上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

相撲国際化は剣道の道手本に 王貞治氏ら有識者会議

第3回「大相撲の継承発展を考える有識者会議」に出席する王氏(撮影・小沢裕)

「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の第3回会合が10日、都内のホテルで行われた。

プロ野球ソフトバンクの王貞治会長らが参加し、2時間余りにわたって相撲の国際化などについて話し合われた。国際化については柔道と剣道を引き合いに、山内昌之委員長(東大名誉教授)は「日本固有のルールや伝統が守られてきた剣道の道で国際化という意見が大多数」と明かした。次回会合で柔道と剣道の専門家2人を招いて議論を深める予定。また2度目の暴力などで自主引退を促されながら、この日も意向を示さなかった十両貴ノ富士も話題にのぼった。

第3回「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の会見に臨んだ山内委員長は暴力問題を起こした貴ノ富士についても議論されたことを明かした。左は八角理事長(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

王貞治氏が稽古総見初視察「横綱はずぬけている」

横綱審議委員会稽古総見を見つめる、左から紺野美沙子委員、大谷剛彦委員、王貞治委員(撮影・鈴木正人)

プロ野球ソフトバンクの王貞治会長が、稽古総見で相撲の稽古を初めて視察した。「いつもはテレビで見ていたけど迫力が違う。両横綱の稽古を見ると、横綱はずぬけているのだと分かった」と語った。

その後に行われた「大相撲の継承発展を考える有識者会議」のメンバーであり、同じ両国国技館での2度目の会合を前に、早朝から土俵付近のいすに座って見届けた。有識者会議では2時間あまりにわたって話し合ったが、王氏は「限界を超えた稽古が必要だということ」と話した。努力する姿を一般公開する、この日のような場を通じ、相撲への理解を訴える必要性を説いていた。

大相撲の継承発展を考える有識者会議に出席した王委員(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

紺野美沙子「責任感じる」相撲の有識者会議初会合

第1回「大相撲の継承発展を考える有識者会議」に出席した紺野美沙子(中央)(撮影・鈴木みどり)

日本相撲協会は21日午後、東京・両国国技館で、プロ野球ソフトバンクホークスの王貞治会長らをメンバーとする「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の初会合を開いた。

同会議は、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)の諮問機関で、今後、1年半程度をかけて来年秋に、提言書と自己規律の指針をとりまとめる。大相撲の国際化が進む中で、相撲道の伝統を継承、発展させていくため、大所高所からの提言を求める。

メンバーは今井敬氏(経団連名誉会長)を特別顧問とし、横綱審議委員会の委員でもある山内昌之氏(歴史学者)を委員長とし、王氏や阿刀田高氏(作家)、松本白鸚(歌舞伎役者)、大谷剛彦氏(元最高裁裁判官)、紺野美沙子(俳優)、但木敬一氏(元検事総長)の8人で構成される。会合には同協会から八角理事長、芝田山広報部長(元横綱大乃国)らも出席した。

会合終了後、紺野氏は取材に応じ「想像していたより大変そうです。有識者会議で決めなくてはいけないことが、あまりにも大きくてどこまで貢献できるか。正直、責任の重さと不安を感じています」と引き締まった表情で話した。ただ、周囲のメンバーが必ずしも角界に精通しているわけではないこともあり「いろいろな違った世界の方がいますが、必ずしも相撲にお詳しいわけではない。逆に新しい視点、広い視野で相撲を俯瞰(ふかん)できると思います。どんな意見が出るか楽しみです」と話した。今後は会議だけではなく、本場所総見、稽古場総見、稽古場見学などを行うことも会合で出され「横審の(稽古)総見にも参加出来るようで“やったー”って感じです」と笑みを浮かべながら話していた。

第1回「大相撲の継承発展を考える有識者会議」に出席した王貞治氏(左)、松本白鸚(左から2人目)、紺野美沙子(右手前)(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む

王貞治氏が相撲有識者会議で現役力士へ自覚促す

第1回「大相撲の継承発展を考える有識者会議」に出席した王貞治氏(左)、松本白鸚(撮影・鈴木みどり)

「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の第1回会合が21日、東京・両国国技館で行われた。

特別顧問の今井敬氏(経団連名誉会長)、委員長の山内昌之氏(歴史学者)をはじめ、プロ野球ソフトバンク会長の王貞治氏、松本白鸚氏(歌舞伎俳優)、阿刀田高氏(作家)、紺野美沙子氏(女優)、大谷剛彦氏(元最高裁裁判官)、但木敬一氏(元検事総長)の計8人のメンバー全員が出席。日本相撲協会からは八角理事長(元横綱北勝海)、芝田山広報部長(元横綱大乃国)、外部理事の山口寿一氏が参加した。

外部メンバーによる有識者会議は、力士の国際化、少子化社会の中にあって、伝統や文化を継承、発展させていくことが目的で、来秋のメドに相撲協会に提言書などを提出する予定だ。元横綱大鵬らとも親交のあった王氏は「下町出身でもあるし、相撲への思いは他の人よりも強い」と、相撲愛を明かした上で「昔は通っていたことが今は通らない。現役の人は大変だけど、そういう時代に生きていることを理解した上で、自分だけの問題ではないと考えてもらいたい」と、力士に自覚を促した。一方で、昭和のスーパースターらしく「気にしすぎると相撲に力が出なくなる。皆さん(報道陣や世間の声)の言うことをあまり気にしないで、と僕は思う」と、豪快な力士のイメージが損なわれることも危惧していた。

山内委員長は提言書などを提出予定の来秋について「ちょうど東京五輪が終わるころ。多くの国民がスポーツを見る中で、相撲のあり方も振り返る機会になる」と、相撲の注目度が上がることを見越していた。今後、会合は3カ月に1度程度のペースで開催し、部屋での稽古見学や、山内委員長も名を連ねる横綱審議委員会(横審)と同様に、本場所総見のような機会や、横審稽古総見に同席するなどの計画を明かした。

第1回「大相撲の継承発展を考える有識者会議」を終え会見を行う、左から芝田山理事、山内昌之委員長、八角理事長(撮影・鈴木みどり)
第1回「大相撲の継承発展を考える有識者会議」を終え会見を行う八角理事長(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む

大相撲の継承発展へ有識者会議設置 王貞治氏ら8人

ソフトバンク王貞治会長(2018年6月1日撮影)

日本相撲協会は30日、東京・両国国技館で理事会を開き、プロ野球ソフトバンクホークスの王貞治会長らをメンバーとする「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の設置を決めた。

八角理事長(元横綱北勝海)の諮問機関とし、6月中に1回目の会合を開く。今後、1年半程度をかけ来年秋に、提言書と自己規律の指針をとりまとめる予定だ。

大相撲の国際化が進む中で、相撲道の伝統を継承、発展させていくため、大所高所からの提言を求める。今井敬氏(経団連名誉会長)を特別顧問、山内昌之氏(歴史学者)を委員長とし、王氏や阿刀田高氏(作家)、松本白鸚氏(歌舞伎役者)、紺野美沙子氏(俳優)ら8人のメンバーで構成される。

関連するニュースを読む

相撲協会が暴力決別宣言 踏み込んだ7カ条

会見した八角理事長

日本相撲協会は25日、都内で会見し、暴力決別宣言と暴力問題再発防止策の方針を発表した。

第三者機関の暴力問題再発防止検討委員会から、19日に提出された報告書を受け、八角理事長(元横綱北勝海)らが出席。元横綱日馬富士関による暴力事件からちょうど1年のこの日、八角理事長は「大相撲においては、指導名目その他、いかなる目的の、いかなる暴力も許さない」など、7カ条の暴力決別宣言を読み上げた。宣言は異なる部屋の力士間で先輩、後輩を越えた上下関係を許さず、今後定める暴力禁止規定などに違反した際は処分を科す可能性がある踏み込んだ内容となった。

暴力問題再発防止策の方針には、親方衆に特別研修、現役には新弟子、力士養成員、関取と段階別に研修を行うことなど6項目を決めた。また、コンプライアンス委員会と有識者会議を設けると発表。いずれも来年2月までに立ち上げや履行する予定だ。

関連するニュースを読む

八角理事長「根絶に」暴力決別宣言7カ条などを発表

会見した八角理事長

日本相撲協会は25日、東京・両国のホテルで会見し、暴力決別宣言7カ条と暴力問題再発防止策の方針6項目を発表した。

会見には八角理事長(元横綱北勝海)、尾車事業部長(元大関琴風)、鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)が出席。第三者機関の暴力問題再発防止検討委員会から、19日に提出された報告書を受け、元横綱日馬富士関による暴力事件の発生からちょうど1年のこの日に会見した。

八角理事長は「暴力の根絶に向けてやっていかなくてはいけない」と、強い決意を語った。発表事項は以下の通りで、いずれも年内から来年2月にかけて準備し、順次、立ち上げや履行していく予定だ。

◆暴力決別宣言

<1>大相撲においては、指導名目その他、いかなる目的の、いかなる暴力も許さない。

<2>暴力と決別する意識改革は、師匠・年寄が率先して行い、相撲部屋における暴力を根絶する。

<3>協会は、全協会員の意識改革のため、内容の濃い研修を継続して行う。

<4>協会は、暴力禁止規定を定め、暴力の定義、暴力が起きた時の報告義務、これを怠った場合の制裁、行為者を処分する手続きを明確にする。

<5>暴力が起きた際には、広報を重んじ、必要な情報は迅速に開示する。

<6>異なる部屋に所属する力士間で、先輩・後輩を越えた上下関係や、指導・被指導の関係が形成されることを許容しない。

<7>研修、手続きの運用、その他、再発防止策の実行とその後の検証については、外部有識者を交え、開かれた形で暴力との決別を遂行する。

◆暴力問題再発防止策の方針

<1>師匠・年寄に対する特別研修

・全師匠、全年寄を対象とする。暴力の予防、早期発見のための研修、弟子に対する指導法をみがくための研修を行う。

<2>力士の段階別研修

・新弟子研修:暴力を受けた時の対応、自分が加害者とならないための講義など。

・力士養成員研修:兄弟子から弟弟子への指導方法についての講義など。

・関取研修:付け人の扱い方に関する講義など。

<3>相撲教習所の拡充

・礼儀作法教育係の親方、外部講師らを教官に加え、体制を強化。関取研修などに対応できるようにする。

<4>相撲部屋の生活環境の改善

・関取が付け人を夜遅くまで待機させたり、酒の席に連れ回したりしないよう、関取を指導する。師匠にも徹底する。

<5>暴力禁止規定

・暴力の定義、暴力が起きた時の報告義務、これを怠った場合の制裁、行為者を処分する手続きなどを定める。

<6>コンプライアンス委員会

・事実調査を行ったり、処分するかどうかを決めたりする委員会を新たに設ける。外部有識者を委員に入れる。

※なお、上記のほかの再発防止策(外国人力士に対する指導の強化、部屋を越えた上下関係への対応など)については、新たな有識者会議を作るなどして検討していく。

関連するニュースを読む

JBCがIBF&WBO認可へ

 日本ボクシングコミッション(JBC)は28日、東京都内で国際ボクシング連盟(IBF)と世界ボクシング機構(WBO)加盟について有識者会議を開き、JBCの森田健事務局長は会議後に「来年早々にも認めたい」と両団体認可の方針を明らかにした。

 現在の世界ボクシング協会(WBA)と世界ボクシング評議会(WBC)と合わせ、世界主要4団体が日本で認められる。世界王者乱立を防ぐため、ジム会長らで組織する日本プロボクシング協会(JPBA)が10月にまとめた世界王座挑戦資格の内規を一部修正する見通し。12月のJPBA理事会で詳細を詰めた後、JBCが加盟を正式決定する。JPBAの大橋秀行会長は「前向きに話は進んでいる」と話した。

関連するニュースを読む

「来年早々にも」IBFとWBO認可へ

 日本ボクシングコミッション(JBC)は28日、東京都内で国際ボクシング連盟(IBF)と世界ボクシング機構(WBO)加盟について有識者会議を開き、JBCの森田健事務局長は会議後に「来年早々にも認めたい」と両団体認可の方針を明らかにした。

 現在の世界ボクシング協会(WBA)と世界ボクシング評議会(WBC)と合わせ、世界主要4団体が日本で認められる。世界王者乱立を防ぐため、ジム会長らで組織する日本プロボクシング協会(JPBA)が10月にまとめた世界王座挑戦資格の内規を一部修正する見通し。12月のJPBA理事会で詳細を詰めた後、JBCが加盟を正式決定する。

 会議に出席したJPBAの大橋秀行会長は「前向きに話は進んでいる」と述べた。

関連するニュースを読む