんな息子がほしいな~と思いながら!(60代以上女性)

★握手してください、と言ってから横綱が手に荷物を持っていることに気づき、手を引っ込めようとしたら、薬指と小指だけで握手してくれた。なんて優しい横綱。土俵でも落ちそうな力士を抱きしめるように支えている。本当に優しい。(20代女性)

★実況で「突き刺さった日馬富士」が好き、ほんとに突き刺さってる(10代女性)

関連するニュースを読む

閉じる

日馬富士の「満身創痍に泣ける」4位/大相撲総選挙

大相撲総選挙で4位になった日馬富士

<第6回大相撲総選挙>

 4位の日馬富士は全身全霊の取組でファンの心を射貫いた。

 「つらかった時、テレビで見て支えられた」(10代女性)「満身創痍(そうい)で相撲を取っているのが泣ける」(20代女性)と勇気を届けている。日頃から「応援してくれる人のために土俵に上がる」と口にしていて、その思いがしっかりと伝わっていた。

関連するニュースを読む

閉じる

大島、友綱親方が名跡交換「明るい部屋に」襲名披露

集まった関係者の前で並ぶ、友綱改め大島親方(右)と大島改め友綱親方

 大相撲の友綱改め大島親方(元関脇魁輝)の定年祝い及び、大島改め友綱親方(元関脇旭天鵬)の襲名披露式が11日、東京・墨田区のホテルで行われた。

 12日に65歳の定年を迎える先代友綱親方は「入門当初は今の自分を想像できなかった。現役時代は大きなケガもすることなく過ごせた。師匠としては、魁皇のおかげでいろいろな経験をすることができました。これは人生の宝です。そして大島親方が継ぐことになり本当に幸せです」とあいさつした。

 11日付で名跡を交換し、モンゴル出身力士として初の師匠となる新友綱親方は「15年に親方になっていろいろな経験をした。これからは友綱部屋の師匠として相撲で盛り上げて、明るい部屋にしたい」と抱負を語った。12日から新友綱親方の稽古指導が始まる。部屋の看板も、先代と自分の木札も変えないという。なじみの部屋で、新しい風を吹き込んでいく。

 八角理事長(元横綱北勝海)も出席し「部屋持ちの親方として大事なのは新弟子を入れること。肝に銘じて部屋の経営を頑張って下さい」とエールを送った。横綱白鵬、日馬富士、鶴竜、伊勢ケ浜一門の関取や後援会関係者ら約800人が出席して盛大に行われた。

関連するニュースを読む

閉じる

誉富士の結婚披露宴に兄弟子日馬「うれしい気持ち」

結婚披露宴でケーキに入刀する十両誉富士(左)と祥子さん

 大相撲の十両誉富士(32=伊勢ケ浜)が3日、都内で祥子さんと結婚披露宴を行い、約500人から祝福された。

 祥子さんはおかみさんの淳子さんの親類で、15年1月に知り合った2人。誉富士が「世界一の美人なんじゃないかと思った」とのろけると、祥子さんも「変わらずかわいい笑顔でした。世界一の笑顔です」と熱く返した。兄弟子の横綱日馬富士が「うれしい気持ち。家族と子どもは運を持ってくる」とエールを送ると、誉富士は「子どもは最低2人欲しいですね」と待ち望んでいた。

 師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)はあいさつで、厳しくも温かいげきを飛ばした。6勝1敗から4連敗した夏場所を振り返り「優勝するんじゃないか、いい披露宴になるなと思ったら、途中で負けて9番(9勝)。良いんだか、悪いんだか、さっぱり分からない。いっつもそう。どうせ勝つなら、日馬富士や照ノ富士みたいに連勝して欲しいし、負けるなら宝富士みたいに10連敗、20連敗した方がまだマシ」と笑わせた上で「幕内で通用する力はある。そこで、救世主が現れた。祥子さんの力で、ガラスのハートを鉄板に変えて欲しい」と願った。

 そんな師匠の言葉を聞いた誉富士は「師匠が、幕内で相撲が取れる実力はあると言ってくれた。その思いに応えられるよう、より一層、頑張っていきたい。35歳まで関取を続け、そのうち金星を1個でも取りたい」と誓っていた。

結婚披露宴のお色直しで、化粧まわしで登場した十両誉富士(左)と祥子さん

関連するニュースを読む

閉じる

日馬富士「疲れた~心も体も」白鵬に苦杯も完全燃焼

<大相撲夏場所>◇千秋楽◇28日◇東京・両国国技館

 横綱日馬富士(33=伊勢ヶ浜)は結びの一番で白鵬に負けて、11勝4敗だった。

 横綱対決は、力のこもった長い相撲となった。「余計なことを考えず、この1番だけいい相撲を取ろうと思っていました」。

 鶴竜、稀勢の里が途中休場し、白鵬との2横綱で場所を支えた。「そういうことはあまり考えていません。精いっぱい15日間務めることが、目標であり、役目です」。それでも、最後に「ゆっくり休みたい。疲れた~ほんとに。心も体も」と大きく息を吐いた。

関連するニュースを読む

閉じる

日馬富士、白鵬の印象問われ「自分の相撲に精一杯」

豪栄道(左)に、はたき込みで敗れる日馬富士(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇14日目◇27日◇東京・両国国技館

 白鵬の優勝決定を見た直後、豪栄道に敗れた日馬富士のコメント。

 「立ち合いから相手の流れで、相撲をとらせてもらえなかった。(今場所の白鵬の印象を聞かれても)自分の相撲に精いっぱいですよ」。

関連するニュースを読む

閉じる

高安、大関確実に「コツコツ、やっと報われた1勝」

高安(右)ははたき込みで日馬富士を破る(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇13日目◇26日◇東京・両国国技館

 関脇高安(27=田子ノ浦)が大関昇進を確実にした。1敗の横綱日馬富士をはたき込みで破り、11勝目を挙げた。昇進目安となる直近3場所33勝を1つ上回り、昇進を預かる審判部の二所ノ関部長(元大関若嶋津)も会議の開催を明言。場所後に「大関高安」が誕生する。優勝争いは横綱白鵬が全勝を守った。1敗力士は消え、14日目に勝てば自らの記録を更新する幕内最多38度目の優勝が決まる。

 その手でつかんだ。結びの一番を上回る35本(手取り105万円)の懸賞の束を。そして、大関の地位を。「コツコツ頑張ってきたので、やっと報われた1勝だと思います」。高安は、静かに喜びをかみしめた。

 「相撲人生の大一番」と位置づけた日馬富士戦。右から張って右上手を引く。投げの打ち合いでまわしが切れて1度は俵に詰まったが、先代師匠の鳴戸親方(元横綱隆の里)の教えがよみがえった。「土俵の外は千尋の谷だ。土俵際で残すことに相撲の美学があるんだ」。押しを残した。はたき込みが決まった。相撲の神さまがほほ笑んだ。「皆さんが思うのと一緒です」と二所ノ関審判部長に大関昇進を認められた。「相撲をやっていて良かったと今、あらためて思います」。

 1つ違えば、ここにはいなかった。05年春場所の初土俵から半年後、何度も部屋を逃げ出した。理由は人間関係。4度目の脱走から連れ戻される途中には、信号が青に変わる直前に車から飛び降り、千葉・松戸市から実家の茨城・土浦市まで自転車で6時間かけて戻った。先代はあきらめた。あきらめなかったのは父栄二さんだった。「絶対に戻しますので引退届を出さないで下さい」。何度も頭を下げた。

 同年10月に父は最後の策を練った。出られなかった中学の卒業証書を取りに誘う。何げなく訪れた先に、校長ら先生が全員いた。「横綱になれよ」と握手された。「部屋に帰るしかないか…」。渋々、戻ると、部屋関係者が全員集まっていた。稀勢の里も。その場で父は膝を折った。「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」。頭を畳につけた。土下座だった。その光景を見て「オレは、親に何をやらせているんだと思った」。相撲で生きる覚悟が、生まれた瞬間だった。

 国技館には毎日、両親が訪れていた。涙ぐむ2人の姿に「またこれで1つ、親孝行ができました」。喜びに浸るのは千秋楽後。ただ、恩返しはこの日、できた。【今村健人】

関連するニュースを読む

閉じる

日馬富士「恩返しされた気分」高安に敗れ優勝苦しく

高安(右)にはたき込みで敗れた日馬富士(撮影・神戸崇利)

<大相撲夏場所>◇13日目◇26日◇東京・両国国技館

 横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)が痛恨の2敗目を喫した。前日に大関とりの目安である今場所の10勝をクリアした関脇高安にはたき込まれた。

 途中で投げから相手のバランスを崩すなど、優位に勝負を進めていただけに「(立ち合いは)四つでも突っ張りでも、どうなってもいいと思っていた。(最後は)相手がよく見えていたね」と悔しさを押し殺した。一方で高安については「ずっと胸を出して稽古をつけてきたんでね。大関を目指して頑張っていた。ある意味では恩返しされた気分です」と成長を認めた。

 全勝の白鵬と差が広がり、9度目の優勝は苦しくなったが「あと2日、しっかりとりたい」と気持ちを切り替えていた。

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬13勝、日馬富士、照ノ富士、高安2敗 夏場所

日馬富士(手前)をはたき込みで破る高安(撮影・神戸崇利)

<大相撲夏場所>◇13日目◇26日◇東京・両国国技館

 38度目の優勝を狙う横綱白鵬(32=宮城野)は、関脇玉鷲(32=片男波)を寄り倒し全勝を守った。

 1敗で追う横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、大関取りの関脇高安(27=田子ノ浦)にはたき込まれ、ともに11勝2敗となった。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は、前頭4枚目栃煌山(30=春日野)を小手投げで下し11勝2敗。栃煌山は5勝8敗で負け越し。大関豪栄道(31=境川)は、前頭4枚目宝富士(30=伊勢ケ浜)を寄り切って8勝5敗とし勝ち越しを決めた。

 関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)は、前頭2枚目隠岐の海(31=八角)を寄り切って5勝8敗とした。

 人気力士の前頭筆頭遠藤(26=追手風)は、小結御嶽海(24=出羽海)に引き落とされ5勝8敗で負け越しとなった。御嶽海は7勝6敗。

 前頭10枚目宇良(24=木瀬)は、同6枚目勢(30=伊勢ノ海)に叩き込まれ3敗目を喫した。勢は9勝4敗。

 13日目を終え、勝ちっ放しは白鵬、2敗で日馬富士、照ノ富士、高安が追う展開となった。

関連するニュースを読む

閉じる

高安、大関昇進目安33勝「大きな一番」藤島副部長

2敗を守った高安は懸賞金の束を手に引き揚げる(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇12日目◇25日◇東京・両国国技館

 関脇高安(27=田子ノ浦)が平幕の宝富士(30=田子ノ浦)を、守勢に回りながら上手投げで破り、2桁10勝目をマーク。過去の例から大関昇進の目安とされる「三役で3場所合計33勝」に届いた。

 日本相撲協会の幹部からは「昇進」を示唆するような言葉は出なかった。それでも、高安の力を高く評価する声は変わらない。八角理事長は「安定した力はつけたという印象。特に今場所は落ち着いている」と話した。大関昇進には、千秋楽まで見て、審判部の総意を受けて場所後の理事会招集-という流れがある。ましてや理事長判断で決まるものでもなく「(昇進は)審判部が(自分に)言ってきてからの話。33勝は関係ない」と、昇進をにおわす言葉は当然、差し控えた。

 土俵下で審判長を務めた審判部の藤島副部長(元大関武双山)は、高安の心理を読み解くように「今場所初めて(立ち合いで)もろ手で行った。ぎこちなかったですね。いつもの(体当たりではじくような)立ち合いの方が良かったと思いますが、思うところがあったのか。(2桁勝利の)意識があったのかもしれませんね」と分析。ただこの1勝の重みについては「12日目で一応の目安ですからね。何となく勝っているわけでなく、力があるなという勝ち方。大きな一番であることには変わりない」と評価。13日目の日馬富士戦にも「どっちが勝っても激しい相撲になる。勝つことで自分の優勝の道も開けるかもしれない。集中していってほしい」と期待した。

関連するニュースを読む

閉じる

日馬富士、貴ノ岩休場で不戦勝「力抜けるなあ~」

日馬富士は不戦勝で勝ち名乗りを受ける(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇12日目◇25日◇東京・両国国技館

 横綱日馬富士(33=日馬富士)が平幕貴ノ岩の休場による不戦勝で、11勝1敗となった。

 この日の朝稽古を終えた後、報道陣に貴ノ岩休場を聞かされて「えっ、うそ?」と目を丸くした。その後は「なんで?」「(負傷箇所は)足?」「いつ(休場が)わかったの?」と矢継ぎ早の逆取材。前日11日目に御嶽海に初黒星を喫し、連勝が止まったばかり。結果的に労せずして白星を手にした形だが「(対策を)みっちりやって、楽しみにしてたのにね。力抜けるなあ~」と複雑そうな表情を浮かべていた。

 全勝の白鵬を1差で追って、残り3日。13日目は大関とりの目安をクリアして勢いに乗る高安戦だ。「楽しみな相手。あと3日ある。勝負事だしね」。1敗をキープし、千秋楽の横綱決戦に持ち込むつもりだ。

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬12連勝、1敗で日馬!高安10勝大関ほぼ手中

宝富士(後方)を上手投げで破り大関昇進目安の10勝目を挙げた高安(撮影・丹羽敏通)

<大相撲夏場所>◇12日目◇25日◇東京・両国国技館

 6場所ぶり38度目の優勝を狙う横綱白鵬(32=宮城野)は、前頭4枚目の栃煌山(30=春日野)をはたき込んで無傷の12連勝と星を伸ばした。

 5場所ぶり9度目の優勝を目指す横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、前頭5枚目貴ノ岩(27=貴乃花)が「左大腿四頭筋肉離れ」でこの日から休場となったため不戦勝で11勝目。

 大関豪栄道(31=境川)は、前頭3枚目の碧山(30=春日野)を押し出し7勝目。かど番脱出へあと1勝となった。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は、同5枚目の正代(25=時津風)を送り出して10勝2敗。正代は8勝4敗。照ノ富士は左脚を引きずりながら引き揚げた。

 大関どりの関脇高安(27=田子ノ浦)は、前頭4枚目の宝富士(30=伊勢ケ浜)を上手投げで下し10勝目、大関昇進の目安となる直近3場所での33勝に到達した。

 関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)は、小結御嶽海(24=出羽海)に寄り切られ8敗目となり負け越し。御嶽海は6勝6敗の五分に戻した。

 人気力士の前頭筆頭遠藤(26=追手風)は、前頭2枚目隠岐の海(31=八角)を寄り切って5勝7敗。

 前頭10枚目宇良(24=木瀬)は、同7枚目北勝富士(24=八角)を送り出して、10勝2敗とした。

 12日目を終え、優勝争いは全勝で白鵬、1敗で日馬富士、2敗で照ノ富士、高安、宇良となった。

関連するニュースを読む

閉じる

日馬富士納得いかぬ1敗「負けは負け。明日の一番」

日馬富士(右)は、御嶽海に寄られて左足が土俵の外に出る(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇11日目◇24日◇東京・両国国技館

 横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は痛恨の初黒星だ。御嶽海ともみ合い、土俵際の攻防で左足が外に出て天を仰いだ。

 立ち合いも一瞬左に動くなど納得のいかない内容だったのか、支度部屋ではしばらく無言。大きく息を吐きながら「負けは負け。明日の一番に集中します」と言葉を絞り出した。稀勢の里も休場し、横綱は2人だけ。「あと4日もありますから。また明日から気持ちを切り替えて頑張ります」と話した。

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬11連勝、日馬富士1敗、高安9勝で大関へM1

全勝を守った白鵬(撮影・丹羽敏通)

<大相撲夏場所>◇11日目◇24日◇東京・両国国技館

 6場所ぶり38度目の優勝を狙う横綱白鵬(32=宮城野)は、かど番の大関豪栄道(31=境川)を上手ひねりで下し11連勝と星を伸ばした。豪栄道は6勝5敗。

 5場所ぶり9度目の優勝を目指す横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、小結御嶽海(24=出羽海)に寄り切られ、今場所初黒星となった。御嶽海は5勝6敗。

 稀勢の里は「左大胸筋損傷、左上腕二頭筋損傷」でこの日から休場。関脇玉鷲(32=片男波)は不戦勝で勝ち越しとなった。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は、前頭3枚目の碧山(30=春日野)を上手投げで下し9勝2敗とした。

 大関どりの関脇高安(27=田子ノ浦)は、前頭4枚目の栃煌山(30=春日野)をはたき込んで9勝目。初場所と春場所で計23勝を挙げている高安は、今場所の9勝を合わせて32勝。大関昇進の目安となる直近3場所33勝へあと1勝とした。

 関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)は、前頭筆頭千代の国(26=九重)を寄り切って4勝目。

 人気力士の前頭筆頭遠藤(26=追手風)は、小結嘉風(35=尾車)を寄り切って4勝目。嘉風は5勝6敗。

 前頭10枚目宇良(24=木瀬)は、同5枚目の正代(25=時津風)を送り出して9勝2敗。正代は8勝3敗。

 11日目を終え、優勝争いは全勝で白鵬、1敗で日馬富士、2敗で照ノ富士、高安、栃ノ心、宇良となった。

関連するニュースを読む

閉じる

御嶽海おいしい日馬撃破!稀勢休場で懸賞22本追加

日馬富士を破って勝ち名乗りを受ける御嶽海(撮影・丹羽敏通)

<大相撲夏場所>◇11日目◇24日◇東京・両国国技館

 小結御嶽海(24=出羽海)が、全勝の横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)を止めた。

 稀勢の里の休場で結びとなり、さらに掛け替えられた懸賞が22本加わって、計28本がついた一番。横綱を寄り切り「素直にうれしいです。しっかり、自分の相撲が取れたんじゃないかと思います」と喜んだ。

 低く鋭い立ち合いをする日馬富士に負けない立ち合い。いきなり2本入った。「あんなにスパッと入ると思っていなかった。横綱も迷ったと思います」。もろ差しになり、迷わず寄る。土俵際で左上手を取った横綱に振られたが、そのとき既に日馬富士の左足が土俵を割っていた。「残された感触しかなかった。がっぷり四つになって『ヤバイ』と思ったら、審判が手を上げていた」。ぼうぜんとする横綱を横目に、勝ち名乗りを受けた。

 初日の鶴竜に続いて2人目の横綱撃破。「ぜいたくを言えば2大関も狙えたんじゃないかと思いますが、2横綱だけでも勝てたので自信になる。白星が先行しているわけではないので、明日も勝って五分にし、そこから全勝で行きたい」。期待の若手は鼻息荒く言ってのけた。

関連するニュースを読む

閉じる

稀勢の里休場 「力が入らない。相撲にならない」

10日目に琴奨菊に寄り切られ4敗目を喫した稀勢の里は悔しそうな表情で土俵に戻る(撮影・河野匠)

 左上腕付近に負傷を抱え、9、10日目と連敗していた大相撲の横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が11日目の24日、日本相撲協会に、前回と同じく「左大胸筋損傷、左上腕二頭筋損傷で約1カ月の通院加療を要する」との診断書を提出して休場した。稀勢の里の休場は大関時代の14年初場所千秋楽以来、2度目。11日目の相手の関脇玉鷲は不戦勝となる。

 部屋で対応した師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)は「昨日の夜と今朝、本人と話した。『力が入らない。相撲にならない。すみません』と言うので、休場を決めました。今まで本人から言うことはなかったのでそういうの(横綱の責任)もあったと思う」と明かした。

 稀勢の里は春場所13日目の横綱日馬富士戦で左上腕と大胸筋付近を負傷。千秋楽で奇跡的な逆転優勝を果たしたが、その後の春巡業を全休して治療に専念してきた。急ピッチで仕上げて場所に臨んだが、2つの金星を許すなど10日目を終えて6勝4敗と精彩を欠いていた。

 田子ノ浦親方は「状態が悪化したというのではなく、中日を過ぎて力が入りにくくなっていた。昨夜(都内の)病院で診断書を出してもらった。結果は(以前と)何も変わっていなかった」と説明。今後については「来場所があるので、それに向けて治療していく。動いたりはできるので」と話した。

関連するニュースを読む

閉じる

宇良通算100勝に3度ビックリ!初の三賞も見えた

魁聖(右)を切り返しで下す宇良(撮影・河野匠)

<大相撲夏場所>◇10日目◇23日◇東京・両国国技館

 西前頭10枚目の宇良(24=木瀬)が通算100勝を挙げ、新入幕から2場所連続の勝ち越しを決めた。21センチ大きく、54キロ重い三役経験者の魁聖を切り返しで破った。残り5日間に初の三賞を視野に入れ、優勝戦線に残って終盤戦に挑む。

 勝っても負けてもひょうひょうと…そんな男が珍しく無邪気に喜んだ。宇良の声のトーンが上がった。

 「へ~、それに関しては…。100勝記念にジュースで乾杯しようかな」

 新入幕から2場所連続で勝ち越した。春場所は千秋楽に決め、今場所はまだ10日目。なのに「今日が千秋楽ならうれしいですけどね」と平静だった。ところが、15年夏場所の序ノ口デビューから積み重ねた「100勝」には大きく反応。3度も「びっくり」と言った。142番での到達は、60年名古屋場所以降(幕下付け出しを除く)で元横綱武蔵丸、朝青龍に並ぶ8番目のスピードとなった。

 この日も満員御礼の国技館を沸かせた。195センチ、191キロの巨漢魁聖を、174センチ、137キロの体で翻弄(ほんろう)する。おなじみの低い当たりから、捕まえようと前に出る相手を左ではたいて、体を入れ替える。土俵際で相手の右半身に張り付き、背後から左足で切り返した。

 師匠の木瀬親方(元前頭肥後ノ海)が今場所の弟子の充実ぶりを語る。

 「幕内のリズムが見えてきたんじゃないかな。相撲だけじゃなく、空気とかね。もともと自分の体のことをよく知ってるし」

 残り5日。今日24日は学生相撲出身の1学年先輩、正代と同じ8勝2敗で激突する。「初日からやってることを変わらずにやるだけです」。全勝の白鵬、日馬富士と2差。優勝戦線で踏ん張れば、初の三賞は確かに見えてくる。【加藤裕一】

関連するニュースを読む

閉じる

日馬富士トップ並走「体はよく頑張ってくれている」

栃煌山(右)を寄り切りで破る日馬富士(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇10日目◇23日◇東京・両国国技館

 日馬富士が稀勢の里から金星を挙げた栃煌山を電光石火で寄り切り、全勝を守った。

 9日目の玉鷲戦で痛めた右足親指の不安も一切感じさせず「体はよく頑張ってくれてます」。5場所ぶり9度目の優勝へ、終盤戦は白鵬との一騎打ちの様相だが「自分の相撲に集中して。1日1番」と繰り返した。

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬、日馬富士無傷10勝目、2敗で高安ら 夏場所

白鵬(手前)に寄り倒しで敗れる高安(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇10日目◇23日◇東京・両国国技館

 6場所ぶり38度目の優勝を狙う横綱白鵬(32=宮城野)は、大関どりの関脇高安(27=田子ノ浦)を寄り倒して無傷の10連勝と星を伸ばした。高安は8勝2敗。

 5場所ぶり9度目の優勝を目指す横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、前頭4枚目の栃煌山(30=春日野)を寄り切って10勝目を挙げた。

 横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)は、関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)に寄り切られ2連敗で4敗目。琴奨菊は3勝7敗。

 かど番の大関豪栄道(31=境川)は、前頭2枚目の千代翔馬(25=九重)をすくい投げで下し6勝目とした。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は、小結嘉風(35=尾車)を寄り切って8勝目、勝ち越しを決めた。

 人気力士の前頭筆頭遠藤(26=追手風)は、関脇玉鷲(32=片男波)の小手投げを食らって7敗目。玉鷲は7勝3敗。前頭10枚目宇良(24=木瀬)は、同15枚目魁聖(30=友綱)を切り返して8勝目とし勝ち越し。

 10日目を終え、優勝争いは全勝で白鵬、日馬富士、1敗力士は消えて、2敗で照ノ富士、高安、正代、栃ノ心、宇良となった。

関連するニュースを読む

閉じる

稀勢の里読まれていた…V3絶望3敗目に深いため息

栃煌山(左)に寄り切られ、悔しそうな表情で土俵から落ちそうになる稀勢の里(撮影・狩俣裕三)

<大相撲夏場所>◇9日目◇22日◇東京・両国国技館

 横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が痛い3敗目を喫した。東前頭4枚目の栃煌山に立ち合いでもろ差しを許して、あっけなく寄り切られた。日馬富士、白鵬の両横綱が全勝を守ったため、首位とは3差。37年夏場所の双葉山以来80年ぶりの初優勝からの3連覇は、絶望的となった。

 花道をとぼとぼと引き揚げる背中は寂しげだった。付け人に力なくタオルを放るのは、らしからぬ姿。左腕を曲げて、患部の上腕から胸の辺りを気にするしぐさもあった。深いため息の中で、稀勢の里は2個目の金星を許した。3連覇が大きく遠のく3敗目だった。

 立ち合いが全てだった。前日の碧山と同じく右から張って左差しにいった。だが、この日は差し身のうまい栃煌山。勝手が違った。協会幹部の言葉が厳しい。

 八角理事長(元横綱北勝海) 張り差しが読まれていた。気持ちが張り手の方にばかりいっていた。もったいない。

 審判長を務めた藤島審判部副部長(元大関武双山) 今日は左が甘すぎた。脇が甘いのは悪い癖。もろ差しになってくださいと言わんばかりだった。

 張り手の右を意識するあまり、差し手の左が弱く、差し負けた。もろ差しを許して防戦一方。左から突き落とそうとするも、けがの影響もあってか、弱い。あえなく寄り切られた。

 9日目までの3敗は、16年初場所以来1年半ぶり。2横綱とは3差がついた。3連覇はもはや絶望的。支度部屋で無言を貫いた稀勢の里に、理事長は「(優勝の可能性が)数字上、残っている以上、頑張らないといけない。明日からきっちり勝つのが横綱の務め」と促した。【今村健人】

関連するニュースを読む

閉じる

日馬富士「自分でケガさせた」右足親指と足首に湿布

玉鷲を寄り切った際に痛めた右足に湿布を貼る日馬富士(撮影・河野匠)

<大相撲夏場所>◇9日目◇22日◇東京・両国国技館

 横綱日馬富士(33=伊勢ヶ浜)が9連勝の“代償”を負ってしまった。

 「何キロあるの? (172キロで)まあ圧力があった」という玉鷲を最後はもろ差しで寄り切ったが、もつれて土俵下に落ちた際、隙間に右足親指をはさまれてしまった。

 取組後、支度部屋で自ら湿布を右足親指と足首に貼って、上からサポーターをつけた。

 「相手(落ちてくる玉鷲)に勢いがあるから、受け止めるか、そのまま吹っ飛ばすか(迷って)…。自分で自分をケガさせた」。過去に同様のケースがあったか、問われると「突き指みたいなもんで、よくあるけどね。でも、足の親指は命だから。まあ大丈夫ですよ」。横綱白鵬とトップで並び迎える終盤戦を前に、思わぬ不安要素を抱えることになった。

関連するニュースを読む

閉じる

稀勢の里、3敗目で3連覇絶望的 支度部屋でも無言

栃煌山に寄り切られ土俵上でがっくりとした表情を見せる稀勢の里(撮影・河野匠)

<大相撲夏場所>◇9日目◇22日◇東京・両国国技館

 横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が3連覇を目指す上で痛い3敗目を喫した。

 東前頭4枚目の栃煌山(30=春日野)に右から張って左を差しにいくも、差し負けてもろ差しを許す。上体も起き上がってそのまま後退。粘りなく土俵を割って2個目の金星を配給となった。

 白鵬、日馬富士の両横綱が全勝を守り、その差は「3」。37年夏場所の双葉山以来となる初優勝からの3連覇は絶望的となり、支度部屋ではあらゆる問いかけに無言のまま、国技館を後にした。

栃煌山に敗れ、支度部屋で無言を貫く稀勢の里(撮影・狩俣裕三)

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬、日馬富士9連勝、高安8勝、稀勢に土 夏場所

栃煌山(手前)に寄り切られる稀勢の里(撮影・河野匠)

<大相撲夏場所>◇9日目◇22日◇東京・両国国技館

 横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)は、前頭4枚目栃煌山(30=春日野)に寄り切られ3敗目(6勝)を喫した。

 6場所ぶり38度目の優勝を狙う横綱白鵬(32=宮城野)は、前頭3枚目碧山(30=春日野)を上手出し投げで下し無傷の9連勝とした。

 5場所ぶり9度目の優勝を目指す横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、関脇玉鷲(32=片男波)を寄り切って全勝を守った。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は、同豪栄道(31=境川)を寄り切って7勝2敗。豪栄道は5勝4敗。

 大関取りの関脇高安(27=田子ノ浦)は、前頭筆頭の千代の国(26=九重)を上手投げで下し勝ち越しを決めた。

 関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)は、前頭筆頭の遠藤(26=追手風)を寄り切り2勝目(7敗)を挙げた。遠藤は3勝6敗。

 人気力士の前頭10枚目宇良(24=木瀬)は、同8枚目松鳳山(33=二所ノ関)を押し出し7勝2敗とした。

 9日目を終え、勝ちっ放しは白鵬、日馬富士の2人、高安が1敗で追う展開となった。

関連するニュースを読む

閉じる

稀勢の里強さ戻った!碧山「普通じゃないですか?」

碧山(奥)を寄り切り、穏やかな表情を見せる稀勢の里(撮影・神戸崇利)

<大相撲夏場所>◇8日目◇21日◇東京・両国国技館

 左上腕付近に負傷を抱える横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が西前頭3枚目の碧山を寄り切って、旭天鵬に並ぶ史上8位の幕内697勝目を挙げた。大関時代に幾度となく苦杯を喫した相手を盤石の寄り。中日8日目を2敗で折り返した。白鵬と日馬富士の両横綱は危なげなく勝ち越した。2横綱の中日全勝並走は、15年名古屋場所の白鵬と鶴竜以来。

 取組にかけた時間は32秒7。危ない場面は1度もなかった。稀勢の里は今場所初めて、盤石の左四つの型を貫いて勝った。

 離れて相撲を取られると圧力と引き技がある碧山。そうはさせまいと右から張って左を差す。狙い通りに組み止め、右上手も引く。大関時代、大事な場面で幾度となく煮え湯を飲まされた相手を、じっくりと仕留めた。けがの影響を感じさせない横綱に、3場所ぶりに対戦した碧山も「普通じゃないですか? 右を張って左を差して…完璧でしょ」と脱帽するしかなかった。

 左上腕付近のけがで相撲勘を戻しきれなかった初日。4日目には初金星も許した。だが5日目から、左胸から腕にかけたテーピングの本数は、1本減らして2本になった。自ら付け人に指示した。本場所の相撲を経るごとに、状態は確実に上がっている。左も次第に使えてきた。本人も初日と比べて「いいんじゃないですか」とうなずいた。

 幕内697勝。旭天鵬に並び、あと4勝で貴乃花に追いつく。だが、この記録は「長くやっているからでしょ」と意に介さない。それより2敗はまだ優勝圏内。あきらめていない。「思い切っていくだけ」。後半戦へ、目が輝き始めた。【今村健人】

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬「当然っちゃ、当然」1年ぶりストレート給金

琴奨菊(右)を上手出し投げで破り、してやったりの表情を見せる白鵬(撮影・神戸崇利)

<大相撲夏場所>◇8日目◇21日◇東京・両国国技館

 横綱白鵬(32=宮城野)が、関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)を下して、16年夏場所以来1年ぶりのストレート給金を決めた。

 左四つに組んで右上手を取って、流れるように上手出し投げを決めた。「できれば前に出たかったけどタイミングが良かったからね」と納得。横綱日馬富士と2人だけのストレート給金に「当然っちゃ、当然。まだまだこれから引っ張っていきますよ」と気持ちを高めた。

関連するニュースを読む

閉じる

稀勢の里「長くやっているから」幕内勝利歴代8位

碧山(左)を寄り切る稀勢の里(撮影・神戸崇利)

<大相撲夏場所>◇8日目◇21日◇東京・両国国技館

 横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が西前頭3枚目の碧山(30=春日野)を左四つで寄り切って、6勝目を挙げた。

 突っ張りを許せばうるさい相手に、右から張って左を差す。狙い通りに組み止めると、じっくりと時間をかけて仕留めた。「いいんじゃないですか」とうなずいた。

 この日の白星で幕内勝利は697勝。旭天鵬に並ぶ史上8位タイとなり、あと4勝で横綱貴乃花の701勝にも並ぶ。だが「長くやっているからでしょう」と意に介さない。「今日は今日で、また明日」。全勝の白鵬、日馬富士の2横綱の背中を見つめている。

支度部屋で着替える稀勢の里(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

閉じる

日馬富士3年ぶりストレート給金「結果はあとから」

千代翔馬(右)をのけぞらせる日馬富士(撮影・神戸崇利)

<大相撲夏場所>◇6日目◇19日◇東京・両国国技館

 横綱日馬富士(33=伊勢ヶ浜)が、14年春場所以来8度目の全勝ターンを決めた。データ上は過去7度のうち6度優勝しているが「結果はあとからついてくるもんです」と素っ気ない。

 この日は千代翔馬を一気に押し出した。速い相撲に「まあ気をつけながらね。相手も動きが上がってきてるんで、相手を見ながらやりました」。今場所で多く見られるパターンで「そうですね。立ち合いから自分の流れに持っていけてます」と納得顔だった。

関連するニュースを読む

閉じる

白鵬、日馬がストレート給金、高安1敗守る 夏場所

琴奨菊(手前)を上手出し投げで下す白鵬(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇8日目◇21日◇東京・両国国技館

 横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)は、前頭3枚目の碧山(30=春日野)を寄り切って6勝目を挙げた。

 5場所ぶり9度目の優勝を目指す横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)は、前頭2枚目千代翔馬(25=九重)を危なげない取り口で押し出し8連勝、ストレート給金を決めた。

 6場所ぶり38度目の優勝を狙う横綱白鵬(32=宮城野)は、関脇琴奨菊(33=佐渡ケ嶽)は、左四つから上手出し投げで無傷の8連勝と星を伸ばした。

 大関豪栄道(31=境川)は、前頭筆頭の遠藤(26=追手風)に寄り切られ3敗目を喫した。遠藤は今場所1横綱2大関を撃破し3勝5敗。

 大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)は、小結御嶽海(24=出羽海)にもろ差しを許しながらも、きめ出しで下し6勝目。

 大関とりを目指す関脇高安(27=田子ノ浦)は、小結嘉風(35=尾車)をはたき込んで7勝目。

 人気力士の前頭10枚目宇良(24=木瀬)は、前頭14枚目阿武咲(20=阿武松)を押し出して5勝3敗とした。

 8日目を終え、全勝が白鵬、日馬富士、1敗で高安が追う展開となっている。

関連するニュースを読む

閉じる

日馬富士7戦全勝支える秘密兵器「ハイボルト療法」

嘉風(左)を押し出しで破る日馬富士(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇7日目◇20日◇東京・両国国技館

 横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)が、過去8勝8敗と五分だった小結嘉風(35=尾車)を下して全勝を守った。初日から7連勝は14年春場所以来9度目で、そのうち6度は優勝につなげた経験がある。春場所後は右膝や左肘に痛みを抱えながら、巡業を皆勤。自腹で購入した電気治療機器を愛用しつつ、9度目へ前進した。横綱白鵬も平幕大栄翔を下し、全勝を守った。

 日馬富士は、身長で10センチ低い嘉風の胸に頭からぶつかった。常に主導権を握って圧倒した。押し出した後、両腕で相手を抱く余裕もあった。過去の対戦は五分だった難敵に「当たるのが楽しみだった。燃える相手の1人」と笑みをこぼした。

 体は万全ではない。支度部屋では左肘をさすりながら「しびれている」と漏らした。春巡業中から右膝や左肘など、全身に痛みを抱えていた。支えたのは、数百万円で自腹購入した伊藤超短波の電気治療機器による「ハイボルト療法」。日本電気治療協会の杉浦直行理事によると「従来の治療法が家庭用ホースの水だとすれば、このハイボルト療法は消防車のホース」と説明する。インナーマッスルの腫れ、炎症をなくす効果があるという。日馬富士も「これだと一瞬で良くなる」と効果を口にする。場所中も、夜に1日1時間半は使用してきた。

 八角理事長(元横綱北勝海)は「決して膝や肘が良くなってるわけではないはず」と見抜く。それでも、14年春場所以来の初日から7連勝。「勝つことが何よりの薬です」と言う日馬富士が、昨年名古屋場所以来9度目の優勝へ、ひた走っている。【佐々木隆史】

関連するニュースを読む

閉じる