上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

プロで35歳まで…村田諒太「非常に不思議な感覚」

35歳の誕生日を迎え、バースデーケーキを前に笑顔をみせたWBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太

ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太(帝拳)が12日、35歳の誕生日を迎えた。新型コロナウイルスの影響で、19年12月のスティーブン・バトラー(カナダ)との初防衛戦以降、リングから遠ざかっている。2度目の緊急事態宣言が発出され、未だに具体的に防衛戦が組めない状況にある村田が自らの誕生日に所属ジムでトレーニングを積み、現在の心境を口にした。

村田 35歳にもなると、誕生日を忘れてしまいますね。娘や周りに言われて思い出すような感じ。ただスポーツ選手なので、どうしても引退というものが一刻一刻と近づいている気がするので、普通の35歳の方よりも年齢は気にしているかなと思う。

34歳のうちに1試合もできなかった。コロナ禍で昨春の世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(30=メキシコ)との統一戦は消滅した。6月、9月、12月と防衛戦が流れた。気がつけば、1年以上のブランクとなった。

村田 王者で良かったとは思う。王者でなかったら、1年間試合していないという状況で、次戦に向けた心と体の準備ができない。1年1カ月、試合ができていないとはいえ、王座を持っていれば、我慢すればタイトルマッチができるという「気持ち」があるのは大きい。21年は試合がしたい。率直に、試合がしたい。

昨年11月から外国人の練習パートナーとのスパーリングを続けている。週3回、主に6ラウンドのスパーリング。次戦が決まらない状況でも、常に試合できる準備だけは整えている。

村田 ありがたいことに練習パートナーが来てくれていて、集中力を切らさず、良いスパーリングもできている。試合ができる体を作るにはスパーリングしないと作っていけない。肉体的、精神的にも週3回のスパーリングが入っていると、しっかり気持ちも整えていかないといけなくなる。ちゃんと緊張感を保てて、練習ができているというのはやっぱり良い。総スパーリング数も100ラウンドはいっている。

試合が決まっていない今だからこそ、ボクシング技術や自らの可能性を広げる練習にもトライしているという。

村田 トライ・アンド・エラーを繰り返していい時期だと思っている。今はいろいろとトライして、エラーして、その中で修正して。最終的にシンプルなものになっていくけれど、もっと良くなりたいという気持ちが出てくる。やっぱり「これだな」と思うものがあると迷いがなくなるので。

12年ロンドン五輪で金メダル獲得後、翌13年にプロ転向した。7年以上が経過し、35歳になっても現役を続けている自分自身に不思議な感覚があるという。

村田 ロンドン五輪が終わった後に引退表明したのですが、その頃に東京五輪の招致が決まった。それを目指すという考えもあった中、東京大会の時は34歳。無理だなと思った。その僕がプロになって35歳までやっていることが不思議だなと。あっという間のようで、すごく長いようで。非常に不思議な感覚。これから先、今までよりもさらに早く感じると思う。将来を「どうする」「こうする」と深く考えず、1戦1戦、必勝のつもりでやりたい。

村田の実績ならばライセンス更新可能だが、通常のプロボクサー引退年齢は37歳となっている。

村田 欲を言えば、できるだけ長くやっていける方がいい。あと何戦とか決めるわけではなく。嫌でも引退しなければいけない時はくる。そこまでできるだけ長く、できるだけ良い試合をしていければ。自分を高められる限りやっていければ。あまりにも力が落ちてしまって続けるのも違うと思うので、自分の能力が続く限り、高められると思う限り、そういう状況でできるだけ長く続けたい。

現役を続けるには、負けるわけにはいかない。今年は4~5月あたりに2度目の防衛戦が計画されている。そして、その先には元3団体統一ミドル級王者で、現IBF同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(38=カザフスタン)との王座統一戦を見据えている。

村田 スーパー王者にもなり、統一戦の状況はそろっている。あとは運が味方してくれること、そして僕が負けないこと。この状況がない限りは、作り上げることはできない。とにかく次の試合だと思っている。良い内容でなければ統一戦の話ではなくなる。全部が次の試合にかかっている。【取材・構成=藤中栄二】

特製バースデーケーキを手に笑顔をみせたWBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太
35歳の誕生日も、所属ジムでトレーニングを積んだWBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太

関連するニュースを読む

35歳迎えた村田諒太、ゴロフキン撃破の青写真描く

35歳の誕生日を迎え、バースデーケーキを前に笑顔をみせたWBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太

ボクシングWBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太(帝拳)が12日、35歳の誕生日を迎えた。新型コロナウイルスの影響で、19年12月以来、試合から遠ざかるが、今年は2度目の防衛戦を含めて2試合を希望。元3団体統一王者でIBF同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(38=カザフスタン)との統一戦を実現し、勝つことを目標に掲げた。

新年早々、スーパー王者昇格の「朗報」が届いた。他団体の最上位王者とのカードのみを統一戦と認めるIBFの王者との対戦が実現しやすい状況になり「WBAが統一戦の後押しをしてくれたと思う。格段に統一戦がやりやすくなった」と感謝した。昨春、カネロの愛称を持つ世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(30=メキシコ)との統一戦が計画されながら消滅。6月、9月、12月と試合延期が続き、2度目の緊急事態宣言を受け、今年2月の試合も流れた。「試合があるかも-というのが何度も延びた。今は試合したい、というのが隠しようもない気持ち」とも吐露した。

昨年12月、ゴロフキンが約1年2カ月ぶりのリングでIBF同級1位シュメルタ(ポーランド)を7回終了TKOで下し、初防衛に成功。村田は「ゴロフキンがすごいパフォーマンスをみせたのが刺激になった。今年はゴロフキンと戦って勝つことが最高の青写真。でも次の防衛戦で負けたら終わり。良い内容で勝つことに集中したい」と神経を研ぎ澄ませた。21年初戦は4~5月ごろ。円熟期を迎え、村田は期待感を胸に動きだす。【藤中栄二】

35歳の誕生日もジムワークに取り組んだWBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太
35歳のバースデーも、所属ジムでトレーニングを積んだWBA世界ミドル級スーパー王者村田諒太

関連するニュースを読む

村田諒太「名に恥じないよう精進」スーパー王者昇格

村田諒太(2019年12月23日撮影)

ボクシングのWBA世界ミドル級王者村田諒太(34=帝拳)が同級スーパー王者に昇格した。WBAが6日(日本時間7日)に公式サイトで、5日に開いた選手権委員会で決議されたと発表。防衛期限も9カ月から18カ月に延長される。同級スーパー王座は今月上旬、WBA・WBC世界スーパーミドル級王者のサウル・アルバレス(30=メキシコ)が返上していた。

村田は19年12月23日、スティーブン・バトラー(米国)を5回TKOで下し、初防衛に成功して以降、試合から遠ざかる。帝拳ジム公式サイトを通じ、村田は「コロナ禍の影響もあり試合が出来ない時期が続いているなかでのニュースに複雑な気持ちもありますが、他団体王者との統一戦も可能性が広がったとポジティブに捉えてうれしく思います。スーパーチャンピオンの名に恥じないようにこれからも精進します」とコメントした。

関連するニュースを読む

村田諒太WBA世界ミドル級“スーパー王者”に昇格

村田諒太(2019年12月23日撮影)

世界ボクシング協会(WBA)は6日(日本時間7日)、WBA世界ミドル級王者村田諒太(34=帝拳)が、同級スーパー王者に昇格したと発表した。

5日に開催された選手権委員会の決議で「村田の経歴と記録により任命に値する価値がある」と承認され、決まった。正規王者の防衛期限は9カ月となるが、スーパー王者に昇格したことで18カ月に延長される。

WBA世界ミドル級スーパー王座は今月上旬、世界4階級制覇王者でWBA、WBC世界スーパーミドル級王者のサウル・アルバレス(30=メキシコ)が返上していた。

関連するニュースを読む

アルバレスがミドル級スーパーベルト返上、転級へ

「カネロ」の愛称で呼ばれるボクシングの世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(30=メキシコ)が保持していたWBA世界ミドル級スーパー王座を返上した。米メディアによると、アルバレスのトレーナー兼マネジャーのエディ・レイノソ氏が明かしたという。同氏は「カネロはスーパーミドル級がベストな体重でもっとも適性な階級。もうミドル級のウエートにはならない」と返上の理由を挙げた。

アルバレスはミドル級でWBC同級フランチャイズ王座でもあるが、事実上の転級とみられる。19年5月のダニエル・ジェイコブス(米国)とのWBC・IBF王座統一戦以来、同級で試合していなかった。なおWBA同級正規王者は村田諒太(帝拳)となる。

昨年12月19日、カラム・スミス(英国)とのWBA、WBC世界スーパーミドル級王座統一戦を制したアルバレスは同級での王座統一を目指す方針。レイノソ氏は「カネロと戦いたい選手は誰でも(スーパーミドル級で)合わせなければならない」と強調していた。

関連するニュースを読む

王者アルバレス、デラホーヤ氏とプロモート契約解消

ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー、WBC世界同級フランチャイズ王者サウル・アルバレス(30=メキシコ)がプロモート契約を結ぶ元世界6階級制覇王者オスカー・デラホーヤ氏(47)との契約解消したと6日、米メディアのTMZスポーツなどが報じた。

デラホーヤ氏率いるゴールデンボーイ・プロモーションとの関係を断ち切り、現在は「フリーエージェント」であると強調。WBA世界ミドル級王者村田諒太(34=帝拳)が対戦を希望するビッグネームだけに動向が注目される。

6日に声明を発表したアルバレスのマネジャーとなるエディ・レイノソ氏は「本日11月6日からアルバレスはフリーエージェントになる。ボクシングのキャリアを続ける準備ができている。多くの責任と規律を持ってジムで一生懸命トレーニングしており、体調を整えている。今年戦う準備ができている。すぐに日付、対戦相手、会場を発表し、成長を続ける。メキシコのボクシングが最高であることを示すために、これまで以上に力強くカムバックする」とコメント。なおゴールデンボーイ・プロモーションからの公式的なコメントはない。

米老舗ボクシング誌ザ・リングのパウンド・フォー・パウンド(階級を超越した最強の世界王者)ランキングで1位となるアルバレスは18年10月、映像配信サービスのDAZNと計11試合、3億6500万ドル(約401億5000万円)の契約を結んだものの、3試合分を消化したのみ。今年9月には、DAZNとデラホーヤ氏に対し、契約違反を理由に米ロサンゼルス連邦裁判所に訴訟を起こしていた。米メディアによると、2億8000万ドル(約308億円)の損害賠償額を求めているという。

関連するニュースを読む

村田諒太が井上尚弥を絶賛「パンチ力が全く違った」

<プロボクシング:WBA、IBF世界バンタム級タイトルマッチ>◇10月31日(日本時間11月1日)◇米ラスベガス・MGMグランド

ボクシングWBA世界ミドル級王者村田諒太(34=帝拳)が、でラスベガス・デビューを豪快に飾ったWBAスーパー、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(27=大橋)を絶賛した。

WOWOWの生中継にゲスト出演。フィニッシュブローに「一撃のパンチ力がまったく違った。誰もが納得するパンチ」と評した。「軽量級は体全体を使ったパンチの打ち方。その連動性がうまい選手はパンチ力がある」と分析した。

さらに「コロナ禍の中で、1年ぶりにはみえないパフォーマンスを見せてくれた」と褒めちぎった。

井上とは高校生の頃から親交がある。「いろいろ不安材料もあった中でも、ナオちゃんは強い。向上心の強い子だった。それが続いている。基礎がしっかりしていないと才能も開かない。井上ファミリーは基礎がしっかりしている」と感心しきりだった。

解説した元WBC世界スーパーバンタム級王者西岡利晃氏(44)も「思うトレーニングできない中でラスベガスのメイン。しっかり倒して結果を残した。求められていることを実現した。さすが井上」とほめまくった。

「やりにくい相手。高いガードで、タフで、足も使う。狙いすぎると悪いパターンになりがち。井上は最後も力みなく冷静にカウンターを決めた。すごい」と褒め言葉が並んだ。

関連するニュースを読む

村田諒太「追い込めた」走り込みキャンプ打ち上げ

村田諒太(2019年8月1日撮影)

ボクシングWBA世界ミドル級王者村田諒太(34=帝拳)が30日、走り込みキャンプを打ち上げた。千葉・成田市で26日から5日間、下半身強化を中心に基礎体力アップを図った。

キャンプは9月以来と、今回は最短のスパンだった。「しっかりメニューをこなし、追い込めた。しっかり走れる体を作れた」とHPでコメントし、充実感を得ていた。「早くサンドバッグが打ちたくなってきた」と、31日からは再びジムワークの日々で、レベルアップを目指す。

村田は昨年12月に初防衛を果たし、10カ月がたった。新型コロナウイルスのためにパートナーも来日できないため、スパーリングもままならず、次戦のめども立っていない。そんな状況下でもボクシングを研究。見直したり、他競技の選手らとも交流し、ヒントも得ている。研究熱心な理論派の村田らしく、有意義に過ごしているという。

関連するニュースを読む

久保隼悔し涙の勝利 介護職…村田諒太…復帰ロード

58キロ契約・久保対五十嵐 判定で勝利した久保はスピーチ中に涙ぐむ(撮影・上山淳一)

<プロボクシング:58・0キロ契約8回戦>◇26日◇神戸市立中央体育館

元WBA世界スーパーバンタム級王者の久保隼(30=真正)が、ほろ苦い復帰戦勝利に涙を流した。

3-0(78-74、79-73、79-73)の判定で、五十嵐嵩視(トコナメ)を圧倒。それでも「ボクシング人生の中で一番(準備が)良かった。そこから言うと、試合内容に結びつけられていない。自分が情けない」と厳しく自己評価した。観客の前でマイクを握り「今、こんな世の中の流れで時間もお金も割いて来ていただき、ありがとうございました」と口にすると、悔しさから涙があふれた。

17年4月にWBA世界スーパーバンタム級王座を獲得。9月に初防衛戦で敗れた。19年5月にはWBA世界フェザー級タイトルマッチで、王者の徐燦(中国)に6回TKO負け。「やめるつもりだった」という。

転機は2カ月後の7月だった。南京都高(現京都広学館)と東洋大の先輩、村田諒太(帝拳)が世界王座に返り咲いた。その戦いぶりに「やりたい気持ちが出てきた」が、30分後には「やっぱりやめよう」。その時、その時で心が揺れた。秋は介護の仕事に励み、ボクシングと無縁の世界に身を置いた。ある日、施設の職員に声をかけられた。

「久保さん、何でここにいるんですか?」

世界王者としてベルトを巻くことを夢見て、ボクシングに打ち込んでいた日々の価値に気付いた。ベルトを取り出し「犠牲を払ってなりたかったものの形が、これなんだな」と感じた。山下正人会長に思いを伝えると「来年(20年)の秋ぐらいに復帰戦をしよう」と声をかけられた。

1年4カ月ぶりの復帰戦。右のジャブでペースを握り、左のボディーやストレートを効果的に当てた。だが、久保は「もっと左ストレートを当てたかった」と振り返る。元世界3階級王者の長谷川穂積氏らを育ててきた山下会長が、隣でほほえみながら口を開いた。

「倒すと思わせて倒せへんのが、久保のええとこやな」

今後もフェザー級に身を置く久保は「まずは国内にやりたい選手がいる」と明かした。その上で「そこに勝ってからの話ですが、いずれは世界に行きたい」と青写真を描いた。

2階級制覇という目標へ、一段ずつ階段を上がっていく。【松本航】

58キロ契約・久保対五十嵐 判定で勝利した久保はスピーチ中に涙ぐみタオルで顔を覆う(撮影・上山淳一)
58キロ契約・久保対五十嵐 8回、久保(左)は五十嵐にパンチを浴びせる(撮影・上山淳一)

関連するニュースを読む

村田諒太、ユーバンクJr.から統一戦のラブコール

村田諒太(19年12月撮影)

ボクシングWBA世界ミドル級王者村田諒太(34=帝拳)が、統一戦のラブコールを送られた。

WBA世界同級暫定王者クリス・ユーバンクJr.(31=英国)が17日、英メディアに明かした。世界4階級制覇でWBA世界同級スーパー王者のサウル・カネロ・アルバレス(30=メキシコ)と2人の名を挙げ、「WBAのベルトを統一するNO・1挑戦者である」と統一戦実現を熱望した。ユーバンクJr.は昨年12月に4年ぶりで王座に返り咲き。父ユーバンクは元世界2階級制覇王者。

村田に対しては、元世界2階級制覇王者も対戦に名乗りを上げている。8月21日に45歳で6年ぶり復帰した元世界WBC同級ダイヤモンド王者セルヒオ・マルチネス(アルゼンチン)。WBAで6位にランクインし、12月にも2戦目を予定。来年46歳になって4戦目で挑戦のプランを明かしている。

関連するニュースを読む

村田諒太が標的 元2階級王者が6年ぶり復帰戦飾る

村田諒太(19年12月撮影)

ボクシング元世界2階級制覇王者セルヒオ・マルチネス(45=アルゼンチン)が、6年ぶりの復帰戦を飾った。21日に居住地のスペインでホセ・ミゲル・ファンディーノ(35=スペイン)と対戦。7回KO勝ちを収め、WBA世界ミドル級王者村田諒太(34=帝拳)に挑戦へ意欲を示した。

マルチネスは中盤からボディー攻撃よく、6回に左のストレートとアッパーをボディーに効かせてダウンを奪った。7回にも左ボディーから右フックで勝負を決めた。「すばらしい夜になった。10回戦う用意もできていたが、ボディーがよかった」と満足げに話した。古傷の右ひざには装具もつけていたが「万一の備えで問題はなかった」と話した。

試合前から復帰4戦目で世界挑戦を狙い、標的に村田の名を挙げていた。「これは始まり。世界タイトルまで止まらない。村田と戦う準備のためにもっと強化していく」と意欲を示した。

マルチネスは08年にWBC世界スーパーウエルター級暫定王座、10年にWBC・WBO世界ミドル級王座を獲得して2階級制覇を達成した。14年に10回TKO負けで王座陥落以来の試合だった。

関連するニュースを読む

村田諒太ら帝拳全員陰性 リナレス陽性でPCR検査

村田諒太(2019年12月22日撮影)

ボクシングの帝拳ジムは11日、WBA世界ミドル級王者村田諒太(34)らの所属選手とトレーナー全員が、新型コロナウイルスのPCR検査で陰性だったと発表した。

6日に元世界3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(34)が陽性と診断され、この日までに検査を受けていた。

関連するニュースを読む

村田諒太の対戦相手に45歳のマルチネスが名乗り

村田諒太(19年12月撮影)

ボクシングWBA世界ミドル級王者村田諒太(34=帝拳)の対戦相手に、元世界2階級制覇王者が名乗りを上げた。

21日に45歳で6年ぶり復帰する元世界WBC同級ダイヤモンド王者セルヒオ・マルチネス(アルゼンチン)。王座返り咲きへの標的に村田の名を挙げたと、各メディアに明かした。

マルチネスは移住先のスペインで、ホセ・ミゲル・ファンディーノ(35=スペイン)との10回戦で復帰する。14年に10回TKO負けで王座を陥落して以来の再起となる。「いまは目の前の試合のことだけ。打たれないように足が動くかどうか。ブランクは未知だが、まあ見ていてくれ。チャレンジが好きなんだ」と話している。

さらに「ちゃんとやれたらオファーの電話が鳴るだろう。世界戦はないとは言えない。3試合ぐらいやって、来年46歳になってからだろう。4戦目で村田との世界戦が話がある」とも話した。WBAメンドサ会長の口約束もあるという。

ウイルス感染がいまだに拡大し、各国の往来も制限されている。世界戦のマッチメークは難しく、村田もサウル・アルバレスらとのビッグマッチを狙うが、今後を見通せない状況にある。そこへベテランが割って入る構え。まずは復帰戦の出来が注目となる。

関連するニュースを読む

井上尚弥、村田諒太ら審査員!高校生シャドー大会

井上尚弥(2019年12月23日撮影)

日本ボクシング連盟は26日、「高校生シャドーボクシングチャレンジ2020」を開催すると発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大により、今年の高校生の全国大会がすべて中止や延期となったことを受け、練習の成果を発揮する場として設けられた。

1人で相手をイメージしながら行う練習がシャドーボクシング。同連盟に選手登録済みの現役高校生(男女不問)が、ツイッター上に指定のハッシュタグをつけて動画を投稿することでエントリーできる。応募期間は8月1日から16日まで。

審査員には超豪華な面々がそろった。井岡一翔、井上拓真、井上尚弥、岩佐亮佑、内山高志、京口紘人、清水聡、寺地拳四朗、村田諒太、八重樫東(50音順)らが現時点で参加が決定。今後も交渉中だという。

結果発表は8月22日で、「○○選手賞」など、優秀賞に選出した審査員の名前がついた賞を発表する。

関連するニュースを読む

村田諒太「未来の自分作って」全国の主将らにエール

村田諒太(19年12月撮影)

ボクシングのWBA世界ミドル級王者村田諒太(34=帝拳)が26日、高校総体(インターハイ)中止を受け、全国の高校ボクシング部の主将ら40人にエールを送った。

オンライン上で行われた「明日へのエールプロジェクト」で講師を務め、目標の大会がなくなった後輩ボクサーらに対し「『あの時の悔しい思いをしたからこそ、今の自分がある』と思えるような未来の自分を作ってほしい。目の前の1つの事実ではなく、自分の成長になるよう捉え方をしてほしい」などと熱く思いを伝えた。

次戦については見通しが立っておらず、個人で出来る範囲の練習を続けている。「34という年齢だし、後悔はしたくない。練習が出来ずに体が動かなかったでは、コロナに負けたことになる。そうならないようにしたい」と力を込めた。

関連するニュースを読む

山中慎介氏「プレッシャーに打ち勝つ」特別レッスン

山中慎介氏と東京五輪代表内定選手らによるオンライン講座の様子。2段目左から2人目が山中氏

ボクシングの東京五輪日本代表らが23日、元WBC世界バンタム級王者の山中慎介氏(37)から特別講義を受けた。「プレッシャーに打ち勝つ」をテーマにしたオンライン講座で、経験を基にしたトップ選手ならではの試合への心身の臨み方、独自のコンディションの計り方などが語られた。

同氏は日本歴代2位の12連続防衛記録を持ち、「神の左」と呼ばれた左ストレートでもリングで光り輝いた。アマチュア時代は専大で突出した結果は残せなかったが、プロ入り後に類い希なストレート系のパンチに威力を発揮し、数々のKOシーンを生んできた。講座ではその技術についても触れられるなど、選手にとってはかけがいのない時間となった。

ウエルター級の岡沢セオンは「名チャンピオンからのとても貴重なお話を聞くことができて勉強になりました。特に、良いイメージだけでなく悪いイメージもしておくことが平常心につながると言うお話を聞き、自分も取り入れようと思いました」、女子フライ級の並木月海は「1人1人戦い方も違ければ試合前のメンタルも違う。でも、なにより自分のルーティンや、やって来た事。周りで応援してくれている方々への感謝などでプレッシャーに打ち勝つ事は出来るという事が分かりました」と感謝した。

オンライン講義はコロナウイルスによる自粛期間に日本ボクシング連盟が企画し、今回が6回目。先月の初回ではWBA世界ミドル級王者の村田諒太が講師を務めた。

村田諒太が講師、インターハイ中止受け高校生へ授業

村田諒太(19年12月撮影)

ボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太(34=帝拳)が、高校生選手にオンライン授業でエールを送る。全国高等学校体育連盟とインハイ.tvは22日、夏の全国高校総合体育大会(インターハイ)中止を受け、30競技でアスリートらがエールを届ける「明日へのエールプロジェクト」を発表。高校生の支援が狙いで、第1弾としてアスリートから高校生や部活指導者に向けた「オンラインエール授業」を実施。26日の第1回は村田が講師を務める。

アスリートからは競技人生の中で困難を乗り越えた出来事や前を向いて進んできた経験をまじえ、今だからこそ伝えたい未来に向けてのメッセージを送る。参加する高校生、指導者は今の想いや悩みをアスリートたちと話し合う。

村田は「いまとこれから」をテーマに、全国のボクシング部主将約40人に授業する。村田は「多くの挫折を経験してきた自分だからこそ共感できる部分があり、自分の経験を伝えることで少しでも出来ることがあればと思い、賛同させて頂きました」とコメントした。

27日の2回目以降はサッカー元日本代表GK川口能活さん、元女子バレーボール日本代表大山加奈さん、元サッカー日本女子代表監督の佐々木則夫さん、元女子プロテニスプレーヤーの杉山愛さんらが登場する。授業の様子は全国同時生配信され、第4回以降は参加者を公募する。

関連するニュースを読む

憧れのトリニダードの左フック/村田諒太の一撃

フェリックス・トリニダード

<ボクシング、忘れられない一撃~20>

一発のパンチですべてが変わるボクシング。選手、関係者が「あの選手の、あの試合の、あの一撃」をセレクトし、語ります。WBA世界ミドル級王者村田諒太(34=帝拳)が影響を受けた一撃は「トリニダードの左フック」。00年のWBA世界スーパーウエルター級王者フェリックス・トリニダード(プエルトリコ)-IBF同級王者フェルナンド・バルガス(米国)は全勝同士の注目の王者対決となった。「倒し、倒され」の死闘の幕開けとなった一撃を、村田が語った。(取材・構成=奥山将志)

    ◇    ◇

▼試合VTR 00年12月2日。デビューから38戦全勝、2階級制覇を果たしていたトリニダードが、同じく20戦全勝のバルガスとの統一戦に臨んだ。村田が選んだ左フックは試合開始からわずか20秒。バルガスのジャブをよけた瞬間、強烈な左が顎を捉えた。後ろによろけるバルガスに、一気に連打を浴びせ、最初のダウンを奪った。同回にもう1度ダウンを加えたが、そこからバルガスも反撃。4回に左フックでダウンを返すなど、互いの意地がぶつかる激闘となった。試合は最終12回、トリニダードが3度のダウンを奪い、王座統一を果たした。

    ◇    ◇

いろんな候補が頭に浮かびましたが、やっぱり、自分の人生で一番見た試合、バルガス戦の最初の左フックですね。「一撃」って、その一発で試合が決まる「一撃」もありますが、この試合では「これで決まっただろう」という一撃が、実はシーソーゲームの幕開けだった。そして、12回の劇的なKOです。倒しきるところがトリニダードがスーパースターであるゆえんだと思いますし、ボクシングの醍醐味(だいごみ)が詰まった一戦だと思います。

技術的には、バルガスはガードを少し顔から離し、前気味に構える選手です。右のガードが顎についていないところからジャブを打つ。本来、ジャブの距離は左フックを合わせる距離ではないんですが、バルガスはジャブをストレート気味に打つので若干ですが深くなる。とはいえ、決して、不用意なパンチではないです。その一瞬を開始直後にドカーンと合わせる。そこが、トリニダードのすごさだと思います。

当時、僕は中学3年生で、テレビをかじりつくように見ていました。全勝対決でしたし、どっちが勝つんだろうと、興奮して見ていましたね。ボクシングをするのにじゃまだと思って髪の毛を丸め、ようやく自分が生きる道を見つけた時期です。中途半端に何も続かなかった自分に変わるきっかけを与えてくれたのがボクシングでした。その最初のスターがトリニダード。初恋のボクサーですね。

トリニダードの魅力は、ころっと倒れたかと思えば、立ち上がって、倒す。試合が本当に面白かった。そこがすべてですね。自分が世界王者になった今でも、トリニダードのことを考えることがあります。自分と比べて、まだ足りていないなと思ったり。米国人ではない人間が人気を得るには、トリニダードぐらいやらないといけない。ずっと頭の中にある存在ですし、そういう意味では、今でも影響を受けていますね。

僕は成長するために、人に憧れたり、人をまねることはとても大切だと思っています。自分ではああいう膝が立ったボクシングはできませんでしたが、中学時代からさんざんまねもしました。ああなりたいという気持ちは頑張る助けになります。僕も、トリニダードに憧れ、いつか自分も人から憧れられる存在になりたいと思ってやってきました。あらためて考えても、あの試合は僕にとって特別な試合ですね。

◆村田諒太(むらた・りょうた)1986年(昭62)1月12日、奈良市生まれ。伏見中1年で競技開始。南京都高(現京都広学館高)で高校5冠。東洋大で04年全日本選手権ミドル級で優勝など。11年世界選手権銀メダル、12年ロンドン五輪で日本人48年ぶりの金メダルを獲得。13年8月にプロデビューし、17年10月、WBA世界ミドル級王座を獲得し、日本人で初めて五輪金メダリストがプロ世界王者になった。家族は佳子夫人と1男1女。

関連するニュースを読む

村田諒太が五輪代表らに精神面などオンライン指導

村田諒太

12年ロンドン・オリンピック(五輪)金メダルでWBA世界ミドル級王者の村田諒太(34=帝拳)が「金の卵」に金言を授けた。

日本ボクシング連盟が東京五輪代表らを対象に18日に開催したオンライン講座で、講師役を務めた。世界最終予選(日時、場所未定)に挑む選手も含め、質疑などに応じた。東京五輪の1年延期を考慮し、選手のモチベーション維持、知力向上を目的とした講座では、「息子が、滑り台を逆走して上まで行こうとしていましたが、なかなか登りきれず、嫁が『ゴールがもっと上だと思って、走り抜けてみなよ』と言ったら、簡単に登り切りました」などの実例を出し、精神の持ちようなども指南した。男子ウエルター級の岡沢セオンは「技術だけでなく精神面での鍛錬にも力を入れたい」と感謝するなど、大きな刺激となったようだ。

関連するニュースを読む

偉業から2年…村田諒太は唯一無二の経験伝える

18年4月15日、WBA世界ミドル級タイトルマッチの7回にブランダムラ(左)をロープ際に追い詰める村田

日本ボクシング連盟は4月15日、ロンドンオリンピック(五輪)のミドル級金メダリストで、WBA世界同級王者の村田諒太(34=帝拳)が、東京五輪内定者と世界最終予選(時期、場所未定)出場者11人を対象にしたオンライン講義を行うと発表した。

18日に、五輪を見据えた取り組み方や、質疑応答で“金言”を授ける。日本ボクシング史に金字塔を打ち立て続ける希代のボクサーが、アマチュアの「金の卵」たちの成長に一役を買うことになる。

くしくも2年前の4月15日は、村田にとってまた1つ新たな偉業を遂げた日だった。WBA王者として迎えた初の防衛戦、同級6位のイタリア人、エマヌエーレ・ブランダムラを迎えての一戦。かかっていたのは、日本人ミドル級王者として初防衛に成功するかどうか。

過去に同級王者となったのは、竹原慎二のみ。だが「広島の粗大ごみ」と呼ばれ、立身出世の物語も注目されたその先駆者は、96年6月のV1戦でウィリアム・ジョッピー(米国)にTKO負けを喫した。会場は縁の巡り合わせか、その時と同じ横浜アリーナ。1万1000人で埋まった会場の視線は、20年以上の年月を経た“リベンジ”にも注がれていた。

相手は27勝中5KOと、強打者ではないがゆえに、厄介な懸念もあった。勝率の高さは、ポイントを拾う術にたけているということも意味する。パンチがないからこそ、危険な打ち合いを避けながら、巧みに採点を稼ぐ。オーソドックススタイルながら、ワンツーが左から右ではなく、右から左につなげるタイプ。ジャブに合わせる右クロスは見栄えもいい。

村田の攻略法は、あえてジャブを多用することだった。右クロスを警戒して手数を減らすのではなく、むしろ増やした。フェイントを織り交ぜ、相手の逃げ先を狭めていくプレッシャーのかけ方は長所の1つ。イタリア人は、これまでの敵との格の違いを感じたが、ジャブに対して攻撃の起点にする余裕はなかった。「左ジャブが思った以上によく当たった」と振り返ったように、練習から繰り返したジャブで初回からペースを握った。

左から重い右ストレート、返しの左ボディーというシンプルながらも重厚なパターンで追い詰める。印象的だったのは2回からブランダムラの背中が赤く腫れていったこと。後退してロープにする擦過傷が増えていった。翻れば、その赤い線が村田のプレッシャーのすごみを印象づけていた。

「見ていて早う倒せよと思ったかもしれない。自分もそうでした」と仕留めきれずに、客席にもジレンマが満ち始めた8回。左ガードが甘くなったところに右ストレートを打ち込んでぐらつかせると、ロープ際に後退したところをさらに右。ストレートに備えて両グローブで顔の前面をカバーした挑戦者に、伸びる右フックがアゴに捉え、キャンパスにはわせた。レフェリーはすぐに試合を止めてのTKO勝ち。「最後の右は角度を変えてスッと打ち抜けた。たまたま入ったようでもそれが練習の成果なのでしょう」。完勝で日本人初の防衛を果たした。

それから2年。そのベルトを一度は手放したが、再びその手に取り返し、昨年末にはV1戦を5回TKOで飾った。新型コロナウイルスの影響でV2戦が決定するのは少し先になりそうで、その最中でのオンライン講義になる。日本人として五輪で金、プロでも世界王者という唯一無二の経験値は、これから偉業を目指そうとする後輩たちへの最高の後押しになるだろう。【阿部健吾】

関連するニュースを読む