上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

ボクシング松本圭佑、井上尚弥に感銘しプロ入り決意

プロ転向会見を行った松本圭佑(右)と父の好二トレーナー

ボクシングの元東洋太平洋フェザー級王者松本好二氏(50=大橋ジムトレーナー)の長男圭佑(20)が20日、横浜市内で会見し、大橋ジムからプロ転向すると発表した。

U-15全国大会で5連覇を果たすなど、幼少期から活躍してきたが、目標としていた東京五輪出場を逃し、昨年末に東農大を中退。「小さい頃からの憧れの舞台に立ててわくわくしている。ラスベガスや東京ドームで試合ができるような世界王者になりたい」と意気込みを語った。

プロ転向のタイミングを悩んでいたが、昨年11月の井上尚-ドネア戦を観戦し「こんなにすごい方が身近にいる。同じ環境で練習がしたい」とプロ入りを決意。父が3度の挑戦でつかめなかった世界王者を目指す道を選び「小さい頃から父の映像を見るたびに、悔しい気持ちを持っていた。父を超えること=世界王者になること。そこもモチベーション」と力を込めた。

プロではスーパーバンタム級を主戦場とする予定で、3月11日にプロテストを受け、5月28日のデビューを目指す。世界王者の八重樫、川嶋勝重を育ててきた松本トレーナーは「八重樫のハートと、尚弥の技術を併せ持ったような選手を目指して欲しい」と話した。【奥山将志】

◆松本圭佑(まつもと・けいすけ)1999年(平11)7月17日、横浜市生まれ。小3でボクシングを始め、みなと総合高では選抜ライトフライ級優勝、総体3年連続準優勝など。東農大では全日本選手権バンタム級準優勝。アマ戦績は95戦80勝15敗。175センチ。家族は父、母、妹。

関連するニュースを読む

東京五輪世代の松本圭佑、名門東農大が金メダル狙う

ボクシングの名門・東農大進学が決まった高校王者の松本

 20年東京五輪ボクシング世代の松本圭佑(18=神奈川・みなと総合3年)が今春、名門の東農大に進学することが1日、分かった。

 すでに同大の国際食料情報学部国際バイオビジネス学科の推薦合格通知を受けた。小学3年から元東洋太平洋フェザー級王者の父好二氏(48=大橋ジムトレーナー)の指導を受けてきたが、今年4月から親元を離れる。

 五輪に日本代表7人を送り、プロでも世界3階級制覇王者井岡一翔、元WBC世界フライ級王者五十嵐俊幸ら世界王者のOBが多い強豪の門をたたく。

 ◆松本圭佑(まつもと・けいすけ)1999年(平11)7月17日、横浜市生まれ。小学3年の時から本格的にボクシングを始め、10年のU-15ボクシング全国大会で初優勝。その後5連覇。みなと総合高1年で全国高校選抜ライトフライ級で優勝。家族は父好二さん、母久代さん、妹の姫乃さん。174センチ、59キロ。右ボクサーファイター。血液型B。

関連するニュースを読む